0064_20181027123940d7c_20190928181937373.jpg0065_2018102712394145a_20190928181938638.jpg0066_201810271239432d7_20190928181940f86.jpg0067_201810271239443da_201909281819411fb.jpg0068_2018102712394647c_20190928181943540.jpg0069_2018102712394722c_20190928181944f83.jpg0114_201811081645041ae_20190928181946955.jpg0115_20181108164505faf_20190928181947262.jpg0116_2018110816450699b_201909281819492d1.jpg0117_20181108164508194_2019092818195026f.jpg0118_20181108164509551_2019092818195291a.jpg0119_2018110816451101c_20190928181953b30.jpg
パンティーが食い込むのはなぜか?おそらくや水分のせいでしょう。汗や愛液の類がパンティーに染みこんで、でもって布がふやけちゃって、ずるずるっと横滑りするんじゃないでしょうか。てことはつまり、指でくいくい直してる子は股間のあたりに湿り気があることになりますね。素敵ですね。
パンツの柄なんて、せいぜい水玉か縞シマぐらいのもんですが、見えたら見えたで嬉しいわけです。彼女たち、そのへんのこと十分わかってるんでしょうね。透けるスカートのときにわざわざ柄モノをはくなんて。
脚を組んで、つま先をもう一回ふくらはぎの裏へ。このぐねっとした体勢って、ムチムチ箇所がたくさんあってお得なんです。太ももでムチリ、ふくらはぎでムチリ。肉と肉がからまりあって、いい音が聞こえてきそうですね。
浴衣とパンティーラインの意外な相性の良さ
花火大会では空ではなく地上をじっくりご覧なさい。浴衣はガードが堅いようでいて案外モロいとこもあるんです。布キレ合わせてるだけですからね。え? 花火大会に男だけでブラブラできるかって? またまた、そんなの毎年のことでしょうに。昔は、浴衣のときは下着をつけないものだったそうですが、今やそんな古風な子はおりません。だからパンティーラインが透けちゃうわけです。特に白い浴衣は。これ、夜になると遭遇率はグンと下がるので、花火大会の日は明るいうちから現場に繰り出しましょう。場所取りにやってきたせっかちちゃんたちが、色華やかな柄を披露してくれますよ。夏の夜にうろうろしてる子って、花火やろうよと誘うとまずノッてきますな。線香花火なんぞ渡すと、まずしゃがみこみますな。でもって、熱帯夜のせいで蒸れに蒸れたアノあたりをパックリして風を送り込みますな。あとは、火花で照らしてあげれば一丁上がりです。
関連記事