2019年07月の記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

月別アーカイブ:2019年07月

  • 2019/07/31その他

    自分で言うのも情けないですが、まったくモテません。クラブによく行くので服装や髪型はそれなりにしてるんですけど、それでも友達ばかりがナンパされて、私には声がかからないことがほとんどです。親友のミ力といつものようにクラブに行ったときのことです。入ってすぐに2人組のミ力はまんざらでもない様子で話をしていますが、私はぜんぜん楽しくありません。だって、2人とも私には話しかけてこないのだから。男の子が声をかけて...

    記事を読む

  • 2019/07/31その他

    シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりましたシャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った...

    記事を読む

  • 2019/07/31ハッテン場ゲイ同性愛

    新宿2丁目には、世にも恐ろしい場所がある。ゲイ専用のハプニングバ—だ。重要なことなのでもぅ一度言ぅ。ゲイ専用の「ハプニングバ—」である。公園やサウナなどの公共のハッテン場と異なり、ここへ立ち入ることはすなわち「自分、ヤル気マンマンのゲイです。ハプニング大歓迎です」とアピールすることに他ならない。たぶん、無傷での帰還は望めない。でもせめて、せめてアナル処女だけは死守するつもりっす〇目的の店は、2丁目メ...

    記事を読む

  • 2019/07/31エロ漫画アダルトコミック

    この仕事、半年に2 回だけ棚卸しがある休みの日に行うので担当者と2人きりになるまたとないチヤンスだあの2人不倫してた上に、オフィスラブをハメ撮ってたのかあ普通に考えればそんなものを机に置いておくわけないのに。このハメ撮りも使えるなやはり県庁の女は世間知らずのようだ...

    記事を読む

  • 2019/07/30援助交際・パパ活

    このア—ケ—ド、1年を通してウリをやってる女がちょろちょろいるのですが、夏はその数がグンと増え、女の子のレベルもアップします。ちなみに交渉時はススキノの激安ソ—プの話題を振ると、値段が下がりやすいです。わんさかエリア通りを一本裏に入った路地実はこの近辺、数年前まではどうってことない繁華街でした。ロクな飲み屋がないうえ、ヌこうと思っても、しようもない裏風俗があるだけ。でも最近「大門横丁」というオシャレな...

    記事を読む

  • 2019/07/30裏情報

    全国各地で行われているフリ—マ—ケット。もちろん夏だけのイベントではないが、夏は夏の楽しみ方がある。チラリズムだ。出店者たちは道路や公園にシートを引き、商品を並べ腰かける。客はその脇を歩きながら、商品を物色する。つまり、そこには高さのギャップが発生する。座っている女性を斜め度の高さから見下ろすことにより、胸元が容易にのぞける。これは薄着になる夏だからこそ有効なのだ。ただ歩いているだけでもチラはゲット...

    記事を読む

  • 2019/07/30エロ漫画アダルトコミック

    こいつはテニスサークルの後輩ミドリイケメン好きなようで俺なんかは相手にしてくれない彼女の部屋の配置がおおよそわかってきた...

    記事を読む

  • 2019/07/30裏情報

    海やプ—ルでいちばん目を奪われる水着は白ビキニです。もう、これは誰が何と言おうと間違いない。下着を連想させるってのもその理由ですが、なによりホワイトは肌やスジをくっきり浮かび上がらせるんですね。...

    記事を読む

  • 2019/07/30裏情報

    ちょいと前に、女子のあいだでノーブラが流行ってる外国のセレブはみんなノーブラだみたいなニュ—スを見たんですそんなワケあるまいと思ったんですがさてどうなんでしょう私たちも開放的になりますねうん、信じることにしましょう特に電車のつり革につかまってる腕は、必ずチラリしちゃいます...

    記事を読む

  • 2019/07/30援助交際・パパ活

    何を隠そうオレは「中国人女」が大好きだ。就職してすぐ中国パブにハマり、立ちんぼやマッサージにも手を出し、それが高じて、年数回は実際に中国に行き女を買うようにもなった。中国に行くと同じような趣味の日本人にときどき出会う。そこで仲良くなったのが、上海在住の男、Aだった。ヤツも中国人女に魅せられ、あげくの果てに移住してしまったほどの筋金入りだ。そんな彼がある日言いだした。「一緒に芸能プロダクションをやら...

    記事を読む

AKBのメンバーってふりしてモテようとする女

SnapCrab_NoName_2019-7-31_7-35-51_No-00.png
自分で言うのも情けないですが、まったくモテません。クラブによく行くので服装や髪型はそれなりにしてるんですけど、それでも友達ばかりがナンパされて、私には声がかからないことがほとんどです。
親友のミ力といつものようにクラブに行ったときのことです。入ってすぐに2人組のミ力はまんざらでもない様子で話をしていますが、私はぜんぜん楽しくありません。だって、2人とも私には話しかけてこないのだから。
男の子が声をかけてきました。
「テキーラおごっちゃうよー。あれ、キミも飲む?」
その表情、私こときにはおこりたくないってことですかね。
「ミ力、ちょっとトイレ行こっ」
ミ力をトイレに誘い、私は愚痴りました。
「ねえ、私だってモテたいよ」「大丈夫だって」
「あのさ、私、AKBのメンバーってことにしてもらっていい?」「えっ」
「芸能人だったらモテそうじゃん」「うまくいくかなっ」
バレない自信がありました。私も大ファンのAKB4Bは、人数が多いためこの私でさえも名前と顔が一致しないほどで、しかも研究生と呼ばれる子たちもいるので、一般の人がメンバーを完壁に把握しているなんて考えられません。
それにあのグループなら、私みたいな地昧目の子がいたっておかしくないし。トイレを出た私たちはすぐ芝居に取りかかりました。
「ほんと、メンバー管理するのも大変だよねー」
「うん、もう辞めたくなるもん」
ただならぬ会話に男どもが食いついてきます。
「なになに、どうしたのっ」「実はね由香里、これ言ってもいいのっ」
少し悩んだフリをしてうなずくと、ミ力は小声で言いました。
「由香里ね、AKBなんだ」
「えええー」
二人は目をギョッと見開き、私の顔を見てきます。
「マジっ本物?」「ウン、あっ、あんまり大きい声出さないでねっ」
「え、名前は?」「熊川由香里だけど」「へえ」
本名なので、携帯で細かく検索されれば嘘がバレるけど、クラブ内でそんな面倒なことするわけありません。ともかく彼らは信じてくれたのか、先ほどとは明らかに態度が変わってます。
「テキーラ飲んでよー今日は朝まではっちゃけよー」
おかげでドリンクは飲み放題。
「仕事の話はできないから」と牽制しておいたので嘘も発覚せず、私たちはずっとチヤホヤされ続けたのでした。芸能人って気持ちイイー
この方法で男におこってもらえることがわかった私たちは、さらに細かい設定を考えクラブへ繰り出しました。フラフラしていると、さっそくチャラ男2人組みが話しかけてきました。もちろんこの時点ではミ力がターゲットです。ミ力が適当に話をしている間に、私はトイレに駆けこみ、数分後戻ってきます。
「またマネージャーから電話?」「そう、ホントうざいー」
食いついてきた男たちに、ミ力が私をAKBのメンバーだと紹介します。
「ウソだーッえ、名前はっ」「え、金子だよ」
このメンバー、数年前に研究生として在籍しており、現在は脱退しています。もしネットで検索されても名前は出てくるけど写真は出てこないレベルなのでちょうど具合がいいのです。
「スゲー、芸能人だーー」「うん、なんかお腹空いちゃったなあ」
「マジ?じゃあメシでも行こうよー」
チャラ男たちはクラブを出ると、高級焼肉店に連れて行ってくれました。
「ねえねえ、AKBってみんな仲良いのっ」
「うーん、まあまあ。友里子と恵利はしょっちゆうバトつてるけど」
「46人もいたら大変だねっ」「正確には100人以上いるよ」
ファンしか知らないような情報を小だしにしながら肉を食べまくり、お代は4人で6万円弱。店を出た私たちは「マネージャーから呼び出しだ」といって逃げ去ったのでした。嘘みたいな話ですが、この作戦は本当に効果的で、毎週のように男たちが引っかかっては2万円のお寿司や5万円のシャンパンを著ってくれました。
カテゴリ
タグ

刑務所から出てきたばかりの女は性欲がタマってる!?

SnapCrab_NoName_2019-7-31_7-30-59_No-00.png
シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりました
シャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。
塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った体をどうにかしてえ、と。
以前、そんな話を知人から聞いて、目からウロコがーダースほどこぼれ落ちた。そうだったんだ。なんで今まで気がつかなかったんだろ。これって、ムショを釈放された女をナンパすればホイホイついてくると考えられるよねっヤリ放題だよね?だって相手は、性欲マックス状態なんだし。
鼻息あらく作戦を開始したものの、成果はまったく上がらなかった。栃木刑務所では、毎週水曜日の午前9時過ぎに、仮釈放となった女たちが正門から出てくる決まりになっている(広報に電話をかけたらあっさり教えてくれた)。
おれとしては、まず門の外で待ち伏せをし、手ころな女に声をかけるつもりだったのだが、見事に目論みが外れてしまった。どの女も出迎えに来た家族の車に乗ってしまうため、接触すらできないのだ。ま、考えてみれば当然の結果かも。
だけど全員が全員、身内の出迎えがあるとも思えない。諸事情のため、ひとり寂しくムショを出ていく女だっているはずだ。辛抱強く作戦を続行して3週目、ついに待望の瞬間が訪れた。正門からトボトボと現われた、ひとりの若い女。スッピンの顔と両手にぶら下がった紙袋は、まさしく彼女が釈放されて間もないことを証明している。
見た感じ20代後半ってとこか。しばし観察を続けたが、やはり迎えが来る様子はない。あいにくの小雨模様のなか、女は傘もささず(持ってないのだろうが)刑務所そばの国道に出た。タクシーでも捕まえる気だろう。逃がすか。
「ねえねえ、どっか行くなら送ってこうか」
女のそばに車を停め、声をかける。驚きの表情を浮かべた彼女は、やや間を空けて口を開いた。
「…野州大塚駅に行こうと思って」「お安い御用だよ。乗って」「えーでも」「ここ、あんまりタクシー通らないよ。洋服も濡れちゃうし、ほらはやく」「…あ、うん」
第一関門突破ー
女を車に乗せてからファミレスに誘うと、あっさりOKの返事が出た。口数こそ少ないものの、どこか楽しそうに見えるのは、やっばチンボに飢えてるからなのか。力レーをパクつきながら何気なく聞いてみる。
「あんな何もないところで何してたのっ」「ん、まあ、ちょっとね」
さすがに初対面の人間に「ムショかり出たばかりなの」とは言わないか。歳は27とのことだが、いったいどんな罪を犯したのやら。あらためて、女の様子を観察する。コケシみたいなのっぺり顔は57点だが、推定D力ップの乳はなかなか操みこたえがありそうだ。外見上から、彼女がムラムラしてるかはわからない。というか、先ほどからおれの話などうわの空でパフ工をほおばってるってどういつことよ?夢にまで見た(ハズの)『オトコ』が目の前にいるというのに
「いま彼氏とかいるのっ」「ずーっと前にわかれた」
「ふうん。ところでこのあと予定とかあるの?」
「タ方までに干葉に行かなきゃいけないんだよね」
「それまでヒマなんだっ」
「そうなるのかなあ」
おやおやーっこれって暗に誘ってるっムラムラきてるわけっ
ファミレスを出て、そのまま国道沿いのホテルに突入した。女の顔に抗議の色はない。ただ黙ったまま、紙袋のヒモを弄んでいる。ひさしぶりのことで緊張しているのかと思いきや、部屋に入ってキスをかますと女は急に積極的になった。ちぎれそうになるほどおれの舌を吸い、はげしく抱きついてくるのだ。案の定、パンツをはぎ取った股間はグショグショに濡れている。うれしくなり、クリトリスを思い切り証め回す。
「うっ、うううう、やだあ、あはあ」いいねいいね。んじゃ、お次は手マンをば。
「くーーーーー、あはあ、うううっ」
押し殺したような端ぎにド興奮。辛抱タマらず、仰向けにした女に思いきり挿入する。ブスリ。
「んーーーーーー」「気持ちいいのか、えっ感じてるんだろっ」
「うん、気持ちいい。気持ちいいのーー」
女は一度イってからも、しつこくチンポをくわえ、挿入をねだった。その様は、まさにセックスマシーン。いやーうれしいっす。努力が報われて。
「アタシさ、実は今日、刑務所から出てきたの」
汗だくでベッドにぶっ倒れてるおれに、突然、女が語りはじめた。やはりといっか原因はシャブで、今回が3度目の懲役だったという。累犯者ともなるとこんな告白など慣れっこなのだろう。
「へえ。じゃ、やっばタマってたの?」
「じゃなきゃ、わざわざついて来ないっしよ」
女のことばを信じ、おれは現在もムショ前でのナンバをせっせとくり返している。が、以降の戦績は。勝3敗。ビギナーズラックだったんでしようか?
カテゴリ

ゲイ専用のハプニングバーでアナル処女を死守する

SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-41-27_No-00.png
新宿2丁目には、世にも恐ろしい場所がある。ゲイ専用のハプニングバ—だ。重要なことなのでもぅ一度言ぅ。ゲイ専用の「ハプニングバ—」である。公園やサウナなどの公共のハッテン場と異なり、ここへ立ち入ることはすなわち「自分、ヤル気マンマンのゲイです。ハプニング大歓迎です」
とアピールすることに他ならない。
たぶん、無傷での帰還は望めない。でもせめて、せめてアナル処女だけは死守するつもりっす〇
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-42-4_No-00.png
目的の店は、2丁目メインストリートから1本わき道に入った、雑居ビルの地下にあった。ふう〜。大きく深呼吸してからトビラを開ける。
「いらっしゃいませ〜」
店の奥からオネエ言葉が飛び、続いてガチムチ従業員が現われた。
「あら、ご新規さん?」
「はい。大丈夫ですか?」
「もちろん大歓迎よ〜。じゃあ服ぬいで」
「えっ、いま?な、なんで?」
「今日は裸デーだもん」
この店、曜日によって普段着デー、下着デーなどいろいろなドレスコードを設けているとのことだが、よりにもよって最悪な日を選んでしまったみたいだ。仕方なく、受付け前のロッカーでスッポンポンになった。ただし靴は履いておくよう言われたので、ブーツはそのまま。完全無欠の変態スタイルである。早くもブルーになりながら布の仕切りをくぐって奥へ。そこはタタミほどのスペースで、向かって左側にL字型のバーカウンターが、右側には2人掛けのベンチが配置され、さらに暖簾のかかった出入り口らしきものが2カ所ある。きっとその先には、いちゃいちゃスペースがあるんだろう。肝心の客は9人。メインで外国人の姿もある。もちろんみな素っ裸で、一見すると健康ランドの脱衣所のような光景だが、妙な圧迫感を覚えるのは、彼らが談笑しつつも常時チンコをしごいてるからだ。いつナンドキ起きるかわからぬハプニングに備えているのか。
男たちの刺すような視線を全身に受けつつ、おずおずとカウンター席に腰を下ろす。間髪いれずに隣の地味な男が話しかけてきた。
「あなた、カワイイわれ」
「あ、そうですか。ありがとうございます」
「モテるでしよ」
「全然ですよ」
「そうなの?ねえねえ、好きな芸能人って誰?」
反射的に「スザンヌです」と言いそうになり、慌てて飲み込んだ。イカンイカン。今日はゲイ設定なのだ。
「う-ん、キムタクですかね」
「やだもう。アナタ古すぎよ」
その後、他の連中ともちょこちょこつと会話をかわしたが、和やかムードは変わらなかった。てっきりピラニアのように襲いかかってくるのかと身構えていただけに肩透かしを食らった気分だ。ふと視線を感じて隣をみると、先ほどの地味男が勃起したチンコをうりうりと見せつけている。イスの上でM字開脚の体勢をとりながら、うっとりと。
「はあはあ、ほら見て。すっごくカタくなってきたの」
正視に耐えられず、席を移った。気を落ち着かせようとタバコをスパスパと吹かす。と、そのとき、二の腕に何かがコッンと当たった。ゾワッと寒気が走る。この熱くて堅い感触って…。
「ねえ、紙めてあげようか」耳たぶになま温かい息が吹きかかる。振り返れば、そこにはスキンヘッド男が。「あん、あん、あん」
「おおう、おおう、おおう」
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-41-52_No-00.png
「照れ屋さんなのね。じや後で、絶対ょ」
ヤベー。どうしよ。トイレから戻ると、様子が一変していた。終電時間を過ぎたためか、客の数がドッと増えている。座る場所が見つからないほどの混雑ぶりだ。
そして耳を澄ませば、大音量のテクノミュージックに紛れて聞こえてくる不気味な喘ぎ声。
「ァッ、ォォ、ゥッ」
ついに、いちやいちやスぺースでも宴が始まったらしい。
それも2人の声じゃない。少なくともその倍はいそうだが、中を覗くだけの来はまだ1ミクロンもゎ
ぃてこなぃ。
とにかく酔うしかないとビールをゴクゴクあおる。
そこへまた新たな男が近寄ってきた。
「はじめまして。俺、沖縄からきてるんだょね」
歳は20前半。爽やかな風貌の、いわゆるィケメンだ。さぞ女にモテそうなのにもったいない〇
「楽しいですか2丁目は」
「パラダィスだね」
男はニッコリと笑い、まるで握手でもするかのように俺のチンコを握った。あまりにも動きがで、避けるヒマさえない。
「あれ?フニャフニャだね。緊張してる?」
こちらの表情を伺うように、男の手がゆっくりと、しかし確かな技術でチンコをしごきはじめる。ス〜コ、ス〜コ。
いくらこすっても一向に勃起しないチンポに業を煮やしたのか、男は
「また後でね」と言い残し、いちゃいちゃルームに消えていった。
代わって現われたのが、先ほどのスキンへッドである。
「あなた、まだ奥に行ってないでしょ」 
「ぇぇ」
「一緒に行かない?」 
誘いに乗れば製われるのはわかりきっている。どころか他の連中にもオモチャにされて、蜂の巣になるだろぅ。でも、いちやいちやスペースこそがハプバーなんだしなあ。
よし、とりあえず行ってみるか。
ただし、入り口から様子を伺うだけ。
中には
:
入らん。
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-42-4_No-00.png
スキンへッドに手を引かれ、入りロの暖簾をまくつた。汗と精子の混ざった不快なニオィがプーンと鼻をつく
「あん、あん、あん」
「おおう、おおう、おおう」
目の前の光景は、ちょっと言葉ではいい尽くせない地獄だった。縦長の細長いスペースに男たちが重なりあっている。アナルに挿入してる幸頁ケシを掘られながら別のチンコをくわえる耳さらには挿入と被挿入を同時にこなす、トコロテン男までいる。いかん。頭がクラクラしてくる…。
想像を絶するカオスっぷりに、一気に腰が引けた。もう十分だ。巻き込まれんうちにとっとと帰る-つと。と思って、こっそり入り口から離れようとする俺の腕を誰かがガシっと掴んだ。え、ち、ちょっと!
「ほ〜ら、新入りくんがやっと来てくれたぞ」
「せっかくなんだから一緒に楽しみましょうよ〜」
拷問が始まった。四方八方からのびてくる手に乳首をつれられ、チンコをしごかれた。
悪夢は怒濤のように続く。例のスキンへッド男が、俺の足下にひざまづいたのだ。げ、まさか! 一
「いつただつきま〜す!」 
やられた…〇
ただただ気色の悪い汁気たつぷりのねっとりとしたフェラだ。
「ちょつと待つて。お願い、待ってください!」 
「気持ちよくないの?」
「いやそういう問題じゃなくて」
「だったらいいじゃ一ん」
他の男たちもどんどん仕掛けてくる。気がつけば、右手に見知らぬ男のチンコを握らされてるわ、大事なアナルをごつい指がツンツンしているわと、シャレにならない事態に追い込まれていた。
もぅ無理す、ガチ

【エロ漫画】県庁で働く真面目なOLとエッチできた体験談

0028_20180919134236539_20190815202618b6c.jpg0029_201809191342379e1_20190815202620e74.jpg0030_20180919134238c98_201908152026217f1.jpg0031_20180919134240cbb_20190815202623417.jpg0032_2018091913424141c_20190815202624560.jpg0033_20180919134243432_2019081520262640c.jpg0034_20180919134244022_201908152026274cb.jpg0035_201809191342468ef_20190815202629596.jpg0036_20180919134247c56_201908152026302c6.jpg0037_20180919134249c5a_20190815202632e7a.jpg0038_2018091913425032e_20190815202633bc1.jpg0039_201809191342521f8_201908152026355f9.jpg0040_20180919134253c98_20190815202636eab.jpg0041_20180919134255449_20190815202638e56.jpg
この仕事、半年に2 回だけ棚卸しがある
休みの日に行うので担当者と2人きりになるまたとないチヤンスだ
あの2人不倫してた上に、オフィスラブをハメ撮ってたのかあ
普通に考えればそんなものを机に
置いておくわけないのに。
このハメ撮りも使えるな
やはり県庁の女は世間知らずのようだ

夏になると援助交際女子が立ちんぼする場所

0106_201907302024596a3.jpg0107_201907302025015c0.jpg0108_20190730202503829.jpg0109_2019073020250421e.jpg0104_20190730202457034.jpg0105_20190730202458242.jpg
このア—ケ—ド、1年を通してウリをやってる女がちょろちょろいるのですが、夏はその数がグンと増え、女の子のレベルもアップします。
ちなみに交渉時はススキノの激安ソ—プの話題を振ると、値段が下がりやすいです。
わんさかエリア通りを一本裏に入った路地
実はこの近辺、数年前まではどうってことない繁華街でした。ロクな飲み屋がないうえ、ヌこうと思っても、しようもない裏風俗があるだけ。
でも最近「大門横丁」というオシャレな飲み屋街ができ街が活気づきました。夏の夜にはエンコ—女も出没します。裏風俗エリアへ続く裏路地を
のぞいて下さい。露出多めのファッションで向こうから流し目で誘ってきます。
青森駅前の電話ボックスに、エンコ—待ち女が入ってます。
かつて青森にテレクラがあつた時代、駅前から電話をかけていた女が多かったのですが、そのときの名残りか、女連中は電話ボックスで待機するのです。
雪国青森の場合路上にエンコ—女が出てくる時期はごく短い時期だけ。興味のある方はチャンスを逃さぬように。
仙台のネオン街から少し離れ遅い時間帯が狙い目です
普段はバパアしかいなけど、夏は20代も立ちはじめる。
若いのはすぐ売れる。見つけたらソッコ—で声をかけ近くのラブホへ向かいたい。7月上旬時点で、細身の金髪ウィッグギャルが確認されてます。
ひさご通りこの道の駅と国道13号を挟んだ向かい側にテレクラがある。
東京渋谷ドンキ前
夏の渋谷には、若い子がわんさか集まってきます。遊ぶ金をる女が増える。作るためにウリをやる女の子も連中の大半は、道の駅の駐車場からテレクラへ電話をかけている。ポイントはそこ。女が1人で意味なく車にいたらその手合いと思っていいだろう。駐車場で直接声をかけても、エンコ—に応じてくれる。チャレンジされたし。夜の時間帯、場合によっては駐車場で力—セックスに応じています。このドンキは、ラブホ街の入りロというロケ—シヨンのせいか、店の前がエンコー待ちスポツトになってます。ポイントは女のレベル。「キミがエンコ—やってんの」と思うような人間もザラ。上戸彩や北川景子クラスが本当にいます。ただし、未成年も多いです。注意しましよう。
歌舞伎町のエンコ—スポットでは「ハイジア」が有名ですけいつもはおばちゃんばかりでど、夏場はこちらもチエックしす。エンコ—というよりも立ちんぼスポットといったほうがいい
セミプロのような常連がゴロゴロいるハイジアに比べ、こちらはその日だけの単発厶スメが。
ただし、夏は若い子も現れます。上野あたりのエンコ—娘がこちらに流れてくるのです。素人セックスをちやんと期待できます。
ちなみにプレイ場所には、近所のレンタルル—厶を使うとリ—ズナブルです。
夏は路上にエンコ—女が増えるため、警察の目が厳しくなるのですが、下町のこのスポットは比較的それが緩いのです。
浜松では有名な立ちんぼスポツトです。夏場は他の市から遠征してくる子や外人もいます。
外人は南米系でノリがいい。沢尻エリカばりの半ケッパンツを履いてるうえ、夜間なら近くの健康ランド「バ—デンパ—デン」駐車場で力—セックスにも応じてくれます。
乗り換え駅になっているせいか、昔から駅前でエンコ—が盛んに行われてきました。しかし、近ごろは出会いカフェができ、路上に立つ子が減りました。それでも夏場は女の子が現れます。北口ミスド、マツキヨ、松屋前などをチエック。控えめなM字開脚座りでパンチラアピールしてたりするのですぐにわかるでしよう。
今年の京都は例年以上に観光客が入ってます。というわけで、繁華街四条河原町は大繁盛。この熟女立ちんぼスポットにもおばちゃんたちが増殖してます。
このスポットは、学生の夏休み期間に女の子が出没するんですが、未成年が多いだけに注意が必要です。友達とノリで3Pエンコ—しちゃうような子供がザラ。しかも、大人びてる子が多く、だいたい「
18だよ」とウソをつく。危なっかしいったらありません。
特に、なにわ淀川花火大会が開催される8 月上旬は、はっちゃけた未成年が多いです。くれぐれも気を付けましよう。
広島市内のエンコースポットには近ごろ福山市からの家出女が増えてます。警察の取り締まりにより、福山市の裏風俗が壊滅的になったからです。
夏に女が多くなるこのスポッ卜でも、同じような傾向が見られています。で、家出の連中は寝床の確保を兼ねてエンコ—してますから、「1万で朝まで」なんて交渉もザラに成立します。
かつては総額1万円の一発屋旅館が並んでいたのですが、近ごろは1 軒しかなくなりました。
それに伴い、立ちんぼが現れてます。
夏場はその数が増えます。プレイは近くのラブホを使うのですが、昔のなごりか、相場はホテル代込み1万円です。
女の子が立ってるところに、車を横付けして交渉するというドライブスル—形式のエンコ—スポットです( 車でなくてもアプロ—チは可能) 。
エンコ—スポットよりもナンパ色が強いため、声のかけ方が下品だと相手にされません。駅前の屋台の「久留米焼き鳥」を買って渡すくらいのノリで正解です。
佐賀方面からも女の子が来るこの人気スポット、駐車場内での逆ナンエンコ—もあります。辻町のソ—プ街が近くにある昼はすがすがしい公園ですが…
そこの料金相場1万6千円よりも安く女を買えるために、風俗好きの連中に重宝されています。
ここは更衣室、海の家だけでなく、なんと駐車場もない。海岸沿いの道路に路駐しながら、後部座席などで着替えるしかないのだ。国道135号線を流しながらチラつと見ることができる。
有名な海水浴場なので客が多いのだが、こちらも海の家•更衣室が設置されていない。着替えるためにわざわざ小さなテントを用意している人もいるが、強風でチラチラと中が見えてしまう。
静岡
林の中でごそごそ中野海水浴場
地元民しかいかないような海岸。海の家や更衣室などはないので、海の前に車を止めて車の陰で隠れてサーフィンやボディボードのウエツトスーツに着替える子が多い。
舞子水泳場
狭くて(一人1畳ないほど)人とぶつかる更衣室、シャワールームの料金(500円)がバカバカシイと、ケチる女たちが車や木陰で生着替えをはじめる。
着替え場所が極端に足りない
海水浴や潮干狩りでやってくる客が非常に多いのに対して、海の家はなぐ更衣室も10力所しかないから、並ぶ。自然と駐車場に隠れて着替えることになる。潮干狩りで疲れて車の後部座席で寝ている主婦も見受けられる。
津屋崎海岸
シャワールー厶の作りがしよぼいため(ボロボロのコンクリートに窓までついている)、駐車場や海岸の南にある木陰で着替える女が大量に民家の裏で一斉に
「青の洞窟」の名がついた有名なシュノーケリングのスポット。ツアーの参加者は事前に着替えているが、個人でやってきた人は、更衣室等がないので潜水地点すぐ横の岩場で着替えることになる。
透きとおる海として女性に人気のある海岸だが、更衣室は一つも設置されていない。駐車場も30台分しかないので、横にある民家の裏で地元の大学生グループなんかが一斉に着替えはじめる光景が見られる。
大原海水浴場
若者をターゲットにしたビーチで客も多い。それゆえ更衣室や無料駐車場もパンパンなので、近くの国道にあるコンビニの駐車場で着替える人が大量にいる。
京都市上京区
主に週末、付近のヨガ教室が「野外ヨガ」を開催している(男性の参加可)。が、御苑内には着替える場所がない。それを知らないでやってきた主婦などがトイレで着替えようとするが、これもいっぱいで泣く泣くトイレ裏の木陰で着替えることになる。

夏のフリ—マ—ケットはエロ女子のパンチラが楽しめる

0098_2019073019295019e.jpg0099_20190730192951716.jpg
全国各地で行われているフリ—マ—ケット。もちろん夏だけのイベントではないが、夏は夏の楽しみ方がある。チラリズムだ。
出店者たちは道路や公園にシートを引き、商品を並べ腰かける。客はその脇を歩きながら、商品を物色する。つまり、そこには高さのギャップが発生する。座っている女性を斜め度の高さから見下ろすことにより、胸元が容易にのぞける。これは薄着になる夏だからこそ有効なのだ。ただ歩いているだけでもチラはゲットできる。
しかしこれから紹介するつのテクニックで、その確率は格段にアップする。エロ女子わんさかエリア出品者はほとんどが地べたにブル—シ—卜を引き、洋服や雑貨などを並べている。胸チラを助長するには、彼女らを前かがみにさせればいいのだ。
「あのシャツ見せてもらえる?」こう言ってなるべく遠方にある商品を取らせることで、谷間からブラジャ—まで大開放だ。
フリマで胸チラを狙うのは、なにも出店者だけが夕—ゲットではない。そこに来ている女性客も薄着なのだから。こちらは店員よりも簡単で、女が喜びそうな洋服や雑貨が置いてあるブスをチエックしておき客がしやがんだ瞬間に隣に立てば一丁上がり。
最近のフリマではミニワゴンのような車の後部を開けて、商品を陳列する出品者も多い。この場合はとにかく車の奥にある商品を取ってもらおう。女は足をあげて車に乗りこみ、降りるときはしやがむ。最大のパンチラチヤンスだ。
新宿中央公園フリ—マ—ケット
みさと公園フリーマ—ケット
三郷市高洲3丁目地内近所に複数ある大学の子が出店している
花博鶴見緑地公園フリーマ—ケット
大阪市鶴見区緑地公園2-1637 
大きなテント内に日焼けを避ける女グループがあふれている
中島公園フリーマ—ケット
札幌市中央区中島公園
女性モノ古着のブースが多い
福岡エバーグリーンフリーマ—ケット
兵庫宝塚ガーデンマーケット
手作り市一宝塚市栄町1-1毎月第二、四土曜日
手作り市と銘打つだけありアート志向のブースが目立つ。作品について語らせながらあれ、これ、と遠くのものを取らせよう
愛知フリーマーケット
アピタ名古屋北店
名古屋市北区辻町9-1狙い目は毎度設置されている「ギャル服」コーナー。露出度高めの女が売り子
カテゴリ
タグ

【エロ漫画】後輩巨乳のOLの私生活を覗き見していた男

0212_201809221217098e1_20191025141441d9a.jpg0213_20180922121710928_201910251414434f0.jpg0214_2018092212171113f_20191025141444da6.jpg0215_20180922121713e6d_20191025141446d32.jpg0216_20180922121714948_20191025141449743.jpg0217_20180922121716274_2019102514145108b.jpg0218_20180922121717c63_2019102514145216d.jpg0219_2018092212172038d_20191025141455389.jpg0220_20180922121720553_20191025141455182.jpg0221_2018092212172297d_20191025141457e72.jpg0222_20180922121723632_20191025141500f4c.jpg0223_20180922121725c96_20191025141503e65.jpg0224_2018092212172660d_20191025141504295.jpg0225_20180922121728374_20191025141507a12.jpg0226_20180922121729baa_20191025141508243.jpg0227_201809221217319e9_20191025141509042.jpgこいつはテニスサークルの後輩ミドリ
イケメン好きなようで俺なんかは相手にしてくれない
彼女の部屋の配置がおおよそわかってきた

【エロ画像】マンスジをくっきり浮かび上がらる水着は白ビキニ

a014_20190730073846d71.jpga015_20190730073847084.jpg
海やプ—ルでいちばん目を奪われる水着は白ビキニです。
もう、これは誰が何と言おうと間違いない。
下着を連想させるってのもその理由ですが、なによりホワイトは肌やスジをくっきり浮かび上がらせるんですね。
カテゴリ
タグ

【エロ画像】女子のあいだでノーブラが流行ってる

a010_2019073007392272e.jpga011_2019073007302973b.jpga012_20190730073031263.jpga013_20190730073032e5a.jpg
ちょいと前に、女子のあいだでノーブラが流行ってる
外国のセレブはみんなノーブラだみたいなニュ—スを見たんです
そんなワケあるまいと思ったんですがさてどうなんでしょう
私たちも開放的になりますね
うん、信じることにしましょう
特に電車のつり革につかまってる腕は、必ずチラリしちゃいます

持ち帰り中国パブ嬢を芸能人に仕立て上げ接待要員に

SnapCrab_NoName_2019-7-29_23-0-47_No-00.png
何を隠そうオレは「中国人女」が大好きだ。就職してすぐ中国パブにハマり、立ちんぼやマッサージにも手を出し、それが高じて、年数回は実際に中国に行き女を買うようにもなった。
中国に行くと同じような趣味の日本人にときどき出会う。そこで仲良くなったのが、上海在住の男、Aだった。ヤツも中国人女に魅せられ、あげくの果てに移住してしまったほどの筋金入りだ。そんな彼がある日言いだした。
「一緒に芸能プロダクションをやらないか?」「えどういつことですか」
中国では芸能事務所をたちあげる際におおげさな申請や手続きは不要で、極端に言えば名刺を作って名乗ってしまえばすでに立派な事務所なのだそうだ。でもなんでわざわざっ
「決まってるだろ。集まった女をいただくんだよ」
なるほど。売春女だけじゃなくて素人も食っちゃおうってワケか。計画はこうだ。フリーペーバーなどに、モデルになりたい女の子募集、と広告をだし、来た女を片っばしから登録させる。さすがに仕事がないと女に怪しまれるので、街の理髪店に営業をかけ、力ットモデルの仕事をときどき振る。頃あいを見て
「もっと仕事が欲しいのなら、わかるよね」と言ってせまる。
数年前から考えていたらしく、Aはスラスラと展望を語った。よし、乗ろう。少しの資金ぐらいなら出してやる。
日本に帰ってしばらくすると、Aから郵便が届いた。「N事務所」と書いた名刺が入っている。N芸能事務所の社長という意味だ。それを見せびらかそうと、オレは博多にある行きつけの中国バブに出向いた。この女はすぐにヤレるのが多く、昔から来ている店だ。
「リンチー、見てよ。芸能プロダクションはじめたんだ」
「エー、すこい。私もやりたいよ」
数ケ月にー度は帰省しているので、その間だけモデルをやりたいと言う。どうぞどうぞ、仕事は力ットモデルくらいしかないけどね。他のパブでも同様に登録したがる子が数人いた。彼女らは実際に帰省したときに写真を撮り、Aから力ットモデルの仕事を振られたようだ。スケールは小さいが、こいつらも芸能人と言ってもいいかもしれない。実際は日本ですぐに股を開く安い女なのだが。
同じころ、オレは地元の仲間と中古車販売の会社をはじめていた。このあたりは物流会社の拠点が多い。彼らを相手に中古トラックを卸すことで利益をあげられるだろうとの単純な考えからだ。ところが状況は非常に厳しい。新参者が営業に行ったところで相手にもしてくれない。
「付き合いのある業者がある」との言葉を何度聞いたことだろう。あるとき、例のことく中国バブに行くと、何度か営業に行き、世間話に花を咲かせた部長とばったり出くわした。
「お久しぶりです。ココはよく来られるんですかっ」
「キミか。ここは初めてなんだけどワタシも好きでねー」
「あそこの女、中国ではタレントなんですけど抱けますよ。私のお古ですが(笑)」
それを聞いた彼は、彼女を呼び強引に口説きはじめた。
翌日、電話が鳴った。『楽しませてもらったよ』やたら上機嫌だ。
『よかったですね。あの子のフェラ、絶品だったでしょ』
下世話な会話をして電話を切った。ところが後日、部長から再び電話が入る。一台だけだがトラックを購入してくれるそうだ。この前のお礼ってことなんだろう。
部長は電話で何度も感激を口にしていた。まさか芸能人が抱けるなんてと。ただの力ットモデルなのに、オレが芸能人だと言っただけなのに、それでもあっさり信じてしまうオッサン。もしここに写真などの材料が加わればもっとあっさりオチるんじゃないか。さっそくオレはAに連絡をとった。
「日本から帰省したときに登録した、リンチーとかリャインの写真をすぐ送ってほしい」
その足で二人のもとに向かい、声をかける。
「お前らは芸能人だよなっちょっと手伝ってほしい」
セックスをしたら5万円の契約で二人は了承した。日本語が話せないフリをしてもらえばボロは出ないだろう。さっそく営業だ。
「中古トラック業をやっている者なのですが、トラックを新しくする予定はないでしょうかっ」
「いまのところないなあー。なんせこのこ時勢だからね」
いつもの体のいい断り文句だ。ここでオレは例の名刺をとりだす。
「ちなみに私こんな会社もやっておりまして」「なにコレ。中国語っ」
「そうです。中国で芸能事務所をやってましてですね。女の子たちをたくさん抱えてるんですよ」
まだ深く追ってはいけない。一旦帰り、数日後に電話攻撃だ。
「部長、先日はどうも。実は仕事の話ではなくて、ウチのタレントが営業で日本に来てるんですよ。ちょっとした宴会をやりますので、いらっしゃいませんかっ」
「タレントさんっいいねー」
地元の高級バーの奥にVIPルームをとり女の子を待たせておき、部長を迎えに行く。店に入り彼女たちを見ると、彼はあからさまに鼻の下を伸ばしはじめた。
「ウチに所属するリンチーとリャオインです。日本語は話せませんが、とてもいい子たちですよ」
女たちは軽く会釈をして、身ぶり手ぶりで「何を飲むっ」と聞いている。教えたとおり、いい動きだ。「部長、どっちの子がお好みですかっ」持参した写真をとりだし、手渡す。
「なんだよ急に。どっちも可愛いじゃないか」
「今夜、ぜひ連れ帰ってください。彼女たちにはすでに伝えてありますので」「え」
俺は説明した。中国といっ国ではタレントが有力者に抱かれることなど日常茶飯。今日のこの席も、彼女らはそのつもりで来ていますから。部長は驚きを見せつつも、
胸一冗が大きく開いた服を着たリンチーを指さした。
「わかりました。実はお願いがあるのですが・・」「わかってる」
それ以上は口にするなという様子で部長は店に戻った。
★この手法で売ったトラックは11台。田舎のおっさんをオトすのなんてチョロイチョロイ。
タグ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます