0083_2019012218371973c.jpg 0084_2019012218372069a.jpg 0085_20190122183722f8c.jpg
ヒルズ族のように金がなくとも、もこみちみたいなルックスがなくとも、一度男と生まれたからには、みな願ってる。イイ女とヤリたい
街には、上戸彩似の可愛い系も、小池栄子ばりのナイスバデオもわんさか歩いてる。でも0086_20190122183829b79.jpg 0087_20190122183831617.jpg壁は高く、道は険しくとも、裏モノにはナンバを職業にした達人やツワモノ読者が数多くいる。
彼らのノウハウを吸収し、今こそイイ女の裸体を拝め!ナンバに最も必要なのは行動力だと言った。
一日で何人の女性に声をかけられるか。すべては努力の量に比例するが、いざ街へ繰り出す前に一呼吸置き、鏡で自分の姿を確認してみよう。髪の毛はボサボサではないか。爪が伸び切って垢は溜まってないか。口臭が気にならないか。鼻毛が出てないか。
こうした基本事項のほか、やはり服装にもある程度の気を造うべきである。
確かに、世の女性の多くは、男を顔やファッションでは選ばない(十代のギャルは別)
大金を叩いてグッチやドルガバでガチガチに身を固めたところで、好感を持たれるのはキャバや風俗嬢ぐらい。ほとんどのOLや女子大生には逆効果だ。
女にしてみりや、見知らぬ男に声をかけられるのだ。できるだけ安心感を抱かせるような服装センスを心がけるべきだろう。そこで、もっとも手軽かつ確実なのは、全国にショップのある「BEAMS」や「UNITEDALLOWS」で、上から下まで揃えることだ。
平日ならネクタイ着用のスーツ。休日はジーンズ(綿パンでもOK)。店員に見繕ってもらえば、まずハズレはない。
「週末に取引先のホームパーティがあるので、カジュアル服をコーディネートしてもらえませんか」
これで十分だ。予算は上下で5〜6万足元は、フォーマルなら当然革靴だし、カジュアルも革スニーカーならスッキリして見える。
関連記事
カテゴリ
タグ