0064_201803051816514c8.jpg 0065_20180305181653251.jpg

パンチラチャリが日本にも浸透

欧米で人気の自転車「リカンベント」。背もたれ付きのシートに、運転手があお向けに寝た状態で乗車するシロモノで、最近は日本でもジワジワと浸透しだしているのでご存じの方もいらっしゃるだろう。しかしこの自転車は使いようによっては軽犯罪の道具にもなり得る。あお向けの体勢で公道を走るため、不可抗力を装って女性のスカートの中を覗き見ることが可能だからだ。一部の不届き者がパンチラチャリと呼ぶ所以である。特にローレーサーと呼ばれるタイプに乗車すると、地上50センチという非常に低い位置に目線が設定されてしまう。もはやこうなると女性にとっては天敵以外の何者でもない。

花火大会の路上チカンを追いかける術はなし

チカンに手を染める者は大きく2種類に分けられる。ひとつは発作的に犯行に及んでしまう短絡犯。もうひとつは犯行後にどう逃げるかまでも考慮に入れている計画犯(あるいは常習犯)だ。
 計画犯の典型はバイクや自転車を使う連中だ。言うまでもなく、被害者や現場からラクラク逃げ去るためだが、最近増えてきているのは花火大会や成人式、卒業式など浴衣や着物姿の女性が街中に増える時期限定でチカンをはたらく輩だ。理由は言うまでもないだろう。着物を着ていれば全力で走ることはできない。暴漢にとってこれほど逃げやすい相手はいないのだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ