1_201911152320387e6.jpg2_201911152320393dd.jpg3_20191115232040e5e.jpg4_2019111523204257d.jpg
1、現行のアイフォンに最初からインストールされている『友達を探す』というアプリが、高性能だと評判だ。設定した相手のアイフォンの位置をリアルタイムでチェックすることが可能で、しかもその設定方法も次のように簡単。
①互いのアイフォンのアプリを起動
②相手のを操作。『AirDrop』という設定をON。
③自分のを操作。『友達を追加』ボタンを押すと、画面に相手の名前が表示されるので、『位置情報を共有』をON。
④設定完了。
作業時間としては1分ほどだろうか。また、こちらが居場所を確認する際、相手に何か通知がいったりもしない──。という高性能ぶりなので、これをストーキングに活用する人間が多発している。ターゲットの女がアイフォンを使用中にこっそり背後からのぞいて『パスコード』を記憶。相手がアイフォンを置いて席を立った隙に設定されるようだ。
2、最近メディアでよく見ないだろうか。若くて可愛い歯科助手ばかりを雇ったキャバクラ状態の歯医者を。あんなとこならいくらでも通ってやりたいところだが、生活圏内のどこにキャバクラ歯医者はあるのか? 探すのはなかなか難しい。では見つけ方を伝授しよう。
まずとりあえずは、有名なキャバクラ歯医者、「ゆうかデンタルクリニック」や「えいじ歯科」などのホームページへ飛び、女性がズラッと並んでいるスタッフ紹介の画像を保存する。次に、保存した画像をグーグル画像検索にかける。すると白衣女性が並ぶ、類似の画像が何百と現れる。これらは全てが歯医者とは限らないため、画面上部の検索バーの「education」や「team」という英単語を「歯医者 市ヶ谷(生活圏の地名)」と打ち変えれば、地元のキャバクラ歯医者だけが残る。
3、ツイッターには“晒し”という陰湿な文化がある。自分が普段オカズにしている女性の名前と写真を衆目に晒して「皆さんこの子でアイコラ作ったり、写真にぶっかけたりしてください!」と呼びかける行為のことだ。さらにこれを他人に代行してもらう“晒し依頼”というものまである。自分の身元を隠して、オナペットをネットに拡散させることに興奮を覚えるのだろう。晒し依頼を受け付けている代理人アカウントはかなりの数があり、ぶっかけ、アイコラ、個人情報の拡散などに、それぞれ特化している。悪質なものになると、女性のアイコラと一緒に本名や勤務先、本人のツイッターアカウントなどの個人情報を載せているものまである。「晒し行為」で検索してみれば、ツイッターのダークサイドを観測できることだろう。
4、社会現象を巻き起こしているポケモンGO。このゲームが、卑劣な犯罪に使われていることをご存知だろうか。ポケモンGOでは、モンスターと戦っているときの様子を、画面上のカメラボタンを押すことでスクリーンショットとして保存できる。これはゲーム上での操作なので、スマホをマナーモードにしていればシャッター音は鳴らない。そして、ARモードを選ぶと携帯カメラに写っている、実際の風景にポケモンが表示される。つまり、ポケモンGOが盗し撮り用の無音カメラとして使用できてしまうのだ。現場が抑えられたとしても「ポケモンやってるだけ」と言い逃れする者も多いという。人気ゲームをこんなことに使うなんて卑劣なヤツらだ。
関連記事