0196_20190320161010cb3.jpg 0197_20190320161011ec3.jpg 0198_2019032016101347f.jpg 0199_20190320161008e6d.jpg
ちなみに腐女子とは、美少年同士のホモ漫画などを好むオタク女のことで、隠れヲタクは、見た目がノーマルで周囲の人間にオタク趣味が(してない人種のことを差すらしい。正直、アニメや漫画はさほど詳しくないが、とりあえず参加してみよう。「シマダ(仮名)」というハンドルネームでメールを幹事に送ると、その日のうちに丁寧な返信メールが。当日の待ち合わせ時間と場所、現在の最参加希望人数と記されている。気になる男女比は、オフ会板の暗黙のルールらしく、明らかにされていない。
当日、某駅前の人混みの中に、男性8人組を発見した。育ちの良さそうな短髪の男性が目印のペット
ボトルを持っている。間違いない。
「すみません、オフ会の幹事さんですか?メールしたシマダと申します」
「あ、どうもです」
幹事の男性が笑顔で応じると、他のメンバーたちから「あと3人ですね」「順調だなI」などと声が上がった。いわゆる《デブオタ》と呼ばれるあからさまなオタク風情はいないが、皆さんどことなく地味目なヘアスタイルとファッションで、女性経験が少なそうだ。
その後、さらに1人の男性が加わったところで、予約した居酒屋に移動することになった。女性ゼロ!
「これじゃ単なるオタクオフですね(笑)。でもメールの時点で性別わからないですからねl」やはり皆さん、女性参加者が来ることを期待していたようだが、こういったオタク系のオフ会に女性が来ることは珍しいそうだ。駅から5分ほどの居酒屋チェーン店に到着。自称隠れオタクたちがゾロゾロと奥の座席に詰めていく。全員座り、気まずい沈黙が流れたところで、幹事さんが飲み物のオーダーを。彼の前に座っている色白天然パーマの男性が
「ウヒッ、ウヒヒヒー」と奇妙な笑い声を発している。不気味です。
関連記事
カテゴリ
タグ