飲食店のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:飲食店

激務の飲食店・ブラック企業入社体験記

0220_2019011412293095d.jpg 0221_201901141229313d5.jpg 0222_20190114122932695.jpg 0223_20190114122934d5c.jpg 0224_201901141229354e4.jpg 0225_20190114122937772.jpg 0226_2019011412293884d.jpg 0227_20190114122940019.jpg 0228_20190114122941d2f.jpg居酒屋の大手チェーン『和民』が話題になった。26才の女性社員が100時間近い残業を強いられた挙げ句、入社2カ月で自殺したという〝事件〞が報道されたのだ。当然のようにネット上では、『ブラック企業』との批判が相次いだ。が、こうした会社は決して珍しい存在ではない。山田泰介氏(仮名、20代)は、全国に500店舗以上を展開する、大手の激安中華料理レストランチェーン「O」で働き、あまりの激務のため1年間で退社した人物だ。和民よりもはるかにハードかも知れぬ中華料理店での、真っ黒な日々を語ってもらおう。 2年前、高校3年のとき。就職を考えていた僕が、進路相談の際、学校の先生からすすめられたのが激安中華料理チェーンOだった。
どんな会社なのかはよくわからなかった。全国的には有名みたいだけど、僕が住む九州の県には一軒も店舗がなかったのだ。先生はこれから伸びていく会社だという。仕事内容は厨房のスタッフ。要はチャーハンやラーメンを作るってことか。
「条件はどんな感じなんですか」
「こんなかな」
差し出された求人票によれば、給料は額面が16万円(ボーナスは年2回)。高卒ならこの程度か。
勤務時間は、10時〜23時くらいと、やや長かったようなイメージがある。休みは週2回。まあ普通だろう。残業代についても、支給されると明記されている。
「料理なんてしたことないんだけど、僕にできますかね」
「成せばなるだよ。飲食は不景気にも強いからね、いいと思うよ」
やってみるか。他にやりたいことがあるわけでもなし、こうして福岡・天神の貸事務所のようなところで入社試験(三桁の暗算と英語のヒヤリングのみ)を受け、同じ日に面接を済ませると、後日、自宅に合格通知が届いた。カンタンなものだ。
「よかったな」
「ホントだよ〜」
両親が満面の笑みを見せる。ほいほい。立派なコックになって、オイシイ中華料理をいつか喰わせてやるからな。その後、福岡で合格者の合同説明会が行われ、関東の某店舗に配属が決定した。住まいは会社の寮(家賃は自己負担)に入ればいいとのことだ。ギョウザ、焼きまくるぞ!
会場の親たちはみなドン引きしていた
4月、京都の体育館のような会場で入社式が行われた。いよいよ今日から社会人か。不安と希望がないまぜになった妙な気分だ。会場には、全国からおよそ100人の新入社員が参加していた。僕と同じ高卒がメインなのか、とにかく若い。男女の比率は6対4ってとこか。片隅には、新入社員の父兄も来ていて(僕の両親もいた)、さながら高校の入学式みたいな雰囲気だ。偉いさんが壇上でスピーチを始めた。
「初めまして。私は…」
退屈なしゃべりが終わり、続けて一社員が壇上に上った。
「飲食の仕事にとって一番大事なのは返事です。いまから事前に練習するから、私が『社員起立』と言ったら、全員で大きな声で『はい』と答えて、席を立つように」
先までダラけていた会場の雰囲気が一変した。「社員起立!」「はい!」
全員が大きな声で立ち上がるや、社員からゲキが飛ぶ。
「声が小さい! もう一度!」
「は、はい!」
席についたところで、
「社員起立!」
「はい!」
続いて、全員一斉ではなく、新入社員個人個人の名が読み上げられ、大声で立ち上がる儀式がスタートした。
「山田太郎!」
「はい!」
「声が小さい! もう一度!」
「はい!」
こんなのを100人分もやるのかよ。どんだけ時間かかるんだ。何回もやり直しさせられてるヤツもいるし…。いよいよ僕の番だ。緊張するなあ。
「山田泰介!」
「はい!」
「声が小さい! もう一度」
「はい!」
2回で着席を許された。あ〜助かった。にしても、なんでこんなことをやらせるんだろう。軍隊にしか思えないんだけど。見ると、会場の親たちはみなドン引きしていた。母ちゃん、父ちゃん、そんな顔せんとって!
外部と連絡できるツールはすべて没収
入社式が終わったら、新入社員は全員そのままバスに乗り、神奈川県へ移動した。2泊3日の新人研修のためだ。到着したのは、足柄山の中にある合宿施設だった。ロビーに全員が集合したところで、5人の社員が登場した。彼らが僕らの指導に当たるようだ(講師という)。
「今日からここでキミたちに研修してもらう。厳しいかもしれんが、耐えるように」
「……」
「今から外部との情報を遮断する。テレビや新聞などの娯楽も一切ないからそのつもりで」
「……」
「では、携帯やパソコンなどの私物はすべてこちらで預かる。全部、出すように」
呆然とする皆を尻目に、私物チェックが始まった。講師がカバンをあさり、外部と連絡できるツールはすべて没収だ。中には、もってきたお菓子を取り上げられたヤツまでいる。講師が続ける。
「これから各部屋の部屋長を決める」
研修では一部屋に一班(5〜6人)が泊まり、行動もすべて班単位で行う。そのリーダー決めだ。幸い、僕は選ばれずに済んだが、ほっとするのも束の間、すぐに部屋の掃除をやらされた。
「これからお世話になるんだから、ピカピカに磨き上げろ!」
へいへい、わかりましたよ。翌日は朝6時にたたき起こされた。眠い目を擦りながら、グランドに集合すると、すでに5、6人の講師が勢揃いしていた。まずは合図に従って、社員全員で会社オリジナルの「O体操」開始。音楽のないラジオ体操みたいなものだ。体が暖まったら朝食を挟み、2〜3の班単位で会議室のようなところに集合だ。渡されたのはこんなことが書かれたテキストだ。
●O5訓=接客の心構えを説いた
5つの社訓
●O10訓=経営の心がまえを説いた10の社訓
●接客7大用語=接客の際に使われる重要な7つのことば。
つまり全部で22。最終的にはこれを一語一句、正確に覚えるらしい。かなりの文章量だけど大丈夫だろうか。まずは講師と一緒にO5訓を唱和だ。
「一つ! Oは常に味に挑戦しよう!」
講師が大声を上げたら、新入社員たちも声を張り上げる。
「一つ! Oは常に味に挑戦しよう!」
「一つ! Oは常に真心でお客様をもてなそう」
「一つ! Oは常に真心でお客様をもてなそう」
こんな調子で5訓、10訓、7大用語をすべて読み終えたら、続いては個人一人ずつ順番に発声だ。
ほどなく、番が回ってきた。
「山田泰介!」
「はい!」
サッと立ち上がる。目の前には新入社員が20人。う〜緊張するなあ。僕はテキストを見ながら、大きな声を張り上げた。5訓の制限時間は8秒。オーバーするとやり直しだ。
「一つ! Oは●▲□×●▲□〜」
早口を通り越して、自分でも何を言ってるのかわからない。それでもどうにかすべてを言い切ったところで、ゲキが飛ぶ。
「9秒もかかってる! もう一度!」
「はい!」
こうして丸一日がこの調子で進んだ。最初はテキストを見ながらそして徐々に暗記。最終試験では、22のフレーズをすべてソラで読み上げられた者だけが合格だ。失格者は何度もやり直しだ。僕はなんとかクリアしたが、やり直しの連続で泣き出す者までいた。
でも講師は容赦しない。
「合宿中に覚えられなかったら、本社に親を呼んで一緒に覚えさせるぞ!」
客の食べてる前で皿が飛ぶ
バカみたいな研修が終わり、僕は関東の店へ配属された。さあ、いよいよ本番だ。店は郊外型の大型店舗で、従業員は店長の他、チーフが1人、僕ら新人3人を含めた社員が5人、パートとバイトが交代で10人ほど。なかなかの大所帯だ。
「初めまして。これからよろしくお願いします」
「よろしく」
挨拶が済み、チーフから業務の説明があった。営業時間は朝の11時30分から深夜2時までで、新人のうちは朝11時に来ればいいらしい。マニュアルがないので、仕事はすべて上の人間が実地で教えていくとのことだ。最初の持ち場は洗い場だった。ただひたすら皿を洗い、空いてる時間にメニューを見て料理の名前と値段を覚えていく。
昼になり、まかないが出てきた。チャーハンと餃子だ。遅まきながら、これが僕の初めてのO体験だ。うん、うまい。これで600円ちょっとなら、客も押し寄せるよなあ。なんて呑気にしてられたのも最初だけだった。新入社員が慣れてきたと見るや、厨房のあちこちで怒号が飛び交い出したのだ。「テメー、キャベツ切ってねえじゃねえかよ!」
「す、すいません!」
ピリピリした空気が漂う中、僕にも叱咤が飛んできた。
「おい、この皿、ちゃんと洗ったのか!汚れてんじゃねえかよ、バカ野郎!」
放り投げた皿が体にぶつかる。何もそこまでしなくても…。
「なんだ、文句あんのか!」
「いえ、申し訳ありません!」個人経営の店ならまだしも、天下の大企業でこんな仕打ちを受けるなんて。しかも厨房は、客から丸見えなわけだし、食欲を無くすんじゃ?
残業100時間越えで残業代ゼロ?
3カ月が過ぎ、僕は焼き台とフライヤーの担当になった。餃子を焼いたり、春巻きや唐揚げを揚げる役目だ。一見、難しそうだが、タイマーで決められた時間に具材を引き上げるだけなので、コツさえわかれば、誰にでもできる仕事だ。むしろキツいのは勤務時間の増加だった。店長やチーフが当然のように残業、早出を言いつけるようになってきたのだ。
「明日、仕込みのパートが休みだから、早出してくれ」「はい」
「それと今日、店が閉まった後の掃除もやっとけよ。隅々までキレイにな」
「わかりました」
新入社員の立場では断ることもできず、いつのまにか朝9時から深夜2時までのフル稼働になっていた。休憩の1時間を除き、実働16時間だ。 たまの休日も油断ならなかった。しばしば店長から電話がかかってくるのだ。
「忙しいから、すぐ来い」
「でも、僕、いま友達と遊んでるんですけど…」「あ〜、口答えすんのか? とにかく来い!」
こうして週2の休みは1日、また1日と減らされ、月に3日休めればいい方になった。
それだけ働けば、残業代がとんでもない額になるのでは?
との期待はまったくの的外れだ。残業時間が月100時間を軽く超えても、一切残業代などつかないのだ。先輩社員に聞いたことがある。
「あの、残業代ついてないんだけど、これってどういうことなんですか?」
「はあ? 飲食店にそんなもんあるわけないだろ」
あるわけないって、高校の求人票には『支給』と書いてあったのに。
「お前だけじゃなくてみんなそうなんだよ、下らないこと考えてないで、頑張って上にあがれ。そしたら給料があがるから」
上にあがるまで、手取り13万円の安月給で我慢しろってか。ていうか、上に上がるのっていつのことなんだよ。

女も食える居酒屋にラーメン屋・地方の温泉では、飲食店ぐるみの売春行為が行われているのだろうか

0034_201810251048142dd.jpg 0035_20181025104816cff.jpg 0036_201810251048174e1.jpg 0037_201810251048183bb.jpg 0038_20181025104820475.jpg 0039_20181025104821df9.jpg
アパートを出ると満月が輝いていた。仕事を果たしたという満足感にしばし酔いたい自分と得体の知れないヤルせなさをごまかしたいとい気持ちが交錯し、とてもじゃないがまっすぐ宿に帰る気にはなれない。都合のいいことに、見渡せば、四方八方に飲み屋が軒を連ねている。しかし、まだ20代のオレには一見でオネーチャン付きのスナックに入れるほどの度胸はなく、フッウの居酒屋でチビチビ飲むのがせいぜいだ。そこで、ちょうど目に入った居酒屋「H」の暖簾をくぐってみた。ところがいざ入ってみると、ちょっと様子が違う。ママらしきオバサンと、ド派手なスーツを着たホステス風中年女が2人で手もみしながらお出迎えしてくれるではないか。しまった。居酒屋とは名ばかりで、中身は単なる田舎のスナックだったのだ。そのままUターンして出て行こうかと思ったが、さすがは観光地。半ば強引に席に着かされたオレは、一杯注文させられるハメになってしまった。
「ドコから来たのョ」ラーメン屋のママとはまたひと味違うアクセントのママは、台湾人。彼女以上にかしましいホステス軍団は、片方は台湾人、残りがタイ人らしい。どっちも個人的には酒だけの付き合いに留めておきたいキャラクターだが、温泉の夜がここまで国際化しているとは。しかしこのホステスたち、客商売のワリにはどこか奥歯に物が詰まったような話しかしてこない。「仕事はナニ?」「お金持ち?」と聞いてきたかと思えば、結婚しているなどとは一言も言っていない独身のオレに「奥さん、キレイな人?」とカマをかけてくる。その遠回しな話題の振り方にどこかさっきのラーメン屋のママに似た空気が感じられるのだ。1杯目を飲み干し、おかわりを頼むと、今度は台湾人ホステスが自分にも焼酎をおごってくれと言ってきた。一塁尿のキャバクラならその時点で即座に店を出るところだが、このまま消化不良で宿に戻るのも脈に落ちない。でも、コレで単なるボッタクリだったらシャレにもならんしな。そう考えていたときのこと。
「オニーサンね、ストリップに興味ある?」
なんと、またまたママが突然、割引券があるので行ってみるかと言い出したのだ、何の脈絡もなく。
まったく、全店挙げてのキャンペーンをやっているとでもいうのか。
「でも、見るだけ、おもしろくない。女の子は遊ぶのがいいね」アレ?どこかで聞いたセリフ…。
「オニーサン、遊ぶ?」どうやらスナックの正体は、女も食える居酒屋だったらしい。注文すれば、2万4千円。で、肝心の女の方はといえば…。「どっちか選んでョ。好きな方でいいから」
オレは、今度こそ迷わずその場を後にしたのだった。I温泉では、こうした飲食店ぐるみの売春行為はしょっちゅう行われているのだろうか。実は最後に入ったスナックで、勘定を払う際に尋ねてみたのだが、それは教えられないと冷たくあしらわれてしまった。ただ、ラーメン屋ですら女が買えてしまうこの事、実。温泉地の底力をあなどってはいけない。

サロンとか飲食店とか個人事業主の女性ほどエッチしやすい相手はいない説

0123_20180903111224b60.jpg 0122_201809031112260f9.jpg異業種交流会では、多いときだと100人以上の女性と名刺交換することも珍しくありません。当然ながら後日連絡が来ても「この人誰だっけ?」と思うことがしばしばです。
ある日、私のLINEに〈Tさん、お久しぶりです。先日のパーティではお世話になりました。最近仕事
が変わったのでそのご報告も兼ねてお茶でもいかがでしょうか?〉
という誘いのメッセージが入りました。スケベな男ならば喜んで会いに行きたくなるところですが、
この声掛けは99%ビジネスの勧誘(営業)です。どうやら彼女は2カ月前に事務職を辞めて最近ネイ
リストとして独立したとのことでした。年齢は22才。未熟さと無知ゆえの「独立」でしょう。
〈いまは男性でもネイルをする人っているんですよ〉
さっそく営業モードに入っているようです。もちろん彼女の顧客になるつもりなどありません。
が、最近独立したことがきっかけで営業をかけてくる女性ほどヤりやすいコはいないので、適当に話
に乗ってあげることに。案の定、なかなかお客さんがついていないそうです。
〈そういえばTさんってどんな仕事してるんでしたっけ?〉
彼女たちは片っ端から営業しているので相手のことなどたいして覚えていないものなんです。
〈サロンとか飲食店とか、個人事業主のコンサルタントをしてるよ〉
もちろん嘘っぱちですが、事業を始めたばかりのコには「コンサルをしている」とアドバイザーの立場で近づくのが一番なのです。
〈え!? じゃあネイルサロンのお客さんの集め方とかもわかりますか!? 〉
いきなり食いついてきました。営業ウーマンを食うときのポイント「相談に乗る」がさっそく発動です。翌週、喫茶店で軽く彼女の仕事の話を聞いてやりました。
「レンタルスペース代とか道具代とか、全部かけると50人集めないと赤字なんですよ。いま忙しくてごはんも食べる暇がなくって」
一通り愚痴を話した後、彼女は資料を見せながら男性向けのネイルサロンのプランを紹介し始めました。「Tさんも今日やってみませんか?」相談だけではなく、ちゃっかり営業してくるところが抜け目ありません。でもこれは個室へ入るチャンスです。
「そうだね。じゃあお酒飲んでマッサージでも呼べるところにしよっか」
そのついでにネイルをしてもらうテイでホテルに入ったわけですが、マッサージを呼ぶわけもなく、
ワインを空けたところで完全にプライベートモードへ。すっかり甘えきった彼女はもはや単なるスケベな女の子以外の何者でもなくなっていました。

芸能人がプロデュースする飲食店をグルメレポ

いつだったか、バラエティ番組に和田アキ子がゲストで招かれていた。内容は、彼女のプロデュースする居酒屋「わだ家」に若手タレントを招待するというものだ。若手タレントたちは、次から次と出てくる料理を食べながら「超うまい!」「めつちやうまいつす!」を連呼し、そして和田アキ子はいつもの調子で「そうやろ」と満足そうに目を細めるのだった。
和田アキ子に限った話じゃなく、ここのところ、芸能人が副業として飲食店をプロデュースするケースが非常に目立つ。テレビでもよく前記のような番組を見かける。でもなんだかウサン臭いのだ。あの「ウマイ、ウマイ!」の連発が。若手芸人にとっては超大御所の先輩で、テレビ局にとっては大事なタレント。だから気を造ってヨイショしてるだけで、現実の味はたいしたことないのでは?そんな人間関係のために視聴者をダマしてるなら許さんぞ。
そこで今回、編集部イチのグルメを自認するこの私が、芸能人店の満足度をミュシュランよろしく調査することにした。パートナーは、日刊ゲンダイのコラムや「グルメの嘘』(新潮社刊)などの著書でも知られる辛口グルメ評論家、友里征耶氏だ。一般的な舌を持つ男と、グルメな男。2人の感想を総合すれば、多少の参考になるはずだ。
SnapCrab_NoName_2018-6-4_15-16-49_No-00.png 
六本木通り沿い一等地にあるピルの地下に目的の店はあった。開店当初は2,3時間待ちが当たり前だったようだが、今は行列はない。鉄のドアには、和田アキ子の手をかたどった金色の取っ手が付いていた.握手しながら開ける仕組みのようだ。いかにもな演出である。勝俣あたりがツッコミを入れそうな。中に入ると、今度は通路に和田アキ子の足形が描かれていた。ここは松村がツッコむとこか。冷ややかな視点はここらでひとまず置いておき、テーブル席に着席する。
「ねえなんかいいね〜、そうめつちやいいね〜」
スピーカーから流れるのは和田アキ子の歌声だ。どうやらBGMは彼女と、そのゆかりのアーティスト(レイチャールズなど)の曲らしい。店内はムーディな間接照明で照らされており、テーブル席が
5,6つと、奥にカウンター席、その奥がVIP用のお座敷のようだ。夕方6時別分現在、客は私たちを含め3組だけだ。
「はじまして。ようこそいらっしゃいました」
男性店員が注文を取りに来た。ホストばりに膝をつき、満面に笑みを浮かべている。パラパラとメニューをめくるが、全体的に高い印象はぬぐえない。生ビールが750円、日本酒も1千円以上の吟醸酒が中心で、お惣菜も1千円以上のモノがザラだ。6,700円の品物はほとんどない。とりあえず生ビール2つを注文すると、店員はすぐにお通しと一緒に持ってきた。生はジョッキではなく、グラスビールに毛が生えたサイズである。これは小さすぎでは?友里氏が口を開く。
「西麻布という立地に加えて、和田アキ子のロイヤリティが乗つかってるんでしょうけど・・・に
しても、高いですね。例えば、日本酒なんかは700円くらいから選ばせてくれないと一」まったく同感である。お通しは、烏のささみの和え物と、カボチャの煮付けの二つ小鉢だ。箸をつける。正直うまくはない。ささみはスジばっかりだし、カボチャもパサパサだ。
「見た感じからいって、作り置きのものでしょう。少なくともこの値段の店で出すものではない」
そう言う友里氏もまだこの時点では知らなかった。このお通しは一つ800円、2人で1600円もしたことを。店員に注文を告げると、ほどなく料理が出てきた。まずはこの店のオススメメニュー「寒ブリのお造り(1050円)」である。さっそくいただこう。
SnapCrab_NoName_2018-6-4_15-16-36_No-00.png 
…普通である。一般の居酒屋と比べれば、鮮度は悪くはないが、寿司屋よりは劣るレベルか。良いブリってのはもっと歯ごたえがあり、脂がのっているイメージだが。
「この時期のブリはまだ脂があまりのってないんですよ。うまくなるのはもう少し先です。そういう意味では、寒ブリって表現はどうなんでしょうね」(友里氏)
続けて、和田アキ子の手のひらサイズという「わらじコロッケ(980円)」が来た。ジャガイモではなく黒豆を使った変わりダネだ。これまたごく普通の味だ。黒豆の味はしても、驚きのようなものはない。サイズが大きいぶん、食べ応えはあるのだが。
「お待たせしました〜」
店員が看板メニューの一つである豚しゃぶしゃぶ(一人前2400円)を運んできた。和田アキ子自身、テレビで何度となく紹介している一品だ。豚肉は、特撰霜降り「松阪ポーク」。味付けも浪速風の甘いうどんだしと凝っていて、見るからにウマそうだ。肉』をしやぶしやぶして、パクつと一口。豚肉に甘いタレがよくカラむ。ウマイつちやウマイ。でも、何なんだろうこの違和感は。友里さん、どうです?
「甘過ぎますね。浪速風と言うからには、もっとあっさりしてないと。この味つけだとご飯を食べるにはいいけど、酒を飲むには適しません」
厳しいご意見だ。
「それとこの豚、クズ肉ですよ」
えクズ肉?特撰霜降り松阪ポークって書いてますよ?
「はい。産地の特定はできませんが、豚本来の味がまったく感じられません。肉をカットしてから時間が経ってるので表面が乾燥してる点も、味を落としている原因です」
クズといってもゴミのような肉という意味ではなく、グルメにとってはクズのような肉、といったところか。お会計では、驚いたことにサービス料が付いていた。高級フランス料理じゃあるまいし、これはないんじゃないすか、アッコさん。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます