201510_000076_201908141842119a1.jpg201510_000077_20190814184213072.jpg0061_20181225120159d5f_201908141842077e6.jpg0062_20181225120200d17_20190814184208b51.jpg0063_201812251202023d3_20190814184210d99.jpg0088_20171014234418bf7.jpg 0089_20171014234414146.jpg0086_20171014234415fdc.jpg 0087_20171014234417e06.jpg0087_201806201010022fb_20190817105051f00.jpg
201503084_20191022132400ace.jpg201503085_20191022132401bf0.jpg201503086_201910221324030bc.jpg201503087_201910221324044ac.jpg1、都道420号線沿いにあるこのガラス張りのラーメン屋には、正式な屋号の他にもうひとつ呼び名がある。おっぱいラーメンだ。店をひとりで切り盛りする店主が元グラドルであり、本人もその巨乳乳を大いにウリにしているかだ。メニューの説明をする際は、ムギューと寄せた谷間を客に近づけて。あるいは湯切りの時にユサユサと揺らして。くわえて客の帰り際に「またおっぱい目当てでで来たね!」なんてリップサービスまで。そりゃ連日満員にもなるっての。ちなみに肝心のラーメンは、青ネギがふんだんに入ったあっさりの塩味でなかなかイケます。
2、スーパー銭湯の男浴場にあるアカスリコーナ ーは、スタッフがオバサンと相場が決まっている。あるいは外国人とか。が、このスーパー銭湯ははあっぱれだ。昼間の時間帯は大半、日本人の若い女の子がアカスリスタッフを勤めているのだ。しかも、われわれ男は紙パンツとかそういうまどろっこしいもんは履かなくてもよく、素っ裸の股間にタオルを乗せただけけのスタイルでゴシゴシやってもらえる。風俗とかではないフツーの場所で、若い女に体を洗ってもらうってのは何と興奮することか。
3、毎日が水着のキャバクラです。どういう集め方をしたのか、20代前半の若くて可愛ギャルばかりが揃ってます。肌が黒い子、白い子、みんな水着で胸の谷間やお腹が見えてるのが非常にイイです。
店内の『海の家』風の飾りつけも相まって、憧れだった同級生とビーチに遊びに来た、みたいな感覚に陥ります。肌が擦れるくらいに密着して座ってくれるので、その心地いい感触に集中しながらお酒酒を飲むのが楽しいのです。いわゆるセクキャバってやつだが、ここは夢のプレイが味わえる。
2人以上で行けば、ボックス席に通され客の人数分の女の子がつく。スケスケキャミソールで、薄っすら乳首が見える格好だ。そして王様ゲームがはじまる。王様の命令の目玉は、女の子が両隣に座り、生乳で顔をパフパフ挟みまくってくれる『ダブルパフパフ』だ。
残念ながら1人で行ってもダブルパフパフは楽しめない。一緒に行ってくれる悪友がいて良かったと心から思うオレでした。
4、店員がビキニ姿という、よくあるガールズ居酒屋です。が、ここがすごいのは、特定の料理を注文するとかなりエロい光景が見られることですね。ほとんどの客が注文するのが 生絞りサワー」。女の子がテーブルにグレープフルーツを置いて絞ってくれるんですが『、仕上げにこっちも生絞り~』と言いながら、背後にに立ったもう1人の子が胸をガシガシと揉むんです。揉まれる側側の子の恥ずかしそうな表情、タマりません。あとはチュロスもイイです。棒状のお菓子の両端を女の子と客がくわえて食べていく。ポッキーゲームみたいな感じですね。
5、Tバックビキニで横に座ってくれるガールズバー
Tバックの極小水着での施術をウリにしているこのエステ店。どんな教育が施されているのかわからないが、彼女たちの淫語力は偏差値80を超えている。モッチモチの泡まみれチンポをさわさわしながら、「もうガッチガチにしちゃってどうするの?」とか「おっきくなっていいなんて言ってないんだけど~」とか、ツボを押さえまくった台詞を連発してくるのだ。さらに、ズレまくった極小水着も気にせずマットプレイをする健気さ。乳首や股間がチンコにこすれる度に射精してしまうんじゃないかとヒヤヒヤそれがまた楽しい。
6、市内のカラオケボックスにピンクコンパニオンを派遣してくれる業者だ。わざわざ温泉宿に出かけなくとも、エロどんちゃん騒ぎが出来るのは、俺のようなストレス人間にとって非常にありがたい。なんせ相手はピンコパちゃんだ。ノリのいい曲でも入れれば、パンツ一丁になって乳を振り乱しながら盛りあげてくれる。もちろんその乳をモミモミしちゃうくらいは余裕だし女のコによっては乳首チューチューだってアリだ。これで楽しくなかったらもう男として終わりである。ただしこのデリバリーサービス、客1人では利用できず、最低2人から。
7、20才未満の洗体嬢が「大きくなってますけど~」とヌキを持ちかける
若い女の子が多く在籍している人気の洗体だ。人気のワケは年齢だけじゃなく、裏オプションに応じる子が多いからでもある。通常のアワアワ洗体をしてもらったところで「我慢できない」と交渉すれば、5千円で手コキ、1万で最後まで、などと裏メニューの代金を向こうから口にするのだ。どの子もあまりに若すぎるので、そんな恐ろしい裏メニューなど試す気になれないが、人気を集めているのは確かだ。
8、横浜で唯一の“見学クラブ”に現役JKはもういませんが…
横浜・日の出町近くの大岡川のリバーサイドは昔から外人やオカマの立ちんぼで有名だが去年ごろからちょっとした変化が起きている
女たちは台湾から来た出稼ぎ売春婦で日本で短期間働いてすぐに帰国するそうだ
9、ここは元々ラブホテルだった建物をカラオケボックスに改造したらしく、それぞれの部屋がかなり大きな造りになっていて、すべての部屋にトイレが完備してあります。このカラオケボックス、ただ大きいだけではありません。なんとスーパーコンパニオンが呼べるんです。部屋のテーブルの上には「コンパニオンコース」と書かれたパウチが置かれてるぐらいなので、コンパニオン派遣業者とガッチリ提携してるんだと思います。
電話で若くてエロいコンパニオンを呼び、一緒にお酒を頼みながらカラオケで盛り上がったら、そ
れぞれの女の子とオプションプレイも楽しめます。温泉コンパニオンと同じく、オプション内容と金額は女の子との交渉次第。女の子1人につき、カラオケ代にプラスして30分2万程度と割高になりますが、ドンチャン騒ぎして仲良くなったコンパニオンたちと、室内カメラから隠れるように部屋のトイレの中でするエッチは、かなりのドキドキ感と興奮を味わえると思います。やはり楽しいのは、大人数で遊びに行って女の子を呼んでのバカ騒ぎですが、1人で行ってコンパニオンとマンツーマンでカラオケ&セックスを楽しむというのも面白いと思います。
ここは地元でも有名で、かなり人気が高いピンサロです。僕もしょっちゅう遊びに行ってます。理由は単純。若くて可愛いくてノリのいい子が多いうえに、本番までさせてくれるからです。背の高いお馴染みのソファに座ってズボンを脱げば、女の子がチンチンを拭いて、キスからのフェラへと進みます。女の子によっては、攻守交代して、クンニやら乳首舐めやらを楽しんでから、素股に以降したところで無言でスポッ!
「わたしが店員さん見てるから大丈夫だよ。ああん」などとお尻を突き出してくる子もいたり、クン
ニで気持ち良くしてあげてるうちに「我慢できなくなってきた〜」とこれまた自分から跨って来る子
なんかもいます。さすがに全員本番させてくれるわけではないです
が、とにかくノリが良くてエロい子が多いんです。ただし、お店のイベントがある日は金額も安くなるし、店員さんの目も光るので一切本番はできません。行くならイベント日以外を狙うのがオススメです。
10、ここ、元々は老舗のフィリピンパブでしたが、何度か潰れたり復活したりを繰り返してるうちに、いつの間にかガールズバーになってました。しかも女の子がみんな若くて可愛い上に、連れだしもOKという素晴らしい進化を遂げて。表向きはカウンターとテーブル席のある普通のバーで、入場料は2千円ほど。一杯飲んで帰るだけならそれ以上のお金はかからないので、気に入った女の子がいない場合は安く済ませられます。席に着いてくれた女の子が連れだしのおねだりをカマしてきたら交渉開始です。うまくノリが合えば1万円、高くても2万程度の金額でホテルに連れ出すことができます。店内には結構な数の女の子がいますが、全員が連れ出せるわけではないらしく、「あの子、表に行けるの?」と店員さんに確認してOKな子だけと楽しめるようです。
まずはゆっくり会話を楽しんでからという雰囲気ではなく、すぐに連れ出し交渉が始まるので情緒のようなものは感じられないかもしれませんが、早くヌキたいときにはストレスもなく便利な店だと思います。
11、仲間内では「5050円の店」という名前で通ってる少し変わったお店です。
入り口で5050円を払うと「こちらをお使いください」とペンライトを渡されます。店内がや
たらと暗いんです。ペンライトの光を頼りにゆっくりと中へ。ボンヤリと暗い照明に照らされた申し訳程度のバーとテーブル席があり、そこに着くと、女の子が横に座ります。このとき横に座ってくる女は、運がよければ20代の美人。悪ければ40代のオバハンです。暗さに目が慣れてくると、ペンライトを使わずともブスか美人かはわかるんです。女の子は選べませんしチェンジもできません。完全に運任せなので、ダメだった場合は一杯飲んで帰るしかないでしょう。
女の子と話をしていると、奧の個室に行くかどうか確認してきます。1万でどこまでできるかなど
と金額交渉で折り合いが付いたら、やはり真っ暗でタオルケットが敷かれただけの簡易的な個室に移動します。そこでズボンを脱がされ、ぬれタオルでチンコを拭かれたらプレイ開始。正直、女の子が若くて可愛い子のときは最高に楽しいですし、そうでもない子のときにはそれなりです。プレイは本ヘルと同じと考えていいと思います。少々ギャンブル要素が高いものの、リーズナブルだし暗闇でペンライトを照らしながらの飲みは結構楽しい。最後もキッチリ抜いてもらえるので、行ってみる価値はあると思いますよ。
関連記事