Eyelandのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:Eyeland

  • 2018/12/12出会い攻略

    『ドキドキ郵便箱』の第一手はしょうもないツカミで入れ同時に数十人の見知らぬ女性に、匿名でメッセージを送れるシンプルなツールだが、相手がどこに住んでいるのか、何歳でどんな顔なのかまったくわからないままなので、送る方も送られる方も文字通りドキドキな体験ができる。重要なのはファーストメールでの「つかみ」。最初のころは失礼のないようにと真面目な文面でメールを送っていたが、反応は悪かった。今現在、俺がよく使...

    記事を読む

  • 2018/08/21出会い攻略

      正直どの出会い系がいいのかわからず、有名だったから選んだのがこのサイト。裏モノの記事みたいなテクニックもないから、オレは愚直に毎日、同じ募集文面を載せていた。『単刀直入にセフレ探してます。業者ではありませんので安心してください。都内で平日の昼など、遊べる人妻さんいらっしゃいますか?お互いに秘密厳守で、ドキドキしながら遊びましょう』最初は「業者では〜」の部分は入れてなかったが、あまりに「...

    記事を読む

ドキドキ郵便箱、Eyelandの出会える使い方・攻略法

0055_20181212092518402_2019101516065222c.jpg0056_20181212092520774_201910151606538eb.jpg0054_201812120925177ff_20191015160650fb3.jpg『ドキドキ郵便箱』の第一手はしょうもないツカミで入れ
同時に数十人の見知らぬ女性に、匿名でメッセージを送れるシンプルなツールだが、相手がどこに住んでいるのか、何歳でどんな顔なのかまったくわからないままなので、送る方も送られる方も文字通りドキドキな体験ができる。重要なのはファーストメールでの「つかみ」。最初のころは失礼のないようにと真面目な文面でメールを送っていたが、反応は悪かった。今現在、俺がよく使ってる掴み用の文面はコレだ。『これは不幸の手紙です!!この手紙を読んだ人は10分以内に腹筋50回してくださ〜(笑)』ノリがいい相手なら、〈ちょっと!ふざけんなって(笑)〉などと、すぐに突っ込みを入れてくれる。こいつに変えてから一通送るごとに5〜6人からリターンが来るようになった。うまくメールのやり取りが始まっても、遠くに住んでる子とはどうにもできないが、逆にご近所だったときは運命の出会いを感じさせる。基本的に返信をくれるのはノリのいい女の子ばかりなので、すぐに連絡先交換からデートの流れに繋がるはず。ユーザーは10〜20代の女の子が多いので、オバハンを引く心配は無用だ。
EyelandでヒマなOLをメシの話題で引っかける
最近、会社で「Eyeland」というスマホアプリばかり触っている。ユーザーたちの現在地がGPSによって示される地図を見て、自分の近くに気になる人間がいたら、チャットに誘えるというアプリだ。オレの職場はオフィス街にあるせいか、日中は、近辺の会社のOLらしきユーザーがけっこういる。自分のターゲットは彼女たちである。まずは昼メシ時にこんなチャットメールを。〈こんにちは。今、お昼休みなんでメールしてみました〉ただし、これだけではほとんどレスがない。肝心なのは二通目だ。このアプリは相手に写真を送ることもできるため、例えばラーメンの写メを添付し、〈○○のラーメンを食べにきてます。やっぱおいしいです〉職場の近所のメシ屋情報をエサにするのだが、これ、反応がかなりいい。
〈おいしそうですね。○○ってどこらへんにあるんですか?〉こうして繋がった後は、午後から夕方にかけ、適当に間をあけながらチャットメールだ。その際も、〈駅前の××ってソバ屋行ったことありませんか〉〈ワインが好きなら△△ですよ〉など、お店ネタを絡める。経験上、仕事中にこんなアプリを起動させている女は、会社でヒマを持て余しているタイプが多いのだろう、会話にだらだら応じてくる。そんなふうに2、3日もお店ネタでチャットしたあとは、〈よかったら今度一緒にメシでもどうですか?〉で普通に食いついてくるものだ。
バカが多い今だからこそ『ライン掲示板』には札束の写真を使え
いまライン掲示板が盛り上がってるのは間違いないが、顔写真が載せられない俺のようなブサイク男子でも、うまいこと女の子を引っかけられるとっておきの作戦がある。それが札束写真だ。まずはネットから1千万程度の札束の画像を見つけてきて、プロフ写真に設定する。写真はなるべく手で持ったり、自宅に置いてあるような、自然なカットを選ぶのがコツだ。あとは自分の好みの女の子にメール爆撃をかますだけ。ノリのいい子ならすぐに写真の札束に突っ込みを入れてくれる。
〈かまちょー〉〈ちょっと写真のおカネなんなの〉〈あ、コレ、去年宝くじで当ったんだよね。1千万。すごいっしょ〉〈マジでスゴいんだけど!!〉〈でしょー。好きな飯奢ってあげるよ〜〉馬鹿馬鹿しいと思うかもしれないが、いま爆発的に女性ユーザーが増えているラインだけに、こんなやり取りが現実に起きうるのだ。会ってからの出費は多少覚悟しなくてはいけないが、とにかくブサイクな顔写真を使っていたときに比べて出会い率が格段に上がったのは事実。同じ悩みを持つ皆さんには一度試してみてもらいたい。

一緒に映画を観るだけで不倫してしまうサブカル妻|出会い攻略

0048_20180821082557901.jpg 0049_20180821082559c0f.jpg0046_2018082108255464c.jpg 0047_20180821082556dca.jpg
正直どの出会い系がいいのかわからず、有名だったから選んだのがこのサイト。裏モノの記事みたいなテクニックもないから、オレは愚直に毎日、同じ募集文面を載せていた。
『単刀直入にセフレ探してます。業者ではありませんので安心してください。都内で平日の昼など、遊べる人妻さんいらっしゃいますか?お互いに秘密厳守で、ドキドキしながら遊びましょう』
最初は「業者では〜」の部分は入れてなかったが、あまりに「業者じゃないですか?」と聞かれることが多かったので注釈を入れたのだ。エンコー希望みたいなメールが大半の中で、あるとき、子どもと一緒の写真をプロフ画像にしている主婦さんからメールが届いた。
『なんか変な人が多いので心配だったけど、普通っぽい方なのでメールしてみました』
なんでも女は、出会い系サイトの男ってのはAVに沈めるヤツとかその類の業者が多いと思っている人が多いらしく、オレのストレートな募集文面に誠実さを感じてくれたんだとか。数日間メールのやりとりをし、まずはお昼ご飯を食べようと待ち合わせることに。やってきたのはめちゃめちゃスレンダーながら服の上からもわかる巨乳ちゃんで、顔もそこそこ可愛い。28才というがもっと若く見える。話を聞けば出会い系でこしらえたセフレを数人抱えているらしい。
「オレも仲間入りさせてくれる?」
「えー、どうしようかなぁ、アハハ」
そう言いつつ、ホテル前で手を引いても拒否はない。驚いたのだが、この子はなんと自前のローターを持参してきていたことだ。
「クリちゃんに優しくあてて」
「中に出し入れしてぇ」などと注文が多い、非常にエッチな子だ。クリにローターを当てながらバックで突きまくると、「んぐっ」と声を出して体を倒している。腰がビクビクしており、マジでイッちゃったみたいだ。帰り際、また会ってくれるか尋ねてみた。
「あさって、パート先のカラオケ店の店長とエッチするのね。そこでその人のエッチ次第ではアナタ
がセフレに昇格するかも」
いやー、女性も強くなったもんだ。先日「Eyeland」というマッチングアプリで初めての不倫を体験した。マップ上にアバターが現れて近くにいる人を選んで会話できるというアプリなのだが、仕事終わりに何気なく起動してみると、かなりの数のアバターがいたので、気軽に食事でもということで、片っ端からメッセージを送った。
「よかったら、一杯どうですか?」
「もうすぐ、仕事が終わるのでその後ならOKです」
「それでは、SL広場で待ち合わせにしましょう」
やはり職場が近いと親近感が湧くのだろう。すんなりアポに成功した。SLの前で待っていると、オフィスカジュアルで高身長の女が現れた。年齢は30代半ばだろうか。とりあえずガード下の居酒屋で飲むことに。なんでも、この女性、ダンナが単身赴任中で、最近になって浮気の証拠をつかんだらしい。友人にも話しづらいことなので、吐き出せる場所を探していたとのこと。私自身は気弱な性格でうんうん、と話を聞いているだけだったが、女の飲むペースがグイグイ上がってしまい、22時前にはへべれけになっていた。
「まだ、帰りたくない」と女性が言うが、もう一軒行くわけにもいかないのでタクシーで近くのシティホテルへ。女をベッドに寝かせたところで「一緒に寝よー」と言ってきた。そんなつもりはなかったのだが、誘われてしまったのではしょうがない。軽くキスして、パンツの中に手を伸ばすとグッショリだ。
「もう、興奮してるの?」
「だって、初めて会った人とその日にエッチするなんて…」
うるんだ目でコッチを見てくる。ならばしょうがない。シャワーも浴びずに汗だくでセックスをした。女はすぐに寝てしまったので、翌朝までのホテル代を枕元に置いて部屋を出た。
「おとチャ」というアプリは、各々が思い付いたことをタイムラインに投稿して、そこから気になった人を選んで個別にチャットできるというもの。
『ヨウコ・茨城・37才ヒマー。カマチョー』
こんな投稿があったので淡い期待を胸に個別トークしてみた。
〈自分も茨城住みです。よかったら絡みましょ!〉
〈わーい! カラオケでも行きませんか?〉
なんと雑談をかわすこともなく、いきなり向こうから誘ってくるではないか。いい歳した女が昼間か
らヒマしてるもんなんだな(俺も人のことは言えないが)。こんなウマイ話があるものかと疑いつつも、日中、茨城県西部にある郊外のカラオケ店に向かったところ、本当にヨウコは待っていた。
「彼氏とはカラオケ行かないの?」
「彼氏っていうか、私結婚してますよ!旦那とも来るけど趣味が合わなくてね」
なんでも、彼女、3代目Jsoulbrothersにドはまりしているのだが、旦那はまったく理解してくれないらしい。で、いざカラオケに入ろうとしたが、あえなく満室。そこで提案してみた。
「よかったら、カラオケ付きのホテル行かない?」
「えー。怪しいなー。変なことしない?」
「絶対しないよ! 歌うだけだから!」
なんとか了承をもらってホテルへ。そこまでして歌いたいものなのかね〜。入室してとりあえずカラオケを。とはいえ場所が場所だけに親密にならないわけがなく、ベッドに寝転びながらの雑談となった。ヨウコは旦那とセックスレスらしく、子供が欲しいけど年齢的にギリギリなので悩んでいるのだという。この環境でシモの話になったら、もうもらったも同然だろう。
「しちゃおうか?」
「うん」
俺はヨウコの口にキスをした。以降はシンプルなセックスだった。俺は「タップル誕生」というアプリに登録している。このアプリは趣味にあった恋人を探すことをコンセプトにしているので、映画や漫画といったカテゴリーごとに気になった人にメッセージを送ることが出来る。実際の文面がこれだ。
〈映画デートして感想を語り合いたいです。好きな監督はウェス・アンダーソンです〉
このように作品名ではなく監督名を入れるところが肝だ。一時間くらいで単館映画が好きだという32才の女性から返信が来たので次の土曜日に映画デートのアポをとってみた。19時に東中野駅で待っていると、ボブヘアにTシャツ姿の華奢な女性が現れた。しかし、よく見ると左手の薬指に指輪をつけている。
「えっ、結婚してるんですか?」
「ええ、一応」
旦那がいながら、別の男とデートするなんて、サブカル女は尻が軽いというのは本当らしい。映画の内容が不倫をテーマにしていたので、その後の飲み会でもソッチ系の話になった。
「最近エッチしてますか?」
「全然ないですよー」
「不倫とかしないんですか?」
「うーん、イイ人だったらしちゃうかも」
これはチャンスだと思い立ち、居酒屋を出たところで手を握ると、驚きながらも握り返してくれた。イケちゃうの?これイケちゃうの?期待を胸にホテルへ誘導した。やっぱりついてくる。どういうこっちゃ?すんなり入室して服を脱がすと、小ぶりで上品なおっぱいが登場した。乳首を丁寧に舐める。ビクン、ビクンと身体が揺れた。
「舐められるの好きでしょ?」
尋ねると、真っ赤になりながらコクンとうなずくとこがかわいらしかった。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます