2017年07月の記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2017年07月

  • 2017/07/31裏情報

      エロ画像を投稿する人、それを見てオカズにする人が集まる掲示板だ。その名のとおりモザイク無しの画像をアップするのがルールである(中にはモザ有りもあるにはあるが)。 投稿者に多いのは彼女や奥さんのエロ写真をアップする人だ。まあそれはそれでオイシイのだが、オレは女投稿者を褒めちぎって、どんどんエロい写真をあげてもらう遊びを楽しんでいる。 ここにやってくる女投稿者の多くは、顔を映さない胸の谷間...

    記事を読む

  • 2017/07/28裏情報

      これから解説する遊びは、ただ読むだけだと狂ったマニアの妄言としか思えないだろう。でも実際にプレイしてみたら、それも一度でなく、二度三度と繰り返せば、不思議なハマり感覚がわかってもらえるはずだ。 ピグエッチ。アメーバピグのキャラクターを使ったセックスに、なぜそれほど夢中になれるのか。文字だけのチャットセックスとどこが違うのか? 説明はやや難しい。まず自分自身がピグと同一化するような錯覚を...

    記事を読む

  • 2017/07/27援助交際・パパ活

    たとえば1万円で援交する女といえば、デブやブス、ババアにマグロ、不潔、キチガイと相場は決まっている。 1・5でも状況はそう変わらないか。 2となると、レベルは上がる。出会い喫茶などでは、清潔そうな70点クラスの女子大生でも2万で売春するケースが多々ある。 モノの価格は、需要と供給で決まる。稀少でひとびとが欲しがるモノは高価になり、掃いて捨てるほどあって誰にも見向きもされないブツは投げ売りされるのが経...

    記事を読む

  • 2017/07/27突撃リポート

    みなさん、いかがおすごしでしょうか?今回、仕事の関係で誘われまして、AKBのコンサートを初体験! テレビのバラエティなどで観ているいつものイメージとは違い、みんな一生懸命に歌うし踊るし、なんというか……キラキラしていました。渡辺麻友や島崎遥香。篠田麻里子は辞めちゃってていませんでしたが、それでも充分楽しめました! 興奮状態のまま京セラドームを後にしようとすると、ケータイに電話が。あれ? 裏モノ編集長...

    記事を読む

  • 2017/07/27裏情報

      人気の面で2ちゃんねると双璧をなす総合掲示板・爆サイ。しかし、こと“●き”スポットに関する情報は、信憑性や量の多さの面で2ちゃんを圧倒する。 おなじみカーセックススポットはもちろんのこと、ネカフェや公衆トイレ、はては個人の自宅やマンションの部屋まで、とにかくありとあらゆる●きスポットが書き込まれているのだ。それも詳細なヒント付きで。 こんなのを見た日にゃ、ついつい現場に足を運びたくなるって...

    記事を読む

  • 2017/07/26裏情報

      数あるエンコー出会い系の中で、俺がワクワクメールにハマっているのは、このサイトのおかげだ。ハズレを引く失態を未然に防げるためである。 ワクワクDBは、ワクワクメールで女と会った男が口コミを載せるサイトだ。女のワクワクIDで検索をかけるとその子の評判が出てくるので、デブとかブスとか書いてあればスルーすればいい。 ただし、たいていの女に悪評が書かれているので、掲示板上の女のIDを片っぱしか...

    記事を読む

  • 2017/07/26突撃リポート

    恥ずかしながら、俺は毎朝の満員電車ではいつも好奇心を抑え込むのに必死だ。 あるとき、ネットで掲示板の存在を知り、世の中には俺のような欲求を持った人たちが数多く存在することを知った。小心者の俺なんかと違い、皆さん果敢にプレイにチャレンジしているのだからうらやましい限りだ。 そんなある日のこと、掲示板の情報交換ラウンジなる場所に、こんな書き込みを発見した。『色んな性癖持ってる人、集まれ! 変態の皆さん...

    記事を読む

  • 2017/07/26裏情報

      最近、このコミュで定期的に行われてるオフ会(東京と大阪で開催)にドハマリしている。 実はここの飲み会、1次会はごくフツーに居酒屋に10人以上の男女が集まって飲み食いするだけだが、2次会の会場がなんとまさかのハプニングバーなのだ。え、それって最初からハプニングバーへ遊びに行くのと何が違うの? 1次会の参加費って超ムダじゃね? こういう発言をする人は、やや想像力が足りないと言わざるを得ない。....

    記事を読む

  • 2017/07/25エッチ体験談

     登場人物菜々子職業 人妻容姿 30代にしか見えないオーラを放つ魅力 美魔女的ルックス備考 同級生。小学校時代はおとなしいお嬢様早希職業 女子大生容姿 桐谷美玲に似てる魅力 小悪魔的な性格備考 file13菜々子の娘。母親にライバル心を抱く内定祝いの宴は、美魔女の同級生、菜々子が体調不良で来られなくなり、娘の早希ちゃんと二人で会うことになった。 俺としては、「今回娘と会ったことでお祝いが済んでしまった...

    記事を読む

  • 2017/07/25セフレの作り方

     50才ともなると、裏モノで紹介されているセフレ探しの方法も、なかなかうまくはいかないものだ。 そんな私が現在、唯一なんとか成果をあげているのがエロSNSの『ナンネット』を使ったある手法である。ナンネットの利用者は「単独」と「カップル」に分けられる。「単独」とは私のような独り者のことで、同じような単独女性にメールを送って交流したり、「カップル」のセックスに参加させてもらったりして遊ぶ仕組みになっ...

    記事を読む

ハメ撮り画像交換掲示板の実態

201310082.jpg 201310083.jpg エロ画像を投稿する人、それを見てオカズにする人が集まる掲示板だ。その名のとおりモザイク無しの画像をアップするのがルールである(中にはモザ有りもあるにはあるが)。
 投稿者に多いのは彼女や奥さんのエロ写
真をアップする人だ。まあそれはそれでオイシイのだが、オレは女投稿者を褒めちぎっ
て、どんどんエロい写真をあげてもらう遊び
を楽しんでいる。
 ここにやってくる女投稿者の多くは、顔を
映さない胸の谷間画像みたいなのを貼っていく。そういうのを見つけたらすかさずコメントだ。
〈おっ、形の良さそうなおっぱいですな。シコってもいいですか?〉
 似たようなコメントがいくつかつく。彼女らは、こうやって他人のオカズになることに喜びを感じるものだ。
 投稿者が「ありがとうございます」などと書いたら、さらに煽る。
〈キレイなおっぱいもいいけど、乳首まで見えたらもっと興奮しちゃうな〉
 こんな感じで褒めつつ、さらに過激な写真を要求するわけだ。乳首画像を貼ってくれたら次は股間、全裸などとステップを踏んでいく。他の男連中と協力して牙城を崩していく
のはさながらゲーム感覚というか、非常にドキドキする遊びだ。レズが集まってるサイトで、男性は書きこみ厳禁らしい。雑談やパートナー募集、オフ会など様々な話題で盛りあがってるが、オレ
はここで女のフリをしてレズ同士のカラミ画像などをもらって楽しんでる。ネットなんかではなかなか拾えないリアルなレズセックス写真は、それはもう、最上級のオナネタだ。
 トップページから出会い掲示板に行き、『画像交換しよう』などのスレへ。ここで普通に『よろしくね』などと書き込むわけだが「、交換」と書いてある限り、こちらもなんらかの
レズ画像を用意しなければならない。当然そんな写真は手元にないわけで…。
 さきほども言ったように素人レズ写真はネット上にもなかなか落ちていない。だからオレはこれをはじめたころ、レズAVの動画をキャプチャして、それっぽいものを送った。
 おかげで交換は成立。初めてペニバンで繋がったレズ写真をもらったときは何度シコったことか。
 これを続けていると、自然とレズ写真のストックができる。今度はこのストックを交換写真として使えば、永久に新規の写真が増えるというわけだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

アメピグを使ったセックスに生々しい素人の写真の集め方

201310078.jpg 201310079.jpg これから解説する遊びは、ただ読むだけだと狂ったマニアの妄言としか思えないだろう。でも実際にプレイしてみたら、それも一度でなく、二度三度と繰り返せば、不思議なハマり感覚がわかってもらえるはずだ。 ピグエッチ。アメーバピグのキャラクターを使ったセックスに、なぜそれほど夢中になれるのか。文字だけのチャットセックスとどこが違うのか?
 説明はやや難しい。まず自分自身がピグと同一化するような錯覚をおぼえ、自らセックスしている気になれる点が魅力のひとつ。
 そしてもうひとつの魅力は、相手の女もまた同じような錯覚の下にいるであろうことから、恥じらいがリアルに伝わってくる点だ。
 仲良くなった女の子を自分の部屋に呼びよせ、キスをして、服を脱がせ、乳首を舐めてフェラをさせて…。もちろん動いているのはただのピグだが、上記の二点によってムラムラは無性に高まってゆく。「勃起してきたよ」「いっぱい濡れてるね」などの会話も興奮を高め合う。
 …などと力説しても、やはり伝わりにくいだろう。少しでも興がわいた人は、ひとつ実際にやってみてください。 LINE&カカオ掲示板が無数にある中、もっぱら私がこの掲示板を利用しているのにはワケがある。女性ユーザーがダントツで多い、すなわち、ちょっと変わった女もわんさかいるので、ココひとつだけでいろんな遊びができてしまうのだ。
 具体的にはエロチャット、テレフォンセックス、エロ写メ収集の3つだ。
 まずエロチャットだが、これは掲示板に「エロトークしようよ」と書き込むだけで、簡単に相手は見つかる。もともとひまトーークではエロチャ相手の需要が高いため、凝った策などいらないのだ。
 エロチャが盛り上がると、テレセへの移行もすんなりといく。それまで文字オンリーでやり取りしていた相手の艶めかしい声が聞ければ、興奮度がうなぎ登りになるのはいうまでもない。
 エロ写メのゲットも、起点はエロチャになる。会話中に「マジで興奮してきたよ。もっと盛り上がりたいからエッチな写メちょーだい」と言えば、たいていは何かしら送ってくれるものだ。それでダメなら、先にこちらのチン写メを送信するまで。こっちはここまで見せたんだから、ちょっとは協力してよという理屈だ。その際「顔は写さなくていいから」
のひと言を付け加えればさらに成功率はアップする。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

出会いサイトで、ホ別5万出します、でどのレベルの女がやってくるのか?

SnapCrab_NoName_2017-7-27_23-13-25_No-00.png
たとえば1万円で援交する女といえば、デブやブス、ババアにマグロ、不潔、キチガイと相場は決まっている。
 1・5でも状況はそう変わらないか。
 2となると、レベルは上がる。出会い喫茶などでは、清潔そうな70点クラスの女子大生でも2万で売春するケースが多々ある。
 モノの価格は、需要と供給で決まる。稀少でひとびとが欲しがるモノは高価になり、掃いて捨てるほどあって誰にも見向きもされないブツは投げ売りされるのが経済の原理だ。エンコー界での値付けも例外ではない。
 そこで一つ疑問が生じる。
『ホ別5万出します』
 とメッセージを掲載したら、どんなエンコー嬢が釣れるのだろうか。
 あらゆる階層の女が釣れるだろうとは、まず言える。5万という額は、どの魚にとってもオイシイ餌なのだから、そこには需要供給の原理ははたらかず、アジやハマチや深海魚など雑多な魚が群がる構図となるはずだ。
高級魚だけが5万円のエサを食べるわけではない。しかし上の推測で重要なのは、高級魚だけではないにしろ、でも高級魚
だって寄ってくるはずだという箇所である。2万じゃとても釣れないような、5万だからようやく目を光らせる女。そんな高級魚とはいったいどんなレベルなのか。
 いや、そもそもすべては推測に過ぎない。5万の条件ならホントにイイ女も釣れるのか?
 新宿の喫茶店で優雅にお茶をしながら出会い系サイトを開き、5万の条件で募集をかけた。
 おっ、さっそくメールが返ってきたぞ。
〈3時過ぎに行けますけどもう決まっちゃいましたか?〉
 こんなにすぐメールが届くなんて、やはり5万のチカラは強大だ。メールには『お好きなタイプかどうかはわかりませんが…』と少し弱気な文字が続いている。
 彼女、ミナ(仮名)の住まいは西東京。とりあえず新宿に来てほしいと返信しよう。ついでに『会ってタイプじゃなかったらお断りします』と、強気に出てみる。なんせこちらは5万も出す立場なのだ。
 普通だったら『じゃあやめとく〜』となるか返信なしかのどちらかだが…。
〈新宿大丈夫です。全部おまかせします〉
 わお、ずいぶん従順だこと。
 数十分後、彼女から新宿に着いたとの一報が入った。あー、迎えに行くの面倒だし、この喫茶店まで来てもらおうか。普通はありえない申し出だけど。
 呼びだしメールから5分。ピンクの上着を来た女性がやってきた。黒髪で細身だ。
 その子がミナだった。
「あの、サイトの…」
「ミナちゃん? いらっしゃい。とりあえず座ってよ」
 プロフィールには25才とあったがもっと若く見える童顔だ。。通常のエンコーではなかなかお目にかかれない上玉なのは間違いない。
ミナは恐縮しっぱなしだ。「すいません遅くなりまして」と繰り返し、「私なんかで大丈夫ですか?」とへりくだる。なんとしてもオレの機嫌をそこねたくないようだ。
「ミナちゃんはサイトで男の人とけっこう会ってるの?」
「いえ…まあ会ったことないと言えば嘘になりますが」
「へえ。じゃあ少ないんだ」
「はい。一回だけあります」
 本当かどうかわからないけど、その1回はなんと、手コキだけで3万くれるオジサンだったそうだ。しかしカラオケに入ってオジサンの気が変わり、未遂で終わったらしい。つまりエンコー未経験じゃん!
「ワリキリはやったことないんだよね?」
「はい」
「じゃあ今回オレにメールしてくれた
のはなぜなの?」
「すごくいい人そうだったので。あと
はやっぱりお金がいいから…」
当初の推理は当たっていた。5万円も払えばこういう子に会えるんだな。
 お次はどんな子がやってくるんだろう。届いたメールはこれ。
〈これから会えますか? 見た目はいいと思います〉
 自信満々の文面だ。ただ、イチゴー嬢にだってこの台詞を吐くヤツは腐るほどいる。期待するのはまだ尚早だ。
 やりとりは進み、渋谷で待ち合わせることに。新宿には友達が多いからどうしても姿を見られたくないそうだ。
 仕方ないので渋谷に向かい、109の前で待っていたら再びメールが届いた。
〈もうすぐ着きます〉
 直後、目の前の女がいきなりオレの肩をポンと叩いた。続けて頭をコクリと下げる。
 ……驚いた。まるでトップモデルのようなスタイルに、きりりとした目元。90点クラスの美女だ。
 彼女の名前は由佳里(仮名)。年齢は23才でエステティシャンをしているらしい。
「今日はお休み?」
「はい、募集を見て、驚いてメールしちゃいました」
「驚いたって?」
「5万円って。そんな人いるんだなって、いてもたってもいられずに応募しました。会ってくれてありがとうございます」
「手とか口って意味?」
 由佳里は首を縦に振った。手コキ1万の経験が何度かあるらしい。
「実は引っ越しをしなきゃいけなくて、その資金が足りなくて…。それでサイトを見てたんだけどやっぱりそういうのは止めようって一度は思ったんですけど、5万円って見て、それがあれば引っ越しできるから正直舞い上がっちゃいました」
 やっぱりこの子も5万だからこそ釣れた高級魚だな。続いて反応したのは20才の女子大生さんだ
〈すぐに行けます。容姿にはわりと気を使ってるので不快な思いはさせないと思いますよ〉
『すぐに』の部分に5万円のパワーを感じる。
 約束のアルタ前に事前に聞いておいた花柄ワンピの子が到着した。サングラスをしてるのでカワイイのかどうかわからない。
「はじめまして。今日はよろしくお願いします。新宿はなかなか来ないので迷ってました」
 ずいぶん丁寧な口調に戸惑いながら「少し話してからににしよう」と喫茶店に誘った。
 ここでようやくサングラスを外してくれたが、うーん、60点レベルか。黒髪ロングで清楚っぽいところは評価できるが。
「今日はまたどうしてメールをくれたの?」
「はい、実は私、海外留学してまして」「へえ」
「おととい帰ってきたんですけどね、ヒマでバイトでもしようかと考えたんですよ。でも面接で落ちちゃって。それで友達からあのサイトを聞いてやってみたんです」
 ということは常習エンコーちゃんではないようだ。5万円ってこんな子ばかりを引き当てるよなぁ。
「ウチの親って本当に過保護っていうか。高校生のときは毎日クルマで学校に通ってたんです。で、門限は5時。帰りも迎えにくるんで、門限を破ることもなかなかできないんですけどね」
 ちょっとしたお嬢様のようで、男女交際禁止とか、親を呼ぶときは『お父様』『お母様』と言わなきゃならないなどの家庭内ルールがあるそうだ。
うむ。容姿は60点だけどお嬢さま加点で80点越えだな。こんな子でもワリキリしちゃうってところがすごいよな。
「大学生になったら自立しろって親がうるさくて。お小遣いをもらえなくなっちゃったんですよ。まったくくれないので困ってて…」
「じゃあ5万円じゃなかったら来なかった?」
「そうですね。安売りはしたくないので」
 そろそろ店を出ようとしたとき、ふとお嬢さまが口を開いた。
「あの、私、もうずいぶんしてないんですよ。だからちょっとドキドキしてるんです」
「してないって?」
「その、エッチなことを…」
 彼氏と別れた1年前からそういうのはないと言う。いいぞ、ナイスはにかみ! プラス10点あげちゃう!夜の7時。届いたのはこんなんだなんだ、違うのか。いや、待てよ、また戻ってきたぞ。人を探してるっぽいし、もしかして!
「あの、サイトの子?」
「え、ああ。そうです! ヒロシさんですか? 良かったぁ、会えて」
 そう言って彼女がオレの腕をつかんできた。おっぱいの感触が伝わる。なにこれ、もしかして天国?
 並んで喫茶店へ。横顔は愛梨ちゃんよりも綺麗かもしれないなぁ。カネさえ持ってりゃこんな美女とやれるんだ。
 ユウは深々と頭を下げた。
「時間とってくれてありがとうございます」
「いいよそんなの。でもこんな美人さんが来るなんて思わなかったから緊張しちゃうなぁ」
「私もドキドキしてます。こういうの生まれて初めてなんで」
 …聞きましたか皆さん。彼女、エンコー処女だそうですよ。
「でも彼氏さんとかにバレたりしないかな?」
「カレは昨日から出張でいないので大丈夫です。だから時間も気にしないでください」メールだった。
〈モデルしてたので容姿は良いほうだと思われます(^-^;)正直、5万に釣られました!〉 
21才のOL、ユウだ。元モデルってのはやっぱりいい響きだね。正直なところもベリーグッドです。彼女の仕事が終わる8時に待ち合わせることになった。
 約束の時間、目の前をキレイな人が通るたびにそわそわしてしまう。あの子なんてすらっとしててモデルっぽいな。いや、女優でもいけるよ。ああ、もう来てるのかな。遅れてるのかな〜。
 先ほど通り過ぎたモデル風がまたやってきた。こんな子がやってきたら一大事どころじゃない。お顔なんて、タレントの平愛梨ちゃんそっくりだもん。
 しかし愛梨ちゃんは去っていく。なんだなんだ、違うのか。いや、待てよ、また戻ってきたぞ。人を探してるっぽいし、もしかして!
「あの、サイトの子?」
「え、ああ。そうです! ヒロシさんですか? 良かったぁ、会えて」
 そう言って彼女がオレの腕をつかんできた。おっぱいの感触が伝わる。なにこれ、もしかして天国?
 並んで喫茶店へ。横顔は愛梨ちゃんよりも綺麗かもしれないなぁ。カネさえ持ってりゃこんな美女とやれるんだ。
 ユウは深々と頭を下げた。
「時間とってくれてありがとうございます」
「いいよそんなの。でもこんな美人さんが来るなんて思わなかったから緊張しちゃうなぁ」
「私もドキドキしてます。こういうの生まれて初めてなんで」
 …聞きましたか皆さん。彼女、エンコー処女だそうですよ。
「でも彼氏さんとかにバレたりしないかな?」
「カレは昨日から出張でいないので大丈夫です。だから時間も気にしないでください」え、泊まりでもいいの?
「明日早いんでそれは…。終電くらいまでなら大丈夫です」
「そうなんだ。じゃあそれまでは何回もしていいのかな?」
「…はい。大丈夫です」
 いやはや、もうどういうことなんでしょう。5万円ってだけで美女でもここまで自由にできちゃうものなのですね。
「メールで5万円に釣られたって言ってたけど、お金、大変なの?」
「そうですね〜。やっぱり5万って大きいですよ。んふふ」
「でもエンコーしたことないんでしょ? なんで出会い系に登録してるの?」
「まあ、ちょっと入り用と言いますか…。はい、そんな感じです」
 入り用の中身までは濁された。生まれて初めて体を売らなきゃなんない入り用ってのも想像が付かない。ま、なんだっていいけど。
 というわけでみなさん、どう考えても、安いエンコーを繰り返すより5万で募集したほうが賢いと思いますよ。

AKB48のコンサート後にAKBコスプレの風俗に行けば興奮は倍増するか?

SnapCrab_NoName_2017-7-27_20-17-19_No-00.png
みなさん、いかがおすごしでしょうか?
今回、仕事の関係で誘われまして、AKBのコンサートを初体験! テレビのバラエティなどで観ているいつものイメージとは違い、みんな一生懸命に歌うし踊るし、なんというか……キラキラしていました。
渡辺麻友や島崎遥香。篠田麻里子は辞めちゃってていませんでしたが、それでも充分楽しめました!
 興奮状態のまま京セラドームを後にしようとすると、ケータイに電話が。あれ? 裏モノ編集長です。
「もしもし、町田か? 近いうちに今月のテーマを打ち合わせたいんやけど……って、なんかそっち、騒がしいな?」
「あー、すいません! いやー、今、AKB48のコンサートに来てまして! 超〜〜良かったですよ!」
「あっそう。そんなエエのか?」
「もう、最高ですよ! まぁ、広いドームだったんで、肉眼では表情まではわからなかったんで、ほぼスクリーンを見てましたけどね(笑)」
 そう言った瞬間、編集長が黙った。え? なに? もしかして……?
「ええやん! 町田はAKBと同じ空間にいたわけや! その本物から受け取った興奮を使って、フーゾクで疑似体験するのはどうや?」
「……はい?」
「最近のフーゾク店は、AKBのコスプレを用意しているところがあるやろ! その店で、AKBのメンバーに似たコを選んでプレイしてみぃ!ついさっきまで歌って踊ってたAKBを抱けるわけや!」
「そんなもんですかね……?」
「そんなもんや! さぁ、生のAKBを見た興奮が消えないうちに、急ぐんや! 町田よ!」
 まぁ、たしかに今のAKBの興奮が消えないうちに、AKBのコスプレプレイをするというのは無しじゃないかもしれない。大島優子や柏木由紀みたいなオッパイのメンバーや、渡辺まゆゆみたいなロリカワイイコもいるかもしれない。 
 と、いうわけで今回の噂の真相は、期せずして大阪出張篇となりました。さぁ、AKB48プレイ、行ってみましょうか!京セラドームを出た後、今回、コンサートに誘ってくれた仕事関係の人と食事に行くことに。
梅田の『軍鶏』というお店に入って、コンサートの感想戦です。あ〜〜、食事は嬉しいけど、こうしている間にも本物のAKBと一緒の空間にいた興奮が薄れていく! 一刻も早くフーゾクに行かなくちゃなのに!
 はやる気持ちを抑えつつ、運ばれてきた串をほおばる。……って、超美味い!!! なにこれ!
「いやー、この店は鉄板なんですよ! せっかく大阪に来たんですから、美味いものを食べなきゃ!」
 この店に連れてきてくれた地元のNさんが言う。たしかにAKBもいいけど、ここはなんてったって食い倒れの街・大阪! 食べなきゃもったいない!
 そこからは、美味い鶏をキンキンに冷えたビールで流し込む。プッハー! 美味い!
 AKBを観た後で、ビールと鶏! そしてこのあとAKB48メンバー(ニセ)を抱くんだから、オトナの夏休みは本当に楽しいですね! イエーイ!
 良い〜カンジで酔っぱらったボクらは、そのまま2軒ほどハシゴ。結局、ビジネスホテルの部屋に着いたときには、深夜12時を回っていました。
いや〜〜、良い感じです。コンサートからかなり時間が経っちゃいましたが、テンションはMAXです! もう店舗系はやってない時間で
すけども、地方はやっぱりデリヘルですよね。さぁ、そろそろお店を探そうじゃありませんか!
 ほろ酔い気分でベッドに寝転がりながら、スマホで検索です。
「大阪」「コスプレ」「デリヘル」というキーワードで検索してみると……
おぉ、ボコボコ引っかかってきましたよ! しかも値段を見ると、大体が60分1万5000円と、東京に比べてお安めです。
 ……しかし東京の店と違って、お店のHPに『コスチューム一覧』的なコーナーがありません。コスプレ店をうたっているのにも関わらず、このいい加減な感じ。これも大阪ってことなのでしょうか?
 何軒かサイトを見て回りますが、AKBのコスがありそうな店が見つかりません。そうこうしているうちに、時計は1時を過ぎております。
 ……どうしよう。とりあえず、どんなコスプレがあるのか電話してみようかしら! えーっと、じゃあこの『M』って店!
「はい〜、もしもし〜『M』です〜」
 鼻にかかったフーゾク店員しゃべり。これは全国共通なんでしょうか。
「あのー、そちらはどんなコスプレがあるんでしょうか?」
「はい、女子高生の制服から、OL、ナース、アニメ系に水着と、なんでも揃えておりますよ〜」
「AKBの制服はあります?」
「あ、はい! ございますよー」
 あるのかよーー!(心の声)
「なんか、いろいろあるんですね〜 じゃあなんでサイトに載せないんですか!?
 どこの店も『コスプレ一覧』がないんですけども」
「あ〜、コスプレはたくさんありますから。どの店もそういうのは、ようしませんねぇ」
 あれ? いきなり関西弁になった! しかもちょっと面倒くさそう。これも大阪クオリティ??
「そうなんですか……ちなみにそちらにあるAKBの制服ってどんな感じですか?」
「はい。なんていうか、一般的なヤツですね。キンタローが着てるヤツですね。はい」
 キンタロー?? たしかにAKBの制服っぽいけど、その名前を出すなよ!!! もう、キンタローみたいな顔がデカいのが来るイメージがこびりついちゃったじゃない!
 さて、あれから何軒か電話してみたところ、大体の店にはAKBのコスがあることが判明しました。その中でも『D』という店にかけたところ、「はい、『言い訳メイビー』『ポニーテールとシュシュ』『会いたかった』と、何種類かご用意してますよ」という頼もしいお言葉が! ここ! ここにしまーーす!
「えーっと、今すぐに行けるコはどのコですか?」
「はい、今ですとAちゃんとBちゃんと……それからCちゃんと…」
 店員があげる名前をチェックする。う〜〜ん、軽くボカシが入ってるからわかりにくいのもあるけど、なんというか、大島優子とか渡辺麻友、島崎遥香みたいな、メンバーに似てるコがいません。レベルは低いわけじゃないんだけど、タイプがみんなお姉さん系というか、ギャルっぽいというか……、うーん……。
「お客様、気になったコはいらっしゃいますか?」
「いや、せっかくAKBのコスを着せるんだから、
メンバーに似たコがいいなぁと思って……ボカシも入ってるからよくわかんないんだよね。渡辺麻友や、島崎遥香に似たコっていないの?」
「あ〜〜〜、まゆゆとぱるるですか。それはいませんねー。あ、でもこのEちゃんは、卒業生の浦野一美に似てますよ!」
 誰だそれ!?
 知らないうえ、卒業生ってことは年増ってことでしょ? そういうのは却下です。今日、京セラドームに出てて、有名なメンバーにしてください。
「うーーーん、じゃあRちゃんですかね。かなり長身ですけど、ギャルっぽいんで板野友美に見えないこともないですよ〜」
 スマホですぐに確認する。うーーーん、金色っぽい色のふんわりカールの長髪。たしかに髪型は似てる。ボカシの奥のバッチリと化粧された目元は、そこまで似てない感じです。でも、ここは時間も遅いしRちゃんで行っておきましょう。
 制服は写真がないのでわからないけど、『涙サプライズ!』という曲の制服をチョイス。あ、あとせっかくだから顔射オプション(3000円)も付けました。指名料も含めて合計2万円也!
「それでは移動時間のみ、10分ほどで伺わせまーす!」
 さぁ〜〜、多分あんまり似てないとは思いますが、板野友美とのプレイですよ! よーし、部屋に来たらAKBを歌ってもらおう! とりあえず一人称は「トモは〜」って言ってもらおうかしら〜。 いつもなら恥ずかしいけど、今日はアルコールも入ってるからお願いできちゃいますよ
ピーンポーーン。
 来ました! 板野友美(ニセ)が到着です!先に言っておきますが、
そこまで期待していません。ちうか、似てる似てないよりも、カワイイかカワイクないかのほうが問題です!
 ゆっくりと扉を開ける。
 ―すると、そこには身長170センチくらいのスラーっとしたギャルが立っていました。金髪に黒い肌。バッチリとしたメイク。顔は……
かわいい! 面長で、鼻筋も通ってて、まさに黒ギャルってカンジです。板野友美には似てません!(予想通り)
 ヒョウ柄のミニスカワンピから出た太ももは細めだし、これ、かなりレベルの高い黒ギャルです。……っていうか、制服着てないんだ! あとで着替えるシステムなのね!
「こんばんわー、待ちました?」
「そんなことないよ。Rちゃん身長何センチ? スタイル良いねー!」
「168センチです。アハハ、ありがとうございますー(笑)」
 しかも礼儀正しそう。いいよね、黒ギャルなのに礼儀正しい。しかも関西イントネーション。この盛り合わせ、好きですよ。ボカァ。
 とはいえ、元々のテーマはAKB(のニセモノ)を抱く、というもの。ここは、そこんとこハッキリさせとかなければ。
「あのさ、オレお店の人に、AKB48のメンバーに似たコをお願いしたんだよね?」
「え?? 誰ですか?」
「そしたらお店の人が『板野友美似のコを行かせます』っていうからさ」
「えーー、ともちんに似てないですよぉ、私!」
「だよねぇ(笑)」
「お店の人、おかしいわぁ。ありえへん! あ、それでAKBの制服たのまれたんですか?」
「うん、着てもらって、なりきってもらおうと思ってね」
「あーーー、アハハ、なんかすいません、1ミリも似てへんで。ともちん推しなんですか? あ! もしかして今日っ
て、京セラドーム、行きはったんですかぁ?」
「そうそう。だから今日はともちんになりきってよ。自分のこと『トモはー』って言ってよ」
「アハハハハ! いいですよ! じゃあ着替えますね? 着替えて出てきたら、精一杯ともちんになりきるんで!」
 そう言って、カバン片手にバスルームに入っていきました。さすが大阪! ノリがいいですよ! これが東京で同じこと言ったら、「オタクとかあり得ない!」「超キモいんですけれどもー」
「戸籍消えろ」っていう目で見られますよ! すばらしい! 大阪最高です! ブラボー!
「アハハ。おまたせ〜」
 数分後。バスルームの扉が開く。そこには、白ワイシャツに黒チェックのベストとスカート、茶色のニーハイ姿のRちゃんが立っていました。あ〜〜、見たことなかったけど、たしかにAKBの
制服っぽい。
 でも……う〜〜〜ん、どう見ても板野友美じゃないです。なんというか、黒ギャルがいろんなコスプレをやらされてるAVっぽいです。カワイイんだけど、なんか浮いてるというか、安いカンジ。
 ボクが微妙な顔をしていると、それを感じ取ったのか、最初は笑顔で出てきたのに、申し訳なさそうな顔に変わるRちゃん。
「……あの、ごめんなさい。あんま似てへんやん
なぁ。でもな、トモ、頑張るから……」
えーーー??? なにそれ! なんか申し訳なさそうなカンジの関西弁&一応「トモ」って、板野友美になろうと努力してます! なんか健気でカワイイじゃない! 胸のあたりがキュンとしてきました。近づいて、ギュっと抱きしめてみます。
「ん……ん〜〜」
 小さい声が漏れる。いいじゃない。カワイイじゃない!
 ちょっと強めにキスをする。口がパカっと開き、ヌラっとした舌がボクの舌を迎え入れます。おぉう! 唾液が入り込んでくる! 美味い!
「ぉ……んん……あ」
 キスをしながら両手でお尻を持ち上げるように揉みしだくと、ディープキスする口から、こもった声が漏れる。Rちゃん、感じやすいですよ。よ〜し、これはメチャクチャに責めてあげましょう。
「ベッドの上に立ってごらん?」
「え? 立つのぉ……?」
「うん、そのまま頑張って立ってて」
 柔らかいベッドの上に、バランスを取りながら立つRちゃん。
後ろからスカートをめくると、赤いサテン地のツルツルなパンツが確認されました。黒い肌にツルツルテカテカなパンツが良い感じです!
 スカートの中に頭を突っ込み、さらにお尻の谷間に鼻っぱしらを突っ込みます。
「あ、やぁ…!」
 Rちゃんの声が頭上で聞こえる。そこでスゥーーーっと深呼吸。生地と愛液が混ざり合った匂い!
 やばい。濡れてますよ、このコ。
 左手の人さし指でパンツを横にズラす。そのままアゴをぐっと上げて、舌を伸ばすと、むっちょりと濡れたムァンコの味が舌に広がる。
「あぁ…ん…気持ち……んん」
 ベロベロチューチューとRちゃんのムァンコを舐めるたびに漏れてくる愛液と声。うわーー、膝がガクガクしてきましたよ! 楽しい! 楽しいよ、これ!
「……はぁ、はぁ、……ねぇ…トモにも舐めさせてぇ……」
 そう言ったかと思うと、ボクの顔をスカートから追い出し、目の前にペタンと座る。そのままカチャカチャとボクのベルトを外してきます。あれ? そういえばボク、まだお風呂に入ってないんですけど?
 じゅぽ、じゅぽ、にゅろろろろ……じゅぶぶぶぶ……。
 そう思ったときには、すでにしゃぶられてました。あの……Rちゃん、即尺平気なの?
「えー。Rってなに? トモって呼んでぇな……」
 ―そうか、そうだった。
 今、目の前でボクのティンコを即尺してるのは、板野友美なのだ。もうすぐAKB48を卒業する、渋谷の少女たちのカリスマ〝ともちん〞こと板野友美なのだ。関西弁だけど。
「ごめん。トモ」
 そう言ってキスをすると首に手を回してギュっと抱きしめてくる。
「ねぇ、トモの中に入れてぇ」
 え? 本番ってこと?? マジで? ともちん、マジ良いコじゃん。
でも、ここビジネスホテルだからコンドーム無いんだよね。持ってる?
「ん〜? だって最後はトモの顔にかけてくれるんでしょ? ええよ。生で」
 マジで? ともちん、本当にマジ良いコ! でも生本番はさすがに怖いんですけど……。
「おねがい……トモ、もう卒業やし。最後に生で入れてほしい……」
 絶対に板野友美はそんなこと言わないと思う! でも、もうそんなことは関係ない!
 ともちんをベッドに寝かせ、足を広げる。パンツを再び横にズラす。
「まだパンツ脱いだらあかんの?」
「横にズラして入れるのが好きなんだよね」
「うん、だったらそのまま入れてぇ」
AKB48の制服に包まれたまま、パンツが横にズラされ、生のティンコが入っていく。
 ズプププププ……。
「ん〜〜、あ……〜〜……〜…」
 声にならない声を出しながら、ボクをじっと見つめるともちん。うん。目を細めて見てたら、だんだん板野友美に見えてきました!!
 数時間前、京セラドームで歌っていた姿がダブる。ともちんはあの後、メンバーと打ち上げかなんかして、その後でボクの部屋まで来たのだ。そう、生でティンコを入れてもらうために…… !!!!
 奥の奥までティンコが到着する。生のセックス! 何年ぶりでしょうか? このティンコから胸あたりまで快感がゾワゾワと波打っています。気んん持ちぃいい!!!
 ズッパン!! ズッパン!
「あああ! 気持ちいい! もっと、トモのこと突いてぇ! もっと!」
 気持ちよすぎる! 挿入してから2分くらいで絶頂がやってきました! 生ってこんなに気持ちよかったっけ?? さすがAKB !
「(A)あー(K)気持ちー(B)ブラボー」
かなんかの略だっけ??
「ああああ! いっちゃいそう!」
「ちょうだい、トモの顔にかけてぇ」
 最後の最後、思いっきり奥まで突き刺し、勢いよくティンコを抜く。
 そのまま右足を1歩だし、ティンコを2、3回こする。
 ドプッ! ドププ!!
 黒いともちんの顔が、精液の線で汚されていく。長いまつ毛にビッシリとぶっかかる精液の白。
 あまりの快感に、倒れそうになる。それを必死にこらえつつ、そっとともちんの耳元に「卒業、おめでとう」と囁いた。
カテゴリ
タグ

エロイプやオナニーまで披露してくれるコがいるチャット

201310074.jpg 201310075.jpg 人気の面で2ちゃんねると双璧をなす総合掲示板・爆サイ。しかし、こと“●き”スポットに関する情報は、信憑性や量の多さの面で2ちゃんを圧倒する。
 おなじみカーセックススポットはもちろんのこと、ネカフェや公衆トイレ、はては個人の自宅やマンションの部屋まで、とにかくあ
りとあらゆる●きスポットが書き込まれているのだ。それも詳細なヒント付きで。
 こんなのを見た日にゃ、ついつい現場に足を運びたくなるってものだ。
“イメチャ”というジャンルのチャットがあります。あらかじめ自分のキャラや相手との関係性を決めてトークを楽しむ、いわゆるチャット版イメージプレイです。
 愛好者は多く、ネット上ではイメチャ相手を探す掲示板がたくさんありますが、一番活況なのがこの「ラブルーム」です。
 オレもここで女のコを探し、イメチャを楽しんでいます。設定は「借金の取り立て屋と女債務者」あたりをよく使うでしょうか。
「金がない? じゃあソープで働く?」
「…ごめんなさい」
「おれが講習やってやっから。ほら、しゃぶってみろ」
「うぅぅっ。…どうですか」
「何を舐めてるかちゃんと言えよ!」
 最高です!
クリックひとつで、パソコン画面の向こうにいるチャット嬢のバイブが振動する“リモチャ”機能。
 バカバカしくも、意外と夢中になれる。
 有料チャットなので、会話が1分で2ポイント(1ポイント=約100円)、そこにリモチャを追加したら合わせて1分400円もかかる。かなり高額なので、会話しながらある程度シコっておき、ここぞのときにリモチャを使うのが賢明だろう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

素人の生々しいエロ写真が集まる投稿サイト

201310072.jpg 201310073.jpg 数あるエンコー出会い系の中で、俺がワクワクメールにハマっているのは、このサイトのおかげだ。ハズレを引く失態を未然に防げるためである。
 ワクワクDBは、ワクワクメールで女と会った男が口コミを載せるサイトだ。女のワクワクIDで検索をかけるとその子の評判が出てくるので、デブとかブスとか書いてあればスルーすればいい。
 ただし、たいていの女に悪評が書かれているので、掲示板上の女のIDを片っぱしから検索しても、見た目やプレイなどがどう悪いのかが判明するだけで、アタリを引くことには繋がらない。
 しかしIDがオープンになっていない女、つまりこちらの書き込みに応募してきた女のIDを検索すると、ときどきアタリ情報が見つかるので興味深い。
 結局、正しい使い方は、まず「渋谷で会える人メールください。ホ別キス無し~」などと募集をかけ、メールが来ればIDを検索するという形となるだろう。
検索窓にどんな言葉を入力しても、そのキーワードに関連するエロ画像がズラリと表示されるサイトだ。こいつを使えば、自分が見たいマニアックなイメージを一度に大量に見ることができる。
 グーグルでもある程度の画像検索はできるが、森羅万象を扱っているため、かえって目当ての画像は見つけ出しにくい。
 しかしこのサイトは「デカ乳輪」「剛毛」「たれ乳」などのマニアックなキーワードでも、まさに望みどおりの画像が数多くヒットする。さらにはエロとは無関係の「イチゴ」などで検索をかけても、イチゴのパンティを履いた女の尻や、イチゴのようにプリっとした乳首の画像が出てきたりと、すべての言葉をエロと関連づける徹底ぶりだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

ネットの性癖持ってる人の掲示板に集まる人々

SnapCrab_NoName_2017-7-26_13-45-29_No-00.png
恥ずかしながら、俺は毎朝の満員電車ではいつも好奇心を抑え込むのに必死だ。
 あるとき、ネットで掲示板の存在を知り、世の中には俺のような欲求を持った人たちが数多く存在することを知った。小心者の俺なんかと違い、皆さん果敢にプレイにチャレンジしているのだからうらやましい限りだ。
 そんなある日のこと、掲示板の情報交換ラウンジなる場所に、こんな書き込みを発見した。
『色んな性癖持ってる人、集まれ! 変態の皆さん、一緒にワイワイ飲みましょう♪』
 一体どんな人たちが集まるんだろう。ぜひとも猛者たちの武勇伝を拝聴したい。俺はすぐさま参加の意思を書き込んだ。
 オフ会当日、都内のカラオケボックスに集まったメンバーは俺を含め全部で6人。挨拶もそこそこに、参加メンバーたちは、自分の変態行為を語り始めた。皆さんから聞いた含蓄のある知恵の数々をご紹介してみたいと思う。
●Aさん 露出
40代のAさんは、女性に自分の裸、特に性器を見せることがお好きな変態紳士だ。住宅街近くの人通りの少ない路地で、通行人の女性の前に立ちはだかり、ロングコートを開いて性器を見せつける昔ながらの手法を使っている。
「単にコートを拡げて見せるだけだから簡単だと思うかもしれないけどさ、コレ実際にやってみると、色々とコツがいるんだよね」
 全裸の状態でコート1枚を羽織って歩くと、膝から下の肌が露出してしまうため、近づくだけですぐに警戒されてしまう。そこで彼が編み出したのが、露出専用のコスチュームだ。彼はその服装のことを戦闘服と呼んでいた。
「安物のスラックスを切り取って、ヒザから下の部分だけをテープで脚に貼っておくんですよ。これでコートを羽織ったら、ズボンをはいてるように見えるでしょ」
 恐れ入りました。
●Bさん 露出
30代のBさんも露出系のマニアだが、彼は電車専門の変態さんだ。
 東京近郊の電車は、ほぼ同じ速度で2本の電車が併走するポイントが2カ所あるらしく、彼はそこで向かいの電車に向かって股間を見せつけている。
 Bさんはその電車に乗り込むと、まず併走電車側に面した出入り口で外へ向いて立つ。列車が走り出し、2列の列車が併走するポイントに差しかかったら、ターゲットの物色を開始。コチラ側を向いて立
っている女性を瞬時に見つけだしたらアクション開始だ。
 腰下まであるジャケットで股間部分を隠しつつ、ズボンを素早くズリ下げ勃起ペニスを見せつける。
「コッチに気付いた子は、だいたい一瞬驚いた表情になって、俺の顔と股間のイチモツを交互に見るって感じかな。そのまま電車が遠ざかっていくときの切ない感じが好きなんだよね」
 併走する時間はごくわずかだけに、一期一会をかみしめているようだ。
●Cさん ノゾキ
30代のCさんは自分の性癖のために、とあるアイテムを小瓶に入れて持ち歩いている。お手製の血糊だ。水飴を薄めたものをベースにして、食品用着色料、コーンスターチなどを混ぜ合わせて作るそうで、実際に見せてもらうと、とろみがかったかなりリアルな血に見えた。
 彼は障害者用のトイレの近くでターゲットの女性が来るのを待つ。狙いはスカートを履いた優しそうな女の子だ。
 タイプのスカート女子が現れたところで、小瓶に入れた血糊を少量口に含み、女の子の前方で咳き込みながら地面に崩れ落ちる。血糊は口に当てた手から数滴漏れ落ちる程度で十分だそうだ。
「吐血を見て逃げちゃう子も多いけど、駆け寄ってきてくれる子はものすごい勢いで心配してくれてるから、色々とできちゃうんだよね」
 彼はまず、土下座状態から顔を横に向け、近寄ってくれた子のパンツをじっくりと堪能。続いて「下血してるかもしれないので…」と目の前の障害者用トイレに運んでもらうよう頼み込む。大抵の子がトイレに付き添ってくれるそうで、そのときにヨタヨタと女の子にしなだれかかり、身体をベタベタと触りまくるのだという。
「さすがにオッパイを揉んだりはできないけど、抱きつけるだけでも十分興奮できるよね」
●Dさん 
 Dさんは電車内が専門。彼が行為に及ぶときは、必ず大きめサイズのダブダブのサーフパンツを履き、そのポケットに手を入れた状態でお尻を触るのだという。
 それにしてもなんでわざわざそんなマネをするのか。
「やっぱり捕まるのが怖いでしょ? こうすれば、もしも相手に腕を捕まられても逃げられるんだよ」Dさんは過去に女の子に腕を掴まれ、警察に逮捕された経験があり、その時の経験を教訓に、このサーフパンツお触り法を編み出したそうだ。
「サーフパンツ越しだと腕を掴まれないんだよ。すべるからさ。もし掴まれたとしても簡単に解けると思うし」
●Eさん 露出
 Eさんも露出マニアだ。夜道でタイプの女の子が現れたら、目の前に駆け寄り、ジャージのズボンを素早くズリ下げ股間のイチモツを見せつける。手口は単純かつ大胆だが、Eさんは逃走時のテクニックにワザが光る。
 百均で買いだめした伊達メガネとマスクと帽子、さらにリバーシブルのジャンパーを着て行為に及ぶのだ。
 露出行為に及んだあとは、すばやく路地に逃げ込みジャンパーを裏返す。そしてメガネとマスクをビニール袋に入れて廃棄して、悠々と近くに停めた自転車に乗って走り去るのだ。
 不審者として通報されても、ここまで変装しておけばまず疑われないとのことだ。
 変態だらけのオフ会は大盛況のうちに閉会した。それにしても皆さん、色んなことを考えるものだ。彼らの仲間には正直、なりたくないかも。
カテゴリ

mixiエロ☆飲み会の実態・タダで風俗に通う方法

201310066.jpg 201310067.jpg 最近、このコミュで定期的に行われてるオフ会(東京と大阪で開催)にドハマリしている。
 実はここの飲み会、1次会はごくフツーに居酒屋に10人以上の男女が集まって飲み食いするだけだが、2次会の会場がなんとまさ
かのハプニングバーなのだ。え、それって最初からハプニングバーへ遊びに行くのと何が違うの? 1次会の参加費って超ムダじゃね?
 こういう発言をする人は、やや想像力が足りないと言わざるを得ない。
 居酒屋とは、いわば日常的な空間である。そこで普通の会話(下ネタがほとんどの場合もあるが)を交わした参加女性と、非日常空間であるハプバーに行って、あわよくば乳繰り合う。
 このギャップがタマらんのだ。合コンで知り合った女をあれよあれよという間に持ち帰ったときの高揚感に似ているというか。もし
これが、いきなりハプバーで出会った女だったら、そこまでグッとくることはないだろう。
 肝心の女性参加者についてだが、数人の常連(ちょいギャル風)を除くと、年齢も容姿もバラバラで一概にはどうこう言えない。ただ、極端なオバハンやデブスが来ることはないので、その点は安心していただきたい。
201310068.jpg 201310069.jpg
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

美魔女の娘はどんでもない小悪魔だった

SnapCrab_NoName_2017-7-24_23-36-53_No-00.png 
登場人物
菜々子
職業 人妻
容姿 30代にしか見えないオーラを放つ
魅力 美魔女的ルックス
備考 同級生。小学校時代はおとなしいお嬢様

早希
職業 女子大生
容姿 桐谷美玲に似てる
魅力 小悪魔的な性格
備考 file13菜々子の娘。母親にライバル心を抱く

内定祝いの宴は、美魔女の同級生、菜々子が体調不良で来られなくなり、娘の早希ちゃんと二人で会うことになった。
 俺としては、「今回娘と会ったことでお祝いが済んでしまった」という状況にならないように気をつけないと。仕切り直しの宴を催し、菜々子と会うためにも、
今日は早希ちゃんとお茶して、お礼の品だけ受け取ってさっさと切り上げよう。
 スタバで席を取り、オーダーしようと並んでいると、後ろから肩をポンポンと叩かれた。振り向くと早希ちゃんがにっこりほほ笑んでいる。
「私の方が絶対、早いと思ったんですけどね」
 いつ見ても可愛いなぁ。でも就活のアドバイスをしていた時とちょっと雰囲気が違う。普段着の早希ちゃんとも会ったことはあるが、今日はもっと派手というか華やかな印象だ。
 髪は少し染めて、パーマがかかっているし、化粧も少し濃いめ。濡れたようなリップがちょっとエッチくさい。最近CMによく出てる桐谷美玲に似てるな。
 席について正面から見ても、やっぱりいい感じだ。就活中の優等生な印象の早希ちゃんも可愛かったが、今の方がずっと可愛い。
「内定、おめでとう」
「ありがとうございます! 別の会社に決めちゃったけど、河内さんのおかげで面接頑張れました」
「早希ちゃん、なんか前会った時とだいぶ感じが変わったよね」
「あはは、変わったというか、戻っただけです。あん時は就活モードだったんで」
 話し方もだいぶやわらかくなっている。
「お母さん、大丈夫?」
「あぁ、全然心配ないです。ママが河内さんにありがとうございましたって。近いうちにまたちゃんとお礼しますからって言ってました」
 よしよし、近いうちに会いましょう。
「ママとは、よく会うんですか?」
「いいや、同窓会で何十年かぶりに会って、その後は前に早希ちゃんと3人で会っただけやで」
「へー、そうなんや。なんか二人、怪しいかもって思ってたんで安心しました」
「あはは、残念ながら違うわ。でもお母さん、むっちゃ綺麗やなぁ」
「まぁ、お金かけてますからねぇ。ママが若くて綺麗なのはうれしいと思ってたけど、ちょっとやりすぎやなぁって。それに、浮気してるかも」
 ちょっと待て! 今、聞き捨てならないことを言ったやないか。菜々子が浮気してるって?
「まぁ、たぶんですけど。時々、化粧や服に気合入れて出ていく時はね。パパは鈍感だし、ママに興味ないので全然気づいてないけど」
 ショックでめまいがしそうだ。
「だから、もしかしたら河内さんかもって」
 もっと詳しく聞いてみたいけど、スタバでシラフでする話じゃない。よかったら晩ごはん、いく?
「いく、いく。いきましょ」
ショックを引きずり、頭があまり回らない。とりあえず近くの寿司屋に入り、カウンターの端っこに陣取る。
 生ビールで「おめでとう!」と乾杯。早希ちゃんが、「ママの話は置いといてっ」とカバンの中から紙袋を取りだし、俺に手渡した。
「ほんとにお世話になりました」
 袋を開けると、ギターの形をしたキーホルダー、USBメモリー、ストラップが入っている。
「どれにしようか迷ったんですけど、1個1個は安いので、全部にしちゃいました」
「ありがとう! でも、なんでギターなん?」
「河内さん、バンドやってるでしょ。フェイスブックに写真載ってたし。ギターの色も合わせたんですよ」
 へぇ、なんかそこまで調べて、プレゼント考えてくれてうれしいなぁ。
「じゃ、来年、早希ちゃんが社会人になった時、お返しするわな」
「わーい、めっちゃ、楽しみ!」
 と、この辺りまでは、可愛い女子大生との楽しい飲み会だったのだが、飲みが進むにつれ、だんだん早希ちゃんの本性が現れてきた。
「河内さん、ママに気があるでしょ」
 エッ、突然どうしたん?
「こないだ、3人で会った時、ママを見る目でわかったもん」
 そんなにバレバレの態度だったのか。恥ずかしい!
「それに、さっきママが浮気してるって聞いた時の河内さん、むっちゃ焦ってたし」
「いや、好きやっていう訳やないで。綺麗やなぁって」
「ママとエッチしたい?」
 いきなり何きくねん!
「そりゃもちろん、できるんやったらしたいけど」
「あはは、河内さん、正直。でもちょっとムカつくんやなぁ」
 聞けば、高校の担任、友人の父親等々、菜々子と早希ちゃん二人で男性と会った時に、男の意識が母親に集中するのが気にくわないらしい。
「それにママが男の人を意識してるのも、私に『勝った』という気持ちでいるのもムカつくんです」
「それ、考えすぎちゃうのん?」
「河内さんは男だから気づかへんだけですよ」
 そして、決定的だったのが、高3の時の家庭教師。イケメンの大学生に早希ちゃんはすごく憧れて、気に入られようと一生懸命勉強していたらしい。その彼が
菜々子に「お母さん、いけないのはわかってますが好きなんです」と告ったというのだ。
 菜々子は「ごめんなさいね。絶対無理だから」と断ったのだが、事あるごとに「私、まだまだいけるかなぁ」と早希ちゃんに自慢げに話すのが耐えられなかったらしい。そりゃつらいよなぁ。
「いっぺん、ママを見返してやろうと思って」
 そうか、美魔女の娘も大変やなぁ。
「で、河内さんなんですよ」
「ん?」
「河内さんがママを狙ってるのはわかったので、手伝います」
「ん??」
「ママ、河内さんのことすごくうれしそうに話してたんで、脈はあると思うんですよ」
「ほんまか!?」
「でも、ママは結構慎重なので、うまくしないと進まへんと思うんです」
「でも浮気してるんやろ?」
「あはは、嘘に決まってるやないですか。河内さん、どう反応するかなって」
 なんやねん、コイツ。大の男にカマかけやがって。美魔女の娘は小悪魔やなぁ。でも、菜々子に男がいなくてよかった。
「で、ママにその気にさせといて、河内さんは渡せへんということです」最初は、いまひとつ話が飲みこめなか
ったのだが、要は、俺をネタに菜々子に復讐しようってことか?
「河内さんがワルイ人やって、私も同類やからよくわかるし、ブッチャケた方が面白いかなって」
 じゃあ、菜々子とうまくいくように協力してくれるとして、最終的に菜々子には手を出したらあかんのか?
「それは、河内さんの勝手ですけど、絶対にママには負けへんし」
 でも、これって、どっちに転んでもこの美人母娘のどっちかとヤレるってことじゃないのか? へたすりゃ、両方ヤレる! 美魔女と小悪魔、夢の親子丼やないか!
 このおいしすぎる展開、すんなりうまくいくとは思えないが、迷って立ち止まるわけにはいかない。
 小悪魔の甘い申し出に、ドキドキしながら、半分、狐につままれたような気持ちで寿司屋を出た。
………………………………………………
「河内さん、来週ライブですよね。観にいきますね」
 女子大生の顔に戻り、笑顔で手を振り帰っていく早希ちゃん。いったい腹の底で何をたくらんでいるんだろう?
カテゴリ
タグ

セフレ探しの方法の裏技

SnapCrab_NoName_2017-7-24_22-36-35_No-00.png 
50才ともなると、裏モノで紹介されているセフレ探しの方法も、なかなかうまくはいかないものだ。
 そんな私が現在、唯一なんとか成果をあげているのがエロSNSの『ナンネット』を使ったある手法である。
ナンネットの利用者は「単独」と「カップル」に分けられる。「単独」とは私のような独り者のことで、同じような単独女性にメールを送って交流したり、「カップル」のセックスに参加させてもらったりして遊ぶ仕組みになっている。
 しかし単独男も50を過ぎるとやはりキツイ。単独女性は相手にしてくれないし、カップルにだって敬遠される。やはり好まれるのは若くてピチピチした男なのだ。
 会うどころかメールすら返ってこないことに業を煮やした私は、ある日、自分もカップルだという設定でプロフィールを作ってみた。
『週に1、2度ほどパートナーと楽しんでいます。野外も楽しんでいます。最近は少しだけスワッピングにも興味ありますが、あと一歩の勇気が出ずためらっているところです。誰か手ほどきおねがいします。なお、単独男性は募集していません』
 それっぽく見せるために、ネットから拾ったハメ撮り画像を載せて日記も書いてみた。
『最近、温かくなってきたので公園露出を楽しんでます』
『昨日は3発、朝まで休憩なしでヤりまくりました』
『今日は彼女をパイパンにしました』
 このプロフィールで、自分の住む九州のカップルのページを中心に「足あと」をつけていったところ、すぐに反応があった。
楽しんでらっしゃいますね!
うちのパートナーとの写真交換しませんか?
 単独ではいくらアプローチしてもダメだったのに、メッセージが次々と来るではないか。
ある夫婦との交流が始まった。こちらはネットから拝借したハメ撮り画像を送り、相手からは日々の赤裸々な性生活の写真が届くという、不毛といえば不毛なやりとりだ。
とりあえずお一人でお越しいただいても・・・
 そしてやはりというか、相手夫婦から、パートナー交換
(スワッピング)の提案メールが届いた。写真だけでなく、実際に会って楽しみましょうというわけだ。
 単独男である私としてはお断りするしかないが、のっけから拒絶するのもこれまでの流れからして不自然すぎる。
約束するだけしておいて、直前になってドタキャンを入れることにしよう。
 約束当日。
突然で申し訳ないのですが、彼女が来れなくなってしまいました。申し訳ありません
 すると返事は予想外のものだった。
でしたら、とりあえずお一人でお越しいただいてもいいですよ
 夫婦のセックスを横で見てくれと言うのだ。なんともこれはありがたい。
 他人のセックスを間近で観察するのは初めてのことだった。生で見る光景はAVよりも圧倒的に興奮する。たとえ、それが40才のオバサンであってもだ。
「あの・・・奥さん、素敵すぎて勃起してしまいました」
「それはそれは。こんなヤらしい姿を見てもらって妻も喜んでますよ」
「もう少し近くで見ていいですか」
「もちろんです、じっくり見てやってください」
 距離を縮め、奥さんの湿ったマンコを凝視する。あえぎ声が大きくなった。見られて興奮しているのだろう。
 旦那さんが言う。
「どうぞ、胸でも揉んじゃってください。私が下の方を責めますから」
 そこからは怒濤の3P突入で、最終的には私も2回、奥さんとハメさせてもらうことができたのだった。
 私の使っている「ある手法」とはこれだけのことだ。カップルを装って、他のカップルに接近し、会う直前に彼女(架空の)にドタキャンさせる。
これによって齢50才の男がスムーズに3Pに参加できるのである。
 実にこの1年だけで10組ほどのカップルと3Pを重ねてきた。九州の片田舎でもこうなのだから、全国どこでも使える手だと思う。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます