0051_201712291424256ab.jpg0050_20171229142427c3c.jpg00074_20171228234857ea4.jpg 00075_20171228234858333.jpg00076_20171228234900606.jpg 00077_20171228234901839.jpgヘルス嬢とタダでセックスできる関係になる方法を紹介します。お店選びは特にこだわる必要はなく、普通のヘルス店で構いません。ポイントは素股をするとき。当たり前のようにゴムをつけるんですね。「やっぱり、衛生面とかいろいろ気になるだろうから、オレはゴムつけるね」なんて言って。
その後ヌルヌルのローションでゴムちんこを素股されている最中、事故を装ってするりとマンコに挿れてしまうんです。でも大丈夫。ゴムがついてるので女の子は「ま、いっか」みたいなカンジで特に拒みませんから。そしてプレイ終了後、ごはんに誘うだけです。
ゴム本番でセックスを終えていると、どうしても嬢は情が移ってしまう。女って、好きな人とセックスするんじゃなくて、セックスした人を好きになっちゃう性質があるんですね。みなさんも過去を
思い起こしてください。店外デートできたのって、たいてい店で本番した子じゃないですか?
とにかくいろんなヘルス嬢にこの方法を繰り返してると、そのうちセフレができるはずです。
ラブルームというチャットサイトはご存知でしょうか?素人女性と他愛のない会話をするだけの、なんの変哲もないサイトなのですが、やりようによっては彼女たちとセックスする関係になれるんです。狙うのは人妻一択です。午前10時から正午まで、もしくは午後1時から4時くらいにチャットを始めます。ようするに人妻がヒマで回線をつないでる時間帯です。まずは軽く挨拶したあと相手に質問。「子供はいくつなの?元気?」「近所付き合いは?」「旦那さんとは仲いいの?」どれも本当に他愛のない世間話です。でも、このような話題には驚く程彼女たちは食いついてきます。ほかの男たちがとにかくエロに持ち込もうとしているからでしょうか。
ダラダラ、ダラダラと「大変だねぇ」とひたすらうなずくこと2時間。するとなぜかやけにこちらに親近感を抱いてきます。「なんだか優しいんですね」とか言って。そしたら「近くに住んでるならケーキでも食べながら話そうよ」と言って、連絡先を交換して後日アポへ。 
ポイントはいきなり狙わないこと。ヤリたい気持ちを抑えて、その日は「ありがとう」ってハグだけで済ませるんです。さらに2回目。だいぶ溶け込んでますが、ここでもまたヤらない。別れ際のキスだけに留めてください。 そして迎えた3回目。もうここでは彼女たちも覚悟をしてますので、あとは当たり前のようにホテルに入ってください。がっつりセフレにできます。
かつては未成年がうじゃうじゃいた、秋葉原などのリフレ店ですが、最近では在籍している女の子のほとんどが18〜20才です。そんな若い子とタダでセックスしまくってるのが私です。その方法をご紹介します。
まず、個室に女の子が入ってきて簡単にルールを説明すると思います。「ハグが3千円で〜、ビンタがいくらで〜」と。この時点でその話を遮るようにこう言ってください。
「は?何言ってんの?そんなの全然興味ねえよ。セックスはできんの?」
女の子は「えっ」と一瞬戸惑う表情を浮かべますが続けてください。
「いや、オレはセックスがしたいの。セックスできんの?」
こう言うと、女の子の表情が一気にこわばりますが、それでもまだ本気で迫るんです。
「ここでできないんなら用はないわ。外出てからじゃないと話になんないな」
めっちゃ意外でしょうが、これで連絡先を教えてくれる子がいるんです。本当ですよ。
外で会ったらカラオケでもホテルでもいいので誘ってみるんです。話のトーンは変わらずオラオラなかんじで。それでも「え〜」という表情を浮かべたら「じゃあいくらでやってんの?」と聞いてください。この人は冗談が通じない人だな、と判断して本当の額を言ってくると思います。たとえば1万円とか。でもそんなのには応じずに「オレはお前のこと本気でヤりたいって思ってんの。金なんて払わねえよ。わかる?」。信じられないかもしれませんが、こういうオラオラ作戦がリフレ店の女の子にはめちゃくちゃ効くんです。普段、気弱なオタクばっかり相手にしてるからでしょうか。
ハゲ散らかっていて渇いたボロ雑巾のような顔をしている50才のオヤジに、セフレが4人もいる。信じられない方はこの方法を試してみてください。
向かうべきは婚活パーティです。ただし40才以上など参加者が高年齢の人に限ったもの。こういう場に来る熟女は、男に飢えてるので狙いやすいですよ、なんていう単純な話ではありません。こんな場にも、しっかりイケメンと金持ちは潜んでいるもので、彼らがまともな女性は全部さらっていってしまいます。でも、ちゃんと私にも恩恵があります。狙うは、フリートーク中に誰もつかない、顔が残念なかんじの不人気女です。話してみるとわかりますが、こういうコは離婚歴もなく、そもそも恋人がいたことすらなく、ほんとうにモテない人生を40年以上過ごしてきてます。なので、私のようなボロ雑巾が話しかけてくるだけでも信じられないほどに明るい表情を浮かべるんです。
「キレイですね」「まだ結婚してないでよかったです」「ホントに恋人ができたことないんでか?」など、歯の浮くようなセリフを並べても彼女たちはなんの疑いも持たないばかりか、どんどんこちらに惚れ込んでいきます。すぐに食事に行き、その場で「付き合って欲しい。この出会いは運命だと思う」と真剣に話してみてください。相手は即答ですよ。あとは、そんな「彼女」と都合のいい時だけ会ってホテルに直行するだけです。相手は惚れ込んでいるのでまったく離れません。現在、私にはそういう「彼女」が4人おります。
大手出会い系サイトのアダルト向け掲示板には、その目的別に数種類の掲示板が置かれている。中でもひときわ盛んな書き込みがなされているのが「すぐ会いたい」というジャンルの掲示板だ。なかを覗けば一目瞭然が、その99%がエンコー募集の書き込みとなっている。
「これから新宿でお願いアリで会える人! 詳細はメッセージで連絡しますのでお待ちしてます」
「給料日前でピンチ! だれか助けてくれないかな? 意味わかる人だけメッセージください」
 直接的な表現を用いることによる削除を避けるため、具体的な内容は書いていないものの、こうした書き込みはすべてエンコー相手募集の書き込みだ。東京エリアの場合、この手のエンコー募集メッセージは2~3分に一回の頻度で書き込まれる。休日の夜ともなれば、数秒に一回はアップされるだろうか。
実質、個人売春のインフラとして機能しているこうした掲示板は、「ワクワクメール」や「ハッピーメール」「イククル」など大手の出会い系サイトには必ず設置されている。
撮影会というイベントをご存知だろうか。素人女性がモデルになり、マンションや雑居ビルの一室を使って行われるものだ。
 女性は、1時間ほど個室内でカメラ小僧と2人きりになり、着やコスプレ姿で撮影に応じるのだが、ときには性器を露出したり過激なポーズを見せたりも。だが、こうした撮影会のモデルの収入はわずか数千円に留まる。こうした背景がそうさせているのかわからないが、撮影モデルのなかには、客にエンコーを持ちかける者がいる。相場は手コキが3千円ほどからで、なかには3~4万円で本番をさせる女まで。非モテのカメラ小僧にとっては、目の前で過激なポーズをとっている女性に手コキをしてもらえるのだから応じないわけがない。撮影会主催者側のなかには、これに気づいている者もいるが、事実上の黙認状態だ。
関連記事