LINEのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:LINE

LINEのタイムラインやID検索・交換で出会いを見つける方法

0160_20181229100501359_2019102318405696d.jpg0161_2018122910050324c_201910231840577f5.jpg0107_201807070957550eb_20190818210014571.jpg0108_20180707095756c9f_20190818210015025.jpg0109_2018070709575899f_201908182100173b8.jpg0110_20180707095759f81_20190818210018028.jpg0115_20180710094732531_20190818221243025.jpg0116_201807100947335db_201908182212451db.jpg0117_20180710094734fae_20190818221246387.jpg0118_201807100947356c3_20190818221248b39.jpg
1、まず大前提として、掲示板で知り合った女子たちは、自分以外の複数の男たちともメッセージのやりとりをしています。ライバルよりも一歩先を行くためには、マメで早い返信が大事。とくに効果的なアプローチが「おはよう」メールです。自分が朝起きたら、繋がっている女の子全員に〈おはよう〉のメールを送っておくだけで一気に距離を縮めることができます。ただし毎日送るのはやり過ぎなので、週に3,4回程度にした方がいいでしょう。特に前日の夜にLINEでやりとりしたときは、翌日のおはようメッセージが効いてきます。
爽やかなキャラ設定でやりとりを始めてしまうと、当たり障りのない会話から抜け出せず、中途半端な関係のまま終ってしまいがちだ。やはり男たるもの、下ネタへ誘導するセリフを覚えておきたい。以下に例文を載せておこう。
〈この前、美容院行ったんだけどさ。美容師に首を触られたらビクっとしたんだよね。そういうことない?〉
こう振れば、ほぼ間違いなく『あーあるかも』と同意してくるはずだ。あとは〈人間の身体って意外なとこが敏感だよね。フトモモとか背中とか〉などと性感帯の話題にシフトしていけばいいのだ。
2、LINEナンパを続けていると、登録した女の子が増えすぎて誰が誰だかわからなくなってくる。当然、複数の女の子と同時にチャットするようなタイミングでは、メッセージを送る相手を間違う重大事故が発生しやすい。本命の女の子にドエロメールを送ったりでもしたら目も当てられない。そんな事故を防ぐには、一目で誰かわかるよう、画面の背景を変更すればいいのだ。一番いいのは、本人写真を背景にすること。誤送信の危険は限りなくゼロに近づくはずだ。設定方法は、トーク画面の右上をタップして「トーク設定」「背景デザイン」に進み、任意の写真選択で完了だ。
3、掲示板で気になる女のコを見つけ、載っていたラインIDを検索したが引っかからず。最近は規制の都合で、これがよくある。いい感じの相手だったりすると、どうにも悔しいものだ。何とかして連絡とれないのか。方法はある。掲示板で出会いを求めてるような女は大半、LINEもカカオも両方使っている。それぞれに別々のID名を付けるのも面倒なので、同じでいいやと考えるコも多い。なので、問題のIDをカカオで検索すると、割とヒットするのだ。覚えておいてソンはないですよ。ただ掲示板には、素人オンナを装った“業者”の書き込みが少なくない。うっかり釣られてメールすると、返事は、〈下のリンク先に私のエッチな写真を載せてます。見てくれたらうれしいな〉
言うまでもなく、出会い系サイトへの誘導だ。ウザイ。ヤツらの書き込みには、わかりやすい特長がある。まず、プロフ写真がやたらとかわいい。そしてエロを強調した文面。つまり、美人ちゃんが〈エッチなことしたいー〉なんて書いていればまずアウトだ。普通に考えてそんな素人はいない。また、業者は規制の話を知っているため、掲示板には、ラインIDを工夫して載せている。例えば、
〈ラインID:××××☆←☆は外して下さい〉
〈ラインID:いちにいさんよん←数字で〉
こんなことをキッチリやってるのは業者の可能性が高い。参考にしてほしい。
4、私は男だが、以前、掲示板に女のフリをして書でみたことがある。ネットで拾ってきた美人写真を掲載直後、男たちからメールが殺到した。まさきりなしだ。もちろん、時間と共にそのペースは落いくのだが、向こう3日ほどはメールがパラパラ届き続けた。女側の状況はこんなものかと恐れ入った。そんなわけで私は以降、掲示板に良さそうな女がいると、とりあえず相手のIDをコピーし、友だち登録だけしておき、メールは送らずに1週間ほど寝かす。そして女の元に男からのメールが来なくなった頃合いを見計らってアプローチを。相手は「あ、今ごろ」と興味を持ってくれるのだろう、返信率は高い。
5、オレが掲示板漁りをするのは、いつも深夜だ。昼間の女と、ベッドでダラダラ携帯をイジっていると思われる女、どっちが食いつきが良さそうかは言うまでもないだろう。女の気分は、寝るまでのちょっとした時間ヒマつぶし。これで間違いない。だからファーストメールは「寝るまで付き合うよー」だ。経験上、レスは5人に1人くらいか。しかし、引っかかった相手とは、チャットのような感じで最低1時間くらいはダラダラやりとりが続く。しかも一晩そうやってやりとりすれば、次の日の晩もメールしあえるものだ。掲示板で女のコを釣るときは、ターゲットのIDを検索→友だち登録→メール送信。この作業を繰り返して何人にもアプローチしていくのが一般的だ(いわゆる“爆撃”)。しかしこれ、実際にやってみるとわかるが、非常にわずらわしい。なのでまずは「友だち登録」までをまとめて一気にやってしまおう。気に入った子はかたっぱしから「友だち登録」し、さらに「お気に入りリスト」へ放り込んでいく。ある程度、女が溜まったところでコピペメールの爆撃だ。この方法だと効率的に爆撃できるうえ、反応のない女を削除するときも、友だち一覧に紛れ込んでいないため格段にやりやすい。
6、私は顔写真を設定せずにLINEを使っている。友だちや職場の人に、カッコつけた写メなんかを載せているのを見られるのも恥ずかしいし。しかし、ネットナンパで写メ無しはやはりキツイのだろう。片っ端からメールしても、なかなか返事が来ない。そこである日、こんなファーストメールを作った。
「絡もうよ。写真は欲しいって言ってくれれば送ります」
 結果はなんと、5人に送って4人から返事が。
「じゃあ、送ってよ」
 以降、このファーストメールで次々アプローチしてます。LINEには“タイムライン”という機能があり、自分の近況を他のユーザーに公開できるようになっている。使っている人間はそんなには多くないが、女のタイムラインに近況がアップされている場合、ぼくはそこから絡んでいく。メシの写真に対して「おいしそうですね」とコメントしたりして。ここから絡んでいく人間は少ないため、本人も新鮮なのだろう、だいたい何かしらのリアクションがある。とっかかりに使わない手はない。エンコー女という人種は、基本的にぐだぐだしたメールのやりとりを嫌う。いつ、どこで、金額はいくらと、条件をさっさと確認したがる。が、それでも、ファーストメールでいきなり「2万でヤラせてくれない?」みたいなのでは、相手に引かれかねない。気の利いたメッセージを送っておきたいものだ。自分はこうだ。
「お金ならあるでお馴染みのオレが来ましたよ」
金持ちの陽気なバカが来たと、くすっと笑わせるのが狙いだ。経験上、これで返事がこなかったエンコー女はいない。
7、女とのやりとりが盛り上がってる最中に、もしも眠くなってきたら、どうやって会話を切り上げるのがスマートか。LINE女との関係は希薄なので、適当な対応で切ってしまうと、それ以降連絡が来なくなることが多い。だから間違っても〈ごめん、もう眠い〉などと打ち込んではいけない。オレはいつも“頑張って会話しようとしてるけど、眠すぎて思わず脱字してしまった”状況を演じている。
〈じやー、こんどあそべうよ〉
〈いっしにデイズにーいきたいぬ〉
こんな感じでわざと誤字脱字だらけのメッセージを送れば、大抵『脱字多すぎ』と突っ込みがくる。トドメに〈ごめんぬーほんとはおぬむ(お眠)〉と、ここで始めて眠いことを伝えるのだ。この一連のやりとりを挟むことで、“この人、眠いのにこんなに頑張ってくれてるんだ”と思わせられるのだ。女の中には、男と会う気などまったくないのに、なぜか出会い系アプリを使う連中が少なからずいるものだ。そんな女に構っても時間の無駄。会える女かどうか早めに確認しておこう。俺はいつも〈LINEで誰かと会ってみた?〉とストレートに尋ねることにしている。相手の答えを待たずに〈自分は女性と会ったことがあり、楽しく爽やかな時間を過ごしたことがある〉的なことをたたみ掛け、こちらのスタンスも伝えてしまおう。ここで〈えー、私はないよ。怖いもん〉などと返ってくるようならさっさと切り捨てるべし。
8、ツイッターをやったことがある人ならわかると思いますが、発信者が現地で撮影した写メを載せると、リアルタイムな行動が伝わり親近感が沸いてくるもの。同じくLINEでやりとりしてる女の子にも、身の回りの小物やご飯やペットなど身近な対象の写メを送ることで、リアルな生活感を演出できます。〈いまカレー作ったよ〉
〈部屋でウチの猫とマッタリしてる〉
些細な内容でも写真とテキストが同一画面に表示されるため、テンポ良く説明でき、見た目もわかりやすい距離の近づき方は圧倒的です。特に二十歳前後の若い女の子たちとのやりとりで質問を投げかけるときは、表現に気をつけないと嫌がられがちだ。例えば、〈カラオケ行くの?〉という、ごく当たり前の質問でも最後のクエスチョンマークが圧迫感を与えるというのだ。そして代わりに□マークを使うのがルールらしい。
〈カラオケ行くの□〉なんのこっちゃだが、ルールと言われれば仕方ない。また〈カラオケ行ったりは…〉と最後を〈…〉にしておけば、続きを答えてくれるんだと。
〈おっぱいのカップは…〉〈Cだよ〉てな具合に。若い子の扱いは難しい。
9、会話に詰まればオモシロ画像で茶を濁す
LINEはチャット形式だけに、なるべくテンポよく返事を出した方が女の子の印象も上がる。でも気の利いた言葉が出ないときもあるし、長時間のチャットに飽きてくることだってある。そんなとき役に立つのが面白画像だ。グーグルの画像検索で「面白画像」や「バカ画像」などのキーワードで探せば色々なジャンルの面白い写真が見つかるので、あらかじめその中から何枚かストックしておく。
俺の場合、ハゲたオッサンやマヌケなポーズの動物写真などを、会話の流れを完全に無視して突然送りつけている。安全確実にクスッ程度の笑いが取れるし、会話のきっかけになることもあるので重宝している。

LINEラインやカカオの友達募集掲示板で出会うテクニック|出会い系アプリ攻略

0051_201812112254242ae_20191015155643b67.jpg0052_2018121122542591d_20191015155645890.jpg0053_201812112254268ed_20191015155648d9e.jpg
LINEライン友達募集掲示板
特に夜中になると、若い子の投稿があがってくる。そういう子は相手を見つけたらすぐに投稿を消してしまうので、注視しておくべきだ。性別、年齢はもちろん、画像の有無も検索条件に入れられる。
2つとも同じサイト内にあるもので、掲示板に投稿しているユーザーが多いうえ、ラインと力力オの両方をいっきに検索できるのが使いやすい。特徴としては、なぜか力力オのほうで『エッチな話でもいいょ王みたいなテレフォンセックス希望が多いことか。
カカオフレンズ募集掲示板
年齢、エリア、写真の有無などを細かく設定して検索できるアプリ。ターゲットを見つけたらラインIDをコピーして繋げるだけだ。基本的にほとんどの子が写真を載せており、「写メない人とは絡みません」などと注意書きしている。面倒だが、ラインのほうにプリクラ写真くらいはのっけておこう。
カカオトーク友達募集掲示板
ここは平日、昼間に主婦なんかがよく『ヒマなんで話したいです』なんて投稿をしていることが多いです。そういうのはボクの経験上、エロい話をする関係になって、徐々にアポへと向かう長期戦でいくしかないですね。あとは昼夜関係なく未せい年の力キコミも目立ちます。こういうのがなければもうちょっと見やすいのですが…。
LINEライン友達募集掲示板2
目的別(通話・チャット)による検索ができる。なぜかチャット希望の人妻が多い。昼間だと半数くらいは20代後半から30代がしめる。ずばり彼女らはエロチャット希望だ。そこからリアルに会ってヤるには根気が必要だけど、あらかじめ地域を聞いておけば、少しは有利に働くかもしれない。
ここはネットで『力力オ・掲示板』のようなキーワードを入れても、上位には出てこないサイトです。検索機能なんかはほとんどないし、そこまで人も多くないのですが、そのぶんライバルが少ないんです。他の掲示板に書いてる子はやはり片っばしから着信が入っているのでなかなか繋がりません。でもここだといきなり繋がることも多々あります。他の有名掲示板で捕まらないときは、ボクはここで探してますね。
カカオフレンズ募集掲示板2
LINE(ライン)の特徴のひとつに、携帯の電話帳に登録済の人の中から、すでにラインを導入しているユーザーを自動的に探しだしてくれる機能がある。そいつを生かしたのが俺のナンパ法だ。まずは携帯に、090か080で始まる11桁の適当な電話番号をひたすら登録していく。とはいえ完全ランダムではなく、ネットで携帯の(番号帯“を調べて自分の地域の番号だけを入れていこう。たとえば090の後、210と続けば関西ェリアで契約された番号なので、東京在住の男性にとっては意味がない。
カカオトーク友達募集掲示板2
ある程度の数が溜まってからラインを起動すると、ランダムに入れた番号からラインユーザーを探し出してくれる。その中から可愛い女の子の写真を見つけたら、即メール攻撃だ。メッセージは「よろしくお願いします」のような堅苦しいノリは使わない方がいい。俺の決まり文句は「カマチョー(かまってちょうだい)」や「美人さんハッケンー」などの極めて軽いトーン。このノリに反応して来ないような女は会えないし食えないと思っている。経験上、写真の横に吹き出しで一言メッセージを載せている子のほうが食いつきはいい。

マッサージ嬢募集でLINE女子に手コキさせる

SnapCrab_NoName_2018-3-25_13-56-35_No-00.png
ラインの出会い系アプリってのがいろいろあって、若い女の子と会えるらしい。そう聞いてすかさず手を出したが、なかなか上手くいかない。まあこんな薄らハゲのオッサンには興味ないのだろう。
 どうにかして会いたい。そこでオレはピンサロ店長を装い、女の子を募集してますとメッセージを送ることにした。面接と称して呼び出し、そのまま講習ってな流れでイイコトができたりしないものかと考えたわけだ。だが、これも食いつきが悪い。さすがに風俗はハードルが高いようだ。ならば次はマッサージ屋だ。アロマとかオイルとかいろいろあるけど、ちょっと時給を高めに言っておけば女の子も食いつくんじゃないか?マッサージ屋だって講習はありそうだし、多少の肌の触れ合いでもできれば万々歳だ。
︿うちの出張マッサージ店で働きませんか? ちょっとした講習はありますが、時給は奮発させていただきます☆﹀
 ついでにネットで拾ったマッサージ屋のホームページ画像を添付する。信憑性を高める一手だ。
 しばらくして返事が届いた。
︿興味あります。詳しく教えてもらえますか?﹀
 それきた!他にも数人とやりとりをするうち、20才のフリーターの面接と講習を行うことになっ
た。時給2千円と伝えたところ、すぐにでもやりたいそうだ。「うちは制服は用意してないから、そうだな、そのTシャツのままでいいよ」
 オレはそそくさと紙パンツ一丁に着替え、ベッドにうつぶせに。
「オイルをかけて、肩とか背中をマッサージしてみて」
 言われるがままモミモミモミとやってくれるけど、たいして気持ちよくはない。でも若い子の指がオレのカラダを触ってるだけで、なんとも言えない気持ちになる。あーだこーだ言いながら、仰向けに。…あれ、チンコが軽く勃起してるよ。恥ずかしいなぁ。だが彼女は気にもとめてない様子だ。
「じゃあ次は胸と足をマッサージしてみようか」
「…こうですか?」
 おっ、太ももの触り方がぎこちなくてイイじゃないの。ますます固くなってきたぞ。
「うん、いいよ。お客さんは素人さんのマッサージを楽しみに来てるから、そんな感じでオッケー」
「はい」
 口では平静を装ってみたものの、このチンコをスッキリさせたい欲求がむくむくとわいてきた。ちょっとだけ触ってくれないかな。手でシゴいてくれるだけで全然いいんだけど…。うん、手コキしてもらおう。いちおう講習だから、そうだ、この方法だ!
「でさ、これ見て」
 もっこりしたパンツを指差す。
「お客さんの中にはこうなっちゃう人も多いのよ」
「……」「そこから先、どうするかはキミ次第だよ。中にはお小遣いをくれる人もいるみたいだけど、そこはキミの自由だからね」
 マッサージ店でよくある
「ウチの店は女の子によってはエッチなサービスもやってる」っていうアレだ。多少触ってあげるだけでお小遣いをもらえるなら、と考えてくれればいいんだけど…。
 少し間をおいて彼女が「へえ」と短い返事をした。
「いちおうそっちの講習もやってみようか。ほら、こうやってお小遣いを渡されるからね」
 財布から千円札3枚を出して手渡し、パンツからチンコを出し、彼女の手で握らせる。拒否は…ない。やった!無愛想な表情のまま、チンコに視線をやることなくスコスコ続けている。こんな味気ない雰囲気でも若い子にシゴいてもらってる状況に興奮しまくり、ものの3分と経たずに射精した。ふぅ〜。この手法、とにかく女の食いつきがよく、今までに5人と会え、全員に手コキしてもらった。ちなみに返信をくれるのはエンコー希望カキコミをしてる子が多い。3千円程度で素人にヌイてもらいたい方はぜひ。
手コキ風俗嬢は血液混じりの精子を見ても言葉攻めを続けるか?
突然の体調不良になり、そのまま39度の熱が下がらないという状況に陥いりました。風邪でもないらしく、医者に「エイズの可能性もあるから検査をしましょう」と薦められたボク。検査結果は「陰性」(大丈夫な方)でしたが、正直、ボクの中で大きく何かが変わった気がしました。
〜〜ボクは今までなんという危ない橋を渡り、卑劣なことをしてきたのでしょうか。万札でよその家の娘さんのホッペタを引っ叩いて、ムァンコやら口やらアナルにティンコをぶち込んできたわけです。しかも歌舞伎町やら池袋のフーゾクと言えば、性病の吹きだまり。無事だったことが不思議なくらいです。ボクは、今までのことを懺悔しなくちゃダメなのではないでしょうか。そんな思いから、頭の中でひとつの考えが浮かびました。〜〜この連載、終わりにしよう。
そんな決心をして、「この連載をやめさせてほしい」と編集長に電話。
「うーーーーん…それはどうやろ。辞めることないんと違うか?フーゾク嬢に悪いことした、っていうのはお門違いやろ。あのコらも、お金をもらってるわけやし」
「でも…正直、病気が怖いっていうのもあるんです」
 フーー、と電話口でため息をつく編集長。あきれ気味なのが電話ごしにも伝わってくる。しかし、病気が怖いのは事実なのです。
「うーん、じゃあ手コキとかあるやん。いわゆる〝粘膜非接触〞系フーゾク。そういう系の噂を検証すればいいんと違うか?」
「え…でも、それでいいんですか?」
「まぁ、ええよ。フーゾク噂の真相も長いことやってるんやから、そういう〝非接触〞な時代があってもええやろ。ホラ、ピカソだって、青い絵ばっか描いてた〝青の時代〞があったわけやし」
ピカソがどうとかまったくわからないが、編集長に説得され、しばらくは〝非接触〞というフーゾクのみで復活することになりました。さて、そんなこんなでまずは身体も復活したことだし、イッチョ景気付けに射精でもするか、と思い立ちました。まずはフーゾクではなくて、オナニーをしようと。病気中は体調が悪かったため、一切オナニーをしてこなかったのです。
ベッドに横になり、お気に入りのAVをかけます。寝釈迦スタイルのまま、シコシコとコスる。気持ちイイ。そろそろイキそう。ああーッ!…えええええーーーー????
部屋で大声をあげるボク。ベッドに敷いたティッシュの束の上に飛び散る精子。…その精子に浅黒い固まりが大量に混ざっているのです。何コレ? ?飛び散る白い精子の中に、濁った赤茶色がビッシリです。これはなんなの?血?それとも毒素的な何か??引くわ! !
やっと熱が下がったと思ったのに新しい病気?でも痛みとかそういうのはまったくありません。射精の瞬間もいつもと変わりません。ただ精子に何かが混じっているのです。
「いやー、でもアレじゃない?病気が長かったし、1カ月近く射精してなかったからじゃない?変なカスがたまってたとか。もう一回射精したら、いつもの白いヤツに会えるさ!  きっと!」
不安感と、迫り来る恐怖。気を紛らわせるためにわざと声に出してみる。うん、そうそう。もう一回射精したら大丈夫だって!しなびたティンコを甘触りして、もう一度復活させる。DVDのお気に入りシーンで再びシコります。お願いします!  いつもの元気なあのコ(白い精子)に会わせて!〜〜数分後。願いはむなしいものとなった。いや、もっと深刻になった。飛び出た2回目の精子に白い部分は一切なく、先ほどとは比べ物にならないくらいに鮮やかな赤い血がティンコの先から飛び出したのでした。
……完全な血でしょ、コレ。絶対病気でしょ!
目の前が真っ暗になりながら、ティンコの先の血を拭き取る。痛みは最初のとき同様、まったくない。むしろ気持ちよかったです。はい。あまりの恐怖にガタガタと震えながらネットで原因をチェック。「精子に血」で検索。あぁ…いつもは「アナル・フーゾク」とか「ぶっかけ・ヘルス」とかで検索してるのに、なんでこんなことに…。さて、いくつかのサイトを検索していると、
「血精液症」という文字を見つけました。そのサイトによると、
「前立腺や精のうなどの炎症によるもの」の可能性が強いようです。でも、基本はとくに治療する必
要もないようで、2〜3週間で自然治癒するそうです。あぁー、そうなの?良かったーー!  そこまで珍しい病気じゃないみたいです。とりあえず、このまま放っておけばいいのかしら?
そうだ、せっかくだからこういう企画はどうだろう。
『手コキ嬢は、血液混じりの精子にどんな反応をするか?』 
シコシコとティンコをいじってたら、ティンコの先から血が!  ギャーー!!
…おもしろいじゃないか。
手コキフーゾクと言えば、醍醐味は〝言葉攻め〞だったりするわけです。ノリノリでボクを言葉攻めしていたフーゾク嬢が、ボクの射精血を見て、どう反応するか? やっぱり本物のプロなら「あら?
こんなに赤いの出しちゃって?エッチねぇ?」って、動揺せずに言葉攻めを続けるのでしょうか?
とにかく、数週間で治るうえ、治療する必要もないって言うのなら、この状況を楽しんだ方が良さそうじゃない!?とりあえず近場の新宿で手コキ店を探すことに。ネットで調べると、歌舞伎町にある『S』という店を発見。さっそく新宿へ移動します。西武新宿駅から徒歩1分。歌舞伎町1番街から1本入った小道にあるビルの地下1Fに受付がありました。短髪に細いメガネをかけた、インテリヤクザっぽい店員が出迎えてくれます。
「いらっしゃいませ、今だと3人ですが、お時間いかが致しましょうか」
…話がスピーディー!  さすが安価の手コキ屋さん。インテリヤクザが出してきたのは、鼻が丸いコと、鼻の穴が上を向いているコと、「鉄板を入れてるのか?」と思うほど鼻筋が不自然に通り過ぎてるコの3人です。うーーん、みんな微妙だけど鼻が丸いAちゃんが一番良いかもしれない。ちょっと気が強そうに見えるけどロリっぽいし。「じゃあ、このAちゃんで。時間は…30分でお願い」
「はい。では30分でルーム代は別で7480円です。30分ですと、女のコは上半身ヌードで生おっぱい触り放題。無料オプションを好きなだけ選んでいただけます」
(この店は15分からのコースがあり、短い時間だと女のコに一切触れず、服も脱がなかったりする)
まずは、無料オプションから、「言葉攻め」と「臭い嗅ぎ」、「耳元ささやき」をチョイス。それに加えて、有料オプションの「乳首ナメられ(2000円)」を追加しました。料金をインテリヤクザに支払い、指定されたレンタルルームに移動。うわーー…超狭い!扉を開けてビックリです。室内にシャワールームとベッドがギュウギュウに詰まっています。普通に立っていられるスペースが半畳くらいの狭さですよ!ベッドに腰を下ろし、10分。目の前にある扉がコンコンと鳴る。ベッドに座ったまま扉を開けます。
「こんにちは〜」
そこにはさっきの写真よりも若干太ったAちゃんがニコニコと微笑んでいました。髪はサラサラと長くて、目はパッチリとしたツリ目。鼻はやっぱり丸かったけど、写真よりも気さくそうな顔です。うんうん。ピンクのミニスカートが悪くないですなぁ。
「ここ狭いですよねぇ」
そう言って、Aちゃんがベッドの隣に腰を下ろします。そのまま指先でボクの乳首あたりをサワサワと触ってきました。うわー、なにこのコ! 痴女じゃん!
「じゃあ、ズボンもパンツも…Tシャツも脱いじゃって、ベッドに寝ちゃおうか?」
ニッコリ微笑みながら、出会って15秒くらいで全裸を強要してきました。手コキ屋さんってこんなに慌ただしいの?それともAちゃんが痴女で淫乱なだけなの?
「ふーん、言葉攻めがいいの?M男さんなのかな?」
店から渡されたオプションのチェック表を見ながらAちゃんも上着を脱ぐ。ブラが外され、Cカップほどの形のいいオッパイが現れます。
「あー、大きくなってる?」 
病気のため、約1カ月以上の禁欲生活をした結果なのか(オナニーはしたけど)、オッパイを見ただけでパンツの中でティンコがガッチガチになっていました。百戦錬磨のボクも、禁欲には勝てないようです。太ももとパンツの隙間から、手を突っ込んでくるAちゃん。AVみたいなテクをよく知ってますねぇ。
「すっごい…太いし、超カチカチじゃん…ヤバいよー…」
そう言って、パンツの中でティンコをスコスコとシゴき始める。気持ちイイ…久しぶりのフーゾクは、手コキですら気持ちがいいですよ!そのままパンツを脱がし、添い寝しながらボクの乳首をチューチューと吸い出してきます。狭めのベッドで絡まるようにしがみついてくるAちゃん。時おり上目づかいでボクの方をチラチラ見ては、ニッコリ笑う。うわー…エロい!
「なんか…お兄さんの気持ち良さそうな顔見てたら…こっちも感じてきちゃったよぉ…。もっとエッチなことしちゃって…いい?」  あれ?目がトロ〜ンとなっちゃってるよ 
いやいやいやー、仕事とはいえ素晴らしいじゃない。してして!  もっとエッチなこと!するとAちゃん、身体を半分起こして、ボクの顔にググッと近づいたかと思ったら、ボクの下唇をペロペロと舐めだしました。ええ? そういうのオプションじゃないの? ホッペにチューでも500円とかなのに。 Aちゃんの舌は、下唇と上唇をベロンベロンと動きまくる。時には唇に噛み付いて、チューチューと音を出しながら吸い付いてきます。うわー、コレ本気じゃん!  本気でエロいお姉さん(確実に年下)だよ!
「…ハァ、い、イキそう…」
「いいよ…いっぱい出して…、白いのたくさん出して…?」
残念ながら白くはないわけなんですけども。そこまで言ってくれるならイッちゃいまーーす!  うっ… !デュクン!デュクン!!ブルブルと震え続ける腰。イク瞬間、もう片方の手で精液を受け止めたAちゃん。身体から脱力して行く間も、ボクの唇をペロペロしてくれます。はぁぁ…気持ちよかった。
さて、ここからが本番です。たっぷりと出した精液。まだ確認してないけど、それは血だらけなはずです。今、ボクの唇をやさしくチューチューしてくれてるAちゃんは、それを見てどう反応するのでしょうか?うわ〜〜ドキドキする〜!!
「たくさん出たね?」
ぐったりと寝ているボクをそのままに起き上がるAちゃん。ふと手を確認する。どだ!?……………。一瞬、動きが止まる。しかし寝ているボクの位置からだとAちゃんの表情が見えない。どんな顔してる?起き上がって顔を見ようとした瞬間、ティッシュを数枚スッスと引き出し、手の平とボクのティンコを拭き出します。
「気持ちよかった?痛くなかった?」
「うん。大丈夫だよ。なんで?」
「ううん。気持ちよかったんだったら良かった」
そう言ってAちゃん、サクサクと後片付けを始めました。うわー、絶対に引いてるよ!でも「血!」とか大騒ぎしない。超プロですよ!プロの手コキ嬢ですよ!そして最後は、優しく無料でディープキスをしてくれました。でもなんとなく、最初のときのようなニコニコな笑顔ではなく、ちょっと引きつっていましたとさ。えー、先ほどはプロの反応を味わいました。…でもねぇ、驚いてくれないと、ちょっと楽しくありませんよね。今度は、もう血だらけの精液を口の中に発射してしまおうと思います。この店は、手コキ屋さんなのに、
「生フェラ4000円」という素敵なオプションがあるのです。
…とは言え、今のボクは〝非接触〞の〝青の時代〞なので、フェラはできません。そこで、次に指名したBちゃんに「手コキで、イクときだけ口内発射させて?生フェラの値段払うから」と女のコに直接交渉したところ、「え?全然大丈夫!」と、あっという間に交渉成立したのでした。現在、Bちゃんは、先ほどのAちゃんと同じく、ボクの乳首を吸いながら手コキ中です。
「すごい…おちんちん大きい!  チュバ…ん…かたぁい…チュバ…」
前回の射精から30分も経っていないのに、ティンコはガッチガチ。そろそろ射精のお時間が迫ってまいりました。
「イキそう…イクよ?」
そう言って、狭いベッドの上に立ち上がります。Bちゃんもベッドの上に正座で座り直す。低めの天井を気にしながら、中腰でティンコをコスらせる。あぁ、もうイク!  ティンコに精液(真っ赤)が上がってくるよ!  アーンと開けたBちゃんの口にセット!  OK !デュクン!  デュクン!!ティンコから一閃!  真っ赤な血が飛び出し、口の奥に吸い込まれて行く。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます