0024_20190316084724292.jpg 0025_20190316084726788.jpg 0026_201903160847275b7.jpg 0027_2019031608472977a.jpg 0028_2019031608473050b.jpg 0029_201903160847320f5.jpg 0030_20190316084733a1f.jpg 0031_20190316084735c83.jpg 0032_20190316084736e71.jpg 0033_201903160847381ff.jpg
普段から朝は食べないので、まずは昼メシの捻出からいこう。
俺はソフトバンクの携帯を2台持っている。
10月はソフトバンクのスーパーフライデーというキャンペーンで、金曜日だけ吉野家の牛丼が無料となる。1回線につき1枚クーポンがもらえるので、俺は2杯牛丼がタダ食いできることになる。 
キャンペーンのせいで吉野家には行列ができていたが、無事に牛丼をタダ食いだ。会社が休みなので昼に起きてすぐネットをチェックする。 
どうやらサントリーが缶コーヒーのキャンペーンをやっているようだ。抽選に当たればレインボー
マウンテンのタダ券を11枚プレゼント。これはゲットしておきたい。 とりあえず一回やってみる…ハズレ。しかしアカウントを作り直せば何回でも応募ができてしまう仕様だったため、何十回も執拗に応募する。ポチポチポチポチ…。 結果、5回当選してタダ券を55枚手に入れた。これでコーヒーにはしばらく困らないぞ。さすがに今日は何か食べないとヤバい。朝から自転車を漕いで、新宿へ向かう。行き先は家電屋だ。家電には目もくれず、日用品コーナーへ。目当てはタイガー魔法瓶の水筒〝コロボックル〞だ。価格は税込み4300円。この水筒、中国ではプレミア価格で取引されていて、中国とのルートを持っている家電買取店では、1個5千円、即金で買い取ってくれる。つまり1個買うと700円の儲けだ。どの店も1人1個までの購入制限があるが、チェックは店員が行うので、早番と遅番が交代すればまた買える。しかも新宿だけでも家電屋は5軒もあるし。 
とりあえず1個買って、昼飯を食おう。さらにこの日だけで9個の水筒を買い、すぐに買取屋に流して6 300円をゲット。よーし、今日は一人焼肉だ!仕事もそこそこに、昼から新橋のパチンコ屋へ向かう。スロットコーナーを徘徊していると、11月号の特集でも紹介した、ミニボーナスの出目で捨ててある台が。早速キープして打つと、ベルが揃って13枚(260円)の払い出しだ。 
とりあえず3台こなして500円儲かったところで交換し、いったん昼食にする。それにしても、ミニボーナスのまま捨てていく人が多い。さすがサボリーマンの多い新橋だ。午後も90分ほど徘徊を続けると120枚ほどのメダルを獲得できた。これで2000円とコーラをゲット。余裕だな。今日は火曜日なので、ファミマのポイントが2倍だ。12月号でも紹介した方法でTポイントをゲットしておこう。会社の昼休みにファミマへ。クレカから10万円をラインカードにチャージし、999Tポイントをゲット。そして、すぐにラインカードの残高を銀行へ入金。これで金を使わず、Tポイントだけが手に入った。しかしポイントの反映は3日後。今すぐ使えるわけではない。とりあえず昼メシは抜きだな。アキバのゲーセンの店頭で、クレーンゲームの1プレイ無料券を配っていた。さあ、これがメシの種になるだろうか。 店員を呼び止める。「この台でめっちゃ金使ってるんすけど、全然取れないんですよ。サービスしてくれませんか?」
苦笑した店員が、景品を取りやすい位置に置いてくれたおかげで、難なく1プレイで取れてしまった。アニメキャラの膝掛けだ。 すぐさまヤフオクへ出品。相場より安めの1500円で出す代わ
りに「ネットバンクで即時振り込みできる方のみ落札お願いします」と書き添える。
すぐに落札され、その30分後には送金をしてもらえた。餓死は免れた。会社でネットをダラダラと見ていると、気になる見出しが。
『ビタントニオ製フライヤーから発火のおそれ製品を自主回収』
揚げ物を作る機械のことで、製品を回収すると一律8千円の返金がされるそうだ。急いでアマゾンをチェックしたところ在庫が10個あった。しかも売値は7200円。買いだ!   すべての在庫を注文し、夜にはフライヤー10個が家に到着した。8千円の儲けになる計算だ。すぐさま着払いでメーカーに発送しておいたが、返金手続きにはまだ時間がかかることだろう。晩メシはどうしよう。あ、そうだ、日付が変われば金曜だから吉野家がタダじゃん!まだ40本以上残っているコーヒーを飲みつつ、朝からネットサーフィンだ。と、ヤフーに気になる告知が。
『プレミアム会員様限定! ブックオフの本を3冊プレゼント!』
ヤフーのプレミアム会員であれば、ブックオフの100円本が3冊、レジで無料になる引換券をもらえるようだ。 ヤフーのプレミアム会員は初月無料。つまり入会↓引換券発行↓退会↓入会…と繰り返していけば、いくらでも本が無料ってことじゃん!これはやるしかないでしょう!パソコンの前でポチポチと地道な作業を繰り返し、3冊引換券を10枚発行した。これで3千円分の本がタダになる。その本をまたブックオフに売ってしまう作戦だ。 が、引換券に1人1枚と書かれているため、店員が入れ替わったスキを狙ったり、フロアを変えたりして、30冊の本を手に入れるのに3時間以上かかってしまった。もう夕方だし!
タグ