0055_20181212092518402_2019101516065222c.jpg0056_20181212092520774_201910151606538eb.jpg0071_20190724173357dfd.jpg0102_2018012621593721e.jpg0054_201812120925177ff_20191015160650fb3.jpg『ドキドキ郵便箱』の第一手はしょうもないツカミで入れ
同時に数十人の見知らぬ女性に、匿名でメッセージを送れるシンプルなツールだが、相手がどこに住んでいるのか、何歳でどんな顔なのかまったくわからないままなので、送る方も送られる方も文字通りドキドキな体験ができる。重要なのはファーストメールでの「つかみ」。最初のころは失礼のないようにと真面目な文面でメールを送っていたが、反応は悪かった。今現在、俺がよく使ってる掴み用の文面はコレだ。『これは不幸の手紙です!!この手紙を読んだ人は10分以内に腹筋50回してくださ〜(笑)』ノリがいい相手なら、〈ちょっと!ふざけんなって(笑)〉などと、すぐに突っ込みを入れてくれる。こいつに変えてから一通送るごとに5〜6人からリターンが来るようになった。うまくメールのやり取りが始まっても、遠くに住んでる子とはどうにもできないが、逆にご近所だったときは運命の出会いを感じさせる。基本的に返信をくれるのはノリのいい女の子ばかりなので、すぐに連絡先交換からデートの流れに繋がるはず。ユーザーは10〜20代の女の子が多いので、オバハンを引く心配は無用だ。
EyelandでヒマなOLをメシの話題で引っかける
最近、会社で「Eyeland」というスマホアプリばかり触っている。ユーザーたちの現在地がGPSによって示される地図を見て、自分の近くに気になる人間がいたら、チャットに誘えるというアプリだ。オレの職場はオフィス街にあるせいか、日中は、近辺の会社のOLらしきユーザーがけっこういる。自分のターゲットは彼女たちである。まずは昼メシ時にこんなチャットメールを。〈こんにちは。今、お昼休みなんでメールしてみました〉ただし、これだけではほとんどレスがない。肝心なのは二通目だ。このアプリは相手に写真を送ることもできるため、例えばラーメンの写メを添付し、〈○○のラーメンを食べにきてます。やっぱおいしいです〉職場の近所のメシ屋情報をエサにするのだが、これ、反応がかなりいい。
〈おいしそうですね。○○ってどこらへんにあるんですか?〉こうして繋がった後は、午後から夕方にかけ、適当に間をあけながらチャットメールだ。その際も、〈駅前の××ってソバ屋行ったことありませんか〉〈ワインが好きなら△△ですよ〉など、お店ネタを絡める。経験上、仕事中にこんなアプリを起動させている女は、会社でヒマを持て余しているタイプが多いのだろう、会話にだらだら応じてくる。そんなふうに2、3日もお店ネタでチャットしたあとは、〈よかったら今度一緒にメシでもどうですか?〉で普通に食いついてくるものだ。
Eyelandで初めての不倫体験
先日「Eyeland」というマッチングアプリで初めての不倫を体験した。
マップ上にアバターが現れて近くにいる人を選んで会話できるというアプリなのだが、仕事終わりに何気なく起動してみると、かなりの数のアバターがいたので、気軽に食事でもということで、片っ端からメッセージを送った。
「よかったら、一杯どうですか?」
「もうすぐ、仕事が終わるのでその後ならOKです」
「それでは、SL広場で待ち合わせにしましょう」
 やはり職場が近いと親近感が湧くのだろう。すんなりアポに成功した。SLの前で待っていると、オフィスカジュアルで高身長の女が現れた。年齢は30代半ばだろうか。とりあえずガード下の居酒屋で飲むことに。なんでも、この女性、ダンナが単身赴任中で、最近になって浮気の証拠をつかんだらしい。友人にも話しづらいことなので、吐き出せる場所を探していたとのこと。
 私自身は気弱な性格でうんうん、と話を聞いているだけだったが、女の飲むペースがグイグイ上がってしまい、22時前にはへべれけになっていた。
「まだ、帰りたくない」と女性が言うが、もう一軒行くわけにもいかないのでタクシーで近くのシテ
ィホテルへ。女をベッドに寝かせたところで
「一緒に寝よー」と言ってきた。そんなつもりはなかったのだが、誘われてしまったのではしょうがない。軽くキスして、パンツの中に手を伸ばすとグッショリだ。
「もう、興奮してるの?」
「だって、初めて会った人とその日にエッチするなんて…」
 うるんだ目でコッチを見てくる。ならばしょうがない。シャワーも浴びずに汗だくでセックスをした。女はすぐに寝てしまったので、翌朝までのホテル代を枕元に置いて部屋を出た。
バカが多い今だからこそ『ライン掲示板』には札束の写真を使え
いまライン掲示板が盛り上がってるのは間違いないが、顔写真が載せられない俺のようなブサイク男子でも、うまいこと女の子を引っかけられるとっておきの作戦がある。それが札束写真だ。まずはネットから1千万程度の札束の画像を見つけてきて、プロフ写真に設定する。写真はなるべく手で持ったり、自宅に置いてあるような、自然なカットを選ぶのがコツだ。あとは自分の好みの女の子にメール爆撃をかますだけ。ノリのいい子ならすぐに写真の札束に突っ込みを入れてくれる。
〈かまちょー〉〈ちょっと写真のおカネなんなの〉〈あ、コレ、去年宝くじで当ったんだよね。1千万。すごいっしょ〉〈マジでスゴいんだけど!!〉〈でしょー。好きな飯奢ってあげるよ〜〉馬鹿馬鹿しいと思うかもしれないが、いま爆発的に女性ユーザーが増えているラインだけに、こんなやり取りが現実に起きうるのだ。会ってからの出費は多少覚悟しなくてはいけないが、とにかくブサイクな顔写真を使っていたときに比べて出会い率が格段に上がったのは事実。同じ悩みを持つ皆さんには一度試してみてもらいたい。
近場の女を探せるスマホアプリ
画面の地図上に他のユーザーの現在地が表示されるので、相手を選んでメッセージを送るのが一般的な使い方だ。しかし老舗のアプリだけに男が多いせいか、「近くにいるんで会わない?」なんてアプローチをしても返信率は低い。
 そこでオレがやっているのは、“攻め”ではなく“待ち”作戦だ。使うのは、アプリの『地域情報フォーム』という機能だ。これ、地図上の任意の場所に目印を付けて、そこに情報を投稿するというもので、たとえば、中華屋に目印を付け、ラーメンの写真なんかをアップできる。そこでオレは外食のたび、いろんな場所にゴハン写メを投稿しているのだが、するとどうなるか?投稿を見た女ユーザーから「おいしそうですね!」みたいなコメントがちょくちょく付くのだ。
 何を思って、アカの他人のメシ写メに反応するのか。彼女らの心理はよくわからないが、経験上、この手の女は警戒心が低いヒマ人で、こちらが「コメントありがとうございます」と送ると普通にチャットが始まり、即日アポまでいくことも珍しくない。みなさんもお試しあれ。
関連記事