SEXテクニックのカテゴリ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:SEXテクニック

  • 2019/10/19SEXテクニック

    アナルを舐めてくれる女は、そうそういないものだ。チンコは美味しそうにしゃぶっても、ケツの穴にまで舌を這わせるのはやはり抵抗があるのだろう。しかしここに、ある格言がある。ブスはおだてりゃアナルを舐める誉められる機会の少ないブスは、ちょっとしたおだてにも喜び、調子に乗ってアナルまで舐めてしまう、という意味だ。はたしてこの格言、本当に正しいのだろうか。(自分で作った言葉ではあるのだが)検証してみよう。会...

    記事を読む

  • 2019/10/19SEXテクニック

    これが至高のフェラチオ手コキ騎乗位だ敵を知り己を知れば百戦してと孫子は言った。戦いにおいて、敵を知れば怖いものはないとの心得だが、セックスも同じ。最高のテクニックを知らねば己の目指す道はもちろん、パートナーに教えることも不可能だ。そこで、業界で現在ナンバー1と評判の河瀬奈央子嬢に、そのテクニックを誌上公開していただこう。元AV女優で、現在は撮影会モデルとして活躍する彼女は、その絶妙なテクを体験した男...

    記事を読む

  • 2019/10/17SEXテクニック

    1、皆さんは前戯のとき、女のどの部位をなめていますか?首すじ、足の指。このあたりって、けっこう悦ばれますよね?じゃあ、これらの部位に共通することは?そう、普通に触るとくすぐったがられるということです。こそばゆいと性感帯は関係性があるんです。そこで試してもらいたいのが、脇なめです。舌先でチロチ口とやるとくすぐったがられますが、べロ全体を使ってゆっくりなめてみてください。これがかなり効きます。女にして...

    記事を読む

  • 2019/10/17SEXテクニック

    本来ならフェラチオまでしか許されないファッションヘルスにおいて《本番行為》を志向する男の目的は、大きく分けて次の2つだと考えられる。1つは、何はともあれ我がペニスで腔内のヌルリとした感触を味わいたいとする、本能的欲望の充足。そしてもう1つは、店の捉を破ることによる禁断の悦び。この両者が相まって、ヘルスでの本番行為は他に類のない幸福感を与えてくれるのだ。かくいう僕も、過去3度ばかし、ヘルスでの本番を体験...

    記事を読む

  • 2019/10/15SEXテクニック

    背面騎乗位ではパンパン音の恥ずかしさを消してやるべしいざというときのためいつでもヌケるデブ女を脳内に飼っておけしょーもない女でも髪や肌に金をかけてると思うとありがたみを感じません?はっ、はぁ、はぁ。女の耳元でワザとらしくアエいでやるフェラだけじゃない。どんなときもずっと目を合わせっぱなしどれほどユルユルでも突っ込むときには大げさに顔を作る女の「ギュッとして」はろっ骨が折れるほどの強さを求めている「...

    記事を読む

  • 2019/09/28SEXテクニック

    1フェラのときのみ部屋の電気を真っ暗にフェラをさせるとき、部屋の電気を暗くするのは芸がないと思っていた。女の顔が見えたほうが楽しいから。でもある日、セフ レとのエッチでたまたま完全●部屋が明るい→テクを使うことに羞恥心が生まれる。●部屋が真っ暗→そうはならない。この方程式、他の女でも検証してみたところに真っ暗にしたところ、不思議なことが…。 普段はあれこれ舐め方を指示しても応じないのに、自ら積極的にしゃ...

    記事を読む

  • 2019/09/23SEXテクニック

      レズの世界ではクリいじりの際も小指を使う人差し指や中指での愛撫では刺激が強すぎるからだ乳首舐めをおろそかにするべからず。とにかくしつこく攻めよ敏感な部分を指でなぞって愛撫されて感じるポイントはクリトリス、膣の開口部、子宮頚部、肛門、会陰部5つだ。いづれも敏感なポイントなのでやはり小指で攻めるのが良い。着衣おっぱい、楽しいですよね乳首コリコリはヒートテック越しがよく効くそうです...

    記事を読む

  • 2019/09/22SEXテクニック

    ごぶさた系の人妻は顔全体で硬いチンコを味わい尽くす美人なのに、パンツを脱いだら臭いおまんこ。顔が可愛い分ショックは倍増ですがそんな臭マン女でもセックスできるのかとても気になります。 しかし、確実にクサマン女性とセックスできる方法があります!ブスのは舐めたくない…。ラップ越しのクンニが結構イイんですって湿布のプニプニがクンニの代用になるなんてありがたやあの、舐めてほしいな…う、うん…湿布のプニプニが...

    記事を読む

  • 2019/09/22SEXテクニック

    男も40を超えると、息せき切ったセックスは疲れるもの。なぜ男ばっかりせっせと動かなきゃなんないんだ?とはいえ騎乗位だけで女まかせにするのもカッコがつかないので、いっとき流行ったスローセックスの手法をとりいれてみよう。これなら女も不満を抱かないものだ。オナニー時のクセなのか、脚をまっすぐ伸ばさないとイケない女はかなり多い。そんな女に正常位やバックで頑張っても、欲求不満を残すだけ。かといって「私、脚ピー...

    記事を読む

  • 2019/09/21SEXテクニック

    太ももの周りの筋肉を鍛えるとおまんこ周辺の筋肉も鍛えられるから締まりもよくなるようだ彼女のアソコがゆるいとなかなかイケないどちらかといえば遅漏のケがある私にとって、ユルマンは許しがたい存在です何なんすかアレ擦っても擦っても全然イケないしてか、ユルいだけに擦ることすらままならないし外見からはそうとわからない以上、ユルマンと共にしてしまうのは避けられないワケでそんなとき重宝するのがミョウバンです。漬け...

    記事を読む

ブスはおだてりゃアナルを舐める?素人娘に肛門を舐めてもらう方法|エッチテク

0113_20180803075608c8c_2019101817190974d.jpg0114_201808030756105a1_20191018171907fa3.jpgSnapCrab_NoName_2017-12-17_23-35-27_No-00.png
アナルを舐めてくれる女は、そうそういないものだ。チンコは美味しそうにしゃぶっても、ケツの穴にまで舌を這わせるのはやはり抵抗があるのだろう。しかしここに、ある格言がある。
ブスはおだてりゃアナルを舐める
誉められる機会の少ないブスは、ちょっとしたおだてにも喜び、調子に乗ってアナ
ルまで舐めてしまう、という意味だ。
はたしてこの格言、本当に正しいのだろうか。(自分で作った言葉ではあるのだが)検証してみよう。会場内ナンバー1のブスが明らかにブスを手っ取り早く見つけるにはお見合いパーティに参加するに限る。さっそく平日夜開催のパーティに向かった。20人との回転寿司タイムを終え、会場内
ナンバー1のブスが明らかになった。いや、実は最初からはっきりしていた。体重はゆうに100キロ超、おかっぱ頭のブスメガネ、順子さん29才だ。
 肝心の顔は、元法政大学教授でフェミニストの田嶋陽子に過度のストレスを与えて太らせたようなカンジ。文句なしのナンバーワンだ。
 フリータイムに突入したところで、真っ先に彼女のもとへと向かう。
「今日はお仕事、お休みなんですか」
「ううん、仕事終わりに駆けつけたの、ふふふ」
 介護士の仕事をしているという順子さん。職場では彼女が最年少らしく、けっこうチヤホヤされているらしい。「若いのにしっかりしてるって言われません? チヤホヤされてるっていうのはそういう理由もあるんでしょうね」
「ふふふ。言われるけど、たまにね」
 順子さんは笑うと大福のようなほっぺが上がって瞳が見えなくなる。
「ていうか、笑うとかわいいって言われません?」
「なになに〜! いきなり〜? や〜だ〜!」
 ベチンッと腕を叩いてきた。地味に痛い。
「休日はなにしてるんですか」
「うーん、だいたい外に出るかな? 渋谷とか行って買い物したり。あ、でも女子会が多いかも!」
 自分に興味を持ってもらえることが嬉しいのか、彼女はやけに上機嫌だ。一丁前に女子会なんぞしているところが笑える。
「今度ね、ラブホテルで女子会するの! 友だちが結婚してあんまり会えなくなるから」
「いいなあ〜! あ、その前にボクとラブホで女子会の予行演習しましょうよ!」
「ちょっと〜! いきなりチャラいよ〜!」
 またまたベチンッと張り手が飛んできた。
 通常、フリートークは一定時間が経過すれば別の席に移動しなければならない。だが、一回目のフリートークを終えたところで彼女と話したそうな男性は皆無だったので、そのまま居座り続けることにした。
「ていうかお腹減りません? 今日って何か食べたいですか?」
「ごめ〜ん! 今日家で用意してもらってるんですよ〜! でもすっごい食べたくなっちゃた〜!」
 誘いはあっさり拒まれたが、当然のようにカップルが成立したオレたちは、後日改めて食事に行くことになったのだった。
 「順子さんって、ワイングラス似合いますよね?」
〈チキンソテーがおいしいランチのお店見つけたんでいきましょうね!〉
〈わーい! おいしいご飯楽しみ! (*´3 ` ●)〉
 スマホ対応の顔文字やディズニーなどの有料スタンプを駆使してくる順子さんとラインをかわし、週末正午すぎに渋谷で待ち合わせることになった。
 時間通り、待ち合わせ場所に彼女が現れた。今日もおかっぱ頭のブスメガネと、相変わらず安定した醜さだ。さて、今日もおだてスタートだ。
「そうそう、LINEで使う顔文字、すっごくかわいいですよね」
「そうですか? それ言ったらスズキさんだってかわいいスタンプとか持ってるじゃないですか〜!」
 ニコニコしながらまたまたベチンッとオレの腕を叩く。
 果実酒が好きだという話しを事前に聞いていたのでサングリアの飲める店へ向かった。
「わー! サングリアあるんだ! 飲んじゃおっか!」
 好きな酒が用意されていることを知ったからだろう、すこぶる機嫌がよい。2人で赤サングリアで乾杯だ。
「順子さんって、ワイングラス似合いますよね?」
「え〜どこがどこが〜?」
「肌が白くてきれいだからワインレッドとのコントラストが映えるんですよ」
「ほんと〜?」
 褒められて、ニヤニヤと喜んでいる。
「パーティのときもおっしゃってましたけど、お仕事いつもがんばってるじゃないですか。今日はちゃんと息抜きしないとダメですよ」
「そうねぇ、なんでもがんばっちゃうのよねぇグフフフフ」
 順子さんの職場は、彼女を除いて年配の人しからおらず、それゆえどうしても自分がセクハラのターゲットになってしまうのだという。
「デートもよく誘われるの。そうそう! この間なんてさ、いきなりAVのジャケット見せてきて『このコじゃヌけないから頼む』って言ってくるおじいちゃんもいたんだよ? 巨乳が好きなんだ、って言って!セクハラでしょ? ね? ね?」
「いやいや、でもそのおじいさんの気持ち、わからなくもないですね」
「えー!?」「だって、順子さんって単なる巨乳と違って癒し系じゃないですか。最初見たときからずっと思ってましたもん! 癒されたいな〜って!」
 歯の浮くような台詞が流れるように出てくる。我ながらたいしたものだ。
「う〜ん、でも甘えたいっていうのはあるかも〜! グフフフフ」
 いま気づいたが、彼女は田嶋陽子というよりは朝青龍に近いかもしれない。
「順子さんと話してると、なんだかいい意味で眠くなってきちゃいますね。お腹いっぱいだし、癒されっ放しだし、なんだかこっちばっかりすみません」
「ううん、そんなことないって〜! でも私もご飯食べたら眠くなってきた〜!」
 店を出て手をつなぎながら指先で彼女の手首をさすってやる。褒めて、おだて、いちゃついてそのままホテルへゴー、という作戦だ。
「ちょっと〜! くすぐったいって〜! ほうら、お返し!」
 順子さんがこちらの脇腹や首筋をくすぐってくる。
「順子さんといると犬とじゃれ合ってるみたいですっごい楽しいですね」
「あ〜! わたし犬っぽいって言われる〜!」
「順子さんが犬だったらかわいがられまくるだろうな〜! 散歩してたら道端の人がみんな話しかけてきて散歩にすっごい時間かかりそう」
「ふふふ! なになに〜!」
 つないでいた手がよりギュッと強くなる。今のは自分でも、おだててるのかどうかわからなくなりながらしゃべってたのだが、なんだか照れてるよこの人。
 自然な流れで円山町のラブホ街へと入った。
「あ〜〜お酒もっと飲みた〜い!」
 完全に恋人気分になった順子さんが、甘えるようにしてオレをコンビニに誘った。スミノフとモヒートの中瓶を手に取り、カゴに入れる。
「あ〜! 今日すっごくヘンなカンジ〜!」
 一生分のおだてを耳にし、すっかりスケベな気分になったらしい。さて、問題はいかにしてアナルを舐めさせるかだ。
ブスにアナルを舐めさせる方法
SnapCrab_NoName_2017-12-17_23-40-49_No-00.png 
ホテルに入り、ソファに腰を下ろすと、順子さんはふーっと大きく息を吐いた。
「改めて乾杯しましょうか」
 中瓶を互いにコツンと合わせ、順子さんがモヒートをグビグビと半分ほどまで飲み干した。「ちょっと僕にもそっち飲ませてくださいよ」
「いいよ〜!」
「瓶じゃなくて口移しがいいな、せっかくだし」
 ニヤリとした順子さんは自らメガネを外し、オレに顔を近づけ、チョロチョロとモヒートを流し込んできた。
「ああ、めっちゃエロいですね」
「ヌフフフ」
 そのままレロレロと舌を絡めて長めのディープキスに突入。舌を絡めながらカーディガンを脱がそうとすると、止めが入った。
「ダメ、暗くして…」 
 照明を落とし、カーディガンを脱がせる。ケバブのような太い二の腕が登場した。
「肌触り、すっごくいいですね」
「ちょっと〜触りすぎ〜! ンンッ! ヤバいっ!」
 悶えた彼女の身体を抱え込み、ベッドにどすんと沈め込んだ。
「なぁに〜! 興奮してるの〜?」
「興奮しちゃった、ヤバいよ! 順子さんの肌触ってると、ドキドキする!」
「あ〜! 興奮しちゃったんだ〜! もう、エッチ〜!」
「ここ、肌触りすっごい気持ちいね」
 二の腕ケバブからうなじにかけてスリスリさすってやると、順子さんの呼吸が荒くなってきた。
「ダメ〜! ダメダメ〜!」
 白髪まじりのおかっぱ頭をなでながら朝青龍そっくりの瞳を見つめる。ていうか、細すぎて瞳は見えないんだけど。
「ああ〜髪すんごいさらさらでいい匂い!シャンプーなに使ってるんですか?」
「え〜? 普通のだよ〜?」
「順子さんいい匂いするから、ここ興奮してきちゃった! ほら」
 ズボンの上から膨らんだ股間を触らせた。
「なぁに〜! 知らないよ〜!」
 まんざらでもない表情の順子さんの服を脱がせ、ブラジャーとパンツだけにさせる。こちらは秒速で全裸になり、アナル舐めの体勢は万全だ。シャワーは浴びてないけど、まあいいだろ。
 彼女のパンツを脱がせた瞬間、マンコから2日間履き続けてきた靴下のような悪臭が漂ってきた。手を当てると、ビショビショに潤ってる。中指と薬指で軽くかき回してやると、彼女はより悶え始めた。
「ああん、ああんっ! ダメだって〜!」
「声かわいいからもっと出して」
「や〜だ〜! 恥ずかし…ああんっ! ヤバい、いくいくいく…! イクイクイッちゃ〜う!!」 
「順子さん感じてるの見てたら、かわいくてすごい立ってきちゃったよ、ほら」
 口元に亀頭を持っていくと、彼女は餌が与えられた鯉のようにそれをパクリと咥えこんだ。
ジポジポと下品な音を立ててチンポをしゃぶりあげる順子さん。手を伸ばし、照明を一気にあげる。
「ひょっひょ(ちょっと)、はるかひいって(恥ずかしいって)!」
「だめ、順子さんのチンポなめてるかわいい顔、見てたいから」
 亀頭を咥えた彼女の顔がはっきりと見えた。
「すごい、エロい顔してるから興奮しちゃうよ」
「や〜ら〜(や〜だ〜)!」体勢をかえ、今度はオレが仰向けになってフェラを再開させる。アナル舐めさせる準備を整えるためだ。
 亀頭から裏スジを舐める彼女に具体的な指示を出す。
「ああ、もっと下が気持ちいかも!」
「ふふふ、こう?」
 玉袋を舌先を使ってスーッと舐め上げてくる。うんうん、いい調子。
「ああ、ヤバい! すっごい気持ちいい!なんでそんなに気持ちよくさせるのがうまいんですか?」
「え〜? なになに〜? ここがいいの〜?」
 一瞬、彼女が中指でアナルをさすってきた。
「ダメダメ! やめてそこは!」
「え〜? どうしちゃったの〜?」
「順子さん、そこいじるのうまいんだもん!気持ちよくさせるのうまいんだもん!」
「え〜? なになに〜?」
「チンコじゃないとこ舐めてる順子さん、きっとかわいすぎるんですよね!」
「や〜だ〜!」
 次の瞬間、ブチュっとあきらかに粘性のものが、我が菊門を刺激してきた。
「あーヤバい、すごいかわいいですよ」
「うふふふふっ!」 
 さらにチュッとアナルに唇を合わせてくる。
「順子さん、お尻舐めるのうまい!」
「なになに〜?」
「ああ〜! すごい! かわいいよ! そこ舐められてるの見てるとキュンってしちゃうんです!」
「え〜? なあに〜?」
「だから〜、2分舐められたら、2倍キュンってなっちゃうんですよ…」
「え〜! そんなにいいの〜?」
 いったん身体をおこした彼女は、ベッド脇にあった中瓶のモヒートをひと飲みした。
そして…。
「ここが好きなんだ? ふふふ」
「そう、がんばってお尻舐めてる順子さんかわいいから…」
 小悪魔の表情を浮かべた彼女が一気に激しくアナルを舐め出した。
「ひもひいい(気持ちいい)?」
「…はい」
「ほれ(これ)、ふひらろ(好きなの)?」
「もう、大好きです…!」
 結局、アナル舐めは20分超に及んだ。おだてられると、ここまで舐めるもんなんだな。
 目を合わせ、改めて彼女の顔を確認すると、おかっぱ頭が乱れ、捨てられた日本人形のようになっていた。
 結論。例の格言は正しいです。
素人娘でもアナルを舐めてもらう方法
アナル舐めは、女の自尊心をくすぐりながら、徐々に誘導するのが正しい。フェラをしてもらいながら「もうちょい下も」タマを舐め始めたら「もうちょい下」舌が下がるたびに大きく反応してやれば、いつしか核心に到達する。
一度お手合わせをした女の子とまたヤリたいってのはよくある話だが、別れた後にメールで〈また今度会おう〉と誘っても、二度目はなかったりする。どうせまたヤリたいだけでしょと勘ぐられた結果だ。なのでセックス後に、お茶でもなんでもいいからワンクッション挟んでから別れること。セックスが目的だったとバレにくい。さらにその場で、セックスなどまるでしていないかのように、当日のデートを振り返っておく。
「一緒に洋服を選んでくれてありがとう。オレにしては珍しく買い物が楽しかったよ」
あくまでセックスはオマケだったように位置づけることで、2回目が見えてくる。
一回こっきりでバイバイしたい女ってのは確実にいる。でも、なぜかそういうのに限ってセックス後もなかなか解放してくれない。「もうちょっと一緒にいよう」なんて甘えてきたりして。無駄な時間を送らないためにも、事前に細工を仕込んでおこう。

これが至高のフェラチオ手コキ騎乗位だ|天国花びら8回転をねっとり味わう

0068_2019032318112167b_20191017162231fa8.jpg0069_201903231811224fc_20191017162232019.jpg0070_20190323181123eef_201910171622352a9.jpg0071_20190323181125bd0_20191017162237c8e.jpg0090_20181215000109caf_20191017162239492.jpg0091_20181215000110977_20191017162241b7f.jpg0092_20181215000111d79_2019101716224497b.jpg0093_20181215000113983_2019101716224548f.jpg
これが至高のフェラチオ手コキ騎乗位だ
敵を知り己を知れば百戦してと孫子は言った。戦いにおいて、敵を知れば怖いものはないとの心得だが、セックスも同じ。最高のテクニックを知らねば己の目指す道はもちろん、パートナーに教えることも不可能だ。そこで、業界で現在ナンバー1と評判の河瀬奈央子嬢に、そのテクニックを誌上公開していただこう。元AV女優で、現在は撮影会モデルとして活躍する彼女は、その絶妙なテクを体験した男性からあげフェラと呼ばれるそうだ。しかと学び、彼女に実践で教えるもよし、さりげなく本誌を目の届く場所に置くもいい。
フェラを好む男性が多いが、人間の体で手ほど器用に動くところはない。本番より手コキを好むファンが多いというのも、理にかなった話かもしれない。乾いたままペニスを擦っても痛いだけなので、ツバをローション代わりに使うのがコツ。
基本形。指先だけで握るのではなく、手の平と指の皮膚全体を密着させる
握る圧力に強弱をつけたり、5本の指をピアノを弾くように順番に動かしたりして刺激を加える
女性器の『暖かさ』『吸引力』『濡れ』は、口でも十分、再現可能だ。奈央子嬢によれば、口もアソコも同じ粘膜。くわえるだけで感じるのだとか。ただ口をスライドさせるだけのフェラチオは言語道断だ。
まずは亀頭にキスし、唇でちゆばちゆば
我慢汁が出てきたら、一方の手をスライドさせたままホールドしていた手を持ち替えカリ部分を握る
亀頭に湿った手の平を密着させれは射精は間近
花びら8回転をねっとり味わう
事前電話での店員さんのアドバイスを受け、午後5時に店に到着した。早番と遅番の女の子が重なる
時間帯なので、多めの花びら回転に適しているらしい。
出勤嬢の人数の関係上、どうやら10回転は無理っぽいので8回転をオーダーして1万円を払う。8でも十分な回転数だ。ボックスシートへ。店内は控えめな音量でJポップが流れ、中央ではミラーボールが回っている。お茶を飲みながら待つうち、一人目の女の子が登場した。
「こんばんはAです。よろしくお願いします」
「よろしく」
前髪を揃えた愛婿のある顔立ちの女の子だ。結構カワイイじゃないの。

文豪・谷崎も認めたワキ舐めの絶大な効果|エッチテク

0156_20181213095328ab0_2019101608082107e.jpg0157_20181213095329101_20191016080823eb1.jpg0158_20181213095330964_201910160808244a3.jpg0159_2018121309533299e_20191016080826a63.jpg
1、皆さんは前戯のとき、女のどの部位をなめていますか?首すじ、足の指。
このあたりって、けっこう悦ばれますよね?じゃあ、これらの部位に共通することは?そう、普通に触るとくすぐったがられるということです。こそばゆいと性感帯は関係性があるんです。そこで試してもらいたいのが、脇なめです。舌先でチロチ口とやるとくすぐったがられますが、べロ全体を使ってゆっくりなめてみてください。これがかなり効きます。女にしてみたら体臭を意識する部位ということもあって差恥心も刺激されるからでしょう、確実に悶えてくれますから。ちなみに、どうしても恥ずかしがり、脇を隠してしまう場合はこんなうんちくを。
「谷崎潤一郎って小説家を知ってるでしよ?明治の末期から昭和にかけて活躍した文豪。谷崎の小説の『刺青』ってのに、女性の脇をなめて悦ばせるシーンがあるんだよ」
女ってのは単純ですから、それなら本当にイイのかもと妥協してくれるものです。
2、ヤラシイ言葉責めは女に考えさせてはいけない
3、電マをあてる向きには決まりがあるって知ってましたか?
4、勃起チンコはどんなときでも、体にコツコツあてておくべし
女が何より欲しているのは、チンコである。自分のカラを貫いてくれる、快感の肉棒。「おいしいー」なんてしゃぶりつく淫乱がいるが、あれは本心なのだ。だから我々は、挿入のときだけでなく前戯でも、そんな女の気持ちに応えてやるべきだ。どうすればいいのか?健康な成人男性なら、服を脱ぎ裸の女を抱きしめた段階で、すでにビンビンだと思う。すかさず相手の体にチンコを触れさせ、後はもう何をするときも常にコツコツあて続けるべし。足でも腕でも腰でも、部位はどこでもいい。角度的に体に触れさせるのが難しい場合は、握らせておくだけでもいい。効果はめちゃくちゃある。女の高ぶり方が段違い。乳首の立ち具合、股問の濡れっぷり、アエギ声の大きさも、普段の5割増しだろう。

愛撫しナメまくることで、ヘルスでタダ本番の確率は高まるか!?|エッチテク

0152_20181212202723a91_20191016072354940.jpg0153_20181212202724f3b_20191016072355100.jpg0094_201906072338469f4_20191016072809f49.jpg0095_20190607233848277_2019101607281076d.jpg0096_201906072338512f3_20191016072812498.jpg0097_201906072338538e0_20191016072813acc.jpg本来ならフェラチオまでしか許されないファッションヘルスにおいて《本番行為》を志向する男の目的は、大きく分けて次の2つだと考えられる。
1つは、何はともあれ我がペニスで腔内のヌルリとした感触を味わいたいとする、本能的欲望の充足。そしてもう1つは、店の捉を破ることによる禁断の悦び。この両者が相まって、ヘルスでの本番行為は他に類のない幸福感を与えてくれるのだ。
かくいう僕も、過去3度ばかし、ヘルスでの本番を体験したことがある。なぜ可能だったのかは、今でもよくわからない。流れの中で自然に入ってしまった、というのが実状に近いだろう。逆に、無理矢理挿入しようとして拒まれたことは、その10倍以上ある。ここはそういう店じゃないから。ソープ行けば?店長呼びますよ。もっともな説教を食らってあえなく退散する情けなさときたら、そりゃもう…。
いったいどうすれば、高確率で本番に持ち込めるのか。ヘルス嬢の気分や素養などに左右されるのではなく、確固としたノウハウを用いて挿入に持ち込む術はないものか。その答として、あの店のほとんどのコは指名稼ぎのために本番やってるよといった本番ヘルスの噂や、あるいはどこそこの誰々ちゃんはいくら払えばヤラせてくれるよといったヘルス嬢個人に関する噂を耳にするが、それはあまり意味のないことのように思う。
ヘルスで本番することの意義は、できるかできないかわからないところで、運良くスルリと滑り込む偶発性にある。むろん、金を払うなんてもってのほかだ。僕たちに必要なのは、いついかなるときでも本番成就に近づくための方法であり、どんな相手にでも試せるテクニックなのだ。そこで僕は1つの仮説を立てた。
本番への最短距離は、女を感じさせることにあり
女が挿入を許すのは、自らも欲するからこそであり、そのためには十分な肉体的快楽を与えてやればいいのではないか。早い話が、ヤリたくさせてやろうじゃないかということだ。どうだろう。本質を突いてはいまいか。愛撫、愛撫、愛撫、ナメてナメてナメまくることで、ヘルスでタダ本番の確率は高まるに違いない。
平日の朝、僕は新宿歌舞伎町のファッションヘルスに飛び込んだ。特にこれといった特徴のない店だが、「ナメ攻撃」の効果を試すだけならどこだって構いやしない。指名から料金支払いを経て、個
室へ。お辞儀をして待っていたのは、中島朋子似のスレンダーな女性である。
「いらっしゃいませー」「あ、どもども」「今日はお休みですか」「うん、そうそう」
人畜無害な会話を交わし、脱衣、シャワーと、自然な流れに身を任せる。まだ本番の欲望を露にするには早かろう。全身を石鹸でヌルヌル洗われ勃起しても、まだ我慢だ。僕が本番への伏線を張り始めたのは、バスタオルで体を拭きベッドに横たわった直後だった。体を覆いかぶせてキスをしようとする彼女に、こうささやいたのである。
「あ、隣に寝てよ」普段なら、彼女の舌技を味あわせてもらうところだが、あえて序盤から攻めに向かう。時間はわずか30分、守勢から攻勢に回ったのでは寸手のところでタイムアウトになる恐れがある。ピチャピチャピチャ。乳輪と乳首を丹念になめ回し、下腹部へ舌をはわせる。彼女のロからかすかな鳴咽が漏れるが、これはまだ演技の段階と考えたほうがいいだろう。
客相手にこんなに早く感じるわけがない。が、たとえ仕事であっても、ナメられ続けることによって女の顔は上気し、股間は濡れるはず。僕は舌を尖らせ、小さな肉の真珠を中心に円を描いた。1分、2分、3分。舌がつりそうになりながらも、ときに強く、ときに意を立て、その複雑な造りの各部を丹念に丹念にナメ回す。「ウーン、アーン」どれくらい経っただろうか。かなり長い問ナメていたような気がする。証拠に、すでに女の股間は甘い蜜でテラテラと光っているではないか。
外の次は中。今度は腔壁に刺激を与えんと、クチュクチュと意を立てながら中指をゆっくりと・。次の瞬間、彼女のロから短い言葉が漏らされた。「指はダメー」狐につままれる感覚とでも言おうか。さっきまでアンアンと感じまくっていたはずの彼女は、手のひらを返すかの如く冷淡な調子で指入れを拒否するのだ。
「え?」「指は入れないで」「でも」過去にも同じようなヘルス嬢に遭遇したことはある。日く、傷がついてて痛いから、生理前だから、単純にイヤだから。そして朋子似の彼女もまた、同じような理由で指の侵入を拒んだ。
「あ、そう」指が拒絶されてチンチンが歓迎されるはずもない。あえなく攻撃は終了した。
に加え、指入れもOKとある。よしよし、こうでなければな。個室内でちょっと疲れたOL風情のヘルス嬢と対面したときは、「少し身持ちが固そうかな」と心配した僕だが、これがこれがもう大変な乱れようであった。脚を開いて軽く突起を吸うだけで、腔口かb溢れ出した液体は尻の穴の方まで潤し、中指をグリグリと入り口付近で遊ばせた後ゆっくり中に忍ばせると、アッという小さな声を発して彼女は苦悶の表情を浮かべた。そのままピストン運動を続ける。
「アッー、アー」中指の関節を曲げて腔の上部を強く擦ると、ベッド上のバスタオルにまでハチミツは浸透を始めた。ここまで濡れるヘルス嬢というのも珍しい。そろそろか。そう判断した僕は、そっと彼女に耳打ちした。「入れていい?」努めて紳士的に尋ねることで、無言のうなずきが返ってくると僕は期待した。しかし。「ダメだって」「どうして」「ダメだよー」
これだけ感じておきながら、これだけ濡らしておきながら、なぜ欲しがらない?こんなことなら黙って挿入しておくべきだった。それで上手くいったかどうかはわからむいが、無粋な質問をするよりはマシだったろう。入れていい?というあの一言が彼女を現実に引き戻してしまったのだ。本番をするにしても、成り行きでそうなってしまった、という言い訳を彼女らは欲しているに違いない。
すでに本番欲どころか性欲そのものも失われつつあるが、こんな中途半端なままでは終われない。3軒目のヘルスに突入だ。
本日3人目の相手。名前は失念したがモー娘の小柄なコに似ていて、なかなかの美形である。
「アー、アーン、アー」少し大きめのクリトリスから大小の陰唇、睦口にいたるまで縦横無尽に舌を動かすことで、彼女は十二分に潤った。さっきのコのような派手な洪水は起きないが、それは愛液の粘性が強いためだろう。
そして指入れ。この辺りも何ら問題はない。中より外が感じるタイプなのか、指ピストンに移ってからは、声がアーンからウーンという低く落ち着いた調子に変化し、その余裕を利用してモー娘は僕のチンチンを引き寄せ、勢いよくほおばり始める。クチュクチュ、ビチャビチャ。今現在の2人は、ヒザ立ちする僕と、身体を横にくねらせた体勢でフェラチオしながら、同時に両足を開いて股間を弄ばれる彼女、という状態である。
シックスナインに移行するには容易な型だが、本番のためにはいったんフェラを中断させて、彼女の脚の間に身体を割り込まなければならない。自然にそれができるか。勝負のポイントはそこにありと見た。幸いすでに本日2度も絶頂に達した僕、勃起こそすれ射精に至る気配はない。彼女の頬を両手でつかみゆっくりとペーースを抜き取ると、素早く身をかわして好ポジションに回り込み、睦にペーースの先端をあてがった。そして黙って、強く突く。ニュルッとした独特の感触を伴い、肉の棒が奥までぬめり込む。
「アーン、ァーッ」%隣の部屋に聞こえないよう配慮した彼女の押し殺すような声と、きしむベッドの意。バレないかと心配しながら腰を激しく動かす。ああ、これだ、これこそがヘルスで本番する醍醐味なんだー
基本戦略が間違っていなかったことを確信した僕は、この日4軒目のヘルスに入店した。まだ1勝2敗。せめてタイに持ち込んで、ナメナメ戦法の正当性を証明しておきたい。指名したのは、ヘルス嬢になってまだ3日目という新人の女のコである。新人だろうがベテランだろうが、女は濡れる。しかしそれでもまだ新人の方が、激しい攻撃に慣れていないだけに崩しやすいのでは、という読みがあった。マーーュアルのような動きで乳首をなめ始める彼女を制し、例の如く隣に寝かせる。
「オレ、ナメるほうが好きなんだよ」余裕をかましてその台詞を言おうとした矢先、新人ちゃんが先制パンチを食らわせてきた。
「今、生理中だから、タンポン入ってるの」生理中?生理中にヘルス?しかもタンポン?半信半疑、右手を股間に持っていくと、指先に細いヒモの感触が。マジかよ。これでは、ナメるどころじゃない。試合前から勝負はあったも同然じゃないか。ナメるのが好きと言った手前、おざなりに乳首を口に含んではみたが、やはり血まみれの局部をなめる気にはなれない。すぐさま攻守は交代した。成す術なしである。
ところが実は、ここからの展開が想像を超えていたのである。太股の付け根から墨丸を経てサオに舌をはわせた彼女は、単調なロ内ピストンを繰り返し、そのままゲームセットに持ち込もうとしているように思われた。しかし彼女はロを離し、またしても乳首へと攻撃を転じたのである。レロレロレ口。何故に?「気持ちいい?」あどけない表情でそう聞かれ、気持ちいいよと答えると、笑顔の彼女は騎乗位にならんかの勢いで僕の上にまたがってきた。おや、この体勢は?
腔とペーースの距離、わずかに数センチ。彼女がほんの少し腰を沈めるだけで、凹凸はめでたくドツキングと相成る。いや、すでに亀頭の先端は柔らかな肉にチョロチョロと触れているではないか。なんなんだこれは。入れていいのか。いやいや、先客のタンポンはどうなる。やはりまずはタンポンさんに出てもらってから、それではお邪魔しますとゆっくり入るのが筋ではないのか。そんなことを考えるうちも、亀頭はヌラヌラとした湿地帯に引き寄せられていく。そして僕の腰は動いた。
先客を残したまま、我がペニスの先っちょが瞳内にぬめり込む。「ダメー」「え、でも」「ダメだったら」「もう少しだけー・」
不安定な結合体勢のまま、進退問題について話し合う2人。このまま進むべしと主張する僕と、退陣を要求する彼女。最終的には物理的な問題が立ちはだかり、僕の主張は却下されることになった。やはりタンボンの鎮座する場所にペーースは入れられないのである。半挿入にて終了。
★指入れすらできないようでは話にならないが、相手が不感症でもない限り、ナメナメ攻撃はまずまず有効なのではないだろうか。さらに今回の体験で、僕はタダ本番のためのいくつかのノウハウを得たように思う。最後に列挙しておこう。
いつどんなときでも背後から攻めれば女は悦ぶ
これぞ未知の感覚!ぐるぐる回転するバイブ
男の愛撫ってやつは得てして、以下のようなものじゃないだろうか。右の乳首をなめたら次は左の乳首へ、でまたクンニを2、3分、それかおもむろに手マンを、といった具合だ。同じ場所をしつこくしつこく、何度も繰り返し攻めてやることで、少しずつ感度か高まってくるわけだ。したがって、体の部位をあちこちをせわしくなく動きまわるようた愛撫など、女にしてみればフラストレーションがたまるだけ
「せっかく気持ちよくなってきたのになんでもう止めちゃうのよ」ってなもんだ。
では、ひとつひとつの登撫にたっぷり時問をかけるとして、どのくらいの長さが必要なのか。5分?いやいや、ぜんぜん短い。10分でも嶋合によっては不十分だろう。推舞タイムはずばり15分だ。キスにしろ、乳首ナメにしろ、クンニしろ、試しに15分以上やってみるといい。信じられないほど女は乱れまくるハズだ。

パンティーを褒め女の耳元でワザとらしくアエぐ|セックスが盛り上がるテクニック10本

0122_20181207092542cf4_20191013091858e28.jpg0123_2018120709254424f_201910130918592b2.jpg0124_201812070925456b0_20191013091901cd8.jpg0125_201812070925476e8_20191013091902dd5.jpg0126_20181208100507fb5_2019101309215228d.jpg0127_20181208100509c0e_20191013092154901.jpg0128_20181208100510b7f_20191013092155e3c.jpg0129_20181208100512aaf_201910130921575ac.jpg0130_20181208100513ec5_201910130921586db.jpg0131_20181208100515040_20191013092200dac.jpg背面騎乗位ではパンパン音の恥ずかしさを消してやるべし
いざというときのためいつでもヌケるデブ女を脳内に飼っておけ
しょーもない女でも髪や肌に金をかけてると思うとありがたみを感じません?
はっ、はぁ、はぁ。女の耳元でワザとらしくアエいでやる
フェラだけじゃない。どんなときもずっと目を合わせっぱなし
どれほどユルユルでも突っ込むときには大げさに顔を作る
女の「ギュッとして」はろっ骨が折れるほどの強さを求めている
「この前はゴメンね」で女が大好きな仲直りセックス一丁上がり

顔射の美肌効果謳いにペニスから睾丸アナル舐め|フェラを気持ち良くする裏技8つ

0200_20190928131022874.jpg0201_20190928131023f66.jpg0202_20190928131025e51.jpg0203_20190928131026088.jpg0204_2019092813102892b.jpg0205_20190928131029b9d.jpg0206_20190928131031f25.jpg0207_20190928131032c1c.jpg
1フェラのときのみ部屋の電気を真っ暗に
フェラをさせるとき、部屋の電気を暗くするのは芸がないと思っていた。女の顔が見えたほうが楽しいから。でもある日、セフ レとのエッチでたまたま完全
●部屋が明るい→テクを使うことに羞恥心が生まれる。
●部屋が真っ暗→そうはならない。
この方程式、他の女でも検証してみたところに真っ暗にしたところ、不思議なことが…。
 普段はあれこれ舐め方を指示しても応じないのに、自ら積極的にしゃぶってきたのだ。どういう風の吹き回しなのか?出た答は、こうだ。
 あてはまった。やはり真っ暗にすると、開き直ってくれるのだろう。
 というわけでオレ、今はセックスの最中、フェラのときのみ部屋の電気を真っ暗にするという芸の細かいことをやっております。
2顔射の美肌効果をニューヨーカーが認めてくれました
スペルミンフェイシャルてことは精子で顔をキレイにすることだよ
3「手で!」「口で!」「また手!」ヨガりながら言うとよろし
4(アナルを舐めないと愛していないことになる)と思わせよ
フェラの延長としてアナル舐めは無視できない。しかし、ペニスから睾丸、そしてアナルへと連なる性感山脈の中で、最も舐めさせにくいのがアナルでもある。不潔感が段違いなのだろう。
俺がアナル舐めを仕込むときは、いつも自分から率先して女のアナルを舐めるところから始まる。そして一言こう言うのだ。
「愛してる子の体なら、なんだってできちゃうよ」
 そう、愛ゆえにアナルに舌を這わせていることをアピールするわけだ。そして攻守交替したらこうだ。
「あ、もっとお尻の方もお願い」
 すると女の頭にはこの論理が突き刺さる。
(さきほど彼は、愛してるから舐めたと言った。つまりここで舐めないと、私は愛していないことに
なる)
愛という言葉はそれほどまでに強い。おそるおそる舌を差し出してくるものだ。あとは大げさに感じたフリをして自尊心をくすぐってやれば、以降もアナル舐めは基本プレイとなる。
5これが一番カンタン!好きなフェラを動画で見せる
6「オナホ扱いされて嬉しい?」実際にうれしいそうです
道具扱いされると喜ぶ女って多いんですよ
この口はオナホみたいなもんだな
オナホ扱いされてうれしい?
この口はマンコの代わりだね
ほら、もっと
口マンコ使ってこれからもオナホ扱いしてあげるからね出るぞ。
精液バキュームカー
なんだからちゃんと飲めよ
はふはひ
ほら、ちゃんと吸うんだよ、
7逸らすタイミングをなくせば、見つめフェラのできあがり
目を逸らすタイミングをなくせばいいんです
8一点集中ではダメなことを伝えてやらねばならない
女に特有の行動パターンがある。あるひとつの行為を褒めてやると、そればっかり繰り返すという習性だ。たとえば裏スジ舐めで「うっ」と声でも出そうものなら、ずっと裏スジばかりを攻めてくる。あれはいったい何だろう?
おそらくクンニのせいだ。女はクンニで同じ場所を執拗に舐められることを好む。男もそれと同じだと勘違いしているに違いない。
 したがって我々は教えてやらねばならない。
「裏スジもいいけど亀頭もいいんだよ」
「亀頭もいいけどカリも感じるんだよ」
「カリもいいけどタマも舐めてみて」
 あくまで「いいけど」と言いつつ他の場所へ誘導していくのがベストだ。

繊細さを愛するレズたちはおまんこや乳首を攻めるときに小指を使う|エッチテク

0086_201810111247487c1.jpg 0087_201810111247509cb.jpg0084_2018101112474604a.jpg 0085_201810111247475cb.jpg
レズの世界ではクリいじりの際も小指を使う
人差し指や中指での愛撫では刺激が強すぎるからだ
乳首舐めをおろそかにするべからず。とにかくしつこく攻めよ
敏感な部分を指でなぞって愛撫されて感じるポイントはクリトリス、膣の開口部、子宮頚部、肛門、会陰部5つだ。いづれも敏感なポイントなのでやはり小指で攻めるのが良い。
着衣おっぱい、楽しいですよね
乳首コリコリはヒートテック越しがよく効くそうです

臭いおまんこクサマンでもクンニする対処方法はラップ越しと湿布|エッチテク

0080_2018100109530578d_20190922102025d87.jpg0081_2018100109530648e_20190922102026679.jpg0082_20181001095308e12_20190922102028509.jpg0083_20181001095309c32_201909221020293f7.jpg
ごぶさた系の人妻は顔全体で硬いチンコを味わい尽くす
美人なのに、パンツを脱いだら臭いおまんこ。顔が可愛い分ショックは倍増ですがそんな臭マン女でもセックスできるのかとても気になります。 しかし、確実にクサマン女性とセックスできる方法があります!
ブスのは舐めたくない…。ラップ越しのクンニが結構イイんですって
湿布のプニプニがクンニの代用になるなんてありがたや
あの、舐めてほしいな…
う、うん…湿布のプニプニがクンニの代用になるなんて
ありがたや
あ、ちょっと待って
持ってきてよかった〜
ぬるま湯で1分ほどふやかして…
そう。これクンニの100倍気持ちいいから試してみようよ
ヌルヌルしててほんとにクンニみたい!
あっ!本当にクンニよりいいかも!
えっ、何コレ!?
あんっ!なにそれ〜しっぷ?
クサマン女にはこの方法がおすすめです
我慢してクンニはしんどいしマン臭も緩和されるので一石二鳥です
だんだんその匂いが臭いと思わなくなり、むしろ興奮するようになってましたという人もいるが少数派。ここではおまんこの臭いを消す方法を考えよう。石鹸などを使えばいいが体質も変えた方が良いだろう。腸内環境を整えることで臭いの原因を防ぐことが出来る。 便通を整える食物繊維を多く含むめかぶにはねばねば成分であるフコダインが多く含まれていて体臭の原因を排泄してくれるので積極的にとっていきたい。
手マンする時は
イキそうな気配を察したときに手マンのスピードを上げていないか?
女がイキそうになるとつい攻撃の手を強めてしまうのが男のサガですがこういうとき女は
おわかりかな?
スピードアップ前の力加減が良かったからこそ絶頂感がやってきたのだから…
内心どんなことを考えているかご存じか?
なんでスピードアップするのよ!
そのままの方が気持ちいいのに!

男も女もいきやすい体位・スローセックス|焦らしのテクニック

0211_20180929140950038_2019092208265309d.jpg0212_201809291409516f0_20190922082654342.jpg0213_201809291409529db_20190922082656ec9.jpg0214_20180929140954c19_20190922082657671.jpg男も40を超えると、息せき切ったセックスは疲れるもの。
なぜ男ばっかりせっせと動かなきゃなんないんだ?
とはいえ騎乗位だけで女まかせにするのもカッコがつかないので、いっとき流行ったスローセックスの手法をとりいれてみよう。これなら女も不満を抱かないものだ。
オナニー時のクセなのか、脚をまっすぐ伸ばさないとイケない女はかなり多い。そんな女に正常位やバックで頑張っても、欲求不満を残すだけ。かといって「私、脚ピーン派なのよ」と告白してくることなどまずないので、マンガの手法で満足させてやろう。
女性は上手に焦らしたあと後に、その部分を責めてあげるとより燃えるものです。まだなの?とじらされるとたまりません。
最初は唇を軽くキスするだけで、おでこから鼻先に徐々に下げていき十分高まったところでディープキス。乳首は乳輪のフチを上から下に半円を描くようにフェザータッチで全身の神経を敏感にさせてなぞっていきます。おまんこやクリトリスには神経が密集しているので乳首以上にしっかりと時間をかけて焦らします。クリトリスの皮を剥く際は、利き手とは逆の指で優しく、いざ挿入となれば亀頭部分でクリトリスを優しくタッチしゆっくりいれます。実際は深く入ってないのに、いつもと違う場所をつっつかれることで「大きさ+深さ」を感じてしまうという、膣の摩訶不思議さをあらためて実感するテクニックである。
女を恥ずかしがらせる言葉は、いざ行為に入ってから考え始めてもなかなか出てくるもんじゃない。
事前にジャンルを頭に入れておいたほうがいいだろう。
女性を焦らすテクニック、エッチを盛り上げる焦らしは本当にセックスに対する余裕が大切です。目をじっと見つめたり、スローセックスを楽しむにはボディタッチが必要ですが手と手が不意に触れたりするのに、手は出さないとか。 そっと耳元でどうしてほしいの?と囁いてみるとか。 我慢できなくなって挿入したらお互いの感覚をじっくり味わえ愛の確認ができ興奮が一気に急上昇するでしょう。激しいセックスにもスローセックスにも違った魅力があるので、時と場合によって使い分けるのが良いですね。
焦らしのセックスに一番合う体位は寝バック
寝バックとはうつ伏せになった女性の上から、男性が馬乗りになって挿入するスタイルになる。セックスも長持ちするので自信を持てるようになるし、クリトリスでイクより気持ちいいと中イキさせられるかおすすめ。 寝バックの一番いい点は女性の後ろから首筋や背中、うなじやおっぱいを攻めることができるし、中イキしやすいことです。正常位やバックではイケなかったけど寝バックならイケたという女性も多い。

おまんこの緩いゆるまんはミョウバンで締りをよくせよ|エッチテク

0095_201809262311266f1_2019092122522652f.jpg0096_201809262311236ad_2019092122522701c.jpg0099_2018092623152123c_20190921225228499.jpg
太ももの周りの筋肉を鍛えるとおまんこ周辺の筋肉も鍛えられるから締まりもよくなるようだ
彼女のアソコがゆるいとなかなかイケない
どちらかといえば遅漏のケがある私にとって、ユルマンは許しがたい存在です
何なんすかアレ
擦っても擦っても全然イケないし
てか、ユルいだけに擦ることすらままならないし
外見からはそうとわからない以上、ユルマンと共にしてしまうのは避けられないワケで
そんなとき重宝するのがミョウバンです。
漬け物の発色剤などに用いられる食品添加物なんですが、こいつの水溶液をマンコに塗ると、締まりがよくなるんです
筋肉組繊を収縮させる作用があるんですって
実際に使った感想をいうと、中よりも入り口のほうが効きやすいのか、挿入時が特にキツキツになります
処女とやるときの感覚に近いかもしません
持続時間は5分ほどと短いので、その間に射精できなければ、何度でもミョウバン水を塗り直すといいでしょう
エッチはお互いの気遣いで解決できる部分が多いけど、おまんこの緩さだけはどうにもならない・・・そんなときにはお試しあれ。
ちなみに足を閉じる体位など締まりが良くなる体位を試すと一石二鳥だ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます