飲食店のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:飲食店

仙台に行ったら行きたい出会いのあるスポット・飲食店

0073_201809100030015fc.jpg 0074_201809100030028df.jpg 0075_20180910003004ad7.jpg 

サロンとか飲食店とか個人事業主の女性ほどエッチしやすい相手はいない説

0123_20180903111224b60.jpg 0122_201809031112260f9.jpg異業種交流会では、多いときだと100人以上の女性と名刺交換することも珍しくありません。当然ながら後日連絡が来ても「この人誰だっけ?」と思うことがしばしばです。
ある日、私のLINEに〈Tさん、お久しぶりです。先日のパーティではお世話になりました。最近仕事
が変わったのでそのご報告も兼ねてお茶でもいかがでしょうか?〉
という誘いのメッセージが入りました。スケベな男ならば喜んで会いに行きたくなるところですが、
この声掛けは99%ビジネスの勧誘(営業)です。どうやら彼女は2カ月前に事務職を辞めて最近ネイ
リストとして独立したとのことでした。年齢は22才。未熟さと無知ゆえの「独立」でしょう。
〈いまは男性でもネイルをする人っているんですよ〉
さっそく営業モードに入っているようです。もちろん彼女の顧客になるつもりなどありません。
が、最近独立したことがきっかけで営業をかけてくる女性ほどヤりやすいコはいないので、適当に話
に乗ってあげることに。案の定、なかなかお客さんがついていないそうです。
〈そういえばTさんってどんな仕事してるんでしたっけ?〉
彼女たちは片っ端から営業しているので相手のことなどたいして覚えていないものなんです。
〈サロンとか飲食店とか、個人事業主のコンサルタントをしてるよ〉
もちろん嘘っぱちですが、事業を始めたばかりのコには「コンサルをしている」とアドバイザーの立場で近づくのが一番なのです。
〈え!? じゃあネイルサロンのお客さんの集め方とかもわかりますか!? 〉
いきなり食いついてきました。営業ウーマンを食うときのポイント「相談に乗る」がさっそく発動です。翌週、喫茶店で軽く彼女の仕事の話を聞いてやりました。
「レンタルスペース代とか道具代とか、全部かけると50人集めないと赤字なんですよ。いま忙しくてごはんも食べる暇がなくって」
一通り愚痴を話した後、彼女は資料を見せながら男性向けのネイルサロンのプランを紹介し始めました。「Tさんも今日やってみませんか?」相談だけではなく、ちゃっかり営業してくるところが抜け目ありません。でもこれは個室へ入るチャンスです。
「そうだね。じゃあお酒飲んでマッサージでも呼べるところにしよっか」
そのついでにネイルをしてもらうテイでホテルに入ったわけですが、マッサージを呼ぶわけもなく、
ワインを空けたところで完全にプライベートモードへ。すっかり甘えきった彼女はもはや単なるスケベな女の子以外の何者でもなくなっていました。

芸能人がプロデュースする飲食店をグルメレポ

いつだったか、バラエティ番組に和田アキ子がゲストで招かれていた。内容は、彼女のプロデュースする居酒屋「わだ家」に若手タレントを招待するというものだ。若手タレントたちは、次から次と出てくる料理を食べながら「超うまい!」「めつちやうまいつす!」を連呼し、そして和田アキ子はいつもの調子で「そうやろ」と満足そうに目を細めるのだった。
和田アキ子に限った話じゃなく、ここのところ、芸能人が副業として飲食店をプロデュースするケースが非常に目立つ。テレビでもよく前記のような番組を見かける。でもなんだかウサン臭いのだ。あの「ウマイ、ウマイ!」の連発が。若手芸人にとっては超大御所の先輩で、テレビ局にとっては大事なタレント。だから気を造ってヨイショしてるだけで、現実の味はたいしたことないのでは?そんな人間関係のために視聴者をダマしてるなら許さんぞ。
そこで今回、編集部イチのグルメを自認するこの私が、芸能人店の満足度をミュシュランよろしく調査することにした。パートナーは、日刊ゲンダイのコラムや「グルメの嘘』(新潮社刊)などの著書でも知られる辛口グルメ評論家、友里征耶氏だ。一般的な舌を持つ男と、グルメな男。2人の感想を総合すれば、多少の参考になるはずだ。
SnapCrab_NoName_2018-6-4_15-16-49_No-00.png 
六本木通り沿い一等地にあるピルの地下に目的の店はあった。開店当初は2,3時間待ちが当たり前だったようだが、今は行列はない。鉄のドアには、和田アキ子の手をかたどった金色の取っ手が付いていた.握手しながら開ける仕組みのようだ。いかにもな演出である。勝俣あたりがツッコミを入れそうな。中に入ると、今度は通路に和田アキ子の足形が描かれていた。ここは松村がツッコむとこか。冷ややかな視点はここらでひとまず置いておき、テーブル席に着席する。
「ねえなんかいいね〜、そうめつちやいいね〜」
スピーカーから流れるのは和田アキ子の歌声だ。どうやらBGMは彼女と、そのゆかりのアーティスト(レイチャールズなど)の曲らしい。店内はムーディな間接照明で照らされており、テーブル席が
5,6つと、奥にカウンター席、その奥がVIP用のお座敷のようだ。夕方6時別分現在、客は私たちを含め3組だけだ。
「はじまして。ようこそいらっしゃいました」
男性店員が注文を取りに来た。ホストばりに膝をつき、満面に笑みを浮かべている。パラパラとメニューをめくるが、全体的に高い印象はぬぐえない。生ビールが750円、日本酒も1千円以上の吟醸酒が中心で、お惣菜も1千円以上のモノがザラだ。6,700円の品物はほとんどない。とりあえず生ビール2つを注文すると、店員はすぐにお通しと一緒に持ってきた。生はジョッキではなく、グラスビールに毛が生えたサイズである。これは小さすぎでは?友里氏が口を開く。
「西麻布という立地に加えて、和田アキ子のロイヤリティが乗つかってるんでしょうけど・・・に
しても、高いですね。例えば、日本酒なんかは700円くらいから選ばせてくれないと一」まったく同感である。お通しは、烏のささみの和え物と、カボチャの煮付けの二つ小鉢だ。箸をつける。正直うまくはない。ささみはスジばっかりだし、カボチャもパサパサだ。
「見た感じからいって、作り置きのものでしょう。少なくともこの値段の店で出すものではない」
そう言う友里氏もまだこの時点では知らなかった。このお通しは一つ800円、2人で1600円もしたことを。店員に注文を告げると、ほどなく料理が出てきた。まずはこの店のオススメメニュー「寒ブリのお造り(1050円)」である。さっそくいただこう。
SnapCrab_NoName_2018-6-4_15-16-36_No-00.png 
…普通である。一般の居酒屋と比べれば、鮮度は悪くはないが、寿司屋よりは劣るレベルか。良いブリってのはもっと歯ごたえがあり、脂がのっているイメージだが。
「この時期のブリはまだ脂があまりのってないんですよ。うまくなるのはもう少し先です。そういう意味では、寒ブリって表現はどうなんでしょうね」(友里氏)
続けて、和田アキ子の手のひらサイズという「わらじコロッケ(980円)」が来た。ジャガイモではなく黒豆を使った変わりダネだ。これまたごく普通の味だ。黒豆の味はしても、驚きのようなものはない。サイズが大きいぶん、食べ応えはあるのだが。
「お待たせしました〜」
店員が看板メニューの一つである豚しゃぶしゃぶ(一人前2400円)を運んできた。和田アキ子自身、テレビで何度となく紹介している一品だ。豚肉は、特撰霜降り「松阪ポーク」。味付けも浪速風の甘いうどんだしと凝っていて、見るからにウマそうだ。肉』をしやぶしやぶして、パクつと一口。豚肉に甘いタレがよくカラむ。ウマイつちやウマイ。でも、何なんだろうこの違和感は。友里さん、どうです?
「甘過ぎますね。浪速風と言うからには、もっとあっさりしてないと。この味つけだとご飯を食べるにはいいけど、酒を飲むには適しません」
厳しいご意見だ。
「それとこの豚、クズ肉ですよ」
えクズ肉?特撰霜降り松阪ポークって書いてますよ?
「はい。産地の特定はできませんが、豚本来の味がまったく感じられません。肉をカットしてから時間が経ってるので表面が乾燥してる点も、味を落としている原因です」
クズといってもゴミのような肉という意味ではなく、グルメにとってはクズのような肉、といったところか。お会計では、驚いたことにサービス料が付いていた。高級フランス料理じゃあるまいし、これはないんじゃないすか、アッコさん。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます