人生ドキュメントのカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:人生ドキュメント

  • 2018/10/15人生ドキュメント

         日本での準備が整うと現地へ取って返し、最後の仕上げ。陽澄湖の業者はレーザー刻印に懲り、背中に産地を明示した名札を巻き付けている。さっそく現物を仕入れ、偽造品を作らせた。「耐水性のある紙で作られた、チャチなものですよ。本当は慎重を期して日本で作ろうと段取りしてたんですが、立派になり過ぎちゃうと思って」準備は万端、太湖の養殖池から上がった蟹に『陽澄湖』の名札を付け、ハサミ...

    記事を読む

  • 2018/10/07人生ドキュメント

            真っ当に暮らしている者はもちろん、例えば出会い系サイトで知り合った女子を買春しても、まさかバクられることはないだろう、と他人事のように考えているものだ。大甘である。逮捕は決して見知らぬ誰かに降りかかる災難ではない。叩けば多少なりとも挨の出る体なら、いつ何時あなたのもとに警察が訪れてもおかしくない。こんな話がある。昨秋、印刷関係の営業職に就く1人の会社...

    記事を読む

  • 2018/10/07人生ドキュメント

         メタボリック症候群──。要するにデブのことである。男の場合ウエストが85センチ以上であれば該当し、成人病や糖尿病など様々な疾患の原因になるのだそうだ。要するに、写真のようなオレのことを指す。身長173センチ、体重72キロ。これだけならやや太めと言えなくもないが、なぜか腹だけポッコリ出ており、みっともないことこの上ない。痩せなければ。腹を引っ込めねば。そう願いつつ、夜は満腹た...

    記事を読む

  • 2018/10/07人生ドキュメント

       オープン前日。誰1人現れない。「もしもし、HPを見たんですけど」「お、お電話、ありがとうごさいます。」「噛みまくりやんけ」「絶対に本番だけはあかんで。電話するからちゃんと出てや。んじゃ、みんな頑張ってくれ」1時間後、コンビニの駐車場に戻ってきた姫たちに、缶コーヒーを一本ずつ渡す。ほんまにおつかれさん。疲れたやろ。「大変やったわあ〜。あんたの客どやった?」子持ちのサクラがまさみに話...

    記事を読む

  • 2018/10/05人生ドキュメント

       車のナンバープレートを盗んだ容疑で逮捕された。5年間に3度バクられたため、たった1枚のナンバープレートでも累犯として4年以上の実刑が下るのは確実だ。泥棒など割に合わない犯罪と骨身に染みているのに、気づけば体が自然に動いてしまう。綿密な計画を立て、下見をし、狙った獲物を手に入れたときのゾクゾクするような快感と言ったら…。肉親を地獄に突き落とし、親戚に疎まれ、友人を裏切ってもなお、止...

    記事を読む

偽の上海蟹で財産を作った男

0234_201810152045402ab.jpg 0235_20181015204541f8f.jpg 0236_20181015204542a31.jpg 0237_20181015204544025.jpg 0238_20181015204545dbf.jpg 0239_20181015204547a06.jpg
日本での準備が整うと現地へ取って返し、最後の仕上げ。陽澄湖の業者はレーザー刻印に懲り、背中に産地を明示した名札を巻き付けている。さっそく現物を仕入れ、偽造品を作らせた。
「耐水性のある紙で作られた、チャチなものですよ。本当は慎重を期して日本で作ろうと段取りしてたんですが、立派になり過ぎちゃうと思って」
準備は万端、太湖の養殖池から上がった蟹に『陽澄湖』の名札を付け、ハサミで傷が付かないよう1匹1匹ヒモで縛り生きたまま飛行機に乗せれば・・・

キャッシュディスペンサー荒らし男の壮絶人生

0048_20181011123339092.jpg 0049_201810111233401b7.jpg 0050_201810111233414cc.jpg 0051_20181011123343456.jpg 0052_20181011123344e7b.jpg 0053_20181011123346c98.jpg 0054_20181011123348672.jpg 0055_201810111233493b6.jpg 0056_2018101112335146a.jpg 0057_20181011123352851.jpg 0058_201810111233533d0.jpg 0059_201810111233552f8.jpg

逮捕されたらどうなる?取り調べ・留置所・量刑

0083_20181007154450872.jpg 0084_20181007154451712.jpg 0085_20181007154453c7e.jpg 0086_20181007154454ad0.jpg 0087_20181007154456647.jpg 0088_20181007154457691.jpg 0089_20181007154459cee.jpg 0090_20181007154500c9d.jpg 0091_2018100715450230e.jpg

真っ当に暮らしている者はもちろん、例えば出会い系サイトで知り合った女子を買春しても、まさかバクられることはないだろう、と他人事のように考えているものだ。
大甘である。逮捕は決して見知らぬ誰かに降りかかる災難ではない。叩けば多少なりとも挨の出る体なら、いつ何時あなたのもとに警察が訪れてもおかしくない。
こんな話がある。
昨秋、印刷関係の営業職に就く1人の会社員が、都内の某警察署に現行犯逮捕された。
罪状は、軽犯罪法第一号第二条違反。「理由なく危険物を持ち歩いていた」という容疑である。
サバイバルナイフでもカバンに忍ばせていたのだろう。と思いきや、彼が所持していたのは、単なる十徳ナイフである(スイス土産で有名なビクトリノックス社製)
長い拘禁期間を終えた被疑者は、法務省管轄の拘置所に移管される。
裁判を待つ身の「被告人」に立場が変わる。
が、罪を犯したすべての者が法廷に立たされるわけではない。初犯の万引き等であればすぐに釈放。後日、警察から検察官に書類送検された上で、不起訴や起訴猶予、処分保留の決定が下されることも少なくない。いずれも《起訴を見送られた》ケースであり、いわゆる前科者とはならない。
また、交通違反などに適用される「略式命令」を受けると、簡易裁判で罰金刑を言い渡されるのだが、これには前科がつく。ただし、毎年数十万人の人間が道交法違反を犯すため、社会生活上の支障はない。

参加者は全員が女・出会いとメタボ解消の一石二鳥を狙ってダイエット合宿へ

0016_20181007113628dac.jpg 0017_2018100711363062a.jpg 0018_20181007113631c83.jpg 0019_20181007113632332.jpg 0020_20181007113634f10.jpg 0021_20181007113635dc4.jpg
メタボリック症候群──。
要するにデブのことである。男の場合ウエストが85センチ
以上であれば該当し、成人病や糖尿病など様々な疾患の原因になるのだそうだ。要するに、写真のようなオレのことを指す。身長173センチ、体重72キロ。これだけならやや太めと言えなくもないが、なぜか腹だけポッコリ出ており、みっともないことこの上ない。痩せなければ。腹を引っ込めねば。そう願いつつ、夜は満腹たいらげ、ビールを痛飲。意思の弱さはついにウエストを93センチにまで到達せしめた。このままでは早死にしかねない。かくしてオレは重い腰を上げることにした。ダイエット合宿への参加だ。
1人ではできないことも合宿の仲間とならば乗り越えられる。参加期間は3日間。やや短いような気もするが、このまま怠惰な生活を続けていては、明日はないのだ。
真夏の某日。ダイエット合宿の所在地、神奈川県の某駅に降り立った。いわゆる『湘南』と呼ばれる海沿いの地域である。まもなく迎えに来た女性の車に乗り、合宿所へ。5分ほど走ったところで、車は住宅街の一角で停まった。
「では、説明しますので中に入ってください」
一軒家のような建物のドアを開けると、中央部のソファに座るうら若き女性3人が声をかけてきた。
「こんにちは〜」短パン、Tシャツ、すっぴん。まるで自宅でくつろぐような彼女らは、何日も前から参加しているらしい。誰一人、太ってはいない。
「あ、お邪魔します」いそいそソファに座ったところで、主催者のヒゲ面男性から説明が始まった。
この合宿、プログラムの基本は断食である。水と黒糖しか口にできない『本断食』、野菜ジュースなども飲める『プチ断食』と、コースは自由だが、大半は本断食を選ぶらしい。オレもそれに従おう。
「3日ぐらいなら大丈夫でしょう。では、後は自由に生活してください。当合宿では、特に何かを強制することはありませんから」合宿というからにはビシバシしごかれるスパルタを覚悟していたが、まったく正反対のようだ。1人で町へ出るなり、部屋で寝るなり、自由に生活できるスタイルらしい。てことは、女性参加者たちも、ただ時間を潰してるのか。どう見ても10代としか見えない子が、屈託なく話しかけてきた。
「何才なんですか?」
「36だよ」
「男の人で痩せたいって思うなんて偉いですよね」
「そうかな。何才なの?」
「18です」
彼女、大学受験を控えた高校のため、問題集持参で参加しているようだ。こんなことしてる場合じゃなかろうに。あとの2人は20代で、他にももう2人、寝ている女の子もいるらしい。つまり、参加者はオレを除いて全員が女となる。
「みんな太ってないのに、どうしてここへ?」
「も〜、見えないところが色々大変なんですよ〜」
短パンから太ももを露にして3人が口を揃える。なんだかイケそうな気がする〜。
食べ物の話はしないでください!参加者は下の名前で呼び合うのが慣わしのようだが、36才のオッサンであるオレは『先生』と名づけられた。風貌がグータラ教師っぽいのだと。
「先生、これからどうします?一緒に散歩します?」
今日は午後から、女性陣たち揃って茅ヶ崎の海岸までカロリー燃焼の散歩に出るらしい。メンバーは以下の通りだ。
A子=モデル体系の美人。参加10日目
B子=ヤンキー茶髪。参加5日目
C子=B子の妹。参加5日目
D子=童顔の20代。参加3日目
E子=高校3年生。参加2日目
それぞれ日数の違いはあれ、全員が本断食コース。朝食を食ってきたオレですらすでに腹ペコなのに、みんな空腹のまま長い距離を歩けるのか。ラーメン屋やとんかつ屋を横目に見ながら、黙々と歩く6人。道中、うなぎ屋の軒先からなんとも香ばしい匂いが漂ってきた。
「あぁ、うなぎ食いてぇ〜」
思わず唸り声を上げると、童顔のD子が振り返った。
「食べ物の話はしないで!」
「あ、ごめん…」
彼女ら、本気だ。必死に我慢しているのだろう。オレも食い物のことを考えるのは止めだ。水を飲み飲み、黒糖を舐め舐め、なんとか茅ヶ崎海岸までたどり着いたが、波打ち際で遊ぶ気力は残ってない。ただ浜辺に座ってボソボソ話すだけだ。
「疲れたよね…」
「もう歩きたくないね」
「あぁ、私、ロレツが回らなくなりそう」
「ウンチもぜんぜん出なくなったしぃ」
「でもナゼかオナラは出るんだよね」
とても真夏の湘南でかわされる会話ではない。フラフラになりながら、合宿所に戻ってきたのが夕方の6時。休憩1時間を挟んで6時間も歩き続けたことになる。いったい何カロリー消費しただろう。タコ部屋のような薄暗い室内の二段ベッドに寝転がると、悪魔が囁いてくる。
『今なら近所のコンビニで買い食いしてもバレないぞ』
誘惑は次第に大きくなる。そうだよな、別にオニギリ一個ぐらい構わんよな。意を決して路上に出ると、女性陣が洗濯物を干していた。
「先生、どこ行くんですか?」
「え、ちょっとタバコを…」
虚を突かれ、さりげなくタバコを口にくわえる。1本吸い終わったころ、悪魔の囁きは消え、なんとか初日を乗り越えた。女どもがジャマで自販機に近づけぬ2日目、5時起床。本日は鎌倉の円覚寺で座禅を組むことになっている。女性参加者は、姉妹を除く3人。早朝の鎌倉を車で走り、円覚寺境内へ。一般人に混じって足を組み、般若心経を唱える。と、隣に座っていたD子が突然倒れこみ、そのまま外へ這い出て行った。貧血か?読経後に外へ出ると、D子がうずくまっていた。今日で4日目の彼女、胃が弱っていたらしく、ビタミン剤を吐き出してしまったらしい。ヤバくないか。まかり間違えば、死だって…。
この心配はそっくりそのまま、こっそり何か食ってやろうという考えを復活させた。問題は、いつどこで食い物を入手するかだ。寺から戻ってくると、新しい参加者がソファに座っていた。16才の女子高生、F子。夏休みを利用して近畿地方からやってきたというが、一体、この娘の両親は何を考えてるんだ。主催者の男性が口を開く。
「今日は登山にしましょう」
山登りは、本合宿のメインイベントのひとつだ。過酷な運動だから、確実にカロリーは消費されるだろう。2日目にして早くも倒れそうなオレだが、参加せぬわけにはいかない。女性陣も、ビタミン剤を吐いたD子を除く全員が参加となった。隊列が一列になって登山道を進む。足取りはフラフラで、
ぬかるみに滑ってこける者が続出した。笑顔もない。会話もない。ただ登るだけ。まるで修行のようだ。3時間後、ようやく山頂に到達した。心地よい風に吹かれていると、ヤンキー顔のB子がオレに向かって言った。
「先生、痩せたよね」
「ほんと?」
「だって来たとき、Tシャツがテントみたいだったじゃん」
そうか。痩せたか。でも、オレはもう食うぞ。このまま下山したら、途中で倒れてしまう。が、休憩所の菓子パン自販機の前を女性陣に占拠され、近づくこともできない。うぉぉ〜。なんたるバッドタイミング。結局、死にそうに空腹のまま下山と相成った。夜になって、また新規参加者がやってきた。女子大生1人に女子高生2人。計9名の女性に囲まれるとはまるでハーレムだが、彼女らハナから女を捨てていて、汚いジャージ姿に化粧すらしていない。皆で交わす会話も、減量ネタばかりだ。
「プロテインダイエットはやったことある?」
「あぁ、あれダメだってね。耳ツボがいいらしいよ」
「へぇ」
聞いた感じ、一通りのことは経験して、最終的に合宿へたどり着いたようだ。やはり、「食わない→痩せる」という明快な構図に惹かれたのか。まもなく布団に入ったオレは、眠れぬまましばらくボー
っとしていた。カリッと揚がった天麩羅。脂の浮いたラーメン。ピリ辛マーボ豆腐…。あ〜、もう死にそう!!
3日目、朝9時から滝行へ出発した。参加者は昨日やってきた3人と、今朝到着した美人イベントコンパニオン、そしてオレの5人だ。空手着に着替え、山中の滝へ。ビキニの女子高生。すけすけ空手着のコンパニオン。夏の水遊びとしては最高のシチュエーションである。しかし、もはや興奮する余裕もない。空腹のため目眩がする上に、滝の水圧が強く、身体がよろめいて仕方ない。
「なむあみだぶつ、なんみょほーれん、神様、仏様…」
上流から、そうめんを流してください!帰京後、体重はわずか200グラム減にすぎなかったが、ウエストは3センチも減っていた。ところが、とんかつ定食を一気呵成に貪り食っただけで、すべては元通りに。3日間の我慢は水の泡と消えた。

風俗経営は素人でも出来るのか?俺のデリヘル開業日記

0078_201810071009225d8.jpg 0079_20181007100923c20.jpg 0080_20181007100924067.jpg 0081_20181007100926887.jpg
オープン前日。誰1人現れない。
「もしもし、HPを見たんですけど」
「お、お電話、ありがとうごさいます。」
「噛みまくりやんけ」
「絶対に本番だけはあかんで。電話するからちゃんと出てや。んじゃ、みんな頑張ってくれ」
1時間後、コンビニの駐車場に戻ってきた姫たちに、缶コーヒーを一本ずつ渡す。
ほんまにおつかれさん。疲れたやろ。
「大変やったわあ〜。あんたの客どやった?」
子持ちのサクラがまさみに話しかける。
「いい人やったで。何もサービスしてへんし、カラオケ歌ったただけや」
「うそ〜。ウチの客なんて、ずっとなめさしよるねん。アゴ痛いわ」
人差し指と親指で頬を押さえるサクラにイズミが応える。
「そんなんまだマシや。私のは入れさしてって、しつこいねん。しかもチンポに何か入れてて、デコポコやし。あんなんオメコ壊れるわ」
女は強い。みんな驚くほどアッケラカンとしている。決して上々とはいえないスター卜だが、この調子なら何とか乗り切れるんちゃうか。

泥棒は犯罪とわかっていてもやめられない男の人生

0180_20181005145440350.jpg 0181_20181005145441cba.jpg 0182_2018100514544338b.jpg 0183_201810051454444ab.jpg
車のナンバープレートを盗んだ容疑で逮捕された。5年間に3度バクられたため、たった1枚のナンバープレートでも累犯として4年以上の実刑が下るのは確実だ。
泥棒など割に合わない犯罪と骨身に染みているのに、気づけば体が自然に動いてしまう。綿密な計画を立て、下見をし、狙った獲物を手に入れたときのゾクゾクするような快感と言ったら…。
肉親を地獄に突き落とし、親戚に疎まれ、友人を裏切ってもなお、止められない。縁あって、今月から自分の半生を語らせてもらう機会を得た。しようもない男の来し方だが、私の歴史はそのまま我が国の泥棒の歴史と自負している。読者の皆さんの、反面教師にでもなれば幸いだ。
私は、三重県熊野市にほど近い紀州鉱山の村で生まれた。3才の春に両親が離婚し祖父母に育てられたが、まずまず恵まれた子供時代だったように思う。学校から帰ると近所の友だちと山を駆けめぐり、川でサカナ釣りに興じる。戦争の間も、祖父母は私に白い米を食べさせてくれた。
終戦を迎え新しい時代になったとはいえ、育ち盛りの男子が考えるのはメシのことばかり。上級生に命じられるまま、近所の生け賛にサカナを盗みに行かされた。海軍払い下げのカッターに乗り、生け蓑の網をたぐり上げ、バケツ2杯ほどの鰯を毎夜のごとくかっぱらう。最初は罪悪感でいっぱいだっ
たのに、慣れとは恐ろしいもの。いつの間にか、誰に命じられずとも自分でカッターを漕ぎ出し、伊勢海老などを盗って食べるようになっていた。鰯はともかく、伊勢海老などの高級材を盗まれては漁師連中も黙っていない。ある夜、カッターで生け賛に乗り付けたところを、待ち伏せしていた海上保安庁の巡視船に一網打尽に。この事件を機に高校を中退、田舎に戻り祖父と一緒に山仕事を始めた。木を伐採し、架線で吊り上げ山裾まで運ぶ。丸太を担ぐのは大変だが、1日500円(現在の金で約1万)の日当は悪くない。仕事が終われば近所の映画館で高峯秀子の『カルメン故郷に帰る』や『シエーン』を観て過ごした。
そのままいけば、働き者の女房でも見つけ、穏やかな一生が待っていたのかもしれない。が、祖母が貯めていてくれた5万でホンダの単車を購入したことから、人生が狂い出した。ヒマを見つけては爆音を轟かせ、新宮市や熊野市まで繰り出した。山育ちの若造にとって、街はあまりにまぶしかった。客引きの声に導かれるまま、遊郭で川崎出身の女性を相手に初体験も済ませた。
そして運命の女・美津子に巡り会う。和歌山の田舎から置屋に出稼ぎにきた女。目のパッチリした
細面の美人だった。私の単車の排気音を聞いて店の前まで飛び出してくる彼女のけなげさに惚れ、仕事を休んでは2人で遊び回るようになった。そんな私を、祖父母はただ悲しそうに見ているだけだった。それをいいことに、遊ぶ金ほしさに家の金に手を出した。旅館の1階で細々とタバコや食料品を商う祖母の売り上げを盗み出したのだ。最初は硬貨だったのが百円になり2百円になり、ついには千円札まで…。祖母は金を隠せば他人の金を盗むと懸念したのだろう、見て見ぬふりをしたが、当然生活は苦しくなる。祖父の唯一の楽しみである2合の晩酌は1合になり、焼酎に代わり、そのうち飲まなくなった。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます