0092_20190525175149629_201911041707209af.jpg0093_20190525175150233_20191104170722142.jpg0070_20180906083926bb5_20191104170716d77.jpg0071_20180906083927d50_201911041707175a1.jpg0072_2018090608392918a_20191104170719a95.jpg
1、ビーチナンパというのはライバルが多く、なかなか難しいものです。なのでビーチに着く前から顔見知りになっておこうというのがこの作戦です。本来なら自家用車で出向きたい伊豆の海に、わざわざバスで向かう子とは、まだ免許を持ってないか、免許は持ってるけどほとんど運転しない、若い女の子ばかりです。オイシイですよ。
2、このイベント、毎年夏に行われる大規模な野外ビアガーデンで、開放的な空間でビール片手にナンパしナンパされる場として有名です。昼間っから飲むんだからそりゃそうですよね。
3、ぽっちゃりねるとん都内各所 ぽっちゃりオンライン
太った女が嫌いでない僕は、ぽっちゃり女性が集う、「ぽちゃねるとん」に通っています。ここがけっこう喰えるんですね。このパーティは、参加女性が太ってるだけで(だいたいいつも20名ほど集ま
る)、他は一般のソレと変わりありません。回転寿司形式の紹介タイムやフリーのトークタイムがあるのも同じです。ただ違うのは、彼女たちが驚くほど食いつきが良いことです。たぶん容姿にコンプレックスがあ女の方がガッついてくるるせいなんでしょう。まるで逆ナンのようにがっついてくるのです。しかも、ライバルはオタクのような男が多いので、出しぬくのも難しくありません。相手とガッツリ話すことさえできれば、告白タイムではまずカップルになれることでしょう。
4、単発参加OKのヌードデッサン教室都内各所 アトリエ「R」
このアトリエでは、実際の女性モデルを使って、ヌードデッサンができます。有り難いことに、1回
こっきりでも参加可能なので(2千500円)、誰でも気軽に申し込めるんですよね。私の知る限り、モデルがブーチャンだなんてことはありません。サブカル系のおぼこいのが多いとはいえ、その手の趣味の人には十分アリでしょう。もちろん、大胆なポージングはないのですが、絵を描きながら見るヌードには独特のエロスが存在します。既存のAVに飽きた人はぜひ一度行ってみてください。
5、負けた分はカラダで稼ぐ。ムチムチの肉体が1万円!
このパチンコ屋の名物客だ。ほぼ毎日のように(オレが行くときは大抵見かける)打っていて、台
をたたきながら熱狂しているおばちゃん。40才くらいだろうか。いかにも主婦ってな感じだ。彼女が
名物と呼ばれるのは、店の外で男に声をかけるからだ。
「よかったら1万円でイイことしない?」
ちょっと濃すぎる化粧はいただけないが、ムチムチした体につい、首をタテに振ってしまう。何を
隠そうオレもそんな男の1人だ。セックス中はそれなりに楽しめるが、ホテルを出てそのままパチ
ンコに向かうおばちゃんを見てると、なんだか複雑な気持ちになる。
6、おっさん向けナンパ塾
モリマンディレイ/公家シンジ非モテや内気な男に向けてのナンパ塾が増殖している。が、実際は生徒を集めるだけ集めておいて「とにかく数を当たるだけだ」と投げっぱなしにしたり、成果が出ないのを「お前の見た目がキモいせいだろ」などと言い放ったりと、タチの悪い塾もあるのが現状だ。
では、だれに師事するのが正解なのか。それがこの2人だ。
彼らは現在のナンパブームが起こる前から講習を続けている人物で、ナンパのスタイルこそ違うものの受講者に対しては非常に誠実に接する。服のセンスが悪い男には服の選び方から、ハゲているオッサンにはウィッグ( カツラ) の採寸からとことん付き合い、声掛けの指導もしっかりと観察してフィードバックをしてくれる。
即日ヤルのを目指すイケイケ系のナンパをしたいのならモリマンディ氏、時間をかけてじっくり行きたいのなら公家氏の講座へ行くのがいいだろう。2人ともツイッター等で講座の開催を告知しているので、マメにチェックしておくべし。
7、六本木マハラジャ東京で手軽に熟女とのワンナイトを狙うなら、やはりここが一番だろう。かれこれ3年ほど通っでいるが、いつ行ってもエ口そうなアラフォー、アラフィフ女がケツを振って踊っている。特に往年のディスコ曲がガンガンにかかる水、木、金の平日は、フロアに溢れるほどの活況で、「オネエサン、セクシーだね一」などと近づくだけで、普通に会話が始まってしまう。あとはマメにドリンクをおごって酔わせてしまえばあっけなく落ちる。パッとしない30男の俺でも勝率6割をキープできているつてことは、向こうもある程度、セツクス目的で来てると考えて間違いない。
梅田マハラジャ2年前のオープン以来、30代一50代の熟女で盛り上がっている。特に週末の夜はボディコンや、胸元のガッツリ空いた格好でキメた40代がわんさかとやつてきて、ナンパ目的のオッサン客を拶ど発してくる。若いころにプイブイ言わせてきた彼女たちも、40ともなれば男からは見向きもされなくなる。杖ここに来れば熟女好きの男たちからチヤホヤされるので、テンションも高くなるわけだ。彼女たちと仲良くなるには小細工はいらない。「一諸に踊ろう」「飲み物おごるよ」とガンガン声をかけていけば、すんなり仲間の輪に入れてもらえる。通常のナンパより10倍力ンタンなのは確か。何も臆するすることはない。
関連記事