0100_20180126122746cc5_20191021210533771.jpg0073_20171227200415e3f_20190930205641392.jpg0079_2018122813330056c.jpg
0074_20190610095156c9e_20191022162255ae8.jpg0075_20190610095157b62_20191022162257263.jpg0081_20181230171712166_20191022162259b76.jpg201506107_2019102216230355b.jpg201511_000051_20191022162300028.jpg0052_20180306171345ccc_2019102216225492f.jpg0053_201808220839001b3_20191022162255c91.jpg0160_201811031800019e0_20190930205649e1d.jpg201310072_20190930205650196.jpg0150_20181225090820e41_201909302056442ac.jpg0151_20181225090822ec1_2019093020564799d.jpg1、ワリキリの自己紹介写真とSNSの写真が同じってことは、友達バレを匂わせてタダマンできる?
出会い系の王道ワクワクメールといえば、もっぱら女子大生やOLといった若いコ狙いのイメージがあるが、俺にとっては人妻落としの最適ツールだ。
 試しに30代以上・既婚でプロフ検索してみれば、不倫願望を持てあます奥さんがそれこそ星の数ほどいるのが一目瞭然だろう。数が多いというのはすなわち、それだけ成功率も高くなると言えるわけで。さて、有料ポイント制である本サイトの場合、作戦は自ずと掲示板に書き込んでの〝待ち〟となる。したがって募集文の出来不出来が結果を大きく左右するのは言うまでもないことだ。
 そこで文章の苦手な俺はある手法を用いている。正直、この方法を用いる前と後では、届くメールの数が軽く3倍は変わったほどだ。ヒントは不倫専門の人気出会い系サイト「不倫パートナーを探そう(フリパ)」である。
 ここはシステムが実に変わっていて、一度掲示板に投稿すると、以後12時間は書き込むことができなくなる。連投が不可能なのだ。
 で、こんな不便なサイトを主戦場にしているとどうなるか。答えは簡単だ。1回の投稿でなるべく多くの女からメッセージが届くよう知恵を絞るうち、募集文が洗練されていくのである。たとえばこんな具合に。
〈日々楽しくはありますが、想い合える人がいないのはやはり寂しいものです。心通うセフレを探してます。体の相性は大切ですが、デートはもっと大事。このあたりのニュアンスをご理解…〉
 ひゃー、すげ! 俺、こんなの逆立ちしても書けないわ!
 …おわかりだろう。俺の手法とはフリパのイケてる募集文を丸パクリすることに他ならない。
 むろん、細かな部分は自分のプロフィールに合わせて書き直す必要はあるが、そんな些細な努力で不倫願望の奥様方を振り向かせられるのだ。そして一度メールのやり取りが始まれば、トントン拍子にアポれるのが彼女たちの良いところ、あっという間にセックスに到達できてしまう。
2、ご飯デート系を狙え
大手出会い系サイトは、援デリ業者やポイント狙いのキャッシュバッカーだらけだ。特にアダルト掲示板のコーナーなどは、素人の女の子なんてほんとどみかけない。ならばとピュア系の掲示板を攻めても、今度はガードが高すぎてなかなか会うことができない。ところが、去年ぐらいからご飯デート系と言われるサービスが新設され、かなり高確率で普通の女の子と会えるようになった。Jメールの「誘い飯掲示板」と、ワクワクメールの「ご飯デート」のコーナーがそれだ。どちらの掲示板も、男女がランダムに書き込める形式で、場所と時間を指定して一緒にご飯を食べる相手を見つけられる。実際にやってみると、女の子の書き込みはそれほど多くないので、自分のプロフを充実させておき「焼肉おごります」などとメッセージを載せて連絡を待つパターンが一番話が早いと思う。いざ実際に対面したら、予約した飯屋でご飯を食べつつ、相手のタイプを探る。単なる茶飯女か、それ以上に進める、つまりは食える女かどうかだ。ここを介して連絡をくれる子は、タダ飯が目的の「茶飯っ子」が多いけど、アダルト系の掲示板に比べて普通の素人娘率が高く、食事を介して相手のキャラが見定めやすいので、援交や愛人のような関係に持ち込むルートとしてかなり使えると思う。自分のプロフ欄で、少々お金に余裕のある男を演じておけば話は進みやすい。まあ、ご飯代やらお小遣いやらお金は多少かかるけど。
3、ワクワクメールにハマる理由
数あるエンコー出会い系の中で、俺がワクワクメールにハマっているのは、このサイトのおかげだ。ハズレを引く失態を未然に防げるためである。ワクワクDBは、ワクワクメールで女と会った男が口コミを載せるサイトだ。女のワクワクIDで検索をかけるとその子の評判が出てくるので、デブとかブスとか書いてあればスルーすればいい。
 ただし、たいていの女に悪評が書かれているので、掲示板上の女のIDを片っぱしから検索しても、見た目やプレイなどがどう悪いのかが判明するだけで、アタリを引くことには繋がらない。
 しかしIDがオープンになっていない女、つまりこちらの書き込みに応募してきた女のIDを検索すると、ときどきアタリ情報が見つかるので興味深い。
 結局、正しい使い方は、まず「渋谷で会える人メールください。ホ別キス無し~」などと募集をかけ、メールが来ればIDを検索するという形となるだろう。
4、ワクワクDBは、ワクワクメールの女のIDを入れると、その女のクチコミ評価が表示される便利なツール
ワクワクメール側がIDを廃止したため、我々ユーザーは大混乱を起こした。援デリ業者や時短マグロを事前に避けられなくなったのだ。しかしここにきてDBが復活した。IDの代わりに、女のページのURLを貼り付けることで、個々の女の識別を可能にしたのだ。ただし、注意点が二つある。アプリ版ではURLのコピーができないため、スマホでアクセスする場合はブラウザを使う必要がある点と、PC版では“全画面表示”を選ばないと女のページでURLが表示されない点だ。みなさん、これからも快適なエンコーライフを。
5、パパ募集女をつり上げている
老舗の出会い系サイトで「パパ募集女」をつり上げている。前もって自分のプロフは社長とか会社役
員などの経済的に余裕のある人物に設定しておき、ピュア系の掲示板に『パパ募集してる子いますか? 多少身なりに自信のある方、連絡ください』と書き込んでおく。このメッセージに反応をよこす女の中には、この手の出会い系サイトではなかなか見れないような上玉がいるだ。
 こちらの対応は、経済的に余裕のある男が、気に入った子を選んで援助してあげる、という少し上から目線のスタンスが正解。メールのやり取りが始まったら、リアルな援助額、(月2回で10万円程度)を申し出れば、すんなりアポイントをとることができるはずだ。いざ対面したら、割り切った身体の関係を求めていること、身体の関係が目的なので、セックスの相性をチェックする必要があることを説明し、ホテルへ誘う。ここできっちり前金を求めてくる女もいるが、ほとんどの子がこちらに悪い印象を与えたくないからか、黙ってホテルに付いてくる。俺の場合、可哀想なので帰り際に足代の5千円を渡しているが、何も言わなければホテル代だけで済ませられるはずだ。
6、身バレを防止
ワクワクメールで『千葉県浦安の人妻です。県外の人募集!』という書き込みを発見した。わざわざ県外の男を募集しているのは身バレを防止するためだろうか。とりあえずメッセを送った。
〈神奈川県在住のタカです! よかったら会いませんか?〉
〈神奈川のどこですか?〉
〈川崎市の高津区です〉
〈最寄り駅はどちらですか?〉
〈溝の口駅です〉
身バレが心配なだけで、ここまで警戒するものだろうか?その後も何通かやり取りをして、ようやくアポを取ることに成功した。浦安駅のロータリーで待っていると、30 代くらいの二人組の女性から声をかけられた。
「はじめまして、エリです。こちらがユウコちゃんです」
「えっ、どうして二人?」
「ユウコちゃんが不倫したいけど、緊張するからって、ついてきてあげたんですよ」
「はあ」突然のことで要領を得ない。
「実は私たち、不倫相手の情報ををママ友同士で共有してるんです。なので、今日は、タカさんの面接も兼ねてるんですよね」
なんでも、男の情報をチェックして、旦那に疑われても口裏を合わせられるようにしているらしい。女って怖い。
「でも、優しそうな男性で安心しました。ユウコちゃん、大丈夫?」
おとなしいユウコが黙ってうなずく。
「でもエリちゃんもついてきてよ。緊張するし」
「あたしはいいけど、タカさん困っちゃうんじゃない」
「僕は大丈夫ですよ」
正直話についていけてないが、結局3人でホテルに入ることになった。さすがに3Pとはならなかったが、エリが風呂でのんびりしている間に、そのママ友ユウコと不倫するという、なんともおかしな体験をさせてもらった。
7、アンダー18才には注意
出会い系サイトを使っていると、思わぬところで落とし穴にハマってしまう危険がある。18才未満の女の子が平気で「ホ別3で」とか「ゴムなしで割りきり」などと書き込んでるのだから、良識を持った大人のオトコでも一瞬グラっときてしまうことがあるだろう。オレも何度も「メール送ってみようかな」と思い、踏みとどまったことがある。特にワクワクメールではこのようなワナに陥りがちだ。このサイトは本来18才未満の子は登録すらできないはずなのに、どういうわけか一定数存在している。他の同種サイトに比べて数がだいぶ多い印象だ。間違ってその穴にハマってしまわないよう、注意すべきポイントはこれだ。プロフィールや募集文面に『現役』『制服持参します』『Uです』のキーワードが入っているか否か。入ってる子はまず間違いなくアンダー18才だ。さらにその子の年齢設定が「18才~19才」になっていれば9割9分確定となる。ちなみに『U』はアンダーを意味している。サイト内では「17才で高校に通ってます」などと露骨に書き込みができないようになっているため、隠語のように上記の言葉を散りばめているわけだ。一時の快楽のために人生を棒に振ることのな
いよう、これらのワードには細心の注意を払いましょう。
8、タダマンも可能
ワクワクメールの『ピュア掲示板』に、『今から遊ぼ』というコーナーがある。素人女が今からすぐの出会いを求めて書き込んでいる場所だ。
『ゴハン行きましょう』
『しゃぶしゃぶ食べたい』
ただし、基本的に競争率は高く、普通にアプローチしてもアポは期待薄だ。なので正解は、こちらから書き込んでの「待ち」作戦だ。
『男2人でいます。一緒にご飯とか飲みとかどうですか』実はワクワクのピュアには、プチエンコー
やタダ飯を繰り返す2人組が多く、この募集によってその手のコンビが釣れるのだ。おおよそ連中のキャラクターは想像がつくだろう。日々をなあなあと送り、楽しければそれでよし的な刹那主義者なので、2対2飲みでのノリさえ合えば、タダマンも可能だ。
9、ワクワクメールのつぶやき機能でピュア系を一気に刈り取る

ワクワクメールといえば有名な有料出会い系サイトです。そこには「ピュア」「アダルト」のカテゴリがあり、アダルトのほうはエンコー希望で、ピュアは普通の出会いということになっています。やってみた方はわかるでしょうが、ピュアのほうはまあ、なかなか出会えません。なにしろ女性には大量のメールが届いているのでちょっとやそっとじゃ返信はこないし、こちらで〝地元が近い子カラオケでも行こう〞なんて投稿しても、女からのメールなんて来ず、無駄にポイントを消費していくばかりです。そこでオレが考えたのが、日記コメントで近づく方法です。ワクワクメールは最近、SNS的なサービスに力を入れているため、日記を書いたり写真を載せたりする子が増えているのです。まずは日記を検索し、地域が近い女のものに爆撃のようにコメントを入れまくります。日記の多くは「好きな人がほしい」とか「なんでワタシはこんなモテないんだろう」みたいなものなので、それに合わせた文面を打っていくのです(コメントではポイントは消費されない)。コメントのやりとりが続けば、次は直に連絡を取り合います。方法は彼女らのプロフィールページに行って「ひそひそ伝言板(2P消費)」で他の人には見られないようにアドレスを教えるだけ。僕の場合はいつもこう書いてます。〝もっと色々な話が聞きたいからここにメールちょうだい〞不思議なもので、一度日記で絡んだ人をムゲにはできないのでしょう。けっこうな確率で返信がもらえます。

10、ワクワクメールの地雷女は『わくわくDB』で事前に回避

やはり今の時代、有益な情報を得るには口コミの力が何よりの助けになる。わくわくDBは、出会い系サイト『ワクワクメール』の女たちに実際に出会った男たちの口コミ情報が書き込まれているデータベースだ。気になる女のプロフを見つけたら、DBの検索欄に女の登録番号を打ち込めば口コミデータが出てくるで、地雷かどうかたちどころに判明する。『西武新宿駅に呼びつける。超デブ』『思わせぶりなメールを送ってくるが会えない。ポイント稼ぎか』などなど。また、自身が出会った女の情報を自ら投稿すると、DB内で検索回数の多い女の子の月別のランキングが見れるシステムがあり、良くも悪くも注目を集めている旬な女の子たちがわかる。ランキングの中には有名な地雷女や悪質な詐欺女もいれば、まれに『本当に若くて可愛い女だった』『巨乳の美人だった』など、当たり女が見つかることもある。今度は逆に、それら当たり番号を、ワクワクメール内で検索し、彼女らとのアポを目指せばいい。

11、ワクワクメールに「投稿画像」なるコーナーがある。
ここは主に女性ユーザーが自分のエロ写真を投稿して、男性に見てもらうことを楽しむ場だ。男の俺もここに投稿している。理由は投稿写真を閲覧されて、評価(「凄く良い」「良い」「次に期待」の三段階)されることで、サービスポイントがもらえるからだ。これは普通カネを出して購入する有料ポイントと同様の価値を持っており、メールなどをするときに使えるものだ。俺みたいなおっさんの写真を見てくれ、さらに評価してくれるヤツなんていないと思うことだろう。そもそも彼女がいるわけでもないし、オリジナルエロ写真なんてものは持っていない。だから、エロ写真をネットで拾ってきて、それっぽいタイトルをつけて投稿している。たとえばこんな感じで。
〈ワクワクで会った25歳ナースのおっぱい〉
〈このサイトで会った女の子に股間写真撮らせてもらいました〉
 こんな風に期待を煽るタイトルならば閲覧されやすい。
 一枚投稿することで、およそ5~10ポイントが入ってくる。写真投稿は1日10枚までなので、およそ7~80ポイントは入ってくる。普通にポイントを買おうと思ったら千円で100ポイントなのだから、この手法、結構オイシイ。
関連記事