AV女優のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:AV女優

企画AV女優がヌード個人撮影会で中年オタク男性をくいまくる

0063_2018102101271920e_201909271623011fc.jpg0062_20181021012718652_20190927162259f51.jpg0064_20181021012721d3c_201909271623028c7.jpg0065_20181021012722edd_2019092716230444c.jpg0066_20181021012724144_20190927162305f0a.jpg0067_2018102101333446e_201909271623074b2.jpg
「お姉さん、どこいくのっ」
3年前の12月、新宿の駅ビルをぶらぶらしていると、学生風の男性が声をかけてきた。キリっとした顔立ち。正直、好みのタイプである。
「急いでるっ」「ちょっと、買い物に」「ねえ、Hなことって好き?」
なんだスカウトマンか。じゃあ興味ないと、そのまま無視しようとは思った。が、タイミングが良すぎた。ちょうど彼氏の浮気が原因で別れたばかり。クリスマスー色の街でー人は寂しい。話相手が欲しかった。「嫌い、なわけないよね」「うん、たぶん好きな方だと思う」
「じゃあ、話だけでも聞いてよ」誘われるまま、西口の力ラオケボックスに入ると、入れ替わるように別の男が現れた。今度は20代後半のギョーカイ人っぼい風体である。
「うわ、素晴らしい。長年この仕事やってるけど、こんな色っぼい女性は初めてだよ」ミエミエのお世辞。でも、悪い気はしない。
「OLじゃ月20万がせいせいでしょう。もったいないな、キミならいくらでも稼げるのに。ねえ、ビデオやってみないっ」
私がAV女優っありえない。途端に否定する一方で、やってみたいと思う自分がいた。女としてどれほど価値があるのか。男運のない自分を変えるチャンスになるかもしれない。
卒業後、上京して10年。親しい友人もいないし、親がビデオを見る可能性もゼロに近い。いや、バレたところで構わない。チョコボール向井や加藤鷹さんとHできるなら。その場で上半身裸の写真を撮
り、登録書にサインした。
ヌード撮影だけで1日4万円
驚いたのは、自分があっさりAV業界に馴染んだことだ。最初こそ人前で痴態をさらすのに、顔から火が出るほどの差恥心を覚えたが、男優も監督も力メラマンも、全員がプロである。「胸持ち上げて」「もう少し膝曲げようか」なんて冷静に指示される環境では、逆に照れる方が恥ずかしい。それより、体調を整え、撮影時に下着の線など付かぬよう心を配る方が先決だ。
ときにはこんなポーズも
ただし、最初の話には幾つかウソがあった。『いくらでも稼げる』のは、ほんの一握りのコだけ。私レベルは《企画女優》と呼ばれ、コスプレしたり旅に出たり。だいたいー本に3人ーパックで出演し、ー回の撮影でギャラ5万が相場だった。しかもこのギョーカイは鮮度が命。若いコがどんどん入ってくるから、2年も経てばベテランである。企画女優としてー年。早めに見切りを付けようと思っていたころ、事務所から声がかかった。
「撮影会の仕事があるんだけど」撮影会?なにソレ?「ヌード撮影だけでー日4万出るよ。やってみるっ」「やります」即答した。絡まずに4万の仕事を断る理由はない。話を詳しく聞けば、撮影会には、客と1対ーでラブホなどで行うH付きの個人撮影も多いが、私が派遣されるのは、写真愛好家のグループで、1部は芸術的に、2部はHポーズで撮影するだけらしい。ラクショーだ。当日、指示された品川のシティホテルのロビーに向かうと、50代半ばの男性が待っていた。
それにしても、主宰者のテクーーシャンぶりはどうだろう。全身を筆で責められ何度イったことか。彼は生憎射精せず終わったが、私は大満足だ。
「奈央子さん、これからもお願いできないかな」帰り際、主宰者が仕事のオファーをくれた。
「実は、私がやってる会には、日本全国に会員がいてね。月1ペースで各地を回ってるんだよ。地方の会員にも、ヌードを撮らせてあげたくて」
どうやら私は相当、気にいられたらしい。望まれるなら、どこでも行きます。
翌月の撮影は京都で行われた。
郊外の竹林で野外ヌードを撮るという。
AV界ではゲリラ作戦だが、撮影会は別。事前に人の少ない場所を選び、万一の準備も怠りない。即座に参加者がモデルを囲み着せる布も持参してるし、場合によっては侵入者に一斉に力メラを向け、追い出してしまうのだとか。何十センチもある望遠レンズが10台も自分に向けば、たいていの人は驚いて逃げ出すに違いない。
野外での撮影は、河原や畑、廃屋など人の滅多に来ない場所を選んで行われる
主宰者の人柄か、オタクな人たちの傾向なのか、京都でも暖かいもてなしを受けた。主宰者と私の交通費+ホテル代を負担するにはそれなりの参加費が必要だし、お土産を揃えるにもお金もかかる。服ぐ開放感は格別だ。

AV女優になった理由・男性との出会いがないからも多い

0118_20181001004044173_201909221009595f1.jpg0119_20181001004046a84_20190922101000996.jpg0121_2018100100404966c_201909221010035f3.jpg
広島県で生まれた藤森荊那は、一人娘だったこともあり、両親から愛情をなみなみと注がれて育った。小さいころからまったく人見知りせず、保育園でもすぐに友達ができた。「先生にも明るく朗らかなコだって言われてました。ただ父親の仕事の関係でしょっちゆう引っ越してたから、友達と仲良くなってもすぐにお別れしなきゃいけないのは幼心に辛かったです」そんな彼女の初恋は小1。相手はクラスメイトの男子で、集団下校では、他の生徒の目がある中、いつも自分から手を繋いで帰るほど早熟だった。「マ七ガキですよね(笑)。初体験は中学2年で、相手はブラジル人だったんですよ。友達の紹介で知り合って一目惚れしちゃったの。年は同じだけど、大人っぽくてとにかく格好良かったんです」
「小学ー年のころですね。当時は将来モデルになりたいなあって思ってました」
風貌こそイマドキのギャルっぽくなるも、ごく一般的な学生生活を送る。一方で演劇の道を目指すべく、劇団に入りハードな稽古をこなした。「でも、来る仕事はエキストラとかそんなのばっかり。もう嫌になっちゃって、女優の道はあきらめて、アメリカの大学に留学したんです。」
目標はなかったけど、何か新しい道が見つかるかもしれないと思って
そこで出会ったのは、同じ学校に通う日本人男性だった。間もなく交際を始めたふたりは、紅余曲折を経て1年半後に帰国し、それぞれ東京の会社に就職する。夏休みに一時帰国したとき一晩中飲んだ。「一緒に写ってるのはただの男友達。関係はもちろんないですよ」
「タイミングも良かったし、同棲を始めたんだけど、5年くらいで結局、別れちゃったんですよ。私は生活のために、昼は一般事務の仕事、夜は六本木のキャバクラで働くようになりました。
高校になると見事なギャルになり韓国旅行へ。
「あのころは仲良しの友達と毎日、遊んだなあ」
そんなある日、仕事帰りにスカウトから声をかけられた。キミ、AVの仕事に興味ない?きっと稼げるよ
悩んだ挙げ句、彼女は首をタテに振った。
「理由は…やっぱりお金かなあ。そもそもOLの給料だけじゃやってけないから水商売を始めたんだし。それに人に見られる仕事をするとキレイになるっていうから。AVなんてうってつけでしょ」こうして昨年夏にデビューした彼女は、現在までに8本のAVに出演。脚フェチ系の作品をメインに活動しながら、今もOL&水商売を続けている。
「昼の仕事は辞めても構わないんだけど、元々だらしない性格だから朝起きて夜寝るっていう規則正しい生活をしないと、ダメになっちゃいそうで。今後も三足のワラジで頑張ります」
その他の人気女優がAV女優になった理由は
希美まゆ「家にお金を入れたいから」とtwitterでファンからの問いに答えている。 
つぼみ
高収入アルバイト雑誌の募集で、業種が書かれていないページに掲載された会社へ電話したところ、AV事務所だった。
Rio
大学に在学中、駅で女性のスカウトマンから声を掛けられたことがきっかけ。 友達との待ち合わせしてたものの、「友達を帰してそのまま面接に行った」とのこと。
成瀬心美
付き合っていた彼氏がRioのファンで、それに影響され自身もファンになり、Rioに憧れてAV事務所へ応募した。
など、他には男性との機会がないという理由も多い

AV女優プロダクション・AVメーカーグッズ・アダルト業界で働く女性インタビュー

a046_2019090613551597f.jpga047_20190906135516ca7.jpga048_20190906135518f8b.jpga049_20190906135519414.jpga050_20190906135521971.jpga051_20190906135522dad.jpga052_20190906135524acb.jpga053_2019090613552546c.jpg
仕事柄ってことでもないけれど、雑誌を読むときは必ず編集スタッフの名前が載ってるぺージから見てしまう。何人で作ってんのか、後記にはどんなことが書いてあんのか、妙に気になるのだ。
で、すでにご存じのように俺はエ口本をよくチェックするわけだが、ときおりスタッフ欄に女性名が載ってると少しうれしくなる。
エロ本なのに、「綾香」さんとか「美沙」さんとか。
自然と思うわけです。仕事ってのはキライなら続けられるもんじゃない。つまり彼女らはこのギョーカイのことが少なからず好きなのだろうと。涼しげな顔でてきぱき働いてても、根っこではスケベなことばかり考えてんですよね?短絡的発想タネイチが、アダルト業界で働く女子社員の奔放な(はずの)性を探ってまいりました。まずは、AV女優専門のモデルプロダクションに務めていらっしゃる女性から。AV女優の日々を間近で見てるんだから、そりやもぅスケベ事には精通してらっしゃるに違いない。都内にある事務所を訪れると、ご本人が玄関先まで出迎えてくれた。
「初めまして。よろしくお願いいたします」
美人だ。マネージャーどころか単体女優でも通用しそうなぐらいに。どうしてこんな女性がアダルト業界に足を踏み入れたんだろうか。
「前職はホームページの制作や管理をフリーでやってたんですが、3年前にここの社長に仕事を依頼されたのがきっかけですね」
その仕事は、AV女優さんたちの公式ブログの管理だった。
「それで、彼女たちと頻繁にメールでやり取りをするようになって、免疫が付いたっていうか、なんかいい子たちだなって思って」
それが縁で、現在の社長に誘われ、AV女優のマネージャーをすることに決めたらしい。マネージャーというからには、毎日のように撮影現場で男女のまぐわいを見てるってことか。濡らしながら眺めてるってことか。と思いきや、実際には現場に入ることはなく、女の子を送り届けてからはたいていメイク室で待機しているのだそうだ。でも声が聞こえてくれば疼きますでしよ?待機室で何してんすか?
「前もって渡された台本の内容を知ってるので、いまごろは3Pだなとか、フェラ抜きだなとかいうのを頭の中で追ってます」
フェラ抜き。そんな言葉がへーキで出てくるところがありがたい。これはプライベートでも相当なやり手と見た。
「そうですねえ。電マは持ってますけど…」
なに!
「彼氏にいったん取り上げられたんですけど、今は戻ってきてタンスの奥にしまってます。使ってないことにして」
実際は週末になると引っ張り出しては、ご自身であてがっているそうな。そりやAV業界の周辺にいれば機器も使いたくなりますわな。
「つまりオナニーですね」
「フフフ、そうですね」
「ちなみにどれくらいの頻度で?」
「週一ぐらいですね。お休みの日だけ。まあ、彼氏がいるときに使ったりもしますけどね」ちなみにバイブを使った経験はまだないらしいが、「超気になってます」とのこと。そりやねえ、マネージメントしてる子たちはくわえ込んでるだもんねえ。自分だって知りたぃよねぇ。
「そっち系は3 0代になってから貪欲になってきたんですよ。昔はどうでもよかったんですけど」
「今まで取り入れたもので、これは良かったみたいなのは?」
「やっぱり、電マの功績は大きいですね。ラクに早く。必需品です。まだ持ってない子にはオススメ」
AVメーカーの広報と聞くだけで、セックス大好きな女性を相像するのはワタシだけでしようか。皆さんの頭の中にも同じようなイメージがあるのでは?
先方の会議室で話を聞かせてくれた彼女の写真をご覧あれ(次ページ) 。外見だけではわからないけど、内に秘めたスケベを感じさせますね? ワタシの思い込みかどうかチェックしていきましよ。
彼女は都内の大学を卒業後、印刷会社、歯科助手を経たのち、現在の会社に入社し、以降AV一筋で今年8年目に突入した。
「就職誌にAVメーカーとは書いてなかったんですよ。広告代理業みたいな感じで。で、面接のときに目の前にドーンと置かれて『こういうの平気?』みたいな。で、面白そぅだな一と思って」
入社当時はイラマチオやディープスロートの意味すらわからなかった元歯科助手さんだったが、ーカ月もしないぅちに撮影現場に行かされることに。セックスできる人たちの存在に驚いたという。
「他人のエッチを観て興奮しなかったですか?」
「なかったですね」
「ホントに?」
「ええ、AV作品もそぅですけど、気持ちを入れて見ないんで」
猫かぶってないですかね。
「でも好みの男優さんがいれば抱かれたくなるでしよぅ」
「ないですね。この前も知り合いの男優さんがいきなり全裸で私の隣に座って、いきなりチン毛抜き始めましたからね。私は空気のような存在なんですよ」
う一む。広報さんがあれよあれよと脱がされて、女優を差し置いて悶えまくるようなのがいいのに。そうあってほしいのに。んじゃ、いきなり核心だ。
「オナニーとかは?」
「えつと、中学のときにしたことあるけれど、いつも途中で寝てしまうんですよ。だから最近はしないですね」淡白な方だ。いいのか広報さん、そんな答えでウチらの夢を壊していいのか。
彼氏さんとのプレイも、気がないときはよくエッチの途中で面倒になり、本気の熟睡に突入することも多いそぅな。
「途中で寝るなって言われますね。寝ちやぅとなかなか起きないし、起きても機嫌悪いんで。反省してます」
最後に、これまでの体験人数を伺ったところ、「お付き合いした男性の数の倍ぐらい」とのこと。でもお付き合いしてない人との情事の詳細は教えてくれないんだなこれが。自身の広報活動は得意じやないのかも。
バイブやローターを製作する会社に女性社員が勤務している絵をイメージしてみよぅ。
「おはよぅございます。あっ、このバイブ太くていいね。こっちのローターは震え方が甘いかも」
スケベに決まってます。先方の会議室でお会いしたのは、3 9才の独身女性。なんとこの方のお仕事、事務だけではなく、先ほどのイメージまんまの業務も含まれてました。試作品を使ってみて、女性ならではの意見を伝えるのだ。
「いわゆるモニタリングですね。社内では私一人だけです」
ということはですよ。会社の男性たちはアナタがあんなイボイボやこんなデコボコをあそこに突っ込んでることを知ってるわけですよね。楽しそう、この会社!
にしても、こんな快楽三昧なお仕事に、どういう経緯で就くことになったのか。
「求人情報誌ですよ。若いころデリヘルやってて実際にオモチャを使ってきてたので、慣れてるし、ここならお役に立てるんじやないかなと思いまして」
ほう、デリ経験ありですか。なんにも知らない乙女がいきなり実験台になったパターンのほうが興奮できたんだけど、ま、しょうがないか。
「おもちやはお持ちなんですか?」
「はい、持ってますよ。若いころはバイブも使ったことあります。普通の人間の男性ではありえない動きをしたりしますので」
「それでイケたりするんですか?」
「私は中でもクリでも大丈夫です。お尻だけは処女ですけど」
メーカーさん、処女と言うてますよ。女性用アナル器具、開発しなはれ。そいつでバージンを奪ってやりなはれ。
おもしろいことにカレシさんは彼女の仕事のことを知らないそうで、カレシがオモチャを使おうとしたときは知識が表に出ないよう気を使うのが大変なんだとか。
「例えばドンキとか行っても、商品の値段とか品揃えが気になっちゃうんですよ。絶対彼氏よりも知識豊富ですから。『こんなのあったよ』って見せられたら『ナニこれ!?』って驚いてみせたり。実際は内部構造まで知ってて、故障しても直せるぐらいなんですけどね」
人には色んな種類の悩みがあるようで。少しだけヌードが載ってる程度の雑誌なら、
女性編集者の存在も不思議じゃない。非エロ記事の担当ってこともあるだろう。
でもこのマドンナハウスはどこまでもエロいす。ヌキどころだらけです。なにせ人妻があっちこっちで脱いでるんだから。
編集部ではたらく彼女は、入社6年目の2 9才。ショートカットのカジュアルなスタイルで幼く見えますが、結婚6年目で、お子さんも3人いるんだと。
彼女は学生時代のころから出版社に入りたいと思っていたが、エロ業界に進もうとは明確に考えていなかつた。
「就職活動の時期にたまたま求人誌に募集があつたので受けたんです。就職氷河期て言われてたし、受かったので抵抗がなかったから入ったという感じです」
入社当初は男性向け実話誌の編集をしていたが、現在は熟女一本に。社内で男性向けグラビア誌を作っている女性は彼女1人しかいない。
「最近は業界全体で見ても、女性は珍しいみたいですね。実話誌の編集をしていたころは、SMの女王様に教えを乞ぅ、みたいなこともやってました。ハリツケ台に縛られたり、まんぐり返しさせられたり」女性部員がまんぐり返しとは、隣の机の男性部員たちもさぞ喜んだことだろぅ。
でもそれは昔の話。今は体当たり取材はやつてない。仕事は、プロダクションが持ってくる熟女モデルの写真を毎日毎日、何百枚と眺め、会議で考えた企画にマッチする女性を選別していく作業がメインとなる。
毎日、熟女の裸を見ていればオカシナ気分にだってなってくるはず。いや、なってください。
「正直言いますと、たま一に、気持ち悪いなって思うこともあります。男女ともに。でも綺麗なかりで固めると面白くないんですよね。やっぱりリアルな人がいないと」
気持ち悪いって。そうじゃなくて興奮とか濡れちゃうとか、そういうことだってあるでしように。
「う一ん、ないですね一。男の人もそうじゃないですか?」
いえ、よく勃起してますけど。
「あ一それが男と女の違いかもしれないですね一。逆に興奮できた方が仕事しやすいと思うんですけどね一」
そうなのか。淡々とやってるんだなぁ。残念だなぁ。でもプライベートはお盛んなんでしょ?
「仕事でカチカチの( えげつない) 写真を撮ってるので、プライベートはAVっぽいのは引きますね。昔はそれなりにはっちゃけてた時期もありましたけど、今はそんな感じじゃないですよ」
確かに3 人も子供がいたら、ゆっくりエロいことを楽しむ余裕はないのかもしれんなあ。

清楚な受け付けと淫らなAV女優業の二足のわらじ生活|エッチ告白

SnapCrab_NoName_2019-8-26_7-41-52_No-00.png
年前、東京の私立女子大を卒業した私は親のコネで某大企業に入社し、研修を経て受け付け業務に配属になりました。受付嬢に選ばれた理由は、それなりの容姿と礼儀作法を身につけていたからでしよう。この仕事、ご想像のとおり、自社社員や取引先のお客様たちからチヤホヤされがちで、個人的なお誘いもしょちゅうです。
「メ—ル教えてよ」
「今度、飲みに行かない?」
相手がお偉いさんだろうがイケメンだろうが、すべてやんわりと断らなきゃならないので大変です。たまには付き合えばいいのにと思われるかもしれませんが、仕事関係の男はあとあと面倒になりやすいもの。安易な行動はできません。
ならばプライベ—卜はどうかといえば、学生時代の彼氏と別れて以来、浮いた話はなく、合コンでもいい出会いはありませんでした。就職して一年ほど経ったころ、大学時代の友人に合コンに誘われました。相手は10歳くらい年上の男性ばかりで恋愛対象には遠かったのですが、女性の扱いに慣れた人たちでした。場が盛り上がってきたころ、向かいの人がドキリとすることを言います。
「ねえ、AVに興味ない?じつは俺たちAV撮ってるんだよね。君は凄い魅力的だから高額のギャラで仕事が取れると思うんだけど」
彼らは映像制作の仕事をしているということでしたが、じつのところAV制作会社のスタッフだったのです。この合コンは、秘密裏にAVの仕事を始めていた友人が、イタズラ心で私にサプライズを仕掛けたものだったのでした。最初は笑って相手にしなかった私でしたが、
「休みの日にアルバイトすると思えばいいんだよ、1 本で10万は稼げるよ」
「自分じゃない他人になりきればいいんだよ。髮型とか化粧とか変えればぜったいにバレっこないからさ」そう畳みかけられ、なんとなく軽いノリで現場に行ってみることになったのです。
当日早朝、指定された都内某所の八ウススタジオに向かった私は、ウィッグをつけ化粧を変え、大きなホクロを首に描き込み、印象をがらりと変えた服を選んでカメラの前に立ちました。
私の役はお嬢様女子大に通う清楚な学生という設定でした。さすがはプロの男優さん、エッチが始まると徐々に気持ちが昂ぶっていき、カメラの存在も忘れて気持ちよくなってしまいます。撮影が終わり我に返ると、シ—ツがびっしょり濡れているではありませんか。それを見て私は顔が真つ赤になってしまいました。
シャワ—を浴び着替えを済ませると、私は8万円を渡され帰路につきました。
「10万は稼げる」って言われてたけど、まぁ、誤差の範囲なのでしょう。
翌日から、清楚な受け付け業務と、淫らなAV女優業の二足のわらじ生活が始まりました。上手なエッチの快感に目覚めた私は都合が合いさえすれば撮影の仕事を入れるようになったのです。
何も知らない男性たちは、相変わらず連絡先を書いた名刺を手渡してきますが、前以上に相手にする気になれません。どうせこの人たちは身勝手なエッチをするだけなのだから。
それに比べて男優さんときたら…。オモチヤや目隠し攻め、それに最後に顔にかけられるときの〃いたぶられてる感じ" はタマりません。思い出すだけでも身体が熱くなつてくるほどです。
素をさらけ出した私の作品をもしかして観た人がいるかも。そう想像するのも興奮しました。日に何百人と挨拶してくる男性の中に、私の胸?やフェラチオ中の顔やアエギ声を知ってる人がいば…。
恥ずかしい、でも濡れそう…。
表向きは澄ました顔をしているので、まさか机の下で脚をモジモジしてるなんて彼らは気づきもしないでしょうけど。ところが先日、ついにバレちゃいました。取引先のお偉いさんがDVDのパッケージを持ってきたのです。
「もしかしてこの女性は、君じゃないのかね?」
写っている3人のうちの1人は、紛れもなく私自身でした。ですが、ここは否定するしかありません。
「セクハラ懸案として上の者に報告いたします」
お偉いさんはすごすごと引き下がりました。ちょっと冷や汗はかきましたが、そんなスリルも楽しんでしまう自分がいます。カメラの前にすべてをさらけ出しているうちに、こんな大胆な性格に変わってしまったのでしょう。

ファン参加型AV女優旅行ツアーで本当にあったガチンコSEX

SnapCrab_NoName_2017-11-7_13-8-28_No-00.png
AVメーカーのサイトで 「出演していただける一般男性募集!」という告知を発見した。一般男性とAV女優数十人が1泊2日で旅行しながらヤリまくるという、 最近流行の「ファン参加型」 企画の募集だ。すぐさま参加申し込みをし たところ、簡単な面接を経て、 見事メンバーに選出された。
休日の朝7時。集合場所のターミナル駅前には30人超が集まっていた。見たことのあるAV女優もチラホラいる。画面越しで見てきたこ のコたちとマジでヤりまくれ ると思うと、胸は高鳴る一方だ。 
スタッフの指示通りに男性陣が目の前の大型バスに乗り込む。オレは車内の前方、窓側の席に座った。
 スーツ姿の女性スタッフがマイクで叫ぶ。
「じゃあこれから女優さんが入ってきまして、そのまま撮影になります!自由に絡んじゃって下さ〜い」
 かけ声のあとに続々と入ってくるAV女優たち。すでにカメラは回っており、男性と女優がそれぞれペアになって座ると、本格的に撮影がスタートだ。オレの隣には茶髪の少しギャル系の企画女優が座
った。
「おはようございま〜す! 一般の方ですよね?」
「はい、よろしくおねがいします」
 バスが動き出すといよいよ本格的なカラミだ。
「では隣の男の子のパンツを下ろしちゃいましょう!」
司会女性のかけ声とともに、ギャルちゃんが何の躊躇もなくオレのズボンを下ろす。
「うっわ、パンツ越しから大きくなってるのわかるわ〜」
 ニコニコしながらぱくりとチンコを咥えてくる。ああ、こんなのマジで天国すぎるって!
 すぐに射精感が訪れた。カメラが近づいてくる。うっ、これが作品になるなんて恥ずかしいけど、もうイク!
 そんなオレを見て司会女性が実況する。
「みなさ〜ん! この男の子、元気すぎですよ〜!」
 こんな調子で、車内やパーキングエリアで撮影は続いた。
 貸し切り旅館に到着してからは本格的な乱交宴会となり、オレは合計4人の女優に4発もぶっぱなした。こんなに頑張ったのはオレくらいのもんじゃないか?夜の12時をまわったころ撮影は終了した。精も根も尽き果て、クタクタの状態で廊下を歩いていると、後ろから「後藤くん」と呼ぶ声が聞こえた。振り向くと、浴衣姿の司会女性だ。
「後藤くんおつかれだったね〜。ちょっと部屋で飲まない?」
 慰労会でもあるのかと、彼女の部屋についていく。
「おじゃましま〜す」
 部屋には誰もいない。
「あれ? ほかのスタッフさんとかいないんですか?」
「うん、いないよー。みんな適当に飲んでるんじゃない?」
 てことは個人的に誘ってくれたのか。
「今日つかれたでしょ? マッサージしてあげる」
「いやあ、そんな悪いですよ」
「後で私もマッサージしてもらうから」
「じゃあ、お願いします」
 うつぶせになったオレの腰に彼女が手を当て、ゆっくり揉みほぐしてゆく。
15人くらいいた素人男優の中からオレだけ特別扱いなんて、なんだかうれしい。仰向けになったところで、彼女がオレの股間を中指でツンツンと突いた。
「今日、ホント元気でしたよね〜」
「自分でもびっくりですよ、はははは」
 今日あれだけ抜いたはずの股間にムクムクと血液が巡ってきた。
「・・・あれ?」
 彼女は、すぐに股間の変化に気付いた。
「また元気になってません?すごい〜!」
 そのままさらに股間のツンツンを続ける彼女。ちょっと!
「いやあ、マズいっすよ」
 焦るオレの表情を見て、彼女がニッコリ微笑む。
「ああ〜私も疲れちゃったかも」
 彼女が股間に顔を近づけて、太ももをさらさらと触れてくる。ちょっとおかしい雰囲気になってないか?
 ためしに彼女の髪を撫でてみると、抵抗がない。
 えっ・・・?
 そのままキスを交わして彼女の股間を触る。かなり熱い!
「・・・いまカメラまわってないですよね」
 彼女は無言でうなずく。遠慮なく彼女の温かいマンコに生チンコを差し込ませてもらった。
 彼女、最初からオレの元気なチンコ目当てで、誘ってきたにちがいない。そりゃあんな大乱交を見せられたら、司会だけじゃ満足できないよな。
素人ガチンコSEXビデオにプロのAV監督も脱帽
0006_20190416191900808_20190811102012846.jpg0007_20190416191859ba8_2019081110201486f.jpg
AV関係者も訪れる話のわかる診療所
0087_20190328135924564_201908111020152b3.jpg0088_201903281404241c0_20190811102017dd8.jpg0089_201903281404239f8_20190811102018acd.jpg
性病で病院に行くと、色々と厄介なことが多い。
「誰と関係を持ったのか」「ここ3カ月の性行為で思い当たるフシはあります?」
などと聞かれ、あげくの果てには「自業自得ですからね」などと怒られることもある。しかしここはAVブロダクションや風俗関係者も利用するので、様々な「事情」をわかってくれる。メンドクサイ話はなく、ボンつと薬を処方されすぐに帰れるのだ。いつも混んでいるので、時間の余裕があるときに行きましよう。
付近の風俗関係者がこぞって利用するクリニックだ。ここもさっと薬を出してくれるありがたさで、医師が色んな相談にも乗ってくれる。「●●って店でうつされたと思うんですけど」「ああ、あそこは多いからやめておいたほうがいいよ。近くの△△はちゃんとウチで検査してるからOK」なんてフランクな会話もできてしまうほどだ。

AV女優の妹出演のアダルトDVDが自宅に送られてきた・家族会議の結果・・・

SnapCrab_NoName_2019-7-26_20-59-7_No-00.png
この兄にしてこの弟あり。AV女優を輩出した建部家にさらなる激震、走る
我が妹の由佳(20才)がAV女優になり、緊急家族会議の結果、応援していこうという結論に落ち着いたところまでは前号でお伝えしたとおりだ。このまま何事もなく終わればそれでよし。そう強く願うオレだったが、希望は虚しく崩れ去ってしまった。
あの会議のあと、由佳がちょこちょこ実家に帰ってくるようになったと聞いた。母親と一緒に買い物をしたりゴハンに行ったりと、前以上に仲良くしているようだ。由佳にもどこか申し訳ない気持ちがあるのだろう。あるときオレが実家に帰ってみると、家中に見慣れないベッドや家具が増えていた。母さん、これどうしたんだっ
「由佳ちゃんがIKEAで買ってくれたのよ。いいでしょっ」
買ってくれたって・このドでかいベッド、いくらするんだよ。
「7万ちょっとかな」
テーブルや椅子、乾燥機など、新しい家具に囲まれて母は上機嫌だった。応援していくってのは、アンタにとってはそういっ意味だったのかーあきれるオレに、弟の雄介までがつぶやく。
「俺もネエちゃんにプレステ3買ってもらったよ」
この弟、前号では登場しなかったが、現在高校3年生で大学受験を目指して頑張っている。家族会議に呼ばなかったのは、まだ伝えるには刺激的すぎるだろうと配慮したためだ。
「ホント、いい子に育ったわ」
「最近、マジでネエちゃん優しいよね」
まったくノンキな連中だが、なんにしろ家族孝行になっているのだから」喜ぶべきだろう。そんなに稼いでるんならオレにも何か買ってくれと言いたいけれど。
今月の頭、携帯に母から着信が入った。
「ヒロシ、家に変な封筒が届いてね・差出人が書いてないのよ」
それがどうした。しょうもないことで電話しなくていいんだよ。
「それでね、中を見たら由佳の出てるDVDが入ってて」
はあっ由佳のDVDっなんでそんなもんが実家に送られてくるんだよーザワつく気持ちを抑えながら実家に帰り、その封筒を確認した。表面にウチの住所と母の名前がパソコンで打たれ、中には由佳が出演しているDVDのパッケージコピーが30枚ほど入っている。怖っ。どう考えたって嫌がらせじゃんか「いったい誰かしら。雄介に見られたら大変だから捨てちゃうわよ」
差出人の可能性として考えられるのは、由佳の彼氏、石井だ。ヤツはわざわざオレたち家族にAVの件をチクってきたような男だ。何をしでかすかわかったもんじゃない。その場で電話をかける。
「由佳の兄だけど、オマエもしかして家に変なもの送らなかったか?」
「変なものってなんですかっ」
「とぼけんなー由佳のDVDのコピーだよ」
「え僕じゃないですよーそんなことしても意味ないじゃないですか」
「そりゃそうだけど」
由佳に確認してみると、石井とはあれから仲直りをして平穏に暮らしているという。ヤツの線は消えたか。となるとたまたまAVを見た近所の人間の仕業か、それとも由佳の昔の知人か。とにかく気持ちが悪い。
2日後、実家を訪ねると、母は留守だった。しかたなく冷蔵庫から煮物を取り出し、レンジで温める。
「兄貴、ちょっと話したいことがあるんだけど・・・」
「は、どうした?」
「あのさあ、兄貴は知ってんだろ」
ダテにずっと兄弟をやってたわけじゃない。その表情を見てオレは一瞬で悟った。こいつ、由佳のAV知っちゃったのかも。でもここはとぼけるしかない。
「何を?」
「知ってんだろ。隠さなくてもいいよ。最近ネエちゃん金持ってるからオカシイと思ってたんだよ」
はあ、もう観念だ。はい、そうですよ、由佳はAV女優ですよ。ネットでオカズを検索していたら、由佳に似た女優を発見してしまった。まさかと思って買ってみると、本当に実の姉だった。
「それで母さんに教えてやんなきやと思ってさ・・。」
お前、なんて回りくどいことを。そう、なんとあの封筒を送ったのはこの弟だったのだ。
「そうか、母さんにはオレから言っとくよ。ま、出ちゃったもんはしょうがないからな」
「うん」
なんともいえぬ気まずさに、さっさと部屋へ追い返そうとしたオレだったが、雄介はそのままテーブルに腰を掛ける。
まだ何かあるのか。
「兄貴は見たの?ネエちゃんのAV」
あのねえ、いくら兄弟でも聞いていいことと悪いことくらいあるんだぜ。そんなの見るわけないだろうが(見たけど)
「ふん、そうなんだ。俺、ぜんぶ見ちゃったよ」
全部って・・・あの垂れた乳も、型やらしいフェラもか。フッウ、弟なら正視できないだろうよ
「ネエちゃん、エ口い顔すんだよね」
「そうなのか?知らないよ(知ってるけど」雄介の口元がニヤついている。お前ね、実の姉貴のセックスなんか思い出すんじゃないって。と、わざと苦笑いを作るオレもまた、由佳の大きな乳輪を思い浮かべていた。バ力なのか、オレたち兄弟は。
「AVなんて面白いもんでもないだろ。もう勉強しろよ」半勃起した事実は隠し通し、オレは兄としての威厳を保ち続けた。
雄介が姉の姿にどこまで興奮したかはわからない。ただひとつはっきりしているのは、我が兄弟が由佳のDVDをー枚ずつ購入し、それぞれの思いで再生したということだけだ。

AV女優でデビューしたきっかけはレズに目覚めたから|エッチ告白

0118_20190118184551c2e_201911031438365c7.jpg0119_20190118184553282_2019110314383712f.jpg0120_2019011818455418a_20191103143839154.jpg0121_201901181845567c9_201911031438404f3.jpg
1993年、神奈川県に生まれた佐原は、幼少時からおませな子だった。
「私はよく覚えてないんですけど、幼稚園ですごく仲のいい男友だちがいて、いつもその子と一緒だったらしいです。ちょっと目を離すとすぐにキスしてたって母が言ってました(笑)」
小学校に入ってからは、ジャニーズ系のガキ大将にゾッコンになった。小3のバレンタインで彼とディープキスを経験すると、一気に性的な興味が芽生えだした。
「よく彼の家でお互いの性器を触りっこしてましたね。はじめは彼が私のパンツに手を入れてアソコのスジを上下にこするだけだったんですよ。でもそのうち『俺のも触ってよ』って言うようになって。69の体勢になって、触りっこしたこともあったっけ」
結局、彼とはそれ以上の関係にはならなかったものの、中1のとき、ついにロストバージンの機会が訪れた。それも最悪の形で。当時つき合っていた彼氏の家に遊びに行ったところ、彼の部活の先輩が
待ち受けていたのだ。
「何で先輩まで一緒にいるのってパニックになっちゃって。そうこうしてるうちにパンツを脱がされて、先輩に無理やりオチンチンを入れられちゃったんです。で、先輩が射精したあとで、今度は彼氏が挿入してきて。ごめんなさい。あまりのショックでその先のことは覚えてないんです…」
悲劇はそれで終わりではなかった。先輩と彼氏との3P話が学校中の噂となったのだ。以来、男性不信に陥った佐原だったが、持ち前の性的好奇心の強さは健在で、それは進学した女子校でも存分に発揮された。
「同じ学校の子に告白されてレズに目覚めちゃったんです。お互いにクンニし合ったり、ローターでちょろっと遊んだりって感じ。その子とは1年ほどで別れて、また別の子とつき合いました」  高3の秋。ようやく男性不信から脱却した彼女は、バイト先で知り合った30才のバンドマンと交際を始めた。17才の少女に顔射や剃毛、アナルセックスを強要する変態男ではあったが、もともと彼女自身もスケベなことにはどん欲なだけに、彼とのセックスライフは非常に満足できるものだった。
佐原がAVスカウトマンに声をかけられたのは、高校を卒業し、その彼と別れた直後のことだ。
「最初はむちゃくちゃ怪しいと思いました。でも喫茶店で『やってみませんか?』って聞かれて、素直にハイって言っちゃったんですよね。内心はすごく興味があったんで。実はスカウトの人から撮影の話を聞いているだけで、濡れてたんです(笑)」
こうして、トントン拍子にデビューすることになった彼女は、現在もAV女優を天職として、精力的に活動を続けている。
「仕事は本当に楽しいですね。新しい彼氏も欲しいけど、今は、もっともっとテクニシャンな男優さんたちと触れ合っていたいです」
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます