2019年01月の記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2019年01月

ふにゃチンはむりやり突っ込もうとしても跳ね返されます

0110_20190131234400b3e.jpg 0111_20190131234401663.jpg 0112_201901312344022f1.jpg 0113_201901312344042a6.jpg電車で移動中、目の前に座った巨乳ちゃんの 兵庫・不動産業胸元が気になりつつも、視線が気になってじっくり見れないことってありますよね。どんなに見たくても、社会人として、見識ある大人としてガン見するのはさすがに憚られます。見たいけど見れないそのもどかしさ。あのおっぱいを気兼ねなく見続ける方法があったら嬉しくないですか?
その悩み、イヤホンがあれば解決できるんです。耳にはめたイヤホンを手で押さえ、眉間にシワを寄せてみましょう。そしてそのまま視線は巨乳ちゃんの胸元へ。どうですか。どこからどう見ても、「イヤホンから聞こえてくる音に集中している人」でしょう。私はいつもこの表情とポーズで視姦しています。ヨメさんと一緒にいるときに、携帯がブルルル。うわ、浮気相手や。出んとこ出んとこ。
「あんた、なんで出ぇへんの?」
「いや・・・」
「なんでよ、女からちゃうの! 見せてみ!」
こんな事態を避けようと電源を切っておくのも不便だし、男の名前で登録しておいても出ない理由が見つからないし。ベストは、女の名前の後に「勧誘」の一言を付け加えておくこと。「佐藤勧誘」「鈴木勧誘」。これなら表示を見て「ちっ、しつこいやっちゃ」とひとりごちておけば、画面を見たヨメさんも納得する。勧誘の種目は、保険や絵画ってことにしておけばいいだろう。 これまで裏モノでさんざん取り上げられてきたクサマン対策って、特殊な石けんやウェットティッシュなんかを使って、男側が処理するってものばかりだったけど、それって違うと思うんです。やっぱり一番は、クサマン女に自分のニオイを自覚させ、自らケアさせることじゃないでしょうか。
もっとも、デリケートな問題なのでストレートに伝えるわけにはいきませんが、漫画のようにやれば傷つける心配はありません。
カテゴリ
タグ

くぐるだけで死ぬと伝えられる鳥居

0230_2019013120294923d.jpg 0231_20190131202951fa4.jpg 0232_201901312029520e3.jpg 0233_201901312029541ed.jpg 0234_201901312029550d9.jpg 0235_20190131202957989.jpg 0236_20190131202958f6d.jpgくぐるだけで死ぬと伝えられる鳥居がある。その鳥居のある神社は、伝説の鬼、酒呑童子の首が埋められたと言われる首塚大明神、通称『首塚神社』だ。くぐっただけで死ぬとは穏やかじゃない。お参りに行った人は全員命を落とすとでもいうのだろうか。人間いつかは死ぬんだから、あながちウソではないが。
京都市内から亀岡市につながる峠道をしばらく進み、途中の山道を横へ折れると、車一台がやっと通れるほどの細い山道にでた。さらに奥へと突き進んでいくと、突き当たりの坂道に小さな鳥居がみえた。横には「首塚大明神」と書かれた石碑が。鳥居は思ったよりも新しくしっかりとした造りで、その上には大量の小石が並べられていた。大勢の人が願いを叶えに来ているようだ。みんな、死んでるってことだな。
ではさっそく、くぐらせていただこう。ひょい。反対側からもひょい。もう一回、ひょい。そらまた、ひょい。まだ死ぬ気配はない。生きてる間に、しばらくうろついてみよう。
目の前に続く石造りの階段を上ってみる。階段は途中で途切れ、すぐに大木の根っこに覆われた斜面になった。さらに上る。小さなほこらのようなものが見えた。あれが首塚神社の本殿か。あらら、また鳥居があった。しかも2つも。まとめてくぐりましょう。
ひょい、ひょい。引き返して、ほらよ、どっこいしょっと。まだ死なないな。一台のトラックが坂道を登ってきて、神社の前に停まった。
「お兄ちゃん、悪いけど車動かしてもらえんかな!」
近くの材木屋のじいさんが積み荷を運び出しにきたようだ。ちょうどいい。話を聞かせてもらおう。
「ここの神社なんですが、鳥居をくぐると死ぬって噂はご存じですか?」
「わはは、それは知らんのやけど。いつやろ、ワシここ来たとき、トコトコって上がっていきよったけどな」
なんだ、じいさんすでにくぐってんじゃん。元気そうに生きてるじゃん。
「よかったらもう一度一緒にくぐってもらえませんか」
「うーん、それはやめとくわ。ははは」
じいさんと別れ、車で5分の場所にある大きな霊園を訪れた。何か知ってる人がいるかもしれない。
受付のおばさん、そこの神社の噂知ってます?
「首塚さん、うんうん、そこのね」
「鳥居をくぐると死ぬって聞いたんですが」
「ううん、そんなことないよ。あそこはお参りしたら、首から上の病気が治るってとこ」
「え?」
「四月になれば神社のお祭りがあるから、いっぱい人来るんよ。みんなお参りしはるけど」
拍子抜けもいいとこだ。病気が治るなんて、まったく逆の話じゃないか。
カテゴリ
タグ

ローションは重宝するが持ち運ぶのは重くてカンベンだ

0107_20190131195531c48.jpg 0108_2019013119553327d.jpg 0109_20190131195534d5f.jpg僕は風俗が大好きです。これまで何度か性病をもらってるけど、奥さんにバレたことはただの一度もありません。それは、マンガの方法で抗生物質を調達して、医療明細をゴマかしてるから。「内科」としか載ってなければ、なんとでも言い逃れできますもんね。仮性包茎気味の男性なら知ってるはずだ。皮にチン毛がからみついたときに起こる、あのつっぱった痛みを。おそらく多くの皆さんは、ズボンの中にシャツを入れるフリをしながら、指先を使って絡まった毛をほどいているだろう。しかしそれ、知る者からすればバレバレだ。仮性包茎クンと白状してるようなものだ。スマートな方法を教えよう。まるで腰痛に悩んでいるかのポーズで、左右のヒザを順番に、ぐいっと内側にひねりながら持ち上げてごらんなさい。ほら、陰毛はスルリとほどけているはずだ。
カテゴリ
タグ

ナマでやったから性病が怖い。とりあえずの予防策はないものか

0104_20190131173536716.jpg 0105_20190131173537191.jpg 0106_201901311735394ea.jpg
既婚男性諸君。家に帰るのが憂鬱なときナンバーワンといえば、『セフレにうっかりキスマークをつけられた日』で異論はなかろう。アイツら、まったくしょうもないことしよるわ。いや、ワザとやってんのかな。たとえば胸にキスマークをつけられたとしよう。ファンデーションなんかで隠そうとしても、それは一時しのぎでしかない。家に帰るころにはシャツで擦れて落ちてしまう。かといって絆創膏を貼るような場所でもないし。そこでオレが使用しているのがタトゥーカバーだ。タトゥーを消すための特殊な塗料だが、これがキスマークにも効果テキメンときている。塗る方法はファンデーションと同様。こっちのほうがより肌の色になじみやすいとでもいおうか、パッと見た限りでは気づかれにくい。さらにこいつがオススメなのは、洗っても2、3日は塗料が落ちない点だ。万が一ヨメさんが風呂に入ってきても堂々と構えていればいい。この信頼度たるや、相当なものだ。
平日の昼下がりに女とラブホへ。フロントのタッチパネルで空き部屋をチェックしたところ、空いているのは値段の高い部屋が2つだけで、他はすべて埋まっている。くそっ、あんまりカネ使いたくないのに。今後もし似たような状況に出くわしたら、素直に高い部屋をえらぶ前に、まずフロント係に尋ねてみるといい。
「持ち合わせが4千円(安い部屋の料金)しかないんだけど、他の部屋いつ空きますかね?」
ラブホ業界には、平日のヒマな時間帯に限り、わざと安い部屋を満室表示にして、高い部屋から順に埋めようとする慣例のようなものがある。カネのない客を装えば、よそへ逃げられるよりはと、安い部屋を空けてくれるものだ。
「10 分ほどで清掃が終わりますのでお待ちいただけますか」とかなんとか偽って。
カテゴリ
タグ

背の低いチョッパー人形と記念撮影するパンチラ女子

0081_20190131131319276.jpg 0082_20190131131320cc4.jpg 0083_20190131131322c6d.jpg
この、家族連れやカップルで賑わうテーマパークに、独身彼女ナシの俺が足しげく通うワケは、一つしかない。次から次へと面白いくらいパンチラが拝めるからだ。向かうべきは、園内の広場にあ
る、人気マンガ『ワンピース』コーナー。主要キャラの等身大人形が展示されており、記念撮影する客が後を絶たないのだが、そのうちのひとつ、チョッパー人形だけは極端に背が低い。こいつと並んで撮影するにはどうしてもしゃがむ必要がある。それがミニスカ女なら、すばやく撮影者の後ろに回り込むまで。はいチーズ、チラ。てな状況が延々とくり返されるわけだ。
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます