裏風俗・風俗体験談のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:裏風俗・風俗体験談

シースルー下着スケスケのキャミソールの密着型SEXY系マッサージ風俗サ—ビスは一切無いと言っても実際はどうなんでしょ?

56_20200405133901430.jpg
53_20200405134054531.jpg192_202004051246437db.jpg193_2020040512464461b.jpg194_20200405124646dc4.jpg195_20200405124641f8b.jpg
「最近、オレ、SEXY系マッサージにハマってるんだよね〜」
なにそれ?「女のコがエロい服でマッサージしてくれる
んだよ。店によってサ—ビスはまちまちだ
けど、オイルからパウダ—マッサ—ジもあっ
て、かなり本格的なんだよね」
ふ—ん。で、ヌキはあるのかしら。
「体を密着させてきたり、コッチの乳首をさ
わったり、チンコを直接ナデてきたりなん
ていうギリギリのはあるんだけどヌキは基本無いんだよ。でも、女のコのレベルは信られないくらいに高いね。オレがこないだ行
った千葉駅近くの『日』って店は' 女のコたち
はフロムA で募集してる完全素人ばっかり
なんだよ。それがまた興奮するんだ〜」
本物の素人娘が本格エステ、しかもテインコまでナデてくれるとは… 究極の寸止
めフ—ゾクじゃないの、それ!
「女のコたちは指名がほしいから、お店から指導されてることよりも、もっと激しいサービスをしていても不思議じゃないよ」
N君がソソることを言います。いくら力ワイイコが付いたとしても、プロの風俗嬢のプレイになんとなく飽きてきているのも事実。完全素人に癒されつつのエロいマッサージもいいかもしれない。しかも裏のサ—ビスまであるかもしれないなんて…。これは体験& エロサ— ビスの存在を検証せねばなりますまい。この«密着型» という言葉が気になる。しかもオプションで選べる「コスチューム」をチェックすると、女のコは一千円でコスチユームを指定できるようです。下着にミニエプロンや、シースルーのボディコン、スケスケのキャミソール。って下着パブみたいなコスばかりじやん
足ツボかネイル磨きのどちらかを選んでいただいて総額1万5千円です
とりあえず30分後に予約して電話を切りました。さぁ、初めてのSEXY系マッサージ。いったいどんな感じなんでしょう?肩や股間のコリも取りのぞいてくれるんでしょうか?
午後3時。宮益坂を登って3分の雑居ビルの9階。エレベ—夕のドアが開くと、白衣姿の40代半ばのオバサンが「いらっしゃいませ〜」と声をかけてきました。小奇麗な店内の奥。窓際にあるイスに通されると、サイトで見たスケスケのキャミソールやボディコンが壁にかけられています。実際に見るとかなりエロい。これを着てマッサ—ジするの?「お電話でもお話しましたが、当店はエステ、マッサ—ジのお店ですので、風俗のようなサ—ビスは一切しておりません。エステティシャンへのタッチは固くお断りしています」はいはい。まあ、そう言いますよね。でも実際は…どうなんでしょ?
とりあえず壁にかかっているコスチュ—厶の中で露出度の高いスケスケのキャミソ—ルをチョイス。くあ楽しみ!受付で総額1万6千円を支払い、施術スペ—スへ移動。大きな床屋にあるリクライニングシートと洗髮用のシャワー装置が置いてある。広さは3 畳ほどか。
「それでは、下着以外の服を脱いでいただいて、シ—卜に座ってお待ち下さい」
オバサンの指示通り、服を脱ぎシ—卜に座る。天井から大きな鏡がブラ下がっています。鏡にパンいちのボクの姿が。なんだか恥かしいなあ…。ドキドキしてきました!
「すいませ〜ん、失礼しま〜す」
部屋の外から声がかかる。息を飲んで「はい」と声をかけると、20代前半の女のコが入ってきました。「Aです。よろしくお願いします」
おぉぉ!スレンダ—なのに胸の谷間がくっきり一深津絵里似のAちゃんが先ほどのスケスケキャミソール姿で現れました!完璧にくびれたウI ストがシースルーのキャミソールから透けて見えます。ス
ラっと長い足がエラいセクシーです。
「すごい、格好だね?」
「そうなんですよ。でも、これ着せたの、お客さんじやないですか。ちよっと恥かしいんですよね」
苦笑しつつも恥かしそうな表情。風俗嬢とは全然違う恥じらいがええですなぁ。
「この店初めてですか?」「うん。知り合いに薦められて来てみたんだけどね。アレなの?この店のコはみんなエステとかマッサージの経験者なの?」
「いえ、普通のコが多いですね。私は、美容系の学校に行っていたんで、マッサ—ジとかネイルとか経験があるんですけど。普通のコは講習を受けますね。じやあ、洗髮しま〜す」
シ—卜をリクライニング、足の部分は上げられて普通に仰向けに寝ている体勢に。体に長めのタオルをかけられそのまま頭の部分は横に置いてある洗髮マシ—ンにスポつと入れられます。スイツチが入ると、うなじのあたりから脳天にいたるまで強めのお湯が発射。ぅふう! くすぐったい!
「大丈夫ですか〜。この洗髮マシーン慣れないとくすぐったいかも…。ガマンしてくださいね〜」近い、ボクの胸の辺りからオナカにかけてサワサワとナデてきます。お?このソフトタッチ。気持ちいいじゃん。くすぐったさと気持ちよさに体をゆだねていると、続いてはフェイシャルマッサ—ジ。オイルクリ—ムを塗られます。優しくヌルンヌルンする手触りが気持ちいい〜。マッサ—ジが終わり、顔の上にアツめのタオルが。ん?何?なんとタオルの上から、あきらかにA ちゃんのオッパイがムニユりと乗ってきました!これが密着型ってことか. やわらかいオツパイとあったかい夕
オルとのコンボで、テインコはだんだん硬くなってきました。本番はこれからですか?生殺しだよね〜。でも、ここまでなの
後は、ネイル磨き。続いてリンパマッサ—ジです。Aちゃん、ボクの太ももに足を絡めてきたかと思ぅと、そのまま顔にオッパイを押し付けて、無理な体勢で肩を揉んできました!痛いところあったら言ってくださいね〜」
こ、股間が硬くて痛いです!ていうか、密着するにもほどがあり続いて、対面座位のように上に乗ってきて、ボクの手を自分のオシリに回させて、脇の下をマッサ—ジ。当然'
オッパイは顔に当たりますし、ティンコはガッチガチになってきます。うわ〜、なにこれ??そっと彼女のオシリを円を描くようにナデる。「ふふ…」と笑うAちゃん。おぉ、タッチOK?
やっばりエロいサービスあり?そのままパンツの脇から指を入れようとしたところで、Aちゃんがフッとボクの股間の上から降りていきます。あ〜、逃げられた〜。
「じゃあ、リンパをマッサ—ジしていきま〜す」
Aちゃん、ボクの両足の間にチョコンと座ると、ガッチガチになったボクのティンコの根元をパンツごしにギュウギュウ押してきます。上目使いで「すごいコッてますね?」とエロ〜く笑う彼女。そのままタマ部分を優しくコロコロと転がすようにマッサ—ジです。うわぁあああ!なんだよ?ここまでするのかよ???(こうなったら次はティンコ?)ドキドキしながら待っていると、A ちゃんが立ち上がってボクをギユっと抱きしめてきました。顔が近い!チュ—してもいいのか?Aちゃんの唇に向けてロを移動させると、サッと避けられてホッペにチユっと当たりました。そのままAちゃんはもっと強くギユ〜っと抱きしめてきます。「はい、お疲れ様でした〜」
…え?終わり???これで終わりですか???ここまでヤっといてこれで終わり??もうティンコが爆発しそうなのに??
「えっと…ごめん、これ以上のサ—ビスとか…ないの?」パンツの上からガマン汁をびっしょりさせながら聞く。「ね〜。生殺しだよね〜。でも、ここまでなの。気持ちよかった〜?」マジかよ?こんなの収まんないよ!「じやあ、また来て下さいね〜。次はもっと気持ちよくしてあげますから」
延長するとエロいサービスが…結局、ありえないくらいにティンコがガッチガチに硬くなったのに、ヌキは無し。あんなに興奮したのは久しぶりです。なのにイケない! しかもマッサ— ジはそこまで気持ちよくないし.股間とこめかみに血管を浮き上がらせながらN君に電話をすると「でしょ〜?」と笑いながら教えてくれました。彼は、それこそがSEXY系マッサ—ジだと言います。異常なまでに密着して、ギリギリのタッチまでしてその気にさせといてヌキは無し。興奮した客たちは「また同じコを指名すればヌキがあるのでは?」「延長すればヌキがあるのでは?」と期待し続け、店に通い続ける。この男の性欲を利用した商法で金を吸い尽くすのだといぅのです。
「新宿南口にあるHはオススメだよ。まず、女のコのレベルが六本木のクラブで働いててもおかしくないくらいに高い。しかも女のコによっては『延長』するとエロいサ—ビスもあるらしいって、2ちゃんねるでも噂なんだよ…」
ほんとか? あるらしいだけで、実際はないんじやないの?とは思いつつも、股間は張り裂けそうなほど硬い。
店内に入ると、そこはブラックライトやら青い光がキャバクラのごとく輝いてました。中では、ミニスカ—卜に上は水着、またはキャミソ—ルに短パンといった露出度満点のギャルたちがウロウロしています。なにコレ?みんなギャルっぽくて、かなりレベル高いんですけど…。
「ご予約の町田様ですね。本日はBが施術させていただきます」
受付で紹介されたBちゃん、これがなんと、竹内結子をちよっとギャルっぽくさせたよぅな超美人。レ、レベル髙けぇ「初めまして、こちらです〜」
ちよっとアニメ声なBちゃんに手を引かれながら三畳ほどの広さの個室に案内されます。ぅわ〜〜、ブル—な照明がエロ〜い。真ん中に置かれたマッ卜もエロ〜い!
「裸になって、この紙パンツの隠す部分が広いほぅを前にしてはいてください。そしたら、ガウンを着てシャワ—です〜。私、外に出てるんで用意ができたらお願いしま〜す」今度はボクの両足の間に座り、股間の付け根をギュゥギュウとマッサ—ジ。ちよつと上から目線でニコニコと笑うB ちゃん。た、たまらん!その後も彼女の攻撃は止むことがありません。
「ち、ちなみに…延長したら、もっと先のサ—ビスがあるの?」
「うん。もっと気持ちよくしてあげ一ますよ〜」
…もうここまで来たら確かめるしかありません。N君とBを信じ、50分延長の一万円をBちゃんに手渡しました。50分後。結局、Bちやんのパンツごしに掌を
押し当てさせての手マンのようなマッサージや、騎乗位素股の体勢には度もなるものの、すべて寸止め。「お小遣いあげるから触って」と頼んでもごめんね〜」とかわされる始末。肩も股間もコリは取れず仕舞いでしたとさ。
タグ

中国式インド式イギリス式ハワイ式さまざまな国の性感マッサージエステのサービス内容は

0200_20200330123819cc6.jpg0201_20200330123821bfa.jpg0202_20200330123822609.jpg0203_2020033012382453f.jpg0204_202003301238253d6.jpg0205_20200330123827690.jpg
ネットや雑誌を見れば、あるわあるわ、さまざまな国のエステがてんこ盛り。
《ベトナム式》《エジプト系》《インド式》《中国宮廷式》などなど、もうグチャグチャな状態です。しかし、こういうエステ系には大きな落とし穴が存在します・それは「実際に行ってみたら、ヌキがない本当のエステだった」という深い穴。池袋北口か3分雑居ビルの3階の案内所に到着・スーツ姿の店員が迎えてくれる。
「え、ハワイアン王朝式ってのは、どんな感じなの?」
「はい、3種類のアロマを使ってのオイルマッサージとなります。セラピストが掌や腕、肘など全身を使って、リズミカルに施術いたします」
「それだけ?ほかに特徴的なことはないの?」
「特徴的なのは《天にも昇る気持ちよさ》となります」
ホッホー、かなり自信マンマンなモノ言いですよ。そこまで言うならお願いしましょう。女の子たちの写真を見ると、かなりレベルは高いものの全員日本人。ハワイアン王朝なのに。ま、いつか。とりあえず辺見えみり似のAちゃんを指名し近くのラブホヘと移動。チャイムが鳴る。「こんにちわ〜、待ったぁ?今日、ちょっと忙しくて…堪忍なぁ」
写真よりもかなりカワイイめのAちゃんは関西弁だった。ハワイアンなのに。まずは浴室で、Aちゃんが黒いワンピースのまま体を洗ってくれる。えっと、脱がないの?
「シャワーでは、うちは脱がないんよ。でもマッサージが始まったら下着になるし、最後、手でするときは、上だけは取るで」えっと、じゃあタッチとかは?
「後半になったら胸は触ってもええよ。でも、胸以外はあかんねん」
なるほど、基本的な流れは軽めな韓国マッサと大差ないのね。ま、店員が言っていた《天にも昇る気持ちよさ》に期待するとしよう。シャワーから上がり、ベッドに横になる。
「恥ずかしいから、あんまり見んといてな」
そう言って、ワンピースを脱ぐと、かなり張りのあるバスト。ん〜、いいじゃない!ダイエット効果があるというグレープフルーツのアロマを背中にふりかけ、マッサージが始まった。首筋から肩口。背中から腰へと、かなりの本格的なマッサージ。特に、ひじから前腕を使って、リズミカルに背中を操みほぐすのがグッド。マッサージうまいねえ。
「そう〜、ありがとう・うちな、週一で入ってんねやけど、他の日はエステティシャンやってるねん」じゃあ本職?うまいわけだ。ところで、ハワイアン王朝って、どこらへんがハワイアンなの?
「ああ、ひじや腕を使って、背中をグリグリするのが、ハワイアン王朝式らしいで」
このグリグリが王朝式なの?なんだかショボいなぁ…。
仰向けにされ、睾丸マッサージへ。指先に口ーションを塗り、タマタマを回転させるようにマッサージしてくる。んん〜〜、さっきまでやわらかかったティンコが硬くなってきましたよ。
「じゃ…手でしよっか?グレープフルーツ、追加しよな〜」
ブラを外し、手コキに移行する。アロマをティンコにたっぷりと塗りつけての高速手コキだ。さっきまでの丁寧なマッサージとは打って変わって、なんだかおざなりじゃない?
「ごめんな・うち、あんまり男の人のこういうとこ…慣れてないねん」
彼女はスピードをユルめることもなく、マッハの速さでピストン運動。でもって、白い液をスッパーンと発射!オッパイにさわるヒマもない。「お疲れ様?」Aちゃんは、ニコニコ笑いながらすぐにブラを付けた。ハワイアン王朝式…確かに気持ちはよかった・でも、やっぱりプレイの流れは韓国式をはじめとするアジア諸国と変わりはなかったなぁ。手コキが早いところなんか特に。
やっぱりアジアや南の島なんてダメ!ここは格調高きヨーロッパ系を試してみることにしよう。狙いは、ずばり《英国式》だ。英国と言えば紳士淑女の国・淑女というくらいだからスタイル抜群が来るに違いない。う.が?「すいません、今日はもう1人しかいないんですよ。他の子だと3時間以上の待ちになりますね」
電話をしたのは夜の9時・こんな時間から女の.が1人しかいないってことは、相当の人気店と見た。かなりのイイ女が期待できそうですよ。値段は1時間1万8千円。ちょっと高いが、そのBちゃんを予約指名・自宅から近い新宿のホテルに入る。ドキドキ感を抱えながら1時間。《ちょっと遅いんじゃない?淑女が遅刻なんて!》と、イライラしだしたころ部屋のチャイムが鳴った。ゆっくりとドアを開く。え……?そこに立っていたのは、森久美子なみに太った肉だった・こ、このお肉が『ハタチのかわいい己なの?ちよ、ちょっと待ってよ!
「すみません・お待たせしちゃいまして…。待ちましたよね?」「…結構ね」
すごく迷いつつも、今回はあくまでもマッサージを味わうのが目的だがら、ちょっとくらいのお肉は我慢しよう…と思うが、ドンドン心は折れていく。うわ〜、アゴの下すごい汗!部屋に入り、大汗を流しながら服を脱ぐBちゃん。FからGはありそうな胸だが、基本的に鏡モチのような体型・これで1万8千円はないだろうよ!この紅の豚め!心の中でブッブッ言いながらも、シャワーを浴び、ベッドへと移動。「じゃあ、まずはうつ伏せになってください」
まずは、アロマオイルを手に取りながら足のほうからオイルを塗り出す紅。ペタペタ、スリスリ、ペタペタ、スリスリ。ただ、アロマオイルをなでつけていく。あの、ちっとも気持ち良くないんですけど。そもそも英国式っていうのは、どういうサービスのことを言うのかしら?
「普通は睾丸マッサージとか、足裏とか、いろいろ分かれてるじゃないですか?でも、全部含むのが英国式なんですよ」
は?何それ?じゃあ、韓国式エステに行って、すべてのオプションを付けると英国式になるってこと?わけがわからんよ!「ところでBちゃんは、この仕事始めてどのくらい?」「3ヵ月めなんですよね。その前は事務員やってました」
えらく地味だな。彼氏は?
「いままで男の人とつき合ったこともないんですよ」え?じゃあ、バージン?
「・・・はい」
マ、マジかちうか、無理ないわな-。これじゃな。
「そつか-。でも、バージンを捨てようと慌てないほうがいいよ。そのうち絶対好きな人が出てくるって」心のこもらない会話をしているうちに、うつ伏せ状態でのマッサージが終了。
「これで一通り終わりなんですけど、次はどうしますか?最後は普通のヘルスとかと一緒で、手でも口でも大丈夫です。素股もありますけど」
サイトに書いてあったとおり、バリバリの風俗ですよ、コレ。でも、こんな巨体にヤってもらっても勃たないんじゃないんでしょうか?でもせっかくだからマッサージをやってもらおっかな。
Bはタマタマを操み出したかと思いきや、おもむろにティンコをパックリとくわえた。普通なら興奮
する場面だが、硬度は上がる様子も無い。しかもフェラ、ド下手。その後も、ローションをつけてのパイズリなど試すも、悲しいかなまったく興奮しない。「ではまず、服を全部脱いでいただいて…最初は足浴になりますね」まもなく洗面器に入った暖かいワインで片足ずつ洗われた後、診察椅子に移動。まつぱだかの自分を見せられながら、パウダーマッサージを味わう。触れるか触れないかくらいの爪先でのタッチにティンコはすぐにビンビンだ。
「お客様、すつどい疲れてらっしやるのに…アソコは元気ですね〜では、パックいたしましょうね」
Cさんが、器に入った泥パックをハケでティンコに塗りこんでいく。
「ウフ…こうしてパックするとチン画が男前になりますよ。じゃあ、この泥を塗りこんでいきますね」細くて長いCさんの指が、泥だらけのティンコをヌメヌメとシゴき出す。
仮性の皮の内側にまでヌリュヌリュ塗りこむような微妙なタッチに、胸の辺りにものがこみげて
くる。思わず女のように内股になっちゃうよ!あら…お客様、かわいらしいですもっと染み込ませなきゃ…」別の生き物のように動くCさんの指。ヤバ…イッちやいそう!
「ベッドに移動してください」イク寸前に手を離すCさん。な、なんだこのテクは?凄すぎだよ!
続いてベッドにうつ伏せに・穴から顔を出すと、床に調合されたハーブが置いてあり、思わず眠くなるような香が体を包む。そのままCさんは肩から背中、腰、オシリ、足裏に至るまでしっかりと操み解す。プロ並みに上手い!本気で眠くなったころ、仰向けにされ、今度はワインの入った赤い口ーションで乳首や恥骨のマッサージ・き、気持ちいい。風俗よりもイイよ!そんな楽園気分に浸ってるボクを衝撃的な感覚が襲った。なんと、Cさんのローションまみれの指がヌルリと、アナルに入ってきたのだ。
タグ

完全顔隠し風俗嬢には超美人が潜んでいる可能性も|面接現場で顔を確認

95_2020040412104423c.jpg96_20200404121043961.jpg0093_202003292201218b6.jpg
a082.jpgh57.jpg風俗の面接っぽい場面に出くわした
お昼の池袋北口で、「お疲れっすう〜!」と馬鹿デカイ声が聞こえてきた。何ごとかと声の方向を向くと、いました、異様なカップルが。
男はワイルドなイケメン。30才くらいだろうか。「エグザイルでバックダンサーやってるよ」なんて言われてもうっかり信じてしまいそうだ。こういうタイプは若い女にモテるんだょ。しかしそいつが連れてる女の顔面は、松井秀喜にうりふたつ。
団子鼻十しゃくれで、ちょっと間違えれば女装男子だ。セクシーなはずの口元のホクロも、こいつの場合、鼻クソにしか見えない。こんな女を連れてるところを友達に見られたら自殺したくなる、そんなレベルだ。
これは、なんぞや?エグザイルと松井が付き合うか?ないない、絶対ない。
二言、三言かわした2人はそのまま目の前の喫茶店に入ろうと階段を上っていく。と、そこでハプニングが。後からついていく松井が足を踏み外したのか、つまずいたのだ。
「イタっ!」
しかしエグザイルは後ろを見向きもせずにスタスタと先へ行ってしまう。なんだ、この無関心ぶり。オレは2人が座った席の斜め向かいに腰かけた。あらためて観察しても、ますます関係はわからない。男妬は髪の長さや格好から見てもサラリーマンではない。
で、女もOLなんかじゃない。服装だけならキャバ嬢ってとこだけど、顔が松井だからそれもないわなぁ。
「とりあえず、なに飲む?」
「え〜ジュース」
男は外と変わらずやたらと声がデカイ。女はか細い声で聞こえづらいが、これならヒントも耳に入ってくるだろう。注文が終わると、男は携帯をとりだした。
「ああもしもし、オレ。うん、大丈夫?」
電話の最中、女も携帯を取りだしてピコピコやっている。なんつ-か、ドラマに出てくる柄の悪い男女って感じ。男が携帯をテーブルの上に置き、デカイ声で話し始めた。
「さてと。どう、儲かってる?」
「いや…□×△」
会話のスタートが「儲かってる?」って、ベタな関西人かょ。
こりゃもう絶対マトモな関係じゃないよな。
つづいてエグザイルが、カバンから紙とペンを取り出す。
「じゃあコレに書いて」
「ハイ」
契約書か何かか?まさか闇金だったりして。女が書き終わり、男は紙と女の顔を交互に見ながら話しはじめた。「内容は大丈夫?」
「はい」
「週に1,2度くらいでも?」
「あ、もっと×△○…」
「難しいかもね」
週に1,2度だと?はは-ん、なるほどそうですか。これ、面接ですな。しかも水商売、いや、もっとヘンなの。ブサ専ホテトルみたいな。だって普通の店で働けないことくらい本人も自覚してるっしょ。ホストクラブで借金を作ったブスが風俗入りってどこか。
「じゃあ、とりあえず来週連絡するから」
「ハイ」
席についてわずか5分ほどで2人は席を立ち、店の前で別れてしまった。エグザイルの入っていったのは、案の定、有名風俗チェーンの事務所だった。ま、採用する気はないだろな。面接5分で終わってんだもん。
風俗店でなるべく美人な嬢に当たるためにパネルを凝視して選んだものの、実際に部屋に来るのはデブスだったという苦い経験をしたことがある男はゴマンといるだろう。かくいう私もその中の一人だ
ったのだが、最近、超美人嬢に当たる方法を発見した。それは顔を完全に隠した女を指名するというものだ。顔を完全に隠した状態の嬢には二種類ある。一つ目は超デブでブサイクなフリー要員の嬢。どれだけ画像を編集しても客がつかないから顔を出さないでいる。
もう一つが超美人嬢の場合だ。顔を隠す理由は大学に行っているからだとか、親バレをしたくないからだとか様々だが、注目すべきはパネルに顔を出さなくても指名がつくと店側が判断しているということ。つまり超美人である可能性が高いわけだ。
完全顔隠しパネルでの指名ではこのブスなフリー嬢か超美人嬢の2パターンどちらかの嬢に当たる。このドキドキ感のあるギャンブルがたまらない。天国か地獄か。実際、私のオキニのデリヘル嬢には、現役の地下アイドルが存在する。彼女はファンにバレることを恐れてパネルに顔を出さないでいるのだ。イチかバチかのギャンブル、ぜひお試しを。
タグ

いくら見て回っても飽きない飛田新地の美女軍団キス、指入れ、生尺は断ってもOKらしい

58_20200329110735339.jpg
98_20200404145100af6.jpg100_2020040414505107b.jpgちょんの間の代名詞といえば、なんと言っても飛田新地だ。中でも若くてカワイイ子が目白押しの青春通りでは、一時期、女の子たちの客寄せ手法がちょっとした話題に。
客が前を通るたびに足を開いてパンティをチラチラ。それを見て吸い込まれるように店へ入っていく冷やかしの男たち。まったく、いい手を考えたものだ。

意外な事実を知る。なんと新地では、本番さえすればそれ以外のサービスは拒否しても許されるのだ。それはお客も承知している暗黙のルールで、臭い口したオヤジのディープキスを鳥肌立てて我慢などしなくてもいいらしい。

「店に入ったとき、私は最初にそれ聞いたよ」それでハッキリわかった。店のおかみさんは、最初から私を休んでるコのつなぎ、短期のバイトとして雇ったから何も教えてくれなかったのだ。よし、これからは最初に「キスと指入れ、そして生尺はできませんから」と断ることにしよう。ここは飾り窓がないタイプ。玄関に1人ずつ座るためトータルの顔見せ時問は短いが、人の往来が多く次々客がやってくる。この店で初めて取った客は、20才の男の子だった。彼が童貞だと知った会社の先輩がお金を出して店に連れてきてくれたのだという。

「じゃあ2万ぐらいのコースでゆっくりやろ」

私が主導権を握り、手取り足取り指導をして無事、筆下ろし完了。「お姉さん、彼女になってくれませんか」なんて、口説きだけはいっちょ前だった。
私は新しい店で日に5、6万、月120万を稼ぎ出した。キャパクラなんかと違って、誰がいちばん稼いでいるのかなんて大げさに発表したりしないが、呼び込みのオバチャンがこっそり「昨日もサキちゃんがトップだったよ」と教えてくれる。30才のエミコさんは、往復3時問かけて通っているというのに、上がりが6千円とか8千円だったりするらしい。そういうのを聞くと、可愛そうだと思う。ってのは建て前。正直言えば、人の稼ぎを横取りしたいと言うのが本心なのだ。実は店は昼聞もやっていて、40代のおばちゃんが1人いるだけだったので、若い私が入ればガッポリ客が付くと思い昼に出てみたことがある。が、世の中はそう単純じゃない。私が本番席に座っていると、60、70のおじいちゃんが「マツコさんは?」と私を無視し、オバチャンばかりを待つ。聞けば、そういう年輩のお客はもうヤルだけのセックスを卒業、裸になって抱き合うとかスキンシップを求める常連さんたちとか。こりゃ若輩者の私なんかじゃたち、っちできない世界だわと、1日で撤退したのである。

新地には他にも、遊廓時代の名残のような独特のしきたりがあちこちに残っていた。まず、男が表に出てこない。店の切り盛りはおかみさんが担当し、マスターと呼ばれるおかみさんの旦那(正式に籍が人っていない内縁関係多し)は帳場の奥にいて、女のコの機嫌を取ってるだけ。酔っ払いが部屋で暴れたりしても、まず行くのは呼び込みのおぱさんで、それがダメだったらおかみさん。マスターがでしゃばることはない。それにすぐゲンをかつぐ。ヤな客が来たといっては服を着替えたり塩をまいたり。上客に当たってから1週問同じ服で店に出た女のコもいたらしい。恐いオニーサンも見かけたことはない。裏では何らかのつながりがあるのかもしれないが、表向きはいたって健全な街だった。女のコも、借金のカタにヤクザに売られてきたなんて悲惨なコはいなくて、自分が稼ぐ方がラクだから夫に主夫をさせてるとか、私のようにもっとお金がほしいからってのが大半だった。

「ほらあの人、映画監督さんなんだって・・」本番席に座った私に呼び込みのオバチャンが店の前で立つその人にニッコリ笑いかけると上がってきたので、私は立ち上がり奥の部屋に通す。何も言わないうちに2万円を差し出すもんだからよっぽど遊び慣れてるのかと思い、

「オバチャンもよく知ってるみたいなこといってたんですけど、よく来るんですか」と尋ねる。

「いやあ、ボクの映画を見たんじゃないの。日活に東映、松竹なんかでもいろいろ撮ったからなあ」へー、いまは浮浪者に近い格好をしてるけど、オバチャンの世代にとっては有名人なのかも。が、どうも話をしてると辻棲が合わないことばかり。一応やることもやったんだけど、立ってない状態なのに出しちゃった。その人が帰ってオバチャンに報告すると、

「だから私、映画監督だって自分で言ってる変な人なのよって言おうとしたのに」だって。ま、新地にいるといろんな客が来る。中でも強烈だったのは、1日に5回は出さないと体がおかしくなるという30手前のオニーチャンだ。最初、店に入って来たときにエミちゃんが付いて30分コースで部屋に上がった客で、終わった後にフルメンバーの名前が知りたいと。そういう人はたまにいるから自己紹介したんだけど、その人、一度店から出て30分ぐらいしたらまた店に来た。今度は私の番だったから「さっきやったのに大丈夫?」って聞いたら「うん、今日はまだ3回しかやってないから平気って。エミちゃんとした後」店に行ってヤってきたのか。なのに私とやっても人の3倍ぐらいの量の精液を出してた。ボーナスが出たから新地に来たって言ってたから去年の12月初めのことだ。
そんなこんなで飛田に勤め始め3カ月経ったころ、下半身からの出血が止まらなくなった。職場が職場だから対策は常に考え、スキンなしじゃチンチンに触らないし、ピルも飲んでたから病気じゃない。が、出血が1週間続いたのでさすがに不安になり、近くの性病科の医者に診てもらった。幸いにも、腔内にキズが付いてるだけという診断だったが、このまま毎日何人もと本番してたら治りようもない。「もう辞めようかな」年が押し詰まるにつれ、いつ辞めるかを考える毎日。そんなときに会ったのが石川さんだ。最初は1時間3万コースで上がったお客さんなんだけど、1回エッチした後、「こんなに相性の合う女のコはいない」と、6万出して2時間延長。私も俳優の小林稔侍を若くしたような男前の彼を、ちょっと好ましく思ってしまった。41才で自営業という彼は、高級そうな香水をほんのり漂わせ「こんなコトしなくてもボクがキミを食べさせてあげるよ」と口説く。じゃあ明日も来るね、とチップを3万私の手に握らせて帰った石川さんは本当に翌日の午後10時ごろ来店。「11時には出なくちゃいけないけど」と言いながら5万円をくれた。普通の業種ならコース料金以外のお金は自分でもらうとこだけど、
新地にいると変なプライドが出て「私はこんなに稼げるのよ」と、アピールしたくなる。だから、私はチップさえバカ正直におかみさんに報告してた。今思えば、体調が悪いせいで気持ちが高ぶっていたんだと思う。時間がないのに来てくれたという状況に酔ってしまい、休みの日に外でゆっくり会う約東を交わしてしまった。

「セルシオで迎えに行くから」その週の土曜、昼問から郊外のしゃれたホテルに向かいルームサービスでシャンパンを頼み乾杯すると、石川さんはポンと50万入りの封筒をくれた。

★年が明けてから、私は店に行ってない。おかみさんへ挨拶もせ犬業者のおじさんへの売掛金もそのまま、ずっと無断欠勤をしてる。だって、1回エッチして50万もらったら店に出るのなんてバカらしくなっちゃったのだ。

タグ

動画撮影のオプションのある風俗店で自分好みのAVは撮れるか?

0220_20200328113323de6.jpg0221_20200328113325ba9.jpg0222_20200328113326816.jpg0223_20200328113327912.jpg0224_20200328114203db0.jpg0225_20200328113330403.jpg
昔から『SEXとオナニーは別腹』と言いますが、1日に1回はシテますね。子供のころは、オナニーなんてしなくなると思ってたのに。欠かしたこと、ないです。そんなボクのオカズと言えば、読者の皆さんと同じくAV。家の近くのレンタルビデオ屋で借りるんですが..
AVに対しては昔から不満がありました。ハッキリ言って、自分の趣味のプレイを完壁にャってくれている作品が少ないこと少ないこと。
「あ〜〜、制服全部脱がしちゃダメだろ〜!この素人!」
「バカー.最後は顔射だろ?これはAVだぞ!」
「そもそもよ〜、なんでモザイクかかってんだよ?意味わかんねえよ!(→わかる)」
毎回毎回ティンコを片手に画面に向かって暴言を吐いてきました。いつになれば自顔が撮れなきゃ意味ないじゃんさっそく、毎月の日課となったネットで店探し・片っ端からオプションに『動画撮分好みのエロビに出会えるのか?ちうか、ボクに撮らせれば最高傑作を撮るのに。とは言っても、AV監督になれるわけもない。自主制作するにしても、女優のギャラなんて払えるわけもない。これからもイマイチなAVで抜くしかないんだ。と、なかばあきらめていました。
しかし、ひらめいた!風俗には『動画撮影』というオプションをやっている店があるじゃないか。オプション値段は一万円前後だから、3 万円弱という大特価で自分好みのAVを撮影できてしまう。
でもって、もし自分好みのAVが作れたら、プレイで気持ちよく出した後、何度でもオナニーで利用できるわけです。まさに自給自足!これは検証してみるしかないですね。さつそく、毎月の日課となったネットで店探し。片つ端からオプションに『動画撮影』のある店に電話をかけてみます。
「え〜つと、そちらにある『動画撮影』のオプションについて聞きたいんですけど…」
「はい、オプション値段は一万円。撮影の場合、機材はお客様の持込となります。もちろん、すべての女のコがOKといぅわけではなく、撮れるコは限られておりますが」
「あの、ちなみに顔は撮れますか?」
「申し訳ありません、撮影可能なのはアゴから下となつております。撮影後、女のコが顔が映つていないかチエックさせていただくことになつております」
他の店もほぼ同じ内容だつた。中には「撮影の場合、女のコはアィマスク着用になります」といぅところもあつたが、顔が撮れないんじや意味なくない? そんなんで納得いく作品なんて撮れませんよ、ボカア。しかも、大半の店が『撮影のお客様は、受付の際に写真付きの身分証明書の提示かコピーさせてもらうjという。まあ、流出防止なんだろうが、個人情報を取られるのはなんとなくイヤだなぁ。
あきらめかけたとき、フト思い出した店があった。以前即尺へルスはどんなペニスでもくわえてくれるのか?で利用した池袋の『S』だ。この店はどんな汚いティンコでも完璧に即尺OKの、業界の常識を打ち破るカリスマ店。もしかしたら'顔撮影もOKなのでは?さつそく電話をかけてみると、元気の良い店員の声が返ってきた。
「はい!顔出しOKの女のコ、何人も在籍中ですよ!」
さすがカリスマです。もちろん、撮影前の身分証の提示など、うざったいこともありません。これぞカリスマです。1週間後、知り合いからビデオカメラを借りSへ。なぜ1週間待ったかって?そりゃ、どんなティンコでも即尺してくれる店に行くんですもん。1週間寝かしたティンコを作ってたに
きまってるでしよ?
さっそく小野真弓似のIちゃんを指名し「動画撮影」と顔射のオプションを乗っけます(合計3万円)。おっと、プレイするマンションに移動する前に、ティンコを確認しなきゃ。う〜ん……、トイレ内にチ●カスの匂いが充満します。仮性の皮を剥くと、ミゾの部分にカスがびっちり・こんなチ●カスだらけのティンコをしゃぶるなんて、どんなAVでもありえなかったハズ・いつや〜、スゴい画が撮れそうですよ!準備完了。では、以前のように近くのマンションに移動しますか。
「お客様、申し訳ありません。実は以前とシステムが変わりまして、隣接したビルのレンタルルームでのプレイとなります」あら、そうなの?申し訳なさそうに頭を下げる店員に促され、指定された店へと移動して驚いた。なんと、レンタルルームとは名ばかりで、一昔前の完全な店舗型のスタイル薄
暗い部屋がいくつか並んでいる。「いらっしゃいませ〜、撮影のお客さんですね〜」中に入ると、写
真よりもカワイイーちゃんが出迎えてくれた。ワイシャツの下から見えるDカップの胸に目を奪われる。うん、良い女優だ。よし、さっそく撮影の打ち合わせに入ろう。
「いきなりで申し訳ないけど、即フェラから一発目は顔射。そのままぶつかけた顔をじっくり撮った後、指で精子をかきあつめてロに入れるからね?基本的に撮影中はカメラ目線でね」
「え…なに〜?すごい本格的だね〜。もしかしてプロの人〜?」
「違う違う。やっぱせっかく撮るんだから妥協したくないじゃん?カワイイし。一番イイ画を撮りたいんだよ〜」インチキプロデューサのごとく語るボク。さっそくスタートだ。
じっと、カメラを見つめながらジーンズのチャックを下ろすlちゃん・ビンビンになったティンコをパンツごしに頬ずりする。もう匂ってるはずなのに、せつなそうな表情です。ん〜〜いいね!
「直接ナメていい?」さつそくスタ—卜だ。
小野真弓似。くぅぅ〜S 興奮するのぉ!続いて、仁王立ちフェラへ移行。玉から裏筋までしっかりとしゃぶらせる。その間、ずっとカメラを見る—ちゃんの瞳に我慢の限界。風呂に入らず一週間貯蓄していた大量の熱いザ— メンが玉から竿を上がってくる。擬音をつけるとしたら、そんな勢いのザーメンが顔にたたきつけられた。ビクビクツと体を硬直させる彼女。そのままじっくりとぶっかけ顔を撮った後、指でロにかき集める。目を開けられないながらも、Iちゃんは口にためた精液をカメラに向けて見せてくれる。かなりの自信作が撮れました。
スッキリ顔で帰宅し、ビデオを観ながらオナニーでもしようと、スホンを下ろしたのだが…。
部屋の光が弱かったために画面がものすこく暗い。せっかくのカメラ目線のフェラも顔が真っ暗でわかりません。仁王立ちフェラから顔射への流れなんて、ボク
自身の影が顔にかぶっちゃって台無しですよ!ぅっわ〜〜、AV撮影って難しい!観れば観るほど反省点ばかりです。『部屋が暗くて狭かったのが敗因だ。やっぱホテルで撮影すべきだった』
『制服やスク—ル水着とか、衣装持参で行けばよかった!』
『コレじゃあ風俗丸出しだよ!もぅちょっとドキュメンタリ—っぽく撮ればよかった!』
ティンコを片手に画面に向かって後悔の言葉を吐く。くそ〜〜、コレじゃあヌケないよ!
タグ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます