0156_20181213095328ab0_2019101608082107e.jpg0157_20181213095329101_20191016080823eb1.jpg0158_20181213095330964_201910160808244a3.jpg0159_2018121309533299e_20191016080826a63.jpg
1、皆さんは前戯のとき、女のどの部位をなめていますか?首すじ、足の指。
このあたりって、けっこう悦ばれますよね?じゃあ、これらの部位に共通することは?そう、普通に触るとくすぐったがられるということです。こそばゆいと性感帯は関係性があるんです。そこで試してもらいたいのが、脇なめです。舌先でチロチ口とやるとくすぐったがられますが、べロ全体を使ってゆっくりなめてみてください。これがかなり効きます。女にしてみたら体臭を意識する部位ということもあって差恥心も刺激されるからでしょう、確実に悶えてくれますから。ちなみに、どうしても恥ずかしがり、脇を隠してしまう場合はこんなうんちくを。
「谷崎潤一郎って小説家を知ってるでしよ?明治の末期から昭和にかけて活躍した文豪。谷崎の小説の『刺青』ってのに、女性の脇をなめて悦ばせるシーンがあるんだよ」
女ってのは単純ですから、それなら本当にイイのかもと妥協してくれるものです。
2、ヤラシイ言葉責めは女に考えさせてはいけない
3、電マをあてる向きには決まりがあるって知ってましたか?
4、勃起チンコはどんなときでも、体にコツコツあてておくべし
女が何より欲しているのは、チンコである。自分のカラを貫いてくれる、快感の肉棒。「おいしいー」なんてしゃぶりつく淫乱がいるが、あれは本心なのだ。だから我々は、挿入のときだけでなく前戯でも、そんな女の気持ちに応えてやるべきだ。どうすればいいのか?健康な成人男性なら、服を脱ぎ裸の女を抱きしめた段階で、すでにビンビンだと思う。すかさず相手の体にチンコを触れさせ、後はもう何をするときも常にコツコツあて続けるべし。足でも腕でも腰でも、部位はどこでもいい。角度的に体に触れさせるのが難しい場合は、握らせておくだけでもいい。効果はめちゃくちゃある。女の高ぶり方が段違い。乳首の立ち具合、股問の濡れっぷり、アエギ声の大きさも、普段の5割増しだろう。
関連記事