0093_20180626104340165_201908171923237e0.jpg0094_201806261043412e5_20190817192324f54.jpg0095_20180626104342dc2_20190817192326704.jpg0096_20180626104344129_2019081719232748e.jpg出会い系は出いが目的のはずなのに、ガツガ感を出すとなかなかアポれない。
〈今度、飲みに行こうか〉
〈日曜、空いてる?〉
こういうのは、いかにも会いたさ全開なので引かれてしまう。しかしこれが、たまたま感を出すだけで簡単にアポれるのだから不思議なものだ。
〈週末、仕事で横浜に行くから、タイミングが合えば食事でもどうかな〉
〈来週は仕事が早く終わりそうなので、飲みに行こうか〉
ぜひとも会いたいのではなく、時間ができそうだから会えますというスタンスで。
送れば嫌われそうだし、送らなければ会ってもらえなさそう。行くも地獄、戻るも地獄だ。と思いがちだが、本気で自信がないなら「送らない」で正解。ルックスで敬遠する女は多くても、写メがなければ会わないなんて傲慢な女は少ない。「会ってからのお楽しみで!」とケムに巻いておこう。
結婚前はちやほやされたのに、今やダンナはろくに構ってくれず、デートなんて何ヵ月もなし。人妻ってのはそんなもんだ。だから彼女たち、女として扱われたいと願っている。若いカップルが行くようなスポットへ行きたがってる。人妻を口説くときは、そういう気持ちをくすぐってやるのがポイントだ。
人妻が他の男と2人で会っている時点で、ダンナに不満があることは明白である。ただ、女にも見栄があるので自分から積極的にはペラペラ愚痴ってこないもの。なので自分の夫婦関係を誘い水に、しゃべりやすくしてやろう。「ウチ、最近、夫婦でおしゃれなレストランとか行かなくなったよ」
「独身時代は手をつないで歩いてたんだけどね」
「夜のほうは、もう半年以上ないかも」
ウチもよウチもよと同意するうちに、女はダンナの駄目っぷりを再認識し、不倫への勢いがつく。
安全な人間だということを強調しておきたい。具体的には、こんな台詞が効果的だ。
「あんまり夜遅くなると、ダンナさんが怪しむよ」
「また会いたいから、連絡していい時間帯教えて」
細かいことだが、それだけに得られる効果は大きいだろう。
関連記事