お金の話のカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:お金の話

本物のパチンコ必勝法を試してみた|突撃ルポ

0079_20190822090017517.jpg0080_20190822090019b69.jpg0081_20190822090020a41.jpg0082_201908220900218e2.jpg0083_20190822090023958.jpg0084_20190822090024218.jpg0085_20190822090026164.jpg0086_20190822090027c66.jpg0087_20190822090029feb.jpg0088_201908220900308ab.jpg0089_20190822090032b5a.jpg
パチンコで勝つ。なんと甘美な響きだろう。しかし「賭け事で蔵を建てたものはいない」という慣用句もあるように、ギャンブルで勝つ、ということは不可能だと思われている。
確かに、ホテルのように豪華なパチンコ屋の建物を見るとそう思えても仕方がないかもしれない。あの建物は客の負け分で建っているのだから。
そして、パチンコファンの「勝つことは不可能だ、でもどこかに必勝法があるかもしれない」という気持ちに付け込んでウソや詐欺をはたらく者も多くいる。今「海物語大当たり直撃打法」なんてものを販売している業者はすべて詐欺だし、有名パチンコ漫画家の提唱する「このメーカーの台は4の倍数の台が当たりやすい」なんて話ももちろん大嘘だ。 
では〝必勝法〞は創作の中にしか存在しないのか。 
そんなことはない。カンタンにはいくものではないが、パチンコ、パチスロで勝つ方法は実際に存在
する。 その知られざる世界を紹介しよう。 
確変、時短、連チャン、一切なし。V穴に入りさえすれば一撃4500発(約1万8千円)という、昔の一発台を彷彿とさせる台だ。 
馴染みのない台なので、簡単にゲーム性を説明しよう。 
まず、盤面上部にある飛び込み口を狙う。飛び込んだ玉は1/3の確率で下段役物へ向かう。この下段役物にはランダムに玉を弾く棒がついており、この棒にうまいこと玉が弾かれ、横に並んだ3つの穴のうち、真ん中の穴に入れば大当たりとなる。 
メーカーの発表では飛び込んだ玉が上段役物を突破する確率が1/3、下段役物に向かった玉がVに入る確率が1/4で、合計すると飛び込み口に入った玉が1/12の確率で大当たりする…ということになっている。 
確変や連チャンがない台のため、4500発打って12回飛び込み口へ入ればプラマイゼロ、それ以上
飛び込めば理論上、客のプラスと計算できるが…。 
打ったことのある人は「あの下段が1/4で当たるわけないだろ!いつもいつもボロボロ左にこぼれやがって!」と思うことだろう。
それもそのはず、この台の大当たり確率は台のネカセによって変化する。
ネカセとは、台がどの角度で立てつけられているかの事で、奥に寝ている状態の〝奥ネカセ〞と台が手前側に傾いている状態の〝手前ネカセ〞がある。 
このネカセが大当たり確率に直結してくるのだ。台の傾斜が変われば当然、玉の動きが変化する。玉の動きが変われば当然、軌道が変化し大当たり確率は変化する。
1/4という発表値は、ネカセがベストな状態での大当たり確率であり、不利なネカセの場合はこれより悪い数値となり、最悪の場合1/7ほどになる。この状態ではどれだけ釘が開いていても勝てないだろう。釘よりもネカセが大切な台が、天下一閃なのだ。
ではどのようなネカセが良いのか?
ズバリ教えよう。 
まず、最悪なネカセは奥に二分五厘(0・525度)の傾斜になっている台。「左にボロボロこぼれるじゃねーか!」という台はこの傾斜になっていることが多い。この場合は4500発のうち12発飛び込んでも、まず勝てない。飛び込み口の釘が開いていても負ける可能性が高いだろう。
二分五厘を基準にして、ネカセが変化していくほど玉が良い軌道になり、下段突破率は上がっていく。基本的には手前ネカセよりも奥ネカセの方が当たりの穴へ向かいやすい軌道になり、奥三分五厘
(0・735度)などは最高だ。手前ネカセでも二分五厘の最悪な傾斜よりはずっといい。
今はスマホでも台の傾斜が計れるため、傾斜器アプリを使って二分五厘のネカセを回避し、奥に寝ている台に座っていけば、勝率は格段に上がるはずだ。
台が二分五厘より奥に寝ていれば寝ているほど、下段ステージで玉が大きな円を描いて回転しやすくなり、当たる際の王道パターン(以下)を通る。半時計周りに回転している玉が、時計で言うところの12時周辺にぶつかる
←9時周辺にぶつかった玉が中心の回転する棒へ
←棒に弾かれた球がVへ吸い込まれる
外れる場合でも左ではなく右の穴からこぼれるパターンが多くなるはずだ。
店側も基本的にネカセはいじらないが、新装開店やイベント、前日出すぎてしまった台を調整する
際はネカセを調整してくる可能性が高いため、ネカセを奥に倒しすぎる調整ミスも十分考えられる。
最近では姉妹機の「天下一閃1200」も登場した。こちらも役物内部は全く同じ作りなため、ネカセを計っての攻略が有効となるだろう。
当然だが、飛び込み口の釘がどうやっても入らないようなクソ釘では、ネカセが良くても無意味になる。2500発で7個以上飛び込み口に入る台ならば、ネカセが良ければ勝負になると覚えておこう。この台は普通のデジパチではなく、いわゆるハネモノである。
ハネモノとは、盤面下にある﹇1﹈もしくは﹇2﹈と書かれたチャッカーに玉が入賞すると、羽根が1回もしくは2回開く。開いた羽根に玉を拾わせ、内部のVゾーンに入れば大当たりとなる台のこと。羽根に拾われた後の内部の作りは台によって違う。
ハネモノはデジパチに比べ、アナログ要素だけで大当たりが決まるため、技術介入する余地が大きいのだ。 
そしてこの台、「祭りだ! サブちゃん」の大当たりルートを整理すると、チャッカーに玉が入り、羽根が開く  ←羽根に玉が入る←スロープを通り、うちわ役物へ  ←ランダムに動くうちわが玉を弾けば回転体の手前(6時の位置)の穴へ、空振りした場合はハズレ←回転体の赤い穴(Vゾーン)に入れば大当たり
となっている。
回転体は、カジノで使われるルーレットのような8つ穴が開いたもので、そのうちの1つである赤い穴に玉が入れば大当たりとなる。
この回転体は常に一定の速度で回転しており、約3.2秒ほどで一周する。
大当たりの鍵となるのは、この回転体だ。いくら玉が回転体へ向かっても、ハズレの穴に入ったら何の意味もない。回転体のV穴が12時の位置にあるときにうちわが玉を弾いたところで、当たる可能性はない。 
しかし、ある決まったタイミングで玉を打ち出すことによって、V穴が6時に来たときに回転体付近へ玉を向かわせることができる。 
説明しよう。大当たりのルートは決まっており、当たるときは必ず、玉打ち出し↓チャッカー↓羽根↓スロープ↓うちわ↓回転体という道筋を辿る。 
そのため、玉を打ち出してから回転体に到達するまでの時間はある程度の誤差こそあれ、だいたい同じになる。 
例えば、玉を打ち出してチャッカーに入るまでが3秒、羽根が開くまでが1秒、拾ってからスロープに到達するまでが1秒、スロープ内部でモタつく時間が1秒、スロープからうちわまでが1秒とする。この場合、初回の打ち出しから7秒後に回転体へ玉が到達することになる。
先ほども言ったように、回転体は約3.2秒で1周(つまり0.4秒で1コマ進む)するため、回転体は、
打ち出したときから数えて18コマ(2周+2コマ)先に進んでいる。ということは、この場合であればV穴が時計の4時ごろに来た瞬間に打ち出せば、ドンピシャのタイミングで玉が回転体に到達するわけだ。これによって大当たり確率を飛躍的に上げることができる。 
しかし、打ち出しから回転体に到達するまでは個体差があるため、実際に打つ台で逆算をしてベスト
な打ち出しタイミングを計ってほしい。
また、この台はスロープに個体差がかなりあり、スロープからうちわに到達するまでの時間が安定しない台もある。その場合は効果が薄れるため、他の台を探そう。 この台もサブちゃんと同じハネモノだ。 
サブちゃんとは違い、Vゾーンはカゴとなっている。羽根に拾われた玉が左右に揺れるカゴに入れ
ば大当たり…というもの。 
この台には「ノーマルルート」と「スペシャルルート」がある。ノーマルルートは役物内部に放り投げられた玉が偶然カゴに入れば大当たり、スペシャルルートは役物中央に設けられたスロープを通り、玉が必ず中央に落下する、というもので、当然後者のほうが大当たり期待度は高い。
しかし、そう簡単にスペシャルルートには行かず、2回開放のチャッカーに入賞した際の2回目の羽根開放で拾った玉以外、まずスペシャルルートの期待はない。それにスペシャルルートに玉が向かったとしても、Vのカゴが役物両端にあるタイミングだと当然ハズれる。打っていてとても歯がゆい瞬間だ。
大当たり終了後に限るものの、このスペシャルルートを超高確率で当てる方法がある。この台にはハネモノには珍しく保留があり、大当たり中にチャッカーに玉が入った場合は消化後、すぐに羽根開放がはじまる。優先順位は2チャッカー>1チャッカーで、2チャッカー保留がある場合は必ず大当たり終了後に羽根の2回開放が始まる。 
そして、Vのカゴは常に一定速度で移動しており、大当たり終了から羽根開放までのタイミングも常に一定。このため、大当たりラウンド中にVカゴの位置を調整することで、スペシャルルート時のVカゴが正面にくるタイミングで、大当たり終了後の羽根開放を迎えることができる。
具体的なタイミングとしては、大当たりの最終ラウンド(16R目、8R目)に、Vカゴが両端から中央へ戻り始めた瞬間に大当たりを終了させればドンピシャだ。
大当たりラウンドは10個入賞で終了するため、9個入賞で打ち出しを止め、最後の10個目をVカゴが中央から両端に向かい始めた瞬間に打ち出せばベストだ。 
これで大当たり終了後、2回開放時の2回目に玉が拾われてスペシャルルートに向かった場合はVカゴが正面に来ているため、高確率で大当たりとなる。
ただし、これは保留消化を前提としているため、2チャッカーにどうあがいても入らない、もしくは羽根の拾いが極端に悪いクソ釘の場合、到底勝つことは無理だ。 
大当たり確率1/36で大当たりすれば7千発(メガ盛7000タイプの場合)という変則タイプのデジパチだ。当然普通のデジパチのようにデジタルが回るわけもなく、千円で1回まわれば御の字といったところ。千円で2回まわる台を終日打ち切った場合、期待収支は約10万円といえば、1回転の価値がどれだけ大きい台かわかるだろうか。 
この台はデジタルを回転させるチャッカーへ向かう道のりに障害がいくつもある。
まず飛び込み口に入った玉は「店長ルート」と「将子ルート」と「パンダルート」の3つに振り分けられ、それぞれのルートに設けられた障害を乗り越えてようやく、スタートチャッカーに入る仕組みになっている。 
パンダ>将子>店長の順番で、障害は乗り越えやすく、店長はほぼハズレというバランス調整だ。当然、パンダと将子ルートにはなかなかいかず、飛び込み口に入った玉はほとんどが店長ルートへ行くようになっている。
しかし、店長ルートが将子ルートに昇格するパターンがある。店長ルートへ向かった玉はスロープを通り、下段の回転体へ向かうのだが、スロープ左側にある店長フィギュアが一定のタイミングでスロープに向かって包丁を振り下ろす。包丁に遮られた玉は将子ルートへ向かう。 
この将子ルートへ向かう確率を飛躍的にアップさせる方法があり、一部の悪い奴らが実践している状況だ。 
方法はとても簡単。「上皿にジュースを流し込む」これだけだ。上皿にジュースを流し込むと、当然ジュースまみれの玉を打ち込むことになる。その玉が店長ルートのスロープを通ると、スロープが砂糖でベタベタになっていく。ベタベタになったスロープを通過する玉はスピードが落ち、店長の包丁に阻まれやすくなり、将子ルートへ向かう玉が大幅にアップするというわけだ。
ちなみに、ジュースの中で一番砂糖が多く使われているのはファンタオレンジのようだ。
将子ルートからデジタルが回転する確率は約1/2.5ほどなので、飛び込む玉が多い台なら、日当10万円も夢ではない。 しかし、これはれっきとしたゴト行為で、器物損壊や窃盗、建造物侵入など、さまざまな罪に問われる可能性がある。実行は厳禁だ。
この台はデジパチで、大当たり確率は1/159。 
ただし、デジタルを回転させる方法が少し変わっており、ヘソではなく盤面左上にある飛び込み口を狙って遊戯するゲーム性になっている。飛び込み口に入った玉は、カイジに出てくる「沼」のような3つ穴クルーンに向かい、奥の2つどちらかに入った場合はデジタルが1回転し、手前の1つに入った場合はハズレとなる。
このクルーンが曲者で、せっかく玉が飛び込み口に入っても手前の穴に入ってしまいハズレ…ということが結構ある。この原因は単純で、ネカセが手前になっているからだ。台が手前に傾いていれば手前の穴に玉が入りやすくなり、外れが多くなる。
ほとんどの店は飛び込み口の釘を開けて、「おっ、良い釘だな」と思わせつつ、ネカセを手前に傾け、釘は開いているけど思ったより回らない、という調整にしている。
ネカセのせいで回らないのなら、ネカセを変えてしまえればいいのに。そんな夢をかなえている、一部の不届き者がいる。 
手法は非常にシンプル。ハンドルを持って、思いっきり台を奥の方に持ち上げるのだ。このとき、組んだ足を土台にして持ち上げると力が伝わりやすく効果的らしい。
これだけで一気に台が奥ネカセへと変化し、飛躍的に回転数がアップする。千円で15回しか回らない台が千円30回のお宝台に変身…なんてこともザラにあるんだとか。
5月上旬にはこのエキサイトをリメイクした「萌エキサイト」が発売される。当然こちらも狙われるだろう。これもゴト行為にあたるため、実行は厳禁だ。
この2機種のデジパチ。攻略ではないが、知っておくと必ず得する情報がある。デジパチで時短や確変が終了した時には、時短が終了しても保留が3〜4個残る。連チャン終了後すぐにヤメる場合でも、誰もがこの保留を当たりかハズレか、見届けてからヤメるだろう。 
しかし、この2機種に限ってはそれが難しい。なぜなら残り保留の消化時間が1個につき約10分かかるからだ。 
連チャン即ヤメの場合、この保留を放棄して退席することになる。もっとも、残り保留を消化している際は液晶が変動しないので、一般客からすると放棄している意識すらないだろうが。 
この放棄された保留が大当たりしていた場合、液晶に変化はなく、盤面左にある﹇右打﹈ランプがひっそりと点灯する。ランプが点灯している状態の時は右打ちしてスルーに玉が通った瞬間、大当たりがスタートする。 
つまりこの右打ちランプ台を拾いさえすれば、ノーリスクで大当たりをゲットできるわけだ。特にガンツは出玉性能も高く、拾えれば非常にオイシイ。 
空き台を100台見て1台あるかないかの確率だが、この2機種を設置しているパチンコ屋に寄った際は必ずチェックしよう。
5月末に出る新台「必殺仕事人5」もこの仕様の可能性が非常に高く、狙い目となるかもしれない。
キャバクラが題材のパチスロで、その出来の良さから、導入から3年以上が経過した今でも3千店以
上の店が設置を続けている人気機種だ。 
それはさておき、パチスロで必ず勝つには高設定台を掴むか、設定1でも短期的に機械割が100%を超える(天井が近い)台をハイエナするかしかないわけだが、このパチスロラブ嬢はハイエナに不向きだと言われている。 理由は「初当たり確率が低いので、天井へ到達する可能性が低く、当たった際の見返りも少ない」からだという。
とんでもない。世間は何を言っているのか。これほど優秀なハイエナ台もないというのに。 
この機種には大当たりを司るモードが低確率/通常/高確率/超高確率と、4つ存在し、モードが良いモードであるほど、大当たりのチャンスゾーンである「ラブゾーン」に突入しやすくなっている。 高確率もしくは超高確率のモードから打ち出せば、設定1でもプラス収支が見込めるのだ。 
普通の台は高確率状態でもすぐに通常確率へ転落してしまうのだが、この台は「ラブゾーン」に突入するまでモードが転落しない。 
そして、導入から3年が経っているにも関わらず、この事実があまり浸透していない上に、モードを示唆する演出が難解なため、とても高モードの台を拾いやすい。こんな台がハイエナに不向きなわけがない。
手順を説明しよう。5〜6ゲーム打ち出す
←その中で高確率確定or示唆演出が出たかチェック←高確率確定演出が出ればラブゾーンまで続行、示唆演出が多く出た場合は様子見、少なければヤメ  ←ラブゾーンに当選したら、そのラブゾーンで当たっても当たらなくても即ヤメ
高確率以上確定の演出は以下のとおり。
・ホワイトクリスマスステージへ移行
・右上のメッセージ欄に「今は良い状態みたいね」「今って熱いのかもね」「ドキドキしますね」「今チャンス役を引けば!?」のいずれかが出現・図柄が右から始動
・ブラックホールに図柄が吸い込まれていく演出が1ゲームで終了する
・第一停止以外のタイミングでパンダが出てくる
・大きいパンダが出てくる
・図柄が432、654等の逆順目で止まる
これらの演出が出たら当然、ラブゾーンまで続行だ。
また、高確率を示唆する演出は
・メッセージ欄のキャバ嬢紹介が赤文字
・図柄が奇数、偶数のみ(246、135など)で停止
・図柄がケツテンパイする(233など)
・図柄がハサミ目で停止(383など)
・図柄が順目で停止(123など)
・キャバ嬢のメール演出
・キャバ嬢のムービー演出
・夜桜ステージへ移行 
これらの演出になる。これらが5〜6ゲームの間で複数回出た場合、様子を見ながら続行し、あまり頻繁に出ないようであればヤメ。実践上、高確率に滞在しているときは図柄の示唆演出やメッセージ欄の赤文字は約1/3ほどで出現している。キャバ嬢ムービー演出は期待度が高く、1度出ただけで
も高確率の期待がグンと上がる。様子見のゲーム数を長くしてもいいだろう。 
途中でチャンス役が揃ってしまった場合は液晶がざわつくため、いったん落ち着くのを待たなければならないことだけがネックだが、この方法で良いモードの台だけを探して打った場合、超高確率の台
なら千円、高確率の台なら3千円もあればラブゾーンに突入し、一時的とはいえ設定6と同程度の確率で大当たりが取れてしまう。ぜひ試してみてほしい。
パチスロの華といえば、やはりART。大量に上乗せしていつまで続くかわからないときの快感は、筆舌に尽くしがたい。 
しかし厄介な敵がいる。閉店時間だ。どれだけARTのゲーム数やストックがあったとしても、閉店時間になればそこで終了。「閉店さえなければもっと出たのに…」という経験をしたことがないスロッターはいないだろう。
この当たりを翌日に持ち越せたら。KPEの〝マジカルハロウィン5(以後マジハロ5)〞限定で
はあるが、そんな夢を叶える方法がある。 
マジハロ5のARTは、ARTゲーム数が加算されていく、いわゆるゲーム数上乗せタイプではな
く、1セット30ゲームのARTセット数が上乗せされていくストック上乗せタイプである。
そのため、1セットのARTが終わった場合、ストックがあった場合でも必ずチャンスゾーンの〝詠唱モード〞を経由し、ARTに再び復帰する。
ストックがある場合、詠唱モード中に押し順ナビが出て、ナビに従えばARTに突入…という仕組みになっている。 ここでこの押し順ナビを無視した場合、通常画面に転落する。しかし、保持したストックは消えず、次回ボーナスを引いた際に再びストックが放出される。 
そのため、大量ストックを持った状態で閉店時間が迫り、どうやってもARTを取り切るのが不可能な場合、詠唱モード中にわざと押し順ナビをミスして転落させ、翌日朝一から同じ台を打ってボーナスを引くことで、ARTを翌日に持ち越せるのだ。 
マジハロ5のボーナス確率は設定1でも1/170と比較的当たりやすいため、リスクも少なめだ。
そしてこの技は、自分のARTを全て取り切る〝守り〞だけでなく〝攻め〞にも使うことができる。駅前店などでは閉店が近くなると、景品カウンターが混雑するのを嫌って、ART中でも閉店10分前にヤメたりするリーマンがよくいる。
そういったリーマンがヤメていったARTを大急ぎで消化して詠唱モードに突入させ、押し順をミスして通常時に落とせば、翌日はボーナスを引けば必ずARTに入る状態から打ち出せるというわけだ。 当然、店側が設定変更した場合、ストックは消えてしまうが、店の看板機種にするほど人気でもない上に、リセットで機械割が上がってしまうマジハロ5を頻繁に設定変更することはあまりない。強気に立ち回っていこう。
いかがだっただろうか。パチンコで勝つということは、具体的な勝算の上に成り立つ「現実」なの
である。 勝つためには何が必要かを理解して、それを得るためにどのように介入するかを考え、実践していけばパチンコは「絶対に勝てないギャンブル」ではなくなるのだ。
カテゴリ
タグ

モニター・覆面調査・サラリーマンの最適バイト体験談

0093_20180621214128f2d_20190817115135af8.jpg0094_201806212141314c8_2019081711513618a.jpg0095_20180621214131b7e_20190817115138802.jpg0096_201806212141322ab_2019081711513979e.jpgぼくのやってるのは、「モニター」というバイトです。簡単なアンケートに答えるだけで、お金がもらえるので、本当にオイシイです。「モニター」「バイト」などのキーワードでネット検索すると、業者はすぐに見つかります。登録後は、マンガのようにラクーに稼ぐことができます。会社帰りに軽く小遣いをもらうには一番ですよ。
僕がやっているのはテレビ観覧のバイトです。この会社はHPを通じて登録するだけで、週に2、3回は仕事が舞い込むんです。ぶっちゃけギャラは高くありません。5、6時間も拘束されて2〜3千円といったところ。稼ぎたい向きには、物足りない金額に映ることでしょう。だこの仕事は恐ろしいほどラクなのです。なにせスタジオに行って、椅子に座って、番組の収録を見るだけですから。もはや労働とすら言えません。しかも自分の好きなタレントや番組からの募集も珍しくないから、また嬉しい。ここ最近だとテレ朝の『Qさま』の収録に行ってきましたよ!
このサイトでは、風俗の体験談を懸賞金付で募集しています。投稿して採用になると3千円〜1万円の謝礼がもらえるんですが……。私の場合、まずはサイト内のオススメ風俗の中からテキトーな店を選びます。例えばAというデリヘルがあったとしましょう。続けて、AのHPをチェックして、女のコの出勤表を確認し、その日にそのコと遊んだことにして、投稿するのです。客はいっぱいいるし、まずバレないと。ホメられた行為ではありませんが、サイト側にしてみれば、ウソでも良い店だと書かれた方が宣伝になってありがたいわけで。
このマンガ、パチンコをやらない人にはチンプンカンプンかもしれないが、覚えておくべきは一つ。開店時に店に行って、台のランプをチェックするだけだ。これが光っていれば、間もなく大当たりが来る潜伏確変状態なので、初心者が打ってもまず間違いなく勝てる。難しいことは何一つない。また、潜伏確変の機能を持った機種とランプの判別方は右下のサイトに詳しい。
各サイトに登録すると、様々な店(飲食店、美容室、パチンコ屋等)の調査リストが出てくる。やりたいと思った調査に応募して、日取りを決めてから現場に向かうシステムだ。各店舗によってチェックするポイントは違う。飲食店ならトイレ周り、パチンコ屋なら店員の印象。美容院ならテクニックなど。あらかじめどこを見ろとサイト側から指示があるので、それだけを覚えて向かえばよい。オレは彼女とのデート代を浮かすため、調査日にデートの予定を入れて目的の店に行くようにしている。軍資金は一応いるものの、それ以上のお金が戻ってくるのだから、大満足だ。

保険証でサラ金を騙す悪い輩

0037_20190706135119c89.jpg0038_20190706135121929.jpg0039_20190706135122677.jpg0040_201907061351248ad.jpg0041_201907061351265e4.jpg※この記事は防犯、防衛のための知識としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
カテゴリ
タグ

雇用助成金をパクる悪い奴らの手口

0075_201906300851562ec.jpg0076_201906300851588ed.jpg0077_20190630085155812.jpg
※この記事は防犯、防衛のための知識としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
カテゴリ
タグ

八百長競輪一発勝負

0036_20190630074323d67.jpg0037_201906300743243a8.jpg0038_201906300743251d0.jpg0039_20190630074327736.jpg0040_20190630074328a0d.jpg0041_20190630074330eb9.jpg※この記事はフィクションです。読み物としてお読みください。
カテゴリ
タグ

マルチビジネスの会員を利用して逆に儲けた話

0122_20190628143406bc6.jpg0123_201906281434089fe.jpg
「いい話だ?ナニよそれ」
藤田は高校時代からの悪友で、当時は宝石やパチモンのブランド品を売り歩く怪しい商売をしていた。近頃では“仕事上の付き合い〃とやらで、仕方なくFというマルチに入会したと聞いたが、まさか…。
「オマエ、オレに布団だの鍋だの買えなんて言うんじゃねえだろうな」
「バカ、違うよ。その逆だよ逆。オマエにちよっくら儲けさせてやろうと思ってよ」
「マジ?何だよ、早く教えるよ」
「いや単純な話、『F会』相手にお前が車を売るだけだよ。ただし、貧乏ったれの下位会員じゃダメだ。〃金持ちに見えなきゃいけない″中位の人」
誘われ、ファミレスヘ行くことになった。
よし、ここまでは予定通り。
「石山さん、このスーツ、どこのだかご存知ですか?」
「黒スーツ?…それ、ベルサーチですか?」
「ふふ、わかります?まあ、そんなに高価なものじゃないんですが。この時計もブルガリでね。どうです、石山さん、こんな生活を可能にする仕事なんてそうありませんよ」
「はあ」
島田のべタな誘い文句に、オレは口の内側を噛みつけながら切り出した。
「ところで、島田さんは車をお持ちですか?やっぱ外車とか」
「いえいえ、国産ですけど。…それが何か?」
「実は車のブローカー業をやっておりまして。もし。もしですよ。島田さんに何か欲しい車種があるんなら、きとお力になれると思ったもので。せっかくこんな素敵な商売を紹介させてもらったんですからね」
価格は世間の相場より30万ほど安くしてやったが、それでも利益は50万。藤田くん、キミは正しい。コイツら本当にラクショーです。
島田に車を売ってからというもの、話を聞きつけた中堅クラスからたびたび問い合わせの電話を受けるようになった。元々口コミが好きな人種である。勝手に宣伝してくれてどうもすまんこってす。オレはヤシらに、ベンツ、BMWに各種アメ車と、きっちりフルローンでご購入していただいた。
まったくもって商売は順調だった。普段の売上ペースが『F会』と取引を始めたことで月10台にアップ。毎月約250万の増収である。
すっかりマルチ相手の旨味を知ったオレは、さらに利益を上げる工夫を加えた。
本来サイドビジネスであるはずのマルチだが、中には子会員や孫会員を増やすことに熱中するあまりへいつのまにか本業としてしまう輩が結構いる。
カテゴリ
タグ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます