AV女優になった理由のカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:AV女優になった理由

  • 2019/08/17AV女優になった理由

    現代スカウトマンには、『並外れた性欲と根性』『ヤクザにも屈しない勇気』『オマワリに媚びる芝居力』が必須。連中に、そんな能力があるとはとても思えない。こうして、「精子捕獲作戦」はあえなく失敗。現有戦力で戦わざるを得なくなったオレたちはより多くのオナゴを搬入することを強いられる。オレは考えた。一般人ネットワ—クを駆使し、調達したらどうか。例えば、彼らの合コンに参加し、根こそぎオナゴを持ち帰ってしまうと...

    記事を読む

  • 2019/07/31AV女優になった理由

    1989年、東京に生まれた早乙女らぶは小さいころから聞き分けがよく、手のかからない子供だった。共働きの両親の休みが合わずあまり遊べなくても、文句ひとつ言わなかった。「家族揃って出かけた思い出は少ないけど、それでも家族仲は良かったですね。2つ上の姉がいつも一緒にいたから、寂しいと思ったことはなかったし」運動神経が良かった彼女は中学ではハンドボール部に入部。顧問のスパルタ式の練習にもめげず、朝から晩ま...

    記事を読む

  • 2019/07/27AV女優になった理由

    1974年、新潟に生まれた新尾きり子の家庭は、両親と父方の祖母、3つ下の弟の5人家族。共働きの両親は留守がちだったとはいえ家族仲は良く、金銭的にも不自由なくノビノビと育てられた「活発でいつも外で遊ぶおてんば娘でしたね。人見知りもしなかったし。逆に弟は病気がちで大人しい性格だったんで、家族には男女が入れ替わってたらねってよく言われてました(笑)」ダンナには申し訳ないけどセックスしてくれないから仕方ないでし...

    記事を読む

  • 2019/07/11AV女優になった理由

    気持ち良かったら気持ちイイって言わなきゃわかんないよ動画①「マックで働く四十路熟女が異様にエロい個人撮影ハメ撮り映像」動画②「個人撮影 絶叫しながら4分間に4回続けてマジイキする不倫熟女」動画③「Sっぽい言葉責めと巧みなリードで年下の童貞くんを筆おろしする奇跡の美熟女!」動画④「衝撃の個人撮影が…普通のリアルな人妻さんが夫以外の男とのSEXでは本性丸出し映像!」動画⑤「寝取られ 旦那の前で他人棒の中出し肉便...

    記事を読む

  • 2019/04/29AV女優になった理由

      美咲藤子は1974年、京都で生まれた。工場勤務の父は酒浸りで、彼女は幼いころから、夜な夜な酒に酔った父と母親が激しく口論する姿を見て育った。「暴力こそなかったけど、父は毎晩のように丹とケンカしてましたね。私や弟がいるなんておかまいなし。幼心に早くこんな家から出たいって思ってました」内向的な彼女は、小学校に入ってもなかなか友達ができず、アニメの世界に逃避した。教室の隅で絵ばかり描いてるう...

    記事を読む

  • 2019/03/24AV女優になった理由

       若槻ゆめは1982年、東京に生まれた。両親は共働きで留守がちだったため、幼いころはふたつ上の姉と一緒に、祖父母の家に預けられることが多かった。「仕事ばかりで全然構ってくれない父母よりも、いつも優しくしてくれるおじいちゃんとおばあちゃんの方がずっと好きだったな。姉とは年齢が近いせいか、ケンカは結構してましたね」小学校に入ると、2才のころから習っていたモダンバレエが理由でイジメを受け...

    記事を読む

  • 2019/03/10AV女優になった理由

       1970年、京都府に生まれた新村まり子は、両親が共働きだったため0才から保育園にあずけられた。「生まれてすぐに保育園だったから、そのころは両親に甘えた記憶ってほとんどないですね。センセイに言わせると、当時から妙に落ち着いていて、あまり自己主張し通い性格だったみたいです」小学校に入るとクラスメイトの女子グループからイジメにあうようになるが、彼女は卑屈になることなく、母のすすめで始め...

    記事を読む

  • 2019/03/08AV女優になった理由

      1982年、芦屋美帆子は音楽業界で働く両親の一人娘として産まれた。結婚してしばらく子供が出来なかったためか、両親は目に入れても痛くないほどの可愛がり方だったという。「親の影響で5才からクラシックピアノとバイオリンを習い始めました。私自身は当時から大人しい性格で、ひとりの世界に没頭できるからピアノもバイオリンも大好きでした。一生懸命練習していましたね」小学校に入ると勉強好きになり、成絞は...

    記事を読む

  • 2019/02/21AV女優になった理由

       神奈川県で生まれた森谷みうは、母親以外の人に抱っこされるとたちまち泣き出すほど人見知りが激しく、それは相手が父親でも同じだった。写真を入れるほど私を溺愛してくれてた父はかなりショックだったそうです。でも、弟が出来てから人見知りが治ったみたい姉としての自覚が芽生えてたのかな幼少から小学校にかけて明るく社交的な性格に育っていったが、身体の成長はかなり遅く、中学入学時の身長は130セン...

    記事を読む

元教師をAVデビューさせたスカウトマン|エッチ告白

0202_20181103153352eaf_2019081721140638d.jpg0203_20181103153353fe2_201908172114076ae.jpg0200_201902030414424ed_20190817211403a10.jpg0201_20190203041444ab2_201908172114058c0.jpg
現代スカウトマンには、
『並外れた性欲と根性』『ヤクザにも屈しない勇気』『オマワリに媚びる芝居力』
が必須。連中に、そんな能力があるとはとても思えない。
こうして、「精子捕獲作戦」はあえなく失敗。現有戦力で戦わざるを得なくなったオレたちはより多くのオナゴを搬入することを強いられる。
オレは考えた。一般人ネットワ—クを駆使し、調達したらどうか。例えば、彼らの合コンに参加し、根こそぎオナゴを持ち帰ってしまうとか。
旅行代理店の面々なら、スッチーはもちろん、日本中を飛び回ってるぶん、全国の鉄板女にも精通している。成功報酬としてスカウトバックを折半すれば、セッティングを断られることもあるまい。おし、決定!
数日後、知り合いの代理店マンに頼み、スカウトマン5人対スッチ—5人の合コンを開催。曲りなりにも、オレたちはプロ。当然のように持ち帰りできるものと信じて疑わなかった。
しかし、合コン慣れしていない上普段、スッチ—などというお高い人種と話したこともないため、なかなかエロトークに花が咲かない。
苦し紛れに全裸踊りを披露したところで、万事休す。まるで汚いモノでも見るかのように、成田にトンボ帰りされちまった…。
いや、それでも良しとしよう。少なくとも、彼女たちと知り合いにはなれたのだ。周囲にAV希望者が現れたときは、すぐにオレたちに紹介してくれるに違いない。
教師合コン、婦警合コン、タレント卵合コンと、その後も毎晩のように大酒を振る舞うオレたち。あまりの«地味な努力»に涙が出てくる。そんなある日、合コンに参加した教師から仰天の電話がかかってきた
「あたし、学校の先生を辞めることになって」 
「え、そりゃまたなんで?」
「あなたとエッチしてからなんか.股間が痛くって。アタシ、やらしくなっちゃったのかなぁ。やっば教師なんて合ってないのかも」
どうやらオレのクラミジアが伝ったらしい。何たる勘違い
「それは股間からエネルギーが出るということだよ。機が熟したな。辞めなさい、辞めなさい!そしてオレと一緒に旅に出よう」
猿芝居が効いたのか、翌日彼女はオレの自宅にノ—パンで登場。その2週間後AV専門雑誌『D』にはこんな広告が踊った。
元高校数学教師ついにデビュー

地方のテレビCMから着エロを経てAV女優に

0118_20190731070548f01_201908152022584ff.jpg0119_20190731070550aec_2019081520225950f.jpg0120_20190731070551474_20190815202301d01.jpg0121_20190731070553fa5_20190815202302610.jpg
1989年、東京に生まれた早乙女らぶは小さいころから聞き分けがよく、手のかからない子供だった。共働きの両親の休みが合わずあまり遊べなくても、文句ひとつ言わなかった。
「家族揃って出かけた思い出は少ないけど、それでも家族仲は良かったですね。2つ上の姉がいつも一緒にいたから、寂しいと思ったことはなかったし」
運動神経が良かった彼女は中学ではハンドボール部に入部。顧問のスパルタ式の練習にもめげず、朝から晩まで部活に打ち込むうち、奇妙な感覚が生まれていった。
「それまで弱小チームだったんですが、先生のおかげで県大会に出場するぐらい強いチームになって。それが楽しくて、もっともっと先生の力になりたいって思うようになったんです…って、なんかMっぽいですね(笑)」
そんな彼女の初体験は中二。相手は付き合って1カ月の同級生だった。周りは処女の.のほうが少ないくらい進んでいたこともあり、全く抵抗はなかった。
「高校に進学すると、合唱部に入部しました。実は私、子供のころから歌手になるのが夢だったんですよ。ハンドボールも楽しかったけど、夢を実現したかったから、合唱部が全国的に有名な高校に進んだんですよね」
タレント養成所に通い始めたのは高二のころで、最初の仕事は地方のテレビCMだった。毎日忙しかったが、男には興味津々。常に彼氏のいる状態だった。
「もうすっかりセックスの良さに目覚めちゃいましたね(笑)。ただ、芸能の仕事は単発のものばかりで、食べていくことはとうてい不可能だったんで、高校卒業後は地方銀行に就職して、平行してタレント活動を続けたんです」
そんなある日、事務所から着エロの話が舞い込んだ。バラエティや映画のチョイ役などはしていたが、もう歌手はムリかなとあきらめていたころだった。
「引き受けたんだけど、これでエロの世界にハマったんです。テレビの世界と違って、私を中心に撮影が進んでいくじゃないですか。初めて主役になれた気がしてすごく嬉しかったんですよね」
この後は、知り合いに新しい事務所を紹介してもらい、今度はAV作品に出ることに。こうして彼女はAV女優としてデビューを果たした。
「最近AV女優がタレント活動してるけど、逆に私はあの世界に戻りたいと思わないですね。今はとにかくAV女優として有名になっていつか一番になりたいです」

【画像】旦那とはセックスレスに陥って人妻AVデビュー

0118_20190727112141135.jpg0119_20190727112143205.jpg0120_20190727112144026.jpg0121_201907271121466e7.jpg
1974年、新潟に生まれた新尾きり子の家庭は、両親と父方の祖母、3つ下の弟の5人家族。共働きの両親は留守がちだったとはいえ家族仲は良く、金銭的にも不自由なくノビノビと育てられた
「活発でいつも外で遊ぶおてんば娘でしたね。人見知りもしなかったし。逆に弟は病気がちで大人しい性格だったんで、家族には男女が入れ替わってたらねってよく言われてました(笑)」
ダンナには申し訳ないけどセックスしてくれないから仕方ないでしょ
そんな彼女の初恋は3才のときで、相手は親戚のお兄ちゃん。もちろん川わぬ恋だったが、これ以降も常に誰かに恋をしているような早熟な少女だった。
「でも、小学校から中学校までずっと父の趣味でショートカットにさせられてたんですよ。日焼けして色も黒かったから、男のコに間違われることなんてしょっちゆう。好きな入からも女子として意識されなかったですね」
家が厳しかったため、高校に入ってからも夜遊びをした経験は一度もなかった。高校では茶道部に人部した。彼氏も作らず、毎日部活に校則の厳しいお嬢様学校だ。健全な学生時代だった。しかし、その裏ではエッチなことに興味津々だった。
「オナニーも実はこのころに覚えちゃったんですよね。弟が隠し持っていたエロ本を見ながら、机の角にアソコをこすりつけたり。いまにして思えば、AV女優になる素質があったのかも」
高校を卒業後、田舎を離れ、東京の大学に進学した。初めての彼氏もでき、18才で念願の初体験を済ませる。
「想像してたのと全然違って、とにかく痛かったですね。で、お互いのすれ違いから、交際10年目で破局して。次に付き合った人と交際一年後にデキ婚したんです。今のダンナですね」
しかし、この結婚を期に旦那とはセックスレスに陥ってしまう。結婚前はかなり濃厚なセックスをしていただけに、オナニーだけでは満足できない。
「そのころ、たまたま女性向け高給求人誌のフリーペーパーで、AV女優募集の広告を見つけたんです。ダンナには申し訳ない気持もあったけど、セックスしてくれないんだから仕方ないでしょ。なによりプロのテクニックを一度味わってみたいじゃないですか」
悩んだ挙げ句、彼女は男性経験2人にしてAVの世界に飛び込むことを決意した。
デビューして以来、人妻AVを中心にすでに30本以上の撮影を済ませている。
「AV男優のテクニックってすごいーこないだ20代のイケメン男優君と撮影でご一緒したんですけど、スタミナが半端じゃなくって、何度イカされちゃったかわからない。旦那にバレない限りAVはずっと続けていきたいですね」
タグ

ヌキまくれる熟女エロ動画

0076_201907110727134f8.jpg
気持ち良かったら気持ちイイって言わなきゃわかんないよ
動画①「マックで働く四十路熟女が異様にエロい個人撮影ハメ撮り映像」
動画②「個人撮影 絶叫しながら4分間に4回続けてマジイキする不倫熟女」
動画③「Sっぽい言葉責めと巧みなリードで年下の童貞くんを筆おろしする奇跡の美熟女!」
動画④「衝撃の個人撮影が…普通のリアルな人妻さんが夫以外の男とのSEXでは本性丸出し映像!」
動画⑤「寝取られ 旦那の前で他人棒の中出し肉便器にされて悦ぶ淫妻!」
5人の男に中出しされまくる人妻の様子をダンナが撮影する狂気の作品です
動画⑥「双頭バイブで激しくマンコを刺激しあう美熟女レズビアン」
美熟女2人が互いの唾液を吸い合う濃厚キスプレイがタマりません
「俺のオナホだろ?」に「はい」と答える
ドエロ人妻のハメ撮りこの女優さんはそれでいてエロい。
どれを見てもヌキまくれます清楚で美人
動画⑦「オナホ扱いされてマジで喜ぶ変態不倫妻」
動画⑧「長谷川栞の全作品」

AV女優になって自殺する気がなくなった

0118_20190429113154c87.jpg 0119_20190429113156b4f.jpg 0120_201904291131572af.jpg
0121_20190429113158bff.jpg美咲藤子は1974年、京都で生まれた。工場勤務の父は酒浸りで、彼女は幼いころから、夜な夜な酒に酔った父と母親が激しく口論する姿を見て育った。
「暴力こそなかったけど、父は毎晩のように丹とケンカしてましたね。私や弟がいるなんておかまいなし。幼心に早くこんな家から出たいって思ってました」
内向的な彼女は、小学校に入ってもなかなか友達ができず、アニメの世界に逃避した。教室の隅で絵ばかり描いてるうち、クラスメイトからイジメに遭う。蒜持ち物を隠されたり、無視されたり。母に相談しても、『イジメられる自分にも問題がある』って取り合ってもらえないんです。このまま消えちゃいたいって、自殺することばかり考えてました」
そんな彼女の初恋は高校時代。相手は生身の男性ではなく、アニメの主人公だった。
タグ

トラウマから解放されるためにAVデビュー

0118_2019032410143799c.jpg 0119_20190324101438e52.jpg 0120_20190324101439bdd.jpg 0121_201903241014410ae.jpg
若槻ゆめは1982年、東京に生まれた。両親は共働きで留守がちだったため、幼いころはふたつ上の姉と一緒に、祖父母の家に預けられることが多かった。
「仕事ばかりで全然構ってくれない父母よりも、いつも優しくしてくれるおじいちゃんとおばあちゃんの方がずっと好きだったな。姉とは年齢が近いせいか、ケンカは結構してましたね」
小学校に入ると、2才のころから習っていたモダンバレエが理由でイジメを受けるようになった。髪の毛を全部アップにするために前髪を伸ばしていたからだ。
「見た目が派手で気に食わなかったんでしょうね。この年の.にはありがちなことだけど、イジメられる側はタマったもんじゃないですよ。でも、小4のころに経済的理由でバレエを辞めることになって、前髪も切ったのに・・・」
それでもイジメはなくなるどころか、エスカレートしていく一方だった。高校に入ってやっとイジメはなくなり、初の彼氏もできたと思いきや事件が起きる。「人気のない道を歩いていたら男たちに犯されちゃったんです。詳しいことは言いたくないんですが、処女喪失の痛みより殺されるって恐怖の方が強くって…」
高校卒業後は、昼はファミレスやパチンコでアルバイトをしながら、夜はキャバクラで働き始める。家にいると色んなことを思い出すから、とにかく実家を出たかった。
「お金を貯めて1人蕪らしをしたかったんです。環境を変えればまた新しく人生をやり直せるような気がして。男性とお酒を飲む仕事は本当はやりたくなかったけど、てっとり早くお金が欲しかったから、割り切ることにしました」
そんなある日、知人の紹介で現在所属するプロダクションの社長と知り合い、AVの仕事に誘われる。悩みに悩んだ挙げ句、彼女は首をタテに振った。「理由はキャパのときと同じ。ただ、もしかし
たら事件のことを忘れたかったのかもしれませんね。人前でセックスするようになれば、トラウマから解放されるんじゃないかって」
こうして彼女は企画女優としてAVに出演。撮影会やテレビの仕事もこなす傍ら、去年はストリップデビューも果たした。
「過去の出来事から解放されたかはわかりませんが、思ってたよりAVの撮影って楽しいんですよ。それにやっぱり踊ることも大好き。今後はストリップの方で本格的に活動する予定です」

バレリーナを目指していた女の子が熟女AVデビュー

0118_20190310164452c1e.jpg 0119_20190310164454020.jpg 0120_20190310164455a01.jpg 0121_201903101644565fb.jpg
1970年、京都府に生まれた新村まり子は、両親が共働きだったため0才から保育園にあずけられた。
「生まれてすぐに保育園だったから、そのころは両親に甘えた記憶ってほとんどないですね。センセイに言わせると、当時から妙に落ち着いていて、あまり自己主張し通い性格だったみたいです」
小学校に入るとクラスメイトの女子グループからイジメにあうようになるが、彼女は卑屈になることなく、母のすすめで始めたたくさんの習い事に夢中になった。
「仲間はずれにされてもふ〜んって感じで一番好きだったのはバレエかな。将来は海外でも活踊するような一流のバレリーナになりたいと思ってました。あの出来事が起きるまでは…」
高校1年の秋、いつも学校の行き帰りに立ち寄るパン屋に寄ったときのこと。その日は帰りが遅く、お店に入ったのは閉店ギリギリだった。

クラシック少女がAVデビューした理由

0118_20190308183251037.jpg 0119_20190308183252057.jpg 0121_20190308183255587.jpg
1982年、芦屋美帆子は音楽業界で働く両親の一人娘として産まれた。結婚してしばらく子供が出来なかったためか、両親は目に入れても痛くないほどの可愛がり方だったという。
「親の影響で5才からクラシックピアノとバイオリンを習い始めました。私自身は当時から大人しい性格で、ひとりの世界に没頭できるからピアノもバイオリンも大好きでした。一生懸命練習していましたね」
小学校に入ると勉強好きになり、成絞はいつも学年でトップクラスなほど優秀だった。両親の期待を受け、中学は私立の名門校を受験する。
「でも、ここで晶初の挫折が待ってました。受かるには受かったんだけど、世の中まだまだ上がいて。いくら勉強をしても平均より上にいけないんです。私ってこん葱もんなのかなって。本当に悔しかったですね」
当時、性に対する好奇心は強く、オナニーを覚えたのは14才のころだった。さらに純文学でセックスという行為を知って以来、早く処女喪失したいとの願望を抱くようになる。
その後も派遣の事務をしながら、小さなライブハウスでバイオリンやピアノの弾き語りを始める。
「でも、パッとしなくて。そんなときに、繁華街を歩いてたら、AVのスカウトマンから声が掛かったんですよね。未知の世界に好奇心を刺激されたっていうのかな。その場でOKしてました」
こうして彼女は迷うことなくAV業界へ飛び込んだ。ちなみにその作品の中では、バイオリンを弾くシーンが登場したりと、音楽の経験が一応は生かされている。
「嬉しいですよね。何より音楽活動と同じぐらいセックスが好きだし。今はこの仕事が楽しくて仕方ないです」

女友達にAV出演をカミングアウトされ自分もデビュー

0118_20190221200750b2a.jpg 0119_2019022120075224d.jpg 0120_20190221200753fcc.jpg 0121_201902212007556e4.jpg神奈川県で生まれた森谷みうは、母親以外の人に抱っこされるとたちまち泣き出すほど人見知りが激しく、それは相手が父親でも同じだった。写真を入れるほど私を溺愛してくれてた父はかなりショックだったそうです。でも、弟が出来てから人見知りが治ったみたい姉としての自覚が芽生えてたのかな
幼少から小学校にかけて明るく社交的な性格に育っていったが、身体の成長はかなり遅く、中学入学時の身長は130センチと、学年で一番小さかった。
「妹キャラって感じで、男にはモテなかったですね。しかも高校に入ったら横だけ成長しちゃって(笑)。一日最低4食たべる上にお菓子もガンガン食べてれば、太るのも当然ですよね」
そんな彼女の初体験は高2の冬。相手は当時バイトをしていたファミレスの先輩で、大学生ながらお客の間でファンクラブができるほどのイケメンだった。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます