0084_20190408213915ede.jpg 0085_20190408213916c2a.jpg 0086_20190408213918665.jpg 0087_20190408213919382.jpg
密輸、と聞いて読者のみなさんはどんな物を思い浮かべるだろう。
マリファナ、シャブ、拳銃といったところか。
だが〈外国から持ち込んではいけないモノ〉は他にもある。例えば動物。普通のペットショップじゃ買えない珍種は、今やクスリやチャカ同様ヤバイ。
現在、絶滅の危機に瀕した野生の動植物は、ワシントン条約の定めにより、世界130カ国もの間で輸出入・商取り引きが制限されている。一方、こうした〃超レアもの″を欲しがるマニアは数多く、種類によっては1匹で数百万、数千万円もの大枚をはたく輩も少なくない。
そんなわけで日々、税関の目をかいくぐって密輸されている動物だが、いったい誰がどのようにして、またいくらでこの運び屋仕事を請け負っているのだろう。実は、その多くがペットショップの人間、あるいは店側に頼まれた一般人である。かく言う私もその1人で、普段は食材専門の商社に勤めるサラリーマンだ。私が、ペット業界で〃カツギ屋〃とも呼ばれるこの仕事をなぜやるようになったのか、どんな方法で密輸し、いくら報酬を得ているのか。包み隠さず、すべてを報告しよう。ペットショップを経営する飲み仲間、酒井に誘われたのが、そもそものきっかけだ。「米ちゃんってさ、たまに仕事でマレーシアとかタイに行ってるでしよ。ちょっと頼みがあるんだけどな」
「ああ、何でも言ってくれよ」
酒井の依頼は、現地からアジアアロワナの稚魚を5匹持ってきて欲しいというものだった。
「向こうにオレの友達がいて全部手はずは整えてるから。米ちゃんはそのバッグを持ってくるだけで
いいの。大丈夫、何度もやってるから絶対バレないって」
アジアアロワナ。中国では龍魚と呼ばれ、幸運を招くとして珍重されるこの魚は、シーラカンスを彷彿させるシェイプとその独特の光沢で、日本でも熱狂的な人気を博している。
「で、持ってきて欲しいのが、コイツ。過背金龍(力セイキンリュウ)」
酒井が奥の棚を指さして言う。見れば、そこには青銅色のウロコをギラつかせながら悠々と泳ぎ回
るアロワナの姿が。水槽の表面には「超特価」の値札が付いている。
彼の話では、かつてアジアアロワナはもっとも規制の厳しいサイテス1(輸出入禁止。学術目的の場合のみ可)に指定されていたが、現在では養殖モノに限ってサイテス2、つまり政府の許可を示す、
〃登録証〃を添えた場合のみ商取り引きができるようになったという。アジアアロワナにはいくつかの種類があり、中でも一番人気はマレーシアゴールドと呼ばれる。
関連記事