OLのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:OL

出会い系でOLを攻略するために用意したプロフィール

0120_20190109220604261.jpg 0121_20190109220605d55.jpgペアーズには27〜33歳の婚活女子がわんさか溢れています。その中でも最も多くを占める職業が事務職。給料もたいして高くないし、実家暮らしで毎日つまらないしで、そりゃ結婚したいわなと思える女たちです。そんな事務職OLの攻略法をお教えしましょう。
今回セックスした直子(30歳・東京在住)もその1人でしたが、彼女に効いたのは「非日常」。僕がもともと事務職OL用に用意したプロフィールはこんな感じです。マスコミ勤務、筋肉質、愛車はマセラティ、年収2000万円以上、実家は医者で結婚は「すぐにでもしたい」。
すると、メッセージが来るわ来るわ。というのも、事務職女は良い旦那を見つけたい願望が強いので、男性検索で非現実的なフィルタリングをかけていることが多いのです。特に年収は彼女たちをすくい取る大きなポイント。メッセージもこちらから一方的に「今日はフレンチで会食だった」「打ち合わせで帝国ホテルなう」という文章と、ネットからパクってきた画像を一緒に送るだけで
「すごーい! 行きたい!」とぐいぐい食いついてきます。
メッセージから2週間ほどで飲みに誘いますが、ここでコツがあります。
〈今週末時間取れそう! たまには上野の焼き鳥で昼から飲まない? 焼き鳥好き?〉
こんなふうに、いつもいい生活してるけど庶民的な飲みも付き合えるコを嫁に選びたい、というスタンスが効くんです。これならば庶民の私でもなんとかなる、と思うのでしょう。
もちろんこの手法は、カネをかけないための策でもあります。出費は安い食事代だけ。その日のうちにホテル行きを目指しましょう。

いきっぱなしの主婦OLを食べる性感マッサージ師

0020_201901041731467a9.jpg 0021_20190104173148462.jpg 0022_2019010417314994a.jpg 0023_20190104173151634.jpg 0024_20190104173152e13.jpg 0025_201901041731547e1.jpg
訪ねると、自宅のWベッドに横たわっていた。オイルを広げ、腕から胸へ・乳首を擦ると「もっと力入れて」。下半身に移っても、「もう少し」

お堅い銀行員の窓口OLが制服を脱ぐと

0056_201901041350361d1.jpg 0057_20190104135038096.jpg 0058_20190104135039f11.jpg 0059_20190104135041381.jpg
近所の焼き肉屋でカクテキをつまみつつ、ヤシが言った。
「銀行員ってのもなかなか乙なもんだぜ。銀行によっちゃぁ研修合宿もあったりするんだが、そんなときには指導係の先輩女性行員の目の色が違う。例えば…」
女性行員。歩く性病デパートを自認するオレとは、あまりにかけ離れた存在だ。いや、そもそもオレはお固い職業の女に萌える性質の人間じゃない。
しかし、実弟が将来結婚するやもしれぬ食材なら、兄としても1回くらい食しておく必要はありそうだ。狙うは、最もアプローチしやすそうな窓口係だろう。
平日昼過ぎ、池袋西口に向かった。駅前大通りに面して、名だたる大手都銀が勢ぞろいしている銀行密集エリアだ。個人的には、昨年、新しい口座を作って以来、銀行の世話にはなってない。
さて、まずは▲▲銀行に入ってみるべ。
「いらっしゃいませ〜」
鈴木その子似のババアが会釈してきた。両サイドには濃紺の制服を着た警備員と、ATMを案内している50代後半女。なんだかねえ。窓口には合計6人の行員が座っていた。
女性が5人と、冴えない30代前半の男性が1人。確率6分の5のギャンブルである。
順番待ちの番号札を機械から抜き取り、待つこと10分。無味乾燥な機械音がフロア内に響いた。
「番号札145番のお客様、窓口4番にお越しください」
さて、窓口4番は…げ、あの冴えない童貞君じゃん
「はい、お待たせしました1.」
「……えっと。やっぱ、いいや」
「はい.はぁ?」
6分の1の外れクジを引くとはツイてないねえ。午後2時、銀行へ移動。窓口には、ピシャっとしたブラウス姿のオナゴが5名座っている。心なし、▲▲銀行よりも処女風の人材が多いようだ。
番号札を取ってほどなく、オレの順番が回ってきた。
「お客様、お待たせしました」
テキパキとした目線でコチラを見つめるのは、20代後半のオナゴ。中学高校とクラス委員をしていそうなタイプだ。
「残高を調べてほしいんだけど」
「はい、通帳をお預かりします」
女が無表情で通帳を機械に差し込む。いまだ!
「実は私、こういう者でして」
『金森遊/フリーライター』という真っ赤な名刺を彼女のデスクに投げ入れる。
「……これは結構ですよ。身分証を確認しましたから」
「いや、そうじゃなくて。これはね、その。あなた個人にプレゼントを」
「あ、個人情報ですか?今回は必要ありませんので」
「だからさあ、電話番号をオマエさんに。。。。」
「次のお客さま〜!はい、田中さ〜ん」
まったく、工口さの欠片もないねえ。コンビニで買った日本酒をチョビチョビやりながら2時間ほど待っただろうか。
「うへへへ。みんな、今日は帰るぞ。オマエら、朝まで飲んでんじゃねえよ。おい、新入社員.キャバクラの客引きなんか引っかかるなよ」
ハゲた男が先頭に立ち集団が列を成して外に出てきた。
と、なんたること、その中に、下乳を擦り付けてきたあの女もいるではないか!
昼間の地味な制服とはガラリと雰囲気が変わり、ギャル風の服装でキメている。
軽くウエーブのかかったロングヘアに、デニムのスカートから延びた細い足。日本酒を2合は飲んだようなトロンとした
目。エロッー.その場で解散となり、彼女は東武東上線の改札へ向かう。いけ!
「おつす、久しぶり」
「あつ・あれ?ど、どこかでお会いしましたつけ?」
「昼間、個室で話したじゃん。あはは」
「あつ」そうそう、あのときのお客さんですよ。
「飲み会、終わったの?もう1発、飲み会しようぜ〜」
「そ、そんなぁ。今日は飲み過ぎちゃって。それに……」
「今日はオマエさんに逢いに銀行に行ったんだぜ」
「は、はぁ…。見つかったら怒られるし」
この千鳥足、イケそうじゃん。

すっぴんOLの初裸撮影

0003_2018121121064060e.jpg 0004_201812112106419d8.jpg 0005_2018121121064381e.jpg
こんにちは。花粉症?
みすず
や、違いますよ。すっぴんだからマスクで隠してるだけ。
そういえば眉毛も描いてないし。急いで家を出てきたの?
みすず
彼氏の家に泊まったけど、お化粧道具忘れてて…。
マスク取ってみてよ。
みすず
お化粧してないからダメ。
じゃあ、お化粧した状態の写真持ってる?
みすず
あるよ、これ(携帯の写メ見せる)。
しっかり盛ったらめっちゃ可愛いですな!
僕のモデルさんやってよ!
みすず
へっへ〜。
まじめにご相談だよ。口元は、手で隠していいから、いろいろやってほしいの。条件は、ごにょごにょ……。
みすず
会社にバレない?
だって普段はメイクしてるわけでしょ?
顔違うじゃんか。
みすず
そっか。じゃあいいのかな。
というわけでホテルへ
昨日の夜は彼の家に泊まっていっぱいセックスしたんでしょ?
みすず
したんですけど……。
パンツにシミっぽいのが見えるんだけど、濡れてるんですか?
みすず
うん。たぶんそうっぽい。ホテルに入るあたりから、濡れてるかもって思ってました。
昨日いっぱいセックスしたけど、また興奮してきたと?
健康的でいいっすな〜。
みすず
健康的かなあ。男の人とホテルに行くと初回はだいたいこんな感じです。 セックスは好きな方なの?
みすず 人並みだと思うけど。
彼氏との初めてのセックスはどんな状況でした?
みすず
彼氏がやってるバーに友達と何度か飲みに行ってて、たまたま一人で行った時に「この後、ウチにきてくれない?」って言われたんです。直球勝負だね!
みすず「え?あ、ハイ」って言っちゃった。一緒にタクシーに乗って、手をつないでたんですけど、もう濡れてました。
はしたない子ですねえ。
みすず
みんなそんなもんですよ〜。│じゃあさ、初体験はどんな感じでした?
みすず
17才のときに3つ上の大学生と。
場所は?みすず横浜のラブホテル。そのときのアソコの状況はいかがです?
みすずそんなに濡れてなかったと思うけど……。
セックス自体はどうでした?みすずあんまし印象に残ってないです。ちょっと痛かったくらい。
それからの男性経験はどのくらい?
みすず10人くらいかなあ。みんなちゃんと付き合った人ですよ。
マジメだねえ。そういう子の裸を撮れるのはカメラマン冥利に尽きますよ。

クンニ奴隷・酒井若菜似美人OLのお尻も舐める

0014_201812031313290d4.jpg 0015_201812031313316ce.jpg今回もありがたいことにブログ経由でメールをいただきました。
「興味があってメールしてみました。〝国田ペット〞欲しい♪ 奉仕して欲しいです〜。27歳、会社員、都内在住なんですが、どうですか?」
普段は会社の事務をされていらっしゃるという事務員様からです。国田ペットとは、言い得て妙、僕にピッタリの素敵な呼び名です。メールのやり取りで、週末に僕の家までお越しいただくこととなりました。その前日、事務員様から再びメールが届きました。
「泊まりでもいい?」「もちろん大丈夫です」「やった!ずーーっと舐めててね楽しみ 」
そんなに喜んでいただけるだなんて、嬉しいのは僕のほうです。迎かえたクンニ当日。
「こんにちは」と、待ち合わせの駅にクンニご依頼者の女性が現れました。黒髪ロングに健康的な白いお肌。メイクも服装も落ちついた雰囲気です。お顔は酒井若菜さんに似ていらっしゃる、とても可愛らしい御方です。事務員様が部屋の椅子に腰掛けるやいなや、僕はそのお足元に擦り寄って「舐めたいです」と募る想いを激白しました。「さっそくだね。いいよ」事務員様はそう言って笑いながら、パンストとパンティを脱いで秘部を露わにしてくださいます。
「はい、舐めて」脱ぎたてで芳しいオマンコ様をゆっくりと、丁寧に舐めさせていただきます。
「あぁぁぁ、いい。きもちぃ…。明日までずっと舐めててくれるの?問いかけに、僕は舐めながら頷きました。「ほんと最高。これハマるね」こうして一泊二日のクンニ奉仕が幕を明けたのです。ベッドに寝転んで雑誌をめくったり、テレビのバラエティ番組を観たり。また椅子に腰掛けては携帯をいじったり、パソコンでネットを見たり。もちろん僕はその間、片時もクンニ奴隷としての役割をおろそかにしません。事務員様はゆったりとした時間を、存分にリラックスしてお過ごし遊ばされています。「お尻も舐めて」ご要望どおりお尻の穴に舌を這わせます。清楚なお見かけと反対に、自らの快楽に積極的な方のようです。その後も、夜は寝付くまでお舐めし、朝はクンニ奉仕でお目覚めいただいたりと、とにかくご滞在中は僕の口が常にお股に吸い付いている状態が続きました。帰り際に事務員様がおっしゃいました。「ほんとに持って帰りたいよ。毎日使いたい」僕なんかの舌がお役に立つことができるだなんて、こんなに嬉しく幸せなことはありません。どうかこれからもご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます