SEXのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:SEX

  • 2018/10/14突撃リポート

        当日の午後2時、パートナーを連れて山手線の新大久保で下車しそこから歩くこと約3分。「A」ホテルはスグに見つかった。外観を見る限り、今ドキのカップルが好き好んで入るような雰囲気じゃない。...

    記事を読む

  • 2018/09/21セフレの作り方

     この屋外プールは、毎年、女性監視員の競泳水着が、一部の男性利用者の間で話題になる。やっぱり今年もか、すごい切れ上がり方だな、と。股の角度の話である。監視員用の水着がハイレグのプールというのはさほど珍しくないが、ここのそれはちょっと普通じゃない。バブル期の岡本夏生レベルなのだ。去年なんかは、水着の生地まで薄く(たしかアシックスだった)、水着の下に履いているTバックのサポーターも透けていた。当の...

    記事を読む

  • 2018/09/18セフレの作り方

          アロママッサージ、という文字面は一見健全だけれど、あれって実は女にしてみれば前戯と同じなのでは? と思い始めてきた。なにせ全身をヌルヌルいじられるのだ。濡れちゃって仕方なかろうに。挿入してほしくなるだろうに。そんなAVだってあるしね。ごくごく普通の女性でも、なんとかしてアロママッサージにまでこぎつければ、向こうから本番をせがんでくるんじゃね?普通の女性を調達する場...

    記事を読む

  • 2018/08/02その他

     今回のお相手は自称23才のOLさん。ホ別2で話がまとまり、さっそくホテルへ彼女の情緒バランスは、ケータイでウォンレートをチェックしたところで崩れはじめ「 …やだぁ~。2万ウォンって2千円より安いじゃないですか」「そっか。でもこっちもウソついてないし、どうにもならないよ」「…こういうのヒドいです。ちょっと信じられない」目からポロポロと涙がこぼれ落ちているその際、チラッとこちらを見た彼女の視線の凄ま...

    記事を読む

  • 2018/08/02おすすめ突撃ドキュメント

             バリ行きの飛行機の中で、偶然となり同士で座った20代のアラサー女子、Iちゃんとの一件について話しましょう。飛行機って、基本的には両隣が同性同士になるように調整されるんですが、航空会社も空席があれば埋めたいので、男女が隣同士になることがままあります。このときは出発日の直前に席を取ったら、たまたま隣が女性だった。アラサーのできる女オーラ漂う結構な美人...

    記事を読む

  • 2018/07/31突撃リポート

     たまにはイイ女とセックスをしてみたい私、編集スズキがこの場を借りて、どう転ぶかわからない新連載を開始します。趣旨は簡単です。過去裏モノにも登場した催眠術青年(かなりの本物です)と一緒に街コンに参加し、相手方の女性に、この私が福山雅治に見えてしまうよう催眠術をかけてもらうのです。福山に抱かれたくない女性などいるわけありませんから、その後はまんまと…………ということです。ではスタートです。...

    記事を読む

  • 2018/07/28漫画

                      ...

    記事を読む

  • 2018/07/25素人の本物ヌード

      (傘をいじってるギャルに恐る恐る近づいて)あの〜、どうかした?うっさい!いま忙しいの!傘壊れちゃったの? そう。さっき電車下りるときに引っかけられて、傘のさきが骨から外れちゃったの。じゃあ、それ直したら遊びに行きませんか?それナンパなの?ナンパじゃなくてお仕事だよ。おっぱいをちょこっと出してもらって写真を撮らせて欲しいの。もしかして怪しい系?怪しいAVとかじゃなくて、鉄人社って出版社のち...

    記事を読む

カップルのSEXが見れる・相互鑑賞の出来るラブホテル

0003_20181014151258221.jpg 0004_20181014151259ca8.jpg 0005_20181014151301b6e.jpg 0006_2018101415130212e.jpg 0007_20181014151304839.jpg
当日の午後2時、パートナーを連れて山手線の新大久保で下車しそこから歩くこと約3分。「A」ホテルはスグに見つかった。外観を見る限り、今ドキのカップルが好き好んで入るような雰囲気じゃない。

SEXカウンセリングで深層願望を叶える人妻

0006_20181008131252fbb.jpg 0007_201810081312532dd.jpg 0008_201810081312557b5.jpg 0009_20181008131256df2.jpg 0010_201810081312581b7.jpg 0011_20181008131259680.jpg 

ヤリ捨て山で捨てられた女に助け船を出して棚ぼたSEXを狙え

0134_2018092122141431d.jpg 0135_20180921221416b78.jpg
この屋外プールは、毎年、女性監視員の競泳水着が、一部の男性利用者の間で話題になる。やっぱり今年もか、すごい切れ上がり方だな、と。股の角度の話である。監視員用の水着がハイレグのプールというのはさほど珍しくないが、ここのそれはちょっと普通じゃない。バブル期の岡本夏生レベルなのだ。去年なんかは、水着の生地まで薄く(たしかアシックスだった)、水着の下に履いているTバックのサポーターも透けていた。
当の彼女たちは、平気な顔でプールサイドを歩いているが、見ているこっちのほうが恥ずかしくなったものだ。もちろん、前から後ろから見まくってやるのだけど。今年の状況はまだ確認できてないが、たぶん例年どおりだと思われる。みなさん、こぞって泳ぎに行きましょう。
ここのプール監視員のハイレグ具合は普通じゃない
夏のこの時期、どこの公園でも、女子2人組が缶チューハイなんぞを飲みながらまったりしているものですが、いざ彼女らをナンパしようと探し回ってもなかなか見つからないもんです。ヤツら、神出鬼没ですから。でも井の頭公園なら毎夜、確実にいます。繁華街の喧噪を少しだけ離れてぺちゃくちゃダベってるのが。ちょっとサブカル好きです、みたいのが。しかも中高生のガキじゃなく、大学生が多いので安心してナンパできます。都内でこういう公園は珍しいのでは?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

アロママッサージまでこぎつければSEX出来る説を検証

201507227.jpg201507226.jpg
 201507228.jpg 201507229.jpg 201507230.jpg 201507231.jpg 201507232.jpg 201507233.jpgアロママッサージ、という文字面は一見健全だけれど、あれって実は女にしてみれば前戯と同じなのでは? と思い始めてきた。なにせ全身をヌルヌルいじられるのだ。濡れちゃって仕方なかろうに。挿入してほしくなるだろうに。そんなAVだってあるしね。
ごくごく普通の女性でも、なんとかしてアロママッサージにまでこぎつければ、向こうから本番をせがんでくるんじゃね?
普通の女性を調達する場といえば、裏モノでは婚活パーティと決まっている。さっそく新宿の会場へ向かった。本日の参加者は男女ともに40代が目立つ。まあ、これぐらいのほうが疲れてるだろうし、マッサージに抵抗がなさそうでいいだろう。
プロフィールの特技欄に「アロママッサージ」と書き、目立つように手のひらのイラストも描いて席につく。回転寿司タイム一人目の女性にプロフィールカードを差し出す。
「どうも。仙頭です。絵がちょっと下手っぴな感じになってるんですけど」
「アロママッサージ?」
「けっこう練習してまして」
「ふーん…」
「はい」
「職場は市ヶ谷なんですか?」話題を変えられた。あまり興味がないらしい。
2人、3人と回転したが、アロママッサージができる男、というだけでは引きにならなかった。
もちろんその点は覚悟の上だ。今回はプロフィールでモテる作戦ではなく、いざマッサージをしたときに、向こうからメロメロになるかどうかを確かめることが目的なのだから。しかしマッサージに持ち込むには、多少なりとも興味を持ってもらわねば困る。さてどうしたものか。ようやく、関心を示してくれたのは、10番、44才の巨乳熟女さんだ。
「イラスト描いたんですね」「そうそう。アロママッサージが特技なんですよ」
「こんなん書いてたら、女はメロメロでしょ?」
いい反応だ!
「何ならマッサージして差し上げますよ」
「はははっ、何言ってるんですか。というか、仙頭さんは今日はお仕事帰りとかですか?」
…また話題を変えられた。乗ってくると思ったのに。とはいえ、他にはこれと言ってめぼしい女性はおらず、フリータイムでは、とりあえず吉田さんの席へ。
「どうもどうも。もうちょっとしゃべってみたくって」
「ああ、マッサージの。…でも私、けっこう年上ですよ」
年齢を気にされたわけね。どうせカップルになるつもりはないんでしょ、みたいな。ここは賭けだ。
「まあ、カップルうんぬんは別として。よかったら仲良くなってくれませんか?」
「…はぁ」
「ぼくはほら、アロママッサージが趣味なんで。吉田さんがマッサージに興味を持ってくれたのが嬉しいんですよ。よかったら練習台になってもらいたいし」
「いやいや。そんな練習台って」
「とりあえず、お互いにカップルにならなかったらゴハンでも食べましょうよ」
台詞の前半部分はその通りになってしまった。オレは番号を書いたのに、彼女のほうが引いてしまったようで、共にカップル不成立でパーティ終了だ。パーティ終了後、会場の外で待っていると、吉田さんが出てきた。
「吉田さーん、いい人いなかったんですか?」「いやいや。仙頭さんこそいなかったんですか?」
楽しそうな口調だ。食事の約束を覚えてるのかな。
「じゃあゴハンでも食べますか?」
「うーん…。でも今日は会社が忙しかったし疲れちゃって」
職場のフロアのレイアウト変更があり、片付けに終われていたらしい。でも、〝疲れてる〞ってのは聞き逃せないキーワードだぞ。
「じゃあ、そのへん散歩しませんか?」
新宿西口の高層ビル界隈をトボトボ歩くうちに、ちょうどベンチがあった。
「ちょっと座りますか」彼女を腰かけさせ、肩を揉んでみる。
「首のマッサージ」
「えっ?」
「疲れたって言われると、ついやってあげたくなるんですよ」
「あ、気持ちいい」
「ほんとはアロマでやってあげたいんだけど」
「はははっ…」
「オイルを塗ってすーっとマッサージすると気持ちいいんですよ」
「………」
おや、彼女が妙な感じで無言になった。想像してくれてるのかも?そこに通行人がやってきた。彼女がさっと姿勢を正す。
「ちょっともう、こそばいからやめてよー」
ここは攻め時だろう。さらに想像を掻き立ててやろう。散歩を再開し、高層ビル群に続くコンコースまできた。
「吉田さん、高層ホテルでのアロママッサージって知ってます? 高級店のサービスなんですけど」
「そういうのあるの?」
ビルの合間に薄暗い広場があった。人気がなくイチャこけそうなスペースだ。
「いつかそういう場所での練習台にもなってくださいよ」
「はははっ」
何気に広場の方に歩き、彼女の背中を撫でてみる。ペタペタペタ。
「びっくりしたぁ。まだやるの」
「…というか、さっきは場所的に出さなかったけど。ちょうどいいモン持ってて…」
カバンから事前に用意しておいたアロマオイルを取り出した。
「これアロマオイルなんだけど」
「えっ、何で持ってるの?」
「今日、パーティ来る前にちょうど買って」
手のひらにトボトボと垂らすと、いい匂いがふわっと漂う。
「せっかくなんでちょっと塗らせてよ」
「いやいやいや」強引に手を取り、指と指をヌルヌルからめてみた。
「気持ちいいでしょ?」
「……」
嫌がらない。どころか妙に黙り込んだ。効いてるんじゃないの? そのまま首や耳をペタペタやってみる。
「…ちょっ、何してんの」
ニヤニヤ笑ってるぞ。
「練習練習」
「こんなところでぇ?」
「じゃあ、もうちょっと落ち着ける場所とか行きます?」
「絶対ヘンなことするでしょ」
「しませんよ。マッサージだけですって」
「ほんとに?」
「しません。ぼく服も脱がないし。もし何かしたら警察呼んでくれてもいいです」
「ホントに呼ぶよ? マッサージの練習だけだよ?」
もちろんです。頑張らせてもらいます!というわけでラブホに入ったわけだが、今回ばかりは固く約束した以上、強引に襲いかかるわけにいかないし、なによりその必要もない。アロママッサージという武器があるのだから。吉田さん、もうすぐすればあなたから求めてくることになりますよ?
まずはシャワーすら省略して、彼女をうつぶせに寝かし、服の上から軽くマッサージだ。肩や背中をゆっくりもみほぐしていく。
「うーん、きもちいい」
「かなり疲れてますね」
「そうなの。あ、そこそこ」
続いて背中の服をめくりあげる。
「ブラジャー外しますね」
と言い終わらぬうちにホックを外す。ここは自然に自然に流さないとかえってヤラシイ。手にオイルを垂らし、いよいよ〝前戯〞開始だ。ちなみにマッサージに関して何の勉強もしていないので、いきあたりばったりあちこちを撫で回す方針だ。まずは背中から。ゆっくりと上下にヌルヌルヌル。
「凝ってますね」
「うん、そうなの」
「こことかすごく張ってますよ」
適当なことを言いながら、手をお尻のほうへ。スカートとパンティを同時に、下へ少しズラす。
「ちょっと恥ずかしいかもだけど、こっちもやっときますね」
「うん……」
ほう、抵抗ないものなんだ。これはいい調子だ。あえて割れ目には触れず、尻肉のあたりを揉みほぐしていく。さすが44才のケツ、張りに欠けるが、この重量感がタマらない。
「お尻も、意外と凝ってるものなんですよ。力抜いてくださいね」「えー、力ってどうやって抜くの?」
「ははは、みんなそう言いますよ。ま、楽にしてください」
ときどき、キュッと力が入り、尻穴が締まるような形になるのが興味深い。そろそろ感じ始めているのでは?
「それじゃ脚のほうもやっていくんで、とりあえず下を全部脱がしちゃいますね」
これまた言い終わらぬうちに、すべてはぎとって下半身をスッポンポンに。ケツの間からモサモサした陰毛が見えた。太ももにオイルを塗り、付け根を重点的にヌルヌルしてやる。キュッキュッと、尻穴締まりの頻度が増えてきた。股間がジンワリ濡れてるように見えるが気のせいか?
「じゃあ、今度は仰向けになってください」
「うん…」
吉田さんはもはやマッサージの流れに逆らえない従順な女になっている。上も脱がせ(つまりスッポンポン)、乳首に触れるか触れないか、ぐらいのタッチで胸全体をヌルヌル攻撃だ。「あっ…」
声が漏れた。この人、胸の方が弱いのかも。
「気持ちいいですか。声、我慢しなくていいですよ」「うん…あっ」
まさしくメスの声だ。もう仕上がったと見ていいだろう。
「ちょっとオイルで汚れちゃうんで、ぼくも服脱ぎますね」
上はTシャツ、下はスッポンポンになった瞬間、なんと吉田さんが自らチンコを握ってきた。顔の近くにそいつを持っていってやる。パクッ。ためらいもなく口に含み、ノドを鳴らすようにしてしゃぶりまくってくる。上手い!
「何もしない約束だったのに、舐めちゃいましたね」
「ング、ングッ」
率先してイラマ状態にもっていく吉田さん。火がついてしまったようだ。44才、待ったなしの状態で婚活パーティに参加した女性が、出会ったばかりの男のチンコを自ら望んでおしゃぶりするなんて。しかもさっきまで「絶対しないから」なんて言ってたのに。アロママッサージ効果の絶大ぶりを実感しながら、騎乗位でがっつり巨乳を堪能させていただいた。ごちそうさまでした。

中折れしないSEXの仕方

201502162.jpg 201502163.jpg 201502164.jpg 201502165.jpg
カテゴリ

ムチムチお尻OLが騙しSEXで涙

0114_2018080215234900c.jpg 0115_201808021523505a8.jpg
今回のお相手は自称23才のOLさん。ホ別2で話がまとまり、さっそくホテルへ
彼女の情緒バランスは、ケータイでウォンレートをチェックしたところで崩れはじめ
「 …やだぁ~。2万ウォンって2千円より安いじゃないですか」
「そっか。でもこっちもウソついてないし、どうにもならないよ」
「…こういうのヒドいです。ちょっと信じられない」
目からポロポロと涙がこぼれ落ちている
その際、チラッとこちらを見た彼女の視線の凄まじいこと。ふう、呪い殺されるかと思ったよ

海外旅行の日本人女性は解放感でナンパSEXしやすい説を検証

0026_201808021156247fb.jpg 0027_20180802115625e26.jpg 0028_20180802115627600.jpg 0029_20180802115628901.jpg 0030_20180802115630112.jpg 0031_20180802115631571.jpg 0032_20180802115633e19.jpg 0033_20180802115634f36.jpg 0034_20180802115636cc1.jpg 0035_20180802115637701.jpg
バリ行きの飛行機の中で、偶然となり同士で座った20代のアラサー女子、Iちゃんとの一件について話しましょう。
飛行機って、基本的には両隣が同性同士になるように調整されるんですが、航空会社も空席があれば埋めたいので、男女が隣同士になることがままあります。このときは出発日の直前に席を取ったら、たまたま隣が女性だった。アラサーのできる女オーラ漂う結構な美人さんです。もちろん話しかけました。
「どちらに行かれるんですか?」
「ジンバランです」
「あ、僕もジンバランですよ。お仕事ですか?」
彼女は旅行会社勤務で、現地のホテルを視察しにいくそうです。席はバラバラだけど仕事仲間も同じ飛行機に乗っているって状況ですね。お互い話し相手ができてラッキーだね、って感じで機内食のワインで乾杯です。滞在するホテルが比較的近かったので「もしタイミングが合えば現地で飲もうね」ってことで、ラインの交換をしました。タイミングが合えば、という言い方がミソですね。ちなみに海外にいても日本人との連絡はラインが基本です。ちゃんと使えますからね。空港に到着して和やかにお別れです。その後は、
『今日は○○のホテルに視察に行ってきましたよ』
『頑張ってねー。こっちはこっちで、楽しくやってるよー』
ラインでこんな感じのやり取りを続けてました。がっついても仕方ないですしね。それで滞在3日目ぐらいに、
『じゃ、もしよかったら、そっちの仕事が終わったタイミングで合流して飲まない?』
と誘ってみたら、翌日の夜10時ぐらいに連絡がありました。
『お仕事終わりましたよ。でもホテルのバーもそろそろ終わるかも…』
バリは市街地に行けばたくさん飲むところがあるんですが、僕らが泊まってるエリアは田舎なので、周りにはお店がまったくない。お酒を飲むとしたらどちらかのホテルのバーで飲むしかないんです。でもそのバーの営業が終わってしまうと。ならばってことで
『とりあえずロビーでいいから少しお話ししようよ』
と提案して、僕が彼女のホテルに向かうことになりました。もちろん売店でビールやカクテルを買い込んで。袋に入ったお酒を持って、彼女の滞在ホテルのロビーで落ち合いました。同僚も泊まってるホテルなのに大胆ですよね。
「お酒買ってきたんだけど、どこで飲む?」
すでに時間は11時を過ぎてホテルのバーは閉まっている。周辺には一切お店がない。
「ロビーで飲むのもアレだし、場所提供ってことで、お部屋借りてもいい?」
いくら飛行機やラインでしゃべったからって、まだよくわからない男を部屋に入れるなんてありえないと思いますよね。でもこうやって落ち合ってる時点で、多少は彼女にもその気はあったってことなんでしょう。出張中に同僚をほっぽりだして男と会うんですもん。
「いいよ」
一切のグダり(拒否)なしで、部屋に乗り込むことができました。で、無事にサシ飲み開始。一つの
部屋で、ベッドの上に座ってお酒を飲めば、自然といい雰囲気になりますよね。「なんだか2人で来た旅行みたいだね」って感じで。ここでの会話のポイントですが、今回の出会いのロケーションはバリです。日本国内での出会いとは違うので、そこは強調したい。僕たちは、ものすごい運とタイミングでたまたま出会えた。これは運命だよね。ってことを伝えた方がいい。
「こうやって運とタイミングが合わなければ、何の思い出もできなかったわけじゃない?にもかかわらず、ひょんなきっかけで、思い出ができてる」
「うん…」
「せっかくの縁だから、仲良くしようか。こっちにおいで」
ところがキスまでは自然だったのに、手マンに移行したら「私、そんなに軽くないもん」って、軽いグダが入りました。
「Iは日本じゃ真面目なんだよね?」
「そうだよ」
「でもここは日本じゃなくてバリだから」
「……」
こんな感じで無事に対局(セックス)となりました。  彼女、プレイ中も「会ったばかりの人とこんなこと…」なんて、理性が働いてたんですが、すごくイキやすい子なので、クリを触ればダメダメイクイク〜!挿入すればダメイクダメ〜!って連呼しながらイキまくり。快感と理性との狭間で揺れる感じがすごくエロかったです。
次はハワイで知り合った
19才のYちゃん。僕が滞在したホテルのすぐ近くにあったコンビニ、ABCストアで声かけした女の子です。夜10時ごろ、キャッキャ言いながら買物してる日本人の若い女の子グループがいるなーと思って観察してたら、1人がグループからはぐれたので、すぐに接近しました。
「こんばんはー。あれ、何旅行?彼氏と来てるんですかー?」
こんな感じで声をかけてみたら、女子大の研修旅行中とのこと。同じ学校の生徒たち何人かで買い物に来てたんです。saiは友達の結婚式で来ていて、部屋は友人とのツインルーム。もしうまく関係が作れたとしても、自分の泊まるホテルには連れ込めません。早いうちにセックスのための場所を考えておかないといけないので、「どんなふうにして泊まってるの?」って尋ねたら、ツインルームに2人ずつ泊まってるとのこと。なかなか厳しい状況です。
「楽しそうだねー。じゃ機会があったら一緒に飲もうよ」
一応はライン交換です。翌日、夜9時くらいに『今なにやってるの?』と尋ねたら、ホテルの部屋で女の子4人で酒盛りしてるって言うんです。
『そしたら追加のお酒持ってってあげるよ』
女子4人、こっちは1人なので警戒はされません。近くのリカーショップでお酒を買って、5人で酒盛りです。もちろん番号を聞いたYちゃんとは、すでに知り合い同士なので、自然とカップルみたいな雰囲気になっていきますよね。
「もう少しでお酒なくなるかも。つまみも欲しいよね。買い出しに行こうか。じゃほら、Yちゃんお供して」Yちゃんを指さして、コンビニに連れて行きました。お酒とツマミを買ってホテルに戻り、「少し探検しようよ」と、あらかじめチェックしておいた非常階段に連れ出しました。非常階段に座って買ってきたお酒で乾杯です。自分たちの部屋では、いまも友達が飲んでいて、僕達2人だけが抜けだしてきた形です。これだけでも秘密の共有のドキドキと、共同作業感が演出できますよね。
「ようやく2人きりになれたね。さっきは友達がいたから独り占めできなかったけど、独り占めしてもいい?」
抱き寄せてキス。最初は身体にぐっと力が入っていましたがすぐに抜けていき、下に服を敷いてグダなしの対局となりました。パンツの上からツーっとなぞってみたら、すでにヌルヌルンのスタンバイ状態。並んで座ってるときからsaiとこうなることは予想してたんだと思います。
「あ…、んん…!」
ビルとビルの間なので、彼女が声を上げるたびに響くんですよ。警備員の黒人のでっかいオジサンにライトで照らされたときは焦りました。というわけで、自分の宿泊ホテル近接のコンビニで、見知らぬ女の子をみかけたら、近くに宿泊してる可能性が大なので、迷わず声を掛けるが吉!
ってことです。
3人目はドイツです。有名な観光地をバスで巡るツアー中に、同じツアーに参加していた女の子に声をかけたパターンです。僕は友人と2人で参加してたんですが、色んな観光地を巡るツアーの場合、途中、みんなで一緒に食事を取る時間がある。グループごとにテーブルでご飯を食べて、食べ終わる
とお土産売り場に行ったりするんです。その売場で見つけた1人旅の女性が、20代のCちゃんでした。1人でパックツアーに申し込む女の子は意外と多いんですよ。
「こんにちはー。1人でいらしてるんですか?」
「あ、はい」
「僕は東京なんですけど、どちらからいらしたんですか?」
最初の声かけの基本として、2人の共通項を見つけ出すというのは大事です。聞いたら彼女も僕と同じ東京で、わりと近い場所に住んでました。
「あ、結構近いですね。僕も○○に住んでるんですよ。せっかくなんで日本に戻ったら飲みにでも行きたいですね。ご迷惑でなければ、飲み会でもやりましょうよ」
これでライン交換完了です。その後も、訪れる先々で「思ったより寒いね」とか「素敵な場所だったね」って感じで接触回数を増やして、慣れさせておきました。一応は「東京で会いましょう」とうことで連絡先を聞いてますけど、彼女は同じツアーで参加してる客なので、当然、宿泊するホテルも同じですよね。その日の夜11時半ぐらいにラインを送りました。
『今なにしてる?』
『ホテルの部屋でまったりしてます』なら差し入れ持って顔出すよ』
『わーい、ありがとうございます』
どうしてこんなに簡単に女の子が部屋に招いてくれるのか、疑問に思うかもしれませんが、ツアー客同士って一日中色んな観光地を同行しているから、参加者同士、修学旅行のような雰囲気になってくるんです。旅行会社に個人情報も出しているので最低限の信用もある。外でナンパしてきた男が部屋に遊びにくるのとはわけが違うんです。外でお酒を買って行き、Cちゃんの部屋のベッドに並んで座って乾杯です。彼女、何しろツアーに1人で参加してるぐらいなので、その辺から突っ込んでみることにしました。
「旅が好きなの?今回は卒業旅行的な感じなのかな?」実は彼女、以前の仕事を辞めて、これから別の仕事を始めようとしている時期でした。つまり、これまでとは違うことをしようとするチャレンジ精神にあふれた女性なので、まずはそこを褒めてあげる。
「こうして1人で新しい場所に行って、新しい人と出会って、気づき、学び、共感しようとしてるんだね。本当に素晴らしい女性だと思う」
さらに、僕も同じようなところがある。そんな2人がこうやって出会った。これは運命だよね。という論法です。
「Cちゃんのこともっともっと知りたいと思うし、俺のことももっと知ってほしいな」
イコール、セックスしたいってことですね。我々男性は、旅行先のワンナイトラブを考えるとき、ある間違いを犯しがちです。「旅の恥はかき捨てなんだから何したっていいじゃないか」という攻め方もあるんですが、実際には成功率は低い。なぜか?女の子は先々の関係を考えがちなので、今日限りの男だと思うと身体を開きづらくなるんです。Cちゃんは東京に戻っても会える相手、つまり僕は、先々の関係を想像できる男ということになる。なので、「東京に戻ってからも仲良くして欲しいな」と強調しておくのは効果的です。お酒が残りわずかになったところで、2人でベッドにもたれかかりながら、お酒を口に含み、Cちゃんに口移ししました。
「んんっ…」
一瞬、身体を固くするCちゃん。コクコクとお酒を流しこむ。ベッドにお酒がこぼれるので拒否るわけにはいかない。舌が絡まってきて息づかいも荒なる。
「せっかくの発見の旅なんだから、俺のことも発見してみる?」
押し倒して、寝間着のスウェットとパンツを同時に脱がしながら指を入れると、ニュルンニュルンに濡れてました。しっかり興奮してたんですね。
最後は、1人でタイ出張したときに出会ったバックパッカー女子のAちゃんです。現地の空港のトランクやらキャリーバッグやらがゴロンゴロン流れてくる手荷物受け取り所で、大きなリュックを持ったラフな格好の女の子を発見したので、すぐに声かけしました。
「こんにちはー。旅ですか?家出ですか?」
「フフフ、家出ではないです!」
やっぱり彼女は見たまんま、1人できたバックパッカーで、話を聞いたらかなりマニアックな場所を巡るみたい。僕もタイは何度も来たことがあるので一気に盛り上がりました。
「僕もしばらく滞在してるから、タイミングが合ったらどこかで飲みましょうよ」
で、ライン交換です。毎日ラインでどこどこに行ったよみたいな軽いやりとりを続けていたら、4日目に彼女が僕のいるバンコクに来ることになったので、じゃ会おうかと。
『泊まる場所はどうするの?』
『まだ決めてないです。カオサンのゲストハウスにでも泊まろうかな』
さすがバックパッカー、安いとこに泊まるみたい。そこで冗談ぽく提案してみました。
『いま泊まってるとこ、ベッド超デカいし使っていいよ。(エロい意味じゃなく笑)。俺はどこでも寝れるから、ソファでもいいしね』
『えー、遠慮しておきます笑』そりゃそうですよね。22時ごろ、カオサンロードで合流して飲み会スタートです。色んな国のバックパッカーやヒッピーが集まってオープンテラスのようなお店でガチャガチャ飲むようなところです。女の子1人で旅行に来るような冒険好きなタイプを口説くときには、チャンレンジ精神がほかの人より強いって部分を褒めてあげるのが大事です。
「日本人って人と違うことをすることを嫌がるけど、Aは違う。1人で新しいことにチャレンジしたり、新しい人と出会ったり、新しい場所に行って、気づき、学び、人と共感しようとしている。素晴らしい女性だと思うよ」(どこかで聞いたセリフですね。笑)
さらに、実は僕も同じところがある、いずれは海外を飛び回って、多くの人間と関わって大きな仕事を成し遂げたい、てな具合に具体的な夢を語り、相手の夢も聞いて応援してあげるんです。旅好きな女子、とくにバックパッカーをするような子には、こういう会話が刺さるんです。
互いに色々な話をしながら2時間飲んだところで、そろそろsa iのホテルに行こうかと誘いました。ここまでの会話で一応は信用されている自信はあったので、ここであの冗談っぽい誘いをもう一回繰り出す価値ありとみたのです。
「本当に泊めてもらってもいいんですか?」
ほらほら、きましたよ。
「もちろんだよ。俺はソファで寝るから安心して」
結果、すんなり2人でホテルに移動することになりました。Aちゃんに先にシャワーを浴びさせてあげてから、寝る前の晩酌タイムです。
「ぶっちゃけ言っていい?Aちゃんのこともっと知りたい。俺のことももっと知ってほしいな」
ディープキスから手マンするとグチョングチョン状態。完全ノーグダでの対局です。
この子も海外慣れしてるからか、日本人のわりには積極的で、自ら上に乗ってきて、「あ〜ん、あ〜ん」と大声を上げながら腰をせっせと振ってくれました。
最後に、海外旅行ナンパしようと考えている男性読者さまのために、追加情報を一つだけ。
初心者におすすめなスポットは、ダントツでグアムです。
第一に、日本から近くて安いので行きやすい。だから大学生の女の子が多いんです。
「韓国や台湾とかよりも、南の島がよくない?」
そんな感じの卒業旅行の女子が非常に多いですね。さらに人が集まる場所はメインストリートしかないので、声掛けがめちゃめちゃしやすいのもポイント。ビーチか、泊まってるホテルのロビーか、おみやげ屋さんか、そのメインストリートの4カ所だけに絞られるので、効率的に動けます。
大事な注意点として、1人旅ではなく、2人以上のグループで行くこと。グアムに1人旅の女の子はいませんから。
声掛けから「後で飲もうよ」と連絡先を聞いておいて、お店で合コン
↓部屋飲み↓1対1に分断↓自分の部屋で対局。
これが黄金パターンなので、参考にしてくださいね。

出会い即で女性に催眠術をかけたらSEXが出来るか実験

0126_2018073110332414e.jpg 0127_20180731103325c45.jpg
たまにはイイ女とセックスをしてみたい私、編集スズキがこの場を借りて、どう転ぶかわからない新連載を開始します。趣旨は簡単です。過去裏モノにも登場した催眠術青年(かなりの本物です)と一緒に街コンに参加し、相手方の女性に、この私が福山雅治に見えてしまうよう催眠術をかけてもらうのです。福山に抱かれたくない女性などいるわけありませんから、その後はまんまと…………ということです。ではスタートです。

カーセックス援交で生きるテレクラ女

0064_20180728215515d09.jpg 0065_20180728215516778.jpg 0066_20180728215517df7.jpg 0067_20180728215519b76.jpg 0068_2018072821552093c.jpg 0069_20180728215522aee.jpg 0070_20180728215523275.jpg 0071_20180728215525b33.jpg 0072_20180728215526806.jpg 0073_2018072821552814e.jpg 0074_201807282155290cb.jpg 0075_20180728215531fff.jpg 0076_2018072821553200a.jpg 0077_20180728215534cb5.jpg 0078_20180728215535edc.jpg 0079_201807282155370e3.jpg 0080_20180728215538d23.jpg 0081_201807282155405b0.jpg 

初めてSEXしたときにハメ撮りされたドM保育士のエッチ体験談

0003_20180725103349403.jpg 0004_20180725103350a52.jpg 0005_2018072510335120b.jpg
(傘をいじってるギャルに恐る恐る近づいて)あの〜、どうかした?
うっさい!いま忙しいの!傘壊れちゃったの? そう。さっき電車下りるときに引っかけられて、傘のさきが骨から外れちゃったの。
じゃあ、それ直したら遊びに行きませんか?
それナンパなの?ナンパじゃなくてお仕事だよ。おっぱいをちょこっと出してもらって写真を撮らせて欲しいの。もしかして怪しい系?怪しいAVとかじゃなくて、鉄人社って出版社のちゃんとした仕事だよ。
テツジンシャ?聞いたことないけど……。
(ムシして)じゃあOKですか?お礼もしますし。
彼にバレるといやなんだけど。僕だったら自分の彼女がモデルで雑誌に出たら嬉しいけどなあ。美人だって証拠でしょ。
そういうもの?
そーゆーもんです!じゃあね、一発目はベッドの上でぺったんこ座りしてくれる?
こうですか?
そうそうそう。なんかポージングが上手いんだけど、馴れてる?
初めてSEXしたときにハメ撮りされてるし、今の彼氏も写真撮るの好きなんです。
いま、さらっと重大なこと言ったけど、初SEXはいくつのとき?
16才。相手は21才の大学生。mixiで知り合って、一緒に渋谷のクラブに行って、ぐでんぐでんに飲まされて、そのままホテルに連れてかれたの。高そうなカメラだったから、最初から撮る気マンマンだったんだと思う。
それから何人くらいの男とHした?
10人いってないと思う。私結構一途だから。
で、今の彼氏はどんな写真撮るの?
セーラー服着たり、スクール水着着たり。
それは付き合いだして最初からそうなの?32才のちゃんとしたサラリーマンだけど、最初のセックスのときはすごく普通でしたね。で、2回目から色々と小道具持ってくるようになって。
例えば?
そのときはピンクローターを2つ使って、1つをナカに入れて、1つクリに当てた上で、ネクタイで手首を縛られてハメ撮りされました。まじかよ!
私、ドMみたいで実はめっちゃ興奮しちゃったんです。
おどかすわけじゃないけど、撮った写真を知らないうちにネットにアップされてたりして。
割といい会社に勤めてる人だから、変なことはしないと思う。そこは安心してます。
お互いに幸せだったらいいのかもね。ところで、大学はどんなお勉強をしてるの?
保育の勉強です。いまはいろんな幼稚園に行って実習やってますよ。まだ実際には子どもたちの相手はできないけど。
子どもは好きなの?
もー超かわいい!
「せんせー」って両手を振りながら保母さんに向かってよちよち走っていく姿なんてたまんない(笑)。はいはい。で、エッチのテクニックはどうなの?
ん〜、テクは全然ないと思う。いつも男の人の方が攻めてくるから、あまりあれやれこれやれって要求されないんです。確かに、抱き心地がよさそうな体してるもんね。ちょい太めの太股もムチムチしててオイシそうだし。
それって褒めてます?
褒めてるよ。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます