0077_201901100941306ff.jpg 0078_20190110094132b9c.jpg 0079_201901100941334b1.jpg
「元スチュワーデスが在籍」というデリヘルは数多いが、いざその手のコを呼んでみればただ単に制服を着せてみただけというのが現実です。だが、神は我々を見捨ててはいませんでした。航空業界の専門用語をスラスラ答える様子からして、彼女だけはホンモノと信じちゃいたいのですがいかがでしょう。 バレーボール選手並の高身長女性が好きな方ならば、この店の存在はご存じだと思います。中でも一番大きい彼女の身長は185センチ。仁王立ちした彼女の股間に向けて首を伸ばしてクンニし、天井から降り注ぐような聖水を全身で浴びる。最後は圧巻の素股でフィニッシュです。シャレにならないほど濡れまくる子です。手マンしてやると大量の潮を吹くんですが、そもそも触る前
から濡れてるんですね。事前にローションでも塗ってんのかと疑っていたら、愛撫の途中でもベッドにシミができるくらい濡れてくるから、そうでもないみたい。フェラチオしてるときに言葉責めすると興奮するらしく、「大好きなチンポ舐めてオマンコびちょびちょに濡らしてんだろう」なんて言ってみると、本当にアソコからポタポタ愛液が垂れてくる。いつもプレイが終るとベッドの上は日本海のようですよ。店長の趣味なのか、この店には肌の白い、黒髪清楚系の女のコが数多く在籍しているが、彼女の色白度合いは頭ひとつ、いや軽くふたつ分は抜けている。はじめて見たときは、体内で蛍光灯が点いてるのかと思ったくらいだ。単に肌が白いのではなくほんのりと光輝いているというか。加えて、顔もかわいく、Cカップの胸も透き通るように白いので、マジな話、そこらのアイドルよりよほどレベルが高い。フェラテクがさほどでもないのは難点だが、そういうシロートっぽさも含めて、絶品のフーゾク嬢であることは間違いないかと。長いことフーゾク遊びをしていると、まれに「ああ、この子は本当にエッチが好きで風俗嬢になったんだな」と思わせる淫乱娘に当たったりするわけだが、その中でも彼女のエロさはピカイチだ。客を喰わんばかりの激しいディープキス、むさ
ぼるようなフェラ。そして手マンの際は、胸のあたりを真っ赤にしてよがり狂い、もう本当に辛抱タ
マらんといった感じでこう言ってくる。
「ああ、ねえ、ちょっとお願い。入れて、あそこにブチ込んで!」
挿入後、自ら腰をふってイキまくる様は、完全に仕事を忘れ、セックスに没頭しているようにしか見えない。もしあれが演技だとすれば、もう俺は何も信じない。