0103_20180706083749704_20190818205743058.jpg0104_2018070608375084d_20190818205745f27.jpg0105_20180706083752cad_201908182057469ba.jpg0106_201807060837538f0_201908182057486e7.jpgズバリ、俺が試行錯誤のすえに編み出した、最も反応のいいメッセージがこれ。
〈東京 20 代 暇な人、年齢不問。男女問わず絡みましょう。クスッと笑いたい方、カモーン!〉
解説しよう。ライン掲示板を利用するような女たちはひまつぶし目的が大半。そんな相手にうまくハマるのは「なんとなく面白そうなキャラの男」だ。『クスッと笑いたい方、カモーン』のフレーズで、あくまで話好きなキャラを演出している。
〈男女問わず〉という部分も警戒心を解くために重要だ。どうせ男からのメッセージなんて来ないのだから。同じく〈年齢不問〉も印象を良くするために押さえたいキーワードだ。オバハンからのメッセージは無視すればいい。
皆さん意外と見落としがちだが、掲示板アプリのエリア検索機能は、都道府県までは絞れても、細かい市区町村まではカバーされていない。募集メッセージの反応をよくするには、最低でもどこの市区町村にいるか記しておくといい。リターンは格段に増えるし、会うまでの時間も短縮されるはずだ。
〈いま新宿だよ!1人メシは嫌だから奢っちゃうよ~一緒に旨いもん食おう!〉
〈渋谷にいるよ ダーツ行ける子募集中 一緒に飲もうよ〉
〈仕事ばっかりだから、たまには旨いもん食べてリフレッシュしたい! 銀座まで来れる人よろしく~〉ご飯をご馳走すると書けば、さらに反応は良くなる。
 掲示板でよく見かける書き込みにこんなのがある。
〈出会い厨禁止〉
〈会いたがる人は不得意〉
あらかじめ会えないと断っている。いかにも喋りたいだけの連中で、攻めるだけ無駄だろうと思われがちだろう。間違ってはいない。このタイプはあんちょこに「会おうよ」と切り出すと、まずダメになる。短期間でどうこうするのはムリだ。彼女たちだって、男と交流したいと思っているからこそ掲示板に書き込んでいるのだ。がつがつ会いたがる男を嫌っているだけのことだ。なのでオレは、とりあえずだらだらとメールを続ける。喋りたい連中なのでノリはいい。それなりに仲良くはなれる。
そして1週間ほどやりとりした後、チャンスを狙っている。
ヘルスやリフレの営業嬢にプションを確約させる

お恥ずかしい話だが、援交遊びが好きで、掲示板でそれっぽいコをよく探す。売春目的の書き込みはけっこう多いのだ。ただし、さすがに「援交します」と堂々と謳っている女はいない。だいたいは暗にほのめかして“相談”をもちかけている。例えば、
〈金欠です〉〈困ってます〉〈サポしてくれませんか〉
サポは援交用語で、サポート(支援)の略。これらのキーワードが入っていればそういう女と思っていい。また、こんな隠語もよく使われる。
〈○できる人いますか〉
 ○→えん→援交というわけだ
掲示板にいる女のコの中で誰を狙うか。ストレートに考えるなら、写真のかわいいコになるのだろうが、あえてオレは写真無しのコを選んでいる。もちろん、ブスかもしれないという可能性もあるが、
同時に男が殺到しないため、競争率が低い。また、「見た目なんかは関係なく、純粋にお話がしたくて声をかけました」と思わせることができ、相手への印象もいい。実際この作戦、返信率も会える率もけっこう高い。お試しあれ。
LINEにもカカオにも『ひとこと』という機能があり、自分のプロフ写真の横にメッセージを付けることができる。オレが狙うのは、この『ひとこと』をしょっちゅう変えている女だ。
●一昨日「ねむすぎる」
●昨日「イケメンどこ~
●今日「ヒマじゃー」
 さほどにメッセージを変えまくっているのは、カマってちゃん心理の現れだ。この類は返信率が高くノリがいい。では肝心の点、『ひとこと』を変えまくってる女をどうやって見つけるか。簡単だ。掲示板で気になった女を片っ端から友だち登録しておき、数日様子を見てみれば、『ひとこと』がころころ変わる女がいるものだ。
関連記事
カテゴリ