1_20191118161621488.jpg2_2019111816162280d.jpg3_20191118161624d65.jpg4_20191118161625ce5.jpg5_201911181616275f7.jpg6_20191118161628638.jpg7_20191118161630bfa.jpg8_20191118161631c51.jpg9_20191118161633154.jpg
1、ゴミ箱にほりこんだだけのデータなら見られるけど、ゴミ箱からさらに削除されてしまえばもうオシマイ。と思ってる人は多いようだが、実は簡単に復元できる。数ある復元ソフトの中でも、これは無料なうえ操作が一番シンプルだ。浮気や秘密のチェックに最適。グーグルの画像検索は便利だ。「美少女」とか「セックス」など、キーワードを入力するだけで、関連写真をざっくり表示してくれる。このソフトを使えば、そんな画像検索をより楽しめる。例えばキーワードを「おっぱい」と入力すると、それを自動で翻訳し、英語の「Boobs」やイタリア語の「Tette」など、最大35ヵ国語で検索してくれるのだ。世界中のエロ画像を堪能しよう。
2、世界のソニーが素晴らしいカメラを作ってくれた。「iauto」という機能によって、手ブレしがちなハメ撮りでも綺麗なムービーを押さえられる。暗がりの撮影にも対応しているため、相手が「電気消して」女であっても問題なし。
3、防犯目的のGPS通信機だ。親が子供に持たせておき、ちゃんと塾に行ったのか、今どこにいるのかなどを自宅からチェックするわけだ。でもこの商品、一部で漫画のような使い方もされてる。こっそりカバンに入れておいて浮気チェックをするのだ。精度が高く、移動経路の確認機能も付いてるので、どこをどうウロチョロしたのか丸わかりだ。
4、見た目はごく普通のメガネだ。ツルの一方に内蔵された小型カメラの存在は、面と向かっても絶対に気付かれないだろう。自分の目で見たものがそのまま撮影される。となると使い方はアレとアレか。ハメ撮りはちょっと敷居が高い、という男性でも、ハメ音録音くらいなら興味があるのでは。音声だけなら、携帯の「ボイスレコーダ機能」をこっそりオンにしておくのも一つの手だ。しかし音質を考えると、やはりICレコーダーか。ペン型タイプなら、枕元に自然な感じでポンと置いても怪しまれることはないので、女の息づかいまでキッチリ入った臨場感あふれるハメ音が録音できるだろう。また、偽装型ICレコーダーには、キーホルダー型や腕時計型もある。
5、パソコンはデスクトップなんですが、最近、本体とキーボードをつなぐUSBケーブルの間に、このパーツが付いていました。私は装着した覚えがありません。
不審に思い、ネットで調べたところ愕然としました。この商品は「キーロガー」というシロモノで、キーボードで行った作業を監視し、どんな文字を打ったのか全て記録するのです。しかもこのグッズ、記録データを無線LAN経由で外部にネット送信する機能まで付いてるのだから恐ろしいったらありません。そう言えば、私の自宅の無線LAN化を勧めたのはカレシでした…。まさか!?
前から「GPSロガー」には興味があった。本体の位置をGPSによって自動で記録し続けるこのアイテム、誰かのカバンにこっそり忍ばせれば、その人の行動を監視できるわけだ。私が仕掛けたいのは、ダンナである。車通勤をしてるのだが、その帰りに何だか浮気をしてるっぽい。しかしうちのダンナは用心深い。カバンにGPSロガーなんか仕込んでもバレてしまいそうだ。でも、このグッズを使えば大丈夫だろう。車の下に磁石でペタンとくっつけるタイプなので、さすがに気付かないハズ。
…仕掛けたGPSロガーは、ラブホ街を記録していた。嗚呼。
6、恋人の浮気を疑い、携帯をこっそりチェックしてやろうと思ったら暗証番号ロックがかかっていた。どうすれば!?
ぼくの友達が考えた作戦は、この「SIMカードリーダー」である。一派的な携帯は裏蓋を開けると、簡単にSIMカードを取り出すことができるのだが、実はそのSIMカードに、アドレス帳のデータが入ってることはあまり知られてないだろう。このSIMカードリーダーは、そのアドレス帳データを暗証番号入らずで抜き出すことができるツールなのだ。むろん、アドレス帳だけを見ても浮気の決定的な証拠にはならないが、友達はそこから恋人の浮気のシッポを掴んだらしい。デート中に、相手が携帯をイジってると気になりませんか。オレよりも優先するメールって誰からだよ!と思いませんか。でも、その場でブチ切れて携帯を奪い取るなんてことはできない。だからと言って、後日相手の目を盗みこっそり覗いてやろうと企んでも、本当にヤバイメールは普通はすぐに削除されるものだろう。そこで、オレはこの腕時計を購入した。リンクさせた(簡単にできる)携帯に電話やメールの着信が入ると、ブルートゥースで情報が飛んできて、内容が表示されるのだ(届く範囲は5メートル)。さあ、こいつ、誰とどんなメールしてんだ!
 電話着信/タイチ君
 090××××××××
 メール着信/タイチ君
 昨日は楽しかったよ。ありがと。
がっくし。
説明は不要だろう。このアプリがあれば、いつでもどこでもチャンネル優先権はあなたのものだ。
7、家庭や職場ではコードレスフォンは未だ現役で使われてる。しかも〝アナログタイプ〞が。なのでその通話は無線機に飛んでいく。この商品は、コンパクトで持ち運びやすく、受信感度は抜群。住宅地で電源を入れると数百メート四方の会話が入り込んでくる。わずかな光を数千倍に増幅することで、暗闇でも遠くを見られる暗視スコープだ。サバゲーマニアが一押しする商品なので、視認距離がスゴイ。100メートル先の暗がりにいる人間まで確認できてしまう。深夜の公園散歩なんかに持参すると、いろいろ楽しい景色が楽しめるのではないかと。たとえばカップルの戯れとか。ターゲットまでの距離が比較的近い場合は、搭載の赤外線ランプを使えば、よりクッキリハッキリ見えます。
ドアの穴(ドアスコープ)にぴったし合わせてレンズをのぞくと、室内の様子をチェックできる。視野はそれほど広くないが、玄関から直線的なタイプの部屋なら、奥まで丸わかりだ。本体真ん中のリングを回すと、ピント調節も可能だし、室内が暗くてもけっこうよく見える。深夜遅く帰ってきたとき、家の中に強盗がいるかもしれないから、これでチェックを…なんて名目で売られているが、現実は漫画のように使われることが多いそうです。
関連記事