0077_20190316134724081.jpg 0078_2019031613472678d.jpg 0079_201903161347272f5.jpg 0080_201903161347284cc.jpg
よく詐欺会社が出しているようなガセネタではない、本物のパチスロ攻略法がある。手順さえ守れば誰でも100%勝ててしまう攻略法だ。攻略法が使えるのはSANKYOというメーカーから出ている「ボンバーパワフル2」という台だ。この台には欠陥があり、チャンスゾーンの待機状態になっているときに、一定の法則に従って押し順ナビを無視するとコインが微増する状態(RT)が永久に維持できてしまうというものだ。手順を紹介しよう。
1→チャンスゾーン「ボンバーチャレンジ」に自力で当選させる
2→ナビが出るまで中→左→右で消化
3→押し順ナビが出たら、無視して下の表のとおりに変則押し
●ナビの変則押し対応表●
213→231
312→321
321→312
231→213
4→中段に「スイカ・リプレイ・リプレイ」or「星・リプレイ・リプレイ」が入賞する
5→バラケ目のリプレイ(クレジット欄の下にあるリプレイランプで確認する)入賞まで順押しで消化
6→コインが減らなくなる。上段にリプレイが揃うまで中→左→右で消化
7→上段にリプレイが揃ったらコインが減らない状態は一旦終了。2へ戻り、以後繰り返す
この手順を繰り返すと、1ゲームあたり0.6枚のペースで永久にコインが増加していく。
1日繰り返せばチャンスゾーンを自力で当てるまでの投資を差し引いても約4500枚(9万円)ほどのプラスが見込める計算だ。変則押しによって警告音が鳴り続けるため、注意されないヌルい店を探すのが大変だが、見つければATMを見つけたに等しい。
金を使わずにポイントを貯める、いわゆる「ポイント乞食」と呼ばれる人種がいる。ヤツらがポイントを貯める手口を紹介しよう。まずは、リクルートカード(リクルートカードプラスは不可)・Yahooカード・楽天カードのいずれかを発行する。中でもリクルートカードが1.25%(ほかは1%)で一番還元率が高く、人気がある。審査に通過すると、カードと一緒に口座情報を登録するための用紙が届くが、この口座情報の登録をあえて無視。そして次に、発行したカードを使って、セブンイレブンで使える電子マネー「nanaco」にチャージ上限の5万円を一気にチャージ。この時点で、5万×1.25%=625円分のポイントがカードに付与される。翌月には当然5万円分の請求書が来る。この請求書をセブンイレブンへ持っていき、nanacoで支払いをする。かくして1円も金を使うことなくポイントを貯めたことになる。5枚nanacoを作ってこの方法をやれば、クレカには約3千円分のポイントが貯まることに。さらに上記で紹介したカードを3枚使えば月に9千円の不労所得だ。
コンビニの発券機で、お菓子やジュースのタダ券を大量に発券している奴らがいる。連中がどうやってタダ券を得ているのか、その手口を紹介しよう。まず、yahooプレミアムのアカウントを量産する。初回の入会は月540円の会費が2カ月無料になるので、お金はかからない。しかし、yahooプレミアムは1つのクレジットカードで1アカウントまでしか紐付けできない。これでは量産は難しい。
そこで、ローソン店頭で配布している“おさいふponta”を使う。このカードには、たまったポイントをJCBデビットとして使える機能がついている。そのためクレカとして登録できるのだ。プレミアム会員のアカウントを量産したら、ヤフーが運営している“プチギフト”というサイトにアクセス。このサイトは懸賞サイトで、プレミアム会員だけが抽選に参加できる。景品はコンビニのコーヒーやお菓子などで、高額商品はないものの、高確率で商品が当たるサイトとして知られている。平均して月に10回ほど抽選が受けられ、月に3~4回はお菓子やジュースのタダ券が当たるため、100個アカウントを作ったとしたら、月に300枚はタダ券が手に入る計算だ。
関連記事