2018年02月の記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2018年02月

  • 2018/02/28セフレの作り方

     自らのオヤジ臭さを自嘲気味に笑い飛ばすサバサバ女も、突き詰めれば一人の寂しがり屋の女である。女っぽく振る舞うことに照れているだけだ。一緒になってギャーギャー騒いでも、その寂しさは埋まらない。このタイプに一番効果的なアプローチは、どんな些細な点でもいいので女らしい一面を真顔で誉めること。「この人、私の本当の姿に気づいてくれた」と、ナヨナヨした弱い一面をオープンにしてくる。普通は腕時計やスーツで...

    記事を読む

  • 2018/02/27裏風俗・風俗体験談

     ここ「かんなみ新地」には30軒ほどのちょんの間があり、店の入口で顔見せをしている。20代後半〜40代の嬢が多いのだが、ときどき客引きの婆さんからこんな囁きを受けることがある。「お兄ちゃん、ちょっと聞いて。いま学生さんがいてるんや。ホンマやで。急いだほうがええわ」学生さんとは何を意味するのか? そこはオレの口からはとても言えない。通りをふらふら歩いていれば、一日に一回はどこかの婆さんに言われることだ...

    記事を読む

  • 2018/02/27その他

     アイフォン仕様の長~いスコープまさかこんなところに!?マン喫でノゾキをやらかす人間たちが、「配管用スコープ」という類の撮影機器をよく使っている。自由に曲げて固定できる細長いアームの先端に小型カメラが付いているため、個室の上部スペースから隣の席を盗み見るときに使い勝手がいいようだ。配管用スコープにはいろんな種類があるが「TUNEWEAR Snake Cam」というカメラは、アイフォンに接続して映像を保存できるため...

    記事を読む

  • 2018/02/27その他

    最近テレビCMもやりはじめた「ジモティー」というサイトがある。ここではいらなくなった家具とか日用品などなど、ありとあらゆるものがタダ~格安で出品されている。捨てるぐらいなら誰かもらってくださいってなコンセプトらしい。で、オレみたいな特殊な人間にとって今、一番熱いサイトだ。なぜか。いわゆる使用済みの女性服などが相場の半額程度で買えてしまうからだ。 たとえば、こんなもの。〈高校卒業するまで3年間着てき...

    記事を読む

  • 2018/02/27セフレの作り方

     私の方法、まったく脳みそを使わず、使うのは身体だけです。あらかじめ言っておきますが、20〜30代前半のきっちりした女性は相手にしてませんのであしからず。狙うのは30代なかば以上のブサイクさんだけです。でもいいんです。あのコたちが喜んで私のちんぽを咥えてくれるのですから。方法は、フリータイム中に女性の手を握ること。これだけです。決して彼女たちを口説いて手を握っているのではありません。世間話をしながら...

    記事を読む

  • 2018/02/26裏情報

     ワクワクメールに「投稿画像」なるコーナーがある。ここは主に女性ユーザーが自分のエロ写真を投稿して、男性に見てもらうことを楽しむ場だ。男の俺もここに投稿している。理由は投稿写真を閲覧されて、評価(「凄く良い」「良い」「次に期待」の三段階)されることで、サービスポイントがもらえるからだ。これは普通カネを出して購入する有料ポイントと同様の価値を持っており、メールなどをするときに使えるものだ。俺みた...

    記事を読む

  • 2018/02/26SEXテクニック

    整体師が女性客にワイセツ行為を働いたとして逮捕される事件が頻発している。そのほとんどは治療と称して尻やアソコを執拗に触りまくった挙げ句、警察に駆け込まれるパターンだ。近ごろ、整体治療院が舞台のエロDVDが一部で人気を博しているが、もしああいった作品に触発されての行動だとしたら相当な大バカ者だろう。同じ整体師として情けない限りである。職業倫理を振りかざそうというのではない。逮捕された連中のやり方があ...

    記事を読む

  • 2018/02/26裏風俗・風俗体験談

        ハプニングバーはセックス好きの集まりなのだから、初心者は思いがちだ。行けば簡単に女とヤレると。確かに正論だ。ただしそれは、人並み以上のコミュニケーション能力と積極性があればの話である。では、恥ずかしがり屋の口ベタ男はどう振る舞えばハプバーを満喫できるのか?...

    記事を読む

  • 2018/02/26突撃リポート

     出会い系女がニセ写メを使う場合は、プロフに顔写真を1枚だけ載せてくるのがこの世界での常識です。ネットで集めるにしても、それっぽい構図はひとりにつき1枚しか見つからないのでしょう。そこでこの女です。かわいい写真が2枚。しかもいかにも出会い系用に撮ったっぽい。ということは、ひょっとして本人? こんな子がホテルに行きたいって?期待を胸に2万でアポり、いざ現場で電話を。「着いたよーどこ?」「花壇に座...

    記事を読む

  • 2018/02/25出会い攻略

     あなたに興味がないのではなく、探りを入れてきているものと認識しよう。だから正解は「オレじゃ駄目なの?」となるが、ポイントはすぐに話題をそらすこと。しつこく問いかけるのではなく、あくまで好意を持ってるんですよとジャブを放っておくだけでいい。「オレは結婚なんか考えたことない」なんて言ってしまうとその場で終了する。でも「オレもすげー結婚考えてる」だと後々面倒が起きる。よって正解はこちら。「俺も前カ...

    記事を読む

終電を逃させSEXに持ち込むトーク術

0071_201802281833213c4.jpg 0072_20180228183322504.jpg
自らのオヤジ臭さを自嘲気味に笑い飛ばすサバサバ女も、突き詰めれば一人の寂しがり屋の女である。女っぽく振る舞うことに照れているだけだ。一緒になってギャーギャー騒いでも、その寂しさは埋まらない。このタイプに一番効果的なアプローチは、どんな些細な点でもいいので女らしい一面を真顔で誉めること。
「この人、私の本当の姿に気づいてくれた」と、ナヨナヨした弱い一面をオープンにしてくる。
普通は腕時計やスーツで金持ちアピールするものだが、貧乏人には難しい。なのでまずは前もって見せ金として5万円程度用意しよう。そのうち3万円分程度を千円札に両替えして、革製の長財布に入れ、厚みを出しておく。店を出るときトイレに行くフリをして、「ごめん、これで会計しといてくれる?」と財布を手渡す。トイレから戻れば、彼女の顔色が変わっているはずだ。
デートのノウハウ本には、ドアを開けてあげようだの、椅子を引いてあげようだのと載っている。確かに有効なのかもしれないけれど、面倒なことこの上なしだ。そんな英国紳士みたいなことやってられるか!手っ取り早く優しい男だと思わせるには、犬や猫の写メを一枚持っておくだけでいい。
「ほら、これカワイイっしょ」
女とは、動物を愛でる人=女性にも優しい人と思い込む生き物なのだ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
タグ

摘発されないのが不思議な喫茶店

0104_201802271956427ff.jpg 0105_20180227195643a84.jpg
ここ「かんなみ新地」には30軒ほどのちょんの間があり、店の入口で顔見せをしている。20代後半〜40代の嬢が多いのだが、ときどき客引きの婆さんからこんな囁きを受けることがある。
「お兄ちゃん、ちょっと聞いて。いま学生さんがいてるんや。ホンマやで。急いだほうがええわ」
学生さんとは何を意味するのか? そこはオレの口からはとても言えない。
通りをふらふら歩いていれば、一日に一回はどこかの婆さんに言われることだろう。オレは怖いから入ったことはないが。
ロリ系の女の子が多いということで呼んだのだが、残念ながらホームページの写真は3割増しに修正されているらしく、ギャル系の子がやってきた。しかしその子がオカシイのだ。ホテルに入ってくるなり「ああ〜楽しい」と言い放ち、ベッドに倒れこんだ。どうしたのかと聞けば、「これ、一緒にやろうよ」と言う。カバンから取り出したのは怪しい小瓶だ。合ドラというヤツらしい。
 オレは飲まなかったが、彼女のほうはけっこうキマっていたらしく、何も言わずに本番ができてラッキーだった。後日、また同じ店の別の子を呼んだときも、こう言われた。
「お客さん、合ドラって知ってます? チョーエロくなりますよ」
 やはりヨダレを垂らしながら目の焦点が合っていない子で、この子もエロエロだった。なんでも、この店では合ドラが流行ってるというではないか。その後3人別の子を呼んだが、そのうち2人は合ドラを持ってきた。なんのつもりかわからないけど、他のデリよりエロいプレーができるので良しとしよう。
昨年の夏に大量の新人が入って話題になったピンサロだが、その中になぜか異様に若い子たちが含まれている。オレが聞いたかぎりは5人もだ。出勤が週末に限られている彼女たち目当ての男で、店は結構混んでいる。日によっては出勤嬢のほとんどがその子たちの場合もある。とんでもない話だ。
オフィス街にあるこの公園は、土日になると異様な子たちが現れる。一人でポツンと植え込みに座る子や3人で座ってダベってる子たち。どういうわけだか、彼女たちはある種の声かけを待つためにここに集まっているのだ。オレの友人がナンパのノリで声をかけたときは「そんなんいいからお小遣いちょうだいやぁ。そこのホテルで」とラブホを指差した。おそらく高校生にも満たない子が、だ。危険すぎてオレなんかは近づく気すら起きない。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
タグ

マンション高層階も覗きのターゲットにされるぞ

0060_20180227170442275.jpg 0061_20180227170441f70.jpgアイフォン仕様の長~いスコープまさかこんなところに!?
マン喫でノゾキをやらかす人間たちが、「配管用スコープ」という類の撮影機器をよく使っている。自由に曲げて固定できる細長いアームの先端に小型カメラが付いているため、個室の上部スペースから隣の席を盗み見るときに使い勝手がいいようだ。配管用スコープにはいろんな種類があるが「TUNEWEAR Snake Cam」というカメラは、アイフォンに接続して映像を保存できるため人気が高い。やっかいな商品だ。スカートの中を盗し撮りするために傘が使われている。キャップの中に小型カメラが取り付けられた形状のもので、女性の足元にほんの少し近づけるだけで撮影できてしまうのだ。この特殊なカメラはオーダー品で、インターネットで『小型カメラ、オーダーメイド』と検索すれば製作業者はいくつも出てくる。怖い世の中だ。
民家ノゾキというと、一軒家が狙われやすいイメージがあるせいか、マンションの高層階に住む人たちはつい油断しがちだ。こんな高いところまでよじ登ってくるバカはいないでしょと。しかしそれは大きな間違いだ。たとえばマンションの建設現場などは、ノゾキ魔にとっては格好の場所となる。作業員が帰った夜に忍び込んで工事用の足場を上っていけば、周囲のマンションの窓を一望できるからだ。そして、近隣マンション住人は目の前の建物が建築中、つまりまだ人が住んでいない状態だからと無警戒にカーテンを開けっ放しにしているケースが多い。実は見ず知らずの変態に、毎夜ノゾかれまくっているとも知らずに。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
カテゴリ
タグ

こんなところに格安ブルセラが

201511_000058.jpg
最近テレビCMもやりはじめた「ジモティー」というサイトがある。ここではいらなくなった家具とか日用品などなど、ありとあらゆるものがタダ~格安で出品されている。捨てるぐらいなら誰かもらってくださいってなコンセプトらしい。で、オレみたいな特殊な人間にとって今、一番熱いサイトだ。なぜか。いわゆる使用済みの女性服などが相場の半額程度で買えてしまうからだ。
 たとえば、こんなもの。
〈高校卒業するまで3年間着てきた学校制服です 1万円〉
 さらにはこれ。
〈半年ぐらい使ってたハイソックスです。洗ってないので汚いですが… 500円〉
 おわかりだろう。昔のブルセラ的な使い方ができるサイトなのだ。中には自分のプリクラとか顔写真を載せてる子もいたりするのでいろんな意味ではかどるというか…。とにかく安く調達できる点が優秀だ。サイト内の検索窓に「ソックス」「制服」「ローファー」などとキーワードを入れれば目当ての商品が見つかる。中には「新品未使用」と書かれていても、やりとり(サイト内メール)の途中で『実は使用済みなんですけど大丈夫ですか?』などと言ってくる女の子もいるので、とにかく質問メールをバンバン送ってみるのがコツといえばコツだろうか。さすがに下着なんかはほとんど出品されてないが、中には出品者と仲良くなって個人交渉するオレみたいな男もいる。

自治体が男女の出会いを斡旋する場でセフレを作る

201502100.jpg 201502101.jpg私の方法、まったく脳みそを使わず、使うのは身体だけです。あらかじめ言っておきますが、20〜30
代前半のきっちりした女性は相手にしてませんのであしからず。狙うのは30代なかば以上のブサイクさんだけです。でもいいんです。あのコたちが喜んで私のちんぽを咥えてくれるのですから。
方法は、フリータイム中に女性の手を握ること。これだけです。決して彼女たちを口説いて手を握っているのではありません。世間話をしながら手を握るきっかけを探すのです。「腕細いね、腕相撲
したら絶対負けそうだね」といってギュッ。
「そのネイル、派手すぎるからスタッフに見つかったら退場になっちゃうよ?バレないようにテーブルの下に隠しておこうよ」でギュッ。その意味では握るというよりも掴む、といったほうが正確かもしれないです。とにかく手を握り続けることが大事なんです。
これに抵抗のなかった女性はその日のうちに間違いなくベッドにゴロンとしてくれます。ホテル前のグダもゼロ。手を握る時もそうですが、強引になんでもできちゃうのでついついセックス中いじめすぎちゃうんですが、まあそれは許してください。なにごとにも従ってしまう気の弱い女、断れない女というのはもっとも性奴隷の候補になりやすい。事実、俺が現在抱える性奴隷は全員このような特徴を備えている。では、彼女たちをどこで捕まえてきたのか。答えは路上である。街中やエレベータなど、人ごみの多い場所でわざと女にぶつかるのだ。ただし、俺が仕掛ける相手は不美人の女性のみ。綺麗な容姿の女性にアタックできる男などまずいないだろう。この作人を相手とするから成立するの戦、不美だ。合、女たちの反応わざとぶつかった場はおおむね三種類だ。
1 無視
2 イラつく
3 謝る
俺がターゲットにするのは三番目の謝る女。すぐに近づき、そこからはいわゆるナンパとなる。ナンパといっても尻込みの必要はない。相手は不美人で、しかも先ほどの「非がないのに謝る」ことで、気が弱いことが証明されているのだから。サエない俺も、この方法だと本当に臆せず声かけできているので、みなさんもお試しあれ。もちろんセックスまでこぎつければ、この種の女は面白いように従順になる。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
タグ

拾ったエロ写真を自分のハメ撮りにして出会い系タダ遊び

201511_000051.jpg 201511_000052.jpg
ワクワクメールに「投稿画像」なるコーナーがある。ここは主に女性ユーザーが自分のエロ写真を投稿して、男性に見てもらうことを楽しむ場だ。男の俺もここに投稿している。理由は投稿写真を閲覧されて、評価(「凄く良い」「良い」「次に期待」の三段階)されることで、サービスポイントがもらえるからだ。これは普通カネを出して購入する有料ポイントと同様の価値を持っており、メールなどをするときに使えるものだ。俺みたいなおっさんの写真を見てくれ、さらに評価してくれるヤツなんていないと思うことだろう。そもそも彼女がいるわけでもないし、オリジナルエロ写真なんてものは持っていない。だから、エロ写真をネットで拾ってきて、それっぽいタイトルをつけて投稿している。たとえばこんな感じで。
〈ワクワクで会った25歳ナースのおっぱい〉
〈このサイトで会った女の子に股間写真撮らせてもらいました〉
 こんな風に期待を煽るタイトルならば閲覧されやすい。
 一枚投稿することで、およそ5~10ポイントが入ってくる。写真投稿は1日10枚までなので、およそ7~80ポイントは入ってくる。普通にポイントを買おうと思ったら千円で100ポイントなのだから、この手法、結構オイシイ。出会い系で知り合った女と遊んでると「プリクラ撮ろうよ」なんてことを言われる。めんどくさいけどセックスのためと思って嫌々付き合ってあげるんですけどね。
 あるとき、やっぱり出会い系で会った20才の子もプリクラを誘ってきました。それで普通に撮影ブースに入るのかと思ったら、なぜか取り出し口(撮影後にプリクラが出てくるポケットみたいなの)に手を突っ込んだんです。
「…なにしてんの」
「知らない? ここの奥のボタン押すとテストモードみたいになって、タダで撮影できちゃう」マジ? 彼女によればその穴の右側から手を
突っ込むと奥にボタンがあり、それを押すそうだ。女子の間では有名な方法らしく、カネのない女子高生なんかはよくやってるんだとか。
 そこからわずか数秒。ボタンを押せたのか、ブースの中ではすでにフレームを選択する画面になっていた。で、撮影して、これまた普通に完成したプリクラが手に入った。
 これができる機種ってのはいちおう限られてるみたいだが、『美写シリーズ』『らくパラ』などの有名どころでは可能だそうだ。ま、男のオレはそんなことすることないだろうけども。

性感マッサージに持ち込み合法的にセックスする方法

SnapCrab_NoName_2018-2-26_17-21-50_No-00.png
整体師が女性客にワイセツ行為を働いたとして逮捕される事件が頻発している。そのほとんどは治療と称して尻やアソコを執拗に触りまくった挙げ句、警察に駆け込まれるパターンだ。近ごろ、整体治療院が舞台のエロDVDが一部で人気を博しているが、もしああいった作品に触発されての行動だとしたら相当な大バカ者だろう。同じ整体師として情けない限りである。
職業倫理を振りかざそうというのではない。逮捕された連中のやり方があまりにヘタっぴと言いたいのだ。客にエロいことをしたいなら、治療だ何だと変にごまかさなくてもいいのに…。俺の手法は、整体を受けに来た客に、施術の途中で「性感マッサージコース」を勧めるというものだ。
もちろんそれには相手が落ちやすいタイプかどうかを見極める必要がある。判断材料となるのは以下のアクションだ。
うつ伏せになった客の足をふくらはぎから太ももに向かって揉んでいき、尻との境目まで来たとき、偶然を装ってアソコの辺りを服の上から親指でこする(客はひざ丈のガウンと短パンに着替えてい
る)。あくまで自然に、スーッと軽くなぞるように。それを何度か慎重にくり返してからこう尋ねる。「お尻の方はマッサージしますか?」ここで「はい」と答えれば見込みあり。入念に尻肉をもみほぐし、意識をエロに向かわせる。逆に「結構です」と断る客はエロ方向へ向かう可能性ゼロなので、すっぱりとあきらめるのが鉄則だ。
第一段階を突破したら、お次の標的は胸である。ろっ骨やわき腹のあたりを指圧しながら、またも偶然を装い指先で乳首に触れる。不快な反応がなければ少しずつタッチの頻度を増していき、頃合いを見計らって確認だ。
「胸の方はどうされます?」
イエスなら何食わぬ顔でガウンの上からモミモミして、とどめに性的興奮をうながすツボを刺激する。位置的には卵巣よりやや上のあたり。そこに指の腹でグイグイ圧をかけてやると、大抵の女は胸モミとの相乗効果でトロンとなる。本題を切り出すのは、このタイミングをおいて他にない。
「お客様、実は当店、性感マッサージもやってるのですがいかが致しましょうか?」驚くなかれ。この段階で「お願いします」と答える率はほぼ100%と言ってよい。いや、正確には拒否する客も2割程度いるが、そういう連中でも、後日、店にやってきて性感を希望するケースが大半なのだ。最初はどうにか理性が働いても、いったん火のついた欲望は簡単に消えないものなのだろう。ウチの治療院にやってくる客の男女比は2対8で、女性の年齢層は10代から70代と幅広い。そのうち性感マッサージの常連は全体の3割で、数にすると15人程度か。半数以上は30代〜40代の主婦が占めている。ご想像のとおり、ダンナとセックスレスの連中が有り余る性欲を満たしに来ているというワケだ。ちなみに性感の料金は30分4千円。当然、整体料金(60分6千円)とは別の請求となる。性感の内容に関しては、これといって特別なテクニックは使ってない。皆さんが普段やってるのと同じ、指や舌を使ったごくフツーの愛撫がメインである。
ただし、客の感じ方はハンパじゃない。置かれた環境が非日常的だからだろう。5回、10回と連続でイきまくったり、クジラのような潮を噴き上げて施術台をぐしょぐしょにしたり。治療院は完全予約制で他の客の目を気にする必要がないこともあり、とにかく皆さん、思う存分はっちゃけてくれるのだ。毎度こんな調子なので、一通り性感マッサージが終われば、こちらから催促せずとも自然にセックスは始まる。まさに趣味と実益を兼ねた夢のような仕事といえよう。中でもここ最近、もっとも興奮したのは35才の主婦だろうか。ロングの黒髪がよく似合う清楚な雰囲気の持ち主で、女優の小西真奈美によく似た公家系美人である。ウチの治療院の常連客である友人から噂を聞いたという彼女は、はじめて俺と対面するなり、おずおずと話だした。
「あの、ちょっと恥ずかしいんですけど、実は私、不感症みたくて…」
「はあ」
「それをチラッと友だちに相談したら、ここがいいよって勧めてくれたんですけど…」
要するに、いまだ味わったことのないアクメの味を教わりたいというのである。正直、プレッシャーだったが、いざコトに及ぶとそんな心配は無用だった。彼女、感じまくりなのである。アソコを舐めても、指を突っ込んでも、チンコをぶち込んでも。
「ああーっ、やだスゴイ。ああん、どうしよう!」
俺があらゆる性感系のツボを駆使したというのもさることながら、自らの意思で性感マッサージを受けに来たというシチュエーションそのものに興奮したのだろう。なにせダンナ以外の男とセックスしたのはこれが初めてだというのだから。
「ダメダメ、怖いよ。頭が真っ白になっちゃうよぉぉ〜」
こういう貴重な経験をするたびにつくづく思う。ワイセツで捕まるような整体師はアホです。

ハプニングバーでいろんな女と乱交したいならば

201507048.jpg201507049.jpg 201507050.jpg 201507051.jpg 201507052.jpg 201507053.jpgハプニングバーはセックス好きの集まりなのだから、初心者は思いがちだ。行けば簡単に女とヤレると。確かに正論だ。ただしそれは、人並み以上のコミュニケーション能力と積極性があればの話である。では、恥ずかしがり屋の口ベタ男はどう振る舞えばハプバーを満喫できるのか?

出会い系にアイドル顔の可愛い子がいたから会ってみたぞ

201507120.jpg 201507121.jpg
出会い系女がニセ写メを使う場合は、プロフに顔写真を1枚だけ載せてくるのがこの世界での常識です。ネットで集めるにしても、それっぽい構図はひとりにつき1枚しか見つからないのでしょう。そこでこの女です。かわいい写真が2枚。しかもいかにも出会い系用に撮ったっぽい。ということは、ひょっとして本人? こんな子がホテルに行きたいって?期待を胸に2万でアポり、いざ現場で電話を。「着いたよーどこ?」
「花壇に座ってます」
「んーっと、どこかな…」
スマホを耳にあてながら植え込みを順次みていきますが、あのアイドル顔の子は見当たりません。と、すぐそばから声が聞こえました。
「サイトの人ですよね? こっちこっち」
 宜保愛子みたいな顔の三十路の女が手を振っています。うすうす予期はしていたものの、なんたるオチでしょう。
 いったい彼女はどうやって2枚のかわいい写真を探してきたのか。その謎は解明できませんでしたが、とりあえず男性は、写メ2枚程度で信用してはならないことを肝に銘じておきましょう。

女を落とす適切なアドバイス

0068_2018022521231825c.jpg 0069_20180225212319c3c.jpg
あなたに興味がないのではなく、探りを入れてきているものと認識しよう。だから正解は「オレじゃ駄目なの?」となるが、ポイントはすぐに話題をそらすこと。しつこく問いかけるのではなく、あくまで好意を持ってるんですよとジャブを放っておくだけでいい。
「オレは結婚なんか考えたことない」なんて言ってしまうとその場で終了する。でも「オレもすげー結婚考えてる」だと後々面倒が起きる。よって正解はこちら。
「俺も前カノと結婚考えたことあるよ」
 要するに、結婚もアリな真っ当な男だとさえ思わせればよい。これは簡単。女のすべての意見に対し同調しておけばいい。
「あー、俺もそれ好きなんだよ」
「え、あの映画面白くなかった? 俺もダメだったなー」
 女との会話において、自分の本当の趣味趣向を伝える必要などからっきしない。そうしておいて、ところどころ「気が合うね〜」を連発しておけば、2人の相性はピッタリということになる。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます