0057_20180104181726f38.jpg 0058_2018010418172798e.jpg 0059_20180104181728615.jpgジャニーズや韓流アイドルなどのコンサート会場(東京なら東京ドーム、大阪なら京セラドームなど)近くのファストフード店は、コンサート当日、若い女の子たちで溢れかえる。彼女たちは、少しでもアイドルの前で目立とうと露出の多い過激な衣装にトイレで着替えるのだ。
 それを狙う盗し撮りマニアが存在する。彼らはコンサート前日にファストフード店の女子トイレに忍び込み、造花や芳香剤、ティッシュ入れなどに小型カメラを設置し、一度に大量の着替えや用便シーンを撮りためる。コンサートが終わった翌日、再びトイレに忍び込んでカメラを回収するのだ。
Night Visionが、暗くてもクッキリ見えると評判になっている。とりわけ高く評価してるのがパンチラ逆さ撮りマニアだ。スカートの中は普通のカメラでは光量が足りないし、フラッシュで照らすと被写体にバレてしまう。わずかな光量で撮影できる暗視カメラがおあつらえむきなのだ。
パナソニックの「iAズーム」シリーズ、このカメラ、2つの理由から現役探偵や盗撮犯から絶大な支持を集めている。
一点目は、その驚異的な拡大倍率だ。なんと、90倍まで拡大可能で、さらには拡大に伴う画質劣化を
デジタル技術によって補正してくれるのだ。たとえば、通りを挟んだ向こうのホテルの部屋の中や、100メートル先に見える公園でのイチャつきカップルも、クリアな画質で捉えることができる。
 二点目は、遠隔操作が可能なことだ。カメラを持ったまま撮影しにくい場所でも、カメラに触れず、スマホ画面から録画や拡大ができるのである。別売りのパーツを買えば、自由に角度も変えられる。ここまで機能がつけば、盗撮に使うなというほうが無理な話かもしれない。決して許されるべきものではない。