エッチ体験談のカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:エッチ体験談

  • 2019/06/26エッチ体験談

    フリマの神髄は何といっても夏だ。地べたに座ったタンクトップ娘の盛り上がった胸元を上から覗くため、俺は汗を流レて自転車をこぐ。加えて、今年は流行の半ケツーンーンズを履いた客の女も見逃せず忙しいのなんの。それでも、しゃがんだ彼女たちの露出した尻肌をじつくりながめていると実に幸せな気分になれる。さすがに昨年とは違い、生尻を意識しているのか毛もなくカラフルなパンティだが、あまりにも整ったよそ行きの房ばかり...

    記事を読む

  • 2019/06/23エッチ体験談

    ・結婚してるんですね。 子どもがー人います。5才の男の子。 ・結婚何年目ですか8年目です・「裏モノJAPAN」って知ってます? 読んだことはないけど、知ってますよ。 「BubuKA」とかたまに買いますから(笑〕。 ・今日はこちらで何を。 買い物ついでに友人とお茶してました。 ・旦那さんはいくつ? 同い年です。学生時代からつきあっていて、 卒業と同時に結婚したんですよ。 ・その旦那...

    記事を読む

  • 2019/06/23エッチ体験談

    2人きりで渋谷で飲んだ。居酒屋、カラオケと行き、3軒目はショットバー。ここで彼女は決心したように口を開いた「実は先月からTとつき合ってんの・・」「え・・そ、そうなんだ。だったらオレと会ってたらマズイんじやないの」「いいよ。だって浅沼さんの方がタイプなんだもの」無邪気に笑う。よくわからんが、オイシイ思いができるやもしれぬ。やがて酒も進み、詩織はTとのセックスまでオレに語り出した。コレはかなりイイ雰囲気だ...

    記事を読む

  • 2019/06/23エッチ体験談

    テーブルに腰を降ろす。と、そこにすかさずキャバ嬢が。「初めまして。何お飲みになります」「…ああ。水割りでいいよ」テーブルに付いた彼女には目もくれず、妻の方を凝視。接客している頭のはげ上がった中年オヤジは、明らかに妻の好み(彼女はヤクルトの古川がタイプ)ではなく、仕方なく調子を合わせてるといった様子だ。妻が私の方をチラシと見た。中年オヤジとベタベタする妻過激な店を勧めたらさすがにキスやタッチはOKで...

    記事を読む

  • 2019/06/22エッチ体験談

    ●どんな仕事してるんですか?〇小さな映像関係の会社のOLですよ。●といいますと? 0大学の入学案内用のビデオ を制作したり。●そこでどんなことを? OADですね。雑用です。 ●『裏モノJAPAN』って知 ってます? 0いやー、見たことなかった ですねえ。 ●(中身をパラパラと見せ て)どう思いました?0意外とこういうの好きですよ。 ●普段はどんな雑誌読むんで すか? 0映画雑誌とか。 ●休日...

    記事を読む

  • 2019/06/22エッチ体験談

    路上ナンパにテレクラ、伝言。セールス営業の合間を縫い、オレはこの10年間で150人以上の女をモノにした。むろん、その中にはエンコー女もふくまれている。ラブホテルに入るアポった女に「お小遺い期待していいのかな」と言われれば、払わないワケにはいかない。なんせこちらはヤリたい一心なのだ。が、ある日を境にオレは、金も払わずチョー刺激的なシチュエーションでHを楽しむようになった。その手口は…ヤリ逃げだ。やはりそう...

    記事を読む

  • 2019/06/18エッチ体験談

    ●チーママなんですね。○友達が経営してるお店で働かせてもらってるだけですよ。●チーママって儲かります?○まあ、ほどほどじゃないですか(笑)。●裏モノJAPANって知ってます?○ん……すいません。●(中身をバラバラと見せて)どう思いました?○おもしろそうですよね。●どんな雑誌読むんですか?○『anan』かな。●休日はどこで遊ぶの?○あんまり出歩かないんですよ。●家でゲームするとか。彼氏は?○います。ひとり。●営みの...

    記事を読む

アナル好きの美容師とアナルセックス

0064_201906262014153b9.jpg0065_20190626201417324.jpg0066_20190626201419ce7.jpg0067_20190626201422ac0.jpg0068_20190626201429e5a.jpg0069_201906262014347de.jpg
フリマの神髄は何といっても夏だ。地べたに座ったタンクトップ娘の盛り上がった胸元を上から覗くため、俺は汗を流レて自転車をこぐ。加えて、今年は流行の半ケツーンーンズを履いた客の女も見逃せず忙しいのなんの。それでも、しゃがんだ彼女たちの露出した尻肌をじつくりながめていると実に幸せな気分になれる。さすがに昨年とは違い、生尻を意識しているのか毛もなくカラフルなパンティだが、あまりにも整ったよそ行きの房ばかりでも現実感がなく燃えない。それを補ってくれたのが今年の超猛暑だ。汗が尻に渚んだ《濡れ尻女》が発生。むしゃぶりつきたいほどだ。来年の夏は薄地の半ケツサブリナが流行することを願う。そんな折り、俺の「ハゲ伝説」を連載している出版の編集者から宅配便が届いた。開健てみるレ姿の下着が一式。前の月、打ち合わせで彼とA電った際、その雑誌のグラビアに出ていた「うさみ恭香」というAV女優のことを「この女だったらヌけますね」と言ったのを覚えていてくれてたらしく、撮影時に使った衣装をプレゼントしてくれたのだ。ご丁寧にもブレスレットやシャツまで入っていて、おまけにピンクのヒモパンの股の部分には彼女の液体が乾いたものと思われる薄黄色の粉がこびりついていた。さっそく、以前フリマで買った等身大のヌードマネキンに着せて部屋に飾りオナニー。ー週間で1ダースのコンドームを使い切ってしまった。翌週の日曜、いつものように乳と尻観察のためフリマをブラついてたら、後ろから声をかけられた。「スエモリさんですか」女牲である。何でも「裏モノ」の愛読者でいつも夫婦で読んでいるという。
「写真よりお若いですよ。食べちゃいたい」
そんなお世辞言われても、真っ黒なイカつい顔といい、男のような体型といい、とても《食べられたい女》とは言いがたい。適当に話を合わせたら《顔相学》に詳しいというその女がいった。
「あなたって、0型の血液型で大きな顔をした女の人から好かれません」
そういえば「また会ってくれる7」と迫られた女はいつも決まってデカ顔女だ。テレクラの前で声をかけてきた女今年会ったデカ顔は4人。最初は、上野のテレクラにかけてきた主婦。2番目のが高かったが、こちら男にいじめられるのが快感だとか。いずれも再会の約束だけはしたが写真は絶対ダメと言うのでそのままだ。3番目の女・舛才のジュンは群馬県T市に住む美容師。彼女とは直接テレクラでつながったわけではない。その日は朝から所用があり、いつもより3時間ばかり遅刻して池襲西ロのテレクラに入ろうとしていた。電話の横に女が立っている。デバート入口の真ん前ながら、ぞこだけが取り残された影のある辻。テレクラ店から歩いで加秒。ふつうの女が人待ちに使う場所ではない。特定の相手を待つでもなく、テレクラに電話した後に違いない。神津カンナをチョイ美人にしたような骨ばった顔だちに165センチくらいの身長で、デブではないがダレ気味の体型を持つ典型的なテレクラ女だ。瞬時に女の値踏みをした。顔はオマケとしてしか使えないが、張った尻はどうにかなりそう雄響だ。チョイブス特有のエ口ティシスムもなにやら燃えるものがある。俺は店のドアの前でターンして彼女の前に戻りジッと見つめた。と、女の唇に少し動きがあり視線が下がる。アボったテレクラ女が必ずする仕草だ。
あそこの電話の店に行くんですホテル代も含めてー万6千チョイか。
「だったらこっちも条件があるよ。すばりエッチな写真撮らせで。それと2回したい。それとタ方までゆ一旨楽しみたい」
「…ゴムだけ約束してくれたら…いいよ」
アナルに指とか叫ぶ
「何してほしいの7」「オシリとかに・・」
「アナルセックス?」「じゃなくて指とか入れられる?」
「いいよ。約束するから、その前になめて」そう言ってペニスを近づけると、女がゆっくリと活を使い先っぽを紙め、全体を奥まで含む。
カテゴリ
タグ

友だちの旦那様と不倫中の若奥様のエッチ体験談

0162_201906232356032a8.jpg
・結婚してるんですね。 
子どもがー人います。5才の男の子。
 ・結婚何年目ですか
8年目です
・「裏モノJAPAN」って知ってます?
 読んだことはないけど、知ってますよ。 「BubuKA」とかたまに買いますから(笑〕。 
・今日はこちらで何を。 
買い物ついでに友人とお茶してました。 
・旦那さんはいくつ? 
同い年です。学生時代からつきあっていて、 卒業と同時に結婚したんですよ。 
・その旦那さんとの夜の営みのほうは? 
もう何年もしてないです。 ・え?じゃあそっち方面はご無沙汰?
いえ、そういっわけでも・… 
・不倫ですかー
はあ、まあ(笑〕
・相手はどんな人ですか?
実は…友だちの旦那様なんですよ。 
・旦那はへタなんですね。
まあ、そういうことです。 
・燃えてしまったと。
はい(笑〕
・旦那さんと知りあう以前に何人くらいとそういう関係になリました?
私旦那が初めてなんです。
・その不倫相手が2人目?
はい。旦那も私が最初で。
・じゃあ、今の相手で本当の悦びを知ったと。 
うーん、そういっことになるかな(笑〕
・週に何回くらい会うの?
そんなに会えないですよ、2週間にー回くらい。
・やっぱりホテルで?
渋谷が多いですね。 
・27才にして開発中なんですね。
うふふ。それまで、あの…ナメたことも なかったですから(笑〕。新鮮ですね。 
・変わったことをさせられません?
目隠しされたくらいかな。
・だんだんエスカレートしてきますよ。
道具は? 
・そのことを友の方は…。
当然知りません。
・どういつきっかけで? 
息子の友達の母さんと仲良くなって、 はじめは遊園地に行ったりして家族ぐるみでつきあってたんですけど自然にそんな雰囲気になっちゃって。
・はあ、どちにともなく。 
それはないです。せいぜいセクシー系の下着をつけるくらいで。
・今はHが楽しくてしかたがないでしよ?
楽しいですねー(笑〕。 
カテゴリ
タグ

人妻になって欲望が逆に燃え上がる・親友の奥さんを寝取り

0132_20190623212607998.jpg0133_2019062321260832c.jpg
2人きりで渋谷で飲んだ。居酒屋、カラオケと行き、3軒目はショットバー。ここで彼女は決心したように口を開いた
「実は先月からTとつき合ってんの・・」
「え・・そ、そうなんだ。だったらオレと会ってたらマズイんじやないの」
「いいよ。だって浅沼さんの方がタイプなんだもの」
無邪気に笑う。よくわからんが、オイシイ思いができるやもしれぬ。やがて酒も進み、詩織はTとのセックスまでオレに語り出した。コレはかなりイイ雰囲気だ。後腐れなくヤレるんじやなかろーか。よし、ここは直球勝負だ。
「オレ…詩織ちやんとエッチしたいな」
「私、あんまり器用な女じやないから、きっとカレより浅沼さんのことスキになっちやうかも…それでもいいの?」
「…コワイことを」
あんな奴でも一応は親友。ここでもしオレが彼女と寝たら…。いわれぬスリルに震えた。
「どうして誘ってくれなくなったの?」
「ハハハ、だって・・」
「カレもたまには気分転換に飲みに行けば、って言うのよ」
「え、じやあ誘っていいの?」
「あ、ゼヒ」
哀れなT。まさか、親友のオレと飲みに行くとは夢にも思ってないだろう。こうして、月1ペースでの密会が始まった。詩織が人妻になったということで一度はあきらめかけた欲望が逆に燃え上がる。これまでに増してスキだらけ。何とかしてヤリたいーでも、もしそのことをTが知ったらシャレにならん。
ん、何かいい手はないか。迷うオレに信じられない話が飛び込んできたのはそれから間もなくのこと。なんと、Tが7月付けで大阪へ異動することになったというのだ。チャンスはTの送別会の2日後に訪れた。すでにャッは大阪に単身赴任中。オレは誘いだした。
「しばらく会えないね・・」
離れ離れになるという感傷的な気分が2人の背中を押したことは否めない。
「寂しいな・・」Dカップをオレの腕に押し付け猫なで声をだす詩織。もうタマランーオレの中で今まで必死に押さえっけてきた何かが爆発した。
「し、詩織ちやんー」スマン、T。心の中で謝りっっもしっかり体はヤル気マンマン。道玄坂のホテルへそのままなだれこんだ。詩織の体は想像以上にボン、キュ、ボンとメリハリがあった。これが夢にまでみた…。Tのャロウ、これを毎晩か。クー、いいなあ。そんな嫉妬で興奮度もアップ。彼女の胸に顔をうずめながら果てては勃ち、果てては勃ち、と積年の思いを朝まで放出し続けた。
その後、彼女が大阪へ引っ越すまでの2週間、そのナイスバデイをたっぷり堪能させていただいたのは言うまでもない。T君、ホントにスイマセン。

キャバクラ・セクキャバ・イメクラ・妻を風俗に体験入店させて嫉妬と興奮でのたうち回る

0128_201906232102290b1.jpg0129_2019062321023006e.jpg
テーブルに腰を降ろす。と、そこにすかさずキャバ嬢が。
「初めまして。何お飲みになります」
「…ああ。水割りでいいよ」
テーブルに付いた彼女には目もくれず、妻の方を凝視。
接客している頭のはげ上がった中年オヤジは、明らかに妻の好み(彼女はヤクルトの古川がタイプ)ではなく、仕方なく調子を合わせてるといった様子だ。
妻が私の方をチラシと見た。
中年オヤジとベタベタする妻
過激な店を勧めたらさすがに
キスやタッチはOKでもフェラチオはNG
目で合図する私と、どうだ『フェラチオ」はイヤだというワケか。う〜ん。せっかくここまで来たのに・・・。
しかし、手はまだ残されていた。ある風俗求人誌に絶好の広告を見つけたのだ。
ぬがなくってもいいジャンルさわられなくってもいい日給3万5千円以上
やけにオイシイことが書かれているが、実はここ、オレが以前遊んだイメクラ(むろんフェラありである)。この文面なら妻をダマせるかもしれない。
中身を知れば、少なからず妻は驚くだろうが、そもそもが男好き。心配するほどのダメージはないだろう
「…どや、ここなら」
「これ、何のお店なん?」
「たぶんピンクエステちやうか。手とかで抜くだけやと思うで」
「…だったら、いつかな」
「だって、口でサービスせなあかんやん」
と、承知した彼女ではあったが、実際働いてみたら、そのショックはハンパじゃなかった。
カテゴリ
タグ

女子高教師で処女を捨てたOLのエッチ体験談

0162_201906221051531f0.jpg
●どんな仕事してるんですか?
〇小さな映像関係の会社のOLですよ。
●といいますと? 
0大学の入学案内用のビデオ を制作したり。
●そこでどんなことを? 
OADですね。雑用です。 
●『裏モノJAPAN』って知 ってます? 
0いやー、見たことなかった ですねえ。 
●(中身をパラパラと見せ て)どう思いました?
0意外とこういうの好きですよ。 
●普段はどんな雑誌読むんで すか? 
0映画雑誌とか。 
●休日はどこで遊ぶの? 
0うーん、ドライブですね。 
●彼氏と? 
0まあ、そのような人と。 
●どの辺まで行くんですか。 
0近場ですね、せいぜい奥多摩あたりまで。 
●ちなみに営みのほうは? 
0忙しくてなかなか会えな いんで月1回くらいかなあ。 
●そんなもん ですか。 
0そんなもん ですよ。 
●欲求不満に なりません? 
0いやーそっち方面は2人とも淡白なんで。 
●一番最近のエッチは? 
02か月くらい前。 
●…力ビが生えちゃいますよ。
 0ふふふ、やばいですね。 
●もしかして、ひとりエッチで処理してるんですか? 
0まさか。忙しくてそんな暇もないんですよ。 
●したことない? 
0それは……ありますけど。 
●何をおかずにするんですか? 
0やっぱり想像ですね。 
●初体験はおいくつですか?
0高2です。 
●お相手は? 
0担任の先生。 
●なんとーいくつだったんですか、その先生は。 
039才。 
●はあ……うらやましい。女子高だったんですか? 
〇女子高です。 
●やっばり女子高教師ドリームってあるんだ なあ。どちらから声を かけたんですか? 
〇それは・・私です。
その39才の中年うらやましいー 
「なんであ の先生に?」って感じですけどね。 
●現在までの体験人数は?
0少ないですよ、7人くらい かな。 
●その中でナンパされて即エッチなんてのは? 
〇ないです、ないです。 
●彼氏にする人の守備範囲は? 
0あんまり年の離れていない人、おじさんはちょっとパス ですね。 
●39才の中年教師とつきあってたくせにー 
0へへへ、それは昔の話。 
●エッチは好きですか? 
〇嫌いじゃないですね。 
●フェラなんぞは。 
0しろと言われれば。 
●クンニなんぞは。 
0うーん。 
●中派?外派? 
0両方かな。 
●SですかM
OMですね。 
●好きな体位 
0正常位。 
●理由は? 
〇顔が見えて 
●性感帯は? 
0胸です。 
●道具は? 
0いやー使ったことないです。 
●変わった場所でエッチした経験は? 
〇ないですよ、せいぜい車の中くらいで。 
●(下関マグロ・北尾トロ・末 森健の顔写真を見せながら)この中でHするなら、誰を選ぶ?
0太ってる人がダメなんですよ、だから……。 
●マグロさん、末森さんはハイ消えた。トロさんは? 
0それでも歳が離れてるから なあ…。 
●じゃあ俺なんてどう? 
0この3人に比べたら、そりやあコロスケさんを選びます よ。 
(貴女は天使だー) 
●最後にどうぞ。 
0がんばります。 
●がんばつてください。 

ナンパAVの撮影を装いヤリ逃げ

0116_201906212231322d0.jpg0117_20190621223130b35.jpg
路上ナンパにテレクラ、伝言。セールス営業の合間を縫い、オレはこの10年間で150人以上の女をモノにした。むろん、その中にはエンコー女もふくまれている。ラブホテルに入るアポった女に
「お小遺い期待していいのかな」
と言われれば、払わないワケにはいかない。なんせこちらはヤリたい一心なのだ。が、ある日を境にオレは、金も払わずチョー刺激的なシチュエーションでHを楽しむようになった。その手口は…ヤリ逃げだ。やはりそう来たか、と読者のみなさんは思っかもしれない。しかし、その方怯はこれまで裏モノに掲載されたものとは、一風変わっているハズだ。
篠原涼子をムッチリさせたハタチの専門学校生
キッカケは、1人のガングロ女だった。渋谷で声をかけたらいきなり、「お小遣い10万円ちょうだい」と切り出された。まったく口を開けば「金、金、金」の強欲女のなんと多いことよ。ここらでヤリ逃げの鉄槌を下してやるのも悪くなり。腹が座れば、問題はその手段だ。ラブホに入って一発キメてから、逃げる。これじゃあまりに能がない。どうせやるなら、Hを堪能し楽々と逃げたい。って、そんな方法が…あったーAV男優を装って屋外でヤッたらどうだろう。離れたところからカメラマンが撮影してるナンパAVだと称し女に声をかけ、ビルの谷間や非常階段でハメちまつのだ。
青カンなんて滅多に体験できるもんじゃない。それに屋外ならホテル代も浮く。ヤッた後、入り組んだ路地へ逃げ込めば、まず見つからないだろう。さしずめ一石一二鳥ってとこだ。思い立ったがソク行動hまずは女をダマすための小道具の調達だ。テープレコーダ(テープは回さず手元に置いておく)、即席で作った名刺、さらに見せ金として30万。これだけ揃えりゃ、まず疑われやしまい。ところが、ヤル気マンマン街へ繰り出してみると、これがうまくいかない。
「AVの撮影で」と言った途端、みな一斉に引いてしまつのだ。ハタチの専門学校生、サキに声をかけたのはタ方近くだった。篠原涼子をムッチリさせたような娘で、見事なバストの持ち主である。
「彼女、カラオケ行かない」「えー」
「何か予定あるの?」
「ないけどー。お小遺いくれたらいいよ」「いくら欲しい?」「5万くらいかな」
5万かあ。って、フザけんな、バ力。
「わかった。じゃあ、ちょっと協力してくれるかな」「協力?」
「今ね、ビデオの撮影してるんだ。ホラこれ」「なにこの名刺?AV男優兼スカウト・大塚って」
「アダルトビデオだよ」「えつウソでしょ?」
AVと聞いてもナゼか彼女は引かなかった。何も考えてないのかアホなのか。とにかく警戒心ゼロ。このチャンス、逃してなるものか。
「遠くからビデオ回して、このマイクで拾ってるんだ。ギャラも30万円出すからさ」
「えっ、30万円?でも、ビデオって顔が出るんでしょ」
「あっ。それは大丈夫。オレたちもリスクは背おいたくないからさ、顔は絶対に伏せるんだ。いまどき、顔出しビデオなんてほとんどないよ。後で確認してくれてもいいし」「ふーん」
フェラの途中で「本当に撮影しているの?」
金額を聞いた途端に揺らぐサキ。やはりオツムは相当弱そうだが、「金を見るまで信用できない」とはシッカリしてる。オレは強引に彼女を裏路地まで連れていき、万札でオシリをはたいた。
「きゃあ」「そっそう。そのリアクション抜群だねー。こーをつのがインディーズビデオではウケるんだ。さっ、コッチ来て」
金をポケットにしまい、5階建て雑居ビルの非常階段へ。
「ここなら誰にも見られないから安心でしょ。まずサキちゃんのプロフィールからね」
「えっとー、私はー」「オッケーじやあ、しやぶってくれる?」
「えっ、イキナリ?」「そうだよ」
胸の谷間から巨乳を覗かせ、オレのイチモッをしやぶる女。うブっ。めちやくちや興奮するぜー。だが、「本当に撮影しているの?」フエラを中断し彼女が尋ねてきた。ちよっ、ちよっと。なぜ今ごろそんなこと気にするんだ。
「いや、ほら、カメラが近くにあったら緊張するじやん。早えないところでちやんと撮ってるから大丈夫だって。オレらプロだからさ。そんなことより集中して」
必死の説明に、サキはなんとなく納得した、ふー。Tシャッ、ブラ、パンテイと剥ぎ、ラストは立ちバックでフィニッシュ。顔射のオプション付きは金額にして5万以上の価値はあった。
「オッケー、撮影終了。うん、サキちゃんよかったよ」「ありがとう。じやあお金・・」
「わかった。すぐ近くにロケバスが止まってるから、領収書取りにいっていい?」
エンコー女とタダで青カンが味わえる。これを同僚の林に自慢したところ、さっそく乗ってきた。ャッもオレ同様、根っからの女好きである。日曜日。銀行で金を下ろした後、2人で声をかけまくる。と、1時間後、ガングロ厚底女がっかまった。千夏と美香、両者ともに女子大生らしい。うふふ。おいしそうなカモだ。
「オレたちビデオ男優なんだけど…30万のギャラだすから、ちよっと協力してくれないかな」
「マジ?」「ここにあるよ、ほら」「わっ、本当だ」
地下駐車場の防犯力メラの前で…「はい…」オレは携帯電話片手に1人芝居を始めた。
「プロデューサーいる?今からソッチ行くから。ロケバスは、どこにいるの」
ふんふん領きながら、いったん停止。彼女に「ちよっと待って」と言い残し、裏通りへ消えた。楽勝だ。「じやあ、と」いいながら、金髪の美香の背に手を回す林。オレは千夏の手を握り、ャッらとは逆方向へ足を運んだ。向かった先は地下駐車場。一度ここでャッてみたかったんだ。
「千夏ちやん、コッチコッチ」「えー、人とかいないのー」
「大丈夫だよ。ADが調査してあるから」「ふーん。じやあ、あのカメラで撮影してるの?」
「えっ、あのカメラって?」見るとそこには駐車場の防犯カメラがあった。ャバッーでも、今さら場所変更なんかできない。どうにでもなれー
「それじやあ、しやぶって」「はーい」
先日のサキ同様、千夏もまた従順だった。好き者ぶり。ったく、最近の娘はどうなっとんじや。それにしてもあの防犯カメラ。オレのマヌケなH姿をきっちり録画したのだろうか。気になる…
カテゴリ
タグ

スナックのチーママのエッチ体験談

0162_201906180659578fe.jpg
●チーママなんですね。
○友達が経営してるお店で働かせてもらってるだけですよ。
●チーママって儲かります?
○まあ、ほどほどじゃないですか(笑)。
●裏モノJAPANって知ってます?
○ん……すいません。
●(中身をバラバラと見せて)どう思いました?
○おもしろそうですよね。
●どんな雑誌読むんですか?
○『anan』かな。
●休日はどこで遊ぶの?
○あんまり出歩かないんですよ。
●家でゲームするとか。彼氏は?
○います。ひとり。
●営みの方は週に何回ほど?
○1〜2回くらい。
●少ないですね。
○少ないですねえ。
●やや不満ですか。
○不満ですね〜。
●一番最近のエッチは?
○おとといです。
●初体験はおいくつですか?
○遅いんですよ。高2の冬。
●お相手は?
○バイト先の先輩の従兄弟。
●なんじやそりや。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます