AV女優になった理由のカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:AV女優になった理由

  • 2019/07/11AV女優になった理由

    気持ち良かったら気持ちイイって言わなきゃわかんないよ動画①「マックで働く四十路熟女が異様にエロい個人撮影ハメ撮り映像」動画②「個人撮影 絶叫しながら4分間に4回続けてマジイキする不倫熟女」動画③「Sっぽい言葉責めと巧みなリードで年下の童貞くんを筆おろしする奇跡の美熟女!」動画④「衝撃の個人撮影が…普通のリアルな人妻さんが夫以外の男とのSEXでは本性丸出し映像!」動画⑤「寝取られ 旦那の前で他人棒の中出し肉便...

    記事を読む

  • 2019/04/29AV女優になった理由

      美咲藤子は1974年、京都で生まれた。工場勤務の父は酒浸りで、彼女は幼いころから、夜な夜な酒に酔った父と母親が激しく口論する姿を見て育った。「暴力こそなかったけど、父は毎晩のように丹とケンカしてましたね。私や弟がいるなんておかまいなし。幼心に早くこんな家から出たいって思ってました」内向的な彼女は、小学校に入ってもなかなか友達ができず、アニメの世界に逃避した。教室の隅で絵ばかり描いてるう...

    記事を読む

  • 2019/03/24AV女優になった理由

       若槻ゆめは1982年、東京に生まれた。両親は共働きで留守がちだったため、幼いころはふたつ上の姉と一緒に、祖父母の家に預けられることが多かった。「仕事ばかりで全然構ってくれない父母よりも、いつも優しくしてくれるおじいちゃんとおばあちゃんの方がずっと好きだったな。姉とは年齢が近いせいか、ケンカは結構してましたね」小学校に入ると、2才のころから習っていたモダンバレエが理由でイジメを受け...

    記事を読む

  • 2019/03/10AV女優になった理由

       1970年、京都府に生まれた新村まり子は、両親が共働きだったため0才から保育園にあずけられた。「生まれてすぐに保育園だったから、そのころは両親に甘えた記憶ってほとんどないですね。センセイに言わせると、当時から妙に落ち着いていて、あまり自己主張し通い性格だったみたいです」小学校に入るとクラスメイトの女子グループからイジメにあうようになるが、彼女は卑屈になることなく、母のすすめで始め...

    記事を読む

  • 2019/03/08AV女優になった理由

      1982年、芦屋美帆子は音楽業界で働く両親の一人娘として産まれた。結婚してしばらく子供が出来なかったためか、両親は目に入れても痛くないほどの可愛がり方だったという。「親の影響で5才からクラシックピアノとバイオリンを習い始めました。私自身は当時から大人しい性格で、ひとりの世界に没頭できるからピアノもバイオリンも大好きでした。一生懸命練習していましたね」小学校に入ると勉強好きになり、成絞は...

    記事を読む

  • 2019/02/21AV女優になった理由

       神奈川県で生まれた森谷みうは、母親以外の人に抱っこされるとたちまち泣き出すほど人見知りが激しく、それは相手が父親でも同じだった。写真を入れるほど私を溺愛してくれてた父はかなりショックだったそうです。でも、弟が出来てから人見知りが治ったみたい姉としての自覚が芽生えてたのかな幼少から小学校にかけて明るく社交的な性格に育っていったが、身体の成長はかなり遅く、中学入学時の身長は130セン...

    記事を読む

  • 2019/01/18AV女優になった理由

       1993年、神奈川県に生まれた佐原は、幼少時からおませな子だった。「私はよく覚えてないんですけど、幼稚園ですごく仲のいい男友だちがいて、いつもその子と一緒だったらしいです。ちょっと目を離すとすぐにキスしてたって母が言ってました(笑)」小学校に入ってからは、ジャニーズ系のガキ大将にゾッコンになった。小3のバレンタインで彼とディープキスを経験すると、一気に性的な興味が芽生えだした。「...

    記事を読む

  • 2019/01/13AV女優になった理由

       1990年、真木今日子は神奈川県に生まれた。家族仲は悪くなかったものの、姉2人にとって、年の離れた末っ子の彼女は格好の〝おもちゃ〞だった。「私はよく覚えてないんだけど、お姉ちゃんに2人がかりでよくイジメられてたみたいですね。まあ、今にして思えばカワイイものだったのかも」小学校に上がると、彼女は極度の人見知りに。近所のスーパーのレジで会計をするのも恐怖を感じるほど他人との接触が苦手...

    記事を読む

  • 2018/12/24AV女優になった理由

       今井香菜は、1992年、埼玉県に生まれた。両親は第一子となる彼女をことのほか可愛がったが、5才下の弟が生まれた直後に離婚、父は家族を残し家を出ていった。「離婚の理由はよく知りません。母にもあえて聞いたことはないし。ただ思い出の中の父は、とにかく優しい人だったなあ」奥手な性格のため、小学校時代はいつもひとりぼっちだった。友だちらしい友だちもできず、学校が終わるとまっすぐ家に帰って、...

    記事を読む

ヌキまくれる熟女エロ動画

0076_201907110727134f8.jpg
気持ち良かったら気持ちイイって言わなきゃわかんないよ
動画①「マックで働く四十路熟女が異様にエロい個人撮影ハメ撮り映像」
動画②「個人撮影 絶叫しながら4分間に4回続けてマジイキする不倫熟女」
動画③「Sっぽい言葉責めと巧みなリードで年下の童貞くんを筆おろしする奇跡の美熟女!」
動画④「衝撃の個人撮影が…普通のリアルな人妻さんが夫以外の男とのSEXでは本性丸出し映像!」
動画⑤「寝取られ 旦那の前で他人棒の中出し肉便器にされて悦ぶ淫妻!」
5人の男に中出しされまくる人妻の様子をダンナが撮影する狂気の作品です
動画⑥「双頭バイブで激しくマンコを刺激しあう美熟女レズビアン」
美熟女2人が互いの唾液を吸い合う濃厚キスプレイがタマりません
「俺のオナホだろ?」に「はい」と答える
ドエロ人妻のハメ撮りこの女優さんはそれでいてエロい。
どれを見てもヌキまくれます清楚で美人
動画⑦「オナホ扱いされてマジで喜ぶ変態不倫妻」
動画⑧「長谷川栞の全作品」

AV女優になって自殺する気がなくなった

0118_20190429113154c87.jpg 0119_20190429113156b4f.jpg 0120_201904291131572af.jpg
0121_20190429113158bff.jpg美咲藤子は1974年、京都で生まれた。工場勤務の父は酒浸りで、彼女は幼いころから、夜な夜な酒に酔った父と母親が激しく口論する姿を見て育った。
「暴力こそなかったけど、父は毎晩のように丹とケンカしてましたね。私や弟がいるなんておかまいなし。幼心に早くこんな家から出たいって思ってました」
内向的な彼女は、小学校に入ってもなかなか友達ができず、アニメの世界に逃避した。教室の隅で絵ばかり描いてるうち、クラスメイトからイジメに遭う。蒜持ち物を隠されたり、無視されたり。母に相談しても、『イジメられる自分にも問題がある』って取り合ってもらえないんです。このまま消えちゃいたいって、自殺することばかり考えてました」
そんな彼女の初恋は高校時代。相手は生身の男性ではなく、アニメの主人公だった。
タグ

トラウマから解放されるためにAVデビュー

0118_2019032410143799c.jpg 0119_20190324101438e52.jpg 0120_20190324101439bdd.jpg 0121_201903241014410ae.jpg
若槻ゆめは1982年、東京に生まれた。両親は共働きで留守がちだったため、幼いころはふたつ上の姉と一緒に、祖父母の家に預けられることが多かった。
「仕事ばかりで全然構ってくれない父母よりも、いつも優しくしてくれるおじいちゃんとおばあちゃんの方がずっと好きだったな。姉とは年齢が近いせいか、ケンカは結構してましたね」
小学校に入ると、2才のころから習っていたモダンバレエが理由でイジメを受けるようになった。髪の毛を全部アップにするために前髪を伸ばしていたからだ。
「見た目が派手で気に食わなかったんでしょうね。この年の.にはありがちなことだけど、イジメられる側はタマったもんじゃないですよ。でも、小4のころに経済的理由でバレエを辞めることになって、前髪も切ったのに・・・」
それでもイジメはなくなるどころか、エスカレートしていく一方だった。高校に入ってやっとイジメはなくなり、初の彼氏もできたと思いきや事件が起きる。「人気のない道を歩いていたら男たちに犯されちゃったんです。詳しいことは言いたくないんですが、処女喪失の痛みより殺されるって恐怖の方が強くって…」
高校卒業後は、昼はファミレスやパチンコでアルバイトをしながら、夜はキャバクラで働き始める。家にいると色んなことを思い出すから、とにかく実家を出たかった。
「お金を貯めて1人蕪らしをしたかったんです。環境を変えればまた新しく人生をやり直せるような気がして。男性とお酒を飲む仕事は本当はやりたくなかったけど、てっとり早くお金が欲しかったから、割り切ることにしました」
そんなある日、知人の紹介で現在所属するプロダクションの社長と知り合い、AVの仕事に誘われる。悩みに悩んだ挙げ句、彼女は首をタテに振った。「理由はキャパのときと同じ。ただ、もしかし
たら事件のことを忘れたかったのかもしれませんね。人前でセックスするようになれば、トラウマから解放されるんじゃないかって」
こうして彼女は企画女優としてAVに出演。撮影会やテレビの仕事もこなす傍ら、去年はストリップデビューも果たした。
「過去の出来事から解放されたかはわかりませんが、思ってたよりAVの撮影って楽しいんですよ。それにやっぱり踊ることも大好き。今後はストリップの方で本格的に活動する予定です」

バレリーナを目指していた女の子が熟女AVデビュー

0118_20190310164452c1e.jpg 0119_20190310164454020.jpg 0120_20190310164455a01.jpg 0121_201903101644565fb.jpg
1970年、京都府に生まれた新村まり子は、両親が共働きだったため0才から保育園にあずけられた。
「生まれてすぐに保育園だったから、そのころは両親に甘えた記憶ってほとんどないですね。センセイに言わせると、当時から妙に落ち着いていて、あまり自己主張し通い性格だったみたいです」
小学校に入るとクラスメイトの女子グループからイジメにあうようになるが、彼女は卑屈になることなく、母のすすめで始めたたくさんの習い事に夢中になった。
「仲間はずれにされてもふ〜んって感じで一番好きだったのはバレエかな。将来は海外でも活踊するような一流のバレリーナになりたいと思ってました。あの出来事が起きるまでは…」
高校1年の秋、いつも学校の行き帰りに立ち寄るパン屋に寄ったときのこと。その日は帰りが遅く、お店に入ったのは閉店ギリギリだった。

クラシック少女がAVデビューした理由

0118_20190308183251037.jpg 0119_20190308183252057.jpg 0121_20190308183255587.jpg
1982年、芦屋美帆子は音楽業界で働く両親の一人娘として産まれた。結婚してしばらく子供が出来なかったためか、両親は目に入れても痛くないほどの可愛がり方だったという。
「親の影響で5才からクラシックピアノとバイオリンを習い始めました。私自身は当時から大人しい性格で、ひとりの世界に没頭できるからピアノもバイオリンも大好きでした。一生懸命練習していましたね」
小学校に入ると勉強好きになり、成絞はいつも学年でトップクラスなほど優秀だった。両親の期待を受け、中学は私立の名門校を受験する。
「でも、ここで晶初の挫折が待ってました。受かるには受かったんだけど、世の中まだまだ上がいて。いくら勉強をしても平均より上にいけないんです。私ってこん葱もんなのかなって。本当に悔しかったですね」
当時、性に対する好奇心は強く、オナニーを覚えたのは14才のころだった。さらに純文学でセックスという行為を知って以来、早く処女喪失したいとの願望を抱くようになる。
その後も派遣の事務をしながら、小さなライブハウスでバイオリンやピアノの弾き語りを始める。
「でも、パッとしなくて。そんなときに、繁華街を歩いてたら、AVのスカウトマンから声が掛かったんですよね。未知の世界に好奇心を刺激されたっていうのかな。その場でOKしてました」
こうして彼女は迷うことなくAV業界へ飛び込んだ。ちなみにその作品の中では、バイオリンを弾くシーンが登場したりと、音楽の経験が一応は生かされている。
「嬉しいですよね。何より音楽活動と同じぐらいセックスが好きだし。今はこの仕事が楽しくて仕方ないです」

女友達にAV出演をカミングアウトされ自分もデビュー

0118_20190221200750b2a.jpg 0119_2019022120075224d.jpg 0120_20190221200753fcc.jpg 0121_201902212007556e4.jpg神奈川県で生まれた森谷みうは、母親以外の人に抱っこされるとたちまち泣き出すほど人見知りが激しく、それは相手が父親でも同じだった。写真を入れるほど私を溺愛してくれてた父はかなりショックだったそうです。でも、弟が出来てから人見知りが治ったみたい姉としての自覚が芽生えてたのかな
幼少から小学校にかけて明るく社交的な性格に育っていったが、身体の成長はかなり遅く、中学入学時の身長は130センチと、学年で一番小さかった。
「妹キャラって感じで、男にはモテなかったですね。しかも高校に入ったら横だけ成長しちゃって(笑)。一日最低4食たべる上にお菓子もガンガン食べてれば、太るのも当然ですよね」
そんな彼女の初体験は高2の冬。相手は当時バイトをしていたファミレスの先輩で、大学生ながらお客の間でファンクラブができるほどのイケメンだった。

レズに目覚めAV女優デビュー

0118_20190118184551c2e.jpg 0119_20190118184553282.jpg 0120_2019011818455418a.jpg 0121_201901181845567c9.jpg
1993年、神奈川県に生まれた佐原は、幼少時からおませな子だった。
「私はよく覚えてないんですけど、幼稚園ですごく仲のいい男友だちがいて、いつもその子と一緒だったらしいです。ちょっと目を離すとすぐにキスしてたって母が言ってました(笑)」
小学校に入ってからは、ジャニーズ系のガキ大将にゾッコンになった。小3のバレンタインで彼とディープキスを経験すると、一気に性的な興味が芽生えだした。
「よく彼の家でお互いの性器を触りっこしてましたね。はじめは彼が私のパンツに手を入れてアソコのスジを上下にこするだけだったんですよ。でもそのうち『俺のも触ってよ』って言うようになって。69の体勢になって、触りっこしたこともあったっけ」
結局、彼とはそれ以上の関係にはならなかったものの、中1のとき、ついにロストバージンの機会が訪れた。それも最悪の形で。当時つき合っていた彼氏の家に遊びに行ったところ、彼の部活の先輩が
待ち受けていたのだ。
「何で先輩まで一緒にいるのってパニックになっちゃって。そうこうしてるうちにパンツを脱がされて、先輩に無理やりオチンチンを入れられちゃったんです。で、先輩が射精したあとで、今度は彼氏が挿入してきて。ごめんなさい。あまりのショックでその先のことは覚えてないんです…」
悲劇はそれで終わりではなかった。先輩と彼氏との3P話が学校中の噂となったのだ。以来、男性不信に陥った佐原だったが、持ち前の性的好奇心の強さは健在で、それは進学した女子校でも存分に発揮された。
「同じ学校の子に告白されてレズに目覚めちゃったんです。お互いにクンニし合ったり、ローターでちょろっと遊んだりって感じ。その子とは1年ほどで別れて、また別の子とつき合いました」  高3の秋。ようやく男性不信から脱却した彼女は、バイト先で知り合った30才のバンドマンと交際を始めた。17才の少女に顔射や剃毛、アナルセックスを強要する変態男ではあったが、もともと彼女自身もスケベなことにはどん欲なだけに、彼とのセックスライフは非常に満足できるものだった。
佐原がAVスカウトマンに声をかけられたのは、高校を卒業し、その彼と別れた直後のことだ。
「最初はむちゃくちゃ怪しいと思いました。でも喫茶店で『やってみませんか?』って聞かれて、素直にハイって言っちゃったんですよね。内心はすごく興味があったんで。実はスカウトの人から撮影の話を聞いているだけで、濡れてたんです(笑)」
こうして、トントン拍子にデビューすることになった彼女は、現在もAV女優を天職として、精力的に活動を続けている。
「仕事は本当に楽しいですね。新しい彼氏も欲しいけど、今は、もっともっとテクニシャンな男優さんたちと触れ合っていたいです」

お姉ちゃんに2人がかりでよくイジメられてて単体女優としてAVデビュー

0118_201901131015587ae.jpg 0119_2019011310155976a.jpg 0120_20190113101601734.jpg 0121_20190113101602523.jpg1990年、真木今日子は神奈川県に生まれた。家族仲は悪くなかったものの、姉2人にとって、年の離れた末っ子の彼女は格好の〝おもちゃ〞だった。
「私はよく覚えてないんだけど、お姉ちゃんに2人がかりでよくイジメられてたみたいですね。まあ、今にして思えばカワイイものだったのかも」
小学校に上がると、彼女は極度の人見知りに。近所のスーパーのレジで会計をするのも恐怖を感じるほど他人との接触が苦手になった。
「中学時代は、持病の喘息が悪化して、長期の入院と自宅療養を繰り返すようになるんです。人見知りは治ってたけど、好きな男のコと話すこともできなくて」
高校に入ってからは、治療の効果もあって、喘息が軽くなった。おかげで友達もでき、成績もあがったものの、相変わらず男っ気は足りなかった。
「早く彼氏が欲しいなあってずっと思ってましたね。チャンスが訪れたのは、食品関係の会社に就職してから。取引先の営業マンに自分から告白したら、デートに誘われたんです」
当日、東京湾でデートした後、彼の自宅で処女を捧げた。そのまま付き合うことになり、エッチを重ねるうち、オーガズムも覚えるようになっていった。
「でも、彼とは性格が合わなくて、すぐ別れちゃうんです。そんなとき、渋谷を歩いてたら、スカウトの人に『AVの仕事してみない?』って声をかけられて、どうしようかって」
AVなら男女の面倒臭いこともなく、エッチだけが純粋に楽しめる。お金も入ってくるし、やってもいいんじゃないか。素直にそう考えた。「我ながら大胆だとは思うけど、これまでマトモに男の人と付き合ったことがなかったぶん、ハジけちゃったっていうか。うん。迷いはありませんでしたね」
こうして彼女は、あれよあれよという間に単体女優としてAVデビュー。現在までに50本以上の作品に出演している。
「AVの世界は想像以上に楽しいですね。3Pとか拘束とか、普通に生きてたらできないようなエッチがたくさんできるし。撮影のたびに『あ、私、こういうの好きだったんだ』って、知らない自分を見つけてます」
タグ

これぞ天職!着エロから念願のAVの撮影

0118_20181224101150e76.jpg 0119_201812241011510cb.jpg 0120_201812241011530e5.jpg 0121_20181224101154615.jpg
今井香菜は、1992年、埼玉県に生まれた。両親は第一子となる彼女をことのほか可愛がったが、5才下の弟が生まれた直後に離婚、父は家族を残し家を出ていった。
「離婚の理由はよく知りません。母にもあえて聞いたことはないし。ただ思い出の中の父は、とにかく優しい人だったなあ」
奥手な性格のため、小学校時代はいつもひとりぼっちだった。友だちらしい友だちもできず、学校が終わるとまっすぐ家に帰って、テレビを見て過ごす毎日。特に孤独とは感じなかったが、小学校6年間の楽しい思い出といえば、夏休みに福岡の祖母の家に帰省すること以外、ほとんどなかった。
そんな彼女の家庭環境がガラリと変わったのは、中学へ入学する直前だった。突然、母親が再婚することになったのだ。
「それまでも、母はしょっちゅう知らない男の人を家に連れてきてたんですけど、あまりイヤじゃなかったんです。むしろ、お母さんに優しくしてくれる人がいるのは良いことだって思ってたし。でも新しいお父さんとなるとやっぱり抵抗があって、中学の入学式には母だけ出席してもらいました」
中学は、これといった思い出もないまま終わり、続いて進学した高校でも特に勉強や部活に打ち込むこともなく卒業した。もちろんその間、気になる異性は何人かいて、あわよくばつき合ってみたいと考えてはいたものの、結局、その望みが叶うことはなかった。彼女に初めて彼氏ができたのは、地元のイベント会社の派遣社員となった18の夏。相手は飲み会でたまたま知り合った同い年の大学生だった。
「飲み会の後、何度かデートするうちに、彼が『付き合ってくれないか』って言ってきたんで、とりあえず『ハイ』って。でも、私も彼もそのときは処女と童貞だったので、初体験は入ったのか入らなかったのかよくわからない超ビミョーなセックスでした(笑)」
しかし、この経験が、それまでずっと眠っていた彼女の性欲を呼び覚ますキッカケとなる。
「なんか、ヤルたびにすごく気持ちよくなって。彼と会えない日は、必ず家でオナニーして我慢してたくらいなんです。自分がこんなに感度がいいなんて、考えたこともありませんでしたね」
やがてその彼氏と別れ、すぐに新しい恋人ができると、さらに性の快楽にのめり込んでいった。
「新しい彼とは身体の相性がかなりよくて。アソコの奥にチンチンが当たると超キモチいいんです。もうそれだけで結婚したくなるくらい(笑)」
2人の関係は1年ほどで破局を迎えるのだが、その出来事によって、彼女はまもなく、思い切った行動を起こす。こんなにセックスが気持ちいいなら、もっといろいろな男性としてみたい。そう考え、自らAVプロダクションに応募したのだ。
「とりあえず、事務所の方には着エロからやってみろって言われて、もう何本か作品に出ました。で、つい先日、やっと念願のAVの撮影を体験したんです。SMっぽい内容で、濡れかたが半端じゃなかったです。私が求めていたのはこれだったんだ!って確信しましたね」
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます