その他のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:その他

  • 2020/04/05その他

    世の中美人よりブスを選ぶ男もいる。いわゆるブス専(B専)最近読んだ女性誌のアンケー卜でも『イケメンよりブサメンを彼氏に選ぶ』という回答の方が多かった。これが、オレにはどうにも納得いかない。女がブサイクな男を好きだと言った場合、『中身で判断する人なのねjとプラスに働くのに、男がブスを好きで好きでたまらないと言っても、誰にもわかってもらえない。自分で言うのも何だが、オレはイケメンの部類に入る人間だ。昔の吉...

    記事を読む

  • 2020/04/05その他

    我が子のためなら、どんな努力も惜しまない生き物らしい。いい学校に行かせたい、いい会社に入れてあげたい。世の母親たちは、愛する子供のためには、お金や時間はもちろん、時に自分の体までも差し出してくれる。それがたとえ少年野球のコ—チが相手だとしても。大小合わせいくつもの少年野球チ—ムが県大会優勝を目指して日夜練習に励んでいる。50人もの子供を抱えるKフアイタ—ズもその1つだ。1年から6年までの混合チームで、10年...

    記事を読む

  • 2020/04/05その他

    アダルトチャットでバイトをしている女性もいることでしよう。自分の彼女に働かせている男もいるのでは?ところでみなさん、儲かってますか? めちゃくちゃ可愛くって顔出しオナニ—までできる子なら、結構なアクセスを稼げるだろうけど並みの容姿じゃそうそう望みどおりにはいかないのでは。最近はライバル女性のレベルも高いですもんね。僕も女に(つってもセフレみたいなもんですが) 半ば無理矢理バイトさせてたんですが、顔出し...

    記事を読む

  • 2020/04/04その他

    真夏の炎天下、遠方にサボテンの丘を見ながら8人は車を待った。あっち、こんなん死んじゃうよ・間もなく大型トラックが停まり、中から白人が出てきた。ちよいブラピ似のイケメン!「アビリーンまで乗るか?」「プリーズ!」狭い車内で、芳枝も里美も、ブラピにベタベタ。一番端の私には一向にチャンスが巡ってこない。クソー。結局、勝利の女神は巨乳の里美に微笑んだ。私たちが売春OKと知ったジムは、ポケットから取り出したク...

    記事を読む

  • 2020/04/04その他

    私が長年ハマってソレもなかなかどうして負けてはいない。ずばり顔ツバ。ご存知の方もおられるかもしれないがこれは女性から顔にツバを吐きかけてもらうプレイのことで、SMの1種と思っていただければいい。ただし私の場合、女王様のようなプロにツバをかけられたところでまったく興奮できない。それも普段なら決してそんなことをしなさそうな、かわいくて若いコにペッペとされるのが絶対条件だ。<顔にツバかけて!100発で一万@...

    記事を読む

初めてのAVのデブスの全身舐めやアナルセックスの興奮がきっかけでB専に

w075.jpgp52p.jpgp53p.jpg156.jpg157.jpg
世の中美人よりブスを選ぶ男もいる。いわゆるブス専(B専)最近読んだ女性誌のアンケー卜でも『イケメンよりブサメンを彼氏に選ぶ』という回答の方が多かった。これが、オレにはどうにも納得いかない。女がブサイクな男を好きだと言った場合、『中身で判断する人なのねjとプラスに働くのに、男がブスを好きで好きでたまらないと言っても、誰にもわかってもらえない。自分で言うのも何だが、オレはイケメンの部類に入る人間だ。昔の吉田栄作似で、小さいながらも地方のモデル事務所に所属、通販カタログや紳士服専門店のチラシなどの仕事をこなしている。月に30万も稼げればいいほうなので、決して生活はラクじやない。ただ、女友達はみな身長170近い現役モデルばかり。デ—卜に誘われるのもしよっちゅうだ。でも、オレには彼女らに何の興味も魅力も感じない。
高校時代、「実は同じクラスの〇〇が好きだ」と友人に相談したことがある。本気で可愛いと思っていた。が、友人はまったく取り合ってくれなかった。理由はそのコがブスだから。なんで、あんなのが好きなんだ。冗談はよせ。友人は信じられないといった顔でオレを見た。状況は社会に出てからも変わらない。事務所の社長には「二流とはいえ、モデルたるもの付き合うオンナもハイレベ
ルにせよ」と厳命されており、本命の彼女を紹介することができない。どころか'モデル仲間のデ—卜の誘いを断わっていたらホモ扱いされるまでになった。
恐らくや、皆さんにもわかつてもらえないだろぅ。ウケ狙いと思ぅ人もいるかもしれなぃ。が、オレは本気である。彼女らの外見はもちろん、セツクスや性格も含め、その全てに魅了されているのだ。なぜオレはB専になったのか。思い起こせば、思春期に見た初めてのAVがキッカケだったよぅに思ぅ。タイトルは忘れたが、少し太った女性が涙を流しながら全身舐めやアナルセックスに応じていた。その姿が強烈で、射精のとき脳髄まで卜ロける快楽が突き抜け『セックスとはかくあるべき』と思い込んでしまったのだ。高校卒業後、初めてエッチをした女は、当然ブサイクだった。いやオレはブスだなんて思ってない。友人に彼女のく写真を見せたらあっけに取られたのだ。しかし、彼女は素晴らしかった。外に出ればノリ君の格好がつかないと顔を伏せて歩き、セックスのときは、オレがいいと言うまで、足の指でも尻の穴でも喜んで舐めてくれた。もう、イジらしくて仕方なかった。彼女とは3年付き合った。別れた理由はオレの浮気である。とっかえひっかえ女(もちろん、世間的にはブス) を引っかけ、愛想を尽かされた。しかし、そのお陰で、導き出せた結論が3つある。
①ブスは男や職場に認めてもらうための努力を惜しまない
②料理や掃除が得意
③自分に自信がないので、控えめな性格が多い
要は男にとって都合のいい女なのだろぅ。今、オレが付き合ってる彼女とセフレ2人もぴったりこの3つが当てはまる。ただし、ブスだからといって性格がいいとは限らないのが、また難しい。むしろ、過去にイジメられて、心が歪んでしまってる場合も多い。人は外見だけで判断できないとはよく言ったものだ。今の彼女とは将来的にも結婚まで考えている。が事務所社長には、なかなか紹介できないでいる。会わせると、何を言われるかおおそよの想像はつく。いったいどぅしたら…
悩み多き日々を送っていた今春、事務所に新人の女性スタッフが入社してきた。外見はエラが張ったホームベース顔である。一目惚れとは言わない。が、実に気になった。挨拶すれば目をそらし、冗談でデー卜に誘ったらドギマギとした態度で逃げていく。最初はフザけていただけだった。が、気がつけば、彼女とセックスがしたくてたまらない自分がぃた。いつも眼鏡の位置をズラしながら伝票整理をする彼女のアソコを舐めたら、どんな喘ぎ声を上げるのだろう。ネコみたいな嬌声か。それとも消え入りそうな吐息を漏らすのか。嗚呼タマラン!
「大人の化粧を覚えたら、もつと可愛くなるよ。メイクさん、紹介してあげよっか」
完全に欲情した俺は、周囲のスタッフの目も気にせず彼女をデー卜に誘うようになつた。そして1力月後、ついにその日はやってきた。会社の飲み会で一次会が終わり、2次会へ流れる途中近くの公園にしけこんだ。オレはもぅ興奮の嵐。キスさせて頼む!ギラギラと迫るオレに、彼女が言いはなった。「いい加減にしてください!私、糸井さんの顔、ホンツトに嫌いなんです。自分でいい男だと思ってるんですか。整形でも考えてみたらどうですか、バカ!」
カテゴリ
タグ

子供の習い事の先生やコーチはお母さんの人妻にモテモテでセックスし放題

w104.jpgy097_20200405121759c27.jpgee107.jpgh095.jpg134_202004051203329de.jpg135_20200405120330d22.jpg
我が子のためなら、どんな努力も惜しまない生き物らしい。いい学校に行かせたい、いい会社に入れてあげたい。世の母親たちは、愛する子供のためには、お金や時間はもちろん、時に自分の体までも差し出してくれる。それがたとえ少年野球のコ—チが相手だとしても。大小合わせいくつもの少年野球チ—ムが県大会優勝を目指して日夜練習に励んでいる。50人もの子供を抱えるKフアイタ—ズもその1つだ。1年から6年までの混合チームで、10年以上前は県大会で優勝するほどの強豪だったが、最近は一回戦敗退が当たり前。それでも、規定で子供たちは他地区のチ—ムに入れない。今の弱小軍団で我慢するしかないのが現状だ。チ—ムの監督は県内の名門校でピッチャ—を務めたこともある実力者だったが、成績不信と家庭の事情で、昨年、辞任。後任の監督として白刃の矢が立たのが、飲み仲間のAだ。地元の甲子園出場校の野球部出身だけに関係者から声がかかったらしい。実際のところ、ヤツはベンチ要員だったのだが甲子園経験者の肩書きはやはり強い。監督に就任して半年が過ぎたとき、A が興味深い話を教えてくれた。
「母親たちがものすごい熱心なんですよ。子供をレギュラーにしてくれるなら何でもしますって誘ってくるんですから」
なんと、信じられないことに、これまでAは3人の母親から体の接待を受けたといぅ。たかが、少年野球のためにそこまでするとは驚きだが、こんな美味しい話もない。さっそく嚙ませてもらうことにした。「俺にもコ—チやらせろよ。横浜高校の野球部ってことにしてよ」
俺の出身校は実際に神奈川県の野球の名門、横浜高校だ(現在はワケあって東北に身を寄せている) 。が、野球部とは無縁。小学時代のソフトボール大会に出たぐらいで、ろくろく野球のル—ルもわかっていない。さすがにAも渋っていたが、日頃からお世話している先輩の頼みはむげに断れない。結局俺はバッティングコーチの名目で練習に顔を出すことになった。ファイターズの練習は、第2第4土曜日と毎週日曜日の朝7時から午後2時まで。俺は、子供らを熱く指導した。
「腰をぐっと引いて球を引き付けて打って」
「走って走ってスタミナをつけないと夏の暑い中大会は乗り切れないぞ、走れない選手はプレイヤ—として2流以下だ。覚えとけ」
何のことはない、Aに教えてもらった理論を自分のことばにしただけ。それでも小学レベルなら、真剣に耳を傾けるから面白い。Aの話は本当だった。母親たちは毎回、弁当や飲み物を持参で練習を見に来て、監督のAやコーチの俺に我が子の売り込みをかけてくる。ある日、手作り弁当を渡され、開けると蓋の上にメモが入っていた。
<子供がレギュラーになれるのなら、何でもいたします>
当然のように、携帯番号とメ—ルアドレスも付記されている。あきれるほどの情熱だ。週末になると、練習が終わって子供達を家に帰した後に、監督とコ—チ、母親達が集まり親睦会が開かれた。全て母親達のおごりで、お酌までしてくれる。まるでホステスだ。用を足しにトイレに立つと、出入り口の前で一人の母親が待っていた。
「今度の大会なんですが、Cんのお子さんよりも、うちの息子をピッチャーとしてお願いします」
真剣な顔で茶封筒を差し出された。恐らくや現金。I応ポ—ズで断りはしたものの、無理やりポケットに詰め込んでくる。ならばもらっておくか。中を確認すると、万札が3枚入っていた。酔っていたこともあり、調子に乗った。その母親は、30代の年増だが、麻生久美子をスレさせて5割引したようなそれなりの美人。トイレの個室に連れ込み、くわえさせた。彼女とは翌日の屆I間に約束を取り付け、ホテルで合体。息子の試合出場を条件に、中出しで2発も抜いたうえ、アナルも頂いた。少年野球コーチ、想像以上においしいポス卜かもしれない。母親たちから接待攻勢を受けるのは、レギュラーを決める時期が近づいてきたときに限られる。「X月X日の練習試合でのレギュラーをこれからの練習を
見て決めたいと思います。みんな実力に差がないので決めるのは難しいですが、監督と相談して試合1週間前までには決定する予定です」
これで、すぐにアプローチが始まる。中には不細工な母親もいるが、50人近くいるだけによりどりみどりだ。母親達も我が子がレギュラーになれて近所にいい顔できて、旦那とのセックスレスの不満が解消されるとあってか、罪悪感は全くないらしい。にしても、なぜ彼女らは自分の体をかけてまで、我が子のレギュラ—獲得に必死なのか。何人かの母親に聞いた話では1つに、同じチ—ム内で他の子供には負けたくないという親の見栄。もう1つは、小学でレギュラーなら中学に上がってもレギュラーになりやすく、高校に推薦入学できて、もしかしたらプロへなどというふざけた願望まであるらしい。これまで食った母親は5人。当然、その子供は全員レギュラーにしたが、最近は母親同士の醜い争いに辟易しだしたのも正直なところだ。
カテゴリ
タグ

顔出しオナニーでは稼げないからアダルトライブチャットのセックスショーでエッチ

y68.jpgy69.jpgh48.jpgp82p.jpg131_20200405112811efd.jpg
アダルトチャットでバイトをしている女性もいることでしよう。自分の彼女に働かせている男もいるのでは?ところでみなさん、儲かってますか? めちゃくちゃ可愛くって顔出しオナニ—までできる子なら、結構なアクセスを稼げるだろうけど並みの容姿じゃそうそう望みどおりにはいかないのでは。最近はライバル女性のレベルも高いですもんね。僕も女に(つってもセフレみたいなもんですが) 半ば無理矢理バイトさせてたんですが、顔出しオナニ—程度ではとんと稼げないんですね、これが。
なもんだから、ある日そいつの部屋に行ったとき命令したんです。「今からエッチして、みんなに見てもらおうぜ」
他の子たちはせいぜいバイブオナニ—程度なのを、思い切って本番までやっちゃおうというわけです。待ち受けメッセ—ジに『セックスショ—やつてます』と書き込み、カメラの前で素つ裸になっていきなりフェラからスタート。えつちらおつちらするうちに、ぐんぐんアクセスが増え始めました。男にしてみれば、やってることは一緒でも、ライブ感覚なのが興奮するんでしょう。このチャットはツーショッ卜じゃなく、大勢の男が同時に覗き見れるタイプ。不特定多数から文字で命令がくだります。『もっと声出して』『カメラのほう向いて』
元々がM体質の女、多くの目に見られて興奮したのか、本気でアエギ始めました。
「あぁ、気持ちいい!イクッイクッ!」
ちなみにバイト代は一人が1分アクセスすると25円。このとき僕たちのセックスを覗き見たのは40人もいたのでわずか30分のエッチで3万円になった計算です。以降も定期的にセックスを開催しては、短時間で効率的にがっつり稼いでいる僕たち。どうやら、他の子たちが一時間ぐらいかけてダラダラ脱ぐパターンなのに対し、僕らはいきなり絡みで始まるので、ドキドキ感はない代わりにオカズにはしやすいみたいです。みんなもどうして真似しないのか不思議でなりません。やっぱり協力者(男) を探しにくいし、エッチまではさすがに見られたくないってことなんでしょうか。
カテゴリ
タグ

金がなければエッチで稼ぐ女子大生の援助交際ヒッチハイク・あいのりや深夜バスにはセフレチャンスが

h75.jpgee073.jpga078_202004042021253f5.jpga079_202004042021268e5.jpgp92p.jpgp93p.jpg146_20200404201705847.jpg147_20200404201704e39.jpg
真夏の炎天下、遠方にサボテンの丘を見ながら8人は車を待った。あっち、こんなん死んじゃうよ・
間もなく大型トラックが停まり、中から白人が出てきた。ちよいブラピ似のイケメン!
「アビリーンまで乗るか?」「プリーズ!」
狭い車内で、芳枝も里美も、ブラピにベタベタ。一番端の私には一向にチャンスが巡ってこない。クソー。結局、勝利の女神は巨乳の里美に微笑んだ。私たちが売春OKと知ったジムは、ポケットから取り出したクシャクシャの100ドル札2枚を彼女の手に握らせたのだ。選ばれなかったことよりもショックだったのは、トラックで2人がHしてる最中、私と芳枝が車外に追い出されたことだ。外はパイソン(毒蛇)やサソリがウロつく荒野。道端には鹿の死体も投げ出されている。余りにヒドくないか。岨分後、車に戻ると里美が不機嫌な表情を浮かべていた。
「体臭がハンパじゃないよ」なるほど〜。若い白人は死ぬほど肉を食べるせいか、確かに体臭キッイもんね。ましてやアソコの臭いなんて…。
「キャ、最悪」「でもマジハンサムだしいいじゃん」
その後、私たちはダラスの大学生ミック、ヒューストンのバイセクシャル黒人女性モニカ、ボーモントの銀行員メイなどアメリカ人と交渉を持った。料金は一回200ドルほとんどの男がロリコンだったのにはマイったけど、トータルで2千ドルも稼げれば文句はない。一つ難点を挙げるとすれば、
彼らが使うゴムか。潤滑ゼリーではなくパウダーがまぶしてあり、フェラをするとき、どうしてもムセてしまうのだ。
カテゴリ
タグ

女の髪の匂いをかぎたい・女性につばをかけられたい|街中でも興奮するシチュエーションいろんな性癖があるもんだ

116_20200404100054055.jpg117_202004041000559e1.jpga074_202004041006200c6.jpgh74.jpgh103.jpg
私が長年ハマってソレもなかなかどうして負けてはいない。ずばり顔ツバ。ご存知の方もおられるかもしれないがこれは女性から顔にツバを吐きかけてもらうプレイのことで、SMの1種と思っていただければいい。ただし私の場合、女王様のようなプロにツバをかけられたところでまったく興奮できない。それも普段なら決してそんなことをしなさそうな、かわいくて若いコにペッペとされるのが絶対条件だ。<顔にツバかけて!100発で一万@>素人女を探すにや、出会い系サイトしかない。最初はいかにも安直な発想で掲示板にメッセ—ジを出してみた。でも結果は、<キモいんだよ>ま、正体のわからぬ男がムチャなお願いをしてるのだから当然といえ当然。中には力ネ欲しさに要求を飲んでくれる女もいなくはないが、そんなのに限って二目と見れないブスだ。イカン、私にツバをかけるのは断じて美人じやないとイカンのだ。思い悩んだ挙げ句私は大胆な行動に打ってでた。街に飛び出し、自分の目にかなう女と直接交渉するのだ。路上でかわいいnを見つけては声をかける。中でも特にうれしかったのが渋谷のセンター街で見つけた学生2人組との出会いだ。
「バイトしない?ボクをバ力にしてツバを5発かけてくれたら1人5千円あげるよ」
「え5千円?マジマジ?ホントにツバ吐くだけでもらえんの!?」何でも援交相手にスッポかされたとかで、目の下を白く塗ったギャルどもは二つ返事。まったく素晴らしい。さっそく彼女らを引き連れ、付近の公園の女子便所へ入り、中腰で、顔を上に向ける。「じやお願いします」ブ—ッ、ペッ。まるでひしやくで水をかけられたように粘っこい液体が私の顔にほとばしる。心地よい破裂音とともに、漂い出すニオイ。そして何よりもタマらなかったのがツバを吐く瞬間彼女たちが見せるもの凄い形相だ。くう〜。快感に体が打ちひしがれるとはまさにこういうことだ。もう戦死!最近は顔だけじゃ飽きたらず、ロの中にもプップと吐き出してもらっている。これはツバだけじゃなく、相手の生暖かい吐息が実に気持ちいいので…ってもういいか。
カテゴリ
タグ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます