0006_20180711115119825_20191026122311c03.jpg0007_20180711115120814_201910261223126d4.jpg0004_201807111151160b7_20191026122307fff.jpg0005_2018071111511723c_20191026122309028.jpg0008_20180711115122214_2019102612231438f.jpg0009_20180711115123281_2019102612231695e.jpg0186_20190101163446fda_20191026122318166.jpg0187_201901011634477e3_20191026122320f5f.jpg0188_20190101163448732_20191026122322b4c.jpg0189_2019010116345006f_20191026122325bfb.jpga084_201910261223278d3.jpga085_201910261223298d7.jpg
ゲリラ豪雨が好物な男性は多いことでしよう。あちこちで女体に服がピタッと張り付くのですから、そりやオイシイに決まってます。ただし胸元はガードされがちなので、やはり狙いはケツです。どういうわけだか、女ってのは尻には気が回らないンんですね。
大胆なビキニよりTシャツ越しに見える透け透けおっぱい
このイヤラシイ水着、〝モノキニ〞って言うんですって。ま、名称はどうだっていいんですが、とにかく真ん中のヒモ、とっとと切れてほしいですよね。ああなってこうなってボヨーン。夢想するだけでヨダレが出ます。
大人になると、大胆なビキニなんかよりこういうもんに食欲がソソられるものです。ぴたっと貼り付いたTシャツ越しに見えるあれやこれや。美味そ〜。こういうのって男の専売特許だと思ってたんですけど、そうでもないんですね。女だって証を残したいのかしら? きっと命令されて撮ってるだけだとは思いますが。
夏の放水びしょ濡れエロエロ祭り
ロックインジャパンフェスバル
国営ひたち海浜公園
夏に多く行われる野外ロックフェス・真夏の炎天下なのでフェスでは「水分補給をしっかり」などの注意喚起をしているが、ここはそれだけで終わらない。ヒ—トアップした観客に向けて、ステ—ジからホスで放水するのだ。だからブラが透ける。ばっちり見える。
昨年は日に回メインステ—ジで午後くらいに放水された。
ご存知ディズニ—ランドで夏限定で行われているのがこのイベントだ。夏休み、特に週末ともなればイベントが行われるシンデレラ城前にはたくさんの女があふれる。
そこではじまるのが、ミツキやミニ—による大放水だ。その量たるや尋常ではない。最前列の女だけでなく、中段にいる人にまでも届くほどだ。
当然のように女どもはびしよ濡れになる。しかし彼女らはそんなことも気にせずにキヤツキヤしているので透けブラ見放題だ。放水は日回。時間は日によって多少ずれるが、時時の間、時間おき程度で行われている。
水かけまつりワールドフェスタ
さいたま市大宮区吉敷町丁目埼玉スーパ—アリ—ナ内けやき広場
こちらも放水イベントだが、水をかけられるのは水着姿の子供だけだ。
当然これだけじや面白くもなんともない。しかし期待すべきは子供のまわりにいるお母さん方だ。パシャバシャと水遊びを楽しむ子供が転んだりケンカをはじめると、お母さんたちが飛んでくる。そのとき、彼女たちにも水がかかってしまう。さらに子供がお母さんに抱きついたりしたら、お母さんの胸元までビシヨビシヨ。これが毎年、あたりまえのように見られる光景だ。
期間中は時時半、時半時に水かけが行われる。子供たちがもっと蘗れてくれるよう、祈りながら観察しよう。
東京!沿道のハプニング濡れもあり深川八幡祭り
江東区富岡八幡宮周辺月日子供神與の最中
「江戸三大祭り」のつに数えられる深川八幡祭りでは、神輿を担ぐ者に対して沿道の観客が水を掛ける伝統がある。別名「水掛け祭」と呼ばれるゆえんだ。
神輿は男女混合で担いでおり、ハッピ姿の女性がビシャビシャになっていくさまは実に色っぽい。またココではハプニングとして、沿道の客に水がかかってしまうことも忘れてはいけない。
予期せぬ水責めに悶絶する女性客が最大の見所といってもいいくらいだ。もっともハプニングが起こりやすいのは、数千人がごった返す「富岡八幡宮」の鳥居付近。位置取りを慎重に。
浅草サンバカ—ニバル
いわずと知れた日本最大のサンバカ—ニバルだ。全国から集まつたサンバチ—厶がそれぞれ独自の衣装で腰をふりまくる。
特筆すべきは、本場ブラジルのダンサ—も参加するグル—プ。
ブラジル女の露出の多さが影響してか、同じチ—厶の日本人も乳首ギリギリ、尻丸出しで踊つている。コンテストに出場するようなチ—厶のほとんどにこの傾向があるので、ダンスがはじまる前のアナウンスに注目しておこう。他にもロシア、韓国、アメリ力と色んな国の女性が参加をしている。日本人娘の控えめな衣装と、外人の大胆な衣装、両方を楽しめる。
おいでん祭り
毎年地元のスケベ男たちが楽しみにしているのがこの祭り。有志で結成されたギャルグループがテ—マ曲の「おいでん」にのせて踊り狂う。彼女たちの衣装は、下着にしか見えないようなスケスケキャミソールやガ—夕—ベルトなど、素人の女とは思えないほどに大胆だ。この状況は年々過激になつている。なぜこのような卜になっているのかは定かではないが、メディアや新聞にとりあげられたことにより、目立ちたがり屋なギャルたちがエスカレ—卜していったのだろう。
徳島必ず濡れるギャルみこし
全国各地に広がっているギャルみこし。彼女たち、基本的にはハッピの下にはシャツやサラシを卷いており、露出なんてほとんどないものだ。
この祭りでも同様、ギャルたちはしっかりと着こんでいる。そんな彼女たちを見て興奮できる時間は祭りの終盤にようやく訪れる。
伝統行事として、ウミガメのふるさとである大浜海岸へと神輿を担いだまま練り歩き、そのまま海の中に入っていく。ここでギャルたちは荒々しい波によって上半身まで濡れ、シャツやさらし越しに肌が透けるのだ。
これがなかなかオツなもの。帰りも濡れたまま神輿を担いで神社まで戻るので、その間は見放題となる。ウミガメ様に感謝しよう。
関連記事