0066_201712201851282a6.jpg0067_2017122018512928b.jpg0068_2017122018513138d.jpg0069_20171220185132f5a.jpg
ミクシーのエロ版とでもいおうか。エロい大人たちが集まるSNSだ。
 単純にセックスしたければ、アダルト系のオフ会(乱交パーティや露出などなど)も行われているのでそれに参加すればいいのだろうが、そういった会には必ずといっていいほど常連のオッサン連中がおり、何かと仕切ったりデカイ顔をしてたりとウザい。新参が簡単に入り込めるような環境ではないわけだ。
 そこでオレは、ウソ日記&爆撃の作戦で女を釣っている。少々面倒だが、やり方は以下のとおりだ。まずは日記。簡単に言えば、「sexiで仲良くなった子とエッチしました」みたいな架空の内容を書いている。
〈昨日会ったのはこのサイトで仲良くなったOLさん(30才)だ。食事のあとにホテルに
行き、朝までクンニ&フェラ大会の開始w〉
 これを定期的にアップして準備完了だ。
 次に「都内」「東京」といったご近所系のコミュニティに入り、そこにいる女子にバンバンメールを送る。
〈sexiで楽しく遊んでる34才です! 良かったら日記を見てください、そして一度お手合わせをwwww〉
 このくらい軽い調子でも返事をくれる子はけっこういる。
 あとはメールのやりとりを続け、『マジで会いたい!』とストレートにアポを取るだけだ。
 オレのウソ日記を見てる女は会ったらセックスするってことは当然わかっているので、話がはやいのなんのって。
密かにAV男優ファンを公言する女の子が増えている。彼女たちはツ
イッターで有名AV男優(沢井亮が断トツ人気)をフォローし、プロフィールには『AV男優が大好き』『エロメンLOVEの女子です』などの文字が並ぶ。セックスが仕事のAV男優が好きなだけに、当然、彼女たちもセックス好き。狙わない手はない。
 彼女たちを手軽に引っかけるには、自分もAV男優だと名乗るのが一番だ。実際、名前の知られていない男優はゴマンといるのだから、普段は一般の会社で仕事をしながら単発で撮影に参加するバイトAV男優ぐらいを名乗れば丁度いい。自分の場合、プロフィールはこんな感じで作っている。『普段は一般の会社に勤めながら、AV男優の仕事もしています(^^) 気軽に絡んで!』
 あとは沢井亮氏のアカウントへ行き、彼のツイートにリプライ(返信)している女の子を見つけたら、片っ端からフォローしていく。相手がこちらのプロフィールを見てフォローを返してくれたら、「性のお悩みとか、相談があったら何でも言ってくださいね!」とダイレクトメッセージを飛ばす。こいつに返信があるようなら、マメにやり取りを続け、対面に持ち込むのだ。
 AV男優と会う女の子が、どんな展開を想像してるかは言うまでもないだろう。
SM専門のSNSだ。つまりはドM女の宝庫である。
 事実、ここで見つけた俺の歴代セフレのエロさったらハンパなかった。ションベンを飲ませても、馬のように尻を叩きつけても、目の中に射精してやっても、身を震わせて感じるド変態女ばかりなのだから。では、どうすればそういう女をモノにできるのか。俺が得意とする手は、官能SM小説
調の日記を頻繁にアップするというものだ。
 女性のSM愛好者にはなぜか芸術好きが非常に多い。おそらくSMそのものをアートとして捉えているため、そういう匂いのするもの全般に親近感を覚えるのだろうが、それは文学チックなSM日記にも当てはまるのだ。アップした日記は、新着日記コーナーから全ユーザーが閲覧できる。そしてサイトのヘビーユーザーほど他人の日記をマメにチェックするため、自ずとこんなメッセージが届くワケだ。
〈美しい文章に秘められた狂気に思わず興奮しちゃいました。良かったら、お友達になってくれませんか?〉
 タネを明かせば、日記の中身はネットで拾ったアマチュア作家のSM小説なのだが、そうとうも知らず勝手に感心してくれるのだからおめでたいというか何というか。
 とにかく、ここまで来ればアポ取りは目前だ。なんせ向こうから色目を使ってきているのだし、「一度調教してあげるよ」とでも言えばあっさりOKしてくれる。
 むしろ問題はプレイ時だろう。さも歴戦のSMマニアを装っておきながら、実は亀甲縛りもできないズブの素人でしたとなれば、女がシラけるのは必至だ。
 俺の場合は、いつも拘束具(手かせ足かせやアイマスクなど)と電マを持参して難を切り抜けている。とりあえず拘束具で体の自由を奪い、電マをあてがってやれば、意外とそれっぽい雰囲気になるものだ。