201511_000077.jpg 201511_000088.jpg
エンコーやり逃げの成功の秘訣は、とどのつまり、いかに女に金の後払いを承諾させるか、その一点に尽きる。とにかく先にセックスさえしてしまえば、裏モノのようにウォン紙幣を渡そうが、トンズラをかまそうが、それこそ何とでもやりようはあるのだから。そこで俺が目を付けたのが、各部屋に自動精算機のあるラブホだ。このタイプはいったん入室するとロックがかかり、室料を支払わない限り外へは出られない。したがって女に後払いを頼んで断られても、揺さぶりをかけることが可能になる。
「後払いがイヤなら帰ってもいいけど、お金払わないと部屋から出られないよ。いいの?」
先払いしてもらえなかったからといって、自腹でホテル代を出す女などまずいない。結局は、しぶしぶこちらの言い分を飲み込むハメになるわけだ。ただし、やみくもに後払いを主張するのは、女の警戒心をいたずらに高め、のちにやり逃げがしづらくなるのでよろしくない。
「以前さ、お金を払った途端、マグロになったコがいたから、それで先払いがイヤなんだよね」
これぐらいの理由を与えてやれば女も納得するだろう。

バス会社では、小銭のない客はさっさと降ろすことになっている

東京や大阪などの都会人にはなじみが薄いかもしれないが、地方での乗り合いバスといえば、乗った距離だけ運賃が加算されていく後払いシステムが主流だ。さて、私の友人にバス会社で運転手をして
いる男がおり、以前そいつから興味深い話を聞いたことがある。この後払いシステムを悪用し、バスにタダ乗りする輩が世間にチラホラいるというのだ。連中のやり口はこうだ。まず目的の停留所に着くと、さも恐縮した感じで運転手に言いよってくる。
「すいません!小銭を用意するの忘れてました。万札しかないんですけどどうしたらいいですか」不思議なことに、1万円の両替機を置いてあるバスは日本に存在しないらしくとにかくこういう場合、運転手の答えは必ず以下のどちらかになる。
A「次回乗ったときに今日の分を払ってください」
B「あとで営業所の方で精算してください」
つまり、事実上、タダ乗りを黙認してしまうわけだ。その理由について友人はこう説明した。
「客を咎めたところで小銭がない以上はどうしようもないんだよ。むしろかえって運行の妨げになるだけだから、さっさと降ろしてしまえって会社からも言われてるんだよね」
 バス会社も大変だ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
カテゴリ
タグ