0209_20180829121047259.jpg 0210_20180829121048314.jpg0207_20180829121044a95.jpg 0208_201808291210453d2.jpg
潮をふかない女には、二つのケースが考えられる。一つは肉体的に難しい場合。もう一つが精神的に歯止めをかけてる場合。潮を吹くのを女性の脳が抑制しているからだ。意外と後者のパターンも多いので、いちど風呂場で試してみよう。本誌『いいと言うまでねぶります』担当の東の横綱氏によれば、クンニの動きは不規則であればあるほどいいらしい。童貞ボーイ向けのハウツー本には様々な動きが紹介されているが、それらはすべて単独で用いても飽きられてしまう。とにかく女の予期を裏切ることを心がけよ。
首筋や背中ぐらいは女も慣れっこになっている。脇腹なんかでもまだ弱い。女がかつて舐められたことがなく、しかも気持ち良くかつ恥ずかしい部位は、足の指しかない。
ペロペロやってやれば確実に株は上がる(セックス面の)。
感じすぎることが恥ずかしいのか、ゆっくり手マンをさせてくれない女がいる。身をよじって振り切ろうとするのだ。そんなときは右腕、左腕、両脚の3点ホールドで押さえつけてしまえばいい。いくらジタバタしようが手マンの邪魔にはならない。
ちなみにドバドバ噴射するクジラ型の潮吹きはAVが作ったフィクションだ。
自然と膣から水が溢れていたような潮吹きが理想的。
刺激方法は女性をリラックスさせ人差し指と中指を入れピストンのように出し入れをする手マンです。オーガズムに達しそうだなと感じたら、クリトリスのダブル責めでGスポットを指で圧迫しましょう。間違ってはいけないのが潮吹き=いったでは無いという事です。あまりガシガシ手マンすると傷つける恐れもありますし、嫌われてしまっては意味がないので吹かないときは諦めることも肝心です。
関連記事