AV女優になった理由のカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:AV女優になった理由

  • 2018/12/08AV女優になった理由

       古海みくは1993年、滋賀県に生まれた。幼稚園にいく朝は、子煩悩だった父親にいつも玄関前でほおずりされるのが日課だった。「ヒゲが痛くてタバコくさくてイヤだったけど、お父さんは大好きでした」エリートサラリーマンの父と、家庭的な母。体操、トランポリン、ピアノ、そろばんなど、彼女がやってみたいと言えば、両親が走り回って教室を探してくるような、そこそこ裕福な家庭だった。一家が別の街へ引っ...

    記事を読む

  • 2018/11/29AV女優になった理由

       1993年、北海道に生まれた桃実は、父、母、2つ上の姉の4人家族。幼少時代はいつも家の中にこもり、姉と一緒にお人形遊びをしていた。「実は私、生まれたころは未熟児で。保育器で育ったから体が小さくて、外に出たくても出れなかったんです。性格も大人しかったですね」小学校に入学後は、自然と友達が増えていったが、家では父と母が険悪な雰囲気を漂わせていた。原因は父のDVだった。「小4のとき両親...

    記事を読む

  • 2018/11/24AV女優になった理由

       1978年、白鳥寿美礼は青森に生まれた。幼少時代、両親は共働きで日中はほとんど不在だったため、同居している祖母に預けられることが多かった。「祖母は躾に厳しい人だったけど、両親と一緒にいる時間があまりなかったからか、私自身、祖母に一番懐いてましたね。何でも素直に言うことを聞いてたな」小学校に入ると持病の喘息が悪化、入退院を繰り返すようになり、学校を休みがちに。そのせいでイジメに遭う...

    記事を読む

  • 2018/11/18AV女優になった理由

       1990年、埼玉県に生まれた茜笑美は、3人兄弟の末っ子だった。5つ上と3つ上の兄がいて、家族仲も悪くなかった。「上がふたりとも男だったので、初めて女のコが生まれて、お父さんはすごく嬉しかったみたい。私自身はどちらかというと大人しい性格だったかな」幼稚園に入ると、早くお家に帰りたいと言って毎日泣いた。小学校に入ってからはさすがに泣かなくなったものの、相変わらず家が大好きだった。「極...

    記事を読む

  • 2018/11/13AV女優になった理由

       1989年、穂積マヤは東京で生まれた。「両親が共働きだったんで、おばあちゃんと2人でいる時間がいちばん長かったんですよ。私はいつもニコニコしてて、愛嬌のある性格だったかな」小学校に入学すると母親の意向で、学校帰りはほぼ毎日学習塾や公文式に通うようになる。もともと勉強が好きだったから、苦にはならなかった。「自分で言うのもなんですが、成績は良かったですね。中学に入るといわゆるオタク少...

    記事を読む

  • 2018/11/07AV女優になった理由

       美緒みくるは1992年、東京に生まれた。両親は2つ上の病気がちな兄につきっきりだったため、幼いころはあまり構ってもらえなかった。「寂しかったですね。でも母のことが大好きだったから、せめて私は負担にならないようにって幼心に思っていて。ワガママを言わないイイコを演じてたかな」小学校では率先して学級委員をつとめる典型的な優等生だったものの、中学に入るや悪友の影響で非行に走り、万引きを繰り返...

    記事を読む

  • 2018/10/22AV女優になった理由

           作品はザーメンぶっかけシリーズの「ドリームシャワー」で主演は吉井美希。ロリ系の顔がとてもカワイイ女優だ。ストーリーは学園もの。吉井美希セクシーな女教師が、職員室にテストの結果が悪かった生徒たち(汁出し男優)を呼び出して説教する。しかし、生徒たちは先生が授業で色っぽいから勉強に集中できないのだと反論。何でもすると約束させられた女教師は、ナント順番に生徒たちの...

    記事を読む

  • 2018/10/01AV女優になった理由

       広島県で生まれた藤森荊那は、一人娘だったこともあり、両親から愛情をなみなみと注がれて育った。小さいころからまったく人見知りせず、保育園でもすぐに友達ができた。「先生にも明るく朗らかな.だって言われてました。ただ父親の仕事の関係でしょっちゅう引っ越してたから、友達と仲良くなってもすぐにお別れしなきゃいけないのは幼心に辛かったです」そんな彼女の初恋は小1相手はクラスメイ卜の男子で、集...

    記事を読む

  • 2018/09/27AV女優になった理由

       1986年、東京に生まれた星川麻美は、生後間もなく原因不明の高熱で生死をさまよった。しかし以降は大きな病気もなく、他の子供より身体が弱いことを心配する両親をよそに、外で元気よく遊ぶ子供に育った。「一度死にかけたとは思えないくらい健康になりましたね。ジッとしてないから母は目が離せなくて大変だったみたい。ひとつ上のお姉ちゃんは大人しい性格で、幼いころからずっと仲がいいですよ」小学校に...

    記事を読む

  • 2018/09/26AV女優になった理由

       千葉に生まれた仁科瞳は両親と祖母、そして兄の5人家族の中で育った。一家総出で八百屋を営んでいたため、幼少時代はひとりおとなしく人形と遊んでいた。「自分でいうのもなんですが、聞き分けのいい子供でしたね。ただ、小学時代に大きな出来事が二つありました。一つが母の蒸発です。ある日突然、若い男と消えたんですね」事情こそ知らされなかったものの、彼女は幼いなりに自分たちが母に捨てられたことをな...

    記事を読む

激烈な着エロ作品からAVデビュー

0118_201812081320594cc.jpg 0119_2018120813210046b.jpg 0120_20181208132102a56.jpg 0121_20181208132103a9c.jpg
古海みくは1993年、滋賀県に生まれた。幼稚園にいく朝は、子煩悩だった父親にいつも玄関前でほおずりされるのが日課だった。「ヒゲが痛くてタバコくさくてイヤだったけど、お父さんは大好きでした」エリートサラリーマンの父と、家庭的な母。体操、トランポリン、ピアノ、そろばんなど、彼女がやってみたいと言えば、両親が走り回って教室を探してくるような、そこそこ裕福な家庭だった。一家が別の街へ引っ越す小学校4年生ごろ、同級生の女子とエロ漫画を回し読みするなかで、セックス行為について知識を得た。自分はいつするんだろうと胸をときめかせてもいた。彼女の性器が男性の感触を知るのは6年生のときだ。
「いとこのお兄ちゃんの家に遊びに行ったら、その友達がいて、いとこがトイレ行ってるすきにキスされたんです。これがセックスなんじゃないの? って思ってたら、パンツの中に手が入ってきて、アソコを指でなぞられたんです」幸い、いとこが戻ってきたことで、行為は未遂ですんだ。
それからの彼女の男性遍歴は極めて淡白だ。中学、高校と、女友達との付き合いばかりで、エロ漫画同人誌の製作やコスプレ遊びなど、およそ男性とは縁遠い生活を送る。卒業後に上京すると、中学時代から続けていたクラシックバレエを活かし、ミュージカルの舞台を目指した。踊りのレベルは決して低くなく、一時はサンリオ関係者の目にとまり、ピューロランドのダンサーを打診されたこともあった。しかし…。
「新聞配達やコンビニでバイトをしながら頑張ってたんですけど、ある日、ぷっちんって切れちゃったんです。もうわたしダメかもってへこたれてるところをナンパされて、いつの間にか赤羽のラブホで初体験でした」この男は既婚者で、ただの遊びに過ぎなかった。
「遊ばれたって気づいたときはもう死にたいくらいでしたけど、やっぱり自分はステージに上がらないとダメになるって思ったんです。それで、ネットでいろいろ検索して、アメリカの映画会社のモデル募集に応募したんです」
ところが、その応募先の会社は「21世紀FAX」という、激烈な着エロ作品をリリースするメーカーだった。「衣装は女の子に合わせて用意するし、監督は女性を立てる」と聞かされすっかり油断した彼女が当日着用したのは、メコスジもあらわな極細水着だった。「でも着エロやって、撮られるのは嬉しい! 楽しい! って思って。それでまた求人誌を探したら、『高収入! 写メモデル募集』っていうのがあって、それがいまのAVプロダクションでした」かくして彼女は、快くカメラの前でチンコをくわえ、3Pに悶えるようになる。「アメリカの映画会社のはずだったのがいつの間にかこんなことになったんですけど、このご時世、必要とされるだけでもありがたいですね」

コンプレックスだった巨乳を武器にAVデビュー

0118_20181129084931ab7.jpg 0119_201811290849336e0.jpg 0120_20181129084934c8b.jpg 0121_201811290849361f3.jpg
1993年、北海道に生まれた桃実は、父、母、2つ上の姉の4人家族。幼少時代はいつも家の中にこもり、姉と一緒にお人形遊びをしていた。「実は私、生まれたころは未熟児で。保育器で育ったから体が小さくて、外に出たくても出れなかったんです。性格も大人しかったですね」小学校に入学後は、自然と友達が増えていったが、家では父と母が険悪な雰囲気を漂わせていた。原因は父のDVだった。「小4のとき両親は離婚しました。私と姉は母につき、父親から逃げるように実家を離れて、ホテルを転々とする生活です。好きな男のコを作る余裕もなかったな」
中学校に入るころ、上京して3人暮らしが始まる。母はパートでいつも家を留守にしていたが、そのぶん姉と2人で家事をこなした。「高校では飲食店でバイトを始めました。そこで、初体験を済ませるんです。同じ店員の男性と付き合うことになって。半年後に結ばれて。感想?すごく痛くてもうムリって」高校2年、大きな不幸が襲う。母が脳梗塞で倒れ、働くことができなくなったのだ。生活の
ため、高校は自主退学せざるをえなかった。「昼はバイトしながら、夜は定時制の高校に通いました。いちおう卒業したんだけど、問題は就職先。母の入院費と生活費を稼ぐためには、手っ取り早くまとまったお金が欲しいなと」そんなある日、ネットで高収入バイトを探してたとき、AV女優募集の記事を見つけた。『あ、これだ』と、彼女にはひらめくものがあった。「実は私、自分の胸がずっとコンプレックスだったんです。バカみたいに大きいからイヤでイヤで。でも、AVならそれも活かせるでしょ。迷いはなかったですね」こうしてデビューが決まった矢先に、母は他界してしまう。もはや彼女には体を張る理由はないが、この業界に入ったことは後悔していない。
「コンプレックスだった巨乳も、撮影とかでキレイだねって褒められるようになって、自分に自信が持てるようになれたし。出来る限り頑張ってお仕事を続けていけたらと思っています」

プライベートセックスで感じたことが無くてAVデビュー

0118_20181124100848219.jpg 0119_20181124100849379.jpg 0120_201811241008519a9.jpg 0121_2018112410085266f.jpg
1978年、白鳥寿美礼は青森に生まれた。幼少時代、両親は共働きで日中はほとんど不在だったため、同居している祖母に預けられることが多かった。
「祖母は躾に厳しい人だったけど、両親と一緒にいる時間があまりなかったからか、私自身、祖母に一番懐いてましたね。何でも素直に言うことを聞いてたな」
小学校に入ると持病の喘息が悪化、入退院を繰り返すようになり、学校を休みがちに。そのせいでイジメに遭うも、めげずに人一倍、勉強を頑張った。
「中学時代も勉強漬けの日々を過ごしましたね。男子から相手にされないほどガリ勉だったけど、高校で音楽にハマってからは、ピアスを開けたり、髪を染めたりするようになって…」
そんな彼女の初体験は高校2年。相手は近くの高校に通う同じ歳の男子学生だった。その感想は『こんなもんか』。痛くもなければ気持ち良くもなかった。「最初だけかなと思ったんだけど、何度エッチしてもずっとそんな感じなんです。その後、彼と一緒にAVを見たら、女の人が気持ち良さそうにしてるから、不思議で仕方なくって」高校を卒業後、上京してPAの専門学校へ入ったあたりで、初体験の彼に別れを告げる。正直、彼以外の人ともエッチがしてみたかった。
「念願が叶ったのは、IT関係の会社に就職してから。共通の趣味で知り合った男性と入籍したんです。もちろんエッチしまくりだったけど、4カ月後には離婚してしまって…」離婚後は、フリーでIT関連の仕事を請け負いながら、空いてる時間に副業をしようと思い立つ。そんなとき、ネットでAV女優募集の記事を発見した。
「これだ!って。いろいろな人とエッチもできて、お金までもらえるなんて、一挙両得じゃないですか。で、とりあえず応募したら、面接に通って、あっさりデビューが決まったんです」
以降は、Jカップの爆乳を生かしながら、熟女AVを中心に活躍している。
「AVは副業と割り切ってたんですが、撮影現場は雰囲気いいし、何よりプロの男優さんってホントにエッチが上手。今は本業にしたいって思うぐらいこの仕事を楽しんじゃってます」

AV女優になった理由「とにかくエッチがしたかった」

0118_20181118140549ba8.jpg 0119_2018111814055018a.jpg 0120_201811181405528a0.jpg 0121_201811181405535e4.jpg
1990年、埼玉県に生まれた茜笑美は、3人兄弟の末っ子だった。5つ上と3つ上の兄がいて、家族仲も悪くなかった。「上がふたりとも男だったので、初めて女のコが生まれて、お父さんはすごく嬉しかったみたい。私自身はどちらかというと大人しい性格だったかな」
幼稚園に入ると、早くお家に帰りたいと言って毎日泣いた。小学校に入ってからはさすがに泣かなくなったものの、相変わらず家が大好きだった。
「極端な人見知りだったんですよ。本当はクラスの男のコとも仲良くしたかったんだけど、友達作りがヘタで。恋愛なんて想像もできませんでしたね」
初めて彼氏が出来たのは中3、相手は合同行事で知り合った同じ年の他校生だった。付き合って一週間ぐらいで家に遊びに行き、キスをした。
「そしたらいきなり洋服を脱がされて。当時はセックスという言葉すら知らなかったから、本気で怖くて拒んだら、それ以来、彼が文句を言うようになって……」
もともと内気な性格だった彼女はこの件ですっかり自分に自信をなくし、恋愛にますます奥手になっていく。しかし同時に、性に対する興味だけは増していった。
「高1で自然とオナニーを覚えたんです。セックスがどんな行為か知ったのもそのころ。あ〜、あのとき、彼はコレがしたかったんだぁって思ったら、自分も早くしたくなっちゃって」
願望が叶ったのは、女子大時代だった。学園祭で知り合った他大生と仲良くなり、ふたりで食事に出かけることになり、漫画喫茶の個室でコトを済ませた。
「嬉しかったですねえ。でも、その初体験の男とはそれっきり。こっちはエッチがしたくてたまらないのに、相手がいないから、もうモンモンとしちゃって」
そんなとき、たまたまネットでAVプロダクションの女優募集の記事を発見し、「これならエッチできる」と考えた。
「迷いがなかったと言えばウソになりますね。親バレや友達バレもあるし。でも、AVは一回だけの関係だから、純粋にエッチが楽しめるでしょ。ムリして恋人を作る必要はないんじゃないかって」
かくして彼女は単体女優としてAVデビュー。現在までにリリースした作品は15本近くにのぼる。
「AVの仕事は本当に楽しいです。普通に暮らしていたら絶対経験できなかったすごいエッチもできるし。マジで毎日でも撮影したいくらいですよ」

演劇の世界で成功したくてAV女優に

0118_20181113175231210.jpg 0119_20181113175233547.jpg 0120_20181113175234e78.jpg 0121_201811131752365d5.jpg
1989年、穂積マヤは東京で生まれた。
「両親が共働きだったんで、おばあちゃんと2人でいる時間がいちばん長かったんですよ。私はいつもニコニコしてて、愛嬌のある性格だったかな」
小学校に入学すると母親の意向で、学校帰りはほぼ毎日学習塾や公文式に通うようになる。もともと勉強が好きだったから、苦にはならなかった。
「自分で言うのもなんですが、成績は良かったですね。中学に入るといわゆるオタク少女になるんです。コミケやコスプレイベントに行ったり。男のコとの恋愛なんて考えもしませんでしたね」
高校時代は演劇部に入部するも、浮いた話はなかった。大学に進んでからも状況は変わらない。当時は、演劇の現場で本格的に学びたいという思いが強かった。
「初体験は20才。相手は舞台で競演して意気投合した役者仲間です。でも、とにかく痛くてセックスの何が良いのかわからなかったですね」
大学中退後は、演劇をしながら、バイトで稼ぎつつ、なんとか生計を立てていた。が、毎月ギリギリの生活で、肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまう。
「で、しばらく演劇から離れてマトモな仕事をしようってOLを始めたんです。そしたら時間もお金も結構余裕が出てきたから、ちょいちょい遊ぶようになりまして(笑)」
クラブなどでナンパされた男と遊んでるうちに、エッチも大好きに。そんなある日、ネットの求人サイトでAV女優募集の広告を発見した。「AVならいろんな男の人とエッチできる! って唐突に思ったんです。我ながら大胆だけど、遅咲きだったぶんイッキに弾けちゃった感じ」
こうして自分から応募するや、デビューが決定。現在はOLの仕事を続けながら、企画モノを中心に活動している。
「これまで10人くらいの男優さんとカラんだかな。やっぱりテクがスゴイ!演劇もいいけど、AVは今しかできない仕事だから、当分は続けていきたいですね」

母のためにAVデビューで処女喪失

0117_20181107163552413.jpg 0118_20181107163553ec4.jpg 0119_2018110716355442d.jpg 0120_2018110716355611a.jpg
美緒みくるは1992年、東京に生まれた。両親は2つ上の病気がちな兄につきっきりだったため、幼いころはあまり構ってもらえなかった。
「寂しかったですね。でも母のことが大好きだったから、せめて私は負担にならないようにって幼心に思っていて。ワガママを言わないイイコを演じてたかな」小学校では率先して学級委員をつとめる典型的な優等生だったものの、中学に入るや悪友の影響で非行に走り、万引きを繰り返すようになる。「まあすぐバレちゃったんですけどね。それからは万引きはやめて、勉強を頑張るようになりました。成績は200人中3位。彼氏を作るヒマもなかったですね」
高校は無事志望校に合格し、憧れていたサッカー部のマネージャーに。ただしサッカーの名門校だけあり、部活内での恋愛は御法度だった。
「それでも良かったんです。サッカー部が全国大会で優勝することしか頭になかったんで。でも、私が高2のとき、母がくも膜下出血で倒れてしまって…」
なんとか一命は取り留めたが、母には後遺症が残り、彼女は家事に専念すべくサッカー部をやめることになった。
「父は大学に行かせてくれました。でも、これでいいのかなぁって将来に不安を感じ始めて」
今は父が学費を出してくれているし、家計も支えてくれているけど、いつ何があるかわからない。自分ががっつり稼ぐべきじゃないか。「そんなとき、たまたまネットでAV女優募集の求人広告を見つけたんです。当時はまだ男性経験もなかったんですけど、心の中では早く処女を捨てたいなってずっと思ってて。だったらお金にしたほうがいいじゃないですか」こうして彼女は迷うことなく自ら応募し、処女喪失モノでAVデビュー。現在は大学と家事の合間にAVの仕事をこなしている。
「AVで処女を失ったことに対して後悔はしてないですね。私にはそれ以外は考えられなかったし。今は、少しでも母が楽になるようにいつか家を建ててあげられたらなぁと思ってます」

ぶっかけ専門・素人AV汁出し男優体験ドキュメント

0054_20181022104925159.jpg 0055_20181022104924335.jpg 0056_20181022104927156.jpg 0057_20181022104928223.jpg 0058_20181022104931567.jpg 0059_20181022104931c4d.jpg 0060_2018102210493230f.jpg 0061_20181022104933585.jpg
作品はザーメンぶっかけシリーズの「ドリームシャワー」で主演は吉井美希。ロリ系の顔がとてもカワイイ女優だ。ストーリーは学園もの。吉井美希セクシーな女教師が、職員室にテストの結果が悪かった生徒たち(汁出し男優)を呼び出して説教する。しかし、生徒たちは先生が授業で色っぽいから勉強に集中できないのだと反論。何でもすると約束させられた女教師は、ナント順番に生徒たちの「モノ」をしゃぶって許しを求める。ここで乱入してくるのが男優ミートボール吉野体育教師。生徒たちに襲われている女教師を助けるのかと思いきや、「先生も仲間に入れてくれ!」と逆に女教師に襲いかかる。そして生徒たちがソファーの上で体育教師が女教師をたっぷりと犯すのをオナニーしながら観察しながら、特濃ザーメンを女教師の顔面にぶつかけている。ひと通り練習を終えたところで、いよいよ本番開始。撮影は女教師が生徒たち(汁男優)のモノを順番にしゃぶっていくところから始まった。
下半身ナニも付けず、女教師の前に仁王立ちで並ぶオレたち汁男優。と、何気なく横の男を見て驚いた。なんとコイッ、明らかに真性包茎なのだ。皮が2センチぐらい余ってて、陰茎を完全に包み込んでいるのだ。大丈夫か。1人1人順番にしゃぶられ、いよいよ真性包茎の彼の番になった。包茎クンが一歩、吉井美希に歩み寄る。と、その瞬間、彼女の顔が急に歪み、眉間にしわが寄った。臭いだ!相当臭いんだ!真性包茎特有の激しい臭いが彼女の鼻孔を襲ったのだ。以前ピンサロ嬢に訊いたことがあるが、客の中には真性包茎もいて、その臭いときたら強烈で生ゴミの臭いのようだと訴えていた。が、結局は仕事と割り切り、激臭にも耐えてしゃぶるらしい。さて、美希ちゃんはどう出るか。注目のなか、彼女は何気ない顔で真性包茎クンのモノに手をさしのべ、陰茎を完全に包み込んでいる皮をゆつり剥き始めた。包茎クンも少し痛みの表情をみせたが、いよいよAV女優にしゃぶられると思ったのか少しずつ笑みに変わっていく。さすがプロと感心したのも束の間、ようやく亀頭が剥き出しになったところで、また彼女の表情が急変しモノを握る手が戸惑い気味に止まった。な〜んと、今度はチンカスだ。完全に剥き切った皮とカリの境界に大量の白濁したチンカスがリング状にこびりついているのだ。さあ、どうする吉井美希?カメラは回ったまま。監督からカットの声は出ない。果たして、彼女は意を決したかのように、目を閉じて真性包茎をくわえた。
「もっと激しく舌を使ってカリの周りを祇めて!ノドの奥までくわえ込んで!」
監督から厳しい声が飛ぶ。まるでチンカスをきれいにしてやれとでも言っているようだ。このときオレは真性包茎の彼が心からうらやましく思えた。だって、AV女優に自分のチンカスをきれいにしてもらえるなんて、一生のうちでも絶対ありえないことだ。鳴呼、なんてコイッは幸せなヤシなんだろう。彼女は一生懸命頭を前後に動かししゃぶっている。眉間にしわを寄せ、苦悶の表情を浮かべたその姿に、オレのモノもすでに臨戦状態だ。「カーット!」ようやく監督から声が出た。お疲れさま、美希ちゃん。こんな男のチンチンをよく祇め続けたもんだ。キミはすばらしい。オレは心底、愛おしく思うよ。てなことを考えているうち、ついにオレの番が回ってみた。心臓がバクバク高鳴っているのが自分でもハッキリわかる。美希ちゃんがオレのモノに顔を近づけてきた。この瞬間をどれだけ待ち望んだことか。彼女はまずオレのモノを握るとゆっくりシゴキ始めた。と、みるみるうちに固くなり、反りの角度がピークに達する。それを見た美希ちゃん、ニッコリ笑みを浮かべパクッと口いつぱいに頬張った。あったか-いIしゃぶられたその瞬間に浮かんだ感想がこれだ。実際、股間がじんわり温かくてすごく気持ちイイのだ。今度はカリの周りを舌先でチロチロ祇められる。まさに天国。しゃぶりながら、時々上目遣いでオレの顔を見る美希ちゃんの表情はたまらなくセクシーだ。このまま彼女の口の中で果てたい!と、思った瞬間、監督から「カット!」の声がかかった。時間にしてわずか数分間。人生は、なんて非情なんだ。フェラシーンが終わると、次はいよいよ男優と女優の絡みを見ながら、汁男優たちが女優の顔面に次々と発射するというメイン・イベントに入る。つまり、これからが汁男優たちの正念場になるのだ。1時間の休憩の後、撮影開始。前にも紹介したが、ミート吉野教師が、生徒たちに襲われている希を、助けるどこ
ろか自ら犯してしまうというシーンだ。周囲を汁出し男優たちが取り囲むなか、ミート吉野が美希ちゃんをまんぐり返しにして、パンティストッキングを破る。パンティの上からの愛撫でも濡れてきたのか、彼女のモノがだんだん透けて見えてきた。すかさず、ピンクローターでアソコを刺激する体育教師。と、途端に彼女が悶え始めた。マジで感じてるのか。見ているオレも堪らない気分になってくる。そして、ついに男優がパンティーを破るという、待ちに待ったこの瞬間が訪れた。吉井美希のアソコを見られるんだ!もう人生最高の興奮状態である。ご開帳。果たして、彼女のアソコはすっかり濡れて洪水と化していた。ヴァギナの色はきれいなピンクながら、左右不対称でやや着色あり。ヘアはサラサラで薄めだ。「さあ、たっぷりなめてごらん」ミート吉野のセリフと同時に、彼女が男優のパンツをズリおろし、そのビンビンにいきり立ったモノを美味しそうに頬張った。周りを見れば、他の汁男優たちすでにはパンツの中に手を入れシコシコとシゴき始めている。オレも負けじとシゴき、臨戦状態に入っていった。女優がひと通り男優のカリの先まで祇め終わると、いよいよ本番挿入の始まり。バックからの挿入にパンパン!と肉と肉の弾ける音がスタジオ内に豪快に響き渡った。男優と女優にうっすらと汗がにじんできたころ、監督の汁ぶつかけGOサインが静かに出された。と、同時に、手が鞘炎になるんじゃないかと思うくらいカキまくる汁男優。「イ、イクよー」1人、また1人と男優に挿入されている最中の女優の顔面にザーメンをかけていく。オレもとうとう3人目に発射。ザーメンが彼女の目に付き、髪に絡みつき、穴という穴すべてをふさいでいる。やった!とうとうやったんだ!全身が何とも言えない達成感で満たされていく。

両親から愛情をなみなみと注がれて育った女の子がAV女優になった理由

0118_20181001004044173.jpg 0119_20181001004046a84.jpg 0120_2018100100404715e.jpg 0121_2018100100404966c.jpg
広島県で生まれた藤森荊那は、一人娘だったこともあり、両親から愛情をなみなみと注がれて育った。小さいころからまったく人見知りせず、保育園でもすぐに友達ができた。
「先生にも明るく朗らかな.だって言われてました。ただ父親の仕事の関係でしょっちゅう引っ越してたから、友達と仲良くなってもすぐにお別れしなきゃいけないのは幼心に辛かったです」
そんな彼女の初恋は小1相手はクラスメイ卜の男子で、集団下校では、他の生徒の目がある中、いつも自分から手を繋いで帰るほど早熟だった。
「マセガキですよね(笑)。初体験は中学2年で、相手はブラジル人だったんですよ。友達の紹介で知り合って一目惚れしちゃったの。年は同じだけど、大人っぽくてとにかく格好良かつたんです」

芸能人に憧れていた卓球少女がAV女優デビューした理由

0118_20180927193220bcc.jpg 0119_2018092719322102e.jpg 0120_2018092719322315c.jpg 0121_20180927193224e9b.jpg
1986年、東京に生まれた星川麻美は、生後間もなく原因不明の高熱で生死をさまよった。
しかし以降は大きな病気もなく、他の子供より身体が弱いことを心配する両親をよそに、外で元気よく遊ぶ子供に育った。
「一度死にかけたとは思えないくらい健康になりましたね。ジッとしてないから母は目が離せなくて大変だったみたい。ひとつ上のお姉ちゃんは大人しい性格で、幼いころからずっと仲がいいですよ」
小学校に入ると持ち前の明るさと気さくな性格からクラスのリーダー的存在に.人前に出ることが大好きだったので、自から進んで学級委員にも立候補した。
「目立ちたがり屋だったんですよね。あのころは絶対に将来は芸能人になるんだって思ってたし。具体的にどうこうってのはなかったんだけど…」
中学では女子卓球部を自ら立ち上げ、主将としてチームを牽引、発足わずか2年目にして関東大会に出場するほどの実力をつける。これは父の影響が大きかった。
「父は学生時代かなり本気で卓球をやってたんですよ。血筋って言うんですかね。最初は私を含めて全員ヘタだったけど、どんどん強くなっていって。おかげで高校はスポーツ推薦で入学できました」
初体験は高1。相手は隣の男子校の卓球部員だった。
「いかにも健全なスポ根少女って感じですよね。ところが大学に進学してから、徐々に生活が乱れていくんです。卓球よりも飲み会が楽しくなって、遊び歩く日々が続くようになったんですよね」
体験人数が8人に達したころ、彼女に転機が訪れる.就職の内定も決まった卒業間近に、大学の友達がAV女優になったのだ。
「驚きましたよね。ただ、彼女から話を色々聞いてるうちに、芸能人になりたかったころの気持ちが蘇ってきたんです。やっぱり人の注目を浴びる仕事がしたいと思って」
悩んだ挙げ句、彼女は内定を蹴って、AVプロダクションの門を叩く。さすがに親に言うことはできなかったが、あれよあれよとAVデビューを果たした。母はものすごい勢いで怒ったけど、父は自分が決めたことだからって認めてくれて。今は恋人もできて、公私ともに幸せいっぱいの毎日を過ごしてます。

兄の性的虐待AV女優デビューの源流に

0118_20180926001503557.jpg 0119_20180926001503efe.jpg 0120_20180926001504039.jpg 0121_201809260015061f0.jpg
千葉に生まれた仁科瞳は両親と祖母、そして兄の5人家族の中で育った。一家総出で八百屋を営んでいたため、幼少時代はひとりおとなしく人形と遊んでいた。
「自分でいうのもなんですが、聞き分けのいい子供でしたね。ただ、小学時代に大きな出来事が二つありました。一つが母の蒸発です。ある日突然、若い男と消えたんですね」
事情こそ知らされなかったものの、彼女は幼いなりに自分たちが母に捨てられたことをなんとなく察した。
「二つ目は兄による性的虐待です。夜に寝るときは兄と同じ部屋だったから、胸を触られたり、下着の中に手を入れたり。さすがに相姦まではいかなったけど…そんなイタズラが毎晩、一年以上続いたんです」やさぐれた彼女は、中学に入るや、当然のようにヤンキーになった。ほどなく暴走族にも入り、中2で同じチームの彼と初体験を。そんなとき、当時、付き合っていた風俗の店長に勧められるまま白い粉に手を出した.ほどなく彼女の妊娠が発覚したが、それでもやめられず、お腹の子供は流産してしまう。
「私、ノリピーだったんです(笑)辞めたキッカケは、彼と結婚して、二人目の子供ができたから。でも、彼は相変わらずクスリをやってたし、今度は暴力まで振るうようになって…」
そして彼女は2年前に離婚。その後、軒余曲折を経て、知人が社長だった現在所属するプロダクションの面接を受け、AV女優としてデビューすることになった。
「今はAV女優と風俗を掛け持ちして残った借金を返済する日々を送ってます。きれい事になっちゃうけど…借金返済が済んだら介設の勉強をして第二の人生を踏み出したいと思ってます」
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます