0117_20181027011556327_20190928180454cc2.jpg0114_20181027011600ab5_20190928180451cc2.jpg0115_20181027011559de9_20190928180452a8a.jpg
最近、新聞やワイドショーでTV局員の無節操な事件が相次いで取り沙汰されてますよね。実は私も某テレビ局の人かりセクハラまがいの行為を散々受けたー人です。
お話しましょう。私は普段、コンパニオンをやってて、業界人との合コンにたまに出席することがあります。そこで知り合った30代半ばの力マキリに似た男…名刺にはフジテレビ制作局と書いてありました。だけど正直、「それがナ二」って感じ。テレビ局なんて別に珍しくもないし、田舎から出てきた小娘じゃあるまいし適当にうっちゃって置いたら、そのカマキリ男のしつこいことといったら。朝晩間わず毎日のように携帯に電話してきて、それもただHがしたいだけってのが露骨にわかるような口説き文句。
携帯番号を教えた私も悪いけど、こっちはハッキリ断ってるし、迷惑だとも言ってるのに、「またまたー。だって僕はテレビ局に勤めてるんだよ」とか、「カオリちゃんドラマとか出てみたくない」なんて、テレビ局に勤める自分の誘いをなんで断るみたいな調子なんです。正直言って呆れちゃいました。だけどある日、ヲウンタウンのファンだったら今度会わせてあげるよにグラッときてしまいました。なんでもこの男プロデューサーと仲がイイらしく、ダウンタウンの2人とも頻繁に飲みに行く…なんて言い出したんです。もちろん眉唾っぽかったけど、大の松っちゃんファンの私としては、ぜひ一度会ってみたいという誘惑に勝てませんでした。当然、ー回だけといっ約束で、その力マキリ男に抱かれたわけですが、ハッキリ言ってHもサイテー。あれしろこれしろとワガママ放題で、私はソープ嬢じゃないとブチ切れそうになりました。が、これも憧れの松本様に会うためと、ひたすら我慢。発射後は即行でシャワーを浴びて、とっとと帰りました。
それから2週間たったある日、カマキリかり電話がありました。粟週、収録があるからどっかで待ち合わせしよう
正直、嘘だったんじゃないかと疑っていただけに、このときばかりは力マキリ男をちょっと見直しました。が、収録当日、予定時刻を30分遅れて待ち合わせ場所に到着したヤツの車には、ガングロコギャル風が2人も乗っていました。そう、きっとこのコたちにも同じことを言って口説いたのでしょう。聞けば2人はGLAYのフアンらしく会えるなどとキャピキャピ騒いでいます。ところがスタジオのある建物に着くと男は、「収録後は悪いけと送っていけないから勝手に帰ってね」と言い残して自分はそそくさとどこかへ。つまり、ダウンタウンに会わすとか言ってたくせに、単に収録現場を見せるだけ。ま、とりあえす松本様の姿をナマで見られた私はラッキーでしたが、あのコギャル2は・・だって、その日の収録には、GLAYなんて出ていなかったのですから。
関連記事