エッチ体験談のカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:エッチ体験談

  • 2019/10/19エッチ体験談

    西ロのトキワ通りを入ったホテルの前に停めたアケミと名乗った女は24才で、都下にある個人病院の看護士を辞め、今はホテトルで働いているのだという。「俺ってムッチリ系が好きなんだ」服の上から触る乳房には大きめの反発がでる。ベッドでは「少し休んでからしようよ」とタオルを巻いてくれた。そのいじらしさに女を倒して足を拡げてクリトリスを吸い、瞳に舌を入れる。これだけ熱心に女の性器をクンニするのはめったにないことだ...

    記事を読む

  • 2019/10/13エッチ体験談

    そうなんですかね。みんなそう言うんですよ。話してるとわかります?ちょっぴりね。最近したセックスはいつ?1週くらいですかね。彼氏はいないんじゃないの?セックスフレンド?セックスフレンドじゃないんだけど、付き合ってないっていうか。まあ、その辺はさ。メールで呼び出されてセックスして帰るんだ。そんな関係じゃないよ〜。ただ遊んだりとか、話したりとか。私の方がいま忙しくて、もし付き合っても逆に会えなくてすぐに...

    記事を読む

  • 2019/10/10エッチ体験談

    まずは28才処女に焦りを感じてAV女優デビュー続いて29才処女の雑貨店のお姉さんと処女の居酒屋店員を真剣に口説く1979年、宇江希ともえは茨城県で生まれた。3人兄弟の末っ子だったこともあり、同居する曾祖父母や祖父母に可愛がられ、すくすくと育った。毎日、2人の兄たちと自宅の庭で野球の打撃練習をしたり、ピアノ教室に通ったり。そんなごく普通の少女時代を過ごしてきた彼女に、その後の人生を狂わせる事件が起こった。...

    記事を読む

  • 2019/10/10エッチ体験談

    ││ こんばんは(女の横について一緒に歩く)。かなこ ……。││ キミが小脇に抱えてる黒のカバン、ヴィトンじゃない?かなこ ……。││ ヴィトン好きの女の子にアンケートしてるんだけど、ちょっといい?かなこ (女が立ち止まる)ヴィトン大好きですよ。││ まず質問①ね。それ、本物ですか?かなこ 本物です! おばあちゃんが海外で買ってきてくれたお土産です!││ ふ〜ん。お金持ちのお家の子だ。かなこ おばあちゃんが超甘々なだけで、...

    記事を読む

  • 2019/10/09エッチ体験談

    ││ こんにちは。マンガ喫茶でなにしてたの?みさき ふつーにマンガ読んでただけですけど。││ 暇つぶし?みさき ヒマじゃないけど、ちょっと読みたい本があったから。││ ワンピース?それともジョジョ?みさき たぶん、知らないよ。『天は赤い河のほとり』ってヤツ。││ また古いマンガだねえ。なんでそんなの読みたくなったの?みさき 先月友達の部屋に転がり込んだんだけど、2巻だけあって。なんとなく読んでみたらめっちゃ面白く...

    記事を読む

  • 2019/10/08エッチ体験談

    プリント作りを行う理科室には、顧問である物理の柳田先生(仮名)と、私を含めた部員が7,8人。それぞれの作業が片付くにつれ、1人、また1人と生徒たちが帰宅していきます。夕方6時ごろ、最終的に私と柳田先生だけが残ったところで、私は言いました。実は、指定校を取りたいんですよ。けど、テストの点がもう一つで。エッチさせてあげるから、物理のテストの出る場所、教えてくださいよど女子校では、これぐらいのオフザケは...

    記事を読む

  • 2019/10/04エッチ体験談

    イタリアンバーでデートした、色白店員の真理ちゃんと、また飲みに行く約束を取り付けた。前回は、自宅に呼んだら断られたけど、「みのやさんのこと、嫌いじゃないし、仲良くなりたい」とまで言ってくれた。色っぽくて可愛い真理ちゃんをどうにかしてものにしたいところだ。今回のデートは、仕留めるつもりで動きます。平日の夕方、待ち合わせ場所に、胸元が大きく開いたワンピース姿の真理ちゃんがやってきた。「こんばんは〜」今...

    記事を読む

  • 2019/10/03エッチ体験談

    1人目毎日昼間から夜まで同じ場所をうろうろしている女がいる。オレが見るのは夕方、ツタヤの駐車場付近が多いかな。とにかく服装がボロボロ。しわくちゃの上着にケツのスリットの破れたミニスカだから、もうパンチラどころか、モロ見えちゃってるわけ。20代くらいかな? 若く見えるし、顔はけっこうカワイイんだけど、ちょっと頭のネジが飛んじゃってるのか、ひたすら歩き回ってるんだよね。ときどきツタヤの前で座り込んでて、声...

    記事を読む

  • 2019/10/01エッチ体験談

    25才の美容師の甘ったれて柔らかいアニメ声が気にいった。三越の入り口にいた女は特に美人ではないが、明るい顔と大きな口が妙にエロチックに感じる。挨拶して、すぐに交渉を開始した。「この前ゴルフでエッチな景品もらって、試したいんだ」「どんなの」「吸いつくバイブだって」「それ、後でもらっていい」シメシメ、うまくいった。記念の写真付きで2枚で。この女は大当たりだった。ボディはやや肉がつき、乳も尻もまったりと柔...

    記事を読む

  • 2019/09/28エッチ体験談

    浮気バレのきっかけといえば、最近は大半が携帯電話だろう。風呂やトイレの隙にメールを盗み見されたり、発着信履歴の明細から相手を特定されたり。いくら注意を払っていようと、どこかに綻びは生じるものだ。かくゆう私は、妻の浮気調査のため“メール自動転送“を利用している。本来、何を目的とした機能かよくわからないのだが、auの携帯からEzウェブにアクセス、4ケタの暗証番号を入力すれば、指定したPCアードレスにメール(送...

    記事を読む

既婚限定の不倫サイト成功体験・妊娠女とのエッチ体験談

0049_20190506095759a8e_20191017155131f82.jpg0116_20190129204801ceb_20191017155136889.jpg0117_201901292048021c7_20191017155137ddc.jpg0118_2019012920480408a_20191017155139958.jpg0119_20190129204805d9d_2019101715513957a.jpg0120_20190129204807826_20191017155140598.jpg0121_20190129204808a2e_201910171551408b5.jpg
西ロのトキワ通りを入ったホテルの前に停めた
アケミと名乗った女は24才で、都下にある個人病院の看護士を辞め、今はホテトルで働いているのだという。
「俺ってムッチリ系が好きなんだ」
服の上から触る乳房には大きめの反発がでる。
ベッドでは「少し休んでからしようよ」とタオルを巻いてくれた。そのいじらしさに女を倒して足を拡げてクリトリスを吸い、瞳に舌を入れる。これだけ熱心に女の性器をクンニするのはめったにないことだ。「あああ、気持ちいいから」しばらく、されるがままにされた後、女が「入れよか」とコンドームを装着してきた。さてできるか
正常位で女の足を開かせ、ペニスを瞳口にあて、腰を前に動かす。方向が外れて2回やり直し。3回目で挿入できた。ゆっくりと腰を入れ5、6回性交運動をする。と、右足と右腹がつっぱって硬直しだした。我慢できない痛さだ。抜くよりない。
「やっばり無理みたい」女が俺の右足をさすりながら言う。ここまできて帰れるか。
「できそうもないから、まずお尻の穴を紙めて。それからフェラして、乳首を吸いながらアレをシコシコしてくれる?」「お尻とフェラと乳首ね」尻を向けると女は軽く肛門の中心に舌をつけてきて、そのまま舌全体で軽く吸った。続いて俺を横にして深いフェラ。最後には、乳首をねっとり吸いながら、ペニスやタマをさすってくれた。こんな看護をしてくれる病院があったら一泊3万でもいい。天井を見ながら切に思う。女が口をつけてきた。唾液キスだ。5分くらいで、腰の神経がピリピリしながらも快感が増す。女の舌を吸いながら思い切り射精した。心臓はバクバクし、右半身の筋肉は壊れる寸前のようにピクピク震える。もう痛いのなんのって。
「いいよ、ゆっくり休んで」俺の腰をさすりながら女が言う。
「この子、不倫相手の子供なの。奥さんからは弁護士を入れられてお金を請求されたり、ああもうイヤって感じ。でも、喜んでもらえてよかった」
脳梗塞で不完全な男と不倫妊娠女とのセックス。泣かせる話じゃないか。10分くらいでなんとか歩けるようになり、K君に連絡した。彼は上手くいかなかったらしい。
ホテルの前で落合い自宅まで送ってもらった。その後2、3日は、右足の力がなくなり自宅の階段でさえー段ずつ下りる有り様だ。2週間ほどしてアケミに電話した。もう一度会いたいと思った。
「ちょっと怖いからゴメン」不倫でゴタゴタしてる上に援交相手に腹上死されたら、たまらないだろう。
実物の女が確認できることが気に入ったようで、ーカ月後、K君からまたお誘いがかかった。が、どうにも体調が芳しくない。
「1人でやればいいじゃない」
「トラブった時に2人いれば…、それに回転寿司喰い放題、自宅送迎つきだよ」
断れない…。現場には午前11時過ぎに着いた。相変わらずカップルが入ったり出たり繁盛している。10分くらいして、入ったばかりの女が出てきた。歳は24、5才。プ口っぽくない。K君が車から出てホテルの前で女に声をかける。と、そのまま近くにあるホテル『トキワ』に入り、すぐに連絡があった。1時間半くらいでクソッ、あせる。後ろ側からカップルが歩いてきてホテル前で立ち止り何やら話している。まもなく、男が背を向けて早足で去った。女はキョトンとした顔をして突っ立っている。幸い、付近には人はいない。車に鍵をかけて女に近寄った。
「こんちわ。もし俺でよかったら遊ばない?」「ふーん、見てたの」
「どうする、イチゴー出せるけど。あとエッチな写真も撮らせてくれれば」
「…もしかして、脳の病気で体が痛い人?」「そうだけど・・」
「アケミ知ってるでしょ?いいわよ」すぐにK君と同じトキワに入る。女は23才、ジュンと名乗った。「あたしも準看護士してて、訳あってやめて、アケミから紹介されたの」
「もしかして妊娠?」「いや、そうじゃなくて、いろいろね」
「さっき男が行っちゃったのは?」「アナルとか、マニアみたい。最初から言えよって」
「じゃあ、俺も言っとくけど、脳梗塞の後遣症で右半身が痛いんだ。で、エッチできないときは、お尻の穴を紙めてもらって自分で出すってやり方でいい?」
「いいよ。エッチなしだったらイチでいいよ。あたしのお父さんも脳で倒れて寝たきりだった」
さっそく女の前に立ち、ペニスを出してしごいた。
「フフ、ワイセツね、おじさん」
女がペニスを握り、俺はポケットからいつものウエットティッシュを出す。
「きれいにしてあげる」女はペニス全体を拭いた後、「こうされたいのよね」とペニスに口をつけた。「その前にキス」「紙めた後ってヘンよね」言いながらも、口を寄せてくる女。立っていると足が痛い。ベッドに座り女のジーパンに手をかけて下ろす。ピンクのシャレたパンティだ。下ろそうしたら、女が思わず手で隠す。腹デブか、妊娠線かわからぬシワ肉があった。気がそがれるほどのことはない。が、女は「合わないコルセットつけてて」と言い訳している。堂々と出腹をブリブリさせて平気なデブ系テレクラ女とはえらい違いだ。
ブラの下には形のいい乳房があった。乳首を吸いながら陰部に手を入れ、陰唇をまさぐる。
「待って、キレイにしてから」全裸になった女を抱きしめて風呂前のキス。楽しい前戯だ。
「ころばないでね」女に手をひかれて風呂場に行き、柔らかく体を洗ってもらった。
「お尻も、ね」「ああそうだ」女は、後ろから中指で肛門の中まで洗ってくれた。よしよしアナルキスはドリルを期待してよさそうだ。ベッドに戻り、互いに抱き合って絡む。口キス、乳首、ヘソ、陰毛、陰唇、クリトリス、そして女のアナルにも軽く舌をつける。
「恥ずかしい。けど気持ちいいね」体をひねったせいか腹と肩が痛い。
「交替してくれる?」「あ、そうだ、ゴメン。痛かったのね」
女が寝ころんだ俺の乳首とペニスを交代で吸う。「タマの裏側も」と両脚を上げればそれを持ちながら睾丸を吸引。ぐんぐん快感が増す。が、それにつれ腹の痛さも増してくる。ガマンして女の舌が紅門にくるまで足を上げたままにしていた。
「入れてみる?」女に言われ、まずは正常位で試みた。挿入はスムーズにいけども、腰を入れると腰と股が強烈に痛む。後背位でも結果は同じ。決して腔感は悪くなく、どうにか腔射精したいのだが、腰がいうことをきかない。
「足を広げて」女は俺を後ろ向きにさせ尻を開き、肛門に舌をつけた。ベッタリと唾液をつけ、それを吸い取るようなアナルドリルキス。快感が脳天まで響いて足の痛みを忘れる。思い切り自分でペニスをしごいた。次第に股が疫撃してきた。ガマンできない。神経をアナルに集中して射精。脇腹と股の筋肉が猛烈に痛む。どっと横になって体を丸めると少し楽になった。
「だいじょうぶ。いちおう挿入はしたからね」
足を操んでくれる女にー万5千円を渡すと「大事にしてね」と5千円を返してきた。
K君は車で待っていた。「どうだった?」
「いい体してて、サービスも抜群。直接会ってもいいっていってた」上機嫌だ。俺も実に満足だ。が、このまま続けていたら《ホテル前で店の女ホを横取りするハゲがいる》という噂がたち、ボコボコにされないとも限らない。今度は新宿とか別の場所でアタックしてみるか。早く腰と足を治して万全のセックスをしたいものだ。

隠れ巨乳美乳お姉さん・M体質の専門学生のエッチ体験談|素人娘インタビュー

1_20191012153345c61.jpg2_20191012153346fbf.jpg3_20191012153349905.jpg0003_20181205164909719_20191012153347580.jpg0004_201812051649104a8_2019101215335047c.jpg0005_201812051649125e5_20191012153352ecd.jpg0174_20190216120511f02_2019101215343404e.jpg0175_20190216120513c27_20191012153435475.jpg0176_20190216120514332_201910121534374d2.jpg0177_20190216120515223_201910121534382c9.jpgそうなんですかね。みんなそう言うんですよ。話してるとわかります?ちょっぴりね。最近したセックスはいつ?
1週くらいですかね。
彼氏はいないんじゃないの?セックスフレンド?
セックスフレンドじゃないんだけど、付き合ってないっていうか。まあ、
その辺はさ。
メールで呼び出されてセックスして帰るんだ。
そんな関係じゃないよ〜。ただ遊んだりとか、話したりとか。私の方がいま忙しくて、もし付き合っても逆に会えなくてすぐに別れそうだからやなんとなく付き合ってないの。
彼氏とセフレのいいところを組み合わせたんだ。賢いね。
そんなんじゃないですよ〜・その人はサラリーマンなんですけど、1ヶ月くらい前に新宿で知り合った人なんです。
どうやって知り合ったの?出会い喫茶?
そうじゃなくって、南口のあたりを歩いていたら、声かけられたんです。
「時間ある?」「お茶でもしない」っていう感じでしたねえ。
その日のうちに?
そのときはほんとに話しただけだったんですけどお、後でメールしたり、電話したりして、遊ぶことになったんです。私もこの人だったらいいかな。
エロ子めその男はどんな男だったの?
ジャニーズの今井翼くんに似ててかっこよかったんです(笑)。女の子のことを知ってるなあっていう感じで。
遊んでそうな男だねえ。チンポも黒そうだ。
そんなに黒くなかったような…たぶん遊んでますよね〜。
いままでセックスは何回くらいしたの?2回。本当に私忙しいんですよ
課題とか色々あったりして全然遊ぶ時間がないんですよ。
それは残念だね。ちょっと中で話そうか。やっぱり一番年上だったっていうのもあるけど、その人は気配りが上手なんですよ。
どんな感じ?
例えばしてる最中に私が『ギュってして欲しいな』って思ってると、そういうのを感じて、何も言わなくてもギュつとしてくれるんです。そういうところが上手だな〜って思います。
勉強になるね。今まで変わったところでしたことある?
車の中くらい・昔付き合ってた彼氏が車を持ってたんで、その助手席でしちゃったことはありました。夜中にパチンコ屋の裏にある駐車場に止めて(笑)。
ところで何カップ?
いちおうCなんです。
ちょっといい?おお、デカイね。ちょっと脱いでみようか。
え〜。
美乳だね!いい乳してるよ〜今流行りの隠れ巨乳ってやつだ。
や〜ん、恥ずかしいです。こんなことまでずるって聞いてないですよ
〜約束が違います〜。
ごめんね。すぐ終わるから。ちょっと下も脱いでみようよ。ところで、乳首の立ちが若干足りないね。ちょっと立たせてみてよ。
…あん、私感じやすいんですよ…
ズボンも脱ぐんですか?軽くね…いい匂いだ!
濡れやすいんですよ…緊張しちゃって。
おlエロいね〜。
ちょっと…ところでいつまで撮るんですか?嘘つき。
ご、ごめんね。ちょっと調子に乗りすぎたよ。じゃあ、服着ていいよ。
最初はもっといい人だと思ったのに…。
・・・最後になにかひと言ある?
友だちも帰っちゃったじゃないですか。ありえないですよ。
子供を産んだ胸でも美乳なお姉さん
 いやあ、雨めんどうだよね。ほんと、いやになっちゃいますよね。あれ、今ってお暇な感じですか?ヒマすぎて死にそうですよー。じゃあ、ちょっと退屈しのぎにモデルとかやってみない?え? どんな感じのですか?ちょっとセクシー系な感じです。お礼も弾みますよ。え〜、やりますよ。いいんですか!?
だって暇ですもん。雨もちょうど弱まってきましたし。じゃあ、時間もあれなんでサクサクっと脱いじゃってくれますか?は〜い。でもあんまりジロジロみないで
ね。ん? このオッパイはまた…。実は私子がいるんだ。なるほど。子供がいるとこうなっちゃうんですね。ダメだった?
いえ、たまにはこういうのもいいかも。人妻さんだったんですね。違うよー。旦那はいないの。結かしてできたわけじゃないんだー。じゃあ、もしかして子は自分一人で育ててる感じですか?そうだよー。ちゃんと幼稚園まで送ってるんだ。え、エロい、じゃなかった偉いですね。今
彼氏とかはいるんですか?いないなー。もうなんかね。そういうのは
要らないって感じ。束縛されるのが嫌なんだよね。あ、子供が甘えてくるのは大好きだよ。僕も甘えたいなー。んー。お兄さんがあと20歳若かったら甘えさせてあげたんだけどね。もっと早くに出会いたかったです。ちなみに性感帯はどちらですか?クリだよ。他の部分が感じにくいからか、クリがもの凄く敏感なんだ。なるほど。自分舐めるの上手いほうなんで、どうですか?だめ。疲れちゃって子供のお守りができなくなっちゃうもん。残念です。最近Hなことってしてなんですか?そういえば全然してないな。
経験人数はどれくらいなんですか?20人くらい……かな?なかなかの人数ですね。その中で変な性癖をもった人とかっていましたか?いましたよー。私なんだかMに見られることがよくあって。相手男が飲むように強要してきたことがありましたー。
それで、飲んだんですか?飲んでませんよー。逆に飲ませてやりました。私、こう見えてもSなんですよ。全然みえませんねー。本当ですってー。高校時代なんかバリバリのヤンキーだったんですからー。ま、まじですか!?まじっス。だいぶヤンチャしてましたよー。へえー。じゃあ、Hもヤンチャしちゃった感じですか?しましたねー。でも今となっては良い思い出ですよ。激しいプレイとかしたんですか?そういうのあんまりなかったかな。あ、でも首をめながらHはしたことある。それはハードでね。締める側ですか?締められる側ですか?もちろん、締める側ですよ。当時ちょっとMっぽい男と付き合ってたんですけど、その人が求めて来て。最初のころは締めすぎちゃって、気絶させたことがありました。
M体質の美乳の専門学生の若い身体をゲット
経験人数とかって何人ぐらい?全部あわせると6人。
2人で、こっちきて4人。若いんだから、3ケタ目指してみたらっ
3ケタって100人とかっどうやったらそんなにデキるのっ
ナンパされたら必ずホテルについて行くとか、酔っ払って道で寝るとかすれば、すぐだよ(笑)。
しないし(笑)。
なにされるかわかんないじゃん。病気とかになりそうだし。
性病になったことある?性病はないよーちゃんとした人とかしかエッチしないから。でも、ナンパで即ハメしてるじゃん。あの時は、なんていうか、流れに流されたっていうか。私もたまってたっていうか。たまってたんだ。

29才処女のお姉さんの卒業ドキュメント2名・焦りを感じてAVデビューした女優

まずは28才処女に焦りを感じてAV女優デビュー0118_20181221093718a6d_201910102001046d6.jpg0119_2018122109371969e_2019101020010592e.jpg0120_20181221093721541_20191010200108cd5.jpg0121_201812210937225ee_20191010200111f69.jpg
続いて29才処女の雑貨店のお姉さんと処女の居酒屋店員を真剣に口説く
0188_201812051026102d6_20191010200122c5a.jpg0189_20181205102611bde_2019101020012374e.jpg0190_20181205102613b10_20191010200125979.jpg0191_2018120510261484e_201910102001267ca.jpg0192_20181205102616dbe_20191010200128cbe.jpg0193_20181205102617ff8_201910102001292e4.jpg0120_20181223112515dad_20191010200107eef.jpg0121_20181223112516df0_201910102001101df.jpg0122_20181223112518ecf_20191010200113a93.jpg0123_20181223112519e70_201910102001148d7.jpg0124_20181223112521503_20191010200116ffe.jpg0125_201812231125229bf_20191010200117492.jpg0126_201812231125247f4_20191010200119147.jpg0127_20181223112525961_2019101020012052f.jpg
1979年、宇江希ともえは茨城県で生まれた。3人兄弟の末っ子だったこともあり、同居する曾祖父母や祖父母に可愛がられ、すくすくと育った。
毎日、2人の兄たちと自宅の庭で野球の打撃練習をしたり、ピアノ教室に通ったり。そんなごく普通の少女時代を過ごしてきた彼女に、その後の人生を狂わせる事件が起こった。
「小5の頃、自宅を新築したんですが、そのとき出入りしていた大工の棟梁がすごい人でなしで、自分のアソコを私に握らせたんです。『どう?』って言いながら私の手をおさえつけて」
不幸中の幸いというべきか、それ以上深刻な事態にはいたらなかったが、以来、彼女の心には強い男性不信が芽生えることになる。恋愛話に夢中になる同級生たちを尻目に、中学時代は吹奏楽部でトランペットの練習に明け暮れた。その後、吹奏楽の名門校として知られる地元の高校に進学すると、ますます音楽に対する情熱は高まり、吹奏楽部の甲子園とも言われる、普門館コンクールに毎年のように出場を果たした。しかし、輝かしい青春を謳歌する一方、男性に対しては相変わらず、苦手意識をぬぐえなかった。
「たぶん、興味がないことはなかったんですけど、男の人が近くにいると鳥肌が立っちゃうんです。結局、専門学校を出て24才になるまで彼氏ができませんでした」
ところが、ここでもまたトラウマが邪魔をする。彼氏に胸やアソコを愛撫されるまではどうにかいけたが、いざ挿入の段になると、どうしても脚を開けない。事情を聞いた彼は、はじめこそ理解を示してくれたものの、いつまでもプラトニックを貫くことはできず、やがて彼女の元を去っていった。
28才、転機が訪れた。従姉妹の結婚式に出席し、焦りにも似た強い衝動を覚えたのだ。「従姉妹は幸せに結婚するというのに、私はこの歳でも処女じゃないですか。このままじゃいけない。変わるためにはどうしたらいいんだろうってすごく悩んだんです。たどり着いた答えがAVでした。ネットで『モデル募集』の求人広告を見つけて、思い切って応募したんです」
28才処女の応募に色めきだったプロダクション社長は、すぐに彼女のために単独作品の仕事を用意した。かくして、彼女の記念すべき人生初のセックスは、監督や大勢のスタッフの目の前で行われることになる。
「撮影の2〜3日前から全然眠れませんでした。カメラが回り始めてからも『はぁ〜これがエッチなんだなぁ』とぼんやり感動するのが精一杯で(笑)」 
そんな彼女もいまではすっかりセックス好きになり、2人目の彼氏を作りたいと思うほど、心に余裕も生まれている。
「普通の女のコより遅れてる分、人間磨きと女磨きをしないとって思ってます。AVの世界もまだ片足を突っ込んだばかりだから、もっと深いところまで見てみたいですね」

彼氏にソープを薦められている男運の無い女のエッチ体験談|素人娘インタビュー

0003_201811260857175c1_20191009050201197.jpg0004_2018112608571847e_201910090502043de.jpg0005_20181126085719a5a_20191009050207c91.jpg0003_201902142153237e4_20191009050202799.jpg0004_20190214215324094_201910090502056e4.jpg0005_20190214215325052_20191009050208fc3.jpg││ こんばんは(女の横について一緒に歩く)。
かなこ ……。
││ キミが小脇に抱えてる黒のカバン、ヴィトンじゃない?
かなこ ……。
││ ヴィトン好きの女の子にアンケートしてるんだけど、ちょっといい?
かなこ (女が立ち止まる)ヴィトン大好きですよ。
││ まず質問①ね。それ、
本物ですか?
かなこ 本物です! おばあちゃんが海外で買ってきてくれたお土産です!
││ ふ〜ん。お金持ちのお家の子だ。
かなこ おばあちゃんが超甘々なだけで、
ごく普通の家庭ですよ。私もビンボーしてるし。
││ どのくらいビンボーなの?
かなこ 私、専門学校に通ってるんだけど、お小遣いが月5万円しかもらえないんです。
││ 学生なら普通だけどね。バイトとかしてないの?
かなこ バイトはダメって親が言うんで。
││ じゃあさ、ちょっと楽なバイトやってみませんか? すぐに済むから親にもバレないよ。 
かなこ もしかしてエッチなやつとかだったりする?
││ するどいね。仕事の内容は…(彼女にギャラの金額を耳打ち)。
かなこ やりま〜す。
 付近のホテルへ移動………
││ 僕がこんなこと言うのもヘンなんだけど、キミ、わりとあっさり撮影オーケーしてくれたよね。脱ぐのは抵抗ないの?
かなこ 私、昔は結構ヤリマンだったんで(笑)。慣れてるっていうか。
││ ほうほう。ヤリマン全盛期はいつごろ?
かなこ 私、初めてエッチしたのが16才だったんですよ。相手はクラブで声をかけてきた大学生。お酒をガンガン飲まされて、すっかり酔っぱらっちゃって、ラブホに連れ込まれて。
││ ありがちだねえ。
かなこ ただ、その人めっちゃエッチがうまかったんですよ。どこをどうされたのかはわからないんだけど、初めてなのに痛いどころか超キモチよくって。
││ で、一発で目覚めちゃったと。
かなこ うん。それからは毎週クラブに行って色んな男に持ち帰られてました。19才までの3年間で50人はイッてると思う。
││ いまはヤリマンを卒業したの?
かなこ ん〜。エッチ自体は嫌いじゃないんだけど、あんまり色々な男の人とシてると、嬉しくなくなってくるっていうか。私、こんなことするために
生まれてきたの? みたいな。
││ 付き合ってる男はいるんでしょ。
かなこ18才のときに知り合った彼氏がいます。まあホストなんですけど。
││ その彼氏とは週に何回セックスしてるの?
かなこ 私がたまに彼氏の家に行くくらいだから、月に一回あるかないかって感じですよ。
││ 彼氏はどんなセックスを?
かなこ 語りセックスっていうのかな。
「おまえに迷惑をかけて、俺は男として恥ずかしい」とか言って、ボロボロ泣きながらエッチしてきます。
││ なんか心当たりでもあるの。かなこ 彼が自分のお店を出すときに、お金を貸して欲しいって頼んで来たんです。人と共同で経営するんだけど、開店資金が足りないから出してくれって。
││ ほう。
かなこ 私も断り切れなくて。仕方なく親からお金を借りて渡したんだけど…お店はぜんぜん儲からなくて、すぐ潰れちゃって、借金だけが残っちゃったわけですよ。
││ なるほど。
かなこ 私のお金の方はともかく、彼氏がこのときの借金で相当に追い詰められてるみたいで。最近「川崎のソープでいい店があるから行かないか?」って言うんです。やっぱりいろんなことを考えちゃいますよね。
││ それは別れたほうがいいと思うよ。
男運の無い女のエッチ体験談
嫌われたくなかったから必死に感じてるフリしてた。ガンガン突いてきてたよ。後にも先にも演技したのはソレっきりだけど、何しても端ぐからバレてたかも。
そうなんだ。じゃあ、今までの経験人数は。
付き合った人としかしてないよ。だから5人。
貞操観念が強いんだね。そういうワケじゃないよ。未遂とかもある
未遂とは聞き捨てなりませぬが。友達の彼氏だったんだけど、結構2人きりで遊んだりもしてたの。それである日ホテル行こうよみたいになって、いざヤル時に「友達の彼氏とヤルんだ」と思ったら気持ち悪くなっちゃって。ソレっきり会わなくなっちゃった。
変わったセックスはしたことあるそんなのないよお。まあ駅のホームでやったことはあるけど。えらい爆弾を放ってきたな。みんな見てたでしょ。まさかっ。隅のほうだし、空いてるときにだよ。
たちバックで?
そうそう、立ちバックで(笑)。あっーあと、駐車場とか、団地のゴミ捨て場とか、ゲーセンのトイレとか。激しいね
相手は全部3人目の彼。なんか、外でやるのが好きだったみたい。でも、男運ない
うん。ちょっとしたことで、近くにあったものを投げたりする人だったの。ただキレた後は優しくされるから別れられな<て。典型的なDV男って感じだね。よく別れられたね。ゲームしてるときに「ヘタクソ」っていったら、憶えてないんだけど何か投げてきたのが頭に当たって大流血しちゃって。結局、警察とか出てきてソレっきりな感じ。
では最後に、今後のセックスライフの目標があればお願いします。
愛があるセックスで、いっばいイ力してほしいです

おっぱいの綺麗なセクキャバ嬢・綺麗なお姉さんの初ヌード|素人娘インタビュー

0003_20181125101533310_201910090433123aa.jpg0004_20181125101534c6b_20191009043313d8c.jpg0005_201811251015369d6_20191009043315e22.jpg6_20191009043316b96.jpg7_20191009043318566.jpg8_20191009043319287.jpg││ こんにちは。マンガ喫茶でなにしてたの?
みさき ふつーにマンガ読んでただけですけど。
││ 暇つぶし?
みさき ヒマじゃないけど、ちょっと読みたい本があったから。
││ ワンピース?
それともジョジョ?
みさき たぶん、知らないよ。『天は赤い河のほとり』ってヤツ。
││ また古いマンガだねえ。なんでそんなの読みたくなったの?
みさき 先月友達の部屋に転がり込んだんだけど、2巻だけあって。なんとなく読んでみたらめっちゃ面白くって。
││ はいはい。
みさき で、続きはどこにあるのー!?って聞いたら、それしかないよって言われて、もやもやしてマンキツに来ちゃった。
││ 要するに、家出して友達んとこ転がり込んでるわけね。
みさき そう。
││ じゃあお金にも困ってるでしょ。キミ、けっこうカワイイ顔してるしいい仕事あるよ。って言ったら、意味わかる?
みさき わかるけど、なんのスカウトなんですか?
││ スカウトじゃないよ。カメラマンだよ。顔隠すから、モデルさんをやってくれないかと。みさき 私、店に勤めてるけどいいの?
││ 何の店?
みさき セクキャバ。
││ セクキャバなら、雑誌見てお店に行く人が増えるかもよ。
みさき ホントに? てか、いくらくれるの?
││ ギャラは……(彼女に金額を耳打ち)
みさき お願いしま〜す。
 付近のホテルへ移動………
││ いま彼氏いるの?みさき いません。以前はバチバチ殴ってくるDVの彼氏がいたんだけど、さすがにしんどくなって、最近、東京に逃げてきたんです。
││ 元はどこにいたの?
みさき 大阪です。
││ そのわりには全然大阪弁が出ないじゃない。
みさき 大阪弁、嫌いなんです。せっかく東京に逃げてきたのに、駅のホームで後ろにいる人が大阪弁でしゃべってると、「あいつか! 殺される!」って脅えてしまうんです。
││ そんなにひどいDVだったの?
みさき ですね。例えば、私が携帯いじってたら「なんや? 男にメール打ちまくっとるんか?」って。私、そんなに浮気性じゃないし、「違うよ友達〜」って軽くかわそうとするといきなりぶん殴って携帯を取り上げるんです。
││ はいはい。みさき それから体とかをボコボコに殴られて。こっちが死にそうになったら、「ごめんな」とか泣いて謝りながら、エッチしてくるんです。アメとムチっていうか。それが本当にイヤでイヤで…。
││ DVの男はセックスがマメだって言うもんねえ。
みさき そういう言い方、めっちゃ腹立ちますよ。
││ あ、気に障った?
みさき でもね、チンコの使い方だけは絶品なんです。だから私もつい気持ちよくなっちゃって。エッチが終わって我に返ったときに、「こんなんじゃあかん」って心に思ってました。
││ どっちもどっちだねえ。じゃあ、初めてのセックスはどんな感じ?
みさき 高校2年生のときに、相手は大学生。あんまりよく覚えてないけど、びっくりするくらい普通でしたよ。ちょっと痛かったくらい。
││ なるほど。
みさき ただ、その後、いろいろな男と付き合ったんだけど、基本的にみんなDVなんです。私は悪くないのにいつも殴られる。だから東京に逃げてきたの。
││ 東京でも殴るヤツは殴るけどね。ま、早く素敵な彼氏を見つけてくださいね。
恵比寿で見つけた綺麗なお姉さんのエッチ体験談
またまたーいや、本当ですよ。今もバイト掛け持ちしてるし、彼氏もいないから、何にもしてない。去年ー年間で10回くらいしかやってないです。そんなもんですよ。
バイトは何やってるの
コンビニと居酒屋。掛け持ちしてるから本当に寝る時間もないくらいの時が結構ある
ホスト?
ホストは行ったことないですね。バイトだからそんなに余裕あるわけじゃないし、一人暮らしだから家賃もあるし電話代も高いしね。あとは飲んだり。買い物でほとんど余ったお金使ってるかも。ワーキングブアな感じがいいね。
じゃあホテルに行こうか。
最後にセックスしたのはいつ
10日くらい前かな。同じコンビニのバイト先の29才の人。その人の家まで行ったからついでにセックスLました。いい話だ。その男とはどんな成り行きでやったのフ私が、電話代がなくて止められそうって話をしてたら「じゃあ払おうか?」って言われて、その後部屋に上がった感じ。
その男には前から狙われてたのっ
そういう雰囲気はなかったけど、成り行きでそうなっちゃった。私も電話代払ってくれたから、別にいいかなって思って。居酒屋でこ飯食べてその後、家に誘われたかり断るのも悪いなって思って。。エッチが終わったらさらにー万円お小遣いくれた。
その男とはそれからやってないの
何にもやってないです。バイト先で会っても何も無かったみたいに話してくるし、私も、あれは何だったんだろうって思ってるんですけど。
本当に何事も無かったみたいに自然に。私も電話代もらってー万円もらったからあんまり追求できなくて。中元全に割り切りだね。そいっ、援交のベテランだよ。割り切りですよね。もしかして、普段もそんなことやってるのかな?初体験は?
18才くらい。相手はそのとき好きで付き合ってた同級生の男の子だった。うん普通の話だねえ秋くらいだったんだけど、一緒に遊んでたら、家の近くにあった中学校か小学校の校庭で、なんとなくそんな雰囲気になっちゃって。そこでしちゃった。
と、初体験が青姦(笑)。
校庭のどの辺でやったの
校庭の隅っこの方。隅の方に手を引かれてつれていかれて、「どうするんだろう。このままセックスするのかな」って思ってたら当たり前のように入れられたよ。
場合によるかな付き合ってるときはいつも結婚してもいいくらい思って付き合ってるから、そういうときだったら流れで生でしちゃうけど。そこだけ聞いてると普通なんですけどね。ちょっと変な女だね私普通ですよちゃんと働いてるし、家賃も払ってるし。
男運がないんじゃないっ男運っていうょり、全体運が悪いかも。去年は本当にいいことなかったょー。身体壊しそうになるし、彼氏も出来ないし、急な出費が続いたりして、もう散々だった。
ストッキング越のハンツはピンク(写
ピンクとか白系が好きなんですよ

高校教師と肉体関係を持ちと女子大に入った話|エッチ体験談

0048_20181128154224a9c_201910071748042f7.jpg0049_20181128154225a00_2019100717480657d.jpg0050_201811281542277b7_20191007174807ff4.jpg0051_20181128154228b71_201910071748098c5.jpg0052_20181128154230371_201910071748103e2.jpg0053_20181128154231496_20191007174812934.jpg0162_201906281500480e8_20191007174813ac0.jpgプリント作りを行う理科室には、顧問である物理の柳田先生(仮名)と、私を含めた部員が7,8人。それぞれの作業が片付くにつれ、1人、また1人と生徒たちが帰宅していきます。夕方6時ごろ、最終的に私と柳田先生だけが残ったところで、私は言いました。実は、指定校を取りたいんですよ。けど、テストの点がもう一つで。エッチさせてあげるから、物理のテストの出る場所、教えてくださいよど女子校では、これぐらいのオフザケは当たり前。当然、私も冗談のつもりでした。
「は?冗談よしなさい」「冗談だと思う?」真剣なまなざしを向けると、先生は困ったような笑みを浮かべました。イケるー私は強引に唇を奪いました。先生は軽く抵抗を見せています。やりたいのは山々だけど、教師としての立場が邪魔をしてるのでしょう。それならばと、私は彼を裏の理科準備室に連れて行き、鍵をカチャリとかけました。ここなら周囲に窓もなく、誰にも見られる心配はなし。ね、先生、いいでしょう。
「絶対に言わないでよ」思ったとおり、先生は私を抱き、行為の後、拝み倒してきました。柳田先生といい、まったく教師という人間は…。
3人目のターゲットは数学の米村先生
2人の教師と関係を持ったことで、私の成績は格段によくなりました。化学と物理の勉強の時間を他の科目の勉強に充てたことで、成績全体がアップしたのです。そして、私は3人目のターゲットを定めます。数学を受け持つ米利先生(仮名)です。実は、私とこの先生は元から仲良しでした。進路の相談に乗ってもらったり、ダーッと駆け寄っては「先生ー」と体によじ上ったり。でも、それが逆に私を困らせました。なんというか、今さら口説くのが、気恥ずかしくて仕方ないのです。何の作戦もないまま、ある日、私は米村先生がいる放課後の音楽室へ足を運ぶと(彼はブラスバンド部の副顧問)、運良く先生が1人でピアノを弾いてました。チャンスー
「おーどうしたんだよ」「うん、ちょっと進路のことで相談があってさー」
3年になったら数学のテストがなくなってしまうこと。自分が指定校を目指していること。私は真面目に相談しました。むろん、本来の目的を忘れていたわけじゃありません。でも、こんな雰囲気で切り出すのって…ええい、言っちゃえ
「ねえ先生」「ん?」「エッチしたら、数学のテストの問題教えてくれる?」
米村先生は面白いほどうろたえました。もう後戻りはできません。私はそのまま先生の唇を奪いました。
「よ、よせって…」
抵抗はするものの、私を突き飛ばそうとまではしません。やっぱり地の教師たちと同じなのでしょう。私が音楽室の鍵をかけると、困ったような笑みを浮かべながら、米村先生は覆いかぶさってきました。そして、射精の後、彼もまたハマっのです。「絶対に言うなよ」
柳田先生、中出ししてる
その後、私は3人の教師(歴史の先生はオチなかった)と関係を保ちながら、高校生活を送ります。正直、罪悪感はまったくありませんでした。
《密会》の方法は簡単で、テストが近づいたら、廊下ですれ違ったときに、どちらからともなくアイコンタクトを取るだけ。一度、関係を持った男と女。何もしゃべらなくても意図は伝わります。お互いのヤル気を確認したら、放課後、私の方から教員室へ。あとは、「テストの出るとこ、教えてよー」と人気のない理科準備室に連れ込んでしまえばいいのです。怖かったのはやはり、教師同士のバッティングです。ただでさえ同じ職員室に、自分のヤッた先生が3人。うかつな行動を取ったら、それこそ「穴兄弟」だと気づかれかねません。私は、職員室に行くのは、ー人の先生がいるときだけに限定しました。他の生徒や教師が私と彼らの関係に気づく気配はなく、親から不審がられることもなし。いたって安全な学生生活を送っていた私に、ちょっとしたアクシデントが起きたのは、3年時の5月下旬のことです。その日の放課後、私と柳田先生は、付属の幼稚園のトイレ(男子便所)にいました。先生にたまにはプレイの場所を変えたいと頼まれたのです。トイレの前に『清掃中』の札を立てて、声を漏らさぬよう、個室内で立ちバックをしていた
廊下で誰かが歩いています。もしゃ警備員?一瞬、戦懐が走りましたが、足音はしだいに遠ざかっていきます。助かったーと思ったの束の間、さらなる不幸が襲います。なんと、柳田先生、中出ししてるじゃありませんかー「ご、ごめん、今のでビッグリしちゃって・・」
家に帰りーネットで《中絶》について調べでみると、費用は10万円前後で、入院が必要な場合もあるとのこと。どうしよう。死にそうな気分でいた10日後、生理は2日遅れでやってきました。
合格した後は関係を清算しなければ
高校3年の夏、いよいよ指定校を決める日がやってきました。志望校はずばり、学習院女子大学。今の私の成績(評定点4・8)ならほぽ間違いないはずです。
担任の英語教師に志望を伝えると、問題ないだろとの答。ライバルの手前、詳細は語ってくれませんが、どうやら私が頭一つ抜きんでているようです。
「とにかく、他の先生たちと検討してみる。何かあったら連絡するから、いちおう、第一志望も考えとけ」
落ち着かない気分で10日。さらに15日待っても、連絡はきません。もしかして…。9月、指定校の決定日。掲示板を見る私の心臓は飛び出しそうでした。
学習院女子大学・稲田ありましたーやっば先生たち、私を裏切らなかったんだー思わずガッツポーズを決める私でしたが、まだこれで終わったわけじゃありません。面接試験に合格しなければ元も子もないのです。学習院女子へ。用意された部屋で待機した後、名前が呼ばれました。
「稲田さん、どうぞ」教室の中には面接官が3人。
志望動機、高校生活のこと等、ありきたりの質間を受け、面接は15分ほどで終わりました。特に問題は無かったように思います。合格通知は、それから2週問後、10月下旬、自宅に届きました。確信していたもののひとしおです。しかし、私にはまだ、すべきことが残っています。そっ、3人の教師たちとの関係の清算です。とはいえ、これは実に簡単に済みました。こちらから距離を取り始めたら、自然と向こうも離れていってくれたのです。先生も「面倒な女」がいなくなってホッとしていたのかもしれません。先日、高校時代の友人と偶然、再会、3人の先生たちが今も同じ学校で教鞭を執っていると聞きました。教師に世間の厳しい目が向けられる昨今、不祥事だけは気をつけてほしいものです。って、私が言うなって(苦笑)。
私、3人の高校教師と肉体関係を持ち学習院女子大学に入りました
高校の先生とSEXしたことある女子大生のエッチ体験談
●『裏モノJAPAN』.て知ってます?
○どこから出てる本ですか?
●鉄人社という出版社です。
○わかんない
●ふだんはどこで遊ぶの?
○前は渋谷のクラブが多かったけど、今は新宿。バーをはじめたので。
●ナンバされることは?
○たまに。昨日、この近くですごい怖い人に声かけられた……。なんか、それもエッチな稚誌だって言ってたけど。超ペタペタ触ってくるの。
●それって稚誌の人間じゃないかもね
○ソッコー逃げましたよ。
●昨日の今日でよく取材受けたね。
○お兄さんいい人そうだし。だって、おごってくれるんでしよ、ここ。
●こうやって声かけてきた男と即エッチはオーケーな?
○フィーリングがあえば。
●今までに何人くらい即エッチした?
○うん(指折って数える)10人くらいかなあ。けつこう多いね。
○家が遠いから。
●一泊するために(笑)。
○そうそう、だいたい終電逃したあとですね(笑)。
●彼氏はいる?
○別れたばっかり。あたし長続きしないんですよ。
●最高でどのくらいつきあったの?
○……8力月が最長かな。
●そりゃまた短いね。
○なんかめんどくさくなっちゃう。1人でいるのが好きだし。
●じゃ、つきあわなきゃいいじゃん。
○そういうのは流れですから。すぐうざくなって電話とか無視しちゃう(笑)。
●それじゃ長続きせんわな。
○エッチは好きじゃないの?
●嫌いじゃないけど、体がはなられないとかいう感覚はわかんない。
●しなくても平気?
○あ、ぜ〜んぜん。しなくても平気ですよ。
●つきあった人の年齢幅は?
○下が22才で上が50才。
●50歳の人はどのようにして?
○高校の先生。
●(またか)多いですね、そのパターン。22才の人は?
○大学の同級生。あ、そうだ、その人が今度AVデビューするんですよ
●ヘー。さぞやエッチが上手かったでしょう?
○それがインポだったの……。だから、その人とはエッチしてない。
●ありやま。そんなんでAV監督がつとまるのか?
○なんかプロ相手だと大丈夫なんだって。
●あれこれしてくれないと勃たない。
○そういうのしませんからね〜(笑)。
●あんまりいい思いしてないからエッチに対してドライなんじゃないの?
○そうかもし柚ない。
●じゃあ変わったエッチとか
○ないですねえ。
●ましてや道具なんて。…・・
○ないない。
●(下関マグロ、北尾トロ、末森健の顔写真を見せながら)
この中でエッチするなら誰を選ぶ?
○どうしても選ばなきゃダメなら、この人(トロ指さす)
●じゃあオレ入れたら?
○悪いけど、この人のほうがいいかな(笑)。(ふん、こっちから願い下げだ!)
●最後に一言どうぞ。
○ごちそうさまでした〜。(3千円も飲み食いされました……)

女同士でシェアハウスに住むエロいオッパイの色白店員と生ハメSEX|口説き体験談

0166_20191004190857c00.jpg0167_201910041908596de.jpg0168_201910041909001bb.jpg0169_20191004190901170.jpg0170_201910041909031be.jpg0171_20191004190905965.jpg
イタリアンバーでデートした、色白店員の真理ちゃんと、また飲みに行く約束を取り付けた。
前回は、自宅に呼んだら断られたけど、
「みのやさんのこと、嫌いじゃないし、仲良くなりたい」とまで言ってくれた。色っぽくて可愛い真理ちゃんをどうにかしてものにしたいところだ。今回のデートは、仕留めるつもりで動きます。平日の夕方、待ち合わせ場所に、胸元が大きく開いたワンピース姿の真理ちゃんがやってきた。
「こんばんは〜」
今日は髪の毛を降ろして、前回よりも一段と色っぽくみえる。
居酒屋がいいと彼女が言うので、駅にほど近い一軒の居酒屋へ向かった。服の上からでもボリューム感のある胸をしっかりと確認しながら入店。
前回、家に来ないか誘ったときは、「みのやさんの事まだわからないから」みたいな理由で断られたはずだ。あの言葉の裏には、「2回目のデートだったらいいですよ」というニュアンスがあったようにも感じたが、どうだろう。
「真理ちゃん、何から飲む?」
「じゃあレモンサワーで!」 
まずは乾杯。そして、いきなりジャブを放ってみることに。
「今日は飲んだあと、俺ん家か真理ちゃんの家行こーねー!」
いかにも冗談だとわかるようなトーンだ。
「え〜それはどうですかね〜!フフフ。でも、私の家は無理ですよー!」
「え〜、なんで?」
「男子禁制なんで!」
あれ、彼女、実家だったっけ?
「真理ちゃん、一人暮らしでしょ?」
「一人暮らしというか、シェアハウスなんですよ」 
なるほど、今流行りのやつか。でも私の家は無理ってことは俺の家だったら大丈夫ってことだよな。笑ってくれてるし、これは本当にイケそうな雰囲気かも。
「シェアハウスって住みやすいの?」
「そのときどきで違いますね、出入りも激しいから、いいメンバーのときは住みやすいし。変な人が入ってくるとみんなで追い出します! ハハハ」
「女同士だといろいろありそうだね」
「最近入った子がなんかめんどくさくて、みんな引き気味ですね」
「どんな奴なの?」
「ドイツからの留学帰りのちょっと太めの子で、勝手に冷蔵庫のもの食べるし。やけにパーティを開きたがって、私ハーフの子供生む!が口癖のヘンな子」 
勝手に冷蔵庫の物を食べる太めの子か。ちょっと笑えるけど、そういう奴は、みんなと上手くやれずに去っていくのだろう。なんか切ない。 
この前飲んだとき、少し気になっていたことがある。真理ちゃんは元カレにだまされていたような雰囲気を醸し出していたのだ。
「真理ちゃん元カレとはいつ別れたんだっけ?」
「半年くらい前ですよ!」
「ちなみに何で別れたか聞いてもいい?」
「それが、2回も浮気されて、1回だったら我慢できたけど、2回はないですよねぇ」
そっか、この前言いたくなかったのはこのことだったんだな。
浮気は絶対にしないキャラを演じなくては!
「それはひどいね、2回も裏切るなんて…。でも別れて正解じゃない?そんな奴とは」
どの口が言うのかって感じだけど、ここはこれぐらいが正解でしょう。
「その後もっとひどいんですよーー!別れるって言ったら、俺たちライトな関係に戻ろうって!どんだけだよー! って」
「それはもっとひどいね」 
つまりセフレに戻ろうって意味ですな。彼氏、正直すぎるだろ!これはさすがに同情するぞ。
「彼女からセックスフレンドに格下げですよ。そんな条件飲めるほど馬鹿じゃないですよ!だいたいなんですかライトな関係って!」
そのときのことをリアルに思い出したのか、かなりお怒りのようです。
「ところでなんで彼の浮気を見破ったの?」
今後の参考に聞いておきましょう。
「彼の家のお風呂場に長い髪の毛があって、あ〜あ〜って」 
なるほどね。まぁ、初歩的なミスですな。詰めが甘いよ。
「だから最近男の人があんまり信用できないんですよね…」
実際、男なんてほとんどそんなもんだけどね。オレも含めて。
「そんな男なんてごく一部だよ。本当に真理ちゃんのこと好きな人は、浮気なんてしないと思うけどなぁ」
「そうですかねー? みのやさんは浮気したことあるの?」
ないよ、と答えるのが正解のようにも思うが、それだと少しリアリティがなさそうだ。
「20代は、正直少しあったけど、もうそういうのはないかな。浮気するくらいだったら別れて次にいくよ!」 
どうでしょう? 昔は遊んでたけど、今は落ち着いた大人の男。これが正解だと思うんだが。
「ですよね〜、やっぱりそういう人がいいかも〜」正解だったみたいだ。
「でしょ〜、俺にしときなよー。真理ちゃんだったら浮気しない自信あるよ、俺!」
「え〜本気ですか〜?でもまだわからないでしょ、私のこと?」
「でもだいたいわかってきたよ、もう2回目だし。これからもっと知りたいけどね!」
「でもそう言ってくれて嬉しいかな!」
おお、まんざらでもないって雰囲気だよね。これは良い感じですよ。よし、もう手ぐらい握っちゃおうかな。
「ねぇ、手握っていい?」
「えっ〜?」
と、言いながらも手を握らしてくれる真理ちゃん。ちょっと照れてるのか顔がほのかに赤くなった。
握った手の匂いを嗅いで、その後、軽くほっぺにすりすりしてみた。
「みのやさん、へんた〜い!ハハハ」 
たしかに変態っぽいけど、真理ちゃんは笑っている。 
よし、ここでいつまでもイチャイチャしていても仕方ない。そろそろ仕掛けるとしよう。
「今夜、今からどうしよっか?もう一軒行ってもいいし、もしイヤじゃなかったら俺の家で飲む?」
さぁ、どう答えるかな?
「どっちでもいいですよ〜。みのやさん決めてください」
「じゃあ、お酒と甘いものでも買って俺ん家いこっか」
「うん、いいよ」 
おぉー! こんなにもスムーズでいいのかぁーー!!
手紙を渡してから2度目のデート。しかも今日はわずか1時間しか経ってない。やりましたよ!!
神様、仏様ありがとう。 
さっそく、タクシーに乗り込み、コンビニに寄って、手を繋ぎながら部屋に向う。 
この、ヤッたことのない女と今からできるのか、と想像しながら歩く時間はたまらなく楽しい。いろいろエッチなこと考えてたらアソコが硬くなってしまった。
無事、2人で部屋に上がりこみ、ワインで乾杯だ。
「こんな感じの部屋に住んでるんだ〜。男の人の部屋、久しぶりだから面白い。フフ」
「真理ちゃんの部屋はどんな感じなの?」
「物があんまりないから、結構殺風景だよー」 
自分で聞いといて何だが、そんなことはどうでもいいのだ。早くキスをしよう。腰に手を回し体を引き寄せキスをした。真理ちゃんは、微塵も抵抗しなかった。というか、自分から積極的に舌を絡ませてくるではないか!
エロいキスするな〜。 
服の上から胸を触ってみると、やっぱり思ってたとおりのボリーム!!
キスを続けながら、服の間に手を入れ、ブラ越しにオッパイを揉む。乳首が硬くなっていくのがわかる。 優しくベッドに連れて行き、服を脱がす。プルンと出ました!たわわなオッパイが!
これをたわわと言わずなんと言うのでしょうか!?
ちょっとだけ垂れかかっているのが余計に色っぽい。手紙ナンパ史上、最高のエロオッパイですよ。
真理ちゃんのかすかな喘ぎ声を聞きながら、時間もわすれて無我夢中でオッパイとたわむれる。あ〜男でよかった。人間やっててよかった〜。
ではアソコはどうか確認してみよう。おっと、もうグショグショではないか!
濃いめのヘアーをかき分け、匂いも淡白なアソコをクンニ。
「あァ〜ンはぁ〜ン」
と、さっきよりも大きな反応が。フェラテクは今ひとつな感じだったので軽めに舐めさせ、早速、挿入してみることに。いつもなら病気が怖いのでゴムを使うけど、こんな上玉とはなかなかできないので、生で入れちゃいます。こんな子と生で出来るなら、淋病をうつされたって許します。
ゆっくりと味わいながら腰を動かす。
「あぁ〜〜ン」
締まりはそんなに強くないけど、結構な濡れ具合のおかげか、ちょー気持ちいい。
正常位から騎乗位に移ると、たわわな胸が目の前でゆっさゆさ揺れだす。腰使いも相当なもので、おもわず感心するほど。この卑猥な腰振りは、過去の男たちに仕込まれたんだな…。別れてもセフレとしてキープしておきたい気持ちがわかります。 
最後は、もう一度正常位に戻って、見事オッパイにフィニッシュ!!やりました!!この達成感はハンパない!!何カ月か不調だった手紙ナンパ。でもこんなナイスな子とセックスできるなんて感動です。手紙の力ってすごい!!
「エッチしちゃったね、どうしよう、フフフ」
照れながら言う真理ちゃん。重くなりそうな予感がビンビンだけど、ぜひ俺とはライトな関係でいてください! 
と心の中で叫んでおいた。

日本の名物させこ・パンツ丸出しのパンモロちゃんにスナック店内でしゃぶってくれる熟女

0051_2018110714440966f_20191002205157f99.jpg0052_20181107144410b84_2019100220515963f.jpg0053_201811071444116b5_20191002205200294.jpg0054_2018110722351286e_201910022052021f2.jpg0055_20181107223512348_20191002205203d7b.jpg0056_201811072235140d4_20191002205205fec.jpg
1人目
毎日昼間から夜まで同じ場所をうろうろしている女がいる。オレが見るのは夕方、ツタヤの駐車場付近が多いかな。とにかく服装がボロボロ。しわくちゃの上着にケツのスリットの破れたミニスカだから、もうパンチラどころか、モロ見えちゃってるわけ。20代くらいかな? 若く見えるし、顔はけっこうカワイイんだけど、ちょっと頭のネジが飛んじゃってるのか、ひたすら歩き回ってるんだよね。
ときどきツタヤの前で座り込んでて、声をかけられてることもあるみたい。もしかしてウリもやってるのかも? オレは買う気が起きないけど、顔だけなら上玉だから、まぁ買うヤツもいるんだろうな。
2人目
このスナックの前では60才くらいのママさんがいつも客引きをしています。見ためがアレなんで、立ち止まる人間はほとんどいません。その日の夜、ぼーっと考え事をしてたボクは、うっかり足を止めてしまいました。彼女がここぞとばかりに腕を引きながら、こう言ってきます。
「飲み代は3千円ぽっきり。イイことしてあげるから」
べつに飲みたくないっす。とは思ったものの、振り切る勇気のないボクは、そのまま店に連行。中は寂れたスナックで、客は1人もいませんでした。がビックリしたのはここから。しばらく飲んだところで、彼女はおもむろにボクの一物をフェラしてきたのです。プラス料金を請求されることもありませんでした(結局イケなかったけど)。後で知ったところでは、彼女は超のつく好きモノで、気分次第でサービスしてくれるんだとか。考えようによっちゃ安い店なのかも
3人目
私の馴染みの喫茶店ではよく客を招いてカラオケ大会が開かれます。店内にカラオケセットが置いてあるので、それを使ってみんなで歌う趣向です。いつも20人くらい集まるでしょうかこの中に、地味目な30代の独身女性がいます。ずいぶん控えめで、みんなが歌ってるのに、彼女だけはうつむいてます。会話らしい会話もなく、ただひたすらウーロン茶を飲むのみ。そんな彼女のことを男性客はべタべタ触りまくってます。歌ってるときに肩を抱いたり、お尻をなでたり、ついでに胸にタッチしたり。単なるセクハラですが、彼女も彼女で嫌がる素振りを見せないのです。内心では嫌がってるかもだけど、だとしたら会には参加しないはず。なのに毎回、自分の意思でやってきてるってことは、彼女自身、満更ではないってことなんでしょう。
4人目
深夜、この駐車場に車を止めていると、裏手の田んぼで野外セックスをしている男女をときどき見かける。女の年齢は30代半ばくらいか。暗い上に30メートルほど先だから痩せてることくらいしかわからないが、それでも、ぼーっと浮かぶ白い胸やお尻がやけに生々しい。さらに目をこらせば、フェラをしたり、バックでやってることもどうにか判別可能。おおかた野外好きな露出マニアなんだろう。覗くこっちにしてみたら、実に有り難いオカズである。男の方はちょいちょちょい変わってるから、パートナーを見つける度に、彼女の方が田んぼに誘ってると思われる。
5人目
彼女は自称20代前半のOLで、チャット中にオナ二ーもしてくれるアダルトOK嬢でした。見た目は中の上ぐらいのルックスです。純粋にお金目的でライブチャットのバイトをしてるというので、2回目のチャットであえてエ口はせずに世間話を続けてお金に余裕があることをアピールすると、「どんな仕事してるの?」「おいしいご飯食べたい」などと向こうから会いたがるそぶりを見せてきました。ご飯に誘うと、すぐにOKが来てメアド交換が完了。その日のうちに電話で話すまでに。週末に互いの家の中間にあるパチンコ屋の駐車場で待ち合わせして、俺の車でラブホに直行という流れでした。ただしお金が必要
6人目
この市役所には20代後半の女性職員がいるELTの持田香織をふくよかにしたようなべっぴんさんなのだが、彼女の服装が実にエ口い、いやエ口過ぎる。下はいつも生足に膝上10センチ以上のスカート。むちむちの白い太股が目に飛び込んでくるので、もうむしゃぶりつきたくなるほとだ。上は上で推定Eカップの巨乳を持っており、夏は胸元がざっくり開いたTシャツ、冬が体のライン丸わかりのぴちぴちニット。もう男を誘ってるとしか思えない。もちろん一般市民も訪れれば彼女の姿を拝めるので、俺は用事もないのに日々、市役所通いだ。
7人目
このツーショットダイヤルでこんなことを言い出す自称40才のオバチャンと繋がりました。「タバコー箱で10分間だけ自由にしていい」ありえません。というか、こんな女が当たりのはずもないし。だからスルーしてたんだけど、以降もしょっちゆう繋がるんです。毎日、毎日。常連女みたいです。いったいどんな女なのか。怖いモノ見たさ半分、アポってみると、現れたのはテリー伊藤似のドブスでした。シンナーでもやってるのか、歯もぼろぼろです。もうキモイのなんの。もはや完全に戦意は喪失してるボクですが、不思議なのはなぜタバコー箱でこんなことをやってるのか。エンコーにしては安すぎ
「べつにい、タバコなしでもいいけどお、タダってのもアレだから」
要するに、タバコは単なる口実で、セックスがしたいだけなんでしょう。あるいはタダだというと、逆に男が引いてしまい、かえって会えないのかも。悲しい話です。
8人目
この居酒屋には有名な女がいます。たまに来るくらいなんだけど、1人っきりでカウンターで飲んでるんで、かなり浮いた感じです。彼女はガテン系っ
若い男が隣に座ると、自分から「一緒に飲まない?」って声をかけてくるんですよ。結構オイシイですよね。ただ残念ながら、この人ちょっと年がイキ過きてるんです。スレンダーで上品な雰囲気なんだけど、年齢は40才くらいかな。なんでほとんど会話だけで終わっちゃうんです。店員の話では、彼女は既婚者なんだけど、ダンナとの折り合いが悪いから、ときどきこうして男をアサってるんだって。ボクはちょっと勘弁だけど、熟女が好きならアリっちゃアリ
9人目
自分がその女に遭遇したときの話をしよう。ある日しまむらから出たところで20代のギャル女に声をかけられた。「すいません、お願いがあって」
だらしない話し方だ。なにかと思えばペコペコ頭を下げながら洋服を買ってほしいと言う。その代わり、自分のクルマの中でフェラします、と。ためしにどんな服が欲しいのかと一緒に店内へ。女が指さしたのは4千円弱のジャンパーみたいなものだ。まあ安上がりだしいいかなと、そいつを買ってやり、約束どおり女の車の中に。ウェットテイッシュで股間を拭かれてジュポジュポとフェラされ、あえなく発射した。それからも月に一度くらいのペースで彼女を見かけている。そんなに洋服を集めてどうするんだろう。

女の舌が肛門全体を這うアナルなめの快感|パパ活体験談

0117_20181103122740561_201910010007177b3.jpg0116_20181103122738619_20191001000715205.jpg0118_20181103122741170_20191001000718d4b.jpg0119_20181103122742194_20191001000720bec.jpg0120_20181103122744248_20191001000721f84.jpg0121_2018110312274596d_20191001000723f87.jpg
25才の美容師の甘ったれて柔らかいアニメ声が気にいった。三越の入り口にいた女は特に美人ではないが、明るい顔と大きな口が妙にエロチックに感じる。挨拶して、すぐに交渉を開始した。
「この前ゴルフでエッチな景品もらって、試したいんだ」
「どんなの」「吸いつくバイブだって」
「それ、後でもらっていい」
シメシメ、うまくいった。記念の写真付きで2枚で。この女は大当たりだった。ボディはやや肉がつき、乳も尻もまったりと柔らかく、大人の女の体のよさが渚み出ていた
フェラにアナル紙め。仕事もキッチリこなす、が、何よりも興奮したのは声だ。
「パンティ脱いで」「フフフ、恥ずかしい」「あそこ拡げて」「アアアン、イヤ」「チンチン訴めて」「アイ、これでいい」
どれもアニメ声で、しかも目を開いてカメラ目線を向ける仕種が可愛らしいのなんの。毛は薄く陰唇の周囲にはほとんど生えてない(匂いもなくて清潔だ)普段はクン二するとしても形だけだが、この女の性器には惚れて、本気でクリを吸い陰唇を紙めた。ところが、肝心のことで問題が起こった。バイブが入らない。確かに穴の細さは指マンしたときから感じていた。大股開きにしても腔ロは閉じたままだった。軽く指を入れると微かに濡れはある。が、ゼリーのついたコンドムをバイブにつけて入れてもキツい抵抗にあって先端も入らない。
「お家で落ちついてすれば入るかも」
女は言うが、それでは俺の仕事にならない4・5回試しても同じだ
トイレで依頼者に電話すると「イメジだけでもいい」とのこと。入れてるフリで写真を撮った
この後、全裸にしてたわわな乳と口を交代で吸ったり、フェラされたり、クンニしたり、思うがまま前戯に没頭した。その間も「ェへへへ」「アン、イヤダ」と甘えた声で俺はメロメ口だ。
「後ろからなら入るよ」陰唇を開くと白っぼい液体が見えた。バイブ、と考えたが、俺のペニスが優先だベッドに肘をつかせて尻を下げ、ペニスと睦の位置を合わせて挿入を試みる、と、あれだけ固かった腔がゆっくりながらもペニスを迎えてくれる。今日は挿入はできないと思っていたのに。その嬉しさから女の腰を数回動かしただけで射精した。
再会を約束してすぐに秋葉原に向かった。
ビデオなんかどうでもいい紙めたい、ヤリたい、入れたい
3カ月後の9月、ビデオ撮りに挑戦した。ホテルラムセスへ。運よく線路を見渡せる部屋が空いていた。ボサノバのBGMや女のアニメ声を入れながら部屋のムードを撮り、人前オナニーから始まり、フェラ、アナル紙め、そしてセックス。なんとか仕事をこなし、テプを編集部に送る。すぐに連絡がきた。「ダメです。肝心のエロい画像がぼやけてますよ。それに景色とか要りませんから。もっと絡みがないと使えませんね」カメラが重いので、洗面台に乗せて固定で撮ったのがボケた理由らしい。
公園やホテルの窓から撮ったと入れたのは、最も好きな塚本の影響だ。お互いの口を吸い取るようン。そこら辺にいるような現の真剣な演技。そして番、とくるのが背景だ。ある時は畑、ある時は公衆便所、そして誰もいない浜辺で繰り広げられる熱気の交わり。もうそれだけで俺の頭は燃える。それをマネしたかっただけだ。
後日、再度挑戦ということで、今度は平林氏の援護つきでテレクラに行ってガチンコ勝負となる。最初のアボは18才のフリーター、ユキ。西ロにある喫茶『ニューフラミンゴ』前のベンチにいるという。丸顔ポチャブタ。俺的には好みなのだが、99パーセントの読者はヌケない。
携番を交換してテレクラに戻る。しばらくして24才のフリーターから着信。三越の中からで、携帯の料金約2万が払えないらしい。が、またブタでは困る。平林氏と三越に入り階段の影から女を確認することにした。エッ、ホントか。軽いウェイブの髪といい趣味はよく、テレクラ女としては年に回あたるかどうかのお宝女だ。ビデオなんかどうでもいい。紙めたい、ヤリたい、入れたい。方、平林氏の顔つきは「仕事もしてください」だ。女はアセっているらしくビデオの話をすると意外にもOKが出た。この後のセックスシーンについては「DVD裏モノJAPAN」に収録されている。
少生意気だったが、ピッチリ締まったボディーと穴は上。撮影にも協力的で、いい射精ができた。終わって女と別れ、平林氏にテープを見せる。
「これでいきましよう」カメラを持ち続けた右手が痛い。
リサイクルを繰り返すのは寂い女の証拠
2週間後、定期検診のため西池袋の泌尿器科へ行った帰り、近くにある質屋に寄った。質屋というより質流れショップで、他では見かけないンブい中古腕時計があり、これまで、オメガシマスタ・チタン、タグホイヤ・プロフ工ッショナル、シチズンニンエットの3個を買った。いずれも15年以上前のモノだが、今の時計にはない可愛らしさがある。ウインドウをのぞきこんでいたとき。店から人の女が出てきた。
「あ、この前のオジサンじゃん。元気?」ユキだった。聞けば、指輪を売りに来たのだが、買い取り価格が安かったので、別のリサイクルショップへ行こうとしていたらしい。ブルガリのビゼロワンでホワイトゴールド。買い取り価格は2万5千円。かに少し安い。少し離れたK質屋に連れていった。3万8千円になった。「わあ、チョー嬉しい。ありがと」俺の腕をつかんで離さない。大きな乳房を感じてムラムラしてきた。幸いにデジカメは持っている。
「時間あったら遊びたいな」「いいけど、お願いしていい」
「なんだよ。金ならないよ」「7千円。ダメ」
売った金に手持ちの金と7千円プラスすればヴィトンの財布が買えるという。ははあ、ブランドグッズを買っては売り、買っては売りするリサイクル女か。だいたいこの手の女は寂しがり屋が多いと本で読んだ。まあいいか。スナップを撮りホテル『ニュートキワ』に向かう。
アナルの吸いっぷりは見事どいうよりない
部屋でレビトラを飲んでいたら、唐突に女が言った。
「この前、キレイなおネエさんとホテル行かなかった」げ、見られてたか。
「ねえねえ、どんなことした」「スカとかSMとか」「ユキにはできない」
「ウソウソ。じゃあ、お尻の穴とかなめてよ」
「それなら、なんとかできるみたい」抱きしめてキスすると「じゃなくてこんな感じ」とカメラ目線で舌を長く出してきた。若いだけあって柔らかく、舌苔もないきれいな舌だ。これで紅門の奥まで吸ってくれ。ズボンとパンツを脱いで女の前に立ちペニスをしごく。女の右手は畢丸に持って<る。
女がくすぐる。デブ女の顔は斜め上から見るとイケるものだ。
「あのおネエさんもした」「うん、すごく感じた」ユキは、俺を全裸にしてベッドに寝かせペニスをほうばった。大きい舌全体でペニスを食べるって感じだ。
目黒で遊んだハワイ女のフェラもこうだった。乳首やヘソ、脇腹に舌をはわせてくる。全裸にするとかなりの崩れデカパイだ。こういう場合は全裸より下半身裸のほうが気が高ぶる。シャワを浴び女にシャツを着せて再開。まずは思い切り開脚させると、予想外に陰唇も腔ロも痛んでない。指で開ければピンクのヒダが見えた。
「おチンチンはいいから」尻を女に向ける。
「わかった。もっとこっちにきて」
まもなく、女の舌が肛門全体を這った。アナルなめの快感には、舌と肛門の粘膜との接触快感と、吸われた時の肛門末梢神経が爆発する快感がある。ふつうの女は紙めるだけだが、この女の吸いっぷりは見事という他はない。小さな舌でツンツンとやられるのもいい。
脚を開き正常位で挿入すれば、腔の摩擦感もいい。「クリに触って」右手の親指でなでてやったら「ハッ、それ」と腰を震えさせその度にビクビクと睦が締まる。ものの2分もしないで射精した。ペ口チュー、しゃぶりフェラ、アナル吸い、締めつけ射精の快感に疲れ、2回目の欲望はない。

妻の携帯を盗み見したら・・・まさかの主婦売春グループのリーダーだった

0162_20181026004910aca_20190928171821e23.jpg0163_20181026004909dd3_20190928172538357.jpg
浮気バレのきっかけといえば、最近は大半が携帯電話だろう。
風呂やトイレの隙にメールを盗み見されたり、発着信履歴の明細から相手を特定されたり。いくら注意を払っていようと、どこかに綻びは生じるものだ。かくゆう私は、妻の浮気調査のため“メール自動転送“を利用している。本来、何を目的とした機能かよくわからないのだが、auの携帯からEzウェブにアクセス、4ケタの暗証番号を入力すれば、指定したPCアードレスにメール(送受信とも)が届いてしまう。つまり、妻の携帯を設定しさえすれば、彼女が出し受け取ったメールが見放題というわけだ。しかし、私は今、猛烈に後悔している。便利な機能のおかげで、信じられない妻の本性を知ってしまったのだ。
社内のマドンナだった水野真紀似の美人大学卒業後に人材派遣会社に就職して10年。仕事が特別
できるわけでも、給与が格段高いわけでもない。そんなこく平凡な会社員の私にーつだけ自慢がある。妻の佐智子だ。気立てがよくて、水野真紀ソックリの美人。入社当時から、社内のマドンナだった彼女を私が射止めたのは、直属の上司だったということも大きく影響してるだろう。
3年前にハワイで式を挙げ、そのー年後に長女を授かった。以来、家事に育児と駈けずり回ってきた妻は、週に1度の夜の営みでさえ手を抜くことはなかった。いや、むしろ私の方が毎回骨抜きにされたというのが正しいだろう。そんな彼女に、私はなぜ浮気の疑いを持つようになったのか。記念日のプレゼントである。誕生日、結婚記念日、父の日、クリスマス。その度に、妻は私にロレックスのデイトナやアルマーニのスーツ、グッチの靴などを贈ってくれるのだ。いったいどこに、そんな金があるんだ。
「こう見えても、私はやりくり上手なの。心配しないで。あなたには、いいモノを身につけてほしいから」
美人の妻に微笑まれたら、それ以上突っ込むワケにもいかない。が、どう考えても、おかしい。数十万もする高級品が私の給料で買えるわけがないではないか。もしかして、妻の実家は瀬戸物問屋を営む名家だから、両親から金をとも思ったが、無心している様子はない。となれば、まさか援助交際でもやっているのか
冗談半分、頭に浮かんだ疑惑は一度はすぐにうち消した。が、あのルックスに、あのフェラテクだ。たとえ5万出しても抱きたい男はいくらでもいるだろう。いや、しかし、まさか佐智子が。
苦悩の日々が続く、今年6月、会社で送迎会が開かれた。そこで、部下のOLが何げに言ったのである。
「この前テレピ見てたら、なんか携帯のメールを転送して、浮気がわかっちゃう方法があるんだって。auしか使えないみたいだけどさ」
それが前記した、メール転送機能である。コレは使える。私はすぐに実行に移した2日後の深夜。妻が風呂に入っている間、彼女の携帯からEzウェブヘアクセス。銀行と同じ4桁の暗証番号を打ち込み、転送先を私のフリーメールに設定した。これで会社にいても、パソコンで妻の動向が掴めるはずだ。むろん、本当はこんな探偵のような真似はしたくない。あくまで疑念が晴れるまでの緊急処置だ。
翌日タ方、会社のPcでフリーメールを開くと、7通の文書が届いていた。
1通目。A子〈F子が、明日の昼でしたら、子供を預かって下さいとのことですが〉
A子は聞き覚えがある。確か佐智子の後輩だ。が、F子って誰だっ子供を預かるなんて、聞いてないぞ。この後の4通は他愛もない内容。しかし、5通目が衝撃的だった。
B子〈今日のアリバイ、サチさんと食事ってことでお願いします〉
妻〈了解。予約状況も確認しといてね。明日、指名入ってるから〉
アリバイっ指名っやはり妻は体を売ってたのかー激しく狼狽しながらも、さらに続きを読む。
B子〈予約って誰ですかっ〉
妻〈たぶんだけど、脚フェチのハゲじゃねーのっホント、好きだよねー〉
脚フェチのハゲが佐智子の客なのかーいや、B子の客とも読めるぞ。ああ、もう気が狂いそうだ。
死にそうな気分で、自宅に一戻った私に、妻はいつもと同じ笑顔で迎えた。
「あら、パパ、どうしたのっ一暗い顔しちゃって」
「い、いや。疲れてるだけ。それよりおまえ」
「何っ食事できてるわよ」「う、うん」
言えない。とてもじゃないが、私には口に出せない。
翌日も朝からパソコンにかじりついた。が、近所の奥さんと他愛ないヤリトリと、迷惑メールが2通届いただけだ。
〈今日の指名客はNGって言ってるんですけど、どうしますっ〉
対する妻の返事は5分後に送信されてきた。
妻〈c子のボケ、何トボけたこと言ってんだよ。客のガキができたら、旦那の子供として育てろって言っとけーあまりフザけてると、裸写メを流すぞってな〉
聞いたこともない下品なことば遣い。ショックで体が震えるのがよくわかった。もはや妻が売春組織と関わりを持っているのは明白だ。鳴呼、私は一体どうすれば…。
★その後の2カ月間の調査で、新たな事実が判明した。実は、佐智子は組織の一員どころか、主婦売春クループのリーダー役を務めていた。ただ、彼女自身は身体を売っていない。パチンコの借金などで身動きできない奥さんを、ヤクザのような男に受け渡しているらしい。ちなみに、そのヤクザは佐智子の先輩で、2人は昔、超のつくヤンキーだったようだ。最後に、先日届いた、そのヤクザと妻のメールを紹介しておこう。ヤクザ〈佐智子が奥さんなんて、いまだに信じられないんだけど(笑)〉妻〈いやあ、運命の出会いだったんで。おかげさまで幸せっすョ〉
ヤクザ〈ちょっと××組がちゃちゃ入れてくるかもしんないから、気ィつけて〉妻〈ええ。もしウチの旦那に手え出したら、ヤツら皆殺しですから。そんときは、力貸して下さい〉ヤクザ〈おうよ〉
私は今、以前にも増して優しい夫を演じている。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます