0062_20180905113533b26.jpg 0063_201809051135343da.jpg0060_201809051135309c0.jpg 0061_20180905113531677.jpg
たった千円でもプレイは段違いに良くなるものだ
自分はどちらかと言えば無口な性格なので、ヘルスに行っても女の子に気に入られたり、うまく交渉して本番に持ち込んだりなんて体験をしたことがなかった。紳士な振る舞いで通ってたら付き合えると思っていた。が逆に、和柄の服やスタジャンを着て、髪の毛を短髪にし、メタルフレームの色メガネを掛ける、いわゆる「オラオラ風」に変えただけで、以前とは比べものにならないほど女の子たちの反応が上がったのだ。眉間に皺をよせて風俗嬢と対面すると、彼女たちはまるで腫れ物に触れるかのような感じで身構えるので、こちらはただ普通に笑顔で接してあげるだけ。これで評価がかなり上がる。
オラオラ系だけど実は優しい、そんなエグザイルみたいな男を好きなフーゾク嬢は多く、気押されそうな派手目な子でも「優しくて安心しました~」などと擦り寄ってくれる。派手なケンカの話などする必要もないので試してみて欲しい。
マグロのワリキリ嬢がヤル気になる魔法の言葉
短期出張と偽って翌日の指名を期待させるデリヘル嬢ってのは現金なもんで、一見客、つまり今後の指名の見込みがない客に対しては実におざなりなプレイに終始してくるもの。私はその心理を逆利用し、出張ビジネスマンを装っている。まずデリヘル嬢がやってきてカネの受け渡しやらなんやらが終わったところでこう切り出す。
「大阪から出張で来ててさぁ。あと3日もこっちに泊まらなきゃいけないんだよね」
「そうなんですかぁ」
「うん。でもキミ素敵だなぁ。明日かあさって、もしくは両方とも出勤してる?良かったら毎日呼びたいんだけど」
連泊なので翌日以降もデリヘルを使うつもりだと伝えるわけだ。これによって嬢は考える。コイツを喜ばせれば明日あさっての指名がゲットできる。よっしゃ、気合入れてプレイしてやろうか。普段は適当にやってるであろうフェラやら素股も頑張ってくれるし、女の子によってはコチラから言わずとも本番させてくれることだってある。単純に「明日もお願いしようかな」と言うよりも、出張族であると言ったほうが、嬢はこちらの指名を期待してくれるものだ。
風俗嬢はお姫様扱いされると弱いので可愛いなど外見を褒めるのは簡単にできますしダイレクトに喜びますのでやってみよう。褒めるだけで嬢は自信がつき、もっと気持ちよくしてあげたいという気持ちが働きサービスが良くなります。差し入れとかより恋人みたいに優しくしてあげることが一番効果的だ。疲れてる?無理しなくていいよなどと気遣ってあげるとサービスが良くなる。逆にプライベートな質問は論外。どうして援助交際や風俗を始めたの?という質問ももちろんNGだ。
関連記事