AVデビューのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:AVデビュー

  • 2018/07/08突撃リポート

       こずえまきは1985年、神奈川県に生まれた。両親と3つ上の兄の4人家族。愛情いっぱいに育てられたものの、幼少時代は口数の少ない子供だった。「とにかく気が弱くて、感情を表に出せなかったんですよ。たぶん当時はシャイな性格だったんでしょうね。だから笑った記憶もあんまりないんですよね」学校に上がると、性格は徐々に明るくなっていき、いつしかクラスの人気者に。あまりによくしゃべるので、先生から怒...

    記事を読む

  • 2018/06/04AV女優になった理由

       優希美羽は3姉妹の次女である。両姉妹はちょうど2つずつ年が離れており、しっかりモノの姉と甘えん坊の妹とは幼いころから仲が良かった。「男は父だけだったので、家の中はそれはもう賑やかでした。姉妹の中では私が一番オテンバだったかな。体を動かすことが好きで、いつも外で男のコ達と一緒に遊んでいましたね」体育の成績がよく、中学時代はテニス部に入部。ところがある日突然、ダブルスのパートナーから...

    記事を読む

ノーが言えない性格でAVデビュー

0118_2018070821301242c.jpg 0119_201807082130143eb.jpg 0120_20180708213015cf0.jpg 0121_20180708213017afa.jpg
こずえまきは1985年、神奈川県に生まれた。両親と3つ上の兄の4人家族。愛情いっぱいに育てられたものの、幼少時代は口数の少ない子供だった。
「とにかく気が弱くて、感情を表に出せなかったんですよ。たぶん当時はシャイな性格だったんでしょうね。だから笑った記憶もあんまりないんですよね」学校に上がると、性格は徐々に明るくなっていき、いつしかクラスの人気者に。あまりによくしゃべるので、先生から怒られることもしばしばだった。
「中学は私立の女子校へ進学しました。異性にも興味を抱くようになって、学校帰りは他校の男子生徒ともよく遊んだなぁ。彼氏はできなかったけど」
初体験は高1。相手は友達の紹介で知り合った同じ年の他校生だった。なんとなく付き合うことになり、一週間後にノリで初エッチを済ませた。「展開、早いですよね(笑)。人生が変わるのは、看護学校に進学してから。サークルの飲み会の帰り、繁華街で知らない男性に声をかけられたんですね」
AVのスカウトマンだった。アヤシイとは思ったもののうっかり立ち止まり、なんとなく話を聞く流れになってしまう。
「私、ノーが言えない性格なんですよ。そういう気の弱いところだけは変わってなくて。で、気がついたら事務所に連れられて、『じゃあいつ撮影する?』って言われて、どうしようって」
不安はあった。もしAV出演なんかして、親や友達にバレたらどうするのか。やっぱり止めておこうと何度も考えた。
「でも、断ったら怖い人が出てきちゃうんじゃないかって。悩みに悩んだ挙げ句、最終的にオーケーしました。ちょっとお金も欲しかったし」こうしてあれよあれよという間にAVデビューが決定。ところが、いざ出演してみると、想像以上にAVの仕事は楽しかった。
「カメラの前だと大胆になれるんですよ。普段とは真逆の自分になれるっていうか。それがすごく快感だったんですね。もちろんエッチも気持ちいいんだけど(笑)」
間もなくしてAVから身を引くも、紆余曲折を経て、3年後の2010年に復帰。現在は、SMモノまで、幅広く挑戦している。
「今後ですか?んー、先のことはわからないけど、AV業界とは縁があるみたいなんで、当分は楽しみながら仕事を続けていこうと思っています」

人に嫌われるのが怖くてAVデビュー

0118_201806042027463e8.jpg 0119_20180604202748fe0.jpg 0120_201806042027495cb.jpg 0121_2018060420275128c.jpg
優希美羽は3姉妹の次女である。両姉妹はちょうど2つずつ年が離れており、しっかりモノの姉と甘えん坊の妹とは幼いころから仲が良かった。
「男は父だけだったので、家の中はそれはもう賑やかでした。姉妹の中では私が一番オテンバだったかな。体を動かすことが好きで、いつも外で男のコ達と一緒に遊んでいましたね」体育の成績がよく、中学時代はテニス部に入部。ところがある日突然、ダブルスのパートナーから陰湿なイジメを受けるようになる。
「ムシされたり、近くにいるのに聞こえるように悪口を言ったり。言い返したかったけど、そんな勇気もなくて。どんどん内向的な性格になっちゃいましたね」
そんな彼女の初体験は高校1年、相手は同じ学校の女友達の彼氏の先輩だった。年齢は26才。
正直、あまり気乗りはしなかった。
「その人、あんまカッコよくなかったんですよ。でも、メールするうち、なぜか付き合うような
展開になって。結局、最後は車の中で押し倒されちゃいました。初キス初エッチだったのに」
高卒業後は、専門学校に進学するも、半年ほどで退学し、ライブハウスやスナックを転々とするアルバイト生活に入る。そんなとき、コンビニでたまたま女性向け高収入求人誌を手にとった。
「パーツモデル募集の記事を見付けたんです。アダルト系の仕事だとわかっていたけど、胸やおしりとかをちょっと見せるくらいならいいかなと。で、自分から応募してみたんですよね」
ところが、事務所に所属したもののパーツモデルの仕事は数が少なく、ギャラも安い。どうしようかと悩んでいたところに、AVのオファーが来た。
「ぶっちゃけ、あまりためらいはなかったですね。当時の体験人数は4人くらいだったけど、初体験があんなだったし、セックスに対して特別思い入れがなかったから、まあ、いっかって」こうしてデビューした彼女は、現在までギャル系AVを中心に40〜50本の作品に出演している。
「もともと私は人に嫌われるのが怖くてノーが言えない性格なんだけど、AVでは逆に男優さんが私に嫌われないよう気を遣ってくれるでしょ。今はやっとセックスも好きになってきました」
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます