0012_20181101123450f3a_2019093019035629f.jpg0013_20181101123451d43_20190930190357471.jpg0014_2018110112345294f_20190930190359d02.jpg0015_20181101123454e4d_2019093019040042e.jpg0016_20181101123455dfa_20190930190402239.jpg0017_20181101123457cf1_2019093019040341c.jpg0018_20181101123458740_20190930190405563.jpg0019_20181101123500dcc_20190930190406ecb.jpg0020_201811011235018b1_201909301904084c9.jpg0021_2018110112350371d_201909301904091de.jpg0022_201811011235044ca_2019093019041153e.jpg0023_20181101123506282_201909301904124ba.jpg

教団Rの信者になれば乱交し放題!のウワサは本当か
フリーセックス。この言葉には、二通りの意味がある、とオレは思う。一つは「自由」に取っ替え引っ替え女とヤリまくること。そしてもうーつは「タダ」でセックスをすることだ。両方合わせれば、タダで女とヤリまくり。まったく女にモテない俺には、まるで夢のような話だ。ところが、R教団なら、どんな男でもヤリ放題だという聞き捨てならないウワサを耳にした。週刊誌などによれば、何でもこのR、女性信者がいくらでもヤラせてくれるらしい。さらには、定期的に乱交パーティまで開かれているとか。どうやら、教団自体がフリーセックスを積極的に推奨しているようなのだ。
UFOに遭遇したと自称するフランス人X氏によって創設されたR。「宇宙人を地球に迎えょをスローガンに着々と勢力を伸ばし、現在、世界50カ国に約4万人、日本にも4千人からの信者がいるそうだ。ま、確かに、カルト宗教とフリーセックスは、非常にわかりゃすい結び付きではある。急進的な教えを説く教団が、結果としてフリーセックス思想に至る。ありふれていると言えば、ありふれた話ではあろう。しかし、果たしてそのウワサ、本当だろうか。ヒッピー全盛の70年代じゃあるまいし、そんな思想が実践されているとはとても考えにくい。とはいえ、フリーセックスには大いに興味をそそられる。しかもそれが乱交とまでなればなおさら。みすみす見過ごしてしまえる類いのものではない。とりあえず俺は、104でRの事務所を間い合わせてみた。と、番号はアッサリ判明。思い切って、UFOマニアを装い電話をかけたところ、マンスリーなら一般参加もOKとの答が返ってきた。ちょっと怖い気もするが、ヤバそうだったら、すぐに逃げ出せばいい。俺は、このマンスリーに参加してみることにした。今年2月26日のことである。
2日後の昼の1時、千葉県某市の市民ホール会謙筆に到着。入り口で、今日が初参加だと告げると、係りの誘導で場内の最前列に着席させられた。学校の教室くらいのスペースには、信者が詰めかけていた。男女の比率は、7対3くらいで女性の方が少ない。心配だった女性のルックスの質は、想像よりはるかにマシ。けっこ~つイケてる若い女もいる。このレベルなら何の文句もない。
「あなたが中山さんですかあ?本当にきてくださったのね。うれしいわあ」
ノリコと名乗る女性が立っていた。ちょっと太めだが、顔立ちと巨乳がなかなかソソられる。どうやら電話での問い合わせに応対してくれたのは彼女らしい。
ナンパに見切りをつけた俺は夜ごと開かれるダンスパーティに狙いを定めることにした。実はこのパーティ、性の解放を目的としたエクササイズにもなっている。と言えば聞こえはいいが、早い話が、完全にヤリ目的の場となっているのだ。中でも、ダンスパーティだ。男は女装を、女は男装をしてダンスをするのだ。まず、男は全員、あらかじめ休息の中でそこへ女が入ってきて男を物色する。女は、好みの男をダンスに誘い、相手がOKすれば、その場でお持ち帰りをしてもかまわない。聞いたところでは、ある若い男性信者など、このパーティが楽しみで毎年セミナーに濡しているという。昨年も、男装女にベッドに誘われ、よりどりみどりだったそうだ。さらに俺は、ある古株の女借者にこんなことまで言われた。
「あんたは顔立ちがハッキリしているから必ずモテるわよ。でも、相手が飢えたオバサンだったとし
ても、絶対に断ったりしたらダメだからね。最近、そういう信者が増えて困ってるんだから」
望むところだ。例えどんな(バアでも断るなんて賛沢な真似はしないぞ。夜9時、女装をした男性陣が体育館に。俺は、女の子から借りたミニのワンピースに身を包んでいた。股間がスースーして落ち着かない。体育館に入ると、250席ほどのパイプ椅子が内側に向かって円形に並べられ(その中のスペースがダンスフロア)ており、気味の悪い男どもが雁首そろえて座っていた。異様としか表現のしょうがない光景である。男は、女に誘われなければ席を立てないルールになっている。男からのアプローチは禁止されているのだ。1時間後、男装をした女が続々と入場。最初は照れくさそうにしていた女も、雰囲気に慣れてくるにしたがって、堂々と男をエスコートしはじめた。見れば、成立したカップルが、キスやペッティングまでしている。クソー、俺にも早くお呼びがかからないかな。
「すいません。私と踊ってもらえませんか?」
ようやくかけられ、顔を上げてみると、何のことはない、すでにナンパに失敗しているカズミだ。あんまりヒマそうに見えたので誘ってあげたのだという。全く、余計なお世話なんだよ。が、俺が強がっていられたのもそこまで。パーティが終わるまでの間、ダンスに誘ってくれたのは、カズミを含めて2人だけ。もう1人の方も彼氏持ちの女で、単なる義理ダンスだった。翌日の夜、今度は、触覚と想像力の開発を目的としたエクササイズが行われた。
参加の男女が全員目隠しをし、手探り状態で相手と踊るのだ。ダンスの最中は、司会者の指示があるまで、目隠しを取ったり声を出してはならないルールになっている。そのかわり、どんな風に相手を触ってもかまわない。お互いに相手の触り方が気に入れば、めでたくカップリングが成立。つまり、愛撫で相手をメロメロにさせられれば、夜のお供をゲットできるというワケだ。ただし相手がイヤがったりした場合は、即座に愛撫を止めなければならない。よって、あまりに暴走し過ぎると、せっかくの獲物を逃すことにもなりかねない。うーん。男からすれば何とも楽しいダンスパーティだが、あまり女性の評判はよくないのか、女性の参加者が極端に少なかった。かなり激しい競争率が予想される。タオルで目隠しをしているため、普通に歩こうとすると、すぐにつまづきそうになる。俺は、平泳ぎの要領で周囲を確認しながら、ィケスの中を俳個していった。俺の腕に誰かの体が触れた。慌ててガバッと抱き締めてみると、背中の筋肉がやけに盛り上がっている。試しに胸も触ってみたが、案の定ペッタンコ。チッ、男か。再び歩き回ってみるも、手に触れるのは、毛むくじゃらの腕やがっしりしたガタイの持ち主ばかり。たまに女と抱き合えても、なぜか相手を変えられてしまう。そんなに俺は下手なのか。そのとき、誰かが俺に抱きついてきた。どんなヤツか確認してみると、身長は155センチくらい、ちよい太めだが、突き出た乳房が女であることを主張している。ヨッシャー、ヨガらせてやるぞ。強引に女の唇を奪いにかかる。さしたる抵抗もなく舌を絡めてくる女。俺は、ダンスパーティのルールに乗っ取り、乳を撰んだり、尻を撫でたりと好き放題やらせていただいた。と、この女、突然、俺の腕の中でジタバタともがきはじめた。どうやら違う男に乗り換えるつもりらしい。このまま女を逃がせば、ダンス終了時、誰と踊ったのかわからなくなってしまう。俺はルールを無視して女の耳元に語りかけた。
「逃げないでよ。後でもっと気持ちよくしてあげるからさ」
「。。。。。。」
「せめて名前だけでも教えて」
「。。。。」
しかし、女は頑として譲らない。挙げ句の果てには、俺の腕を弧りだす始末だ。悔しいが、もう一度探すしかないのか。ところが、泣く泣く女をリリースした瞬間、撚情にもダンスパーティは終了。終わる時間さえわかっていれば、こんなことにはならなかったのに。初日の女はともかく、それ以外ではことごとくフうれてしまったのだから我ながら情けない。性交可能な年齢の女さえいればまだまだ頑張れるものの、街頭ナンパと違って資源は有限。正直なところ、もう俺には、声をかけられる女がいなくなってしまった。そんなニッチもサッチもいかない状況で迎えたセミナー9日目の昼間、1人淋しくサイクリングコースを散策していると、どこかから黄色い声が耳に届いてきた。見れば、立ち入り禁止の山道へと続く鉄扉が開かれている。この向こうに人がいるようだ。興味をそそられ、伸び切った雑草をかき分けて奥へ奥へ進んで行くと、視界が開けた瞬間、そこには驚嘆すべき光景が現れた。小さな貯水池で、人ほどの若い男女が水遊びに興じているのだが、どいつもこいつも素っ裸なのだ。まるで海外のトップレスビーチのように。もしかするとこれが乱交の現場なのでは。俺は、珊嵯の判断で、草むらの中に身を隠した。誰でも乱交に参加できるのならば、すぐにでも飛び込みたい。が、見たところ、彼らは、気心が知れた仲間同士といった雰囲気。突然、部外者が閲入してくれば、乱交を中止してしまうだろう。とすれば、池に飛び込むのは、乱交が始まってからでも遅くはあるまい。なし崩し的に参加してしまう作戦の方が正解だ。ヤブ蚊に刺されたのか、太股がかゆくなってくる。今度は顔の近くに、ブーンとデカイ蚊が飛んできた。大きな音を立てるとヤバいので、怖いのを必死に我慢する。水のかけ合いをしていた男女が抱き合った。いよいよか、と緊張したら、単にジャしているだけ。はやく乱交にならんかな。はやる気持ちを押さえて様子を窺っていると、ある男性信者からこんな一声が。「そろそろ講義だから行こうか」
陸に上がって服に着替えた信者たち。慌てて、草むらからもと来た道へ走り出す俺。どうやら乱交ではなかったようだ。
何だか肩透かしを食らったような気分だった。
セミナー最終日、仲良くなった男性信者数名に、女性信者とヤレたかどうか尋ねてみたが、全員そろってダメだったという。その理由は、次のようなものらしい。
まず、今年は、メイクラブ室(セックス部屋)がない影響がモロに出ており、昨年よりナンパがしにくかったとのこと。俺からすれば、そんなものがあること自体が驚きだが、それはともかく、女にとってみれば、声が外に漏れたりするテントはイヤなものだそうで、断られるケースが増えたのだとか。加えて、若い女性信者は数が少ないため、大半に決まったパートナーがいて、新参者が割って入るのはかなり難しいという。複数の男性と肉体関係を結んでいる女性信者もいるにはいるが、仲良くなってからでないと、その輪に加わるのはキビシイそうだ。要するに、フリーセックスはあくまでも教義上の建前であって、すべての男女に当てはまるワケではないということか。とはいえ、何人もの女性信者とヤリまくっている男性信者がいることも確か。さすがに俺はもう勘弁だが、もしも我こそはUFO信者だという人がいたら、ゼヒともリべンジしていただきたい。
関連記事