1_20191128133645d5f.jpg2_20191128133647a86.jpg3_2019112813365024c.jpg4_201911281336501bf.jpg5_2019112813365266b.jpg6_20191128133652e57.jpg7_20191128133654b7c.jpg8_20191128133655ca5.jpg1_201912031343017db.jpg2_20191203134303358.jpg3_201912031343036a3.jpg4_20191203134304173.jpg5_20191203134306174.jpg6_201912031343075df.jpg7_20191203134309d10.jpg9_2019112813365796d.jpg10_20191128133658e2c.jpg
介護法が改正される。来春から、ボクみたいなオッサンからを対象に新たに保険料を徴収し、痴呆症や寝たきり老人に国が介護サービスを提供するらしい。金を取られる身にとっちゃキッイ話だが、もしも自分がヨイヨイになってしまったらと考えれば、まあしょうがないかとは思う。
これに乗じて、介護士という職が今までより需要が増え、最近じゃ民間の企業が介護ビジネスに乗りだそうとしている。まあ被介護者の自己負担が1割で介護料がまかなえて、あとの9割はお国が負担してくれるというからこれはアリガタイというか、その手のビジネスに乗りだそうとしている人にとっては実に力タイ商売である。つまり、痴呆症の老人の話し相手や週に一度の入浴など、まあご家族が身の回りの世話をしてくれるケースでも対象になり得るそうだから、体の不自由な高齢者をかかえた家族にとっては多少〃気の抜けられる〃情況を迎える時代になるというわけだ。でもたまに元気な時もあって(笑)、その時はランジエリー姿で最後はやっぱり口ーションで手ヌキね。なんだと。しかし、綾ちゃんみたいな子がへルパーの資格をとってバリバリやってくれると、喜ぶ老人も多いんだろうねえ。しかも改正後は私設のへルパーたちを老人の方からリクエスト出来るらしいし、指名可ってことになれば、さすがにベテランといえどオバハンの介護士さんより若い綾ちゃんみたいな子に面倒見てもらいたくもなるだろうね。ちなみにヘルパーの方も老人を自由に選べるらしい。あんまり暴
力的な老人(そんなのいねえか)はお断りもできるわけ。この辺、フーゾクと実に近いモンがあると
思うのだが。さてと、もう一軒行って見よう。こちらは新宿歌舞伎町、性感へルス「お江戸美人」の美咲さん。どっちかというと、人妻系のフーゾク店だ。もちろんアッチの方はヤル気マンマン、クンニも上手で、美咲ちゃんもよくイカされるってんだから見上げたモンである。
SM・乱交・不倫なんでもありの中高年の会
ぽくが好きな雑誌に「性生活報告」というのがある。そのものずばり、セックスについての活字系投稿誌だが、変わっているのは投稿者の大部分が中高年であること。
若き日の思い出をここぞとはかりに披露する文章は、素晴らしいの一語。
死ぬまで尽きぬエ口魂を感じてしまう。
今回は、その性生活報告の読者。かなり過激な活動を展開しているとの噂だが、具体的に何をやっているのか一切不明。ほとんと予備知識のない状態でインタビューは始まった。
北尾さんとオガタさんは入会できません
●新芸術家連盟って何でしょ
〇正式には性を楽しむ会なんですけど、ほらそれだと公共施設などを借りられないでしょ。だから、こういう名にしているんですよ。
●表向きの名ってことですね。
〇そうそう。メンバーには大学教授や作家、画家もいますよ。
●そういえば学校の先生や公務員が多いな。日頃ストレスがたまりそうな職業の人ね。0入会資格しかはあるんですか。
〇特にないですが、カンタンではないです。エイズの証明書とか出してもらいますから。
オガタ検査受けなきゃいけないんだ。
〇営利目的のところも多いんですよ。それで、安心して楽しめるものをと設立したわけです。だから会費は1千円と安いんだけど、エイズ検査は必須
●なるほど。
〇あと、はっきりした職業がない人もダメです現在退職している人も、20年以上一つの会社に勤務した実績がないと入れない。入会後は、まず定例会(「性を楽しく語る会」と呼ばれている)に何度か出て、会の趣旨、ルールを理解してもらってから、各々の集いに参加することになりますね。
●きびしいなあ。
〇職業のない若いのなんか入れると、最初はいいんだけど、そのうち特定の女性とベッタリになるんです。ヒモになったり、トラブルを起こしたり。
●写真撮って脅したり、ゆすったりしたら、会の存続に関わると。
〇早い話、北尾さんとかオガタさんとかは入れないです。、え、失格なんですか。オガタもしかして、我々はウサン臭いとか?
〇(うなずいて)そうです。絶対無理です。
●ぼくはフリーランスだからわかるけど、オガタはどこが悪いんですか。
オガタ出版社はいけないという決まりでも。
〇そんなことないですよ。出版社の人、何人もいますよ。
オガタえ、じゃ、いったいなぜダメなんです。
〇いえ、鉄人社というアレね、イメージが。
●イメージ、あはは。
〇携帯電話を連絡先にするのも不可。というのは昔「混浴露店風呂の会」に行った週末に、68才の人が亡くなったんですよ。
●混浴露店風呂の会ってすごいですねえ。
〇腹上死です。ところが自宅の電話がわからない。会社で登録してたから。結局、警察に届けざるを得なかった。
●他にはどんなのがあるんですか。
〇「カップル交際の会」「SMの会」「ヌード撮影会」「3P4Pの会」などです。
●それはまた・・…わかりやすいというか。
〇それぞれ好みがありますから、どうしても多くなる。
オカタパンフレットを見ると「海と花火を見る会」というのもありますね。これは家族で参加0K、アッチのほうは無しという集まりですか。
〇いやいや。子供が寝てから交際したりね。
オガタそんなアホな。
〇気づかないからね、子供は。
●とんでもない催しやってますね。ところで、会員は何才くらいの人が多いんですか。
〇いちばん若いのは23才、上は85才です。男女比は6対4ですか。いま700人ほどいますかね。
●そんなに。で、大竹さんも世話役だけではなく、実際に参加もされるんですか。
〇(躍踏なく)もちろん。
野球拳で勝てば夜の相手を指名できる
●具体的に会の様子と教えてほしいんですが。たとえば混浴露店風呂の会には何人参加するんですか。
〇40人から50人。小さな旅館だと貸し切りになりますね。箱根、伊東、石和、那須、いろいろ行きましたよ。宴会とかがあって。6時から食重事始めまして、自己紹介をやります。それから余興ですね。ま、野球拳はいつもやります。
オガタマジメな顔して言わないでくださいよ。
〇そっちの場合は負けると全部脱ぎます。で、勝った場合は相手を指名できる権利がある。
●はあ?
〇その日の最初の相手になれるわけですよ。
●あ、やっぱりそういう流れか。
〇強制はできませんよ。あくまで自由意思ってのがうちのモットーですから。だけど、場の雰囲気でだいたいOK出るね。
出ますか。ただ、女性は服をいっぱい着ているから、男が負ける確率が高いですけどね。オガタそんなときは女性のほうから。
〇そうですが、女性は恥ずかしがる方も多いのでね。
●じゃあ、女性が勝ち残って、あとパンティ1枚なんてときは。男の方は目の色変わってます。宴会時からものすごい盛り上がりですね。
〇あと、踊りも出ますね。「浅い、深い」とかね。
●何ですかその歌は。
〇だからほら、浅い川だと着物をちょっとめくって、深い川だと上までめくる、そういう踊りがあるんですよ。
オガタいゃー深い。知らなかったなあ。0あと、バレエね。あなた、バレェ見てどう思いますか。タイツの股のところに切れ目が入っていたらどんなにいいだろ、っじ必ず思うでしょCそれを実際にやるんです。もっ大騒ぎになりますよ。
●・・・■。
〇ただ、毛深いんで有名な奥さんがこれをやると、なかなか奥が見えなかったりする。
●その奥さんっていくつくらいなんですか。
〇40才くらいですか。若いですよ。
●それが、宴会のためにタイツに穴を開けてやってくるんだ。
オガタ宴会が終わると、いよいよですか。
〇お開きになったら、いつ、誰と交わろうと自由です。オガタしかし、どんな感じなんですかね。風呂でやったりもするんですか。
〇(平然と)いらつしゃいますよ。のぼせてしまったりね。
●基本は部屋で、ということになるんですよね。それは1対1なんですか。ん、そういうのもあるし、いわゆる乱交もありますね。ただし、コンドームは必須です。
●あの、乱交ってのは誰か仕切る人がいるんですか。
〇(表情を崩し)いえいえ、その場の雰囲気でスムーズにそうなりますよ。
●そんなもんかなあ。
〇むしろ2対2がダメですね。カップル交際の会とかでも、この組み合わせだと男にプレッシャーかかっちゃう。1人は必ず立たない人間が出る。義務感がジャマするんだ。それでは楽しいセックスなど、できません。よく知っている夫婦同士なら大丈夫だろ、2思っと、そうはいかない。その点、大勢だとリラックスできる面があるんで支
●みんなでやれば肺くない、と。
〇心理的な負担が軽くなります。
●老若男女がまぐわう強烈なイメージが浮かんできました。
ダンナしか男を知らなくて、夫の死後、十年もセックスをしていなかったんですよ。その人が会にはいるとき、3つの願いを立てた。もう1人男を知ってみたい。裏ビデオを見てみたい。他人がやってるところを見てみたい。これを叶えてくれますか、と言われまして。オガタいい願いですねえ。
それはすべて達成されました。その女性がいってましたよ。私の七十年の人生はなんだったんでしょうねえ、と。十年ぶりでやったとき、思わず痛いと言ってしまったそうですよ。処女のような気分だったのかもしれないですね、
●73才の処女・・
〇そうだ、催しのときの写真を見ますか。
●ちょっと見るのが怖いですが。
〇ははは、これなんかいいでしょう。肉刺身を食べる会。休盛り。王道ですね。
オガタこっちは何をしてるんですか。
〇結婚式です。
●は?
〇両方と意奥さんやダンナがいる不倫同士の結婚式です。もちろん仮の式ですが、仲人まで全部いる。
●へえー。
〇ブーケも用意してね、祝電までくる。
●(写真をめくり)うわ、いきなり縄で縛られて大変な展開になってますよ。オガタうそだろ、コレ。
〇(クールに)おもしろいですよ。
オガター・
●わけがわかりません。
〇こっちは男をいじめる会。
●じいさん、うれしそうにいじめられてますね。博士ですよ、ははは。
●人は見かけによらないということばが今日ほど身に泌みたことはないです。
〇これが14年も続いてるんですからねえ。撮影もつまいですね。専属のカメラマンがいるんですか。〇あ、たいてい私が撮ります。ビデオも回しますよ。大竹さんは、たいていの催しには参加されているんですか。
〇(あっさり)そです。ほとんど参加してますよ。
●つまり、乱交なら乱交で、大竹さんもその、女性たちと。
〇そりゃ当然。誰もしないようなときには率先して参加しなければ盛りあがらないわけですからね。オガタでも、しょっちゆうイベントに出かけて、奥さんのほうは知ってらっしゃるんですか。ええ、私の妻も会員ですから。・え、そうなんですかー