2016年06月の記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2016年06月

  • 2016/06/30出会い攻略

    出会い系で女子大生とエッチがしたい時があっても、掲示板の内容だけでは騙されてしまうこともある。本物の上玉の女子大生を見分けるにはどうしたらいいのか    女子大生と自宅で夏合宿知ってのとおり、大学生の夏と言えば合宿です。しかも体育会系のマジなやつじゃなくて、ぬるーくてどうしようもない合宿。男女揃ってテニスしてバーベキューして、隙あらば森の中でヤッちゃうぞみたいな、そういっやつです。...

    記事を読む

  • 2016/06/23裏情報

    仕事終わりに一人で飲んで、酔った勢いでキャバクラに行く。そんな何の見返りもない浪費をするくらいなら、ここに足を運んだほうが100倍マシだ。恋活バーを謳うこちらの店は、男性客が女性客を指名して、OKが出れば2人で飲めるシステムとなっている歌舞伎町という土地柄、女の属性は出勤前後のキャバ嬢や、金のないワリキリ女が多い。狙うべき時間帯はやはり終電前後だ。出会いカフェから流れてきた女や、地方から来た家出風女を見...

    記事を読む

  • 2016/06/23その他

    自殺の名所として有名な、富士山の青木ケ原樹海。その奥地にひっそりとたたずむ一本の木に、ピンクのスプレーで描かれた「祝ってやる」の文字が……。  本来は「呪ってやる」と書きたかったはずが、ちょっとした間違いで祝福の言葉に変わってしまったという、定番のバカ画像である。  なんともおマヌケな話だが、実は なんともおマヌケな話だが、実は真っ赤なウソ。本物の落書きは、青木ケ原樹海の鳴沢氷穴から富岳風穴に向...

    記事を読む

  • 2016/06/20突撃リポート

    PC◯◯◯の掲示板にて「挿入なし可、即決できる方優先」というタイトルで、「個人的にはちょっとアブノーマルなプレイに興味があったり」などと本文で言及しながら女のコを募集した。様々なプレイを提示し数多の女性とやりとりするうち、こんな全てをカバーした内容に行き着いた。「本番なしでお願いします!」 早速食いついたのは、普段はOLをしているというCちゃん(21歳)。  正直、僕からすればゴールが同じ射精である以上...

    記事を読む

  • 2016/06/20エッチ体験談

    今年の夏、外人会員の多い出会い系サイト「マ ッチコム」で、中国人女と繋がった。『ヨウと言います。私、アナタのこと気になる』 プロフィールを見れば「現住所:中国・ハルピン」とある。向こうに住んでいる方らしいが、写真は若くてかわいい美人さんだ。 何となくメールを続けてみたところ、相手は猛烈にアプ ローチしてきた。『ノブハルさん、中国に来れませんか?大連で会おうよ。 成田から直行便出てます』『泊まる場所は...

    記事を読む

出会い系のミスキャンレベルの女子大生は最初の書き込みでわかる

出会い系で女子大生とエッチがしたい時があっても、掲示板の内容だけでは騙されてしまうこともある。本物の上玉の女子大生を見分けるにはどうしたらいいのか
0084.jpg 0085.jpg 0086.jpg 0087.jpg
0088.jpg 0089.jpg
女子大生と自宅で夏合宿
知ってのとおり、大学生の夏と言えば合宿です。しかも体育会系のマジなやつじゃなくて、ぬるーくてどうしようもない合宿。男女揃ってテニスしてバーベキューして、隙あらば森の中でヤッちゃうぞみたいな、そういっやつです。でもやっぱそういっ合宿は、ちゃんとしたサークルに入ってないとなかなか行けないんですよね。幹事長とか会計とかが、宿の確保だバスの手配だと動き回ってくれないと。新歓コンパのためぐらいなら実態のないサークルも作れましたけど、さすがに合宿なんて面倒なことまではできません。
ただやっばりそれも寂しい。せっかく短大に入ったっていうのに夏休みに何もないってのはどうなんでしよう。と、そこで素晴らしい名案が浮かびまして。花火を見に行く合宿といつのはどうだろうと。僕の田舎って、毎年すこい大きな花火大会があるんですよ。この花火を工サに学校の連中を実家に呼び寄せようといつわけです。こんな短大、地方からわざわざ来てるヤツなんてほとんどいませんから、そういつのって旅行気分で結構ノッてきそうなものじゃないですか。
「ねえ、みんなで一緒に花火合宿行かないっ」「どこのっ」
「〇〇(実家の地名)」「どこそれっ」「オレの実家の方なんだけどさ」「ふーん」
「すげー楽しいよ。ウチ泊まってもいいしさ」
あちこち電話しまくり、結局2人だけ興味持ってくれて。ま、そいつら友達同士なんですけどね。よっぽど暇だったんでしょうね、行くとこなくて。それが大会当日、駅まで迎えに行ったら、来たのはー人だけ。後のー人は都合悪くなっちゃったとか言ってましたけど、どうなんだか。オレに気があるの見え見えなんですもん。だって普通ー人で来ませんよねえ、しかも浴衣着て。2人きりの夏合宿。いい思い出になりましたよ。ただ、ラブホ満杯で、ほんとに実家に連れて帰んなくちゃなんないのが難儀でしたけど。
親父なんか「あー彼女さん、息子をよろしく」とか言って。合宿だって説明しても、よくわかってなかったみたいです。当たり前でしょうけどね。

キャバクラより断然効率的! 終電前後は「恋活バー」で家出&ワリキリ嬢を確保する!?

仕事終わりに一人で飲んで、酔った勢いでキャバクラに行く。
そんな何の見返りもない浪費をするくらいなら、ここに足を運んだほうが100倍マシだ。
恋活バーを謳うこちらの店は、男性客が女性客を指名して、OKが出れば2人で飲めるシステムとなっている歌舞伎町という土地柄、女の属性は出勤前後のキャバ嬢や、金のないワリキリ女が多い。
狙うべき時間帯はやはり終電前後だ。出会いカフェから流れてきた女や、地方から来た家出風女を見つけたらすぐに声をかけるべし。 
どうせ帰る場所がない女たちなので「メシおごるよ」の一言でついてくる女だらけだ。
少なくとも、キャバクラに行くよりは見返りの大きい投資ができるはずだ。

d50514d7fc29b5339c696c3efe46e85d.jpg 

仕事終わりに一人で飲んで、酔った勢いでキャバクラに行く。
そんな何の見返りもない浪費をするくらいなら、ここに足を運んだほう が100倍マシだ。恋活バーを謳うこちらの店は、男性客が女性客を指名して、OKが出れば2人で飲めるシ ステムとなっている
歌舞伎町という土地柄、女の属性は出勤前後のキャバ嬢や、金のないワリキリ女が多い。
狙うべき時間帯はやはり終電前後だ。出会いカフェから流れてきた女や、地方から来た家出風女を見つけたらすぐに声をかけるべし。どうせ帰る場所がない女たちなので「メシおごるよ」の一言でついてくる女だらけだ。少なくとも、キャバクラに行くよりは見返りの大きい投資ができるはずだ。(44才・会社員)仕事終わりに一人で飲んで、酔った勢いで キャバクラに行く。そんな何の見返りもない浪費をするくらいなら、ここに足を運んだほう が100倍マシだ。
恋活バーを謳うこちらの店は、男性客が女性客を指名して、OKが出れば2人で飲めるシ ステムとなっている
歌舞伎町という土地柄、女の属性は出勤前後のキャバ嬢や、金のないワリキリ女が多い。狙うべき時間帯はやはり終電前後だ。出会いカフェから流れてきた女や、地方から来た家出風女を見つけたらすぐに声をかけるべし。どうせ帰る場所がない女たちなので「メシおごるよ」の一言でついてくる女だらけだ。少なくとも、キャバクラに行くよりは見返りの大きい投資ができるはずだ。
カテゴリ
タグ

青木ケ原樹海にある「呪ってやる」落書きネットのデマ150

自殺の名所として有名な、富士山の青木ケ原樹海。その奥地にひっそりとたたずむ一本の木に、ピンクのスプレーで描かれた「祝ってやる」の文字が……。
 
 本来は「呪ってやる」と書きたかったはずが、ちょっとした間違いで祝福の言葉に変わってしまったという、定番のバカ画像である。
 
 なんともおマヌケな話だが、実は

1412b7cdb8f1305946c4d4ca7576d38c7.png 
なんともおマヌケな話だが、実は真っ赤なウソ。本物の落書きは、青木ケ原樹海の鳴沢氷穴から富岳風穴に向かって30分ほど歩いた先の山道にあり、誤字もなくちゃんと「呪ってやる」と描かれている。
 
 このエリアは、普通にネイチャーガイドツアーも行われ、自殺のイメージとは無縁の健全な遊歩道だ。問題の木のそばには、誰か
がキャンプをした形跡があり、周囲にははゴミが散乱。テントも設営時のままに残されている。
 
 おそらくは、肝試しの目的で若者たちが一夜を過ごしたあと、面白半分で木にイタズラ書きをほどこした可能性が高い。
 
 しかし、あるとき、このペイントに目をつけたテレビ局が、「自殺の名所に残された呪いの文字」として恐ろしげに報道。そのときの画像を、さらに何者かがパソコンで「祝ってやる」と描き変えてネットに投稿したところ、予想外のスピードで広まってしまったようだ。



カテゴリ
タグ

出会い系で「デート・エンコー・愛人」でどんな娘がレスしてくるか?

PC◯◯◯の掲示板にて「挿入なし可、即決できる方優先」というタイトルで、「個人的にはちょっとアブノーマルなプレイに興味があったり」などと本文で言及しながら女のコを募集した。様々なプレイを提示し数多の女性とやりとりするうち、こんな全てをカバーした内容に行き着いた。
「本番なしでお願いします!」
 早速食いついたのは、普段はOLをしているというCちゃん(21歳)。
test1.jpg 

 正直、僕からすればゴールが同じ射精である以上、口の上下など案外、些細な違いに思えたりもするが、どうやら金銭目的の女性にとって、挿入の有無には雲泥の差があるようなのだ。
「かしこまりました!ご連絡ありがとうございます。可愛いですねっ♪  個人的に一回ポッキリというのが味気なくて、何回か定期でお会いできる方探してるのですが。車内フェラ5回で10マン(一回2マン)でどうでしょうか? もちろん一度お会いしてから決めていただいて構いませんが」
「定期もちろん大丈夫です! 車内フェラ5回で10も了解です! ぜひよろしくお願いします」test2.jpg 

ペッピンさんとはいえ、フェラだけで2マンというのもちょっと不服なので、食事デートもつけていく。
「ありがとうございます。僕、長期出張で広島にいるわけですが、Cさん地元民ですか?広島弁たまらんすw お好み焼きとか地元民のよく行く美味しいお店とかあれば、ぜひ案内お願いします!ご馳走しますよー」
「地元広島ですよ!敬語使ってたら方言まったく出ないんですけどね!笑」
 なんてとりとめもない話をしながら、“やっぱ入れてー”と、思った。

外人の多い出会い系で知り合った中国人の女とヤルために現地へ飛んだら大騒動に

今年の夏、外人会員の多い出会い系サイト「マ ッチコム」で、中国人女と繋がった。

『ヨウと言います。私、アナタのこと気になる』
 プロフィールを見れば「現住所:中国・ハルピン」とある。向こうに住んでいる方らしいが、写真は若くてかわいい美人さんだ。
 何となくメールを続けてみたところ、相手は猛烈にアプ ローチしてきた。

『ノブハルさん、中国に来れませんか?大連で会おうよ。 成田から直行便出てます』

『泊まる場所は私が用意する。 空港で、アナタの名前を書いた看板を持って立ってます』

『アナタと結婚したい』
 日本人と結婚して日本の国籍を取ってやろうっていうよくあるパターンだろうが、若くて可愛い子に好意を寄せられるのは気分がイイ。会えば当然ヤレそうな流れだし。

 かくして週末の昼、私は大連行きの飛行機に乗り込んだ。成田から飛行機で2時間半、 夕方、大連に到着した。言われていた通り、到着ゲートの先には『ノブハル』という看板を持った女が立ってるが…。
 写真とは別人だ。年齢もえらいオバサンである。まさかダマされた?

「ノブハルさんですか?」

「…そうだけど。あなたがヨ ウさん?」

「違う違う。私は親戚。ヨウ に頼まれて迎えにきた」

「あ、そうなんだ」
 事前に言っといてくれよ。びっくりしたじゃん。
 私の泊まる宿はもう取ってあり、ヨウ本人はそこで待っているという。 空港からタクシーで30 分、ホテルに到着した。とりあえ ず受付でチェックインをする。「ホテル代は前金です。1泊で400元」しかし、カードで払おうとしたところ、差し出された明細の金額がおかしい。1200元(日本円で約2万5千円) になっているのだ。間違ってんじゃん? オバサンに助けを求める。

「ねえねえ、金額多く取られそうになってるんだけど、こ の明細」

「間違ってない。今日は私とヨウもここに泊まる。だから、あなた、私たちの分も払う」

「はぁ?」

「男が女にお金払う、中国では当たり前」
 おいおい、ちょっと待ってくれよ。とそのとき、後ろか ら声をかけられた。

「ノブハルさん」
 ヨウ本人だ。写真通りの美人さんだ。

「会えて嬉しいです」

「いや、こちらこそ…」

「お金大丈夫ですか?」

「…それはまあ何と言うか、 ちょっとアレだけど…」
 まぁ、今夜はこの子とヤレるはずだ。ここでシラけて台無しに、みたいなことだけは避けたい。宿代くら払って やるか。

「お金払うか暴力か、 どっちがいい?」

ひとまずゴハンでも食べようと近所のレストランへ出か けた。

「ヨウが心配なんで」 と一緒についてきたオバサンにはイラっとしたが、食事はそこそこいい雰囲気だった。
 ホテルに戻ってきたのは夜9時だ。

「じゃあ、この後は、せっか くだし、ヨウさんと2人でし ゃべりたいんだけど」

「……」
 ヨウは黙っている。恥ずかしがっているのか。そこにオバサンが出しゃばってきた。

「今日はもう疲れたんで寝ようよ」

「え?」

「いきなり男と2人っきりは、 ヨウのお父さんお母さんも心 配する」

「少しくらいいいでしょ」
 こっちはわざわざ日本から来ているのだ。このままあっさり1人で寝るなんてありえないんだけど。

 オバサンはヨウを自室に帰し、こちらをギロっと睨んできた。

「2人っきりは結婚してから。 アナタ、まだ結婚してないか らダメ」

「はぁ? 呼び戻してよ」

「ダメ。ここ中国!中国の 文化に従ったほうがいい」
 何だそれ?
 ここまでやってきて何でこんなオバサンに怒られないといけないわけ。 腹立ってくるなぁ。

「意味がわからないけど」

「あなたの方がわからない」

「もういいわ!バカらしく なってきた!」

「じゃあ、結婚しないの?」

「そんなもんするか!」

「アナタ最低!」
 付き合ってられない。私はくるりと回れ右すると、さっさと自分の部屋に戻った。
 翌日。部屋がノックされる音で目が覚めた。

「あなた、本当に結婚しない の?」
 オバさんだった。しつこいって!

「結婚しないんなら、私たちハルピンに帰る。飛行機代払って下さい。3000元(日本円で約6万円)」 「はぁ? 払えるわけないだろ、そんなもん!」
 追い返そうとすると、思いも寄らぬ言葉が飛んできた。

「じゃあアナタ、お金払うか暴力か、どっちがいい?」

「えっ !? 」
 ……脅しか? 背中に冷たい ものがすーっと走った。おばさんがおもむろに携帯を取り出し、中国語で誰かに電話を始めたからだ。何だかヤバイ 雰囲気じゃないか!



次の瞬間、体が勝手に動き出した。急いで荷物をカバンに突っ込み、部屋を飛び出した。早く逃げないと!
 オバサンが何かギャーギャーわめいているが、強引に振り切ってホテルの外に出る。都合よく通りかかったタクシーに乗り込んでから、後ろを振り返った。
 うわぁ!
 オバサンを先頭に、男が6人も走ってきている。しかも車に乗り込んでいるではないか!  追いかけて くる気だ! ヤバイ! 早く タクシー出してくれ。

「とにかく、ゴーゴーゴー」

 連中はめちゃくちゃしつこかった。 15 分ほど町をぐるぐる走ったものの、まったくあきらめる気配はない。そのうちに、タクシーが信号で止まると、男が近付いてきて窓ガラスをドンドン叩いてくる。
 何なんだこいつらは。もう警察に行くしかないか。いや、でも警官に日本語が通じない可能性はある。

 そうだ! 空港なら言葉の通じる人間がい るはず!

「エアポート、エアポート、 ゴーゴーゴー!」

 頭はほとんど錯乱状態に陥 りながら、何とか空港に辿り着いた。もちろん連中の車はついてきている。勇気を振り絞ってタクシーを下り、ロビー入り口に向かって走ると、男たちももの凄い勢いで走ってきた。 「ひぇぇ!」

 腕をガシっと捕まれる。次の瞬間、これまでの人生で出したことのなかったほどの大声で叫んでいた。

「うわぁぁ!殺される!」

 渾身の力で男たちの腕を引 き払い、近くにあった鉄パイ プにしがみつく。周囲の目など気にしてられない。

「助けてくれー!日本人です。結婚しないと暴力ふるうって脅されてますー!」
 5分くらいそうしていただろうか。ほどなくして、日本語のわかる空港スタッフがやってきて事情を説明し、ようやく男たちは去っていった。
 教訓。出会い系の落とし穴は、こんなところにもあるんです。

カテゴリ
タグ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます