0120_201809180833224ca.jpg 0121_20180918083324eb9.jpg0118_20180918083320f88.jpg 0119_201809180833214b7.jpg
ウブな看護学生がチンコをじっくり見てくれる
東京・新宿 新宿●●●クリニック
スカウトという仕事柄、よく性病にかかる僕は、この泌尿器科を利用します。もちろんビョーキの治療が目的なんですが、合法的に露出も楽しめるんですよ。ふつう泌尿器科の看護師といったら、30〜50代のベテランが当たり前。診察室で彼女たちにチンコを見られたところで、面白くも何ともありません。でもここは5〜6月の就活シーズンになると、看護学生と思しき若い看護師がやってくるのです。それこそ患者が恥ずかしくなるほどの初々しさです。彼女たち、チンコを目の当たりにするや、ポッと頬を赤らめてくれるからたまりません。勃起しないようにするのが一苦労です。
ボクがはじめて歌舞伎町のテレクラに入り、アポがとれた女と待ち合わせた時に指定されたのがここだった。でもいかにもなテレクラ女や派手系の女は数人いるが、約束した女とはなかなか会えない。
周りをキョロキョロ見ていると、派手系の女にサラリーマンが近づいて、そのまま一緒に歩いていった。さらに他の女もそれぞれ男が寄ってきては連れ去っていく。
どうやらその時のボクはすっぽかされたみたいだったが、思わぬ収穫を得た気がした。ここはテレクラの待ち合わせメッカなんだって。だったらわざわざテレクラなんかに行かなくても、ここで好みの女に声をかければいいんだよね。
来店するや瞬時に売れる
磯山さやか似のエンコー娘
平日の夜、フラっとやってきては瞬時に買われてしまう女です。やって来るのも月に数回程度だから、希少価値も高い。ボクも一度だけ買ったことがあります。スタイルは、モデルやレースクィーンをやっていてもオカシクないほどの極上品。顔は、端正な顔立ちだけどロリ系で、ちょうど磯山さやかをシャープにした感じでしょうか。大当たりです。
 ただ彼女、変装のためか、ボブのカツラを被っているんです。あきらな前髪パッツンだから、常連
の男には完全にバレていて、〝カツラちゃん〟の愛称で呼ばれています。本人曰く、某有名ミッション系私立大生とのことです。フェラもエッチも悪くないんで、買ってみてソンはないんじゃないかな。値段はホ別2.5〜3.5万と少々高めですが。
仕事終わりのキャバ嬢たちと相席になれる居酒屋
歌舞伎町のど真ん中にあるこの激安居酒屋は、ナンパ大好き人間の僕にはすばらしい場所である。なんと、店員がキャバ嬢たちと相席にしてくれるのだ。この店は朝8時まで営業している。こんな時間まで空いてる店はそうそうないので、店内はいつもむせかえるほどの激混み状態だ。中でも、朝5時以降は、早朝まで働いていたキャバ嬢たちが行き場をなくし、店に雪崩れて込んでくる。この時間帯に男2人組で来店すると、
「はい、お客様。こちらでお願いしま〜す」
店員に案内されるのは、なぜか大抵キャバ嬢同士のテーブルの隣である。まるで気を利かせてもらってるようだ。男女を引き離そうという意識が希薄なのかもしれない。混雑時には8人がけくらいの大きなテーブルにキャバ2人組と男2人組で相席にされたこともある。あとは、酔いに任せて、彼女らに話しかけるだけだ。
「お姉さん、どこの店なん?」
「区役所通りだよ。仕事でイライラしたときは、やっぱりここじゃね?」
「うんうん、とりあえず日本酒でも飲んどこか?」
こんな調子で絡み酒をしてくれるから、こっちはオイシイ。食うだけ食って逃げられることもあが、相手は高値の花のキャバ嬢だけに不満はない。
彼女はこの出会いカフェにたまにくるエンコー娘だね。茶髪のギャル系で相当にカワイイんだけど、挙動が明らかにヘン。鬼のような形相で、タバコをスパーっと吸い出したかと思うと、深呼吸するように肺に思いっきり、す〜、は〜、す〜、は〜って繰り返して、ソフトクリーム(店のサービス)を食べるときも、ダラダラと服に落としてる。トークルームに連れ出して理由を尋ねたら、「内緒だよ」って前置きしながら、
「クスリ(シャブ)やっててね。エッチしたくなると、ここにエンコーしにくるの」
だって。値段はホ別2・5と高かったから手が出なかったけど、考えようによっちゃお得かも。
東京・渋谷 パーティ・ハード・チューズディ
レゲエ好きギャルがケツをチンコにくっつけてくる
渋谷のクラブで開かれるこの老舗レゲエイベント(毎週火曜日)は、昔から出会い目的の男女が多いことでつとに有名です。もちろん僕も猟場として使わせてもらっています。
 これだけでもオイシイけど、実はそれ以外にも、素晴らしき側面があります。特定の曲がかかると、女性客が自分のケツを男性客のチンコにくっつける腰振りダンスを仕掛けてくるんですよね。その密着度たるや、尋常ではありません。見つめ合うほどに距離が縮まるので、カラダが貼り付くのはもちろん、髪の毛や汗の臭いまでわかります。ぶっちゃけタマらんもんがあります。また、レゲエ好きは総じて性に奔放なので、多少のお触りくらいだったら、嫌がられる心配もまずありません。僕は挨拶がわりに何度もキスさせてもらってます。
関連記事