1_201911141623124f1.jpg2_20191114162313ff6.jpg3_201911141623157bf.jpg4_20191114162316920.jpg5_20191114162321c94.jpg6_201911141623223fc.jpg人妻を見分けるポイントはずばり、乳の位置と腕の血管だ。特に子持ちの場合は、否応無しに乳は下がり、腕には血管が浮き出てくるのだ。エントランスから赤ら顔のオナゴが乳母車を押して出てきた。年の頃なら20代前半。実にわかりやすい。
「(子供に手を振りながら)何歳でしゅか?僕の子供は3才ですよ〜」
「ちょっと、何するんですか」
「すいません.実はボク、子供が大好きで。あんまりカワイイお子さんだったから、つい」「へんなこと言わないでください1.警察にいいますよ!」
そんなに怒らなくても。これでもオレ、子供の面倒見は良い方なのよ。
今度はタオルを首にかけた下パイ女が現れた。これまた、正真正銘の主婦だ。
「あのぉ、さっきジムで会いましたよね?」
「え、そうでしたつけ…」
「あれ、間違ったかな.地元の奥さん?」
「地元ですけど…」
キョトンとする女の腕を引き寄せた途端、彼女がわめきだした。
「ちよ、ちょっと触らないでくれます」
「さすが筋肉が張ってますねえ」
「バカじゃないの!誰が見ているかわからないじゃないのよ」
オレの手を振り払い、女が入ごみに消えていく。ご無礼つかまつりました。翌日は矛先を変え、池袋のサンシャインビルにある料理教室『Aクッキングスタジオ』を訪れた。
料理教室というと、OLや独身の女が多そうだが、ネットを調べた限り、昼間は人妻が多いらしい。
入り口のところに、エプロン姿の案内役らしきオナゴが2人見える。イッときますか。
「いま授業中?体験入学したいんだけど」
「今日の授業はもう閉め切られているので・・・」
「人妻って多いよね?」
「ええ、結婚されている方も多いですよ」「ふ〜ん。で、キミも人妻?」
「いえ、ワタシは学生のアルバイトなので・・・」
なんだよ、紛らわしい恰好すんなって。
鏡越しに見える教室の中では、エプロン女が大集結していた。杉本彩似の30代がアップにした髪を解けば、マルシア似の釦代がスプーンをペロペロ…いい、いいんじゃないの!
「おつかれさまです〜。美味しかったぁ」
「アタシもシナモン買いますよ〜」
1時間後、帰り支度を整えた面々が、ノンキな会話を交わしながら、続々と教室の中から出てきた。先程のマルシア似は…きたきた。
「今日のメニューはど一よ?」
「えつ?」
「旦那さんに何作ってあげるの?」
「ま、麻婆豆腐…」
目を丸くする彼女は美佐枝。何でも、1年前に結婚したのだが、ヒマを持て余し、この料理教室に通い始めたらしい。ふむ、実に格好なターゲットだねえ。
「奥さん、オレ、カレーが大好きなんだよね。今度、作ってよ」
「あははは。冗談ばっかり」
「じゃあ、カレーを食べに行こうか?良い店を知ってんのよ」
「ちょっと待って」
突然、彼女がカバンの中に手を入れ、分厚い書類を差し出してきた。
自販機は最高のナンパスポット
僕、1日にタバコ3箱は軽く力ラにするんですよ。パッケージには「吸いすぎに注意しましょう」なんて書いてありますけど、そんなの知ったこっちゃありません。で、この前、街中の自販機でタバコを買ってたとき、あるナンパ法を思いつきまして。これも僕がヘビースモー力ーだった、おかげですかね。いやあ、もうホント、タバコ様々ですよ。みなさんにもこんな経験ありません。自販機で買い物して、モノだけ取ってうっかり釣り銭を置き忘れちゃったことって。
そういうとき、「お金忘れてますよ」って親切に教えてくれた相手に悪い気するはずありませんよね。もう言いたいことわかりますよね。自販機の近くで女のコがタバコを買いにくるのを待って、獲物が現れたら、サッと後ろに並ぶ。女のコがその場を離れようとした瞬間、「あれ、お金、忘れてるよ」って声かけたらまさか相手もナンパだって気づかないでしょ。もちろん、そうそう都合良く釣り銭なんか忘れてくれるはずありませんから、事前に⑩円玉を用意しとかなきゃいけないりそれでも、まあ人問の記憶なんて暖昧ですし、絶対バレやしませんよ。写真のコは駅前の若者向けファッションビルの入り口にあった自販機で引っかけた女です
ここなら若い女が来るだろって、張って10分ほどたったころ、案の定、このコがやって来て。しめしめって感じでしたけど、ここで、ちょっと待てよって踏み止まったんですよ。あんまりすぐに声をかけたら、「あ、ありがとう」ぐらいでアッサリ終わっちゃう可能性が大じゃないですか。結局、その場では声をかけずに、タバコを買い終えた彼女が30メートル先の角を曲がったところで猛ダッシュ追いついたときはハァハァ息が切れちゃってたけど、「ね、10円、忘れたでしょ」って声をかけるとえらく嬉しそうでね。ほら、女のコって、「私のためにわざわざ」みたいなシチュエーションに弱いじゃないですか。まさに僕の狙いどおりの展開ですよ。こうやってきっかけさえ掴んじゃえば、こっちのペースに巻き込むのなんかラクショー「拾い主は2割まで謝礼を請求できるんだよ」ってギャグを力マしているうちに、いとも簡単にお近でづきになれちゃいました。
彼女、ショッピングに来たそうなんですけど、その先の予定は入ってないらしくて、「じゃ、居酒屋でメシでも食おうか」って誘ったら「ホント」て嬉しそうにくっついてきましたよ。
あとは例のごとく力ラオケで盛り上げてラブホテルに直行しました。25才のOLって話でしたけど、そのわりにはコギャルみたいな服着てますよね。そういや日本っ世界でもまれに見る喫煙天国じゃないですか。あとナンパ文化も日本独自のものだそうですよ。案外、両者には深い関係があったりして…。なんてはずがあるわけありませんね。
関連記事