2017年12月の記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2017年12月

  • 2017/12/30セフレの作り方

    ラインが運営するアバターを使ったSNS、と言われてもピンと来ないかもしれませんが、要はキャラクターを使ってコミュニケーションをとるアプリです。これとよく似たアメーバピグはパソコンを使いこなせる若い女の子たちがメインユーザーでしたが、ラインプレイの場合、パソコンには疎いけど、スマホなら動かせる30代~40代の主婦たちが大勢利用しています。登録方法も簡単で、ラインのIDをもってる人ならボタン一つですぐに使え...

    記事を読む

  • 2017/12/30裏情報

    出会いカフェで日々エンコーしているうちに、友達になった女の子がいる。友人はちょっと年はいってるけど沢尻エリカ系の美人で、対するワタシは体重90キロの一重まぶたで森三中の大島似、おまけに胸よりお腹のほうが突き出てる、いわゆるデブスってやつだ。稼ぐ額は段違いで、彼女はすぐに連れ出されるのに、私は一日中声がかからないことだってザラ。出会い系を使っても、待ち合わせ場所でドタキャンされてばかりだ。他の可愛い子...

    記事を読む

  • 2017/12/30裏情報

    茨城の水戸という街に住んでいる。通勤でJR常磐線を利用しているのだが、この路線に最近ヘンな人が出没するようになった。ヘンといってもキチガイ系ではなく、変態がチラホラあらわれるのだ。 なぜかと理由を聞かれてもよくわからないのだが、オレが遭遇してきた変態たちを紹介しよう。よかったらこいつ、触ってもらえます? 8月の末、平日の夜8時ごろ、JR土浦駅から常磐線下り電車に乗り込んだ。帰宅客で車内は混んでおり...

    記事を読む

  • 2017/12/28突撃リポート

    女性が失する姿に興奮するというちょっと変わった性癖を持っている。きっかけはネットで見た元日テレのアナウンサー、小野寺さんのシーンだ。 絶叫マシンのレポートの途中でお尻をビショビショに漏らす清楚系アナウンサー。このハプニング映像にどれだけ衝撃を受けたことか。 以来、どうにかして女性が失する姿を目の前で見たいと考えるようになった。 調べてみると珍しくないことがわかってきた。尿道が短いので少しの衝撃でも...

    記事を読む

  • 2017/12/27裏情報

    ジャニーズや韓流アイドルのコンサート会場の盗し撮りマニアの手口ジャニーズや韓流アイドルなどのコンサート会場(東京なら東京ドーム、大阪なら京セラドームなど)近くのファストフード店は、コンサート当日、若い女の子たちで溢れかえる。彼女たちは、少しでもアイドルの前で目立とうと露出の多い過激な衣装にトイレで着替えるのだ。 それを狙う盗し撮りマニアが存在する。彼らはコンサート前日にファストフード店の女子トイレ...

    記事を読む

  • 2017/12/26出会い攻略

      出会い系の王道ワクワクメールといえば、もっぱら女子大生やOLといった若いコ狙いのイメージがあるが、俺にとっては人妻落としの最適ツールだ。 試しに30代以上・既婚でプロフ検索してみれば、不倫願望を持てあます奥さんがそれこそ星の数ほどいるのが一目瞭然だろう。数が多いというのはすなわち、それだけ成功率も高くなると言えるわけで。さて、有料ポイント制である本サイトの場合、作戦は自ずと掲示板に書き込...

    記事を読む

  • 2017/12/24出会い攻略

     新宿のお見合いパーティ乗り込み、さっそくプロフィールカードの記入にかかった。 近ごろは、男の名前をネット検索して素性を調べようとする女がいるので、仮名の『千堂正喜』で。『趣味』や『年収』などの項目を適当に埋め、そして問題の『デートに行きたい場所』欄だ。『手と口でエクスタシー(絶頂)に導きます!』満足なセックスをしたことがない女にとって、この誘いは魅力的なはずだ。いくら表面上はキモがられても、...

    記事を読む

欲求不満な人妻熟女に会える・アポ率が高いエロサイト4

0076_20171230215506e57.jpg0077_201712302155026b7.jpg0074_20171230215503160.jpg0075_201712302155058b4.jpg0078_2017123120103174f.jpg0079_20171231201033114.jpg0080_20171231201034e2e.jpg0081_20171231201036fd8.jpgラインが運営するアバターを使ったSNS、と言われてもピンと来ないかもしれませんが、要はキャラクターを使ってコミュニケーションをとるアプリです。これとよく似たアメーバピグはパソコンを使いこなせる若い女の子たちがメインユーザーでしたが、ラインプレイの場合、パソコンには疎いけど、スマホなら動かせる30代~40代の主婦たちが大勢利用しています。登録方法も簡単で、ラインのIDをもってる人ならボタン一つですぐに使えます。
 アバターは無難なキャラを作ってもいいですが、プロフには地域や年齢などの情報が必要です。人妻との不倫を狙うならこちらも既婚者にした方が無難でしょう。僕のプロフは「東京住みの既婚者、アラサーです」といった感じです。遊ぶのはもちろん平日の昼間がベスト。大勢の利用者が集まるスクエア(広場)や、ラウンジ(チャット掲示板)でアラサーやアラフォーなどの部屋を覗いて女性に片っ端から声をかけていき、不倫願望のある人を探し出します。
 声のかけ方はそれぞれですが、私の場合は『その服、可愛いですね』などとアバターを褒めて『関東の人ですか。関西の人ですか?』ときっかけを作っています。ある程度打ち解けたら、ラインプレイ内での会話は他のユーザーにも見られてしまうので、『ここだとアレなんで連絡先交換しませんか?』とラインへ移行します。
 ただしラインプレイは個人の連絡先の交換が禁止されていて、メッセージで送ると内容が弾かれるのはもちろん、使用禁止というペナルティまでくらってしまいます。私の場合、前持ってIDを書いた紙を撮影した写真を送る、というやり方でクリアしています。
いまもっともヤれるアプリとしてその名を轟かせてきたが、最近は多数のライバルが参入してきたせいもあり、やや入れ食いの勢いが衰えているとの声も入ってきている。むろん、このアプリが依然ヤれまくれるアプリナンバー1であるのは間違いないが、より確実に、より手っ取り早くセックスでき
る方法を紹介しよう。
 そもそもこのアプリ、年齢や住まいなどの条件を決めて、ランダムに表示される女性のプロフィールを「いいかも!」か「イマイチ・・・」のどちらかで評価していき、お互いに「いいかも!」になったときに「タップル」という関係が成立してメッセージのやり取りをスタートできる、というものだ。その後、適度に仲良くなったらアポを取り付けセックスへ…という流れがスタンダードだが、現在問題になっているのはなかなか「タップル」になれないこと、そしてタップルになれたとしても多数のライバルのせいでメッセージが続かないことだ。これらの問題をすべて解決し、入れ食い状態にする方法は簡単。女性の対象年齢を40才以上に設定するのだ。
 40才以上の女性は、男性からの「いいかも」が極端に少ない。大半の男性ユーザーは女性の対象年齢上限を30代に設定しているためだ。なもんだから、「タップル」になった場合の40女たちの勢いは凄まじい。向こうからの食いつきは他の年代の女性とあきらかに異なり、すぐに食事の話になることもしばしばだ。対象年齢に20~30代を含めないことは勇気がいる行為だと思うが、何事も選択と集中である。
「mコミュ」を愛用している。ワリキリ女だらの掲示板だが、よーく漁れば狙い目の女がけっこういるのだ。検索機能を使って、目的ジャンルが「恋人募集」の女を表示させてほしい。どういうわけか、シングルマザーが目立つだろう。
〈シンママなので結婚願望かなりある方、まったく痩せてないのでデブ大丈夫な方〉
〈シンマザです。真剣に出会い探している人いるかな?〉
〈5才の子供がいるシンママです。ダイエット中です〉
 彼女らは結婚願望が強いため手玉に取りやすい。実際、「将来を考えれる人を探しています」とった感じの、相手の気持ちをくすぐるアプローチすれば割と簡単に食いついてくると思ってもらっていい。が、ポイントはメールのやりとりだ。「mコミュ」に限らず、ワリキリ系の出会い系サイトで結婚相手を探しているような女は、極端な気分屋が多いのがオレの印象だ。メールでチンタラやり取りしていたら、いきなり連絡を取れなくなったケースのなんと多いことか。
 そのためオレは、メールはダラダラせず、さっさと「電話でしゃべらない?」と持ちかける。そして悩み相談などをしつつ打ち解けたところで、アポを切り出すのがいつものパターンだ。
腹に赤ちゃんを宿した女を抱くことに、ある種のエロさを感じるのは私だけではないだろう。神聖なものを汚すような甘美な背徳感、それが他人の妻ならばなおのことだ。ここはそんな妊婦マニアと妊婦をつなぐイケない掲示板である。ただし女の書き込みは極端に少ないので、必然的にこちらが取る手法は待ち作戦となる。私が使う募集文はこんな感じだ。
〈仕事の関係でマタニティマッサージを習得しました。妊婦に特有の肩こりや腰痛、むくみなどにお困りの方は、お気軽にご連絡ください〉
 本当のマタニティマッサージが出来なくたって構わない。そもそも妊婦だって、こんな掲示板に募集をかける男が、純粋にマッサージをしたがってるなどとは考えてない。重要なのは、彼女らにもっともらしい建前を与えてやることだ。妊娠して性欲が増したからとはいえ(これは事実。過去に出会
った複数の妊婦から聞いた)、お腹に赤ちゃんがいる状態での浮気は、普段以上に罪悪感を覚えるもの。しかしマッサージの名目なら気持ちはずっと軽くなるわけだ。したがって、女からメールが届いても、こちらはマッサージをしてあげる男というスタンスを崩してはならない。少なくとも確実にアポが取れるまではセックスを匂わす言動はNGだ。こんな具合に。
〈腰がすごく痛いんですけど、マッサージで治ります?〉
〈妊婦さんの腰痛に効くツボがあるので大丈夫ですよ。他にお悩みはあります〉
〈あとは便秘かな(笑)〉
〈それもいいツボ知ってます!〉こんな感じで3、4往復ほどやり取りが続けば、私の経験上、7割方会える。アポ当日は、ネットで仕入れた知識で、それっぽいマッサージをちょこちょこっと行い、おもむろに抱きつけばいい。おたがい白々しくセックスの話題を避けていたぶん、めちゃくちゃ燃えること請け合いだ。
無料系チャットの中で断トツの人気を誇るサイトだ。ここでは「地域別」「チャットH」「SM」などいろんなジャンルが用意されているが、今もっとも激アツなのは「既婚」だ。とにかくエロトークをしたがる人妻が多く、午前11時~午後2時と午後10時から午前1時のゴールデンタイムにはそこら中の部屋が満室(チャット中)になってしまう。
 ただ、そうは言ってもやはり男女比は圧倒的に男が多いので、彼女らの目を引くために俺はいつもこんな部屋を作っている。
〈ダンナさんに隠してる性癖をこっそり教えて。千葉・38・174・69〉
 一見、何でもない文言だが、これ、実は浮気願望のある人妻には重要なテーマだったりする。世間には、ダンナはおろか浮気相手にさえ、自分の性癖を素直に出せない女がめちゃくちゃ多いのだ。女の本質が「男に合わせようとする」点にあるからだろう。
 いずれにせよ、まんまと人妻が入室してきたら、軽く自己紹介を交わしてすぐに本題へ。
〈やっぱり女の人って、自分の本性をさらけ出すのは難しいもんなの?〉
〈そりゃそうよ。自分からってのはまずないかなぁ〉
〈そうなんだ。たとえばどんな願望があるの?〉
 こんな形で会話を進めていき、相手が語り出したタイミングで、たとえばそれが軽いSMという答えだったらすかさずこう返す。
〈え、マジ? 実は俺もなんだけど! 嫁に縛りたいとかとても言えなくてさ~〉
 むろん、出てくる答えがSMじゃなくても、取るべきリアクションは変わらない。要するに相手の願望に同調することで「この人とは自分の望むセックスができるかも」と期待させるのだ。注意すべきは「俺、SM得意だよ」と変に上級者ぶらないこと。経験上、これをやるとなぜか途端にシラけるパターンが多いのだ。嘘くさく思われるのかもしれない。こちらのスタンスはあくまで相手と同じ
性の趣向を持つ初心者。そうやってチャットを続け、適当なタイミングでラインIDを交換できたらほぼ仕上がりだ。翌日以降、また同様の話題で盛り上がってから「一度会ってお茶でもしようよ」と誘いだしてみよう。8割方、期待マンマンで応じるハズだ。の名のとおり、熟女が男性を募集するサイトだ。目的はずばりセックス(まれに結婚相手募集みたいな書き込みもあるが)。40代~60代の熟女によるカキコミが毎日行われている。その文面は結構露骨だ。『いろんなプレーができる人がいい』とか『一晩だけ付き合ってくれるカレシ募集』などなど。お年を召していても性欲ギラギラの女性ばかりだ。オレの感触としては、そもそもが熟女というニッチな層だけあり、ライバル男性の数が少ないように思う。「仲良くなりたいです」とメールを送ればたいていの女性は返信をくれるし、ポンポンやり取りが進み即日アポなんてこともある。会ったらお茶とか食事なんてものをすっ飛ばしてラブホ行き、が定番のコースだ。
 送信するメールには多少の工夫をしている。どうやら熟女ってのは若い男性のほうが好きみたいなので、年齢を5才程度サバ読むのだ。オレの場合は33才の設定である。いざ会って「ウソでしょ」とはならないので、とにかく少しでも若めでいくのがいい。とまあ、なかなか使える掲示板なのだが、ひとつだけ難点がある。募集書き込みの中にはときおり、サイト誘導なんかの業者がまぎれているところだ。経験上、裸やガッツリ顔を出した写真を掲載しているのは業者の確率が高い。参考までに。
平日の昼間にチャットをやってるのは主婦が多い。それを釣るため、チャットルーム名はこんな感じに設定する。『主婦のみなさんお疲れ様! 息抜きにエロトークしましょ(笑)』
 下ネタで盛り上がりたいと最初から言っておくわけだ。人妻連中なんてこういう話題が好きでしかたないので、すぐに誰かが部屋に入ってくる。そこから重要なのは、軽口を叩きながら向こうの地域を確認すること。あまりに遠方だと会えないので、早めに聞いておくのがいい。話題の中心はダンナのグチである。夜の回数が減っただとか、ダンナが浮気してるなどなど、けっこう向こうから教えてくれる。こちらも既婚者としてヨメのグチを言いながら付き合ってやる。
 即会うのは正直言って難しい。だからひととおりチャットが終わったら、「また明日も話したいな」といってラインのIDを教える。ここでラインを送ってこない人もいるが、繋がりさえすればあとは適当に連絡をとりあうのみだ。数日後、アポるのは、この文言がいい。
「明日そっちのほうに行く用事があるんだけど、ランチしない? 大丈夫、ヘンなことはしないから(笑)」
 人妻ってのは「ランチくらいなら」とやってきてくれるものなのだ。当日はランチを適当にきりあげ、カラオケでイチャイチャしながらセックスまで行くのがオレのセオリーだ。
不倫希望の男女が集まるサイトだ。裏モノでは一度、このサイトは使えないと書いていたのを覚えている。しかし結論から言えば、オレはここで2人と会え、1人とは即日セックスできた(もう1人は挿入直前までいけた)。サクラも多いけど、リアル不倫希望女性もいるのは間違いない。
 自分の場合はプロフ設定でけっこう細かく書いている。参考になれば光栄だ。
〈私は都内の商社に勤める32才です。パートナーと息子1人で毎日を楽しく過ごしています。ですが、一つだけ不満といいますか、満たされていない部分があります。昔は持っていたドキドキするような体験です。こちらのサイトでは色んな方とやりとりしたいというより、刺激的な体験を共有できるたった一人の方を探したいと考えています。刺激的、とは言っても添い寝くらいしていただければいいかなって感じですね(笑)デートをしたり、マジメなお話をしたり。ときどき添い寝させていただけるような素敵な関係を築きたいと思っています〉
家族や妻とはうまくやってるけど、刺激が足りてないオトコ。不倫というよりは恋人みたいな雰囲気で会いたい旨を入れた文言だ。
 このプロフと、画像加工アプリで取った顔写真(自分の中で一番イケメン風に見えるもの)の設定をしたら、近場の女性を検索し、気になったのでメールしてみましたと近づいていくだけだ。ただし、裏モノにもあったように、サクラからのメールは確かに多い。突然くるお誘いは100パーセントサクラなので相手をしないこと。

援助交際で稼げずハプバーで稼ぐ女の子の作戦

SnapCrab_NoName_2017-12-30_13-30-20_No-00.png
出会いカフェで日々エンコーしているうちに、友達になった女の子がいる。友人はちょっと年はいってるけど沢尻エリカ系の美人で、対するワタシは体重90キロの一重まぶたで森三中の大島似、おまけに胸よりお腹のほうが突き出てる、いわゆるデブスってやつだ。
稼ぐ額は段違いで、彼女はすぐに連れ出されるのに、私は一日中声がかからないことだってザラ。出会い系を使っても、待ち合わせ場所でドタキャンされてばかりだ。他の可愛い子と乱交なんて流れも!そのエリカちゃんに、終電後のヒマつぶしでハプバーに誘われたことがある。千円で朝まで粘れるからと。店内に入るやいなや、バーカウンターに座る男からの視線がぐっと集まった。といっても視線の先はすべてエリカちゃんのほうだ。そりゃそうよね。
 ワタシたちを挟む格好で男性2人組が座った。
「ねえねえ、オレたちと奥の部屋でイチャイチャしようよ?」
 いちおうは二人を誘うテイだけど、視線は明らかにエリカちゃんにしか向いてない。あーあ。なんかイヤになっちゃったなぁ。ワタシは眠いからと誘いを断り、エリカちゃんは二人を連れて奥のプレイルームに向かった。ったく、なんであの子はカネにもならないエッチをするかね。そんなことで一人ボーッと店内を観察していたら、思っていたハプバーのイメージとは少し違うことに気がついた。
エッチしてる人たちは意外に少ないのだ。
 その代わりに何をするでもなくポツンと座ってたり、プレイを覗くだけの男性の多いこと。新しい女性客が入ってきても声をかけることなくモジモジしちゃってる。きっと店に来たはいいものの、どう誘えばいいかわからないんだな。こんな場でも、モテる男とモテない男とでは差ができてしまうのだ。ふと思いついた。だったらワタシから誘ったらどうだろう。それも有料で。
 こんな私とのエッチにお金を払う価値はないかもしれないけど、一緒にプレイルームへ行けば、他の可愛い子と乱交なんて流れもありえるわけだし、部屋の外から覗いてるだけより断然マシだと思うけど。さっきからひたすらビールばかり飲んでるオジサンに声をかけてみた。
「ねえ、今日はどんな感じですか?」
「ああ、うーん、そうだね」
 と曖昧な返事だけど、誰も誘えずに悶々としていることは明らかだ。
「ねえ、私とプレイルームに行きません?」
「え?」
「なんか可愛い子たちが入っていったの見えたんですよ。皆でけっこう盛り上がってるみたいだし」
 息を飲むオジサン。頭の中は夢にまで見た乱交の光景が広がってることだろう。
「へえ。そうなんだ」「可愛い子の隣でしようよ。もしかしたら交ざれるかもしれないし」
「うーん、そうだねえ」
「でもね、ちょっとお願いがあって。実は家に帰るお金がないのね、遠くに住んでるからできたら1万くらい欲しいなぁ」
 オジサンの太ももに手をやりながら、精一杯甘えた声を出す。
「うーん」
「お願い。もしプレイルームで色んな子と絡めるならいい話でしょ?」
「そうだねえ・・・」
 ガウンの上からチンチンをこすりながら交渉すること数分、ようやく8千円でまとまった。やった!「じゃあ先にもらえる? 不安だから」
 ロッカーの財布を取りにいったオジサンは、店員にバレないようにこっそりお金をくれた。
 そのままプレイルームへ。そこにエリカちゃんはもういなかったけど、他の女の子(あまり可愛くない)たちが、男たちと絡んでいる。その隣に寝転がってオジサンとエッチ開始だ。
 フェラのときも正常位で挿入してからも、オジサンは終始、隣のセックスばかり見ていた。でも積極的に「交ざろうよ」と提案するわけじゃない。ま、それが言えたらカウンターでボーっとしてるわけないよね。
 以降も色んなハプバーに1人で出向き、女性に声をかけられずモジモジしているオッサンに同じように交渉を持ちかけている。
「金かかるならやだよ」と強がるオトコもいるけれど、一晩で2、3人は客になるので、月に25
万以上も手に入る。万々歳だ。エンコーで稼げない子、こっちにおいで!
ハプバーカップル喫茶で変態プレイ
0104_20190124103723505_20190811155241a27.jpg0105_20190124103724343_20190811155242cfc.jpg0106_20190124103726069_20190811155243373.jpg0107_20190124103727422_20190811155245c32.jpg
カテゴリ

フェラカップルに、逆チカンコンビが変態電車に

SnapCrab_NoName_2017-12-30_0-26-33_No-00.png
茨城の水戸という街に住んでいる。通勤でJR常磐線を利用しているのだが、この路線に最近ヘンな人が出没するようになった。ヘンといってもキチガイ系ではなく、変態がチラホラあらわれるのだ。
 なぜかと理由を聞かれてもよくわからないのだが、オレが遭遇してきた変態たちを紹介しよう。
よかったらこいつ、触ってもらえます?
 8月の末、平日の夜8時ごろ、JR土浦駅から常磐線下り電車に乗り込んだ。帰宅客で車内は混んでおり、オレは車両の端っこで立っていた。神立駅(土浦の一つ隣)でカップルが乗りこんできて俺の隣に立った。そのときは気に留めていなかったのだが、電車が動き出してすぐに異変が起こった。カップルの男、40才くらいのコワモテがオレのヒジをこづいてきたのだ。なんだコイツと顔を見れば
ニヤケている。気持ち悪いヤツだなぁ。続けて男はケータイを取り出し、画面を見せてきた。
︿よかったらこいつ、触ってもらえます?場所変わるんで﹀
 触るって…どういうこと?カップルは位置を入れ替え、オレの隣に女が立った。20代後半だろうか、AV女優の長瀬愛に少し似ている。長瀬はオレの手をとり、自分の尻に持っていった。触れってそういうこと? チカンしていいの!?
 オレは戸惑いながらも長瀬の尻を触りまくった。混雑で周りからは見えていないだろうし、男からの許可も得ている。合法チカンとでもいおうか、非常に楽しい!が、幸せな時間はいつまでも続かなかった。カップルはそのまま次の駅で降りていってしまったのだ。正直、もっとエロい展開も期待してただけにちょっと残念だ。その後もこのカップルの姿はちょこちょこ見かける。あからさまに触らせている瞬間も見たのでしょっちゅうやってるのだろう。曜日はバラバラだけど平日の夜が多いだろ
うか。
捕まったこともあるフェラカップル
 9月、友人と一緒に水戸駅から日立方面の下り電車に乗ったときのことだ。土曜日の昼2時過ぎで電車は空いており、同じ車両にはオレら以外に数人しか乗っていない。常陸多賀駅を過ぎたあたりでオカシな動きが見えた。優先席に座る、いかにもチャライ感じの男と少しぽっちゃりした黒ギャルのカップルがキョロキョロと周りを見たり、隣の車両をのぞきこんだりしている。
 そしていきなりだった。男が一気にズボンを下げたのだ。え、え、なに!?
 友人と顔を見合わせた次の瞬間、女がチンコを咥えた。ギンギンのチンコをまるで自分たちの部屋でやってるみたいに普通にフェラしはじめたのだ。 
 友人とともに凝視していたら、二人はさらに過激な行動にうつった。男が立ち上がり、仁王立ちの姿勢でフェラだ。サイコー!わずか5分ほどでフェラは終了し、二人は何事もなかったように席に座って電車を降りていった。まるで夢でも見たような気分だ。 
 調べたところ、このカップルはネット界隈では有名なようだった。なんでも車内フェラの常習らしく、一度警察に捕まったこともあるらしい。スキモノにもほどがある。
若い男を逆チカンする2人
 またもや9月。仕事帰りで土浦駅から水戸方面の電車に乗っていたとき、後方からオッサンの「オオー」という声が聞こえた。振り向いたら、男数人に囲まれる形で女が2人立っている。オッサンたちの間を割ってみれば、そこには見たことのない光景が広がっていた。主婦っぽい格好の女二人が、スーツ姿の若い男の尻、股間を手でスリスリしているのだ。逆チカンとでもいおうか。まるでAVじゃん!女2人は若い男をしばらく触り続け、水戸駅についたところで降りていった。あの若い男、うらやましいにもほどがあるぞ…この痴女コンビも有名なようで、いつどこで出没するかは特に決まっていないようだが、常磐線の土浦〜水戸間におよそ半年に一度のペースであらわれるそうだ。
中心にいたのは、スーツを着た女性
 最後はついこの前、10月の初頭に見た光景を紹介しよう。金曜の夜8時ごろ、土浦駅から下り電車に乗り込んだときだ。車両の前方がやけにザワザワしている。またなにか面白いものが見れるかもと思って近づいた。サラリーマン、作業着の男が10人以上はいるだろうか。全員が一つの方向に向いて立っており、ゴソゴソ動いている。そしてその中心にいたのは、スーツを着た女性だ。
 いったい何が行われてるのか。隣のオッサンに声をかける。
「これ、なんですか?」
「オレもわかんないけど、チカンさせてくれるらしいよ」
 チカンをさせてくれる?
 とにかくこの中に突っ込むしかない。オレはめいっぱい力をこめてオッサンをかきわけた。すると、中心の女にはたくさんの手が伸びているじゃないか。集団チカンだ。触らせてくれるってことは、合法なんだよな…。魔がさした俺も急いで手を伸ばしたが、お腹のあたりにしか触れなかった。
 神立駅で集団が一気に外に出た。オレもついていけば、ホーム上で先ほどの女が口を開いた。「今日はありがとうございました〜。またやるときは告知しますんで」そのまま解散だ。どうなってんだよこりゃ。チカン系のサイトで男を募って集団チカンさせる企画だろうか。次の告知を待ちたいが、どこのサイトかはよくわからない。
デリ嬢と満員電車でチカンプレイを楽しむ
0134_2019081619172361e.jpgご存じの方も多いだろうが、デリヘルには、ホテルや自宅に直接女の子を呼ぶのではなく、あえて駅前や路上で待ち合わせるタイプの店がある。普通のデートのように出会い、恋人気分でラブホへ。
シチュエーションを大切にする人には打ってつけなのかもしれない。しかしそこには、ある盲点が潜んでいる。オレのような悪人が付け入る隙が。
タ方、待ち合わせデリ嬢を渋谷の駅前に呼んだ。ハチ公前から腕を組んで歩き、道玄坂のホテルにチェックインする段取りだ。ところがハチ公前で待っているその間に、仕事の電話が入ってしまった。
ー時間後に池袋まで来いという。そ、そんなー。キャンセルするかしまいか迷ううちに、デリ嬢が到着した。可愛い。どうしよう。渋谷で遊んだら仕事に間に合わーない。ならば2人で池袋に移動してからさっさと抜いてもらうならどうだ。時間的には同じことだが、ギリギリまで粘れるぶん心に余裕が持てそうだ。
「悪いんだけど、池袋に移動一できないかなっ」「えツ」
「池袋で用事がある一んだよ」
渋谷ー池袋は、山手線で10分ちょい。
電車代は持つから移動しよーお願い、マジでお願いすると彼女、報告の電話を店に入れ、
「いいですよー」
と笑顔を見せた。店側も客を逃したくないんだな。駅の人こみをかきわけるようにホームへ。混雑路線だけに老若男女でこった返してる。車内は人で張り裂けそうなほど超満員だ。ぐいぐい行くしかない。オレたちは体を押し合うような勢いで電車に乗り込んだ。うわっ、押しくら鰻頭状態だ。って、あれワこの感触は?彼女のおっばいがオレの体に当たっている。
ちょい待てよ。これからホテルでヤラしいことをすることは彼女もわかっているわけで…。まわりの客から守るように、彼女の背中に手を回してみる。やっばりだ。嫌がる素振りはない。そのまま手を下に進め太ももを撫でると、彼女は体をよじる。
「やだあ」お尻をさわさわ。「ちょっとおー」オッパイをつんつん。「ダメですよおー」
チンコを彼女の腰にぐりぐり
「もお困りますうー」まさにチカンプレイだ。まだ金も払ってないのに。ラッキー
もちろんその日は、池袋で慌ただしくサービスを受けたのだが、同時にノーベル賞モンの作戦をひらめいた。
数日後、もう一度待ち合わせデリヘルを渋谷駅に呼び、同じ流れで場所の移動をおねがいする。目的地は赤羽だ。都内屈指の混雑電車、埼京線に乗り込むために。
「店長がOKだって。行きましょうか」
やはりどの業者も多少の移動は認めるようだ。不景気で客も少ないんだろう。タ方の埼京線は、山の手線どころではないギューギュー詰めだった。息もできないほどだ。まずは電車の揺れに合わせて、さりげなくおしりにタッチする。
彼女がニコっと笑う。よしよし、この子もちゃんと自分の立場をわかってるようだ。おしりの割れ目をツーと撫でる。
「もうー」「どうしたの?」「ヤダあー」
ヤダとか言っても、ダメダメ。キミはもう買われた女なんだから。
まだ金は払ってないけど。もう触りまくっちゃう。太ももやお尻をなでなでし、ミーース力のスソからパンツまで手を伸ばし、アソコをグリグリ。うひゃひゃ。まもなく電車が目的の赤羽に到着した。さあここからが勝負だ。乗客が外にはきだされるや、オレは彼女の体をドアに押し出し、それでいて自分はまるで身動き取れないようなフリをして、わざと車内へ取り残された。プシューとドアが閉まり彼女はホームでおろおろしていた。
カテゴリ
タグ

精液塗りつけフェチに女性が失する姿に興奮する変わった性癖

SnapCrab_NoName_2017-12-28_18-48-35_No-00.png
女性が失する姿に興奮するというちょっと変わった性癖を持っている。きっかけはネットで見た元日テレのアナウンサー、小野寺さんのシーンだ。
 絶叫マシンのレポートの途中でお尻をビショビショに漏らす清楚系アナウンサー。このハプニング映像にどれだけ衝撃を受けたことか。
 以来、どうにかして女性が失する姿を目の前で見たいと考えるようになった。
 調べてみると珍しくないことがわかってきた。尿道が短いので少しの衝撃でも漏れやすく、特に出産経験がある女性は半数以上に経験があるんだとか。
 ってことは、自分で我慢するのがやっとの状態で、外から強い衝撃が加わればどうなるだろう。つまりトイレに駆け込む女の子たちに思い切りぶつかれば、目撃できるんじゃないか。
 早速、週末に市内のファッションビルに向かった。目指すは、階段の途中の踊り場にある女子トイレだ。入り口の脇に立ち、携帯をいじるフリをしながらターゲットの到着を待つ。しばらくすると、30代の女性が階段を小走りで駆け下りてきた。手元の携帯を見ながら女性の身体に思い切り体当たりする。
「キャッ!」
「ああっ!!すみません!!」
 女性はその場で軽くよろめいたが、すぐに体勢を立て直しトイレに入ってしまった。もっと強くぶつからないとダメかも。その後も女性がくるたび携帯を見ながら体当たりを繰り返していると、ついにそのときが。
13人目、スカート姿の30代後半らしき女性にぶつかった瞬間、「キャッ!」と声を上げ、その場にしゃがみ込んだのだ。
「ああっ! すみません!」
 直後、スカートの下にピチャピチャと小さな水たまりができた。ナマだ。その間、女性は口を半開きにして身動き一つしない。漏らしている間は動けないのかも。
「大丈夫ですか?」
「大丈夫です、大丈夫です」
 女性はスカートを押さえながらそそくさとトイレに消えた。あれだけ下着を濡らしたら帰りも大変だろう。しばらくしてトイレから出てきた女性に車で自宅まで送ると伝えたが、「大丈夫です」を連呼しながらその場から消えてしまった。
 翌週、通報を恐れて別のデパートのトイレ前で体当たりを繰り替えしていくと、数人目で20代の女の子が半立ちの姿勢で失してくれた。スエットパンツの股間にみるみるシミが広がっていく間、やは
り彼女は口を半開きにして身動き一つしなかった。最初の女性と同じだ。彼女もこちらの謝罪には見
向きもせず、そそくさとその場を立ち去ってしまったが、21人へのトライで2つのナマ失を見ることができたのだから上出来だ。このときの映像は今も鮮烈に脳裏に刻まれていて、ズリネタとして重宝している。
不快な顔に興奮・精液塗りつけフェチ
SnapCrab_NoName_2019-7-24_6-11-51_No-00.png
自分の精液を塗りたくり、驚く女性の顔を見ながらシコる悦楽
様々なフェチを持った人間がいる。
パンストの貼り付いた脚やお尻、パイパンフェチにラバーフェチ等、限られた条件にのみ性的興奮を覚える人間は、想像以上に多いのかもしれない。
俺の場合は、塗りつけフェチ、いや、不快な顔フェチと言うべきか。自分の体内から放出した精液を女性に触れさせ、さらにその手の臭いをかがせてしまう。そのとき女性が見せる表情に、たまらない興奮を覚えるのだ。
彼女のこんな。不快な顔は初めてだ
昔から覗きが趣味だった。
覗きと言っても、メインは布。下着泥棒である。女性たちの顔を確認してから下着を盗み、日常のささいなーコマを脳裏に焼き付ける。表情や体のライン、しぐさなーどを思い出しつつ、自宅で戦利品を使ってオナニーに耽るのが、何にも代えがたい至福の悦びだった。
その特殊な性癖が、ある女性との出会いをきっかけに激変する。
近所のスーパーで見かけた山口智子似の和風美人。
一人一分の食材を寵に入れてレジを一通り過ぎていく彼女の顔を見一た瞬間、体に電気が走った。うまく表現できないが、とにかく瞬時に魅せられた。気が付くと後をつけていた。声をかける勇気はない。ましてやレ〇プする度胸があるわけでもない。
運よく彼女はアパートの一階に住んでおり、以後毎晩のように部屋を覗きながら、イチモツをしこいた。バレるのが嫌で下着は我慢した。
それから2カ月ほど過ぎたある日のこと、いつものように彼女のアパートへ足を運ぶと、部屋の荷物が段ボール箱に詰め込まれている。
まさか引っ越しちゃうの?声をかけたい、でもかけられない。セックスしたい、でもできない。
焦りに焦った。早く何か手を打たないと。そんな極限状態で決断を迫られた俺に、突然衝動が襲う。自分の精液を彼女に触れさせたい。
翌日、自宅で彼女のことを思いながらシコり、放出した体液を空のフィルムケースに閉じ込めた。さあ、アパートに出かけよう。すでに彼女の生活パターンは熟知している。仕事帰りに近所のスーパーに買い物に立ち寄るのが日課だ。駐車場で待ち伏せし、彼女が車を停めて店内に入った瞬間、すかさずフィルムケースの中身を車のドアノブにタラーリ。大丈夫、うまくいった。そして待つこと四分。き、来た
すかさずズボンを下げてペニスをしこき始める。買い物袋を持った彼女がドアノブを握る。瞬間、ビクリと手を引っ込め眉間には深い雛。そして、俺の精子がついたその手を確認するかのように、自分の鼻へ。思わず手を振り払う彼女。今まで見たことのないほどの不快な表情だ。このときの感動をなんと言えばいいだろう。俺の精液が彼女の体に触れ、鼻から喉を通り肺の中に入ったのだ。セックスなど比較にならないほどの強烈な快感だった。
冷蔵庫に保存した精液を日付の古い順に常温解凍彼女がいなくなってからも、俺は、行為を繰り返した。若い、俺のタイプの女なら誰でもよかった。精子塗りつけのポイントは、自転車のハンドルと車のドアノブだ。駅やバス停付近に停めている多くの自転車のハンドルに塗りつけ、車の中でオペラグラスで鑑賞しながらペニスをしこいた。
下校時間、女子たちの反応を見られるのが気持ちいい。皆さんは思うかもしれない。手当たりしだい自転車に塗りつけていたら、男女も関係なくなるではないかと。
心配は無用だ。女の子風の力ラーリングや車体に書かれた名前で十分判別できる。が、男か女かわからない名前の時には、貴重な精液を男性に付けて無駄にすることも少なくない。その点、車のドアノブの場合はミスが少なくてすむ。
大型ショッピングセンターの駐車場入り口付近で待てば、確実に女かどうかわかる。相手がタイプなら、あとは最初の女と同じ方法で精液を塗りつけるまでだ。ちなみに、最近は大胆にもターゲットの隣に車を停めて、肉眼で彼女たちの表情を堪能することもある。
距離が近いだけに悲鳴も聞け、興奮倍増だが、やはり危険度は高い。よほどの上玉以外は、ある程度の距離を保つようにしている。現場での目的はあくまで寸止め。射精まではしない。その場で精子を放出するのは勿体ないし、一度出すとすぐに家に帰りたくなる。複数の女性で楽しむためにも、ぎりぎりまでテンションを高めて寸止めするのが俺のやり方だ。
とはいえ、時に誤射してしまうこともあるため、空瓶も携帯している。どうしても間に合わなければ、タバコのビニール袋をとっさにペニスに被せてぶっ放すまでだ。普段は寸止めで自宅に戻り、その情景を思い出しながら、ゆっくりオナニーに耽る。我慢し続けただけに量もハンパじゃない。最近は精子を小瓶に詰めて日付を記入、自宅の冷凍庫に保存し、次に出動するとき、日付の古い順に常温解凍している。精子を一滴も無駄にしないよう考え出したアイディアだ。私のフェチへの傾倒はとどまることを知らぬ。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
カテゴリ
タグ

隠し撮りにノゾキ・最新エロ犯罪の手口

ジャニーズや韓流アイドルのコンサート会場の盗し撮りマニアの手口0054_2017122723232995b.jpg0055_201712272323318bf.jpg0056_20171227232325cdd.jpg0052_2017122723232646a.jpg0053_201712272323288d8.jpg0057_20180104181726f38.jpg0058_2018010418172798e.jpg0059_20180104181728615.jpgジャニーズや韓流アイドルなどのコンサート会場(東京なら東京ドーム、大阪なら京セラドームなど)近くのファストフード店は、コンサート当日、若い女の子たちで溢れかえる。彼女たちは、少しでもアイドルの前で目立とうと露出の多い過激な衣装にトイレで着替えるのだ。
 それを狙う盗し撮りマニアが存在する。彼らはコンサート前日にファストフード店の女子トイレに忍び込み、造花や芳香剤、ティッシュ入れなどに小型カメラを設置し、一度に大量の着替えや用便シーンを撮りためる。コンサートが終わった翌日、再びトイレに忍び込んでカメラを回収するのだ。
Night Visionが、暗くてもクッキリ見えると評判になっている。とりわけ高く評価してるのがパンチラ逆さ撮りマニアだ。スカートの中は普通のカメラでは光量が足りないし、フラッシュで照らすと被写体にバレてしまう。わずかな光量で撮影できる暗視カメラがおあつらえむきなのだ。
パナソニックの「iAズーム」シリーズ、このカメラ、2つの理由から現役探偵や盗撮犯から絶大な支持を集めている。
一点目は、その驚異的な拡大倍率だ。なんと、90倍まで拡大可能で、さらには拡大に伴う画質劣化を
デジタル技術によって補正してくれるのだ。たとえば、通りを挟んだ向こうのホテルの部屋の中や、100メートル先に見える公園でのイチャつきカップルも、クリアな画質で捉えることができる。
 二点目は、遠隔操作が可能なことだ。カメラを持ったまま撮影しにくい場所でも、カメラに触れず、スマホ画面から録画や拡大ができるのである。別売りのパーツを買えば、自由に角度も変えられる。ここまで機能がつけば、盗撮に使うなというほうが無理な話かもしれない。決して許されるべきものではない。
チューブカメラと呼ばれる機材を使った盗撮だ。一般的なマンションやアパートの壁には、かならずクーラーの近くに、結露水を排出するドレンパイプの穴が開けられている。管の周りは柔らかいパテで埋められていることが多いので、そのパテを外して隙間からカメラを挿入し中の様子を撮影するのである。
アベイル(しまむらの姉妹店)で販売されているメンズバッグで、レンズが上部に向くようバック底面に小型カメラを装着し、女性のスカートの下に持っていくのだ。普通のバッグではレンズの向きが上を向かず、無理な体勢でスカートに近づけなければならないため、こいつが利用されているのだろう。最近、その状況を悪用した盗撮があちこちで横行している。
手口は単純きわまりない。文字盤に盗撮カメラが仕込まれた壁掛け時計「セキュリティマン・クロックカム」なる商品をトイレの壁に設置するだけだ。木ネジ等を使って。時計のデザインはシンプルかつ洗練されているため、なんら違和感なくトイレの風景に溶け込む。女性の方はよくよく注意すべきだ。
あの角度から撮影されうるのか? 自転車に乗った女性のスカート内を、背後から盗撮する連中がいる。その際、犯人が用いるのは後輪にサイドバッグを取り付けた自転車だ。バッグの底に角度を調整したピンホールカメラが仕込まれているため、自転車女性の後方斜めの位置で走行すると、レンズがサドル付近を下から仰ぎ見る形になるのだ。ちなみに、この手の盗撮犯が好んで使うサイドバッグはオーストリッチ社製の「パニアバッグ」と言われている。防水性が高く、容積も大きいため、カメラの設置に都合がいいのだろう。
特急電車で横行している盗撮犯罪をご存じだろうか。座席シートの背もたれと着座部の間のわずかなスキ間にCCDカメラを差し込み、後方に座るミニスカート女性の下着を盗み撮るというものだ。スキ間の位置は股間とほぼ同じ高さにあり、さらに被害者の自然な目線よりずっと下方にあるため察知しにくい。まさに巧妙かつ悪質な手口といえよう。
通勤パンチラを狙って自動シャッターを切り続ける厄介なカメラ
靴にスマホや小型カメラを仕込み、エスカレータに乗った女性のスカート内を盗撮─。近ごろこういった事件の逮捕者が続出している。が、より狡猾な方法を用いる者もいる。使用されるのはCCDカメラで、靴にではなく足首に近い甲の部分に取り付けられる。撮影時以外はズボンの裾でカメラを隠すためだ。またレンズを真上ではなく、斜め向きに設置することで、女性に接近せずスカート内を盗撮するという念の入れよう。要注意だ。
スカート内盗撮は、階段やエスカレータなどわかりやすい場所だけでなく、意外なところでもなされる。その一つが道端だ。特に通学路や通勤路などの植え込みは要注意で、盗撮犯はそういったところに定点観測用のカメラを仕込んでいる。3秒に1度、10秒に1度という風にシャッター間隔を設定し、植え込みのそばを歩く女性のスカートの中を次々と自動撮影するわけだ。この手の犯罪でよく使われる定点観測カメラは「レコロ IR5」という機種だ。操作や設定が簡単なうえ、10時間以上も可動するため、悪用しやすいのだろう。さらにサイズも小型で、迷彩服のようなカモフラージュ塗装が施されていれば、植え込みから見つけ出すことは不可能に近い。厄介なシロモノだ。
女性のオナニー姿を盗撮し、その映像を使って金品を脅し取る卑劣な犯行がある。オナニー姿の盗撮をどのように?あらかじめノゾキに適した部屋を見つけておき、さらに住人がオナニーするよう仕向けるのだ。郵便ポストから携帯の支払い票を盗み出してターゲットの番号を手に入れ、エロ動画のリンクをショートメッセージのスパムとして送りつけたり、自宅の前にレディコミとローターのセッ
トを落としておいたり。冗談のような話だが、実際にこんな手法でオナニー盗撮は行われている。1人暮らしのアパートなどで、窓にカーテン一枚を閉めているだけの部屋などいくらでもある。その程度ならば、赤外線発光機とビデオカメラ、それにプロ用の赤外線フィルター(TYR社のデジタルカメラ用4層タイプ)を使えば簡単に透けてしまう。ナイトショットのようなモノトーンの映像だが、風呂上がりの着替えや、恋人とのセックスなど、ターゲットの無防備な姿が狙われる。1階に住む女性なら、夏でも2枚のカーテンを使用すべきだろう。
カテゴリ
タグ

プチ援交にガチヤリマンまで・アポ率が高いエロサイト3

0064_20171226155335ad3.jpg0065_20171226155337b39.jpg0070_201712272004119b3.jpg 0071_201712272004124c7.jpg0062_20171226155333f4a.jpg 0063_2017122615533423a.jpg0073_20171227200415e3f.jpg
出会い系の王道ワクワクメールといえば、もっぱら女子大生やOLといった若いコ狙いのイメージがあるが、俺にとっては人妻落としの最適ツールだ。
 試しに30代以上・既婚でプロフ検索してみれば、不倫願望を持てあます奥さんがそれこそ星の数ほどいるのが一目瞭然だろう。数が多いというのはすなわち、それだけ成功率も高くなると言えるわけで。さて、有料ポイント制である本サイトの場合、作戦は自ずと掲示板に書き込んでの〝待ち〟となる。したがって募集文の出来不出来が結果を大きく左右するのは言うまでもないことだ。
 そこで文章の苦手な俺はある手法を用いている。正直、この方法を用いる前と後では、届くメールの数が軽く3倍は変わったほどだ。ヒントは不倫専門の人気出会い系サイト「不倫パートナーを探そう(フリパ)」である。
 ここはシステムが実に変わっていて、一度掲示板に投稿すると、以後12時間は書き込むことができなくなる。連投が不可能なのだ。
 で、こんな不便なサイトを主戦場にしているとどうなるか。答えは簡単だ。1回の投稿でなるべく多くの女からメッセージが届くよう知恵を絞るうち、募集文が洗練されていくのである。たとえばこんな具合に。
〈日々楽しくはありますが、想い合える人がいないのはやはり寂しいものです。心通うセフレを探してます。体の相性は大切ですが、デートはもっと大事。このあたりのニュアンスをご理解…〉
 ひゃー、すげ! 俺、こんなの逆立ちしても書けないわ!
 …おわかりだろう。俺の手法とはフリパのイケてる募集文を丸パクリすることに他ならない。
 むろん、細かな部分は自分のプロフィールに合わせて書き直す必要はあるが、そんな些細な努力で不倫願望の奥様方を振り向かせられるのだ。そして一度メールのやり取りが始まれば、トントン拍子にアポれるのが彼女たちの良いところ、あっという間にセックスに到達できてしまう。
タイトル通り、自分の嫁さんを他人に抱かせている鬼畜な旦那さんのブログです。
 サイト内のサンプル画像を見れば、モザイク越しにも奥さんが色白の超美形というのサイト他人に抱かれる奥さんのエロ動画を見せてくれるステキな旦那さん鬼旦と奴隷妻~美人妻を犯させる夫~がわかります。
 この鬼旦氏、そんな美人妻を、仕事の取引先の社長さんやサイトで募った単独男性、どこぞで見つけてきたAV男優など、色んな男性と絡ませていて、中出し&アフターピル飲ませや、4Pや5P、輪姦などの複数プレイまでさせています。その様子を映像に収め、ブログにアップして楽しんでるんですから、鬼旦那を名乗るだけのことはあります。
 奥さんは身体付きも喘ぎ声もエロいので、映像を観るだけでも十分満足できます(有料)が、やはり実際にも絡んでみたいものです。
 わたし自身、まだ参加したことはありませんが、ブログから応募して、鬼旦那さんに気に入られれば、奥さんと絡めるかもしれません。都内で会える、身分証が提示できる、紳士的な人、などの条件に当てはまる人なら、チャレンジする価値はあると思います。オナベとは、心や外見は男だけど性別
は女(つまりマンコがある)という人種で、恋愛や性欲の対象は女である場合が一般的だ。
 ところが実際は、男に抱かれたがるややこしいオナベも少なくなく、ネット上には一般男性(通称・純男)とオナベ(同FTM)の出会い掲示板がチラホラと見受けられる。で、とりわけ使い勝手がいいのがこちら。オナベ、純男ともに書き込み数が他と比べて断トツな上に、セックス前提の募集が90%以上なので話がめちゃくちゃ早いのだ。
 容姿や振る舞いは男そのもの、でもちゃんとマンコがついているオナベちゃん。そんな連中との倒錯したセックスを一度でも味わえば、虜になること間違いなし!同種の掲示板が数多くある中、私がここを一番に推す理由はズバリ「ガセ情報がほとんどない」ことに尽きます。
 露出予告を真に受けて現場に急行、数時間待った挙げ句に誰も来ず─。こういったコトはよくありがちなのですが、この掲示板において、少なくとも私はそういった経験が一度もないのです。おそらく常連の露出カップルが多いこと、この掲示板の存在自体が比較的マイナーなので冷やかしの対象に
なりにくいことが、その理由なのではないでしょうか。
楽天が運用しているため信頼が高いのか、他の相談所に比べて女性の登録者数が段違いに多いようだ。が、利用料金はかなり高い。入会時に必要な金額は10万6千円で、それにプラスして毎月1万5千円程度の月額利用料もかかる。とてもじゃないがナンパ目的などの軽い気持ちで利用できるシステムじゃない。
 かくいう俺も、真面目に結婚相手を探そうと思って10万もの大金をはたいたわけだが、実際にやってみると、あまりに簡単に食えるので遊び専用に使うことに。
 専用サイトを開くと、相談所に登録している女のプロフィールが載っていて、同じ登録者なら誰でも自由に閲覧できる。これがなかなかに便利な代物で、プロフィールの顔写真を見て、好みの女がいれば「交際申込」をクリック。この申込で相手もOKを出せば、2人だけの専用掲示板内でメッセージがやり取りができる仕組みだ。
 前持って身分証や学歴、収入証明などの提出を義務づけられた真面目な相談所なだけに、女性の信
頼度は抜群。アポ取りは「1度ご飯でも」の一発でOKだ。
 いざデートをしてみても、みな婚期を急いてるせいかこちらの誘いに驚くほど従順に応えてくれ、食事のあとに自宅へ呼べばホイホイついてくる。過去に出会い系サイトで出会った女たちとのやり取りを考えると、ありえないほど簡単なのだ。
 結婚前に身体の相性を見たいと思う女がいかに多いかがわかる。というわけで、現在も結婚せずにこのサイトを活用させてもらっている次第だ。
借金で困ってる女は、有名出会い系サイトをのぞけばゴロゴロ転がってる。そういう女たちをハメる方法だ。まずは「いま困ってます」のメッセージを残す女の子たちにアプローチをかけていき、なぜ困ってるのか尋ねる。答えのほとんどが「借金」なので、なぜ借金しているのか、その理由を教えてもらう。
 選ぶのは、事故や身内の不幸など、なるべく重い理由の方がいい。
「助けてあげられるかもしれない」と伝え、本人の仕事や普段の生活に付いて尋ねる。事務員やショップ店員など、普通の職業の女にだけ、「風俗やAVでもやってみればいいのに」と水を向けてみる。水商売や援交経験者でなければ、1回のセックスで10万のギャラが入ると言えば、強い興味を持ってくれるはずだ。重い理由で借金を抱えた女ほど腹を据えて承諾してくれやすい。
 大抵の女の子が、「親や知人バレ」の心配をほのめかすので、ここで初めて自分がAVの製作会社で監督をやってることを伝え、顔は出さないこと、著作権の帰属などは、書面を用意してサインしてもらいます、などとビジネスライクな話に持ち込んでいく。
 実際に自宅のパソコンを使い架空の会社名で著作権や顔出しについての誓約書を作っておき、対面したときにはサインをもらう。この手作りの誓約書がかなり重要で、こいつが一枚あるだ
けで、女の子たちは本当の製作会社だと思い込んでくれるのだ。
 面接当日、撮影の段取りを説明し誓約書にサインをもらったら、ハンディカムを持ってホテルへ。
 ハメ撮りが終了したら、ギャラは誓約書に書いてもらった銀行口座に後日振り込まれると伝えてバックレるだけだ。借金するようなバカ女だけに、こんな手口でも引っかかってしまうのだ。
アダルト系SNS・sexiのオフ会専用コミュニティだ。変態の文字を冠するだけあり、内容はドエロとしか言いようがない。オフ会は二部構成になっており、一次会はカラオケやBBQなどを楽しみながらエロトークに花を咲かせる。状況によっては、女性陣の露出大会が行われることもあるが、いずれにせよ一次会はウォーミングアップの位置づけだ。
 真のお楽しみはやはり一次会終了後。気のあった女とホテルへシケ込むもよし、有志を募って乱交パーティを始めるもよし、とにかく男女とも100%セックス目的で参加してるため、射精せずに帰るなんてことは滅多にない。
 しかも一次会の内容がある程度常識的なぶん、その後のエロ展開はよけいに非日常性を増す。ハプバーやカップル喫茶の予定調和に飽きた方はハマること請け合いだ。
 なお、本オフ会の開催は都内のみだ。地方住みの方は予定を調整してでも参加していただきたい。
近ごろは、出会い系を使ってプチ援交オンナを探しても、ケバい娘ばかりでウンザリだ。もはやプチ=素人っぽい子という方程式は成り立たなくなっているのかも。
 でもご安心を。こちらのスレッドにはいまだ顔を赤らめながら手コキをしてくれるウブ娘がたくさん生息している。2ちゃんねるよりさらにユーザーのオタク色が強いためだろう。ちなみに手コキの相場は3千円~5千円だ。

SEXでエクスタシー絶頂いかせる特技がある!で女性を口説くとモテるか

201511_000037.jpg 201511_000036.jpg新宿のお見合いパーティ乗り込み、さっそくプロフィールカードの記入にかかった。
 近ごろは、男の名前をネット検索して素性を調べようとする女がいるので、仮名の『千堂正喜』で。『趣味』や『年収』などの項目を適当に埋め、そして問題の『デートに行きたい場所』欄だ。
『手と口でエクスタシー(絶頂)に導きます!』
満足なセックスをしたことがない女にとって、この誘いは魅力的なはずだ。いくら表面上はキモがられても、深層心理にはうったえる力があると思う。
 今回のパーティは人入りが少なく、女性の参加者はたったの4名だ。では『回転寿司タイム』、スタート!
1人目は、ブラウスの胸元から谷間がチラチラ見えている33才だ。けっこう胸がありそうじゃないですか。ぜひとも絶頂に導いてあげたい。
●↓仙頭 ○↓女性
●どうも。
○よろしくお願いします。
●はい、プロフィールカード。
○あっ、好きな人、椿鬼奴!
●そうそう。でも、ぼくが注目してほしいのはそこじゃなくて。
○どこだろ? …何これ?
●意味わかりません?
○わかんなーい(すっとぼけた口調)。
●わかるでしょ。カッコして絶頂って書いてるし。
○わかんなーい。
●具体的に説明しましょうか?
○とりあえず、お返ししまーす(カードを突き返してくる)。
●ちょっと待って。説明させてよ。
○大丈夫でーす。
 完全にドン引きされてしまったようだ。まあ、こういう反応は想定内だ。
 2人目は、ロングヘアーで化粧もばっちり、背筋もピンとしてる、クールビューティだ。男から遠慮されそうなタイプなので、ストレートに口説かれたがってるに違いない。
●今日はお一人参加ですか?
○そうそう。
●そりゃあよかった。友達がいたら、ぼくとカップルになるのは照れると思うんで。
○どういう意味?
●ぼくはこういうキャラなんで(デートの項目を指差す)。
○おもしろーい!
●いいでしょ?
○いいんじゃないですか、個性的で。
●でも、ウケを狙ってるとかじゃなくて。マジでマジで。ぜひオネーさんの胸とかを。
○はははっ(胸元を手で押さえる)
●足もセクシーっすね。
○はははっ(太ももに手を置く)。
●はい、イメトレさせてもらいました。
○おもしろーい。
●とにかく、きっちりエクスタシーに導かせてもらうことをお約束します。
○おもしろーい。
●というか、さっきからおねーさん、おもしろいばっかじゃん。
○そうなんですよ。私、平凡なんでー。千堂さんには、ちょっと気に入ってもらえないかもなぁ。
 何だこの見事なあしらい方は。こいつキャバ嬢かよ!
 続いて人懐っこそうなタヌキ顔の美人さんだ。
●おきれいですね。たぶん一番人気だと思いますよ。
○いやいや。
●ぼくもしっかりアピールしとこっと。はい、プロフィールカード。
○どうも…。ん? これはダメでしょ!
●どこがですか?
○ここ、ここ(デート欄を指差す)
●マジメに書いたんですけど。
○マジメじゃないよー。
●でもさ。例えばここに食事って書いてる男がいたとして。そういうヤツは大半、腹の中では、メシを食った後どうこうしたいって思ってるんです。そんなのに比べ、ぼくは本音を隠してないから、マジメでしょ?
○けど、TPOってあるじゃないですか? ここが飲み会で、ある程度打ち解けてて、それでまあこういう話をするんだったらまだわかるんですけど。初対面でいきなりこんな話は、やっぱりマジメじゃないと思います。屁理屈をこねてみたが、正論に負けてしまった。おっしゃる通りとしか言いようがない。最後は、アラフォーの事務員さんだ。隣に座った途端、やけに顔を近づけてきたが、この熟女らしい積極性、期待したい。
○千堂さんって珍しい名前ですね。出身どこですか?
●高知です。高知の人間って思ってることをストレートに言いがちなんですけど、そういうのってどうですか?
○いいんじゃないですか。
●そりゃよかった。さっき別の女性に、TPOを指摘されたもんで。ここの話なんですけど(デート欄を指差す)
○……なるほど。こういうことをよくされてるんですか?
●セックスをですか?
○まあそんな感じのことを。
●体験人数とかは普通ですよ。いろんな女性にちょっかいをかけるみたいなことはしてません。
○でも、ここにこういうこと書いてるってことは…。クエスチョンマークがいっぱいだなぁ。
●そうですか。じゃあ、どんどん質問してくださいよ。
○うーん…。じゃあ、高知からはいつ出て来られたんですか?
●そういう質問ですか。もしかして脈無いですかね?
○…いや、まあ、ご縁があれば。これほど丸わかりな社交辞令もない。ゼッタイに縁ないでしょ、これ。
★結果発表でオレの番号は呼ばれることはなく、残念ながらカップル不成立でパーティ会場を出た。
 というわけでもう1回、夜の部でチャレンジしてみることに。今回も女は4人しか来ていないが、張り切ってまいりましょう。
SnapCrab_NoName_2017-12-24_15-34-12_No-00.png 
ショートカットの黒髪ちゃんだ。
●はい、プロフィールカード。
○どうも。
●ウケようと思って、うっかり下ネタ書いちゃったんですけど(デート欄を指差す)。
○はははっ。
●やった、笑ってくれた。
○こういうとこには前も来たことあるけど、初めてみました、こんなこと書いてる人。
●じゃあ、レアキャラとカップルになってみましょうよ。
○何かチャラくないですか? 結婚とかは考えられてるんですか?
●…一応考えてますよ。結婚生活では夫婦の営みが大切だからこそのアピールでもあるんで。
○結婚観が合う人がいればいいとは思いますけど、私はちょっと…。結婚観とかそんなデカイ話を
出されても困る。こっちはただヤリたいだけなんだし。パス。
 お次は同い年のOLさんだ。話が合うことを期待したい。
●緊張されてます?
○まあ、ちょっと。
●だと思って、緊張をほぐしてあげるために下ネタ書いてみたんですけど(デート欄を指差す)。
○……。
●あれ? ここでニコっとしてもらわないと、やりづらいんですけど。
○…すみません。仕事帰りなんで疲れてて…。
●それはお疲れ様です。
○…はい。
●何かしゃべりましょうよ。
○…あー、疲れた。
 完全にシカトモードに入られてしまった。ダメだこりゃ。
 7人目。歌手のaikoっぽい、ちょっとブスだけどエロそうなアラサー派遣社員だ。
○あ、田中です。
●実はぼく、さっきから女性に引かれまくっちゃってて。理由はこれなんですけど。
○うわっ!
●でも、意外とオネーさんは興味を持ってくれたりしません?
○まぁ私は、下ネタぜんぜんオーケーだけど、普通のコにこういうことしたらダメでしょ。
●ちょっと待って。田中さんは抵抗ないの?
○別にないですよ。
●じゃあ言う。実はぼく、マジでこういうことしたいと思ってるんだけど。
○でしょうね。そうじゃないと書かないし。
●引いてない?
○ぜんぜん。ここまでぶっちゃけてくれる人のほうが、話しやすくて好きだよ。
●話が合う方でよかったよ。ちょっと時間が足りないんでまたしゃべろうよ。
○はーい。
 男をおだてるのが上手いキャバ嬢タイプの可能生もなくはないが、今までで一番いい反応だ要チェック。ラストは、色黒でエキゾチックな顔立ちの女性だ。
●いい人、いました?
○まぁ考え中ですね。
●じゃあ、ぼくも候補に入れてくださいよ。はい、プロフィールカード。
○えええっ!
●気付くの早いですね。
○だってこれ、目に付くじゃないですか! 何でこんなこと書いてるんですか?
●もちろん自分アピールですが。
○自分で自分のハードル上げてるだけでしょ?
●いやいや、食い付いてくれる方だって…。
○誰ですか(他の女をキョロキョロ見渡す)
●他の人じゃなくて、オネーさんがなってくれると期待してるんですけど。
○えっ!?
●ダメですか?
○…私はちょっとぉ…。
 これもムリっぽいな。みんなエクスタシーを味わいたくないのかな。
 かくして『回転寿司タイム』終了。スタッフから『第一印象カード』が渡された。どの異性から好印象を持たれてるのかがわかるメモだ。あっ、唯一引かなかった田中さんがマルを付けてくれてる!
 フリータイムがスタートした瞬間、彼女の席へ向かう。
「田中さん、座っていい?」
「あっ、エロい人」
 ステキな覚え方してくれてるじゃないか。
「あの後、もう一人としゃべったんですけど、やっぱりドン引きされてしまったよ」
「だから言ったじゃない」
「ってことで、ぼくはもう田中さんに決めようと思って。実際、一番話しやすかったし、見た目もタイプだし」
「またまた〜」
「マジですって。よかったらエクスタシーに導かせてよ」
「ほんと、ストレートに言いますね」
 どのみち彼女しか候補はいないんだ。ここはグイグイ押していこう。
 自分の『最終投票カード』を取り出し、そして田中さんの番号を記入する。
「もう書いちゃった」
「えぇ〜。そんな目の前で書かれたら、私も書かなくちゃいけないみたいじゃない」
 そうだよ。そのためのパフォーマンスだよ。…ってあれ? 
彼女が自分の『最終投票カード』を取り出したぞ。ホントにオレの番号を書いてくれてるじゃん! これで必然的にカップル成立だし!
午後9時。一緒にパーティ会場を出た。
「軽く飲みにでも行こうよ」
 さすがにいきなりラブホに誘うのはヤリ過ぎだろう。段階を踏みましょう。
 新宿3丁目方面にブラブラ歩き、ラブホそばのバーに入る。
「田中さんは何飲む?」
「今ダイエットしてるから、ウーロン茶で」
 酒じゃないが、まあいい。口説かれるつもりがなければ、ハナからエクスタシーなんて書いてる男とカップルになんかならないはずだ。
「カレシいない期間はどのくらいなん?」
「半年くらいかな。春ごろまでは年下と付き合ってたけど」ひとまず彼女の恋バナを聞きながら様子をうかがう。それとなく話題をシモへ振ってみた。
「そのカレシとのセックスはどうだったの?」
「下手だったけど、キスは上手かった。気持ちが入ってたんだと思う」
「やっぱり気持ちが大切なわけね。ちなみに、そうじゃないとエクスタシーには達せない、みたいな?」
「……」
 チラっとオレの顔をちらっと見る彼女。誘導尋問に気付いたらしい。
「…まあ、別に気持ちがなくてもイケるけど」
 浮気を楽しめると断言しやがった。やっぱこの人、オレに気持ちよくしてもらいたくて付いてきたんじゃね?
「そう言えば、最初から思ってたんだけど、田中さんって、かわいい耳してるよね」
 耳をこちょこちょ触ってみると、彼女がじーっと見つめてきた。
「でも、イヤな経験もあるからなぁ」
「…どういうこと?」
「前に、そういう関係になって一回ヤッた人がいるんだけど、その後、ストーカーみたいになって最悪だった。だから、するんだったら、ダラダラしない人じゃないとヤダ」
 これってめっちゃ好都合じゃね? エクスタシーには導いてほしいけど、一夜限りのエッチが希望です、みたいな。
「…オッケー。ぼくはあっさりしてるんで、そのへんは心配しないでよ」
「というか、今日ヤリたいんでしょ? だったら、そう言ってほしいんだけど〜」
 いきなり何を言い出すんだ、このネーさんは。一応は婚活のつもりでパーティに出てみたけど、もはや遊びと割り切ってるみたいだ。ま、エクスタシー男と結婚なんてしたいわけないもんな。
「言うねぇ、田中さん。はっきりしててありがたいわ。もちろんボクはヤリたい。よかったら今晩、エクスタシーに導かさせてよ」
「まあいいけど。自信はあるの?」
 もちろんありますがな! まかせてちょうだい! アンアン鳴かせてやりますから!
 バーを出たところで手をつなごうとすると、さっとかわされた。
「そういうのは、別に…」
 疑似恋愛みたいなのは求めてないってか? ったくこの女、本当にカラダの快感だけを求めてるんだな。ホテルに入ると、彼女は恥ずかしがるような素振りは一切なく、さっさと服を脱いでいく。オッパイは小ぶりの陥没乳首だ。ちょっとソソらんなぁ。でも、アソコはツルツルにそり上げられている。遊び慣れているドスケベな証拠だ。楽しませてもらえそうだ。
 一緒にシャワーを浴び、ベッドにゴロンと横になった。あとはもう覆い被さっていけばいい
わけだが、「エクスタシーに導く」というのが今回の約束だ。
 ディープキスをカマしてから、次はオッパイへ舌を這わせていく。陥没乳首って、どうやって扱えばいいんだっけ?適当に吸っていると、声が飛んできた。
「もっと思いっきり吸って」
 飛び出した乳首をチューチュー吸う。かなり固くなってきた。感じてくれてるかな?
 しかし、アソコの湿り具合をチェックするため割れ目に手を伸ばしたところ、再び指示が。
「もっと優しく触って」
「これくらいかな?」
「何か触り方違う。自信あるんじゃなかったの?」
 …ダメ出しかよ。まあ自信あるとは言ったけど…。
「じゃあいいや、指じゃなくて舌で舐めて」
 言われるままにクンニに移る。
「こんな感じ?」
「そうそう。そのテンポでずーっとやってみて。でも指入れるときは1本にしてね。2本は絶対だめだよ」
 完璧に主導権を奪われてしまったんだけど。この女、どんだけ貪欲なんだよ。そしてオレ、何か情けないんだけど。
 もはや舐め犬状態で、必死に指と口を動かしていく。さすがポイントをきっちり教えられているせいか、そのうちに彼女は激しく悶えだした。
「あぁぁぁ〜。イクぅぅぅ〜!」
 エクスタシーを迎えたようだ。よしよし。いずれにせよ約束は果たしたぞ。ってことで、今度はオレも気持ち良くしてもらいますか?
 と、彼女がオレの頭をぐっとおさえてきた。
「もうちょっと舐めて。もう一回イキたい。導いてくれるんでしょ」
 …マジか? 
「イった後は敏感になってるから、さっきより優しくしてね」
 しょうがない。付き合ってやりますか。
 2回目は「お尻のほうも」と命じられてアナル舐めを。さらに3回目は「Gスポットを同じペースで押して」と潮フキまで。とにかく彼女は貪欲にオレを舐め犬として利用した。しかも合間あいまに、「エクスタシーに導いてくれるんでしょ?」と言ってくるんだから、まったくなんというか。
 結局、オレは1時間ほどぶっ通しで奉仕し、彼女が5回果てたところで、ようやく解放された。
 疲れたぁ〜。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます