0078_201902121859145b2.jpg 0079_20190212185915591.jpg 0080_201902121859173f4.jpg
女子大生がわんさかの混浴。そんなAVまがいの状況がサマーシーズンにのみ起こる温泉宿だ。
ここは、収容人数250人の巨大以外でも、料金を支払えば入浴できるため、近隣の安宿で夏合宿中の女子大生どもがわんさかやってくるのだ。岐阜県高山市水明館 佳留萱山荘 俺が知っているだけも、N大の広告研究会、C大のダンス部、A大の演劇研究会などは常連で、毎年のように見かける。あの、若い女集団特有の、きゃぴきゃぴとした雰囲気に包まれるよろこびは、ちょっと言葉では説明できない。唯一、難があるとすれば、女性客のみバスタオルでの入浴が認められていることだが、肌をピンクに染めたJDが、オッサンどものにやけた視線に恥じらう光景は格別だ。
カテゴリ
タグ